« らーめん 幸 | トップページ | お食事処 一平 »

2014.12.04

手打ちらーめん 勝龍

勝龍 第三コーナー(中盛)

小千谷市の「手打ちらーめん 勝龍」です。
市役所近くから信濃川方向へ、信濃川右岸道路と交差する手前にあります。
小千谷でお腹が空いてのお昼。こんなときは勝龍、久々にお邪魔しました。
お店は、中央に厨房があり、周りを囲うように左右と手前にカウンター席、左右手前にテーブル席があります。歴史のありそうなオープンキッチンの広々したお店です。正午過ぎに着きました。8~9割ぐらいのお客さんの入りと賑わっています。中央の入口を入った風除室に食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、ネギラーメン、角煮ラーメン、角煮チャーシュー、みそラーメン、みそチャーシュー、ネギみそラーメン、角煮みそラーメン、みそダブル、しおラーメン、しおチャーシュー、タンタンメン、タンタンチャーシュー、角煮タンタン、タンタンダブル、勝肉メン、勝肉ブタダブル、つけ麺しょう油、つけ麺タンタン麺、ドッカンつけ麺などがあります。夏は冷しチャーシュー、冷しタンタン、冷しタンタンチャーシューがあります。追加トッピングもあり、組み合わせも楽しむことができます。みそ系ラーメンが人気で好きです。中盛りや大盛りも同じ料金で食べられます。角煮味噌チャーシュー(大盛)を食べたときはお腹が苦しくて動けなかったことがあります。以降あまり大盛りを食べていません。お店の入口付近は、貼紙が多く、新しいメニューもあります。みそ半チャーシュー、しお半チャーシュー、タンタン半チャーシューです。“チャーシュー半分の量でいいな…というお客様へ”と書き添えられています。煮干ダイスというものもあります。“柏崎ぐるぐるグルメフェステバル参戦記念 地雷原×勝龍強烈コラボレート”と書かれています。もうひとつ、生姜の効いたみそ味の第三コーナーというのがあります。思い切った名前のつけ方です。煮干ダイスも気になりますが、名前は別としても安心して食べられそうな第三コーナーにしました。購入しようとしても第三コーナーのボタンがありません。スタッフに聞くと?みそラーメンと同じ値段なのでみそラーメンの食券を購入してくださいとのことです。水が用意された席に着くと、スタッフに盛りを聞かれます。中盛にしました。待ちのお客さんも多めですが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
双喜門と龍の模様が入った白い器、いろいろなトッピングが華やかです。
麺は、手打ちの太い縮れ、ゆで加減が良く、適度なモチモチ感があります。
スープは、味噌・ダシの旨味・しょっぱさ・甘さなどがいいバランスです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、キャベツともやしの炒め物、ほうれん草、肉のそぼろとコーンを和えたもの、ねぎなどとても充実しています。
手打ち太麺と絶妙なバランスのスープ、充実のトッピング、生姜の効きも優しく、870円と普通盛りでは高価ですが、中盛り・大盛りなら納得です。

|

« らーめん 幸 | トップページ | お食事処 一平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/60761606

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちらーめん 勝龍:

« らーめん 幸 | トップページ | お食事処 一平 »