« らうめん 侍の侍 | トップページ | 濃厚鶏そば 麺屋武一 »

2015.06.11

一年かきめし

一年かきめし パッケージ

一年かきめし

いつもの午前中の新幹線移動です。新幹線での移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所にあって利用しています。改札を入らなくてもよい場所、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところとなっています。改札を入らない駅弁屋からいつも通り順番に見くことにしましょう。
大きな写真のカードで販売している駅弁の内容を紹介しています。結構種類があります。あまり好みじゃなさそうな食べていない駅弁があります。しかし、最近見かけていなかった好きな駅弁もあります。もっと種類があるかも知れません。改札を入って別の駅弁屋も見たいのですが、見に行くとたぶん戻れないでしょう。①食べていない駅弁にする?②好きな駅弁にする?③さらに食べていない好きそうな駅弁を求め、他の駅弁屋へ行く?悩むところです。好きな駅弁で神尾商事の一年かきめしにします。早速、ときに乗っていただきます。
厚紙のケースには“しっかり育てあげた一年牡蠣”と書かれています。前回は11月に食べましたが、この時期の牡蠣はどうでしょう。期待しながら厚紙のケースから中の駅弁を取り出し、透明プラスチックの蓋を開けます。
一年牡蠣らしい小振りコロコロした牡蠣ですが、前回の11月に食べたものより少し大きいような気がします。内容は、お醤油ご飯(新潟県産米)、かき煮(佐渡産、プルーン煮)、錦糸玉子、酢蓮根、山セリ、桜漬大根です。
牡蠣は小さくて食べ易く、生牡蠣や牡蛎フライのような軟らかいものと違ってあさりの缶詰なんかに似た硬さで、味付けも似た味付け、好みのド真中です。前回の11月に食べたものより若干ですが、ふっくらしたような?感じです。この牡蠣は、温かくなくても美味しく食べれるよう工夫されています。いい味わいでした。1080円ですが、それ以上に楽しませていただきました。

|

« らうめん 侍の侍 | トップページ | 濃厚鶏そば 麺屋武一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/61729716

この記事へのトラックバック一覧です: 一年かきめし:

« らうめん 侍の侍 | トップページ | 濃厚鶏そば 麺屋武一 »