« ラーメン 忍八 | トップページ | 麺作 赤シャモジ »

2015.02.06

但馬牛 牛めし弁当

但馬牛牛めし弁当 パッケージ

さて、今日は割りと早くに仕事が終り、早い時間からの帰りになりました。
早い時間なのでいろんなお弁当が残っていそうです。東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。駅弁陳列スペースに何段にも駅弁が積まされています。幕の内風にしようか?動物系にしようか?魚介系にしようか?といつもの楽しく悩むところです。前回は会津のばあちゃんという幕の内風のもの、その前は近江牛三昧という名前の通りのもの、ここいらで魚介系にいきたいところですが、牛の駅弁が目立ち過ぎます。牛めしと牛タンが競って並べられているように感じます。繰り返しになりますが米沢市の松川弁当店の駅弁も食べたいところ、まだ食べたことのない但馬牛 牛めし弁当にしました。牛強し。
パッケージには、“しっとりやわらかく焚き上げた但馬牛をたっぷりのせた牛めし”との説明があります。また、但馬牛とは…と別の説明もあります。“黒毛和牛の最高峰と言われる但馬牛、それは「松坂牛」「神戸牛」「近江牛」の素牛であることが全てを語っています。つまりこれらの高級和牛は、兵庫県で生まれた子牛を競り落とし、その後それぞれの土地で肥育されているのです。手塩にかけて肥育された但馬牛の旨味をお楽しみ下さい。但馬牛…生体を「たじまうし」・牛肉を「たじまぎゅう」と読みます。”とのことです。
製造者は、兵庫県姫路市のまねき食品という会社です。

但馬牛牛めし弁当

原材料名の記載があります。だし飯(うるち米)、牛めしの具(但馬牛肉、玉葱、椎茸)、金平牛蒡、大根生酢、生姜漬、沢庵漬、柴漬、しし唐素揚げなどとなっています。この手の弁当はどうしともシンプルになります。
なかなかいい味でした。米澤松川弁当店の味付けに近い好みの味付けでした。1150円と高価な駅弁でしたが、好みの味を楽しむことが出来ました。

|

« ラーメン 忍八 | トップページ | 麺作 赤シャモジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/61096390

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬牛 牛めし弁当:

« ラーメン 忍八 | トップページ | 麺作 赤シャモジ »