« 濃厚鶏そば 麺屋武一 | トップページ | らぁめん お~や »

2015.06.11

穴子押寿し & 鱒押寿し

穴子押寿し パッケージ

穴子押寿し

鱒押寿し パッケージ

鱒押寿し

午後もそんなに遅くならずに帰れるだろうと思っていましたが、帰宅の時間となりました。新潟に帰りましょう。さて、駅弁は残っているでしょうか?
東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。今日は残っていません。かなり少な目です。何個もの駅弁をかごに入れた若者が何人もいます。会社の研修の関係でしょうか。食べたいものがありません。近くの同系列の他の駅弁屋も覗いてみますがありません。全く違う新潟加島屋のお弁当なども扱うお店を覗くと、中村孝明や陳建一が企画したお弁当があります。そんなに高くないためか美味しそうなものは売り切れています。新幹線ホームに懸けましょう。東北・上越・北陸新幹線のホームの駅弁屋を覗きます。ないですね。もうひとつの別のホームの駅弁屋も覗きます。他で見かけなかった湘南鎌倉の大船軒の穴子押寿し、鱒押寿し、鯵押寿しなど何種類かあります。その中から美味しそうに見えた穴子押寿し鱒押寿しのなんと2種にしました。駅弁の購入だけでも結構歩きました。新幹線に乗っていただきます。
駅弁について特に説明的なものはありませんが、原材料名の記載があります。穴子押寿しは、酢飯(国産米)、焼き穴子、生姜酢漬、他に調味料などです。鱒押寿しは、焼き穴子がサーモントラウトが変わり、他はいっしょです。
食べたいと思ったのは、広島の穴子の駅弁でしたが、入手できませんでした。
穴子をお寿司でいただきましたが、酸味が強くて好みとは違いました。いずれ
も小さめで720円です。ちょっとお高いかなって印象が残った駅弁でした。

|

« 濃厚鶏そば 麺屋武一 | トップページ | らぁめん お~や »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/61729744

この記事へのトラックバック一覧です: 穴子押寿し & 鱒押寿し:

« 濃厚鶏そば 麺屋武一 | トップページ | らぁめん お~や »