« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015.02.28

こびきや 出来島店

こびきや出来島店 わかめうどん中+えび+いか+野菜かき揚げ+半熟たまご+ちくわ

新潟市の「こびきや 出来島店」です。
笹出線沿いの県庁近くにあります。きんしゃい亭県庁前店と同じ敷地です。
土曜日の天ぷら半額に味をしめて、うどんを食べようかとお邪魔しました。
午後1時30分前に着きました。駐車場は、ほぼ満車に近い状態です。
お店は、和風ヴュッフェスタイルです。お客さんの入りは7割ぐらいです。
メニューは、かけうどん、釜揚げうどん、ぶっかけうどんに大別され、予めトッピングを加えられたものが用意されています。さらにトッピングを加えることができます。天ぷらが豊富で、天丼用のライスもあります。おそばや丼物もあります。あれれ!先月食べた時よりも天ぷらまでをも含めが全て10円値上がりしています。わかめうどん中(370円)+えび天(150円)+いか天(150円)+野菜かき揚げ(150円)+半熟たまご天(120円)+ちくわ天(120円)にしました。値上げのショックは大きいのですが、通常の1060円が土曜日は天ぷら半額で345円引きの715円です。これだけかと思ったら、内税から外税に変わっています。実質15%程度の値上げになってしまっています。これはショックがかなり大きいのです。しかしそれでも772円での清算は、全然お手頃ではないかと思います。
たまのうどんもなかなかいいです。土曜日は、こびきやでうどんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.27

正油ラーメン専門 ちんちん亭

ちんちん亭 チャーシューメン

ちんちん亭 チャーシューメン 魚沼市(旧小出町)の「正油ラーメン専門 ちんちん亭」です。
小出駅なんかのある魚野川左岸地域、小出高校のすぐ近く北側にあります。
魚沼市のお昼。好きなちんちん亭のラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く中央に厨房があり、その左右と手前にカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。昔流行ったどさん子などのような雰囲気のお店です。午後12時10分頃に着きました。6~7割程の席が埋まっていて、その後もお客さんが来ます。入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。
メニューは、チャーシューワンタンメン、チャーシューメン、ワンタンメン、ワンタンスープ、ラーメン、辛味ラーメン、メンマラーメン、岩のりラーメンなどがあります。主だったメニューは、並・中・大の麺の盛りを選べるようになっていますが、100円~250円増しとお手頃感はありません。正油ラーメン専門らしく醤油味だけになります。チャーシューメンの並にしました。
空いている右側カウンター席に座り、水を持ってきた店員に食券を渡します。賑わっていますが手際の良い親父さんです。早めに出来上がってきました。
龍と雷文模様の器です。器の外側が、龍と同じ鮮やかな青色です。正油ラーメン専門らしい醤油色のスープとたっぷりのチャーシューが美味しそうです。
麺は、やや細めの縮れ。適度なモチモチ感のとても食べ易い好みの麺です。
スープは、見た通りの醤油味がしっかりしたもの。醤油味がしっかりしていながらあっさりも、まろやかもしています。醤油の旨味とダシの旨味、適度な油の旨味が見事に調和しています。野菜からの甘味が特に好みのスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなど以外とシンプルです。チャーシューは、醤油で味付けされたもので、醤油の味と香りを楽しめます。厚めで脂身が少ないため歯応えがあります。麺半玉以上のボリュームです。
麺、スープ、チャーシューとも美味く好みのチャーシューメンを食べました。好みのラーメンに好みのチャーシューがたっぷりとトッピングされています。ラーメンが650円で納得の線ですが、チャーシューメンは並でも950円とかなりお高いものなります。それでも納得させられるなにかがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.26

日の出製麺

日の出製麺

三条市の「日の出製麺」です。
国道289号線沿い、東三条跨線橋の北詰近くにあります。「松本商店」→「らーめん食堂あしょろ 三条店」だった場所・建物になります。
食べたことのないお店で食べてみようと思い、初めてのお邪魔になります。
お店は、奥に厨房、その手前に配膳用のスペースを囲むようなUの字形のカウンター席、左側にテーブル席があります。最近の気取らないラーメン屋といった雰囲気です。あしょろの時と配置が違っています。午後12時20分過ぎに着きました。7〜8割のお客さんの入りです。入口に食券販売機があります。さらにA4ぐらい用紙にメニューが1品、あちこちと貼られています。
メニューは、濃厚煮干しつけめん、どろ玉濃厚煮干しつけめん、チャーシュー濃厚煮干しつけめん、特製濃厚煮干しつけめん、濃厚煮干し辛つけめん、どろ玉濃厚煮干し辛つけめん、チャーシュー濃厚煮干し辛つけめん、特製濃厚煮干し辛つけめん、日の出まぜそば、辛肉まぜそば、スパイシーカレーまぜそば、背油麻婆まぜそば、どろ玉煮干しらーめん、煮干しらーめん、チャーシュー煮干しらーめん、特製煮干しらーめんがあります。つけめんは、並盛200g、大盛300g無料、特盛400gと特特盛500gは50円増しです。まぜそばは、並盛180g、大盛270gと特盛360gが50円増しです。らーめんは、並盛180g、大盛270gが50円増しです。サイドメニューやトッピングの追加が豊富で、セットもあります。つけめんがメインのお店のらーめんや中華そばなど、好みだったことがありません。…で、濃厚煮干しつけめんにしました。
席に案内されます。店員に大盛りと伝えながら食券を渡して注文完了です。
賑わっていて、さらにつけめん…。思ったより早く出来上がってきました。

日の出製麺 濃厚煮干しつけめん(大盛)

白い器に麺、少し紫がかった器につけ汁、見た目は一般的なつけめんです。
麺は、太く軽いウェーブのストレート、モチモチ感の強い…らしい麺です。
つけ汁は、醤油味しっかりで濃厚煮干しも癖のない仕上がりで爽やかです。
トッピングは、サイコロ形チャーシュー、穂先メンマ、三葉、玉ねぎです。
つけめんらしいモチモチ感の強い麺、癖のないつけ汁、トッピングもなかいい感でした。大盛無料で730円は普段食べるには少しお高い気がします 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.25

食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後12時10分頃に着きました。正午までに着くと駐車場の心配はありませんが、正午をまわると満車のことが良くあります。今日は、大丈夫でした。
ある程度の列びは覚悟していましたが、お店前の風除室には待っているお客さんは2人だけです。すぐかと思いましたが、5分ほどの待ちになりました。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良いとても綺麗なお店です。左側手前カウンター席に案内されました。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
いつも早めに出来上がってきます。変わらず早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで良く考えられてます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色です。煮干しの強い香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューはかなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、鯵フライ、ねばりのある昆布とレタスのサラダ、豚肉・糸蒟蒻・じゃがいも・人参・いんげん・玉ねぎなどの煮物です。鯵フライにはキャベツ・レタス・人参などの刻んだ野菜が添えられています。お新香は、沢庵、大根の紫波漬け、蕪と白菜の浅漬けの3種です。いつもことなが、定食のしっかりさに関心させられています。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.24

らぁめん お~や

お~や 甜麺醤らぁめん

新潟市の「らぁめん お~や」です。
新潟島の少し下、東堀通沿いあります。広小路との交差点の下手右側です。
2ヶ月毎ぐらいに変わる期間限定メニューがあります。次回の予告がある時もありますが、今回は何が食べられるか不明です。楽しみにお邪魔しました。
お店の前に期間限定メニューの説明が貼り出されています。1月6日(火)~2月末の提供は、自家製甜麺醤らぁめんです。レギュラーメニューの濃厚味噌味よりも醤油感を強くし、少し甘めに仕上げました。アクセントに利尻昆布などで作った食べるラー油を添えました。とのこと、1日7食限定です。
お店は、奥行きがあります。入って正面に通路が延びていて、右側に製麺室があります。通路を進むと奥に待ち用?のソファが置かれています。その先で左側が開けています。奥に厨房、手前にカウンター席7席だけの落ち着いた雰囲気の小さなラーメン店です。午後1時15分頃に着きました。お客さんが6人です。ソファの向かいに食券販売機があり、回りに説明の貼紙があります。
メニューは、あっさりのらぁめんとこってりの濃厚らぁめんの2種類に大別されます。あっさりは、らぁめん、鶏らぁめん、梅らぁめん、チャーシューめんがあります。こってりは、濃厚らぁめん、濃厚鶏らぁめん、濃厚辛みそらぁめん、濃厚チャーシューめんがあります。期間限定メニューの甜麺醤らぁめんは残っているでしょうか。1日7食という数量なので心配になります。食券販売機を確認すると…、まだ残っています。甜麺醤らぁめんにしました。
食券をカウンターの上に乗せ、セルフサービスの水を用意して待ちます。
甜麺醤(ていめんじゃん)は、小麦粉と塩に麹を加えて醸造したものです。甘さが特徴になっています。どうでしょう?かなり期待が高まってきました。
多くのメニューを店主一人でこなしています。手際良く丁寧に作っています。前に待ちのお客さんいましたが、いつも通り早く出来上がってきました。
限定で良く使われる真っ黒な器に、味噌なのか醤油なのか微妙な色のスープが印象的です。カイワレの緑と煮玉子の黄色が彩りでも楽しませてくれます。
麺は、やや細のストレートです。角がしっかりしているので平打ち麺を食べているような舌触りで、モチモチ感や歯応えも楽しめるしっかりした麺です。
スープは、味噌と醤油の中間の色と透き通り具合で、鶏白湯のためかコラーゲンたっぷりそうなとろみがあります。味は、鶏白湯の塩味のような軟らかさ、醤油味のような深みの良いとこ取りのようです。最初は、薄味の控えめな感じですが、具材からの味が混じってきて、最後はかなりしっかりした味になります。あまりラーメンのスープで味わったことのない好みの絶妙な味です。
トッピングは、たっぷりの鶏チャーシュー、挽肉の醤炒め、利尻昆布の食べるラー油、味玉半個、カイワレなどです。鶏チャーシューの歯応えが抜群です。挽肉の醤炒めは、スープに混じってスープをしっかりしたものに仕上げます。利尻昆布の食べるラー油は、らぁめん全体をさわやかなものにしてくれます。トッピングのバランスが良く、かつなかなか充実にかなりの満足感です。
好みとは違いますが味わいのある麺、なんとも嬉しいスープ、充実のトッピング。今までの限定でも一番?楽しませてもらえました。手間もかかっていてなかなかの仕上がりです。820円と安くはありませんが、いい線でしょう。

3月~4月の限定らぁめんも紹介されてます。鶏煮込み醤油らぁめんと鶏三昧らぁめんです。これも期待できそうですが、1日各5食ずつの限定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.23

らーめんみそ膳 マックスバリュー店

みそ膳マックスバリュー店 糸魚川味噌らーめん

糸魚川市の「らーめんみそ膳 マックスバリュー店」です。
国道148号線沿いで北陸道糸魚川インター近くにあるマックスバリューを核とするショッピングセンター内、テナント店が並ぶ建物の一角にあります。
糸魚川での昼食、食べたことのないみそ道楽で食べようかと思いましたが定休日でした。時間も遅く、味噌ラーメンが食べたい気持ちも残っちゃいました。遅い時間でもやってそうで味噌ラーメンが食べられるみそ膳にしました。
午後2時に着きました。この手のお店は、駐車場に困らなくて助かります。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、その後ろにテーブル席、右側に小上がりがあります。中央の手前にガラス張りに近いちょっと入りづらい雰囲気の個室的な小上がりが1卓あります。建物の外から見ると小さなラーメン店のように見えますが、かなり広々した感じの店内になっています。こんな時間ですが、他にお客さんが1人、後からも1人が入って来ました。
メニューは、お店の名前が示すように味噌ラーメン専門店といった感じです。日本各地の味噌らーめんが主だったものになります。札幌味噌らーめん(北海道札幌)、北国亭味噌らーめん(北海道小樽)、北海味噌らーめん(北海道網走)、胡麻味噌らーめん(宮城県)、糸魚川味噌らーめん(新潟県)、西京味噌らーめん(京都府)、八丁味噌らーめん(愛知県)、豚骨味噌らーめん(北九州)などがあります。その他にも野菜味噌らーめん、ピリ辛ねぎ味噌らーめん、坦々麺(神奈川県横浜市)、野菜醤油らーめん、野菜塩らーめん、野菜坦々麺、醤油らーめん、コテコテ中華、チャーシューメンがあります。麺は2種あり、基本的に味噌は太麺、その他は細麺ですが、変更することもできます。つけ麺もあります。魚介濃厚、和風醤油・ピリ辛胡麻ダレの3味があります。夏季の冷し中華も、味噌、醤油、坦々と3味が用意されています。種類が多く悩みます。一度食べていますが、また糸魚川味噌らーめんにしました。
空いていますが落ち着いた手際、普通の待ち時間で出来上がってきました。
派手さのない器に、岩海苔は多少目を引きますが、落ち着いた仕上がりです。
麺は、普通かやや細ぐらいの縮れ、モチモチして味噌のスープに合います。
スープは、あっさりさらりした感じ、味噌の味と甘みが優しい仕上がりです。パンチの利いた味噌を期待するとちょっと違うものに感じてしまうでしょう。普通にしていると気付かない程度の背脂がまろやかなスープにしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、岩海苔、もやし・キャベツ・人参・ニラの野菜炒めです。胡麻油で炒められた野菜が、懐かしい良い香りです。
味噌ラーメンに岩海苔入りは珍しいけど、背脂に岩海苔がベストと思います。あまりない複雑な味噌ラーメンです。万人向けではないでしょうが好きです。楽しませてもらえましたが、800円はお得感はありません。いい線かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.22

新潟伊勢丹 横浜・中華街

新潟市の「新潟伊勢丹」で催されている『横浜・中華街』に行きました。
当初の予定は「医食同源 漢×2」でしたが、営業していませんでした。次にと考えていた「麺屋しゃがら 新潟駅店」は、午後1時を過ぎているのに新潟駅構内に20人以上が並んでいます。知り合いに合うのも恥ずかしいので逃げます。次は久々の「ラーメン いっとうや」を目指します。午後1時20分過ぎに着きましたが…。外に30人近くが並んでいます。平日にしましょう。
そしていよいよ次に向かったのが伊勢丹で開催中の「横浜・中華街」です。
会場は、6階の催事場です。午後1時40分過ぎに着きました。酢辣湯麺か野菜湯麺なんかがあるだろうとイートイン&テイクアウトコーナーに並びます。

新潟伊勢丹 横浜・中華街 メニュー

近くまで来るとメニューがあります。今まで北海道展や九州展なんかのラーメン数種と違い、33種類ものメニューがあります。スープ麺5種、焼きそば8種、炒飯13種、飯類3種、一品料理4種です。スープ麺は、カニ肉入りフカヒレ姿煮麺、カニ肉入りフカヒレスープ麺、担々麺、フカヒレ入りエビワンタン麺、自家製チャーシュー麺で、いずれも牡丹園のメニューです。
何を食べようか悩みながら進みます。10分程度で食券売り場まで来ました。お高いものもあり財布と相談してフカヒレ入りエビワンタン麺にしました。
テーブル席とカウンター席がありますが、カウンター席に案内されました。
メニューが多く心配していましたが、普通の待ちで出来上がってきました。

新潟伊勢丹 横浜・中華街 フカヒレ入りエビワンタン麺

可愛い模様の器に、おとなしいそうなトッピングの盛り付けとスープです。
麺は、やや細の縮れ。ツルツル・プリプリ・モチモチが気持ちいい麺です。
スープは、塩味のあっさりまろやかなもの。旨味と塩のえぐみもあります。
トッピングは、海老の食感が楽しく旨味もいい感じの海老ワンタン、味付けの良いフカヒレ煮、小松菜、もやし、ねぎなど見た目以上に充実しています。
スープが好みと少し違っていましたが、なかなか充実したワンタン麺でした。1280円と通常のラーメン2杯分の値段ですが、高級食材で納得でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.21

らーめん砦 木津城

木津城

五泉市の「らーめん砦 木津城」です。
県道7号線沿いにあります。五泉~村松の五泉寄り、TSUTAYA入口の脇です。「ラーメンなおじ 五泉店」だった建物をそのまま使用しているようです。
食べたことのないお店で食べようと思いドライブを兼ねてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。テーブル席の椅子なんかは、イーゼルのようなデザインの凝ったものが使われています。明るく暖かみのある、居心地が良い雰囲気です。ちょうど正午に着きました。7~8人の並びになっています。記入用紙に名前と人数を書いて待ちます。10分程で小上がりに案内されました。
お店入口近くにあるおしぼり温冷庫からおしぼりを持って席に移動します。
記入用紙に書かずに待っていた人を追い越してしまいました。最近、ラーメン店で記入用紙(ウェイティングシート)のあるお店が並びが出来るお店で増えています。ラーメン店に着いて並んでいるとまず確認します。以前は、書かずに追い越してしまうのを避け、スタッフに先から待っているお客さんがいることを告げていましたが、最近、なんか面倒になってきました。

木津城 メニュー

メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、ねぎらーめん、めんまらーめん、得製らーめん(味玉・岩のり・めんま入)、がっつりらーめんです。シンプルにらーめんでいくか、華やかなちゃーしゅーめんでいくか、他にも得製らーめんやがっつりらーめんでいくか悩むところ、ちゃーしゅーめんにしました。
このお店は相席をしないようです。並ぶお客さんがいるのに小上がりにひとりは、ちょっと心苦しくなってきました。面倒臭がり屋への竹篦返しです。
混み合っていますが、次々と出来上がってきます。かなり早めにきました。

木津城 ちゃーしゅーめん


チャーシューに覆われたラーメンで、食べ進むにつれ白い器が見えてきます。麺の上にチャーシューを並べ、中心にもやしをのせ、さらにチャーシューと青ねぎをのせた盛り付けです。想像以上の華やかさがあります。
麺は、普通の太さの縮れで、スープと良く絡み食べていて旨味を感じます。
スープは、醤油色が薄い透き通ったもの。旨味があり、なかなかいい味なんですがしょっぱめ、表面に浮いた背脂でも中和しないしょっぱいスープです。
トッピングは、脂身の少ないこれもしょっぱめのチャーシュー、もやしと青ねぎです。たっぷりのチャーシューともやしの相性は良いのですが、ラーメンと食べるとかなりしょっぱく感じます。メンマがないのが残念です。
なかなか好みではありますが、かなりしょっぱめでした。ラーメン自体が薄味で、チャーシューがこのままのしょっぱめでも良いのかなと思います。らーめんが680円と最近の値段ですがチャーシューが5枚ものっているとのことでいい線かなと思っています。チャーシューメンは900円と安くはありませんがチャーシューが10枚ものっています。文字にしても大したことはありませんが、食べてみると納得のボリューム感です。次回は、しょっぱさ控えめでお願いしてみたいと思いますが、何を食べようか悩まなきゃいけないのかな。
だるまやグループからの独立が続いています。このお店は万人家からの独立のようです。だるまやグループからの独立は、出身元の味を引き継いでいます。このお店は、万人屋同様にチャーシューの盛りが特徴と言っていいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.20

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

大安食堂東掘店 麻婆麺

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
東掘通に面しています。柾谷小路に程近いAPAホテルの斜め向かいです。
同僚とそこそこ人数がいてのお昼になりました。こんな時の大安食堂です。
入口を入ってすぐ食券販売機があります。あまりにも近いため、前の人が食券を購入している間は、次の人が外での待つことになります。今日もそんな状態になりました。入口近くにテーブル席もあり、一旦入って戸を閉めてくださいとのこと。普通の通路っぽいところに食券販売機を置いたものですからかなり狭いです。居酒屋だった建物の流用なんで仕方ないのでしょう。
メニューは、醤油ラーメン、塩ラーメン、ワンタンメン(醤油・塩)、醤油豚骨ラーメン、味噌野菜ラーメン、辛子味噌野菜ラーメン、タンメン、魚介つけ麺とそれらにチャーシューを加えたものがあります。お店の前に貼紙があり、そこには麻婆麺が載っています。どんなものか麻婆麺を食べてみましょう。
お店は、右側に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。2階には居酒屋風の座敷があります。午後12時15分頃に着きました。混んではいませんが人数がいたためか、2階に通されました。
スタッフに食券を渡すと麺の太さを聞かれました。他のラーメンと同様に中太麺と細麺から選べるようになっています。麻婆麺はやっぱり細麺でしょう。
出来上がりの早いお店です。空いていて一層早めに出来上がってきました。
淡い感じの可愛い器に麻婆の色合いが映えます。いい雰囲気の麻婆麺です。
麺は、細めの縮れです。ラーメンならいいのですが、麻婆麺には太過ぎます。食感が良く好きな麺だけに、さらに細い麺を合わせて欲しいと思いました。
スープは、ほとんど?全然?判りませんが、麻婆を邪魔しないスープです。
トッピングは、麻婆豆腐と青ねぎです。麻婆豆腐は、しょっぱさと甘さを控えた中華料理店の麻婆豆腐に近いもので、山椒の香りと辛味が効いています。
喜多方ラーメンのお店で食べる麻婆麺も不思議な感じですが、いい感じに仕上がっていると思います。麺がもう少し細ければと思います。麻婆麺は850円といい値段で、味的には良いのですが、ボリューム感がもうひとつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.19

長岡拉麺食堂 五平

五平

長岡市の「長岡拉麺食堂 五平」です。
国道404号線沿いにあります。長岡新産から越路方面へ、右側にあります。どさん子新産店だった場所、建物もあまり変わらず使われているようです。
長岡での昼食になり、食べたことのない五平で食べようとお邪魔しました。
正午前に着きましたが、お店脇の9台の駐車場はもう7台も停まっています。お店前の看板のようなものには“鯛節”や“長岡生姜醤油拉麺”などと書かれています。お店の中に入ってすぐ、風除室の左側に食券販売機があります。

五平 メニュー

メニューは、ラーメン、ちゃーしゅー麺、みそラーメン、みそちゃーしゅーとシンプルです。サイドメニューやトッピング追加が豊富に用意されています。それらを組み合わせたセットもありますが、あまりお手頃に感じられません。ラーメンが680円で、ちゃーしゅー麺が780円。ちゃーしゅー麺が100円増しとコストパフォーマンスが抜群です。ちゃーしゅー麺にしました。
お店は、右側奥に厨房、手前にテーブル席、左側に向い合わせのカウンター席があります。それほど大きなお店ではありませんが、結構な席数があります。内装をし直したかどうかは不明ですが、窓が広く、明るく綺麗なお店です。
スタッフに食券を渡すと麺の選択を聞かれました。ストレート麺とちぢれ麺から選ぶようになっているとのことです。細麺と太麺からの選択は良くありますが、ストレート麺とちぢれ麺から選択は珍しいです。ちぢれ麺にしました。
お店の教訓めいたことを書いた案内があります。五平の五箇条というタイトルで、其の壱:好みのタイプの麺を製造すべし。其の弐:こだわりの手作り餃子を提供すべし。其の参:こだわりの手作り餃子は三段階で食してもらうべし。其の四:五平こだわりの拉麺たれ・スープには、ふんだんに鯛を使うべし。其の五:今からでも遅くない!トッピング他卓上にて追加注文大歓迎!のサブタイトルでさらに細かな説明があります。最初はスタッフの心構えのように書かれていますが、後半はお客様への案内になっちゃっています。
お客さんが結構入っているのですが、かなり早めに出来上がってきました。

五平 ちゃーしゅー麺

外が赤で内側が白、外に龍で内側に雷文、手書き風の模様が描かれています。その器の中側には、醤油が美味しそうなスープと華やかなトッピングです。
麺は、普通か若干細めのちぢれ麺で、適度なモチモチ感を楽しめる麺です。
スープは、醤油の生じょっぱさをかなり残しています。鯛だしや動物系からの旨みなどと生姜の香りなどなかなかバランス良く絡み合っているものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、カイワレ、ねぎなどそんなに多種ではありませんが、ボリューミーに、彩り良く盛り付けられています。しかし、チャーシューはロースっぽい部分が多く、もう少し弾力のあるものも欲しかった。小さな欠片のようなものもあったが、なくてもいいような気が…。

五平 鯛節

3分の1ほどまで食べたところでブラックペッパーを加えます。生姜とブラックペッパーの相性は抜群です。3分の2程まで食べて鯛節をかけてみます。旨味が一気に広がりますが、鯛の香りに慣れていないためか違和感があります。
780円のチャーシューメン。味の変化を楽しんで…、いい線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.18

らあめん 福楽

福楽 メンマらあめん

三条市の「らあめん 福楽」です。
国道8号線須頃3北交差点近く、信濃川方向に入った先、すぐにあります。
出張者と一緒に三条地区での昼食です。ラーメン店が多くて悩むエリアです。メンマが好きとのことでメンマが美味しい「らあめん 福楽」にしました。
お店は、右奥に厨房、手前と中央寄りにちょっと高さのある厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。少し古くからのラーメン屋さんの雰囲気です。正午に着きましたが、半分を越えたぐらいの席が埋まっています。
メニューは、らあめん、メンマらあめん、わかめらあめん、岩のりらあめん、チャーシューめん、タンタンめんがあります。三条燕地区でもあり背脂入りも同じ値段で対応してもらえようになってます。メンマらあめんにしました。
福楽はメンマが美味しいお店で、お土産もできますが、お土産は麺類を食べた方が1個だけだそうです。いつの日か持ち帰って食べてみたいものです。
らあめんを待ってる間にもお客さんが来て賑わってきました。メンマらあめんを注文する人が多く、今日はお土産をお願いするお客さんもいました。混み始めてはいますが、思ったよりも早く出来上がってきました。
赤い波の模様の器に、醤油色スープ、太いメンマが美味しそうです。ほうれん草とわかめの緑も鮮やかならあめんです。目でも味わえるらあめんです。
麺は、普通の太さの縮れです。普通っぽい麺ですが、ツルツルした食感と程良いモチモチ感とコシ、歯切れも楽しい、バランスの取れた食べ易い麺です。
スープは、醤油色が濃いめの見た目に反し、角のないまろやかな醤油味を楽しめるもの。癖のないだしの旨さを味わえるしょっぱさ控えめのスープです。
トッピングは、最近では少なくなった醤油味のしっかり染み込んだやや軟らかめのチャーシャー、太く軟らかいけどシャキシャキするこの店の看板メンマ、わかめとほうれん草が緑の色を添えています。とても充実しています。
麺、スープ、トッピングとも好みのものです。これだけ楽しみ750円です。出張者には、メンマの味と質感、ボリュームまでもを楽しんでもらえました。チャーシューとメンマの両方を楽しむことが出来るか?まだ遭遇できす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.17

博多拉麺 KAZU

KAZU

長岡市の「博多拉麺 KAZU」です。
大手大橋の通りにあるホームセンタームサシの東側、喰拳近くにあります。
柏崎にお店があった時に食べていますが、長岡に移転後して初になります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。間口が広くガラス張り、自然な木目が明るく眩しいお店です。正午過ぎに着きました。3割~4割ぐらいのお客さんの入りで、その後徐々に混んできました。

KAZU メニュー

メニューは、白とんこつ、黒とんこつ、赤とんこつ、まぜそばとめしもんと呼ばれるサイドメニュー、追加トッピングも豊富です。基本の白、マー油の黒、ラー油の赤って感じです。まぜそばがどんなものか判りませんが、ワンコインでおつりがくるような値段です。麺の硬さ(やわめ~はりがね)や味の濃さ、油の量などを調整してもらえるようになっています。柏崎にお店があるときとだいぶメニューが変わっています。白とんこつ(かため)にしました。
博多拉麺なので早めに出来る筈なんですが、普通に出来上がってきました。

KAZU 白とんこつ

白い器に白濁食のスープ、通常のラーメンとは違う白の世界が広がります。
麺は、博多ラーメンより細く感じるストレートで、噛応えの楽しい麺です。
スープは、あっさりしたとんこつだしでややしょっぱさを控えています。ラーメンのタレが用意されていて、好みの味に調整できるようになっています。
トッピングは、チャーシュー、キクラゲ、海苔、万能ネギとシンプルです。
量はやっぱり少なめで替玉もしました。替玉はバリカタでいただきました。
とんこつラーメンの中でもあっさりしたタイプのラーメンです。とても食べ易く好きなラーメンでした。650円+替玉100円と妥当な線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.16

ゆきがや

ゆきがや

魚沼市(旧大和町)の「ラーメン ゆきがや」です。
浦佐駅の北側辺りにあります。昔からの商店街ぽいの通りをスキー場と反対方向に進んだ先、商店街ぽいのが切れて、その先もう少し行くとあります。
先週の木曜日にお邪魔しましたが、定休日だったため再びお邪魔しました。
お店に駐車場がなく、少し歩きますが商店街の無料駐車場が利用できます。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席だけの小さな・新しそうなお店かと思ったら…、左奥に小さな座敷かありました。午後12時50分過ぎに着きました。他にお客さんはいません。貸し切り状態かと思ったら、すぐに常連らしきお客さんが1人だけですが、やってきました。

ゆきがや メニュー

メニューは、ラーメンとチャーシューメンのみ。盛りは、並・中・大から選べます。壁に貼紙で冷しつけめん特製みそダレとトッピングで、ねぎチャ、煮玉子があります。ボリュームが判らないのでラーメン(並)にしました。
店主が1人でやっていて、後からのお客さんといろいろ世間話をしています。後からのお客は『メンマ・大盛りで!』という注文です。いろいろお願いできそうです。後からのお客さんと一緒に普通の待ちで出来上がってきました。

ゆきがや ラーメン

雷文と違う模様と双喜文の青い模様の器にあっさりしてそうなスープです。
麺は、やや細の縮れ、適度なプリプリ感とモチモチ感、いい感じの麺です。
スープは、醤油のあっさりしたもの。癖がなく、とても優しいスープです。
トッピングは、醤油の香りのチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなどです。
醤油味が自然で優しいラーメンでした。600円と価格的にもいい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.15

リンガーハット イオンモール新潟南店

リンガーハットイオンモール新潟南店 長崎ちゃんぽん(×2.0)

新潟市の「リンガーハット イオンモール新潟南店」です。
国道49号線沿い、イオンモール新潟南3階、フードコート内にあります。
お昼過ぎからのお買物、かなり遅くなりお腹が空いたのでお邪魔しました。
フードコートは、新潟でもかなり広い方で、フロアには適度な感覚でテーブルが配置され、セルフサービスの冷水機やごみ箱が所々に設置されています。
メニューは、長崎ちゃんぽんと長崎皿うどんが中心で、セットメニューもあります。長崎チャンポンは、長崎ちゃんぽん、野菜たっぷりちゃんぽん、海鮮とくちゃんぽん、みそちゃんぽん、ピリカラちゃんぽん、スナックちゃんぽん、があります。期間限定でしょうか?かきちゃんぽんもあります。みそスープとトムヤンクン風スープの2種類のスープが用意されています。なかなか美味しそうです。長崎ちゃんぽんは、麺の量が200gで1.5倍(300g)やダブル(400g)に増量できます。野菜の量が225gで、野菜たっぷりちゃんぽんは480gです。長崎皿うどんは、長崎皿うどん、野菜たっぷり皿うどん、太麺皿うどん、スモール皿うどんがあります。基本的な長崎ちゃんぽんにしました。×1.5や×2.0が無料サービスとのこと、お腹も空いているので×2.0にしました。
時間も遅くフードコートも多少は空いています。早く出来上がりました。
真っ白なやや大きめで浅い器、中央にたっぷりの具材が盛られています。
麺は、普通の太さのストレートです。ちゃんぽんらしい歯応えの麺です。
スープは、白濁した優しいもの、具材からの旨みと上手く絡まっています。
トッピングは、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ、グリーンピース、コーン、さつま揚げ、紅白蒲鉾、豚肉、海老の炒め物です。ボリュームがあります。
具材から溶けだした旨味がスープに優しく、癖がなく凝縮されています。このボリュームで本体540円(税込み583円)とかなりお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.14

信吉屋 休業

信吉屋 休業案内

信吉屋の前を通ったら、休業の案内が出ていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

にいがた 冬 食の陣 当日座

にいがた 冬 食の陣 当日座 会場

楽しみにしていた「にいがた 冬 食の陣 当日座」です。昨年は、ちょうど入院していたため参加できませんでしたが、今年はばっちりです。
昨年は判りませんが、一昨年は古町、万代シティ、新潟駅、ピア万代、ふるさと村の5会場で開催されました。今年は古町、万代シティ、新潟駅、ピア万代の4会場で、、ふるさと村は会場になっていません。いつも通り出展の一番多い古町会場で楽しみます。いつも通りにバスで向かいます。
まずは、6番町の案内でパンフレットをもらい、上の方から見て歩こうと思います。

にいがた 冬 食の陣 当日座 スワンレークビール

とりあえずビール。スワンレイクビールをいただきます。手前、アンバースワンビールです。奥は、相方の#B-IPAです。いずれも500円です。

にいがた 冬 食の陣 当日座 学校の給食(昭和30年代)

にいがた 冬 食の陣 当日座 学校の給食(昭和40年代)

今年の食の陣当日座のテーマのようです。「昔懐かしい 学校の給食」、昭和30年代(写真上)と昭和40年代です。各500円です。

にいがた 冬 食の陣 当日座 加古川かつめし

兵庫県から出店の「しら家」の加古川かつめしです。デミグラスソースが美味しく、お箸で食べます。500円です。

にいがた 冬 食の陣 当日座 山形名物いも煮

山形県から出店の「後藤屋」の山形名物いも煮です。いも煮だけでも美味しいのですが、にんにく味噌を溶かすと最高です。500円です。

にいがた 冬 食の陣 当日座 日本酒カクテル 雅

日本バーテンダー協会新潟支部の日本酒カクテルです。2015年は、~雅~です。日本酒、パッソア、ボルス・バルフェタムール、クランベリージュース・レモンジュースのカクテルです。500円です。

にいがた 冬 食の陣 当日座 日本酒カクテル 雪の華

相方は、2007年の~雪の華~です。日本酒、ライチリキュール、オレンジジュースのカクテルです。500円です。

にいがた 冬 食の陣 当日座 越の白銀(純米吟醸)

お酒を買って帰ります。越の白銀(純米吟醸)にしました。720mlで1300円です。

全国雑煮合戦もそうでしたが、県外からの出店がなどイベントの規模が年々小さくなってきているように感じられ残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.13

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間、三越の西側交差点を渡って南側路地を入った先です。
お手頃なのに美味しいうま煮そばが食べたくなり、久々にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。歴史を感じさせる小さなお店です。午前11時40分と珍しく早めに着きました。他にお客さんが1人とこの時間は空いているようです。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
親父さんとおばさんの2人でやってます。うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違います。今日は、うま煮が出来上がったばかりのようです。先のお客と一緒に作り、出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけです。ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。かなり前に少しだけ薄味になった気がしましたが、さらに薄味に感じます。
細縮れ麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円と超お手頃です。なんともありがたいことです。他のお店も是非見習って欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.02.12

よォーこそ!

よォーこそ!

魚沼市(旧大和町)の「らーめんの店 よォーこそ!」です。
県道265号線沿いにあります。上越(新幹)線浦佐駅から大和スマートインターチェンジ方面へ、魚野川を渡ってすぐ左に看板が見えてきます。
お昼が食べられる予定ですが、もしも食べられなかったらと駅弁を食べながら移動しました。予定通り食べられそうです。シンプルにラーメンなんかにしようと思います。同僚が食べたことがなさそうなラーメン店を見つけてくれていました。同僚と一緒の昼食、早速お店に案内してもらいました。
お店は、右奥に厨房があり、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。外観の印象よりも広めで、明るいお店です。午後1時20分前に着きました。他にお客さんが3人と空いています。地方店のこの時間はこんな具合でしょう。お店に入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、しょうゆチャーシューメン、味噌タンメン、ピリ辛醤油タンメン、辛味噌タンメン、こく塩タンメン、つけめん、タンタンメン、ごまだれラーメンなどがあります。店主らしきひとりきりのスタッフに人気のメニューを聞くと、辛味噌タンメンやタンタンメンとのこと、ボリュームのありそうなメニューです。辛さのあるものを食べたい気分でもなく、聞いたからには無視しちゃ悪いし、似たような線から味噌タンメンにしました。
テーブル毎に水差しとコップがセットされています。水を用意して待ちます。先の待ちのお客さんもいましたが、普通の待ちで出来上がってきました。

よォーこそ! 味噌タンメン

おっと!久々のメタル丼です。器の中はなかなかボリュームありそうです。
麺は、普通の太さの縮れです。普通に食べているラーメンより少し太めです。味噌のスープとの絡みも良く、口の中でなかなかいい味に仕上がります。
スープは、一般的な味噌ラーメンのスープです。味噌の濃さ、しょっぱさ、甘
さ、辛さ、だしの絡み、こってり感、とろみなど、悪い意味で特徴がありませ
んが、良い意味で癖がなくバランスの取れた安心していただけるものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし・キャベツ・人参・にら・きくらげなどの炒め物、わかめ、コーン、白ねぎ、青ねぎなどかなり豪華です。
テーブルに辛味が用意されています。途中から入れてみました。辛味が上手く効いたものになります。辛味を加えてもバランスの良さが保たれます。味噌タンメンで辛味噌タンメンも楽しめたつもりですがどうでしょうか。
麺・スープともいい感じで、充実したトッピング。750円はお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車海老と秋刀魚の寿しあわせ

車海老と秋刀魚の寿しあわせ パッケージ

車海老と秋刀魚の寿しあわせ

今日は、お昼からの新幹線移動です。駅周辺でラーメンを食べてからの移動を目論んでいましたが、出掛けのバタバタでラーメンは叶わず、駅弁のお昼にしました。駅弁もかなり好きなんでこれも良しとしましょう。
新幹線での移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所があって利用しています。改札を入らなくてもよい場所、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところとなっています。いろんな人が買えるようになっています。
改札を入らない駅弁屋から順番に見ていきましょう。大きな写真のカードで販売している駅弁の様子を紹介しています。さすがお昼時、食べたことのない駅弁が何種類かあります。その中から新発田三新軒の車海老と秋刀魚の寿しあわせにしました。早速、新幹線に乗り込みいただくことにします。
包み紙は、なぜか駅弁の名前がひらがなで書かれています。説明の部類の記載はなく、“ぷりぷり車海老と酢〆炙り秋刀魚”、“わさび菜ピリリの寿司合わせ”など駅弁の特徴的な言葉が少なめで書かれています。
お品書きはなく、原材料の記載はです。酢飯(新潟県産)、車海老、秋刀魚、わさび菜、錦糸玉子、甘酢生姜、つけあわせなどです。車海老と秋刀魚を楽しむための駅弁のようですが、2種のネタに関連があるのでしょうか。寿司ネタの下にとろろ昆布が敷かれています。好みの食材ですが、寿司飯と一緒に引くと切れ残った昆布に寿司ネタがついてきてちょっと食べ難くく困ります。
車海老も秋刀魚もなかなか美味しくいただけました。1100円とちょっとお高いかなって感じもしますが、いい線かな?って印象が残った駅弁でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.11

麺屋 しゃがら

しゃがら つけ麺(特盛)

新潟市の「麺屋 しゃがら」です。
旧国道7号線沿い、イオン新潟東近く、ことぶき屋大形店跡地にあります。
お腹が空きました。お手頃にガッツリ食べようと思いしゃがらにしました。
お店は、左手前に製麺室、左奥に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。比較的大きな、木を活かしたお店です。午後1時10分過ぎに着きました。お店の中から店前まで10人以上の待ちになっています。待ちの記入用紙のようなものもないようなので並んで待ちます。しばらく待っていると、スタッフがメニューを持って注文取りにきました。
メニューは、醤油らーめんと味噌らーめんとそれらのちゃーしゅーめん、つけ麺があります。麺の量は、並盛(180g)、大盛(270g)、特盛(360g)となっています。つけ麺は並盛(270g)、大盛(360g)、特盛(450g)です。大盛10円増し、特盛20円増しとかなりお手頃です。つけ麺(特盛)にしました。
徐々に進み15分ほど待ったでしょうか?カウンター席に案内されました。
混んでいて時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。
少し迫力のある大めな器に山盛りの麺、つけ汁もなかなか美味しそうです。
麺は、太く弱い縮れ、硬めにゆでられていて、特盛りは顎が疲れてきます。
つけ汁は、醤油味が濃くさらりとしたもの、動物と魚介の旨みがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、海苔、魚粉、青ねぎ、ねぎです。塊のような分厚いチャーシューは、厚みに迫力があります。
しっかり魚介でダシをとって欲しいが、魚粉で香付けもありなんでしょうか。ラーメンでは、好みの麺とは違いますが、つけめんだと普通に食べられます。最後にきゅうす入りの割りスープをいただき、スープ割りをいただきました。つけめん730円+特盛20円=750円でお腹いっぱいになりました。つけめん730円は最初から大盛の値段の感じでお手頃感も薄れてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.10

大むら

大むら

糸魚川市(旧青海町)の「大むら」です。
旧青海町でも県境寄りの青海駅の近くで、鉄道と国道7号線の間にあります。鉄道についてですが…。今は、北陸本線です。北陸新幹線開通後は、えちごトキメキ鉄道の日本海ひすいラインになります。こちらも乗ってみたいです。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
住宅地の市道らしき道に面しています。駐車場が判らないので店前に車を止めてお店に入って聞きます。店主だろう親父さんは、道の端に寄せて停めてってなことを…、車の通りもなく、すれ違いも問題なさそうです。そうします。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席だけの昭和を感じさせる懐かしい光景が広がります。午後12時30分過ぎに着きましたが、他にお客さんはなく、食べ終わって帰るまで貸し切り状態でした。出前が多いのでしょうか?
メニューは、そばとうどんがメインです。かけ・大かけ・狸・きつね・月見・玉子とじ・かき玉・肉南・鴨南・おかめ・山かけ・あんかけ・おかめとじ・五目・親子南・カレー南・天南・天とじ・天ぷら・なべ焼きなど一部うどんだけになりますが、豊富なメニューが揃っています。冷たいそばは、ざるそば、天もりそば、天ざるそばもあります。どんぶりもいろいろあります。たぬき・きつね・玉子・親子・開花・かつ・天の各丼とライスもあります。ラーメンは、ラーメン(並・大)とチャシューメンです。カツ丼が人気のお店です。ミニカツ丼なんかがあれば食べたいところですが、残念ながらありません。2品食べれるほどのお腹の空きもありません。今回は、ラーメンにしました。
お店のスタッフは、店主らしき親父さんひとりです。他にお客さんはいないものの、そばやうどん、丼物までいろいろあってのラーメンです。仕込みがどの程度されているかは不明ですが、時間がかかりそうです。のんびりモードに切り換えて待っていると…、かなり早めに出来上がってきました。あまり動きの素早い感じのしない親父さんですが、長年つちかった技なんでしょうか。

大むら ラーメン

雷文模様の使い込んだ器、醤油がしっかりしてそうなスープ、期待大です。
麺は、細い縮れ、表面は軟らかめですが、中心が結構もちもちしています。
スープは、醤油色の見た目に反して、自然で優しく、あっさりしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、蒲鉾、海苔、多めのねぎです。メンマがなんか自然な漬かりで、あまり食べたことのない感じのものです。
軟らかそうでもちっとした麺、あっさり優しいスープ、トッピングも楽しませてもらえました。600円といい線でしょう。田舎なんでお手頃感を期待しましたが、おそばやうどんもあり、食堂のようなお手頃はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.09

麺の家 渚

渚 みそラーメン(大盛)

柏崎市の「麺の家 渚」です。
国道8号線沿いの長岡寄り、ひらせいホームセンター駐車場内にあります。
柏崎での昼食は、同僚と一緒です。ヒグマで食べることにしましたが定休日、近くでメニューの豊富な「麺の家 渚」で食べることなりお邪魔しました。
お店は、左側に入口があります。奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。和定食屋さんでも良さそう雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。半分ほどのお客さん入りと空いています。入口を入ってすぐの風除室正面とさらにその先にも食券販売機があります。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、塩ラーメン、つけ麺、それらをラーメン二郎インスパイア系にしたビッグウェーブ、担々麺、油そばなどがあります。ビッグウェーブが人気のメニューです。麺の量は、通常が240gで、ラーメン大盛が360g1.5玉やつけめん大盛が480g2玉が無料、特盛は10円増しと格安です。お腹も空いています。味噌ラーメンにしました。食券を店員に渡す際に、麺の大盛りをお願いして注文内容が確定しました。
次から次へとお客さんがやってきます。すぐに満席近い混みになりました。
いつも早く出来上がってくるお店です。今日も早く出来上がってきました。
雷文・双喜文・龍に飾られ使い込まれた器にちょうど良さそうな盛りです。
麺は、丸い太めのストレート、表面が軟らかく芯がモチモチした感じです。
スープは、魚介系の香りが強く、味噌味が濃厚、かなりしょっぱめ、甘味や辛
味も強め、さらにこってり感もあります。麺を食べるとちょうど良く、スープ
だけだと割りスープが欲しくなります。この寒さでも汗が出てきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、カイワレなどシンプルですが、チャーシューとメンマがあると嬉しくなります。もやしなんかは、絶妙な食感じゃないと悲しくなります。カイワレがいい彩りを添えてくれています。
つけめんに合う好みと違う麺ですが、スープとのバランスが取れている筈…、今日はちょっとしょっぱ過ぎたように感じます。大盛りだと後半に飽きがきました。680円で大盛りですから、お手頃感はさすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.08

麺作 赤シャモジ

赤シャモジ 特製つけめん(大盛)

新発田市(旧加治川村)の「麺作 赤シャモジ」です。
国道7号線沿い、道の駅加治川の向かいにあります。どさん子の跡です。
新発田でのお昼になりました。お手頃感の赤シャモジにお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。カウンター席の後ろには、待ちの座れるスペースがあります。小さな建物のように見えて中は広々しています。窓が広く明るいお店です。午後1時50分過ぎに着きました。この時間でも10人越の待ちと大盛況です。15分程待ってカウンター席の一番奥に案内されました。
メニューは、しょうゆらーめん、味噌らーめん、辛味噌らーめん、つけめん、味噌つけめんとそれらの特製らーめんやちゃーしゅーめんなどがあります。豊富なトッピングやセットもあります。自家製麺で、麺の大盛りが無料で、特盛りは100円増しです。今まで特製しょうゆらーめん(大盛)、特製味噌らーめん(大盛)、特製辛味噌らーめん(大盛)、特製味噌つけめん(大盛)とお手頃に豪華トッピングの特製は食べ尽くし、シンプルな路線に変更してしょうゆらーめん(大盛)、限定の深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛)を食べました。今回は、特製つけめん(大盛)にしました。
その後もお客さんが訪れ、10人前後の待ち状態が続きます。出来上がり待ちのお客さんが多く、そこそこ待っての出来上がりとなりました。
ラーメン丼ではなく、変わった形の器に麺が盛られています。確かに丸い必要はなく、器でも楽しませてくれます。特製って感じの豪華な盛り付けです。
麺は、やや太め平打ちで軽くウェーブがかっています。ツルツル感とモチモチ感の良い、少し硬めのゆで加減です。つけめんでも好きなタイプの麺です。
つけ汁は、最近のつけめんぽいトロミがあり、醤油味が控えめなものです。
トッピングは、チャーシュー、レアチャーシュー、メンマ、味玉、かいわれ、
白髪ねぎ、万能ねぎと特製らしくトッピングだけでもボリュームあります。
つけめんも麺が好みのものだと結構良い食べ物だと思います。大盛無料・充実したトッピングで840円とコストパフォーマンスの良いメニューです。
混みも徐々に解消するかと思いましたが、帰るときには時間をずらしたお客さんが結構訪れたようで、10人以上の待ちになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.06

但馬牛 牛めし弁当

但馬牛牛めし弁当 パッケージ

さて、今日は割りと早くに仕事が終り、早い時間からの帰りになりました。
早い時間なのでいろんなお弁当が残っていそうです。東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。駅弁陳列スペースに何段にも駅弁が積まされています。幕の内風にしようか?動物系にしようか?魚介系にしようか?といつもの楽しく悩むところです。前回は会津のばあちゃんという幕の内風のもの、その前は近江牛三昧という名前の通りのもの、ここいらで魚介系にいきたいところですが、牛の駅弁が目立ち過ぎます。牛めしと牛タンが競って並べられているように感じます。繰り返しになりますが米沢市の松川弁当店の駅弁も食べたいところ、まだ食べたことのない但馬牛 牛めし弁当にしました。牛強し。
パッケージには、“しっとりやわらかく焚き上げた但馬牛をたっぷりのせた牛めし”との説明があります。また、但馬牛とは…と別の説明もあります。“黒毛和牛の最高峰と言われる但馬牛、それは「松坂牛」「神戸牛」「近江牛」の素牛であることが全てを語っています。つまりこれらの高級和牛は、兵庫県で生まれた子牛を競り落とし、その後それぞれの土地で肥育されているのです。手塩にかけて肥育された但馬牛の旨味をお楽しみ下さい。但馬牛…生体を「たじまうし」・牛肉を「たじまぎゅう」と読みます。”とのことです。
製造者は、兵庫県姫路市のまねき食品という会社です。

但馬牛牛めし弁当

原材料名の記載があります。だし飯(うるち米)、牛めしの具(但馬牛肉、玉葱、椎茸)、金平牛蒡、大根生酢、生姜漬、沢庵漬、柴漬、しし唐素揚げなどとなっています。この手の弁当はどうしともシンプルになります。
なかなかいい味でした。米澤松川弁当店の味付けに近い好みの味付けでした。1150円と高価な駅弁でしたが、好みの味を楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン 忍八

忍八

東京都港区の「ラーメン 忍八」です。
国道15号線大門交差点の近く、細い路地を入ったところにひっそりと佇んでいます。JR浜松町駅からも歩いて5分程度でしょうか?近くにあります。
浜松町での昼食です。テレビ東京の「行列のできない激うまラーメン」で紹介されていた忍八で食べようと思います。マークしていたポータブルナビで、こんな細い路地だっけ?と思いつつもすんなりと到着できちゃいました。
お店は、奥に厨房、手前に左側壁向きのカウンター席が5席。これだけか?と思ったら、次々とお客さんがお店を入口のドアを開けて人数を告げて、入口を入る手前脇の階段を2階に登っていきます。2階にも席があるようです。ビルの1角の小さなちょっと古そうなラーメン店です。午前11時50分頃に着きました。1階は3人のお客さん、2階にも数名のお客さんがいます。
メニューは、つけ麺、正油味のらーめん(味玉付)とチャーシューめん、みそらーめんとみそチャーシューめん、夜だけの韮にんにくらーめんがあります。つけ麺は、並が200g、大が300g、あつもりも有料で対応してもらるようです。韮にんにくらーめんなんか最高でしょうね。夜にまた食べに来たくなります。そこいらへんを堪えて、シンプル、基本的な正油味のらーめんにしました。
男性スタッフが作り、女性スタッフが2階も含め配膳関係を忙しそうに頑張っています。その後もお客さんが訪れ、少し並びも出来たりしています。待ちのお客さんも多く、少し時間がかかって…、男性スタッフが持ってきました。

忍八 らーめん

真っ白な器に、彩りが寂しいもののシンプルで美味しそうなラーメンです。
麺は、細く弱い縮れ、強力粉と中力粉による食感の良い麺に仕上げているような説明がありましたが、九州ラーメンのような歯切れの良さを楽しめます。
スープは、食材の旨みがバランス良く出ているようです。淡く透き通った色から想像できる醤油味の優しい、旨み、しょっぱさ、甘味、風味のものです。
トッピングは、肩ロースらしいチャーシュー、メンマ、味玉、ねぎとシンプルです。もうひとつ(ほうれん草のような)彩りが欲しくなります。
麺、スープ、トッピングともなかなか充実のらーめんでした。トッピングの彩りはありますが、味玉が入っての700円です。いいお店に当たりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭はらこ弁当

鮭はらこ弁当 パッケージ

いつも通り午前中の新幹線移動です。新幹線での移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所にあって利用しています。改札を入らなくてもよい場所、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところとなっています。
改札を入らない駅弁屋から順番に見ていきましょう。大きな写真のカードで販売している駅弁の様子を紹介しています。結構種類があります。金曜日で移動する人が多いからでしょうか。食べた記憶が定かでない駅弁がいきなりありました。新潟三新軒の鮭はらこ弁当です。食べてみましょう。

鮭はらこ弁当 お弁当箱

新幹線に乗り込みいただきます。新幹線は、やはりいつもより混んでいます。厚紙のケースには“鮭はらこ弁当”と書かれています。説明の部類はなくて、“新潟”と“コシヒカリ米”と特徴というか言いたいことが書かれています。プラスチックのしっかりした容器です。持ち歩けないしもったりないです。

鮭はらこ弁当

お品書きはなく、原材料の記載はです。米(新潟県産)、いくら、鮭そぼろ、錦糸玉子、椎茸、鶏卵、つけあわせなどです。いくらを楽しむための駅弁のようで、鮭のそぼろの存在感が薄いです。鮭の焼き漬けの大粒のそぼろだったらいいのにと思います。椎茸の煮物はなかなかいい感じです。山海漬けと書かれたわさび漬けも入っていますが、きちんとした漬物もなにか欲しいです。
でも、大粒のイクラの美味しい駅弁でした。鮭はらこ弁当は1050円です。いい線かな?やっぱり少しお高いかな?って印象が残った駅弁でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.05

めん食い亭

めん食い亭

五泉市の「めん食い亭」です。
県道7号線沿い、北五泉駅、五泉高校の近く、粟島公園の入口にあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
お店前に駐車場がありますが、ちょっと狭く粟島公園の駐車場が便利です。
お店前には、お店の名前を示した看板などが見つからずたぶんで入ります。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。小さな庶民的食堂、正午前に着きましたが他にお客さんはいません。

めん食い亭 メニュー

メニューは、らーめんとその大盛り、らーめんらいす、ちゃーしゅうめん、つけめん、かれーらーめん、かれーらいす、たまごどんぶり、おにぎりなどがあります。夜は居酒屋なんでしょう。昼からでも一杯やりたいようなおかずのメニューが並んでいます。シンプルにらーめんをお願いしました。
壁に貼られたメニューの上にラーメンの旅の手拭いが貼られていました。
普通よりちょっと早いかなって感じの待ち時間で出来上がってきました。

めん食い亭 らーめん

パステル色の鳳凰が描かれた白い器に、醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、細い縮れ、食堂なんかどこにでもありそうですが、食べ易い麺です。
スープは、醤油味のまろやか、あっさり、優しい、だしの旨みがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、白ねぎ、海苔などです。
町の食堂の醤油ラーメンといったものでしょうか。なかなか良いできで、食べるとホッとする優しいラーメンです。550円と値段もいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.04

麺の家 渚

渚 つけ麺(大盛)


柏崎市の「麺の家 渚」です。
国道8号線沿いの長岡寄り、ひらせいホームセンター駐車場内にあります。
柏崎の昼食、食べてないメニューの多い「麺の家 渚」にお邪魔しました。
お店は、左側に入口があります。奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に
テーブル席、右側に小上がりがあります。和定食屋さんでも良さそう雰囲気の
お店です。正午に着きました。3割~4割のお客さん入りと空いています。
入口を入ってすぐの風除室正面とさらにその先にも食券販売機があります。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、塩ラーメン、つけ麺、それらをラーメン二郎インスパイア系にしたビッグウェーブ、担々麺、油そばなどがあります。ビッグウェーブが人気のメニューです。麺の量は、通常が240gで、ラーメン大盛が360g1.5玉やつけめん大盛が480g2玉が無料、特盛は10円増しと格安です。お腹も空いています。つけ麺にしました。食券を店員に渡す際に、麺の大盛りをお願いして注文内容が確定しました。
次から次へとお客さんがやってきます。すぐに満席近い混みになりました。
いつも早く出来上がってくるお店です。今日も早く出来上がってきました。
真っ白な器に麺、雷文・双喜文・龍の模様の器につけ汁が盛られています。
麺は、太めの弱い縮れ?ストレートかも知れません。モッチモチの硬めにゆでられた麺です。480gあるのかな?すんなりお腹の中に収まりました。
つけ汁は、醤油味が濃いめのしょっぱめで、太麺とバランスが取れています。つけ麺でこれほど醤油味がストレートに感じられるは初めてかも知れません。表面に背脂と刻みねぎが浮いています。ややこってりに感じられます。
トッピングは、麺の器にチャーシュー、メンマ、かいわれとシンプルです。
割りスープをもらってつけ汁を…。割りスープも結構こってりしています。
ビッグウェーブの渚にしてはおとなしめで、醤油味を楽しめるつけ麺でした。顎が疲れました。680円で大盛り同料金はかなり嬉しいお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.03

青島食堂 曲新町店

青島曲新町店 ラーメン

長岡市の「青島食堂 曲新町店」です。
信越本線上越線宮内駅から正面から東方向、新幹線の高架方面にあります。
午後3時過ぎ、ようやくお腹が空いてきました。長岡での遅い昼食、この時間にやってそうな青島、新潟で最初に美味しいと思った曲新町店にしました。
お店は、右側に厨房、中央から厨房手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。結構な年数が経っていますが、古さを感じさせない店内です。この時間でも他にお客さんが5人もいます。入口に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加を楽しめます。好きな1つのスープで勝負しているお店です。お腹の空きもまだそれほどでもなく、滅多に食べないシンプルなラーメンにしました。
前のお客さんのといっしょに作ってもらえています。大きな鍋で麺が泳ぐるのが青島です。美味しそうにゆであがりました。とても早い出来上がりです。
雷文が少し摩れた白い器になみなみの醤油色が美味しそうなのスープです。
近くに黒胡椒がありません。立って黒胡椒を取りに行くのも面倒です。近くにある白胡椒を挽きながらたっぷりとかけてみます。香りがあまりしません。
麺は、やや細の弱い縮れ。新潟の青島で食べる麺より細く、縮れが少ないように感じます。ツルツル感&モチモチ感、旨味と噛み応えの楽しい麺です。
スープは、醤油味のしっかりした旨味の強いものを生姜がきりりと引き締めてくれます。濃い醤油色ですが、今日は珍しくしょっぱさ控えめに感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。弾力を楽しめるチャーシュー、長岡のチャーシューが美味しく感じます。
麺・スープ・トッピングとも美味しく、バランスも良い仕上がりです。ラーメ
ンが720円、背脂系を除くと新潟ではかなりお高いラーメンになりますが、それでもやっぱり食べたくなります。長岡の青島は後悔させないお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄パーキングエリア(上り)

栄PA

三条市(旧栄町)の「栄パーキングエリア(上り)」です。
北陸自動車道の三条燕IC~中之島見附IC間にあります。
昨年末下り、上りとリニューアルオープンしました。あまり気にしていませんでしたが、FM PORTで何度となく紹介され、気になってお邪魔しました。

栄PA スナックコーナー

外観が近代的な雰囲気、格好良くなりました。中も凄く綺麗です。
スナックコーナーは、ラーメン、そば・うどん、定食と揃っています。

栄PA メニュー(一部)

燕三条生姜ラーメンがあります。金属の三条・燕で作られたおろし金で摺った生姜が別皿で提供されます。似たものは避けた方が良いと思うのですが…。
お昼も食べたいのでパーキングエリアは軽く、楽しみのおそばにします。天玉そばが定番ですが、新潟らしいメニューの栃尾の大きつねそばにしました。
午前10時のパーキングエリアスナックコーナーは空いています。すぐに作り始めました。天玉そばよりは時間がかかりましたが、早い出来上がりです。

栄PA 大きつねそば

おそばの器に入り切らない大きな油揚げがドーンとのったきつねそばです。
おそばは、手打ち風で、太さが普通の太さに太いものも混じっています。
つゆは、まあどうこうない駅やPA/SAのおそば屋さんらしいものです。
油揚げには、多めのねぎと鰹節がかけられています。つゆの鰹節に油揚げの鰹節の香りが加わります。食べてみると豆腐が結構残ったもの、道の駅R290栃尾のような豆腐っ気の感じられない油揚げを期待しましたが違いました。
油揚げがおそばよりもボリューミーで、2玉のおそばを食べたような満腹感が残りました。680円と最近のラーメンのよう値段ですが満足できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.02

らあめん じゃんご

じゃんご

燕市(分水町)の「らあめん じゃんご」です。
国道116号線沿い、分水新町ICすぐ脇にある笈ヶ島ショッピングセンターPAKO内にあります。国道からそのまま入れないのでご注意ください。
燕地区での昼食です。まだ食べたことのないお店でと思いお邪魔しました。
お店は、ショッピングセンター内の一角、カウンター席だけですが、隣にピーコックがあり、手前にあるフードコートのようなテーブル席も使えそうです。入口に近く、人が出入りする度に冷たい空気が入ってくるのがちょっと…。

じゃんご メニュー

メニューは、らあめん、しおらあめん、えびらあめん、ほたてらあめん、背脂にぼしらあめん、みそらあめん、辛みそらあめん、鯛しおらあめん、鯛白湯らあめんなどです。大盛り・特盛りとも100円増しです。基本のらあめんか、他にもいろいろありますが、燕なので背脂にぼしらあめんにしました。
セルフサービスになっています。水を用意して、早々に出来てくるかと思っていましたが、普通の待ちかもう少し時間がかかって出来上がってきました。

じゃんご 背脂にぼしらあめん

白い器に、いい感じで背脂の浮いたらあめんです。トッピングも綺麗です。
麺は、太麺と細麺があって指定もできるようですが、何も言わなかったのでデフォルトの麺でしょう。普通の太さの縮れです。太麺と言われている麺でしょうか?、食べ易い麺を想定していましたが、結構硬めにゆでられています。
スープは、お約束通り背脂が表面を覆っています。溶けた背脂も層になりつつ
あってこってりしています。その下には、塩っけ強めの醤油味のスープです。
煮干しだしが効いていて旨みに反し、香りは油のバリアで塞がれています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、糸唐辛子、白髪ねぎ、ねぎなどです。なかなか充実していて、綺麗に盛り付けられています。
麺の硬さ、しょっぱさ、こってり感と好みのものとは、ちょっと違いました。700円です。今では、高いような、安いような、判らなくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.01

カップ麺

最近食べたカップ麺です。

カップヌードル チーズポタージュヌードル
カップヌードル チーズポタージュヌードル

カップヌードル チリクラブシーフードヌードル
カップヌードル チリクラブシーフードヌードル

なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば
なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

風雲児 濃厚鶏魚介
風雲児 濃厚鶏魚介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »