« 蒲原まつり | トップページ | 荒川らーめん魂 あしら »

2015.07.01

中華料理 萬来

萬来 冷し中華

柏崎市の「中華料理 萬来」です。
国道8号線の部分開通しているバイパス沿い、半田交差点の角にあります。
梅雨らしい天気ですが、夏メニューの冷し中華を食べようと邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、左側奥に小上がり的に使っている座敷があります。大きめの和定食屋さんといった雰囲気のお店です。座敷が広いので待つ心配をしなくても良いお店です。午後1時10分過ぎに着きしました。他にお客さんがカウンター席に2人だけと空いています。セルフサービスの水を準備してテーブル席に座ります。
メニューは、麺類、御飯類、一品料理など中華料理のお店らしい品揃えです。麺類は、チャーシューやワンタンが絡んだものが多く、中華系まで豊富に揃っています。御飯類のオムライスやカツカレーの盛りの良さは有名ですが、麺類もあんかけなど上にのるものがなかなかのボリュームです。麺類の夏メニューは、冷し中華と冷しくらげそばがあります。冷し中華にしました。
あまり周囲に余裕のない皿に山盛りです。他のメニューに比べれば可愛いものですが、それでもなかなかボリュームがありそうな予感がします。
麺は、普通より少し細めの縮れで、普通の麺です。癖がなく食べ易いです。
つゆは、しょっぱさが普通で酸味が控え気味、ここまではいいのですが、甘味が好みよりやや強めです。辛子が混じるとあまり気にならなくなります。
トッピングは、麺の上にゆでキャベツの細切り、その上に胡瓜の細切り、これだけで1食分ぐらいありそうです。錦糸玉子、鳴門、チャーシュー、くらげ、海苔、紅生姜、デザートのメロンまでのっています。かなり豪華です。
胡瓜がかなり細めで麺に似た食感を楽しめます。最初にトッピングから食べ、麺に辿りつくまでちょっとかかります。現れた麺は、通常の大盛りぐらいの量です。全体で普通の冷し中華の2倍程度のボリュームになります。
冷し中華の850円は、今では標準的な値段ですが、トッピングとボリュームを考えると驚くべきコストパフォーマンスの良さです。感謝します。

|

« 蒲原まつり | トップページ | 荒川らーめん魂 あしら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/61843845

この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理 萬来:

« 蒲原まつり | トップページ | 荒川らーめん魂 あしら »