« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.30

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒 上越中華ソバ醤油

GOGO宝来軒 醤油おろし

上越市の「GOGO宝来軒」です。
イオンショッピングセンター近く、上越警察署を回り込んだ裏にあります。
創作麺料理を楽しめるお店。久々、新メニューを楽しみにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と左側にテーブル席があります。ラーメン屋と言うよりもイタリアンランチを楽しめそうなお洒落な雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。お客さんは3割程度の入りと少なめです。その後もやってきますが、賑わうほどではありません。
メニューは、大きな変更はありません。定番のトクラーメン・トクモヤシは、いずれも醤油、味噌、Black(黒マー油)、Red(赤マー油)があり、夜限定麺で、マカナイ味噌ラーメンがあります。最近のメインは、上越中華ソバシリーズのようです。超人気!炙り熱々スープ!炙る旨味、このシリーズは火傷に気をつけてお食べください。などの言葉で飾られています。醤油・塩・味噌・カライの3味があり、ネギ増し、皮ワンタン、肉増しもあります。また、醤油には醤油おろし、塩には柚子おろし、味噌には海老おろし、カライにはゆず胡椒おろしのその味用トッピングが用意されています。他にも、上越スター中華ソバ、上越ツケル中華ソバ、上越ツケル肉中華ソバもあります。前にも食べていますが、上越中華ソバ醤油醤油おろしの組み合わせにしました。
お店が空いることもあって、いつもよりまた早めに出来上がってきました。
白い四角いお皿と丸い器に盛られてきました。見た目で楽しめるお店です。
麺は、普通の太さの弱い縮れ、中華そばを越えたモチモチ感のある麺です。
スープは、油多めでめちゃくちゃ熱々です。メニューの火傷に気をつけて…が判ります。油の下はの醤油味のあっさりしたもので、いい感じの旨味と程よい甘みがあります。油と混じってまろやかなスープになっています。メニューに炙り醤油とありますが、確かにコクと深みがあるようです。途中からトッピングされていたおろし生姜を混ぜていただきます。長岡生姜醤油ラーメンのようなきりりと締まります。さらに醤油おろしを加えます。大根の効果で味がとてもまろやかになります。スープの温度も少しだけ下がり食べ易くなります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、海苔、刻み玉ねぎ、おろし生姜です。それほど豪華な感じはありませんが、器と合間って品良く見えます。
麺はもうひとつ好みとは違ってましたが、スープはとても美味しくいただきました。2つの温度と2度の味の変化を楽しみました。税込810円+22円とお高いのですが、高くてもたまに食べたくなるお店のひとつです。また、外税で細かな会計になりますが、それも仕方ないかと思わせられるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.28

つか乃間

つか乃間

新潟市の「つか乃間」です。
西大通り(旧国道116号線)沿い、小針駅近く、旧ばすきやの建物です。
新潟県庁前から移転で、プレオープンしているとのことでお邪魔しました。
27(月)からプレオープンで、11時30分~材料なくなり次第終了です。駐車場は、店前4台と寺尾方面先のバス停前の5・6番の利用ができます。
午前11時50分前に着きました。まだ、あまり知られていないためか、お店前駐車場が空いて止めることができました。ちょっと狭めの駐車場です。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。結構新しい感じの綺麗なお店です。お客さんは、他に2人と空いています。

つか乃間 メニュー(表)

つか乃間 メニュー(裏)

メニューは、ラーメン(鶏と豚のしょう油)、鶏しおそば(鶏と鴨のしお)、鶏エビそば(鶏とエビのしお)、白湯ラーメン(鶏と牛の白濁、数量限定)、カレーライス、チキンカツカレー、麺類とハーフカレーのセットがあります。ばすきやといい、この場所は、ラーメンとカレーのお店が入ることになっているかのようです。ラーメンハーフカレーセットにしました。
年配夫婦2組が来店して賑わってきました。早めに出来上がってきました。

つか乃間 ラーメン

白い器に、しおラーメンと間違えられたんじゃないかのようなスープです。
麺は、普通の太さの縮れです。ツルツルして適度なモチモチ感もあります。
スープは、淡く透き通って綺麗なもの。塩かのようでちゃんと醤油味でした。油もそれなりに浮いていて、あっさりそうな見た目と違いまろやかです。
トッピングは、軟らかなチャーシュー、筍、味玉半個、海苔、鳴門、ねぎなどです。チャーシューの味付けは塩っぽいもので、好みと違うものでした。
食べ易い麺とあっさりそうでまろやかなスープ、充実のトッピングのラーメンでした。これで630円は、かなり得した印象が残る一杯でした。

つか乃間 ハーフカレー

やや遅れてハーフカレーが出来上がってきました。香りが強く、ラーメンの香りが負けます。確かに半分ほどの分量ですが、細長い器のためあまりハーフなどを意識しないで食べることができました。170円はかなり嬉しいです。
このセットでの800円は、かなり嬉しい、充実の昼食となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.04.27

米澤牛炭火焼特上カルビ弁当

米澤牛炭火焼特上カルビ弁当 パッケージ

米澤牛炭火焼特上カルビ弁当

ゴールデンウィークに入りました。午前中の新幹線移動ですが、回数券が使えないため切符を購入しての移動になりました。いつもと勝手が違うため、どうもしっくりしません。駅弁屋を覗いてみますが、食べたことのあるものばかり、そんな勝手の違いもあってかリピートして食べたいと言う気持ちにもなれません。食べ物は美味しくいただくべき、往路の駅弁は休ませてもらいます。
東京での会議も終わり、帰ります。帰宅者で混み合う東京駅に着きました。
全国の駅弁が揃う駅弁屋を覗きます。まあまあの種類の駅弁が残っています。食べたことのない駅弁もいろいろあります。魚系にしようかと探しますが、なんか今日は食べたいと思う魚系の駅弁はありません。やっばり牛の駅弁でしょうか。往路の駅弁を食べなかったこともあるのでちょっと贅沢をさせてもらい山形米沢市は松川弁当店の米澤牛炭火焼特上カルビ弁当にしました。
包み紙は、明治32年米沢駅開通当時に創業した松川弁当店の絵でしょうか。炭火でじっくり、旨さを閉じ込めた米沢牛の極みと言葉が加えられています。原材料の記載があります。ご飯(国内産)、牛焼肉、牛肉焼売、玉子焼、酢漬(大根・しそ・その他)、ごまなどとてもシンプルです。
松川弁当店の牛肉を使用したお弁当の味付けが好きです。醤油味ですき焼き風なしょっぱさ、甘さ、旨味が見事に整っています。和牛を使用したお弁当の味付けよりも米澤牛を使用したお弁当の方が薄味で上品に仕上げているような気がします。焼肉のお弁当は、味の染み込み具合までもを考えたためか、ちょっと濃いめの味付けです。でも米沢牛をこの厚さでいただいていいんだろうかと思うその焼肉にはバッチリです。焼肉らしい醍醐味を味わえます。
ただ、牛丼風の薄い米沢牛の駅弁の方が、食べ易く、料理として好みです。
1600円とかなりお高い駅弁になりますが、それ以上に満足できました。
でも、牛丼を何杯食べれるんだろう?って考えるとなかなか悩みそうです。
前沢牛を使用した駅弁を食べたいです。

がんばろう東北

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン・餃子 三陽

三陽

東京都港区の「ラーメン・餃子 三陽」です。
虎ノ門になります。オフィスのビルが建ち並ぶ路地にひっそりとあります。
昔ながらのラーメンが食べられるかと思い、数ある中からお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側に2人掛けのテーブル席、奥に大きなテーブルの席があります。お店の外観に似合うレトロな店内です。午前11時50分頃に着きました。半分程のお客さんの入りです。
メニューは、麺類だけで33品、ラーメン店から中華系まで、適当に注文したらありそうなぐらい豊富です。セットもあります。ラーメンにしました。
まだ、オフィス街の混雑前、スタッフも多く、早く出来上がってきました。

三陽 ラーメン

淡い青の模様が入った白い器に、お店の雰囲気ピッタリの昔ながらのラーメンです。器の欠け具合が気になります。普通は、使わないんじゃないのかな。
麺は、普通太の縮れ、普通の噛み応えと思ったら、最後に少し頑張ります。
スープは、醤油の透き通った見た目通りのあっさりした癖のないものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
あっさり癖のない昔ながらのラーメンでした。東京って、まだ、こういうのがあるから辞められません。場所も場所だけに600円ぐらいしても不思議ではありませんが、なんと470円です。粋を感じる一杯でした。後からのお客さんは、タンメンを注文する人が多かったです。次はタンメンにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.26

ラーメン 樹よし

新潟市の「ラーメン 樹よし」です。
県道3号線(旧国道7号線)沿いにあります。赤道との交差点から豊栄方向へ向かった先の右側で、「燕三条系うまこってりらーめん 浪漫亭」跡です。
プレオープンで食べて、グランドオープン後では初のお邪魔になりました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その左右と手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。白い壁と深い木目調が落ち着いた雰囲気のお店です。午後2時頃に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りと賑わっています。

樹よし メニュー

メニューは、プレオープン時の醤油ラーメンと濃厚味噌ラーメンの2種類に旨辛醤油ラーメンが加わり3種類になっています。チャーシューやメンマ、味付玉子のトッピング追加や大盛りができます。サイドメニューでねぎマヨ丼もあります。食べようと思っていた濃厚味噌ラーメンねぎマヨ丼にしました。
混んでいないこともあるのでしょう。かなり早めに出来上がってきました。

樹よし 濃厚味噌ラーメン

内側に模様の入った白い器に担々麺のような色のスープが美味しそうです。
麺は、普通太の縮れです。代わり映えのない麺ですが、スープと絡みます。
スープは、担々麺のようなオレンジっぽい色ですが、その見た目に反して辛さはありません。鶏白湯の濃厚なまろやかさとしっかりした味噌味に野菜炒めからの程よい甘さが加わり、バランスの良いスープに仕上がっています。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・きくらげの野菜炒めと白髪ねぎなどです。野菜炒めは、炒めの香りともやしに片寄らないバランスが良いです。
普通の太さの縮れ麺と鶏白湯と味噌の濃厚なスープ、ちゃんとした野菜炒め、この濃厚味噌ラーメンが780円、とてもお手頃なのにしっかりしてます。

樹よし ねぎマヨ丼

ねぎマヨ丼は、花かつおのふりかけ風佃煮のようなもの、ねぎ、のり、味玉半個、マヨネーズとたれで味付けされています。これで150円です。ちょっぴり得したような気分で帰してくれた一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.25

角田山 灯台コース

今年は無理をしていないこともあり、足の調子が絶好調です。先週の宮前コースの狭い尾根の急登もきつかったのですが、筋肉痛も残らず快適でした。
今週も角田山に登ります。今週は、雨でコースがぬかるんでることもなく、雨の心配もありません。角田山は、公的な灯台コース、稲島コース、ほたるの里コース、五ヶ峠コース、浦浜コース、五りん石コース、湯之腰コースの7コースがあります。その他にも私的な桜尾根コース、宮前コース、妙高寺コース、小浜コース、此の入沢コースの5コースがあるようです。今回は、公的なコースからたぶん一番負荷の高そうな灯台コースを登ろうとお思います。
山と渓谷社の新潟県の山によると観音堂往復を含め、歩行時間3時間25分、歩行距離7.0㎞、累計標高差±645m、ちょっと負荷がかかります。
今日は、晴れ時々曇りのような天気で、程よい風が期待できそうです。
角田浜の灯台寄りに車を駐車、準備をし、海岸近くから登山を開始します。

角田山 灯台コース①

午前11時20分(0時間00分) 登山開始

コンクリートの階段から開始、最初は意識してゆっくりと登り始めます。
灯台脇を通り、さらに階段状の岩場などでガンガン標高を稼ぎます。

角田山 灯台コース②

途中、振り替えると白い灯台が青い海や空と対照的で好きな景色です。
午前11時30分(0時間10分)

ピークを過ぎて下り、さらに登り返し、灯台コースには岩場があります。最初
は嫌いな岩場でしたが、慣れた今では楽しい場所になりました。

角田山 灯台コース③

午前11時41分(0時間21分)

角田山 灯台コース④

午前11時41分(0時間21分)

角田山 灯台コース⑤

午前11時51分(0時間31分)

角田山 灯台コース⑥

午前11時55分(0時間35分)

角田山 灯台コース⑦

午前11時57分(0時間37分)

角田山 灯台コース⑧

午前11時58分(0時間38分)

角田山 灯台コース⑨

午後12時18分(0時間58分) 梨ノ木平通過

角田山 灯台コース⑩

急登は一段落し、新芽が出始めたブナ林を進みます。
午後12時19分(0時間59分)

角田山 灯台コース⑪

午後12時23分(1時間03分)

角田山 灯台コース⑫

午後12時24分(1時間04分)

角田山 灯台コース⑬

午後12時31分(1時間11分)

角田山 灯台コース⑭

午後12時32分(1時間12分)

角田山 灯台コース⑮

午後12時33分(1時間13分)

角田山 灯台コース⑯

午後12時35分(1時間15分)

角田山 灯台コース⑰

午後12時37分(1時間17分)

角田山 灯台コース⑱

午後12時40分(1時間20分)

角田山 灯台コース⑲

午後12時41分(1時間21分)

角田山 灯台コース⑳

ブナ林も終盤、階段が現れ、それを登ると笹が現れます。
午後12時46分(1時間26分)

午後12時51分(1時間31分) 五ヶ峠・浦浜コース合流点通過

角田山 灯台コース 山頂

午後 1時05分(1時間45分)山頂到着 標高481.7m

頂上近く、軽快に不注意に登ったら右ふくらはぎがつりそうになりました。
今年になって6回目の山頂ですが、春の花の季節ももう終わりか空いてます。

角田山 灯台コース 観音堂前

観音堂前も賑わっています。
まだ、代掻きが始まっていないようです。

午後1時53分(0時間00分) 下山開始
午後2時07分(0時間14分) 五ヶ峠・浦浜コース分岐通過
午後2時28分(0時間35分) 梨ノ木平通過
午後3時08分(1時間15分) 登山口到着

小さなピークを何度か越えるため、他のコースより負荷がかかります。階段や階段状の段差が多く、かなり足に負担がかかりました。膝に多少違和感がありますが、大丈夫でしょう。眺望と風、ブナの林を楽しめるコースでした。
使用した水類:0.5リットル、予備1.5リットル、食事・行動食:なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.24

九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店

きんしゃい亭新潟駅前店 岩のり塩ラーメン

新潟市の「九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店」です。
新潟駅前地区、帝石ビル裏側飲食店街の明石通に近い道路沿いにあります。
会合・懇親会があり、新潟駅前に宿泊する出張者との〆でお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に大や小のテーブル席があります。やや小さめですが、あまり仕切られていないためオープンな雰囲気です。午後7時30分に着きました。まだ早く他に2人のお客さんだけです。
メニューは、豚骨味のラーメンとそれに野菜、ザーサイ、チャーシュー、メンマ、ネギなどを加えたもの、他にも野菜味噌、塩豚骨、岩のり塩、胡麻醤などのスープの味を変えたものもあります。〆にお邪魔することの多いお店、食べた記憶なしっかりしていない塩味から岩のり塩ラーメンにしました。
時間が早いため親父さん1人でやってます。手際良く早い出来上がりです。
赤い器に九州ラーメンらしく少なめです。白濁のスープが美味しそうです。
旧前日のお楽しみ、帰りのバスもあり、ちょっとだけにんにくを入れます。
麺は、極細の弱い縮れ、本場ストレートとは違いますが新潟らしい麺です。
スープは、塩豚骨あんかけのようなとろみのあるもの、麺と良く絡みます。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻、青ねぎ、岩のりで、テーブル上の胡麻を追加します。途中から辛子高菜漬など加え味の変化を楽しみます。
飲んだ後にちょうど良い量です。岩のり塩ラーメン750円とちょっとお高いのですが、岩海苔のあっさり感と風味を楽しめたので良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 幸

幸 あご塩鶏ワンタン麺

新潟市の「らーめん 幸」です。
新潟空港~空港ICの県道16号線沿いにあります。北高校の近く、中興野南交差点の角の建物です。以前「らーめん 葵風」だった建物になります。
新潟市東地区でのお昼です。真面目なラーメン作りを感じさせてくれるのが好きで、食べていないメニューも多い「らーめん 幸」にお邪魔しました。
建物壁の看板には、“AGO IPPIN”や“あご逸品”などと書かれています。
お店は、左側の奥に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。広めで落ち着いた雰囲気です。午前11時30分過ぎに着きました。3割程のお客さんの入りです。入ってすぐ食券販売機があります。
メニューは、あご塩麺・あご正油麺とそれらに鶏ワンタンやチャーシューを加えたもの、マーボー麺、特製みそラーメン、みそ坦坦麺、辛つけ麺などがあります。いずれも玉子かけご飯、チャーシュー丼、マーボー飯とのセットができます。1番のお勧めなのにまだ食べたことなかったあご塩鶏ワンタン麺にしました。もうちょっと食べたいのでチャーシュー丼セットにしました。
食券を購入してもご自由にって雰囲気なのでカウンター席に座って待ちます。
お客さんが少ないこともあって、かなり早めに出来上がってきました。
店名が大きく入った白い器、塩らしい優しい色のスープが美味しそうです。
麺は、細めで弱い縮れ、モチモチ感が強く存在感のあるやや苦手な麺です。
スープは、塩らしい透き通ったもの、癖のない塩味であっさりしています。あごだしの旨みと程良い油、コクとまろやかさのバランスを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、のり、水菜、ねぎ、ワンタンなど充実しています。ワンタンは、具が適度な大きさで、皮はちょっと小さめです。
麺は、少し主張が強いでしょうか?あごの癖のないスープにワンタンをはじめ
充実のトッピング、なかなか良かったと思います。あご塩麺が670円で、あ
ご塩ワンタン麺は770円です。ちょっとお高い感じもありますが、まあまあ
いい線でしょう。真面目なラーメン作りを感じさせる1杯でした。

幸 チャーシュー丼セット

チャーシュー丼セットです。そこそこの量もあっての150円です。数量限定なしでの提供はありがたいです。でも、売り切れってないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.23

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 ラーメン

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
県庁近くでのお昼、「鶏鍋・鶏そば つか乃間」で食べようとお店まで行きましたがやってません。貼紙があります。小針一丁目に移転、5月上旬にオープンするようです。ということで近くにある好きな大江戸にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側にカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、小綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。前に3人の待ち、10分程の待ちになりました。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷し中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。曜日毎に決められた日替りのミニ丼も用意されています。今日はお楽しみ丼ですが売り切れで、ミニチャーハンが同じ値段で提供されています。ラーメンミニチャーハンのセットにしました。
スタッフが多くいて、混んでいても早めに出来上がってくる筈のお店ですが、さすがに今日はかなりの混みで、普通の待ち時間で出来上がってきました。
店名の入りの白い器に濃いめの醤油色のスープがしょっぱそうに見えます。
麺は、極細の縮れなのにモチモチ感とコシがあります。カップ麺の麺の美味しさが逆に普通のラーメンに採用されたかのような麺です。普通のラーメン店ではなかなか出会えない珍しい食感です。ちょっと食べ難い長さがあります。
スープは、濃い醤油色で、その見た目どおり醤油味がしっかりしたものです。しかし、しょっぱ過ぎることもなく、適度なまろやかさと旨味があります。
半分ほど食べたところでトッピングの辛味を溶かします。少ない量ですが、きりりと辛味が効いた違った感じの味になります。テーブルに辛味の入った容器があってさらに辛味を加えられるようになっていますが、強い辛さなので今日は加えずに食べます。終盤には、結構いい汗を楽しませてもらいました。
トッピングは、硬めのチャーシュー、メンマ、シャキッとした食感がちょっと違うかなと思わせるほうれん草、ねぎ、辛味など、楽しませてくれます。
極細縮れ麺としっかり醤油味のスープ、普通盛で600円、辛味も楽しめてボリューム感もあります。この値段はかなり得した気分にさせてくれます。

大江戸県庁前店 ミニチャーハン

ミニチャーハンは、量は少なめですが、なかなか食べやすい好みの味です。
これで200円ですからこちらも得した感じ、合計800円も嬉しい…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.04.22

麺や 我駆

我駆 らーめん

新潟市の「麺や 我駆」です。“がく”と読みます。
新潟西BP小新ICから小針方面へ、大堀幹線手前、天下一品向かいです。
新潟市西エリアでのお昼になりました。前回、つけめんがメインのようでつけめんを食べました。食べていないらーめんを食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きで円弧型カウンター席、右側にテーブル席、手前に待ちスペースがあります。ローズウッド調の壁が役員室かのような雰囲気です。正午前に着きました。6~7割ぐらいのお客さん入りでしょう。待ちスペースにあるおしぼりウォーマーからセルフサービスのおしぼりを持って、カウンター席ご自由にということで奥まった席に座ります。
メニューは、つけめんとらーめんに別れてます。つけめんは、店主が情熱を込めて作る自家製麺、太麺が濃厚なスープにからみます。との説明があります。つけめんは、濃厚つけめんと辛つけめんがあります。並盛250g、中盛350g(+30円)、大盛450g(+60円)と大食人にお得になっています。らーめんは、かつお、煮干、昆布をベースに一日かけて煮込んだトロッとこくのある自信の一杯。と説明があります。らーめんと特濃らーめん、ちゃーしゅーめんがあります。特濃らーめんは白湯スープが加わるとのことです。らーめんにしました。
その後もお客さんがやってきますが、並ばなくてよい状態が続きます。前回は男性スタッフ4人でしたが、今回は男性2人と女性1人のスタッフでやっています。タイミングでしょうか?少し時間がかかって出来上がってきました。
青い模様の器に盛られてきました。トッピングが華やかで嬉しくなります。
麺は、平打ちやや細の優しい縮れです。角がしっかりした心地良い麺です。
スープは、かつお、煮干、昆布がベースとのこと。魚介系の旨味と風味、醤油の旨味も程好く、バランスの取れた、とてもまろやかな仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、鳴門、青ねぎです。チャーシューは、軟らかなものが2枚ですが、味が好みと違ってました。
食べ易い麺と好みのスープですが、もうひとつ馴染んでいないような…。チャーシューの味付けが好みと違っていましたが、トッピングも充実しています。まあまあいい感じでいただけました。680円と今時のお高いラーメンですがなんか納得できました。スープの印象いいのかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.21

中野茶屋

中野茶屋

上越市(旧柿崎町)の「中野茶屋」です。
県道129号線沿いにあります。柿崎駅の近くで、柿崎駅への入口脇です。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側から奥に布の暖簾などで仕切られ個室風の小上がりがあります。古民家風居酒屋そのものです。午後12時30分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、海鮮などの定食、日替り定食、丼物、拉麺などとなっています。さてその拉麺は、醤油らーめん、麻婆らーめん、和風豚骨らーめん、塩バターらーめん、塩らーめん、焼豚らーめん、味噌らーめん、胡麻らーめん、野菜らーめん、塩焼豚らーめん、ざる中華、夏季限定の冷し中華、棒々涼麺などがあります。新潟一番・ラーメンの旅で食べていた麻婆らーめんにしました。
中華鍋を使う時間がかかるメニューですが、普通に出来上がってきました。

中野茶屋 麻婆らーめん

青の線が入った白い器、小さめに切られた豆腐がとても可愛くに見えます。
麺は、やや細の縮れ、モチモチしていて、麻婆ともなかなか良く絡みます。
スープは、例によって判り難いのですが、癖のない薄味のもののようです。
トッピングは、麻婆豆腐のみです。醤油味に辛味の効いた醤を使ったような仕上がりで、小さめに切られた豆腐と挽肉、青ねぎなどが入っています。辛味も適度にあります。小さくても熱々の麻婆豆腐で、ちょっと注意が必要です。
麻婆らーめんは、800円といい線いっているのではではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.20

麺作 赤シャモジ

赤シャモジ 特製淡麗らーめん(大盛)

新発田市(旧加治川村)の「麺作 赤シャモジ」です。
国道7号線沿い、道の駅加治川の向かい、どさん子だった建物になります。
新発田市でのお昼になりました。お手頃感の赤シャモジにお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。カウンター席の後ろには、待ちの座れるスペースがあります。小さな建物のように見えて中は広々しています。窓が広く明るいお店です。午後12時30分前に着きました。お昼の最中、5人程の列びです。ちょうど片付けが終わったようで、すぐにカウンター席に案内されました。
メニューは、しょうゆらーめん、味噌らーめん、辛味噌らーめん、つけめん、味噌つけめんとそれらの特製らーめんやちゃーしゅーめんなどがあります。豊富なトッピングやセットもあります。自家製麺で、麺の大盛りが無料で、特盛りは110円増しです。今まで特製しょうゆらーめん(大盛)、特製味噌らーめん(大盛)、特製辛味噌らーめん(大盛)、特製つけめん(大盛)、特製味噌つけめん(大盛)とお手頃に豪華トッピングの特製は食べ尽くし、シンプルな路線に変更してしょうゆらーめん(大盛)、限定の深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛)を食べました。今まで気がつかなかったのでしょうか、あっさり淡麗スープのらーめんがあります。塩としょうゆがあり、特製らーめんやちゃーしゅーめんもあります。特製淡麗らーめん(大盛)にしました。
混んではいましたが、少し早いぐらいの待ち時間で出来上がってきました。
白い器にあれやこれや、麺が見えないほどのとても嬉しいトッピングです。
麺は、少し細いストレート、九州ラーメンのような噛み応えを楽しめます。
スープは、醤油味・甘味・まろやかさの濃厚なもので、ややしょっぱめです。淡麗とかあっさりの言葉が、あまり似合わないような気がするスープです。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、塩麹味玉、海苔、青ねぎ、カイワレなどです。レアチャーシューが、スモークした牛タンみたいで好みです。
淡麗ということで新潟あっさりラーメンのようなものを想定しましたが、濃厚でまろやかなスープのラーメンでした。淡麗らーめんが620円で特製淡麗らーめんは820円です。大盛りでこの値段ですから、結構得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.19

カップ麺

最近食べたカップ麺です。

チキンラーメン ベーコン & チーズ
チキンラーメン ベーコン & チーズ

サッポロ一番 大人のみそラーメン 薫る焦がしガーリック
サッポロ一番 大人のみそラーメン 薫る焦がしガーリック

日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌の巻
日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌の巻

ニュータッチ 山岡家 特製味噌ラーメン
ニュータッチ 山岡家 特製味噌ラーメン

セブンプレミアム 地域の名店 もちもちの木
セブンプレミアム 地域の名店 もちもちの木

セブンイレブン 横浜ラーメン六角家
セブンイレブン 横浜ラーメン六角家

エースコック 元祖トムヤムラーメン
エースコック 元祖トムヤムラーメン

本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨
本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨

カップヌードルカラアゲキング
カップヌードルカラアゲキング

タテロング リンガーハットの長崎ちゃんぽん
タテロング リンガーハットの長崎ちゃんぽん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.18

角田山 宮前コース

角田山 宮前コース①

足の調子が絶好調です。先週の浦浜コースでは、筋肉痛もなく快適でした。
今週も昨日の雨でコースがぬかるんでるかも知れませんが、雨の心配もありません。今週も角田山に登ります。角田山は、公的な灯台コース、稲島コース、ほたるの里コース、五ヶ峠コース、浦浜コース、五りん石コース、湯之腰コースの7コースがあります。その他にも私的な桜尾根コース、宮前コース、妙高寺コース、小浜コース、此の入沢コースの5コースがあるようです。今回は、私的なコースから1度しか登っていない宮前コースを登ろうとお思います。
国道116号線を走ってきましたが、角田山方面が砂嵐か黄砂のような状態になっています。畑の土が巻き上げられているのでしょう。風が強い日です。
午前11時30分前に登山口の駐車場に着きました。狭い駐車場で満車だろうと思っていましたが、遅い時間だったため下山者も多く、空いていました。

午前11時36分(0時間00分) 登山開始

とても優しい傾斜の山道からやや傾斜の山道と準備体操のような歩きです。

午前11時56分(0時間20分) 越前浜発祥の地案内看板通過

角田山 宮前コース②

登山口から花が見当たりませんでしたが、ようやく…。
午後12時09分(0時間33分)

角田山 宮前コース③

トキワイカリソウ(常盤碇草)です。この後、しばらくこのトキワイカリソウ(常盤碇草)がコースの両側に咲いて楽しませてくれます。
午後12時09分(0時間33分)

角田山 宮前コース④

午後12時10分(0時間34分)

角田山 宮前コース⑤

午後12時14分(0時間38分)

角田山 宮前コース⑥

カタクリもそろそろ最後の頃合いでしょうか?お花畑の中を進むと徐々に傾斜もきつくなってきます。尾根が狭く急登なったところに8合目の道標があります。
午後12時49分(1時間13分)

角田山 宮前コース⑦

午後1時00分(1時間24分) 湯の腰コース合流点通過(9合目)

角田山 宮前コース⑧

午後1時05分(1時間29分) 山頂到着 標高481.7m

木々が風でゴーゴーとうなっている中の登山になりました。コースは、それほど強い風があたることもなく、適度な風を受け心地良く登ることが出来ました。今日も、ぬかるみというよりも泥で滑り易い場所が多くありました。登り方もより足裏全面でとなり、普段と違う筋肉を使うのですが、先週の山行もあり、大きな疲労感もなく登れました。

角田山 宮前コース⑨

観音堂前も賑わっています。

午後1時58分(0時間00分) 下山開始
午後2時02分(0時間04分) 湯の腰コース分岐(9合目)通過
午後2時10分(0時間12分) 8合目通過
午後2時26分(0時間28分) 4等三角点(角田浜)通過 標高347m
午後2時47分(0時間49分) 越前浜発祥の地案内看板通過
午後2時59分(1時間01分) 登山口到着

宮前コースは、ゆったり登り始め、最後1/3は狭い尾根の急登です。なかなか手強いコースかなと思います。
使用した水:0.5リットル、予備:1.5リットル、行動食:なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.17

支那そば ぐゎらん堂

ぐゎらん堂 支那そば

新潟市の「支那そば ぐゎらん堂」です。
空港通り沿いにあります。赤道との交差点から空港方面へ。信号機のある2つ目の交差点の手前右側です。お店の前に3台分の駐車スペースがあります。
午前7時から午後15時までの営業時間で、火曜日が定休日です。休日はスープ切れもあります。子供を学校行事に送り、朝ラー?ブランチでしょうか。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があ
ります。小綺麗で清潔な感じもしますが、なんか古さも感じさせてくれるお店です。午前10時30分過ぎに着きました。帰るまで貸し切り状態でした。
メニューは、支那そばと肉そばのみ、麺の大盛りができます。セットチャーハンがあります。それだけのシンプルなメニューです。支那そばにしました。
すぐに作り始めてもらえてます、思った通り早めに出来上がってきました。
水色に鳳凰模様の入った可愛い器に昔懐かしい支那そばが美味しそうです。
麺は、細くしっかりした縮れです。シコシコした噛み応えの楽しい麺です。
スープは、魚介の風味と旨味が優しい、あっさりした昔懐かしいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、煮玉子半個、鳴門、ねぎなどです。
細い麺の縮れが楽しい、昔懐かしの支那そばです。600円とお手頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.04.16

元祖支那そば おもだかや 女池店

おもだかや女池店 わかめそば

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 女池店」です。
新潟バイパス女池インターの近く、パチンコ店の駐車場の一角にあります。
昨日のお昼を一緒に食べた出張者とのお昼です。あっさりしたラーメンが好みということなので食べていないお店の中からおもだかやにお邪魔しました。
お店は、間口が広く中央から右側に厨房、その手前から左奥に回り込むようなカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。程良く古さのある昭和のラーメン屋さんの雰囲気です。窓が広く明るい店内です。正午過ぎに着きましたが、10人程の待ち、10分ぐらい待ってテーブル席に案内されました。
メニューは、支那そばを中心にちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそばと、さらにわかめ、メンマ、たまごなどのトッピングを加えた組み合わせなどが豊富に用意されています。好みのわかめそばにしました。
待ちのお客さんが多かったのですが普通の待ち時間で出来上ってきました。
おもだかやでは珍しく水色の器です。わかめや魚介系のいい香りがします。
麺は、細く弱い縮れのシコシコした歯切れの良い、食感を楽しめる麺です。
スープは、すまし汁のような澄んだもの。豚骨の旨味と魚介系風味のあっさりしたものです。醤油が中心で塩も使われているようなしまりのある味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、くきわかめ、鳴門、ねぎなどです。あっさりした支那そばに、このわかめが良く合うものだと思います。
和風な麺料理を楽しませてもらいました。最近のラーメンは、麺、タレ、スープ、油、トッピングから成り立っていますが、おもだかやの支那そばは、油がない麺料理です。わかめそば700円です。なかなかいい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.15

九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店

きんしゃい亭新潟駅前店 ラーメン

新潟市の「九州ラーメン きんしゃい亭 新潟駅前店」です。
新潟駅前地区、帝石ビル裏側飲食店街の明石通に近い道路沿いにあります。
駅前に宿泊する昼と違う出張者との飲み会、その後の〆でお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に大や小のテーブル席があります。やや小さめですが、あまり仕切られていないためオープンな雰囲気のお店です。午後9時20分過ぎに着きました。4~5人のグループ1組だけ、大きなテーブルに陣取っていますが、それほど煩くもないので助かります。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、味噌や塩のスープ味にトッピングを加えたものなどがあります。基本的なラーメンにしました。
時間が早いため親父さん1人でやってます。手際良く早い出来上がりです。
白い器に九州ラーメンらしく少なめです。白濁のスープが美味しそうです。
にんにくをたっぷり入れて食べたいのですが今日は平日、我慢しましょう。
麺は、極細の弱い縮れ、本場ストレートとは違いますが新潟らしい麺です。
スープは、醤油とんこつらしい色、豚骨の旨味と醤油味が絶妙です。このお店は油の量が好みです。にんにくを食べられない平日は、楽しみが半減です。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻、青ねぎととてもシンプルです。テーブル上の胡麻を追加し、辛子高菜漬を入れ、胡椒も入れて楽しみます。
飲んだ後にちょうど良い量です。ラーメン580円と今ではいい線でしょう。しばらく食べていませんでしたが、550円から30円値上がりしてました。30円の値上がりだと仕方ないのかなって、お店に理解を示してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味のホームラン うれっ子

うれっ子 ラーメン

柏崎市の「味のホームラン うれっ子」です。
柏崎市役所近く、東側でしょうか?一方通行の細い路地に面してあります。
柏崎での出張者との昼食です。出張者の希望でうれっ子にお邪魔しました。
以前あった駐車場に車を停めようと思いましたが、建物が出来ています。お店の前まで行ってみると、その先、うれっ子用に5台分のスペースが確保された駐車場がありました。空きも1台分あり、無事に駐車できました。
お店は、左側に厨房、その手前と中央寄りにL字型のカウンター席があり、右側に通路があり、その先にテーブル席、小上がりがあります。小さなお店を後で右側に拡張したような感じ、ちょっと古めな雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。ほぼ満席に近い状態、奥の小上がりが空いていました。
メニューは、ラーメン、もやしラーメン、みそラーメン、みそバターラーメン、みそチャーシュー、みそバターチャーシュー、つけめん、チャーシューつけめん、タンタンメン、タンタンチャーシュー、チャーシューメン、焼ソバ、五目ラーメン、タンメン、バターラーメンなどがあります。久々なのでラーメンにしました。近くで食べている人のチャーハンがメチャクチャ美味しそうに見えますが、半チャーハンとかはありません。出張者も同じ考えのようです。2人でシェアってことでチャーハンもお願いしました。
お客さんも多く時間がかかりそうでしたが、早めに出来上がってきました。
カラフルな模様の白い器に、ホッとする懐かしい中華そばの仕上がりです。
麺は、細い強めの縮れで、中華そばらしいツルツルの食感が楽しい麺です。
スープは、透き通った醤油色、中華らしい醤油とダシの旨みを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
あっさりしたスープは、少し油が多めでしょうか?細麺とチャーシュー3枚、昔ながらの中華そばを楽しくいただきました。570円と結構お手頃です。

うれっ子 チャーハン

チャーハンです。見た目通りの醤油のいい味です。ボリュームもありますが、780円とそれなりの値段です。一人でラーチャンは、両面で厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.14

らーめん 侍元 魂 -SOUL-

侍元魂 岩のりらーめん

燕市(旧吉田町)の「らーめん 侍元 魂 -SOUL-」です。
国道116号線沿いにあります。春日町交差点のちょっと新潟市寄りです。
旧吉田町での昼食になりました。久々に侍元で食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々落ち着いた感じで、系列店同様仮面ライダーや孫悟空などのフィギアが飾られています。午後1時20分前に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席に案内されました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、岩のりらーめん、岩のりちゃーしゅーめん、ちゃっちゃ麺、ちゃーしゅーちゃっちゃ麺、岩のりちゃっちゃ麺、岩のりちゃーしゅーちゃっちゃ麺、辛ちゃっちゃ麺、しおらーめん、しおちゃっちゃ麺、みそらーめん、つけ麺、油そば、ちゃっちゃ和え麺などがあります。ちゃっちゃめんは背脂入りです。トッピングの追加やサイドメニューも豊富です。岩のりらーめんにしました。また、通常250円が平日ランチタイムに150円で提供のちゃーめしがあります。それも食べてみます。
食べているお客さんが多く、期待した通り早めに出来上がってきました。
真っ白い器に醤油色が美味しそうなスープ、岩海苔が黒がなんか豪快です。
麺は、細い弱縮れで、九州ラーメンのような噛み切れ具合の楽しい麺です。
スープは、豚骨醤油で魚介の香りが強め、ここまではかなり好きな味ですが、油が多いためか?こってり感が強めで、しょっぱさもしっかりしています。
トッピングは、大きく分厚いチャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、万能ねぎ、そして岩海苔です。岩海苔が、かなり強烈にこってり感を解消します。
麺・スープとも好み、味玉の味の染み込み具合が絶妙です。油少なめ・チャーシューの味付けが醤油味ならかなり好みのラーメンになるでしょう。そのこってり感も岩海苔でだいぶ和らぎました。玉ねぎの追加トッピングがあります。ちゃっちゃ麺用でしょうけれど次回は入れてみようと思います。なかなか美味しくいただけました。らーめんが690円とお高いのですが、チャーシューのボリュームを考えるとお手頃にも思えます。岩のりらーめんが770円、らーめんとの価格差が80円、岩のりでこのお手頃感はさらにすごいでしょう。

侍元魂 ちゃーめし

ちゃーめしは、量は少ないものの、通常250円が150円、お手頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.04.13

らーめん 梟

梟 つけめん

新発田市の「らーめん 梟」です。
新発田の入舟と新発田インターの両ショッピングセンターの間にあります。
新発田市でお昼になりました。久々に梟で食べてみようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手にテーブル席、右側に小上がりがあります。使い込んだ木質の感じが少しレトロなロッジの雰囲気です。ラーメン屋さんに多い雰囲気です。午後1時30分頃に着きました。梟は、相席なしで来店した順に座るようになっています。もしかして混んでいたらと思いましたが、5割程のお客さんの入りです。カウンター席に座れました。
メニューは、しょうゆ系とみそ系に別れています。しょうゆ系は、らーめん、ちゃーしゅうめん、ねぎらーめん、ねぎちゃーしゅうめん、つけめん、特製つけめんがあります。みそ系は、みそらーめん、みそちゃーしゅうめん、ねぎみそらーめん、ねぎみそちゃーしゅうめん、野菜みそらーめん、野菜みそちゃーしゅうめんがあります。トッピングの追加やサイドメニューも揃っています。平日のランチタイムはごはんが無料です。つけめんごはんにしました。
普段でも出来上がりが早いのですが、さらに早めに出来上がってきました。
白に遊びっぽい赤い雷門模様の器に麺、青い模様の器につけ汁が入ってます。
麺は、つけめんでは珍しい細めの縮れ、冷盛りなので結構硬めに感じます。
つけ汁は、しっかりした醤油味です。魚粉で風味豊かな仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、ねぎなどです。
麺の硬さは好みと違っていましたが、食感が良く、ボリューム感もあります。
醤油のあっさりしたつけ汁、半ちゃーしゅうめんと言っても良いちゃーしゅう
のボリュームです。つけめんの800円もまあまあいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.12

新潟うまさぎっしり博2015 2日目

新潟うまさぎっしり博 うま博限定ローストビーフ麺

角田山での山歩きも順調だったため、時間的にまだ余裕があります。混んでなければと思いつつ、新潟うまさぎっしり博会場の朱鷺メッセに寄ってみます。駐車場が1時間無料なので、駐車場が空いていれば1時間以内で帰ります。
午後3時過ぎ、会場近くの駐車場はもう空いていました。後はラーメンが売り切れていなければと思いながら会場のラーメンブースへ向かいます。
会場は、まだそこそこ賑わっています。ラーメンブースは、まだ多くのブースが営業しており、目的のいっとうや×まっくうしゃのうま博限定ローストビーフ麺は、10人程の並びになっています。細麺に合う、県内産醤油を使用した鶏ガラスープのラーメンです。ローストビーフは、特製わさびマヨネーズソースでお召し上がり下さい。とのことです。ローストビーフ増量200円、味玉100円の追加も可能ですが、ローストビーフ増量が100円に書き直されています。さらに注文時にはローストビーフ増量が無料になっていました。
うま博限定ローストビーフ麺+ローストビーフ増量+味玉にしました。
細縮れ麺と焦がしてまろやかになったような醤油味のスープ、たっぷりのローストビーフと味玉を楽しみました。通常1000円が800円とお得でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角田山 浦浜コース

先週は、足も慣れてきたのか、筋肉痛もなく快適に過ごすことができました。
昨日は、雨と新潟うまさぎっしり博で山歩きは諦めましたが、今日は天気にも恵まれ絶好の山歩き日和です。今週も角田山に登ります。角田山は、一般的に公開されている灯台コース、稲島コース、ほたるの里コース、五ヶ峠コース、浦浜コース、五りん石コース、湯之腰コースの7コースがあります。一般的なコース以外にも名前の付けられたコースが桜尾根コース、宮前コース、妙高寺コース、小浜コース、此の入沢コースの5コースがあるようです。今回は、一般的なコースから1度しか登っていない浦浜コースを登ろうとお思います。
午前10時30分過ぎに登山口の駐車場に着きました。広い駐車場は、周囲にぎっしりと車が停まっています。中央部、迷惑にならないよう駐車します。

角田山 浦浜コース①

午前10時53分(0時間00分) 登山開始

下山してきた人とすれ違ったのですが『ぬかるみが結構あります。でもお花が綺麗でした。』と、危険箇所とかの情報を話すのならともかく、こちらが楽しみにしていることを聞きもしないのに余計なことを喋ってきました。

角田山 浦浜コース②

午前11時08分(0時間15分) 東屋通過

角田山 浦浜コース③

午前11時11分(0時間18分)

角田山 浦浜コース④

午前11時13分(0時間20分)

角田山 浦浜コース⑤

午前11時18分(0時間25分)

角田山 浦浜コース⑥

ヒトリシズカ(一人静)を初めて見たような気がします。
午前11時24分(0時間31分)

東屋を過ぎるといろんな花が咲いています。あまり見かけない花もあります。

角田山 浦浜コース⑦

午前11時55分(1時間02分) ベンチ通過

午後12時02分(1時間09分) 五ヶ峠コース合流点通過
午後12時15分(1時間22分) 灯台コース合流点通過

角田山 浦浜コース⑧

午後12時35分 (1時間42分)山頂到着 標高481.7m

ぬかるみというよりも泥で滑り易いのが参りました。登り方もより足裏全面でとなり、普段と違う筋肉を使うため、中盤には股の横から裏にかけて疲労感が出てきて、終盤はふくらはぎや股の前面にも疲労感が広がってきました。

今日は、雨が続いている中での晴天というのもあるのでしょうか。今年になって4回目の山頂ですが、その中でも1番の賑わいになっています。

角田山 浦浜コース⑨

観音堂前も賑わっています。

午後1時16分(0時間00分) 下山開始
午後1時29分(0時間13分) 灯台コース分岐通過
午後1時35分(0時間19分) 五ヶ峠コース分岐通過
午後1時38分(0時間22分) ベンチ通過
午後2時04分(0時間48分) 東屋通過
午後2時13分(0時間57分) 登山口到着

濡れているところや滑り易いところも多く、慎重に無事に下りてきました。

浦浜コースは、たまに急登やなだらかなところもありますが、平均的な山登りらしい傾斜が続くコースでした。なかなかいいコースかなと思いました。
使用した水:0.5リットル、予備:1.5リットル、行動食:なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.11

新潟うまさぎっしり博2015

新潟うまさぎっしり博 会場

朱鷺メッセで開催の「新潟うまさぎっしり博2015」に行ってきました。
朝から角田山に登り、お昼時間うまさぎっしり博を楽しもうと思いましたが、天気予報通りの雨。角田山は逃げませんのでうまさぎっしり博を楽しみます。
日本酒やビールなども楽しみたいので路線バスで朱鷺メッセに向かいました。朱鷺メッセの正面に到着しましたが、周辺駐車場の車の入りが多い程度です。今年もなにもイベントをしていないかのように看板もなく静かな会場前です。エスカレータで2階へ上がります。アトリウムでイベントが確認できました。ウェーブマートは、ちょうどいい混み具合で会場内を好きに移動できます。
フード24、ラーメン7、スィーツ9、ベーカリー8、物販PR24、その他に7、合計79の出店があります。さて何から食べましょうか。ですが…!

<撮影禁止>

今回のうまさぎっしり博の真の目的は、BSNラジオ公開放送「LINK」です。今まで放送を聴いたことはありませんが、ゲストが“桜 稲垣早希”ということで楽しみにしていました。新潟競馬場のイベント以来の稲垣早希です。
午後12時30分頃にステージ前に到着、午後1時から午後3時までの公開放送ですが、すでに多くの人がステージ前の観覧席に座っています。空席もわずかなので座つことにします。その後、前説で判りましたが稲垣早希の出演は午後2時から、お腹もかなり空いてきましたが、2時間かんばりましょう。
桜 稲垣早希の声を聞くとロケみつのブログ旅を思い出します。1時間の出演があっという間でした。その後、よしもとらしくステージもありました。

まずは飲みもの、サッポロビールの新潟限定ビール、気分爽快ニシテです。

新潟うまさぎっしり博 新潟煮干し中華そば

次は、ラーメンを食べます。新潟煮干し中華そば、新潟拉麺協同組合 三吉屋×麺食堂まる七のラーメンです。古くから新潟で愛されている煮干しラーメンをさらにブラッシュアップ。あえてオーソドックスなトッピングに、麺は新潟県産小麦粉を使った自家製麺を使用。とのことです。麺は、細麺の弱い縮れで、硬めにゆでられています。歯切れが良さが楽しい麺です。スープは、煮干しの旨みと風味が心地良い仕上がり。トッピングも充実で、700円です。

新潟うまさぎっしり博 オムハヤシとカレーのハーフ&ハーフ

次は、フードからオムハヤシとカレーのハーフ&ハーフです。ホテルイタリア軒のハヤシライスとカレーライスを、一度に楽しめる贅沢な一皿です。今回はさらにシェフのオムレツも添えてみました。伝統の味をご賞味下さい。とのことです。注文を受けてから作るオムレツは、さすがです。700円です。

新潟うまさぎっしり博 佐渡紅ズワイ蟹和風カニ玉丼

次もフードからで、佐渡紅ズワイ蟹和風カニ玉丼、ちょこざいやの提供です。うま博2014年グランプリ受賞!三月に解禁となったばかりの佐渡産紅ズワイ蟹をふんわり玉子で閉じ込めた丼です。ぜひご賞味下さい。とのことです。ちょっと想定していたものと違いました。700円です。

日本酒の有料試飲コーナーもありましたが、これは飲みたいというお酒がありませんでした。ちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.10

ラーメン亭吉相 県庁前店

吉相 県庁前店

新潟市の「ラーメン亭吉相 県庁前店」です。
国道116号線沿いにあります。鳥屋野地区、ラウンド1の1階になります。
土日は判りませんが、ラウンド1と駐車場を共用しており、空いています。
お店は、左側に厨房、中央に配膳スペースを囲うようにカウンター席、中央奥と右側手前にテーブル席、右側奥に小上がりがあります。木目が優しい真新しい店内です。午後12時40分頃に到着、6~7割のお客さんの入りです。

吉相県庁前店 メニュー

メニューは、らーめんと味噌らーめん、それらにトッピングを加えたもので、らーめん、めんま、ちゃーしゅう、ねぎ、ねぎちゃーしゅう、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅうがあります。味噌系以外は、あっさりとこってりがあり、そのあっさりが細麺、こってりと味噌系が太麺になります。こってりとあっさりは、スープの背脂の有無です。こってりの方がバランスが取れているように思っているのですが、久々にあっさりらーめんを食べてみます。
吉相は出来上がりが早く、今日も待った感じがなく出来上がってきました。

吉相県庁前店 あっさりらーめん

外が水色、内が白に龍の模様の器です。こってりそうに見えるのですが…。
麺は、細ストレートでツルツルモチモチしています。珍しい食感の麺です。
スープは、醤油豚骨で、豚の風味が強く、どうしてもコッテリした印象です。胡椒をかけてみますが、胡椒には殆どコッテリを和らげる効果がありません。唐辛子の辛味を入れてみます。こちらは多少でもコッテリ感が和らぎます。
トッピングは、味付けが好みと違いコッテリしたチャーシュー2枚、メンマ、海苔、青ねぎです。こってりのようなもやしがのっていないのは歓迎です。
あっさりというメニューですが、背脂がなくてもこってりしたラーメンです。好みもいろいろとあるでしょうが、こってりの方がバランスが取れています。らーめん640円は税抜きの表示、税込み691円はちょっとお高いです。

伝票の裏に店舗一覧がありました。物見山店、県庁前店、イオンモール新潟南店の3店しか記載がありません。県庁前店の新規オープンかと思っていましたが、女池店の移転、支店名改名のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.09

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店

八 新潟駅前店

新潟市の「手仕事らぁめん 八 新潟駅前店」です。
新潟駅前のバスターミナル前を西へ、一方通行と逆に歩くと左側にあります。夜は、「なにわ塩焼肉 にく舞台」として営業している二毛作のお店です。
旭川ラーメンの「らーめん ののや」の姉妹店でになります。「手仕事らぁめん 八」としては、駅南エリア、旧吉田町に続く3店目です。このお店での朝ラーメンの提供はないようです。また、駐車場もなさそうです。
新潟駅前エリアでの昼食になりました。新規オープンしてからまだ食べたことのない「手仕事らぁめん 八 新潟駅前店」で食べてみることにしました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、右側にテーブル席、奥の左右に小上がりがあります。焼肉屋さんでもラーメン屋さんでも良い雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。6~7割のお客さんの入りです。
メニューは、煮干し中華と煮干しつけめんで、それぞれトッピングを充実させた特製と濃厚の組み合わせが用意されています。つけめんと特製つけめんの麺の量は、並200g、中260g、大320g、特400gで、濃厚つけめんと特製濃厚つけめんは、並240g、中320g、大400g、特480gです。並と中は同じ値段で、大と特は50円ずつのUPです。お手頃感のある濃厚つけめん(中)にしました。
つけめんは時間がかかるかと思いましたが、普通に出来上がってきました。

八新潟駅前店 濃厚つけめん(中)

大きな模様の白い麺の器と濃い紺色に縁取られたつけ汁の器が対照的です。
麺は、太麺のゆったりした縮れ。モチモチ感の強いつけめんらしい麺です。
つけ汁は、煮干し出汁がこれでもかというほど濃厚で、トロミもあります。
トッピングは、細切りチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎ、魚粉などです。
つけめんらしい硬めの太麺、濃厚なつけ汁は魚粉で香りを付け、期待通りの煮干しの濃厚な味と香りを楽しめたものでした。濃厚な弘前市の「たかはし中華そば店」の中華そばを食べたことがったので普通に食べることが出来ました。780円と安くはありませんが320gのボリュームなら妥当な線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.08

はな禅

はな禅 Vintage~2015新古゚~(醤油)

上越市の「はな禅」です。
高田地区です。南高田駅から高田商業高校方向へ、手前住宅地にあります。
お洒落な雰囲気と何が食べれるか?が楽しみです。久々にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席の白い壁や窓がパスタランチのお店でも良さそうな明るくお洒落な雰囲気です。正午前に着きました。早い時間のつもりでしたが、もう6~7割のお客さんの入りです。
以前に、はんなり、わびさび、classicと食べましたが、何があるでしょう。
メニューは、お店に入ってそのまま正面のホワイトボードに書かれています。Vintage~2015新古゚~、タイカレーnoodleの2種です。新古゚って、゚の意味が判らなくて後で調べたら“シンプル”と読むようです。Vintage~2015新古゚~は、醤油味と塩味があります。Vintage~2015新古゚~(醤油)にしました。
説明があります。麺は国産(北海道・群馬県)100%の全粒粉乱切中太麺です。スープ・タレ・その他に使用する水は天然水(清水)です。香味油・メンマは未使用です。国産豚使用です。醤油味は町田醤油さん『あぜみち』等、塩味は『安塚の塩』等を使用しています。使用している食材はすべて国産です。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
ちょっと大きめの模様が印象的な器に、昔ながらの懐かしいラーメンです。
麺は、平打ちの縮れ、やや太めに感じられます。噛み応えの楽しい麺です。
スープは、醤油のあっさり、しょっぱさ控え気味の懐かしい仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、季節の青菜、海苔、ねぎなどとシンプルです。季節の青菜は、菜の花のような、なんかの油で炒めたかのような風味です。
厳選素材によるとても優しく、懐かしく、身体に良さそうなラーメンでした。750円と見た目からはお高いラーメンですが、実際にはお手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.07

ラーメン亭 まさもと

まさもと

十日町市の「ラーメン亭 まさもと」です。
国道117号線と飯山線の間の市道沿い、警察署と消防署の間にあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
建物の前に3台分の駐車場があります。奥行きがあり、6台の駐車可能です。お店に入って掲示がありました。6台駐車できるよう前に停め、入れ換えにご協力ください。とのことです。午後1時30分前に着きました。4台の車が駐車、前の道の反対側に1台の路駐の車があります。入れ換え…。を見ていないので待っていたら5分もしないうちに2台が連続で出て行きました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房の手前に厨房向きのカウンター席、左側に壁を背する方だけ座れるテーブル席があります。新しくも古くもないラーメン店の雰囲気です。大きな本棚にマンガがいっぱいあります。他にお客さんが4人で、ちょうど注文したラーメン類が出来上がるタイミングでした。

まさもと メニュー

メニューは、醤油味、塩味、味噌味に大別されてます。醤油味は、ラーメン、マーボーメン(マーボードーフかけ)、モヤシラーメン(野菜あんかけ)、特製ラーメン(唐辛子野菜あんかけ)、チャーシューメン(ワンタン入り)、タンタンメン(ごま風味)、黒ゴマタンタン(黒ゴマ風味)、とんこつラーメン(白スープ)、とんこつチャーシューがあって、とんこつ・ラーメン・チャーシューメンは、塩味に変更できます。塩味は、タンメン(野菜ラーメン)、五目ラーメン(白菜のサッパリ味)があります。味噌味は、みそラーメン、みそチャーシューがあります。お店のおすすめはタンタンメンで、人気メニューはマーボーメンと特製ラーメンとの紹介があります。予定通りにTeny新潟一番・ラーメンの旅で食べていた黒ゴマタンタン(黒ゴマ風味)にしました。
すぐに作り始めてもらえたようで、思いの外早めに出来上がってきました。

まさもと 黒ゴマタンタン

渋めの器ではなく、白い可愛らしい模様の器に、黒いスープが目立ちます。
麺は、やや細の縮れ、平打ちっぼく口の中の食感がとても楽しいものです。
スープは、色は黒ですが醤油味です。胡麻の香りが強く、あっさりとまろやかが絶妙に共存しています。見た目と違い癖のないやや薄味のスープです。
トッピングは、芝麻醤やラー油で味付けされた挽肉、メンマ、わかめ、蒲鉾、海苔、ねぎなどです。食べている時は気付きませんでしたが、スープの底にザーサイかなって食感と味の小さな野菜っぼいものが残っていました。
黒胡麻風味の豊かさを楽しむ担々麺した。730円となかなかお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.06

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 支那そば

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町・人情横町の市場風なお店が並ぶ建物、東堀通寄りにあります。
前回、支那そばを食べたのでワンタンメンを食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。午後1時少し前に着きました。満席に近い混み具合です。
メニューは、支那そば、ワンタン、支那そばとメンマ・チャーシュウ・ワンタンの組み合わせになります。夏の冷し中華も人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。ワンタンメンを注文しようとしましたが、すでにワンタン類が売り切れとのこと、かなりショックですが、好きな支那そばにしました。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声と仕事を見ていると待ちも苦になりません。
ちょうどタイミングが良かったこともあり、早めに出来上がってきました。
黒く渋もの器に澄んだスープが上品です。結構ボリュームがありそうです。
麺は、極細に近い弱い縮れで、シコシコした歯応えが楽しい好みの麺です。
スープは、塩で味付けをしたすまし汁のような透き通ったものです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばかと思っています。
トッピングは、歯応えのいいチャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎです。輪切りねぎがスープと絡まり、香りと味わいを引き立ててくれます。
お吸い物のようなスープのとてもヘルシーな昼食でした。支那そばは、好みの味、普通盛りでもボリュームもありながら600円です。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.05

医食同源 漢×2

漢×2

新潟市の「医食同源 漢×2」です。
新潟駅前エリア西側、新潟駅のすぐ西側の踏切に入る交差点角にあります。
ラーメン屋か?中華料理屋か?居酒屋か?不明なんですがお邪魔しました。
駐車場がないため近くのコンビニを利用、帰りにいろいろと購入しました。
お店は、靴を脱いで上がる居酒屋風で、全面フローリングです。左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側に普段なら小上がりと言っていますが、フローリングに靴を脱いで上がったらテーブル席でいいでしょう。カウンター席・テーブル席とも堀ごたつ風に足を入れられるようになっていて、座布団に座ります。白い壁がちょっと普通の居酒屋とは違った雰囲気でしょうか。正午少し過ぎに着きましたが、他にお客さんが1人とちょっと寂しい状況です。
メニューは、鶏白湯ラーメン(塩 or 醤油)、鶏白湯生姜ラーメン(塩 or 醤油)、鶏爽湯(torisoutan)ラーメン、鶏白湯味噌ラーメン、漢流麻婆麺(汁あり or 汁なし)、鶏白湯坦々麺があります。鶏白湯ラーメン、漢流麻婆麺や鶏白湯坦々麺など迷うところですが、漢流麻婆麺(汁あり)にしました。
メニューには、それぞれ説明があります。漢流麻婆麺は“どこにでもある麻婆豆腐。でも、漢の麻婆豆腐は違います!花山椒が香るこちら、癖になる人続出です。汁ありはマイルド、汁なしは通に人気です。”など書かれています。
先のお客さんのが出来上がり、その次です。早めに出来上がってきました。

漢×2 還流麻婆麺(汁あり)

黒い渋めの器に鶏白湯スープのとろみが強そうに見えます。どうでしょう。
麺は、細麺のストレート、九州ラーメンのコシのやや強いもののようです。
スープは、鶏白湯のとろみがあるもの、かなりまったりしていて薄味です。
トッピングは、麻婆豆腐とねぎです。こちらも薄味で、辛さ、しょっぱさ、甘さとも控えめ気味です。花山椒のしびれ感はやや強めでかなり楽しめます。
食べ易いのですが、薄味のコラーゲンたっぷり、しびれを楽しむものでした。880円とお高いような気もしますが、しびれ体感料か。いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.04

皆既月食

2015年4月4日の皆既月食ですが天気予報はくもり、諦めていましたが曇り気味の雲の合間から皆既月食が見られました。2011年10月10日2014年10月8日に続いて3回目の皆既月食観察です。

今回、食の時間は、以下の通りです。
  部分食の始め  午後 7時15.4分
  皆既食の始め  午後 8時54.2分
  食の最大    午後 9時00.2分
  皆既食の終り  午後 9時06.4分
  部分食の終り  午後10時45.1分

201504041925

午後7時25分、午後7時頃から外に出ましたが、月が全然見えません。しばらくしてこっちかなって感じで雲間から光がぼんやりと見えてきました。

201504041930

午後7時30分、雲が多く、食か雲の陰か判り難いです。

201504041954

午後7時59分

201504042059

午後8時59分、これ以降は厚い雲に覆われてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角田山 此の入沢コース

先週の桜尾根コースは結構厳しいもので、翌々日には太腿が筋肉痛になりました。もうすっかり良くなり、今週も角田山に登ります。角田山は、一般的に公開されている灯台コース、稲島コース、ほたるの里コース、五ヶ峠コース、浦浜コース、五りん石コース、湯之腰コースの7コースがあります。一般的なコース以外にも名前の付けられたコースとして桜尾根コース、宮前コース、妙高寺コース、小浜コース、此の入沢コースの5コースがあるようです。今回は、此の入沢コースを登ります。

角田山 此の入沢コース①

国道の入口から時間を計測していきます。
午後1時14分(0時間00分)

角田山 此の入沢コース②

午後1時23分(0時間09分)

角田山 此の入沢コース③

午後1時24分(0時間10分)

角田山 此の入沢コース④

午後1時24分(0時間10分)

角田山 此の入沢コース⑤

午後1時26分(0時間12分)

角田山はいきなりの階段や急登も多いのですが、このコースは林道の歩きからなのでちょうど準備運動になります。両脇には、いろいろな植物が楽しませてくれます。

角田山 此の入沢コース⑥

林道から右へ、沢を渡って杉林の中を進みます。
午後1時33分(0時間19分)

角田山 此の入沢コース⑦

午後1時36分(0時間22分)

角田山 此の入沢コース⑧

午後1時36分(0時間22分)

角田山 此の入沢コース⑨

午後1時36分(0時間22分)

角田山 此の入沢コース⑩

午後1時41分(0時間27分)

角田山 此の入沢コース⑪

午後1時41分(0時間27分)

角田山 此の入沢コース⑫

午後1時41分(0時間27分)

角田山 此の入沢コース⑬

午後1時44分(0時間30分)

沢を渡ってから杉林の中を進み、やがて急登になります。
急登の両脇はお花畑です。
左足の脹脛がつりそうです。だましだまし登ってきましたが、写真を撮っている人の脇を通ろうとしたとき、思わない筋肉に力が入ったようで左足の脹脛がつりました。その後、だましだまし登ります。

午後1時57分(0時間43分) 桜尾根コース合流点通過

角田山 此の入沢コース⑭

カタクリが咲き乱れています。
午後1時59分(0時間45分)

午後2時36分(1時間22分) 灯台・五ヶ峠・浦浜コース合流点通過

角田山 此の入沢コース⑮

山頂到着です。標高481.7m。
午後2時39分(1時間25分) 

角田山 此の入沢コース⑯

観音堂前です。山頂同様にここも空いています。
観音堂脇のショウジョウバカマも咲いています。

午後3時19分(0時間00分) 下山開始
午後3時21分(0時間02分) 灯台・五ヶ峠・浦浜コース分岐点通過
午後3時48分(0時間29分) 桜尾根コース分岐点通過
午後4時06分(0時間47分) 林道合流
午後4時19分(1時間00分) 林道入口到着

使用した水:0.5リットル、予備:1.5リットル、行動食:なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.03

牛すき弁当

牛すき弁当 パッケージ

牛すき弁当

お仕事も終わり、銀座の端っこで打ち上げですが、馴れない街も落ち着かず、新潟に帰ります。少し遅い時間になりました。駅弁は残っているでしょうか?東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。まだ補充しながらの数のある駅弁が数種類で、他は全然なしって状態です。近くにある東京近郊の駅弁を売っているお店を覗きます。数は少ないものの思った以上の種類が残っています。牛肉系を食べましょう。さっきのお店には大好きな米沢市の松川弁当店の牛肉どまん中がありました。こちらのお店は、NRE大増の牛すき弁当があります。好み的には松川弁当店ですが、NRE大増がどのように牛肉を仕上げたのか気になります。食べてみましょう。牛すき弁当にしました。
新幹線ホームに移動します。ちょうど新幹線が到着したところです。車両整備が終わって慌ただしく乗車するとすぐに発車するパターンです。予想通り!
包装紙には、牛すき弁当の他、宮城県産黒毛和牛使用とだけかかれています。お品書きがなく、原材料名の記載だけになります。QRコードがあり、読み取るとURLです。接続すると駅弁の説明がありました。

■牛すき弁当(宮城県産黒毛和牛使用)
◎商品名(かな)
┗ギュウスキベントウ
◎販売エリア
┗JR東京駅・新宿駅・品川駅・上野駅・大宮駅構内および鉄道博物館内
◎販売店
┗NRE弁当売店「駅弁屋」
◎販売期間
┗通年
◎価格(税込み)
┗1,100円
宮城県産黒毛和牛を牛すき煮にし、ご飯の上に盛り込みました。
牛肉の旨みがしみ込んだ仙台麩や白滝もおすすめです。
~お品書き~
・牛すき煮
  牛肉煮(宮城県産黒毛和牛)
  油麩煮
  牛蒡煮
  白滝煮
・絹さや
・飾り人参
・白飯(国産米)
・大根漬
・玉子焼
・笹蒲鉾
~アレルギー物質~
卵、小麦、乳成分、牛肉、さば、大豆、ゼラチン
てなことでした。

水々しい感じで蒟蒻や牛蒡など美味しかったのですが、好みより甘めでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漬焼きサーモンいくら弁当

漬焼きサーモンいくら弁当 パッケージ

漬焼きサーモンいくら弁当

今日は、午後の新幹線移動です。午後の上り線利用は久々でしょうか。お昼を大盛りにしなかったのも、この移動で駅弁を食べたいと思ったからです。
新幹線での移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所があって利用しています。改札を入らなくてもよい場所、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところとなっています。いろんな人が買えるようになっています。
いつも通り改札を入らない駅弁屋から順番に見ていきます。大きな写真のカードで販売している駅弁の様子を紹介しています。この時間はどうでしょうか?お昼で売れちゃったのではと心配しましたが、山のようにあります。食べたことのない駅弁がありました。神尾商事の漬焼きサーモンいくら弁当です。
早速、新幹線に乗り込みいただくことにします。とは言ったものの今日は時間的に余裕があります。まだ、新幹線に乗れません。少し待っての乗車です。
厚紙のケースには、なんらPR的な文句やお品書き的なものもありません。
原材料の記載は、酢飯(米(新潟県産コシヒカリ)、調味酢)、漬焼きサーモン、いくら醤油漬、甘酢生姜漬、味付のりです。たったそれだけです。
大きめのサーモンの切身が3切といくら、その下に味付のりです。サーモンは生に近い薫製のようなもので、軟らかくかなり好みの仕上がりです。
漬焼きサーモンいくら弁当は、1000円です。いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 ラーメン

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近く、ビルの階段を数段下りた半地下にあります。
出張者と一緒の昼食、『あっさりさたもの』という希望でお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動しているときは、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店で食べる機会が多くなっています。帰りに駐車代の代わりにスーパーでお~いお茶!かなんかを購入して、勝手に勘弁してもらっています。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左手前に1卓テーブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。午後12時30分到着、6割程度のお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンの三吉屋共通のメニューに加えて、タンメンがあります。ラーメン・チャーシューメンは、550円・650円、大盛りも50円UPとお手頃です。炒飯もあります。夏のメニューは、冷しそばがあります。盛りが少なめですが、今日はラーメンの普通盛にしました。
お客さんが少ないときは牛丼屋のように早く出来上がってきますが、出来上がりを待っているお客さんが多く、普通の待ち時間で出来上がってきました。
白い器の内側にシルバーというか?グレイというか?渋い色の模様があります。その中に飴色の透き通ったスープと極細の麺が美味しそうです。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のよう。シコシコと歯応えが楽しく、麺と絡まったスープのバランスが最高です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを感じさせてくれます。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなど昔ながらの懐かしい味です。
新潟あっさり系代表格の味はさすがです。美味しくいただきました。ラーメンが550円とお手頃。お昼のラーメン一杯で幸せな気分にさせてくれます。
出張者2人は、さらに炒飯をシェア、かなりの喜びにこちらも満足×満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.02

お食事処 かみはやし亭

かみはやし亭

村上市(旧神林村)の「お食事処 かみはやし亭」です。
国道7号線沿いにあります。羽越線平林駅がすぐ近くにあるのが目印です。
以前から食べてみたいと思っていたお店です。ようやくお邪魔できました。
お店は、右奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側奥にも小上がり、手前にテーブル席があります。レトロなドライブインとレストランを合わせたような、昭和の雰囲気です。午後12時30分頃に着きました。地元の常連らしき親父さんがひとりカウンター席にいて、お店の人と話しています。後から年配の夫婦が1組やってきました。なんとも静か過ぎます。

かみはやし亭 メニュー

メニューは、定食が中心で、村上牛を使用した魅力あるものや日替わりなどいろいろあります。スパゲッティやドリア、丼物もあります。麺類は、ラーメン定食、チャーシュウメン、担々麺、ラーメン、焼きうどん、冷しつけめん(夏季限定)などがあります。メニューの一部は写真で紹介されています。ラーメン定食は、ライス+おかず1品+お新香で300円増しです。近くの「お食事処 一平」が、ライス+おかず3品+お新香で221円増しなのでお得感がありません。あまり考えず基本的なラーメンを食べてみることにしました。

かみはやし亭 ラーメン

空いてはいますが、一気に注文が入ったようで、厨房は忙しそうに動いています。注文が遅かったこともあり、普通の待ち時間で出来上がってきました。
青っぽい雷文が入った白い器に、醤油味のあっさりしてそうなスープです。
麺は、細麺の縮れで食感は良いのですが、なんかあっさりし過ぎています。
スープは、醤油味のあっさりしたものですが、見た目よりも結構薄味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ゆで玉子半個、ねぎとシンプルです。チャーシューは、やや小さめですが、厚みがあり、醤油のいい味付けです。
あっさり癖のない醤油あっさりラーメンでした。ラーメン650円とお高い印象が残りました。1桁国道沿いということもあってでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.01

らーめん処 大和家

大和家

柏崎市の「らーめん処 大和家」です。
国道252号線沿いの少し郊外にあります。柏崎インターから十日町・小千谷方面に向かった先にある県道73号線と交差する安田交差点の手前右側です。「らーめん 渚」や「揚げねぎラーメン 味庵」だった建物になりますた。
国道252号線を走っていたら、閉店した「揚げねぎラーメン 味庵」だった建物の前に幟が、入口には暖簾が下がっています。早速、お邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側が手前から壁を向いたカウンター席、小さな待ちスペース、テーブル席があり、奥に小上がりがあります。白い壁と使い込んだ黒っぽい木質が印象的な落ち着いたお店です。午後12時30分頃に着きましたが、まだ知られていないのか空いてます。

大和家 メニュー

メニューは、鶏出汁スープと魚介豚骨スープの2つのスープに大別されます。鶏出汁スープは、中華そばとしおそばです。魚介豚骨スープは、魚介醤油、味噌らーめん、辛味噌らーめん、辛ネギらーめん、かれーらーめん、つけめん、辛味噌つけめん、まぜそば、辛まぜそばなどがあります。つけめんやまぜそばは麺が1.5倍です。最初にある中華そばにしたいところですが、メニュー数の多い魚介豚骨スープから標準的そうな魚介醤油にしました。
お客さんは少なめなこともあるのでしょう。早めに出来上がってきました。

大和家 魚介醤油

黒いゴツゴツ感のある器に、ほとんどもやしの野菜炒めがてんこ盛りです。
麺は、普通よりも少し太めの縮れです。なかなかモチモチ感の強い麺です。
スープは、醤油味がしっかりしてそうでそれほどでしゃばってもいない絶妙なところ。豚骨も旨みはありますがしつこさがなく、魚介も香りますがきつさがない、以外とあっさりした好みの仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやしにキャベツ・ピーマン・人参などが加わった野菜炒め、水菜など、味噌ラーメンのようなトッピングです。
CABANの胡椒が3種類もあります。ホワイトペッパーやブラックペッパーは良く見かけますが、コショーとだけ書かれた缶もあります。
太めの麺とあっさり味わいのあるスープ、味噌かのようなトッピングのラーメンでした。魚介豚骨は730円とお高いラーメンですが、充実したトッピングなど味噌ラーメン同等の質だと思えば納得できる価格です。
お店の名前から家系のこってりだったらどうしようかと心配していましたが、全然違っていて安心しました。できることなら細麺で食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »