« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015.01.31

あんかけそば・サンマーメン 横濱軒

横濱軒

新発田市の「あんかけそば・サンマーメン 横濱軒」です。
西新発田駅前エリア、イオンモール新発田のフードコート内にあります。
新発田に出掛けての帰り、買い物をとイオンモール新発田にお邪魔しました。遅い時間ですがお昼を食べます。この時間はフードコートは空いています。
フードコートをひと回り、ラーメン類を食べれるお店、横濱軒があります。

横濱軒 メニュー

メニューは、サンマー麺、中華そば、あんかけ海鮮そば、こく旨醤油ラーメン、みそラーメン、しおラーメン、チャーシューメン、野菜しおラーメン、野菜醤油ラーメン、海鮮五目皿うどん、担々麺などがあります。通常なら中華そばを食べるところですが、お店お勧めのサンマー麺にしました。
ポケットベルのようなものを渡され待ちます。31日…、アイスクリームを食べようかと考えていると普通の待ち時間でベルがなり出来上がりました。

横濱軒 サンマー麺

白い器に醤油色のスープ、もやしのあんかけが優しく表面を覆っています。
麺は、細麺の縮れ、ツルツルして適度の噛応え、だれにも食べ易い麺です。
スープは、中華らしいまろやかで深みのある醤油味がしっかりしています。
トッピングは、もやし、人参、青梗菜などの醤油味の優しいあんかけです。
なかなか優しい誰でも食べられそうなあんかけの麺料理です。サーマー麺が680円です。最近開店したお店に多いラーメンの値段です。まあまあ充実でいいかなと思いますが、各味ラーメン類が480円からとさらにお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.30

らーめん 丸木屋

丸木屋坂井輪店 らーめん

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西地区、大堀幹線沿いにあります。坂井東交差点から少し西側になります。
ログハウス風の小さなお店で、お店前には4台分の駐車スペースがあります。午後12時10分過ぎとお店も混み始める頃に着きました。お店前の駐車場は満車です。隣のホームセンターの駐車場に停めさせて貰いました。自動販売機で缶コーヒーを購入して、駐車場代替わりです。
お店は、左側に厨房、中央厨房向きと右側手前窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気の店内になっています。今日は、サックスとピアノの軽快なジャズが流れて、明るい気分になってきます。この時間で5割ぐらいのお客さんの入りと空いていましたが、次々とお客さんがやって来て、すぐに満席に近いぐらいの賑わいになりました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻ともやしらーめんがあります。らーめん天然ダシのとろろごはん(小)にしました。
麺のゆで時間が短いからでしょうか。とても早めに出来上がってきました。
真っ白い器に白濁したスープ、あまり美味しそうには見えないのですが…。
麺は、極細の縮れ、心地よい縮れの食感とシコシコの歯応えが楽しめます。
スープは、醤油と塩の中間的な色あいと味わいです。動物系・魚介系・野菜の天然ダシのバランスが絶妙です。ラーメンでは少ないだしを味わえ、まろやかさとあっさりの両方を楽しめる身体にとても優しいご馳走的なスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどです。醤油中心の好みに味付けされた軟らかめのチャーシューです。楽しみにしています。
極細麺ととっても優しいスープ、好みのトッピングなど好きなラーメンです。
らーめんの普通盛りが600円。今ではお得にさえ感じさせる一杯です。
天然ダシのとろろごはんは、小盛りで300円、かなり好きな味です。
大根と胡瓜の漬物、おろしわさびがのった小皿が付いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.29

にぼし醤油らーめん 神楽屋

神楽屋

上越市(旧中郷村)の「にぼし醤油らーめん 神楽屋」です。
国道18号線沿いにあります。新井からの旧道と合流する市屋IC先です。
妙高市でのお昼です。食べたことのないお店で食べようとお邪魔しました。
国道の両脇は、3~4mの雪があり、お店が判るか心配していましたが、営業中の幟が何本もあり、結構手前から判りました。助かります。

神楽屋 案内

お店の入口に営業時間の案内があります。11:30~15:00で、平日の13:00~コーヒーのサービスがあります。ちょうどの時間に到着です。
お店は、奥に厨房、手前と左側にテーブル席、さらに左側に小上がりがあります。ロッジを模したレストランのような感じ、ラーメン店というよりも喫茶&軽食のお店です。午後のお茶を楽しんでいる雰囲気の女性が2人だけです。

神楽屋 メニュー

メニューは、煮干らーめん、煮干げん骨らーめん、塩げん骨らーめんの3種類だけです。元の麺の量が不明ですが、220gの中盛、320gの大盛、中盛+大盛のジャンボ(540g?)の盛りがあります。麺は、自家打ち製麺と壁に貼り出されています。追加のトッピングやサイドメニューも用意されています。数量限定で半カレーセットがあります煮干らーめん半カレーセットにしました。
その後、コーヒーのサービスを知っているのでしょうか?5組ものお客さんがやっていました。早めにオーダできてたので早めに出来上がってきました。

神楽屋 煮干らーめん+半カレーライス

神楽屋 煮干らーめん

白い器に醤油色の綺麗なスープが…。期待通りのシンプルなラーメンです。
麺は、細ストレート、歯切れの良さが九州ラーメンにも似て楽しい麺です。
スープは、見た通りの醤油味で、煮干しのまろやかな旨みがあります。煮干しの香りは、最近多いこれでもか!っていうのと違い自然な優しいものです。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどで、綺麗に盛り付けてあるのでシンプルに見えますが、まあまあ充実しています。歯応えのある硬めのチャーシューです。本当久々に歯応えを楽しめました。
煮干しをちょうど良いぐらい出した醤油ラーメンでした。630円が税込みで680円です。ちょっと観光地価格っぽく感じてしまいました。
半カレーは家庭的な味付けです。100円が税込みで108円。お得なんだけど外税方式だとなんかありがたさが半減したような気分になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.28

会津のおばあちゃん

会津のおばあちゃん パッケージ

会津のおばあちゃん

東京での会議・懇親会も終わりそろそろ帰ります。懇親会は立食でそれほど食べ物もなく、駅弁を食べてくださいと言わんばかりのコンデションです。
食べたくなるような駅弁が残っているでしょうか?東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。午後7時過ぎ、多いときの半分ぐらいの種類が残っています。幕の内にしようか?お魚にしようか?肉にしようか?と考えながらひと通り見てみます。すぐに決まりました。キーワードは“おばあちゃん”。おばあちゃんの味が駅弁になっている…。内容も値段も見ずに購入しました。福島県のウェルネス伯養軒郡山支店の会津のおばあちゃんという駅弁です。
パッケージは、駅弁の名前のみ、他に何も書かれていないシンプルさです。
原材料の記載があります。白飯(国産米使用)、煮物(棒鱈・がんも・椎茸・
その他)、にしん天ぷら、卵焼、山菜煮、馬肉煮、煮鮭、大根煮、きなこねじ
り、あん玉、胡瓜漬、生姜酢漬、梅干、蒲鉾、紅生姜などです。
派手さのないおばあちゃんという名前に相応しい駅弁でした。高級食材も特に
ないけど1100円はちょっとお高いような気もします。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛麺 真魚

真魚

東京都港区の「鯛麺 真魚」です。“まお”と読みます。ネット上では“鯛×イタリアン”とも紹介され、暖簾は、“鯛料理”となっています。
JR新橋駅日比谷口から飲食店の路地の中へ…。ひっそり佇んであります。
月曜日にフジテレビ系で放送された“マネースクープ”で、新橋エリアのまぜそばが紹介されました。紹介されたお店で『番組を見た』というと数量限定ながら無料提供などのサービスがありました。ほとんどが昨日でした。残念!
さて、このエリアで大丈夫そうなお店をある程度リサーチしてました。替え玉2回まで無料って豚骨ラーメンのお店もあって挑戦したかったのですが、駅弁と両方は無理っぽいので断念、あっさりしてそうな鯛ラーメンにしました。
真魚までの道のり、午前11時40分とお昼早めの時間ですがお店に入りきれず、すでにお客さんが並んでいるお店もあります。海鮮や鶏料理のお店です。鶏料理のお店には、鶏白湯らーめんもあります。ちょっと気になりました。
お店は、暖簾を潜って通路を進んだ先に入口があります。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。イタリアンが似合いそうなテーブルと椅子です。窓がないので夜のお店の雰囲気です。まだ、他にお客さんがいない状況で、スタッフも開店準備のような動きをしています。

真魚 メニュー

メニューは、辛口鯛拉麺“真魚”、辛口鯛拉麺ハーフサイズ、辛口鯛拉麺“冷製”、香る正油鯛拉麺、味わい塩鯛拉麺の5種類で、いずれも鯛飯付きです。鯛だしと辛口が想像できません。鯛の旨味を楽しむのなら塩です。初めてのお店は醤油味から食べることが多いのですが、味わい塩鯛拉麺にしました。
その後にもう1人のお客さんがきましたが、それ以降では帰るまで来ません。手際が悪い訳もなさそうですが、普通の待ち時間で出来上がってきました。

真魚 味わい塩鯛拉麺

黒い器にはやや濁りのあるスープが、どんな味か。鯛飯も美味しそうです。
麺は、細縮れでいい感じにモチモチしています。おとなしい好みの麺です。
スープは、しょっぱさ控えめ塩味であっさり、鯛だし風味の優しい味です。
トッピングは、鯛の切り身を焼いたもの、巾の広いメンマ、味玉半個、ほうれん草、水菜、青ねぎなどです。鯛をとことん楽しめるなかなかの充実です。
鯛飯も鯛の旨みと風味が豊かなものです。こちらもしょっぱさ控えめです。
鯛の旨みと風味を楽しめる拉麺と鯛飯でした。900円はいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越の鶏めし

越の鶏めし パッケージ

越の鶏めし

いつも通り午前中の新幹線移動です。新幹線での移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所にあって利用しています。改札を入らなくてもよい場所、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところとなっています。
改札を入らない駅弁屋から順番に見ていきます。写真入りで販売している駅弁を紹介しています。パッケージの似ているお弁当が多いのですが、食べた記憶のない駅弁がいきなりありました。神尾商事神尾弁当部の越の鶏めしです。
新幹線に乗り込みいただきます。厚紙のケースには“越の鶏めし”と書かれています。説明の部類はなく、新潟産とか駅弁とか書かれています。かみおをもじって“むほどにになる旅やべんとう”と句が載せられています。
お品書きはありません。原材料の記載は、醤油飯(新潟県産米)、越の鶏(新潟県産)塩味、タレ(醤油、砂糖)、鶏そぼろ煮、越の鶏(新潟県産)団子、錦糸玉子、漬物(山せり、大根)、生姜などです。越の鶏を存分に味わえる内容そうですが、鶏そぼろ煮は、越の鶏ではなさそうです。なんか香りが好みとも、他の料理とも違うような気がします。錦糸玉子の卵はどうでしょう。
鶏の4段活用って感じで楽しまさせていただきました。鶏って美味しいです。越の鶏めしは1080円です。いい線か?少しお高いって印象が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.27

和風厨房 利

利

津南町の「和風厨房 利」です。“とし”と読みます。
国道117号線沿い、津南町の市街地の西の端、清津川の手前にあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
国道に面していますが、市街地で駐車場がみつかりません。お店前に車を止めてスタッフに聞くと、国道の斜め前に町営の無料駐車場がありました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあり、明るくお昼も食べられる居酒屋の雰囲気です。午後12時40頃に着きました。他にお客さんはいません。カウンター席に座りました。

利 メニュー

メニューは、魚、肉、麺、大得に別れています。魚のデラックス海鮮丼・天然ブリ自家製正油漬け丼・生鮭イクラ丼、肉の鶏ネギ丼・手作りつくね丼・妻有ポークの焼き肉丼などなど今日はラーメンをお休みしたく思わせるメニューが並んでいます。麺は、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、豚骨ラーメン、塩レモンラーメン、トマトつけ麺、温玉ジャージャー麺、釜あげうどんまで豊富に揃っています。大得はランチのセット。醤油ラーメン・鶏唐3ヶ・小鉢・サラダ・お新香・ライスをセットしたたっぷりランチ、醤油ラーメン・にぎり3貫・小鉢・サラダ・お新香をセットしたわがままランチの2種類のランチがあります。魚や肉も美味しそうだし、Tenyラーメンの旅で食べていた塩レモンラーメンも食べてみたいし、久々にかなり悩みました。海鮮がお勧めとのこと、ちょっとリッチに大得からわがままランチにしました。
ラーメンの旅に出ていた店主と奥さんらしき女性の2人のスタッフ。お酢の匂いがしてきました。酢飯から作り始めているようです。その後、もう一人お客さんがやってきました。醤油ラーメンを注文しています。あまり仕込みをしていなさそうで時間がかかると思いましたが早めに出来上がってきました。

利 わがままランチ

大きめのお盆にのってきました。器の数が多いだけでなぜか嬉しくなります。

利 醤油ラーメン

真っ白な器に醤油色のスープ、麺が見えないほどトッピングがのってます。
麺は、細め縮れ。適度なモチモチ感でちょっと遅れて切れる楽しい麺です。
スープは、醤油色の見た目通りの醤油味がしっかりした癖のないものです。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、岩海苔、コーン、ネギ等です。
楽しく触感の良い麺、癖がなくだれでも食べやすいだれうスープ、充実のトッピング、さらになかなかのバランスです。これが単品で450円とワンコインでおつりがくるのです。ただただコストパフォーマンスの良さに驚きです。
セットは、にぎり3貫・小鉢・サラダ・お新香です。にぎり3貫は、マグロ・ブリ・サーモンです。大きめのにぎりです。小鉢は、鶏皮のマリネです。胡瓜の細切りとスライスされた玉ねぎです。香草でしょうか?少し香りにアクセントがあります。つまみにビールなど飲みたくなる味です。サラダは、レタス・水菜・赤と黄色のパプリカです。お新香は、胡瓜のしば漬けとタクワンです。
なかなかの充実したこのわがままセットは、990円です。醤油ラーメン単体が450円ですから、セットが540円と通常のセットと逆転しています。残念ながらコストパフォーマンスの良さが薄れたような気がしちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.26

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後1時30分近くになりました。正午まで早い時間はいいのですが、お昼は並び覚悟の賑わいです。この時間なら大丈夫だろうかとお邪魔しました。
駐車場もさすがにこの時間は空きがあり、すんなり車を停められました。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良いとても綺麗なお店です。駐車場以上にお店の中が空いていました。5割程度のお客さんの入りでしょうか。左側手前カウンター席に座らせてもらいました。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
お昼時間は最後の客と思っていましたが、後から2人のお客さんが来ました。
いつも早めに出来上がってきますが、さらに早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで良く考えられてます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色です。煮干しの強い香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューはかなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、豚肉の生姜焼き、白身魚のフライ、サラダです。サラダは、マカロニ・スパゲッティ・ポテト・玉子など主役がいっぱいで、林檎も入り、マヨネーズ味です。おかずには野菜が添えられています。白身魚のフライにはキャベツ・レタス・人参、生姜焼きにはキャベツ・きゅうり・レタス、サラダにはレタスです。お新香は、沢庵、大根の紫波漬け、蕪と白菜の浅漬けの3種です。いつも関心させられています。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.24

新潟伊勢丹 大沖縄展

新潟市の「新潟伊勢丹」で催されている大沖縄展に行ってきました。
沖縄を食べたり飲んだりしようと思いバスで万代シティまで移動しました。
会場は、6階と7階の2フロアで行われています。ちょうど正午過ぎに着きました。7階のEAT INコーナーへ向かいます。近くのステージで音楽ライブが行われています。EAT INコーナーは、沖縄ビアフェストを楽しみましょう。

大沖縄展 沖縄おでん盛合せ+オリオンビール

まずは、与那原食堂(与那原町)の沖縄おでん盛合せ(1080円)とオリオンビール(浦添町)のオリオンドラフトビール大(500円)です。

大沖縄展 ゆし豆腐そば

こべんぎん食堂(那覇市)です。ゆし豆腐そばとオムレツそば(各886円)の2種があります。ゆし豆腐そばにしました。かん水未使用でうどんとそうめんの中間のような麺、塩味の優しいスープ、ゆし豆腐が美味しかった。

大沖縄展 首里そば

6階の茶屋に移動です。こちらはそれなり(15分程度)待ちになりました。首里そば(那覇市)の首里そば(841円)です。手打ちの日本そばを思わせるような麺と和風塩味のようなスープ、肉の味付けが良かったです。
その後いろいろ試食、泡盛の試飲を楽しませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.23

麺場 ふうらいぼう

ふうらいぼう

長岡市の「麺場 ふうらいぼう」か、もしかすると「麺場 風雷坊 長岡店」かも知れません。「麺場 風来坊」は、柏崎市に本店を置くラーメン店で、その姉妹店なのは確かですが、看板は漢字とひらがなの両方があります。ネット上にも両方存在しています。看板は、ひらがなの方が大きめの表示です。
長岡インターから新産センターに入って、左やや斜め後ろ方向にあります。
移動中の長岡での昼食になり、まだ食べていないふうらいぼうにしました。
お店は、右側と出っ張るよう中央に厨房、その出っ張った厨房手前と左側にL字形にカウンター席、さらに左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。広い開放的なスペースのお店です。なんかレストランでも良さそうな感じです。ちょうど正午に着きました。まだ2~3割程度のお客さんの入りでしょうか。ちょっと寂しい状況です。お店に入ってすぐに食券販売機が目に入ります。

ふうらいぼう メニュー

メニューは、淡麗と濃厚/しょうゆとしおを組み合わせた4種、長岡限定の旨辛担担麺の5種です。麺は、普通盛りで190g、大盛りは無料で285gです。トッピングの追加は、チャーシュー、煮玉子、メンマが用意されています。サイドメニューは、ライス(小・大)、旨辛担担麺用の温玉付おじやごはん、飲み物などがあります。かなりシンプルなメニューです。淡麗と濃厚についての説明はありません。柏崎のお店と一緒でしょうか。柏崎の説明は以下の通りです。

鶏とアゴだしのあっさり系:淡麗あっさりらーめん
クリーミー鶏骨濃厚系:こってり濃厚らーめん

鰹と煮干しをベースに7種類の干物と地元産の醤油を使い、カツオ油と焦がしタマネギ油の香味油で仕上げたしゅうゆらーめん
干し貝柱をふんだんに使い干しエビや昆布などを合わせ安塚の塩をベースに4種類の塩を加え、ホタテ油で香味をプラスしたしおらーめん

ふうらいぼう 調味料(旨辛担担麺)

長岡限定の旨辛担担麺にしました。カウンター席のお好きなところへということで、手前の端にしました。大盛りをお願いしました。烏龍茶とジャスミン茶をブレンドしたお茶を飲みながら待ちます。旨辛担担麺用の調味料ということで山椒・ラー油・お酢が運ばれてきました。味の変化を楽しめそうです。その後、お客さんが次々とやって来てほぼ満席になりました。混む前のオーダでき良かったと思いましたが、普通に時間がかかっての出来上がりでした。

ふうらいぼう 旨辛担担麺

白っぽく小さく深い器の内側に黒い模様、味噌のようなスープが映えます。
麺は、普通の太さの弱い縮れ、ストレートと言って良さそうな麺です。コシと歯応えがあるパスタっぽい麺です。つけめんで食べると良さそうな麺です。
スープは、適度なとろみのあるとてもまろやかなものです。途中、山椒をかけてみます。挽きながらかけるタイプの山椒です。とてもいい香りです。食べ進むとしびれが徐々に増してきます。後半はかなりのしびれになります。混ぜ忘れたのかと思いましたが、変化を楽しめるよう2層にしているようです。
トッピングは、甜麺醤を効かせた肉みそ、刻みザーサイ、豆苗、糸唐辛子、ねぎ、焦がしねぎです。カイワレなのに辛味がないと思ったら豆苗でした。
小さな器に盛られていますが、大盛りのボリュームは十分ありました。なんといっても後からのしびれは衝撃的でした。でも800円はいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.22

中華麺食堂 かなみ屋

かなみ屋 四川麻婆担々麺

新潟市の「中華麺食堂 かなみ屋」です。
小針駅近く、アピタ新潟西から青山内野線と交差する手前右側にあります。
以前の場所のお店は行きましたが、この場所にオープンして初になります。
昨日の水曜見ナイトを見ていたら、かなみ屋の麻婆担々麺が紹介されていました。手間のかかったもので食べてみたくなりました。もともと移転後のお店で食べようと思っていたところ、テレビ放送の混みも覚悟でお邪魔しました。
午後12時50分頃に着きましたが、お店前の駐車場は満車です。スタッフが表にいて、なか卯小針台店の向かいに第2駐車場があると教えてくれました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。あまり綺麗とは言えない、庶民的な、ずっと前からやっているような雰囲気のお店です。ちょうど満席です。待っていると後ろに数名の待ちが出来てきました。10分ほど待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、極上!!四川担々麺、四川麻婆担々麺、肉もやし担々麺、酢辣湯麺、五目四川麺、四川麻婆麺、汁なし四川麻婆麺などがあります。四川麺食堂という名前の方が良さそうなメニューで、ご馳走系の豪華なメニューが揃っています。水曜見ナイトで取り上げられていた四川麻婆担々麺にしました。
後からもお客さんが来ます。その殆どが四川麻婆担々麺を注文しています。
手間のかかるメニューと混みが重なり、少し待って出来上がってきました。
麺は、やや細めの弱い縮れ、中華っぽくないツルツル感とモチモチ感です。
スープは、麻婆と練り胡麻のようなものが表面にあって混じります。判り難い
のですが、あっさりさらさらしている癖のない薄味のように感じました。
トッピングは、麻婆とねぎです。麻婆はしょっぱさ・甘さ・辛味とも控え気味です。でもいろいろな醤が味付けされているため薬膳料理のようです。小皿で唐辛子が付いています。オリジナルの辛さを楽しんだ後は辛さを加えます。
麻婆担々麺ということで普段の麻婆麺と違う味わいのまろやかなで豪華な感じの麻婆麺でした。950円とかなりお高いものになっちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.01.21

手打ち麺処 暁天

暁天 つけ麺(大盛)

小千谷市の「手打ち麺処 暁天」です。“きょうてん”と読みます。
国道17号線沿いにあります。三仏生交差点の角、ベイシアの向かいです。
お腹が空きました。ガッツリ食べようと思います。小千谷辺りなら勝龍ってことになるでしょうが、姉妹店の暁天も同じようなもので最近食べていません。ちょっとだけお洒落な感じで暁天で食べることにしました。
お店の前と裏にお店の規模以上の台数が停められる駐車場があります。駐車で待って、お店の中で待ってとの二重の待ちはなさそうです。雪が多くて大変でしょうが、しっかり除雪されています。正午過ぎに着きました。お店前の駐車場がほぼ満車に近い状態です。やや早めですが、賑わっています。
お店の入ってすぐのところに風除室があり、食券販売機があります。並べるように椅子があります。この時間でもう7人も並んでいます。寒いです。風除室にエアコンが設置されていますが、暖房では動かされていません。
メニューは、ラー麺、みそラー麺、しおラー麺、担々麺、から味麺、コクたん麺、つけ麺、つけ担々麺、つけから味麺、カレーつけ麺とそれらにチャーシュー、角煮、肉、ネギ辛などトッピングを加えた物があります。普通盛りが220gで、大盛りの300gが無料です。つけ麺は普通盛り300gで、大盛りが400gが無料です。麺の量の掲示はありませんが、中盛りもできます。有料になりますが100円増しで特盛り600gもできます。つけ麺は700gになります。特盛りも興味がありますが、身体のためにもやめておいた方が良さそうです。麺の量を考えてつけ麺にしました。風除室の椅子に座って待っていると、スタッフが人数の確認と食券の回収にきました。食券を渡し大盛りをお願いしました。
そんなに待ったという感じもしないうちに次々と店内に案内されました。
お店は、奥に厨房、中央に奥と手前で向かい合わせに座る長いカウンター席、手前にテーブル席があります。オープン当時からの綺麗さがそのままの開放的な今風のお店です。カウンター席の入口近くの席に案内されました。
食券を渡しておいたこともありつけ麺にしては早めに出来上ってきました。
麺、つけ汁とも少し厚手の白い器に盛られてきました。ボリューミーです。
麺は、太い縮れのもちもちで、角がしっかり立って触感の良さを楽しめます。下の方に2~3㎝ぐらいの短いものが気になるほど多めに入っていました。
つけ汁は、魚介系のあっさりしたもの、醤油味ですが醤油控えめな感じです。魚粉を最後に振りかけているようです。かなり強めの節の風味がします。
トッピングは、麺の上にチャーシュー・メンマ・味玉・水菜、つけ汁にねぎ・刻み海苔・そぼろ状チャーシューと充実しています。
つけ汁がしょっぱいときには割りスープをと書かれていましたが、最後に割りスープをもらってつけ汁を薄めていただきました。魚介の風味が立ちます。
存在感のある麺と魚介風味の豊かなつけ汁、充実のトッピングです。870円と安くはありませんが、味玉、大盛無料を考えるとなかなかいい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.20

食堂 あい松

あい松

新発田市の「食堂 あい松」です。漢字表記会松もネット上に存在します。
国道290号線沿い、新発田駅の西側、王紋の市島酒造の並びにあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
お店は、奥に厨房、手前のフロアにテーブル席、右側に小上がりがあります。なかなか綺麗にしていますが、それでも昔ながらの食堂といった雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。他にお客さんはなく、寂しい状態です。

あい松 メニュー

メニューは、らーめん、らーめん(大)、塩らーめん、わかめらーめん、五目らーめん、たんめん、担々めん、味噌らーめん、チャーシューめん、冷し中華、焼そば、ざるそば、丼物各種、炒飯、カレー類、定食などがあります。組み合わせができるミニなどはありません。基本的ならーめんにしました。
準備万端が整っていたのでしょう。少ししたら、もう湯切りの音が聞こえてきました。湯切りの音が止まったと思ったら間もなく出来上がってきました。

あい松 らーめん

双喜文と龍の模様が入った器に、昔ながらの中華そばって感じで登場です。
麺は、細い縮れです。昔ながらのように見えて、硬めでコシの強い麺です。
スープは、醤油あっさりの薄味、優しくまろやかな毎日でもってものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
昔ながらの中華そばって感じのらーめんでした。とても優しく連チャンでも食べられそうです。それでもって500円と久々に嬉しい昼食になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.19

ラーメン&お好み焼き 雪山行きたい

雪山行きたい

上越市の「ラーメン&お好み焼き 雪山行きたい」です。
上越市での昼食、まだ食べたことのないお店の中からこのお店にしました。
北陸道上越ICから直江津方面へ、国道8号線を越えて400m程先の右側です。

雪山行きたい 店内

お店は、奥に厨房、手前の広いスペースにカウンター席、テーブル席、小上が
りがあります。お好み焼きの方がメインのラーメン屋さんでしょうか。天井が
高く、煙が隠り難いようになっています。グレーの壁が新鮮な今風のお好み焼
きやさんです。午後1時30分頃に着きました。他にお客さんはいません。

雪山行きたい メニュー

メニューは、みそラーメン、トマトラーメン、ラーメン、コーンラーメン、ネギラーメン、味玉ラーメン、チャーシューメン、担々麺、ミニラーメン、野菜盛りラーメン、小雪山ラーメン、大雪山ラーメン、お子様ラーメンです。野菜盛り、小雪山、大雪山は、ニンニク、背油増しも抜きもできます。大雪山は、野菜増しもできます。大雪山を野菜、ニンニク増しで食べたいところですが、平日なんで諦めます。お店のお勧めらしいトマトラーメンにしました。
その後、作業着を着た親父さんが一人来ました。昼からお好み焼きを注文しています。ちょっと羨ましい気分です。普通の待ちで出来上がってきました。

雪山行きたい トマトラーメン

淡いグレーの器に赤いスープと緑が映えます。担々麺のようにも見えます。
麺は、中華っぽさも感じられる細い縮れ。スープとも絡む食べ易い麺です。
スープは、トマトの味と風味でスープパスタのようです。見た目よりもあっさりで少し薄味かと思います。煮られて軟らかいトマトが結構入っています。
トッピングは、ゆで肉、チーズ、コーン、水菜などです。溶けたチーズと麺をいっしょに食べるとチーズの塩分でちょうどいいしょっぱさに仕上がります。チーズの塩分までもを考えてのスープの薄味具合だったんでしょう。
なかなか楽しませてもらえました。730円はいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.17

こびきや 出来島店

こびきや出来島店 わかめうどん中+野菜かき揚げ+半熟たまご+ちくわ

新潟市の「こびきや 出来島店」です。
笹出線沿いの県庁近くにあります。きんしゃい亭県庁前店と同じ敷地です。
年末近くにこびきや河渡店で食べようとしましたが、閉店していました。他のお店はどうだろうかとネットで確認したところ、出来島店だけが残っているようです。久々にうどんを食べようかと思いお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。敷地内の駐車場は、ほぼ満車に近い状態です。
お店は、和風ヴュッフェスタイルです。お客さんの入りは3割ぐらいです。
メニューは、かけうどん、釜揚げうどん、ぶっかけうどんに大別され、予めトッピングを加えられたものが用意されています。さらにトッピングを加えることができます。天ぷらが豊富で、天丼用のライスもあります。おそばや丼物もあります。わかめうどん中(360円)+野菜かき揚げ(140円)+半熟たまご天(110円)+ちくわ天(110円)にしました。通常は720円ですが、土曜日は天ぷら半額、180円引きの540円での清算になります。
たまのうどんもなかなかいいです。土曜日は、こびきやでうどんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.16

長岡豚骨 一

一

長岡市の「長岡豚骨 一」です。はじめと読みます。
県道499号線沿いにあります。フェニックス大橋の東詰の西宮内1交差点を南へ向かって、2個目の信号、水梨町交差点の手前の左側です。コーヒーレストランジュリンがあった跡で、建物がそのまま使用されているようです。
長岡の知り合いから新しいラーメン店の情報をいただきお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に奥の壁向きと左側の窓向きのカウンター席もあります。真っ白な壁と黒っぽい仕上げで木質感のあるカウンターなどが対照的なお洒落な店内です。午後12時30分前と混んでいてもいい時間ですが、半分ぐらいのお客さんの入りです。入口を入ってすぐ左側に食券販売機があり、写真入りの説明もあります。

一 メニュー

メニューは、はじめらぁめん、ちゃーしゅーめん、岩のりらぁめん、つけ麺、にんにくらぁめん、ちびらぁめん(半麺)です。食券販売機には、長岡らしくしょうが豚骨というトッピングを組み合わせもあります。麺のかたさ、スープの濃さ、油の量、ねぎの量が調整できます。はじめらぁめんにしました。
食券販売機に大盛りはありますが、替玉がありません。豚骨っていうことで九州ラーメンのような麺で早めに出来上がってくることを期待していましたが、どうやら違うようです。普通よりも時間がかかって出来上がってきました。

一 はじめらぁめん

白い器に豚骨と言うよりも味噌ラーメンを思わせるようなスープの色です。
麺は、普通の太さの強い縮れです。硬めのゆで加減もあって手強い麺です。
スープは、豚骨の旨みが濃厚でしょっぱめ、動物って感じの強いものです。
トッピングは、薄いチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎです。
暴れん坊の麺と動物系って感じのスープ、海苔が充実のトッピング、家系に近い、食べ安くしたようなラーメンでした。ただ、700円は高いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.15

ラーメンハウスあおき 富岡店

あおき富岡店 つけめん(2玉)

上越市の「ラーメンハウスあおき 富岡店」です。
国道18号線高田バイパスの1本西側の道、旧道なんでしょうか。北陸道の下を潜る交差の南東方向にあります。イオン方面から高速を潜って左先です。
高田地区での昼食です。時間がなく、早そうなあおきにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その左側と手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。木の感じがロッジのように雰囲気です。正午直前に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、しょうゆ、みそ、しおの各味のらーめんとそれらに味玉、ねぎ、岩のり、コーン、チャーシューなどトッピングを加えたものがあり、0.5玉から2.0玉まで0.5玉刻みの盛りができ、肉抜きの対応も予め用意されています。つけめんもあります。しょうゆはすでに食べていて、みそやしおを食べたい気分でもありません。つけめん(2玉)にしました。
その後、お客さんも次々とやってきて賑わってきました。賑わう前に注文できていたのもありますが、かなり早めに出来上がってきました。ありがたい。
厚手で雰囲気のある器に盛られてきました。麺の器がメチャ大っきいです。
麺は、やや太で細かな縮れ、ちょっとモチモチ感のある食べやすい麺です。
つけ汁は、醤油味があっさりしてそうで深みがあって、癖のないものです。
トッピングは、麺の上のチャーシューとメンマで、つけ汁には、青ねぎと刻み海苔というシンプルななものです。ちょっと寂しい気がします。
シンプルだけどしっかりしたつけめんでした。普通盛りが780円で、2玉は980円です。自家製麺のお店では、大盛無料や特盛りでも+20円ということもあって、普通盛りが得するような珍しい価格設定のつけめんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.14

麺や 力

力 麻婆めん

新潟市の「麺や 力」です。
新幹線の高架下、女池~新和町の中間辺り、泉貴があった場所にあります。
出張者と一緒の昼食です。まだ食べてもらっていない力にお邪魔しました。
正午少し前に着きました。混雑する駐車場も空きがあって停められました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりのある小さめで和定食のお店でも似合いそうな綺麗なお店です。お昼時の真っ最中は列びますが、この時間は8割のお客さんの入りです。たまたまカウンター席に連続した空きがなく、5分~10分程度待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、みそらーめん、チーズみそらーめん、辛みそらーめん、みそ特製とみそがメインで、らーめん、らーめん特製、麻婆めん、汁なし麻婆めん、塩らーめんもあります。期待してたおろしとんこつらーめんの復活ですが、1日限定で復活したようですが、来られませんでした。次回および本復活を期待しています。ライスがらーめん類を食べると無料のサービスになっています。単品だと食べ放題で300円です。ライスを楽しめるようチャーシュー丼の具や生たまごなどのメニューもあります。麻婆めんにしました。
待ちのお客さんが少なく、手間がかかる筈が早く出来上がってきました。
虎猫のような珍しい模様と色の器に、同色系の麻婆が結構馴染んでいます。
麺は、平打ち太めの縮れ、適度なモチモチ感です。食べ易い好みの麺です。
スープは、麻婆と混じって良い加減の控えめで、薄味なものと思われます。
トッピングは、麻婆豆腐とねぎ、青ねぎです。麻婆豆腐は、それのみを食べると味・トロミとも濃いめですが、控えめなスープと混じっていい味わいになります。山椒の香りも良く、最初は気になりませんが、後から辛味がきます。
麻婆では珍しい平打ちの太めの麺、濃厚な麻婆、その麻婆と混ざることが考えられていた控えめなスープ、一品一品は特別にどうこうってことがないかと思いますが、全体でのバランスが見事な麻婆めんでした。780円まあまあいい値段かなと思いますが、ライスのサービスも考えると結構お手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.13

ラーメン亭 一兆 黒埼店

一兆黒埼店

新潟市(旧黒埼町)の「ラーメン亭 一兆 黒埼店」です。
国道8号線沿い、ふるさと村の隣にあります。味の時計台、萬人の跡です。
一兆がオープンした当時に食べましたが、好みと違いものでした。その当時、一兆が好きと言う知り合いが1人いました。しばらく食べていませんでした。最近、一兆が好きと言う知り合いがもう1人見つかりました。もしかして味が変わったのでしょうか?、自分の好みも変わっているかも知れません。黒埼店もオープンということで、どんなものか食べてみようとお邪魔しました。
お店は、入口を入った正面には厨房があり、右側にカウンター席、さらに右側と手前にテーブル席、右側奥に小上がりがあります。左手前に待ちのスペースもあります。萬人のファミレスっぽい内装がそのままです。午後12時20分過ぎに着きました。6割~7割程度のお客さんの入りと空いています。

一兆黒埼店 メニュー

一兆黒埼店 メニュー2

メニューは、らーめん、めんま、ちやーしゅう、つけめん(ひやもり・あつもり)、みそらーめん、みそちゃーしゅうです。だるまや系のメニューです。平日のランチタイムは、麺を注文したお客様にはライスや炙りちゃーしゅう丼が100円で提供されます。らーめん炙りちゃーしゅう丼にしました。
お客さんが少なくスタッフは多めにいます。早めに出来上がってきました。

一兆黒埼店 らーめん

青ラインの白い器にだるまやらしい醤油豚骨色のスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ、プリプリ感を越えた硬めのゆで、手強い麺です。
スープは、醤油豚骨と魚介系のWスープでしょう。表面の油でかなりのこってりしています。なんか香りが好きになれません動物と魚の混じった香りがどうもだめです。醤油味のいい旨みのあるスープなだけに香りが残念です。

一兆黒埼店 炙りちゃーしゅー丼


トッピングは、塩味っぽい苦手な味付けの軟らかなチャーシュー、メンマ、味
玉半個、鳴門、海苔、ねぎ、青ねぎなどと充実しています。
麺の堅さ、スープのこってりと香り、チャーシューの味付けと好みと違う点がなかなか多いラーメンでした。味玉も入る充実のトッピングですが、680円は少しお高く感じます。

炙りちゃーしゅう丼は、醤油ダレでチャーシューがいい味になります。ボリューム控えめでちょっとお腹の足しって感じです。100円はお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.11

城下町しばた全国雑煮合戦

城下町しばた全国雑煮合戦11 会場

1年で1回、お餅を食べる日です。新発田市のカルチャーセンターを会場に開催された「第十一回 城下町しばた全国雑煮合戦」に行ってきました。
午前10時からの開催で、昨年は開催時間の30分前カルチャーセンターに着きました。しかし、カルチャーセンターの駐車場はすでに満車、往復の時間などを考え、また新発田の駐車場料金がそれほど高くもないので会場近くの有料駐車場に車を停めて会場入りしました。今年は、40分前と10分早めにカルチャーセンターに着きました。それでもやっぱり満車です。昨年の五十公野公園駐車場から無料シャトルバスの運行が順調そうだったので、今年は五十公野公園駐車場からシャトルバスで会場入りします。五十公野公園までは10分程度、午前9時30分のシャトルバスに乗車、順調に会場入りできました。
第四回の合戦から参戦して今年で8回目になります。全国の雑煮が近くで食べられるので楽しみにしています。今回も全国のレストラン、旅館、料亭、割烹、農協、商工会議所など広い業種から39団体が参加しています。いろいろな食材を自由に使用しての雑煮で、価格は一般的に300円から500円ですが、今回も高級食材を使用した1000円の雑煮まであります。午前10時からの開催で、目的のブースに並ぼうかと思っていたら、今年も開始5分ほど前で食べている人がいます。今年も早めに販売開始となりました。屋外のブース周辺のテントやカルチャーセンター内で食べられるようになっています。容器は、フィルムを剥して回収するリサイクル容器が今回も使用されています。投票用コインにより征夷大将軍が決まる投票などは、昨年と同じシステムです。

城下町しばた全国雑煮合戦11 瀬戸内お宝かき雑煮

最初は、一番遠くの広島県から参加しているうま味の瀬戸内お宝かき雑煮です。他に食べるコラーゲンスッポン雑煮すまし汁(1000円)というこの合戦で一番高価な雑煮もありますが、好きな宮島の近くで採れた牡蠣を食べたいと思いました。牡蠣のいいだしが味わえる雑煮でした。500円

城下町しばた全国雑煮合戦11 山形牛すじ煮

2杯目は、山形県から参加している尾花沢ユキ食品の山形牛すじ煮です。山形牛(尾花沢牛)の牛すじが山盛りです。500円

城下町しばた全国雑煮合戦11 中山いも煮

3杯目も山形県から参加している山形中山愛好会の中山いも煮です。こちらも山形牛入りの雑煮です。いも煮に里芋が美味しいです。500円

城下町しばた全国雑煮合戦11 もち天ぞう煮

4杯目も山形県から参加しているそばや伝右エ門のもち天ぞう煮です。もちを天ぷらにして、米沢牛スジ煮込風です。今までのものと違って結構しっかりした濃いめの味付けです。駅弁の松川弁当店同様の味に思えます。米沢市のお店が米沢牛を味付けするとなんか好きな味になります。400円

城下町しばた全国雑煮合戦11 SAKURA!!サケ!村上牛

5杯目は、一番人気でしょう、待ちが長いです。村上市から参加している村上商工会議所青年部のSAKURA!!サケ!村上牛です。村上桜ヶ丘高校との共同出店です。鮭と牛の共存は難しいです。500円

牛、海老、のど黒など高級食材が人気のようです。
出店が、昨年までの50店前後から県外中心に10店ぐらいが減っています。ちょっと全国が寂しい状態になっています。

東北から出店の3杯完食できました。お腹もいい感じになりました。
がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.10

支那そば 弘一

弘一

新潟市の「支那そば 弘一」です。
山の下の市場通りっぽい広い道路沿い、山の下小学校校門近くにあります。
今日は、まだ食べていないラーメン屋さんで食べようかとお邪魔しました。
駐車場がなさそうですが、前の道が広く路駐できそうなので路駐しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前に小上がりがあります。白い壁と木質感の綺麗で清潔感のあるお店です。棚のアルコール類や壁に貼られたおつまみのメニューなど支那そば屋なのか?居酒屋なのか?夜も訪れてみたいお店です。午後1時10分過ぎに着きました。他にお客さんはなく、帰るまで貸し切り状態が続きました。混んでいるかと思ったのに!

弘一 メニュー

メニューは、支那そばと支那そばチャーシューだけですが、しょうゆ味と塩味から選べます。おつまみ類の餃子は注文できるでしょうが、食べてみたいモツ煮やホルモン炒めなどが、昼のこの時間に注文できるのかどうかは不明です。この手のお店で悩むところです。支那そば(しょうゆ味)にしました。
夫婦でしょうか?男女のスタッフでやっています。お湯を替えたばかりで少し時間がかかるとのことでしたが、普通の待ち時間で出来上がってきました。

弘一 支那そば

珍しい赤紫色模様が入った器に醤油の透き通ったスープが美味しそうです。
麺は、細麺の縮れ、ツルツルしていて口の中で心地良い感触が広がります。
スープは、醤油色の透き通った綺麗なもので、その見た目どおり醤油味がしっかりしていながらあっさりしたものです。だしの自然な旨みを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどで、醤油味を楽しめるあっさりした支那そばに合うトッピングの組み合わせです。
細縮れ麺にあっさり醤油味のスープ、トッピングも合っています。好みの支那そばでした。600円と今ではお手頃にも感じます。塩味も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.09

近江牛三昧

近江牛三昧 パッケージ

近江牛三昧

早い時間からの移動で、仕事も早く終わりました。さっさと帰りましょう。
早い時間なのでいろんなお弁当が残っていそうです。東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。ほとんどの駅弁陳列スペースに駅弁があります。動物系にしようか?魚介系にしようか悩むところですが、米沢市の松川弁当店のようなお気に入りのお弁当があればと思います。早い方法は同じ牛を食べることかいくつかある中から近江牛三昧にしました。近江牛の押し寿司、軍艦巻き、しぐれ煮の3種類の違った味を楽しめるとの説明があります。
パッケージには、黒毛和牛すきやき牛肉重とも書かれています。お弁当の説明もあります。『強火でさっと焼き上げた牛肉を「たまり醤油」で、じっくりと甘辛く煮込み玉ねぎを合わせ、ふっくら炊き上げたご飯の上に盛り付けた米沢・松川弁当店の牛肉重をご賞味ください!』と書かれています。
シンプルなパッケージです。製造者は滋賀県草津市の南洋軒という会社です。
原材料名の記載があります。米(国内産)、牛肉(滋賀県産)、糸蒟蒻、曰野菜漬、焼き海苔、錦糸卵などとなっています。この手の弁当はシンプルです。
なかなかいい味でしたが、松川弁当店の味付けほど好みのものではありませんでした。1440円と高価な駅弁でいろんな調理を楽しめました。

富士山 20140109

関東地方は、空気の澄んだいい天気でした。
帰りの上越新幹線から見えた富士さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃厚鶏そば 麺屋武一 はなれ

武一はなれ

東京都港区の「濃厚鶏そば 麺屋武一 はなれ」です。
JR新橋駅から南方向にある桜田公園のその先、TSUTAYAの裏にあります。
新橋エリアに勤めている知人から、是非食べてみてと勧められたお店です。
お店は、左側に厨房、右側にカウンター席が6席だけの小さな、ちょっとレトロな雰囲気のあるお店です。午後2時過ぎに着きました。この時間でも他にお客さんが一人いました。お店を入ったすぐ目の前に食券販売機があります。

武一はなれ メニュー

メニューは、濃厚鶏白湯そば、鶏白湯そば、濃厚つけそばとそれらに味玉を加えたものや特製などです。お店の名前にもある濃厚鶏白湯そばにしました。
他のお客さんは食べていてすぐに作り始めました。今風の太い麺でゆで時間がかかるかと思っていましたが、思いのほか早めに出来上がってきました。

武一はなれ 濃厚鶏白湯そば

青が鮮やかな器に濃厚白湯にしては透明感のあるスープが美味しそうです。
麺は、細ストレート、歯切れのよい九州ラーメンを思わせるような麺です。
スープは、醤油豚骨の鶏白湯バージョンのようなもの。とてもバランスの良いものです。濃厚な鶏の旨みとコラーゲンたっぷりそうなトロミがあります。
トッピングは、鶏チャーシュー、鶏団子、メンマ、海苔、ねぎなどと充実しています。味玉を加えれば親子ラーメンみたいでいいかも知れませんでした。
楽しい麺とバランスの良いスープ、充実のトッピング、上品なボリューム感のラーメンでした。普通盛りで800円と東京らしい値段なのが少し残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湊町にいがた・華やぎ弁当

湊町にいがた・華やぎ弁当 パッケージ

湊町にいがた・華やぎ弁当

今日は、いつも出勤時刻よりも早めに自宅を出ての新幹線移動です。新幹線での移動で駅弁を買おうとした場合に、東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所にあります。改札を入らなくてもよい場所、在来線の改札を入ったところ、新幹線の改札を入ったところと考えられているようです。場所が近いので順番に見ていきましょう。
新幹線でのいつもの午前移動は午前9時頃ですが、今日は午前8時と1時間ほど早めの移動です。駅弁屋って営業しているの?種類はあるの?と心配していましたが、やっていました。駅弁屋の入荷時間は判りませんが、朝の開店前に入荷しただろう駅弁が、いつもより多く、種類も豊富に残っています。
写真入りで販売している駅弁を紹介しています。食べていない(食べた記憶の
ない)駅弁があります。新発田三新軒の湊町にいがた・華やぎ弁当です。
さっそく購入、やや早めに入線する新幹線の中でいただきましょう。
箱は上下から中央に刺して蓋をするようになっていて、その差し込まれた部分におしながきがあります。新潟の駅弁でおしながきがあるのは珍しいです。
おしながきの内容は、新潟県産こしひかり赤小梅とちりめん添え、越後もち豚ロース味噌漬け、だし入り厚焼き玉子、塩引き鮭、岩船産柳かれい素揚げ、妙高ゆきエビ素揚げ、佐渡産塩イカゲソ天ぷら、たらこ、パンプキンサラダ、赤カブ酢漬け、もずくの酢のもの桜花添え、舞茸煮物、ちりめんシラス、野沢菜、オキアミです。箱のさし絵の旧新潟税関庁舎につうての説明もあります。
海の幸、山の幸、越後もち豚と充実の駅弁でした。容器が2つ、もずくの酢のものと3つも蓋がありやや面倒ですが…。1180円とちょっとお高めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.08

らーめん 丸木屋

丸木屋坂井輪店 らーめん

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西地区、大堀幹線沿いにあります。坂井東交差点から少し西側になります。
前回、遅いお昼にお邪魔して天然ダシのとろろごはんが食べれませんでした。食べれないと食べたくなるものです。今回、正午ちょうどにお邪魔しました。
ログハウス風の小さなお店で、お店前には4台分の駐車スペースがあります。混んでいるようなので隣のホームセンターの駐車場に停めさせて貰いました。帰りに自動販売機で缶コーヒーを購入して、駐車場代替わりです。
お店は、左側に厨房、中央厨房向きと右側手前窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気の店内になっています。この時間で5割ぐらいのお客さんの入りと空いていましたが、次々とお客さんがやって来て、すぐに満席に近いぐらいの賑わいになりました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻ともやしらーめんがあります。サイドメニューもあります。らーめんと前回売り切れで食べられなかった天然ダシのとろろごはん(小)にしました。今日は大丈夫!
麺のゆで時間が短いからなんでしょう?とてもくに出来上がってきました。
真っ白い器に白濁したスープ、あまり美味しそうには見えないのですが…。
麺は、極細の縮れ、心地よい縮れの食感とシコシコの歯応えが楽しめます。
スープは、醤油と塩の中間的な色あいと味わいです。動物系・魚介系・野菜の天然ダシのバランスが絶妙です。ラーメンでは少ないだしを味わえ、まろやかさとあっさりの両方を楽しめる身体にとても優しいご馳走的なスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどです。醤油中心の好みに味付けされた軟らかめのチャーシューです。楽しみにしています。
極細麺ととっても優しいスープ、好みのトッピングなど好きなラーメンです。らーめんの普通盛りは600円です。今だとかなりお得に感じる一杯です。

丸木屋坂井輪店 天然ダシのとろろごはん(小)

天然ダシのとろろごはんです。小盛りで300円、かなり好きな味です。
大根と胡瓜の漬物、おろしわさびがのった小皿が付いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.07

中村屋

中村屋


見附市の「中村屋」です。
国道8号線上新田南交差点から見附市街方向へ、工業団地っぽい場所を過ぎると開けた感じになります。少し距離はありますが、左側に見えてきます。
長岡・見附地区での昼食。まだ食べたことのない中村屋にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席があります。古民家風の建物に相応しく店内も古民家風です。カウンターは、1枚板を使用しており居酒屋のような感じもします。でも、靴を脱がなくてもいいよう、土間で食べるような変な感じです。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場も空いていましたが、店内も半分ぐらいのお客さんの入りと空いています。

中村屋 メニュー

メニューは、塩とん担、塩とんこつ背脂、塩とんこつマー油、中華そば、背脂らーめんとそれらに味玉をトッピングしたものが用意されています。ミニ丼やセットなどもあります。大盛りが無料です。中華そば(大盛)にしました。
お客さんの動きが遅かっただけのようです。続々とお客さんが訪れ、満席に近
い状態になりました。タイミングが良く、早く出来上がってきました。

中村屋 中華そば(大盛)

白い少しゴツゴツ感のある器に、おとなしい感じに盛り付けられています。
麺は、普通の太さで普通の縮れで、ツルツル感とモチモチ感の良い麺です。
スープは、醤油味のあっさりですが、最初は塩のしょっぱさを感じます。食べているうちに馴染んできます。いいバランスに感じられるようになります。
トッピングは、軟らかチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎとシンプルです。
シンプルな中華そばでした。大盛りが650円と大盛りならお得な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.06

きんしゃい亭 古町店

きんしゃい亭古町店 メンマラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 古町店」です。
古町通りの4番町、奥行きのあるビルの1階にあります。少し曲がった通路の先にあり、道路からは見えません。看板の出る夜しか判らないお店です。
プチ新年会が珍しく上のお店で、〆のラーメンで久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席があります。昔のヤクザ映画に出てきそうな雰囲気のちょっと歴史を感じさせるお店です。午後7時40分頃に着きました。1人だけのお客さんが帰るところでした。
メニューは、きんしゃい亭共通のラーメンとそれにトッピングを加えたものです。以前から気になっていたことがあります。普通のラーメンにメンマがトッピングされていないのにメンマラーメンがあるということです。普通のラーメンにもメンマを入れてくれればいいのにと思っていますが、確かに九州ラーメンにはメンマが入っていません。そのメンマラーメンにしました。
親父さんが一人でやっていますが、九州ラーメンですから早いです。
麺は、極細の弱い縮れ。本場ストレート麺とは違いますが好みの麺です。
スープは、醤油とんこつらしい色、旨味と醤油味が絶妙です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、紅生姜、胡麻、ねぎなどです。メンマがいい感じに味が染み込んでいます。胡麻、高菜漬を加えていただきます。
麺もスープも好きで、トッピングとボリュームは控えめ、トッピングのメンマや胡麻・高菜漬などで味の変化をいろいろと楽しめました。これだけ楽しんだことを考えるラーメン680円と今ではまあまあおいい線でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支那そば 東光亭

東光亭 支那そば

新潟市の「支那そば 東光亭」です。
女池の住宅地の中、周辺が宅地開拓され、さらに判り難い場所にあります。
一般住宅にラーメン屋部分を増築しています。お店の脇に4台分の駐車場があります。正午に着き、車は無事停められました。
お店は、左側に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前には小上がりがあります。なんとなく懐かしさを感じさせるような心地のいい小さなお店です。お店の中も混んでましたが、カウンター席の奥に空きがあって座れました。
メニューは、支那そば、のりそば、わかめそば、チャーシュウ麺と1スープのお店です。基本的な支那そばチャーシュウ丼にしました。
前々回は親父さんと息子さん、前回は親父さんと奥さ、今回は3人です。
大きめの鍋で多めに麺をゆでています。やや早めに出来上がってきました。
双喜文と龍の懐かしさを感じさせる器に、トッピングが充実しています。
麺は、普通の太さで普通の縮れですが、ツルツル感と歯応えの良い麺です。
スープは、醤油味がしっかり、魚介系風味のあっさりシンプルなものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどです。半チャーシュウ麺と言ってもいいでしょう。チャーシューが5枚も入っています。
チャーシューが多めで癖のない醤油ラーメンです。500円はお得です。

東光亭 チャーシュウ丼

チャーシュウ丼は、炒められた賽の目切りのチャーシューとねぎがのったどんぶりです。程よいボリュームで、200円とお手頃です。
両方でも700円とお手頃、満足の昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.05

福来亭 白山町店

福来亭白山町店 中華そば(大盛)

燕市の「福来亭 白山町店」です。
旧燕市街にあります。説明が難しいので割愛します。ナビでお願いします。
背脂系の中でも古くからやっている元祖的なお店で、好きな中華そばを食べさせてくれます。しばらく食べていませんでした。久々のお邪魔になります。
お店は、奥に厨房、手前に小上がり、その手前にテーブル席、右側に座敷と小上がりの中間のような部屋があります。古くからの金属の町に溶け込んだ雰囲気のお店です。午後12時40分に着きました。駐車場は1台分空きがあり、お店は8割程のお客さんの入りです。入って左側に食券販売機があります。
メニューは、中華そばだけで、チャーシューやメンマのトッピングを加えたもの、餃子とのセットなどがあります。盛りも大盛だけではなく小盛りや特盛りもあります。ライスや玉ねぎが無料でセルフサービスになっています。お腹も空いているので中華そば(大盛)にしました。冷水もセルフサービスになっています。冷水を用意して右側の小上がりに座りました。
出来上がり待ちのお客さんも多く、それ以上に麺のゆで時間がかかるようでなかなか出来てきませんが、その後、一気に出来上がってきました。
龍と雷文の落ち着いた器に、背脂などがいい感じに浮いた中華そばです。
麺は、太く弱い縮れの手打ち風で、もちもち感のある背脂系らしい麺です。
スープは、濃い醤油色の見た目通り少ししょっぱめですが、だしの旨味があります。麺を食べるときのそのしょっぱさのバランスがとても良く感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉ねぎです。チャーシューは、軟らか過ぎない、いい感じの歯応えです。メンマは、やや太めで食感、味とも良いものです。背脂系ラーメンのメンマは、なんでこんなに美味しいのでしょう。
背脂系らしい中華そばでした。普通盛り700円、大盛りが850円と少し割
高な感じはありますが、ライスと玉ねぎも自由に食べたり、セルフトッピング
できます。伝統的な味をたらふく楽しめるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.04

リンガーハット 新潟河渡店

リンガーハット新潟河渡店

新潟市の「リンガーハット 新潟河渡店」です。
東地区にある河渡マーケットシティの一角にあります。こびきやの跡です。
以前、うどんを食べようとこびきやに行ったつもりが、リンガーハットに変わってました。今回、あらためてリンガーハットを目的にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に仕切りのある向い合わせのカウンター席、右側や奥にテーブル席があります。うどん屋当時と配置は違いますが、雰囲気はそのままのような感じです。入口に前払いと書かれていますが食券販売機もなく、そのまま進むと厨房前のカウンターでオーダーするようなシステムになっています。ショッピングセンターのフードコートそのままのような感じです。午後2時前に着きました。2~3割程度のお客さんの入りと空いています。
メニューは、長崎ちゃんぽんと長崎皿うどんで、長崎ちゃんぼんは味噌味もあります。いずれも野菜たっぷりがお勧めのようです。今回は、今まで食べてみたいと思っていて食べれていなかった長崎皿うどんにしました。
フードコートのように前金を支払い、ポケットベルのような機械を貰います。セルフサービスの水を用意して席に着くとすぐに機械が鳴り出しました。

リンガーハット新潟河渡店 長崎皿うどん

赤い線がいい感じの大きめのお皿に彩りがおとなししめに盛られています。
念のためスタッフに食べ方を聞くと、調味料などを置いてあるコーナーに皿うどん用のソースがあり、お好みに合わせてかけてると良いとのこと。ソースを入れるのにちょうど良い小さなの器も用意されています。
麺は、細麺の揚麺です。皿うどんなので、焼きうどんのような麺を想定していましたが、細めですがかた焼きそばのような麺にちょっと驚きました。
あんかけは、キャベツ・もやし・人参・さつま揚げ・海老などの入った白いものです。控えめですが、ちょうど優しい味付けです。それだけでもいい感じですが、途中から皿うどん用のソースをかけていただきます。焼きそばっぽい味に変化します。これもなかなかいい感じではないでしょうか。
食べやすくなかなか楽しめました。税込み626円はいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.03

「きんしゃい亭 柳都大橋南店

「きんしゃい亭柳都大橋南店 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 柳都大橋南店」です。
東港線沿いにあります。ピア万代の向かい、サークルKと同じ敷地内です。
にんにく入りのラーメンを楽しみたくて、きんしゃい亭にお邪魔しました。
お店は「きんしゃい亭&麺や たぶきん 柳都大橋南店」という2枚看板で、「麺や たぶきん」は、「九州ラーメン きんしゃい亭」の醤油ラーメンの新コンセプト店です。同じテーブルで、両方のお店のラーメンが食べれます。
お店に入るとすぐに風除室があり、メニューが掲示されています。店内に入るとちょっと広めのスペースがあり、正面にメニューの掲示、右側に食券販売機があります。混み合って並んでもメニューを見て食べるものを考えられるようになっています。メニューは、きんしゃい亭とたぶきんがそれぞれ別々に掲示されていて、食券販売機もそれぞれの店の2台が並んで設置されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンとトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも、醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。トッピングやサイドメニューは共通のようです。きんしゃい亭の普通のラーメンにしました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせカウンター席、左右にテーブル席があります。新しく広めのお店です。午後3時30分過ぎに着きました。他に母子が2組の1グループだけですが、かなり賑やか、元気な子供達です。
空いてはいますがスタッフは2人、普通の待ちで出来上がってきました。
麺は、極細の弱い縮れ。本場ストレート麺とは違いますが好みの麺です。
スープは、醤油とんこつらしい色、旨味と醤油味が絶妙です。にんにく、胡麻や高菜漬をのせている間にスープの表面に薄いコラーゲンの膜ができます。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻、ねぎなどシンプルです。にんにく、胡麻、高菜漬を加えていただきます。にんにくは、自分で摺り金でおろしたもの(辛め)と予めすりおろしてあるものの2種をたっぷりと使います。
麺もスープも好きで、トッピングとボリュームは控えめ、にんにくや胡麻・高菜漬などで味の変化をいろいろと楽しめました。これだけ楽しんだことを考えるラーメン580円と今ではまあまあお手頃ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.02

中華麺食房 三宝亭 村上店

三宝亭村上店 麻婆担々めん


村上市の「中華麺食房 三宝亭 村上店」です。
国道7号線沿い、瀬南温泉IC近くの村上マーケットシティ内にあります。
家族での移動中の食事です。定食だとかチャーハン、鶏料理といろいろ食べたいものがあり、ラーメン以外も充実している三宝亭にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、左側奥に小上がりがあります。ファミレス風のラーメン店です。午後3時頃に着きました。時間が遅いこともあり3~4割のお客さん入りと空いています。
メニューは、中華系、しょうゆ、とんこつ、味噌、中華そばなど豊富に揃っています。家族が食べたがっていたものもあります。1枚もののメニューもあります。五目うま煮めん、酢辣湯麺、冬のメニューで麻婆担々めんがあります。まだ、食べたことない麻婆担々めんを食べてみることにしました。
お客さんが少ないこともあって、そこそこ早めに出来上がってきました。
落ち着いた和の器に麻婆の橙色と練り胡麻色のスープが美味しそうです。
麺は、かなり細めの縮れです。麻婆やスープととても良く絡んでくれます。
スープは、胡麻味が濃厚なもの、一般の担々麺でもないまろやかなさです。
トッピングは、XO醤と特製タレの白い麻婆と粗曳きの山椒です。ラー油でオレンジ色に見えますが白い麻婆です。花椒のしびれも程よく効いています。
麻婆担々めんに相応しい胡麻と麻婆を楽しめるものです。どちらの味にも細麺が良く絡みます。税込み842円とお高いものですが、麻婆麺と担々麺の両方を楽しめたのですから、ちょっと得したような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.01

太平山 番外酒 純米吟醸

太平山 番外酒 純米吟醸

元旦は、雪おろし・雪掻きの日でした。
労働の跡の後のお酒は格別です。

秋田県湯上市の小玉醸造の「太平山 番外酒 純米吟醸」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

A HAPPY NER YEAR

あけましておめでとうございます。

昨年は、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

今年もラーメン、山、花火、祭り、写真などなど日記に残していこうと思っています。

2014年に食べたラーメンの数は、以下のとおりです。
 食べたラーメン 312杯
  そのうち県外  10杯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »