« 新潟四季彩際々CUPde寿司 | トップページ | 金目鯛西京焼弁当 »

2015.05.15

中華そば 井上

井上

東京都中央区の「中華そば 井上」です。
築地場外にあります。晴海通りと新大橋通りの交差する築地四丁目交差点の近くです。東京駅からどうやってお店まで行きましょう。有楽町駅からも歩けないことはない距離、地下鉄で移動という手段が一般的でしょうか。取り合えず東京都区内まで移動できる切符、有楽町駅まで行きます。晴海通りにまで出るとちょうどバス停がありました。そのバス停を通るバスのすべてが勝鬨橋を通るので近くの築地四丁目交差点も通ります。どこのバス停が近いか判らないので、カーナビを頼りに移動しました。築地三丁目バス停が斜向かいでした。
場外らしく市場の雰囲気がムンムンする場所にあります。歩道上部のアーケードというか雁木にもんぜき通りと書かれていました。周辺には、お寿司屋さんや海鮮丼屋さんがたくさんあります。市場らしい雰囲気は好きですが、歩道がちょっと混み過ぎです。日本人よりも外国人の方が多いように感じます。
なんかテレビ番組で見て食べてみたいと思っていたお店です。ようやく…。
早朝の5:00~13:30まで営業の本当の市場のラーメン屋さんです。
お店は、立ち喰いのお店。歩道に面してラーメンを渡すカウンターがすぐがあるような感じです。中の厨房は1坪半?2坪?とにかく大人2人がなんとか調理する現場です。その左には壁向きとアイランドのカウンター、歩道の車道近くにもカウンター用の細いテーブルがあります。アメ横で飲んでいるかのような雰囲気です。正午ちょうどに着きました。厨房の渡す場所を先頭に15人ほどの待ちです。それほど大したことはないでしょう。並んで待ちます。
厨房に男性スタッフが2人、麺ゆでとスープ張りのスタッフ、チャーシュー切
りとトッピング盛り付けのスタッフです。食べ終わった食器を片付ける男性ス
タッフが別に1人いて、待ち列の整理と前払いの会計をする女性スタッフも1
人います。列が近づくと女性スタッフが注文を取りにきます。
器がちょうど8個並ぶスペースに器を並べ、醤油ダレ、ねぎを入れます。続いて200mlぐらい入りそうな缶から粉末を落とします。一般的なラーメン店なら化学調味料でしょうがなんでしょう。小さな砂時計のような線が何本か、白い粉末が1~2秒ほど落ちます。スープを加え、ゆであがった麺を入れ、大きめのチャーシュー4枚、メンマ、ねぎ・カイワレを盛り付けて完成です。
さて、そろそろ順番です。女性スタッフが注文を取りに来ました。
メニューは、中華そばのみです。チャーシューメンも大盛りもないようです。8人から注文を取っています。選択の余地もなくその中華そばにしました。
メニューは1種類ですが、杯数を伝えて、前金を払って注文が終わります。
2杯を注文した人がいて、8個並んだ器の上にさらに1個器がのりました。
そんな流れで作られるので列びの割りには、早めに出来上がってきました。

井上 中華そば

水を持ち移動したいのですが、結構奥まったところに冷水機があり諦めます。空いているテーブルに移動してたべます。ラーメンの立ち食いは久々です。
白い器にあっさりしてそうなスープ、麺が見えないほどのトッピングです。
麺は、適度なモチモチ感のある細目の縮れ、東京にも好きな麺があります。
スープは、醤油のあっさりしたもので、しょっぱさもかなり控えめ気味です。いい感じの旨味もあり好みのスープです。麺と食べるとしょっぱさが足りなく醤油でも加えたくなりますが、食べ進むと旨味で味わうるようになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ・カイワレなどシンプルですが、大きなチャーシューが4枚もあるのでチャーシューメンのような豪華さです。そのチャーシューは、昔の中華そばで良く食べた硬めの懐かしいものです。
スープのしょっぱさが足りなくて心配しましたが、旨味がしっかりしていて食べ進むと慣れてきます。700円と安くはありませんが、チャーシューメンと言っても良さそうなチャーシューの量を考えるとお得かも知れません。

|

« 新潟四季彩際々CUPde寿司 | トップページ | 金目鯛西京焼弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/61600512

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば 井上:

« 新潟四季彩際々CUPde寿司 | トップページ | 金目鯛西京焼弁当 »