« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015.08.31

麺作 赤シャモジ

赤シャモジ とろとろ玉子と牛ホホ肉のビーフシチューのらーめん

新発田市(旧加治川村)の「麺作 赤シャモジ」です。
国道7号線沿い、道の駅加治川の向かい、どさん子だった建物になります。
新発田市でのお昼になりました。お手頃感の赤シャモジにお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。カウンター席の後ろには、待ちの座れるスペースがあります。小さな建物のように見えて中は広々しています。窓が広く明るいお店です。午後12時30分頃に着きました。相変わらず賑わっています。ほぼ満席に近い状態ですが、カウンター席に空きがあり座ることができました。
メニューは、しょうゆらーめん、味噌らーめん、辛味噌らーめん、らーめん、淡麗らーめん(塩・しょうゆ)、つけめん、味噌つけめんとそれらの特製らーめんやちゃーしゅーめんなどがあります。豊富なトッピングやセットもあります。自家製麺で、麺の大盛りが無料で、特盛りは110円増しです。今まで特製しょうゆらーめん(大盛)、特製味噌らーめん(大盛)、特製辛味噌らーめん(大盛)、特製淡麗らーめん(大盛)、特製つけめん(大盛)、特製味噌つけめん(大盛)、しょうゆらーめん(大盛)、限定の深雪もち豚と「ゆきちから」のつけ麺(大盛)を食べました。今回は期間限定でさらに1日25食限定のとろとろ玉子と牛ホホ肉のビーフシチューのらーめんにしました。
混んではいましたが、少し早いぐらいの待ち時間で出来上がってきました。
1枚もののメニューでKomachiラーメングランプリエントリラーメンとのこと、トロトロ牛がのったパスタ風、新発田産のこだわり玉子のオムレツの下に、セモリナ粉を使ったモチモチの自家製麺が!自家製トマトソースと合わせて、パスタ風の和え麺スタイルで提供。とのこと。10月31日までの提供です。
白い器といってもお皿、メニューの写真は間違いだろう?と思ってましたが、本当にパスタ風に仕上がっています。らーめんと言っていいんでしょうか。
麺は、やや太の平打ちで自然なウェーブがあり、食感・絡みとも良好です。
スープは、ありません。と言うのが正解でしょう。汁なしですが、あえて言うならビーフシチューでしょうか。軟らかい牛ほほ肉からいい味がでています。深みのある優しい味でしょっぱさがもうひとつ。パスタ風な仕上がりです。
トッピングは、オムレツ風の玉子焼きと青ねぎです。オムレツ風玉子焼きは、とろとろよりももう少し硬めになっています。結構ボリュームがあります。
幅広平打ち麺を牛ホホ肉のビーフシチューでいただきました。たっぷりのオムレツも楽しめました。980円とお高いですが、それ相当に楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.30

大来軒 上安町支店

大来軒上安町支店

山形県酒田市の「大来軒 上安町支店」です。
国道7号線の市街地の秋田寄り、建物が切れそうな辺りの東側にあります。
今日は酒田で夕食、今回もテレビ番組で紹介されたお店にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側手前にテーブル席、奥に広そうな座敷があります。外観からの想像を裏切らない、ちょっと歴史のある広めの大衆的な食堂です。午後6時20分前に着きました。3割~4割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、中華そば、コーンラーメン、ワカメラーメン、サッポロラーメン、野菜ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューワンタンメン、野菜ワンタンメン、チャーシューメン、ラーメンライス、焼肉ラーメン、担々メン、特製担々メン、スタミナ担々メン、チャーシュー担々メン、豆乳ラーメン、豆乳ワンタンメン、ざる中華、冷し中華、冷たいラーメン、冷たい担々メン、大豆麺のざるそば、大豆麺の冷たいラーメン、大豆麺の冷たい豆乳ラーメン、大豆麺のざる中華、スープカレーラーメンなどとても豊富です。丼物、カレー類、うどん類などこちらも豊富です。冷たいラーメンにしました。
冷たいラーメンですが、普通ラーメン並みの早さで出来上がってきました。

大来軒上安町支店 冷たいラーメン

白く左右の縁が高い器に盛られてます。醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや細の平打ちっぽい縮れ、コシの強いもので、食感を楽しめます。
スープは、見た通り醤油味のあっさりです。冷たくても癖のないものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、蟹蒲、胡瓜、錦糸玉子、ねぎです。
冷たいラーメン発祥の山形には、歴史に洗練された冷たいラーメンが点在しています。そのひとつをいただきました。750円と値段もいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.29

麺屋酒田inみなと

麺屋酒田inみなと

山形県酒田市の「麺屋酒田inみなと」です。
酒田港の酒田市みなと市場の近く、港らしい雰囲気のある場所になります。
テレビ番組で紹介され、あっさりしたスープが美味しそうだったお店です。
港に関連した会社建物の1階を利用してやっているような感じに見えます。
正午前に着きましたが、この場所で数名がお店の外にまで並ぶ賑わいです。
お店は、右側に厨房、中央に椅子のないカウンター席、左側に小上がり、奥にビニールトタンで作ったようなテーブル席があります。屋台からお店への発展途上のお店のようです。お店の前に麺の説明やメニューが貼ってあります。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、つけめん(温・冷)、塩ラーメン、船麺、朝麺などがあります。大盛り、小盛り、メガ盛りの対応があり、小盛りで2種類のラーメンが食べられるセットもあります。ラーメンにします。
セルフサービスの水を用意して、厨房内のスタッフに注文を伝え待ちます。
外に貼ってある麺の説明です。タイトルは、自家製だから出来る!コシのあるもっちり太麺!!写真入で製造行程を説明しています。①3種類の粉をさくはんし、カン水を加える。②丁寧に練り合わせる。③下準備が終わり、いよいよ生地づくり。④麺のコシを出す為に2枚のシートを重ねて圧縮。⑤最高のコシを追求する為、さらに!圧縮。⑥ここで店主がちぢれの魔法をかける!⑦愛情込めて手もみをし、よりちぢれを出す。⑧熟練の手さばきで、きっちり計量。⑨そねの中にきれいに並べて完成!となっています。麺の計量をしている写真があり、写っている秤が300gを指しています。さて、ボリュームやいかに?
席が空き、お店の中に進みます。カウンター席です。いつ以来の立ち食いになるのでしょうか。それほどかからずにラーメンが出来上がってきました。

麺屋酒田inみなと ラーメン

白い器に黄金色の透き通ったスープが美味しそうです。麺が凄い縮れです。
麺は、今までで最高に強烈な縮れの太麺です。硬めですが食べ易い麺です。
スープは、透き通った色の通り、あっさりした醤油味で、ちょっと薄味です。レンゲに背脂がのって添えられています。途中から背脂を浮かべて食べます。あっさりしたスープに合わないと思っていましたが、まろやかで合います。
トッピングは、長サイコロ型のたチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎです。
とてもやんちゃな麺が300gまであるか不明ですが、結構なボリュームでした。あっさりと背脂入りのスープにバランスの良いトッピング、これで500円、麺消費日本一の県のラーメンはやっぱり凄く洗練されお手頃に楽しめます。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロイヤルスィートバニラソフトクリーム

ロイヤルスィートバニラソフトクリーム

村上市の「ちゃぺーの」です。
国道7号線沿い、道の駅朝日、みどりの里物産会館のカフェコーナーです。
以前からロイヤルスィートバニラソフトクリームというものがあって、かなり気になっていました。今回、どんなものか食べてみることにしました。
軽井沢カフェ・ド・ミノリヤのソフトクリームで、新潟初上陸だそうです。
ジョンレノンが『こんなにおいしいソフトクリームは食べたことがない』と大絶賛したソフトクリームとPR言葉があります。
390円とちょっとお高めで、夕張メロンソフトクリームのような色です。
香りが良く、キャラメルが少し混じったかのような味です。ミルクが濃厚なソフトクリームが好きなのでちょっと違います。20年ぶりの復活だそうだが、ジョンレノンが食べた頃のスィーツってどうだったんだろう。スィーツは全然判らないので、390円分を味わうことができませんでした。やっぱ、割引券を使用してのみかづきのソフトクリームが、お手頃感があって好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.28

とん汁 たちばな

たちばな とん汁定食(大盛)

妙高市(旧新井市)の「とん汁 たちばな」です。
国道18号線寺町インターから旧新井市街方面への国道292号線沿いです。国道292号線に入り、少し走ります。国賀交差点手前の右側にあります。
前回お邪魔してから何度かテレビ番組で見かけています。妙高地区が初という出張者との昼食ですから、名物を食べてもらおうと奮発しお邪魔しました。
午後12時50分頃に着きました。お店のすぐ横にそれほど広くない駐車場があります。お昼時間も真っ最中ならかなり混雑していることが多いのですが、今日は時間が遅いためたのか?空きもあり、すんなり停められました。
お店は、広々した厨房があり、手前と右側にカウンター席、その廻り手前と右側にテーブル席があります。オープンキッチンの広く、和食屋さんらしい色合いの中規模のお店です。3割程度のお客さんの入りと珍しく空いています。
メニューは、とん汁(並盛750円、小盛650円、大盛1000円)、とん汁定食(並盛950円、小盛850円、大盛1250円)、他にも野菜炒め定食900円(とん汁セット1350円)、焼肉定食1050円(とん汁セット1500円)、チャーハン750円(とん汁セット1200円)、肉丼850円(とん汁セット1300円)などの定食、それらをバラにした一品料理や麺類があります。麺類は、とん汁ラーメン800円(味噌味、醤油味、塩味)、とんそば(並盛950円、小盛850円、大盛り1250円)、ぶっかけラーメン750円、ラーメン550円、焼きそば650円があります。レディースセットやお子さまメニュー、おにぎり(鮭・梅)など、豊富なメニューが用意されています。夏メニューの麺類もありますが、ごはんが食べたい気分です。お腹も空いています。久々に思いきってとん汁定食(大盛)にしました。
その後、結構お客さんが入ってきます。以前と比べて麺類が良く出ています。
なんて見る暇もなく某牛丼チェーン店によりも早く出来上がってきました。
とん汁、ごはん、小鉢、お新香のセットで、豚汁はラーメン1杯分ぐらいのボリュームがあります。小鉢は、胡瓜とシーチキンのマヨネーズ和えです。
とん汁の汁の殆が玉ねぎの水分、玉ねぎの旨味が半端ないとん汁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.27

蓬来軒

蓬来軒 冷し中華(納豆入り)

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
日差しが熱い!!最近食べていない冷しを求めて蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。4~5割の席が埋まっている程度です。早いためか空いています。
メニューは、カラー写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類を中心にご飯ものもあります。麺類は中華系を中心に豊富です。この時期になると小さな写真入りで冷し中華のメニューもあります。冷し中華は普通の冷し中華の他に玉ねぎ入り、納豆入り、チャーシュー入りがあります。今シーズンも2回目、ちょっと豪華にします。好きな冷し中華(納豆入)にしました。
手間のかかる中華メニューが多く、混み合っている日は結構時間がかかることもあるのですが、今日はお客さんも少なめ、普通に出来上がってきました。
白い器と対照的な醤油色のつゆ、トッピングの種類が多く楽しくなります。
納豆と辛子を混ぜ、麺につけ、つゆをで掬うように絡ませて口に運びます。
麺は、ラーメンと同じ細く弱い縮れ、シコシコプリプリした歯応えの麺です。ラーメンで好きな美味しい麺が、冷し中華で美味しさがさらに際だちます。
つゆは、まろやかで深みのあるもの、昆布が効いています。しょっぱさと甘さは普通ですが、酸っぱさが控え気味、バランスが良く、さっぱりしていながら味に深みがあります。そこにさらに納豆の旨味とまろやかさが加わります。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜の細切り、錦糸玉子、トマト、紅生姜、挽割納豆、わかめ、刻み海苔、春雨などです。種類が多いと嬉しくなります。
醤油の旨味としょっぱさ、控え気味の酸味、ダシと納豆からのまろやかな旨味などバランスの取れたつゆとそのつゆと絡まる細麺を楽しめる冷し中華です。個人的見解ですが、新潟冷し中華四天王(信吉屋、石門子、蓬来軒、大江戸)の味は確かです。冷し中華が880円、玉ねぎ入りと納豆入りが930円で、チャーシュー入りが1130円です。お高めですがそれ以上に楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.26

らぁめん お~や

お~や 鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめん

新潟市の「らぁめん お~や」です。
新潟島の少し下、東堀通沿いあります。広小路との交差点の下手右側です。
2ヶ月毎に変わる期間限定メニューがあり、次の予告があるときもあります。夏期限定で生姜のきいた塩和え麺(鶏ガラ仕立て)というのが、9月末までの提供になっていた筈で、それでも食べてみようかと思いお邪魔しました。
お店前に期間限定メニューの説明などが貼り出されています。夏期限定、生姜のきいた塩和え麺は予定通り提供されています。前回食べた8月末までの冷やし梅しらすらぁめんがなく、鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめんに変更になっています。1日7食限定です。鯵の煮干しからとったスープを冷やし鶏スープに合わせ、相性の良い釜揚げしらすを添えてみました。との説明があります。どちらにしようか少し悩みながらお店に入りましょう。
お店は、奥行きがあります。入口を入ると正面に通路が延びていて通路の右側に製麺室があります。さらに進むと奥の右側に待ち用?のソファがあります。その先で左側が開けます。奥に厨房、手前にカウンター席7席だけの落ち着いた雰囲気の小さなお店です。午後12時20分頃に着きました。他にお客さんはいません。ソファの向かいに食券販売機、回りに説明の貼紙があります。
メニューは、あっさりのらぁめんとこってりの濃厚らぁめんの2種類に大別されます。あっさりは、らぁめん、鶏らぁめん、梅らぁめん、チャーシューめんがあります。こってりは、濃厚らぁめん、濃厚鶏らぁめん、濃厚辛みそらぁめん、濃厚チャーシューめんがあります。食券販売機を確認すると…、期間限定メニューの鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめん、夏期限定の生姜のきいた塩和え麺ともに残っています。悩みましたが、今月いっぱいのらぁめんを食べます。鯵ダシのじんわりきいた冷やししらすらぁめんにしました。
食券をカウンターの上に乗せ、セルフサービスの水を準備して待ちます。
後から3人のサラリーマン風な男性のお客さんが来ました。もう賑わっている雰囲気になりました。多くのメニューを店主一人でこなしています。手際良く丁寧に作っていて、今回もかなり早めに出来上がってきました。
波のような模様の入ったガラスの器です。スープも半透明で合っています。
麺は、普通の太さのストレートで、モチモチ感が強く歯応えを楽しめます。
スープは、塩味の冷たいもので、とろみがありコラーゲンたっぷりそうです。油がないのであっさりしていて、癖のない優しさの感じられるスープです。
トッピングは、鶏チャーシュー、味玉半個、布海苔、釜揚げしらす、おくら、茗荷、カイワレ、ねぎなどです。充実のトッピングには関心させられます。
麺やスープが少し好みとは違いますが、バランスが良い夏の麺だと思います。茗荷の爽やかな香りが夏らしいです。好みの別れるところなんでしょうが…。820円と安くはありませんが、それ以上に楽しまさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.25

黒毛和牛すきやき牛肉重

黒毛和牛すきやき牛肉重 パッケージ

黒毛和牛すきやき牛肉重

今回もやや遅めになっての新潟移動です。東京駅で各地の駅弁が揃うお店を覗こうと思いますが、僅かな駅弁しか残っていなかった前回(お盆休み終盤)のような状態は勘弁してもらいたいと思っています。前回と同じ午後7時40分頃です。今回は、多少なりとも多くの種類が残っているように願ってます。
お店の前に全品200円引きと書かれた幕が見えます。タイムサービスとも書かれています。僅かな残りを売って早くお店を閉めたいのか?同じ時間帯に何度か購入していますが、初のタイムサービスです。どういうことでしょう。
お店が近くなってすぐに解りました。夕方早めのように、ほとんどの駅弁が積まさって、それはそれはたっぷり売られてます。なにがあったのでしょう。
大好きな山形県米沢市にある松川弁当店の駅弁が何種類も売っています。その
中から黒毛和牛すきやき牛肉重にしました。食べている時に気付きました。以前に食べた牛肉弁当(すきやき牛肉重)です。包紙は以前と同じ黒毛和牛すきやき牛肉重ですが、ラベルが包紙と同じ名前にちゃんと直っています。
包紙には駅弁の説明があります。『強火でさっと焼き上げた牛肉を「たまり醤油」で、じっくりと甘辛く煮込み玉ねぎを合わせ、ふっくら炊き上げたご飯の上に盛り付けた米沢・松川弁当店の牛肉重をご賞味ください!』とのこと。
原材料の記載があります。ご飯(国内産)、牛肉煮(牛肉・たまねぎ・ごま・その他)、玉子焼、こんにゃく煮、赤かぶ酢漬、酢の物(切干大根・ゆず皮・人参・その他)、付合せなどです。このような駅弁はとてもシンプルです。
松川弁当店の牛肉の味付けは、醤油味ですき焼き風なしょっぱさ、甘さ、旨味のバランスが絶妙です。1100円でもお手頃に感じていたのですが、200円引き900円です。黒毛和牛のすき焼き風な駅弁が…。いい1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京名物 油そば専門店 油や

油や

東京都港区の「東京名物 油そば専門店 油や」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、居酒屋が多い繁華街に入ってすぐにあります。
新橋でのお昼。ラーメン屋さんが多く、なんとかなるだろうと散策してます。お店は多いのですが、夏のメニューを用意しているお店がかなり少ないです。人が多いから基本がしっかりしていれば、夏のメニューを手間かけて提供しなくてもいいのでしょう。油そば屋で夏&冷の文字を見つけお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側に厨房向きカウンター席だけの小さめのお店です。なかなか渋く、落ち着いた雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きました。半分程度のお客さんの入りです。入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、油そば、旨辛みそ油そば、もやし油そば、野菜油そば、たっぷりねぎ油そば、男の肉油そば、海老油そばなどがあります。本当に油そば専門店です。麺の量は、並盛りが250g・大盛り380g・ダブル500g・えん魔750gで、大盛無料!となっています。セットメニューやサイドメニューもあり、追加トッピングもいろいろと用意されています。その他に冷やし油そばがあります。熱々で提供される油そばの冷し、どんなものか食べてみることにいました。
麺のゆで時間がかかるとのこと。食券購入後に言われてもしょうがないです。待ちを覚悟すれば時間の経過は早いもの、普通ぽく出来上がってきました。

油や 冷やし油そば

横長浅いガラスの器に盛られてきました。透けて写真撮りが難しい器です。
麺は、ゆったりとした縮れの太めで、硬くはありませんがコシがあります。
汁は、たまり醤油っぽいような感じで、絡みが良くなるとしょっぱめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、胡瓜、刻み海苔と普通です。
あんまり冷たさもなく、練り辛子は付きますが、冷しって感じはありません。テーブル上に刻み玉ねぎがあり、入れ放題です。しょっばさが中和されます。実に見事な組み合わせです。油そばはそれほどでもと思ったのですが、玉ねぎが美味しいです。750円も大盛りならまあまあいい線かも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪だるま弁当

雪だるま弁当 包装

雪だるま弁当 パッケージ

雪だるま弁当

今日も午前中の新幹線移動ですが、いつもより少し遅めです。新潟駅周辺でのラーメンにはまだ早く、いつものように駅弁を食べながらの移動にします。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段から種類の多い改札を入る手前の駅弁屋から覗いていこうと思います。
大きな写真付カードで、販売している駅弁の内容や価格など紹介しています。夏休みも半分ほど終わったような状況の中、移動も落ち着いたのでしょうか。お昼前の時間のためか?結構な種類があります。20種類近くありそうです。1種類ですが食べことのない駅弁がありました。三新軒の雪だるま弁当です。何度か見てますが、器が欲しい訳でもなく、もったいないようで買えません。買ってもいかなって時には売っていない。タイミングが微妙にずれてました。今回はそのタイミングもばっちりなようです。雪だるま弁当にしました。
混みも普段に戻った新幹線ですが、予定の新幹線は早めにドアが開きました。ゆったり座って、駅弁をいただきましょう。専用の透明袋に入っています。
白が綺麗なプラスチック製容器です。眉毛や目、鼻は回転させてを遊べます。口は穴が空いています。貯金箱にしてください。いかにも言い出しそうです。カード大の説明の紙が入っています。雪国の温かい心を。と書かれています。新潟県産コシヒカリ100%ともあります。美味しいお米を楽しめそうです。
原材料名は、ご飯(新潟県産)、鶏そぼろ、突コンニャク煮物、鶏照焼、錦糸玉子、味付数の子、山菜水煮、うずら卵、ミートボール、椎茸、蒲鉾、チェリー、付合などです。シンプルそうでなかなか多くの食材を使っています。
あまり購入しようとならない駅弁ですが、なかなかしっかりしたものでした。ご飯が硬めで、ふっくらつやつやしていないのがちょっと好みと違いました。1080円と貯金箱の分だけお高いような感じのする雪だるま弁当でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.24

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

大安食堂東掘店 炸醤麺

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
東掘通に面しています。柾谷小路に程近いAPAホテルの斜め向かいです。
信吉屋の冷し中華を食べようと思ったのですが10人程の列び。席数よりも多くかなりの時間がかかりそうです。で、近くの大安食堂にお邪魔しました。
入口を入ってすぐ食券販売機があります。あまりにも近いため、前の人が食券を購入している間は、次の人が外での待つことになります。今日もそんな状態になりました。居酒屋だった建物の流用なんで仕方ないのでしょう。
メニューは、醤油ラーメン、塩ラーメン、ワンタンメン(醤油・塩)、醤油豚骨ラーメン、味噌野菜ラーメン、辛子味噌野菜ラーメン、タンメン、魚介つけ麺とそれらにチャーシューを加えたものがあります。お店の前に貼紙があり、夏フェアって書いてあります。メニューは、冷し中華と炸醤麺(ジャージャンメン)があります。冷し中華は昨年食べています。炸醤麺にしてみました。
お店は、右側に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。2階には居酒屋風の座敷があります。午後12時30分に着きました。1階は半分程度のお客さんの入り、カウンター席に座れました。
スタッフに食券を渡すと麺の太さを聞かれるのですが聞かれませんでした。
お店前の貼紙は“中国北京で有名な炸醤麺を大安風にアレンジ。コチュジャンをお好みで混ぜ、本格自家製炸醤麺の味をお楽しみください。”と説明です。
出来上がりの早いお店です。ラーメン以外も早めに出来上がってきました。
大きなガラスの器に盛り付けられています。餡がなんとも美味しそうです。
麺は、太めで強めの縮れ、硬過ぎなくて食べ易く麺の存在感を楽しめます。
餡は、炸醤か甜麺醤か判りませんが挽肉入りで甘じょっぱく良く絡みます。
器の縁に餡に似た醤があります。餡に似た味わいで少し辛味を楽しめます。
トッピングは、胡瓜、トマト、ねぎととってもヘルシーなものになります。
冷たい麺に熱々の餡、つけめんや混ぜそばの兄弟のような食べ物でしょうか。
ヘルシーなトッピングの炸醤麺でした。790円!?お高いような気も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.23

三柱神社秋季大祭

三柱神社秋季大祭

午前の山車巡航、昼食のバーベキュー、子供たちと楽しんだ一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.22

らーめん 滋魂

滋魂 煮干そば①

滋魂 煮干そば②

新潟市の「らーめん 滋魂」です。
東地区の河渡マーケットシティの道沿い、少しござれあ橋寄りにあります。
地区お祭りの買い出し途中での昼食です。煮干し中華を食べようとした石黒は休業でした。頭の中は煮干し中華で…、滋魂で食べようとお邪魔しました。
午後2時30分前に着きました。駐車場が混んでいます。10分程待って車は停められましたが、お店も混んでいます。風除室で少しの待ちになりました
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、左側奥に小上がりがあります。今風の造りの綺麗な…、落ち着いた雰囲気のお店です。この時間、帰るお客さんも多く、片付けが終わってすぐに案内されました。
メニューは、中華そば、岩のり中華、ちゃーしゅーめん、メンマらーめん、特濃つけめん、タンメン(野菜塩)、野菜味噌らーめん、もやしらーめんなどがあります。他に禁断の特濃みそらーめんがあります。期間限定の煮干そばが、まだ期間延長されています。超絶・細麺仕様・HYPER!!などの文字に飾られています。中華そば、野菜味噌らーめんともにコッテリし過ぎていて苦手でした。岩のり中華に玉ねぎを追加してみたら大丈夫か食べてみる予定でしたが、期間限定延長の言葉にも誘われます。煮干そばにしました。
手際よい仕事ですが待ちのお客さんも多く、普通に出来上がってきました。
ラーメン丼にトッピングをのせたお皿がのっています。珍しい盛付けです。
お皿の下は、素ラーメンです。先に素ラーメンを食べて下さいとのことです。
麺は、冷や麦のような細いストレート、ツルツルしてて歯応えもあります。
スープは、醤油味の煮干しダシが効いたもの、魚粉などを使いやたら香りだけを強調したものとはちょっと違います。醤油と塩の中間の色で、味も醤油と塩の中間のような味、ちょっとしょっぱめで、ここでトッピングをのせます。
トッピングは、脂身やや多めのチャーシュー、メンマ、岩海苔、ねぎです。
トッピングがなぜ別皿なのか不明ですが、ちょっとした遊びと思えばいいので
しょう。岩のりからの苦味が気になります。煮干しの風味よりも旨みを楽しめ
ました。770円は充実のトッピングでもまだ少しお高いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.21

麺日和 そらや

そらや 冷しらーめん

十日町市の「麺日和 そらや」です。
国道117号線沿いにあります。妻有ショピングセンターの近くです。
メニューの豊富なお店です。夏メニューも期待できそうでお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席、その奥に小上がりがあります。テーブル席中心の広めで明るく綺麗なお店です。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場はほぼ満車に近い状態でしたが、お店の中は7~8割のお客さんの入りです。入口に食券販売機があります。
メニューは、説明が添えられてます。生姜しょうゆに盛りだくさんのトッピング入り(太麺)の特製らーめん、あご出汁の香り豊かなしょうゆらーめん(細麺)の醤油らーめん、風味豊かな鯛だしですの鯛だし塩らーめん、野菜たっぷり!!白みそらーめん(太麺)の野菜みそらーめん、野菜のうま味と辛さがクセになる辛みそらーめんです(太麺)のこく辛みそらーめん、マー油の風味がアクセントです(細麺)のとんこつらーめん、魚介風味の濃厚つけ麺(太麺)のつけ麺、とんこつベースの辛口らーめん(細めん)のとん辛らーめん、とんこつベースに辛味とコクを加えたつけ麺ですのとん辛つけめんなどがあります。チャーシューなどのトッピング追加やお子様らーめんなどもあります。期間限定もあります。鯛とえびのコラボスープ!!(細麺)のえび塩らーめんです。夏季限定もありました。野菜たっぷり、まろやかな鶏しおスープ(細麺)の冷しらーめんです。夏季限定の冷しらーめんを食べてみることにしました。
待ちのお客さんが多く、順調に出来てきますが、少し時間がかかりました。
白いお皿に盛られてきました。冷し中華風の見た目でちょっと驚きました。
麺は、平打ちっぽい縮れ、硬さは普通ですがモチモチ感がかなり強めです。
つゆは、濃いめでトロミのある鶏塩らしいもので、少しえぐみがあります。
小皿にわさびとおろし生姜が添えられています。わさび・生姜共にとても爽やかな味の変化を楽しませてくれます。両方一緒はバランスが良くなかった。
トッピングは、小さめの鶏チャーシューが2枚、メンマ、味玉半個、わかめ、たっぷりのレタス、パプリカなどで、ヘルシーな印象で食べ終えられます。
冷しらーめんと言う名前ですが、スープではなくつゆでいただくものでした。ただ、そのお陰でわさびやおろし生姜の味の変化を楽しみ易くなってました。もともと少しお高いお店です。830円もそういう線では無難でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.20

らーめん 猪や

猪や 黒とんこつ

新潟市の「らーめん 猪や」です。
信濃町にあります。西大通り(旧国116)から1本海寄りの道沿いです。
猪やに夏メニューはあるだろうか?と疑問と興味があってお邪魔しました。
お店は、そんなに昔からやっているお店ではありませんが、建物は結構古そうです。左側が厨房で、右側と手前にカウンター席がある小さなお店です。午前11時40分頃に着きました。他にお客さんが3人ですが、続々と来ます。
平日は細麺、土日は太麺をを使用しているためメニューが異なっています。
メニューは、黒とんこつと黒とんちゃーしゅーに黒たんたん麺です。麺量は変わらず大盛、超大盛、めちゃめちゃ大盛、ガツンと大盛、男盛りも選べます。替玉100円も出来ます。餃子や猪やめし、両方のAセットなどもあります。もしかして夏メニューが…、やはりありません。黒とんこつにしました。
以前からロックがガンガン流れていましたが、一層音量がUPしています。
黒とんこつは、スープ表面のマー油で黒くしたラーメンです。メニューに説明書きがあります。黒=マー油。見ためインパクトのある黒い液体。辛くない!うまみアップで食欲をそそる。創業以来、幅広い世代を魅了し愛され続けている一品です。あなたのお腹に興奮と感動を…!猪やのスタンダードヌードル!なんてことが書かれています。説明を見ている間に出来上がってきました。
黒い器に対照的な豚骨の白濁したスープ、表面をマー油が黒く覆ってます。
麺は、細ストレートです。九州ラーメンなどで使われている麺に似ています。硬さの中にしっかりした弾力のある食感とのこと、硬く歯応えが良いです。
スープは、白濁した見ため通りクリーミーでまろやかなとんこつスープです。マー油は、そんな好きなではありませんが、猪やはバランスが取れています。濃厚なのに油が少ないためこってり感はなく、飽きがこない仕上がりです。
トッピングは、バーナー炙りのチャーシュー、もやし、紅生姜、味玉です。
濃厚なのに違和感のないたとんこつスープ、細ストレート麺、充実したトッピングです。大きな寸胴でグラグラと豚骨を煮立てています。ガス代も相当にかかりそうです。味玉入りでの700円ですからいい線ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.19

RA-MEN Kanucha屋

Kanucha屋 冷やしトマト麺

新潟市の「RA-MEN Kanucha屋」(ラーメン カヌチャ屋)です。
日東道豊栄新潟東港ICから豊栄駅方面へ、ベイシアの先、右側にあります。
気付かずに過ぎてしまいそうな、ラーメン屋らしからぬ?お洒落な外観です。ベージュ色の壁のお店部分とレンガ造りの厨房との2つ外装を持つ建物です。欧風料理とかスイーツとかパンとかのお店と言った方が全然似合っています。壁には、お店の名前の他に“From Kitchen with Love”と書かれています。
夏らしい麺類が食べたくて、お洒落なお店はどうかと思いお邪魔しました。
お店は、レンガ風の部分に入口があり、正面の厨房、手前に精算用のレジがあります。右に進みます。左側に厨房を向いたカウンター席、奥と右側にテーブル席があります。内装も外装同様、欧風料理かスイーツのお店のようで、ラーメン店には見えません。テーブルが小さめなので、欧風のコース料理なんかを楽しむお店ないことが解ります。午後1時30分過ぎに着きましたが、遅めのこの時間でもお客さんが多めで、半分ぐらいのテーブルが埋まっています。
メニューは、あっさりらーめん、こってりらーめん、つけめんの以前食べた時から、塩らーめんととんこつ風らーめん(塩味・醤油味)が加わっています。大盛り、トッピング追加、ぎょうざ、ライス、ちゃーしゅう丼など組み合わせても楽しめるようになっています。期待した夏メニューは2種類もあります。定番の冷やし中華と冷やしトマト麺です。冷やしトマト麺を食べてみます。
ピリゴマ風味。バジルソースのきいた清涼感たっぷりの冷やし麺。ゴマとチリソースをくわえパスタ風に仕上げました。美味!!との説明書きがあります。
お客さんの多くはすでに食べています。結構早めに出来上がってきました。
ラーメンぽい器ですが、明るい青がとても涼しそうに感じさせてくれます。
麺は、細麺のゆるい縮れ、硬さは普通ですが、なかなかコシの強い麺です。
つゆは、ゴマのまろやかなものに優しい辛味が加わっています。担々麺に似た味で、バジルソースの香りがラーメンを食べていることを感じさせません。
トッピングは、トマト、ミニトマト、刻み玉ねぎ、挽肉など、緑の野菜はなんでしょうか?バジルなんでしょうか?全体的にはサラダ担々麺のようです。
冷製パスタを食べているような一杯でした。780円とまあまあお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.18

深川めし

深川めし パッケージ

深川めし

昼の麺料理を食べ損なって、そのまま…。やや遅めになっての新潟移動です。
東京駅で各地の駅弁が揃うお店を覗きます。お盆休み終盤の午後7時40分、いつもの1/3か1/4ほぼの種類しか残っていません。お昼が魚系だったので肉系にしようと思いましたが、そんな流暢に選んでいる時間がありません。食べたことのない駅弁も何種類かありますが、食べたいと思わせるパッケージのものがありません。見ている間にも次々と減ってしまいます。以前に食べたことはありますが、繰り返しても食べたい、大好きな深川めしにしました。
駅弁を買って新幹線ホームへ、いつもより混んでいます。雰囲気も何か少し違うと感じていましたが?そうです!夏休み中なのもあって子供達がいます。
といっても新潟に着く時間を考えれば結構遅い新幹線、余裕で座れました。
NRE大増の駅弁で蓋に“東京名物”と書かれているだけ、シンプルです。
お品書きはありませんが、原材料の記載があります。茶飯(国産米)、深川煮(あさり・油揚・牛蒡・その他)、玉子焼、煮付穴子、蒟蒻煮、人参煮、小茄子煮、ベッタラ漬、わけぎ、いんげん、海苔などです。深川めしのイメージからかシンプルな駅弁かと思っていましたが、多くの食材が使われています。
茶飯と深川煮の合うこと!全体的なバランスも良く、他にもいろいろありそうですが、東京の駅弁は深川めしで決まりです。900円でこれだけのものが食べられるんですから、ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるまえびとさんまのすしあわせ

くるまえびとさんまのすしあわせ パッケージ

くるまえびとさんまのすしあわせ

今日は、お昼からの新幹線移動です。少し早めに動き、駅南で冷し中華でも食べて足りなかったら駅弁でもと思っていました。出発が遅れ、駅南の冷し中華は、どうも無理そうです。ならば駅構内で冷たいお蕎麦でもと予定を変更しましたが、それも叶いそうもありません。駅弁を選ぶ時間だけはあります。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段に種類の多い改札を入らない駅弁屋から順番に見くことにしましょう。
大きな写真のカードで販売している駅弁の内容を紹介しています。結構種類があります。10種類を越えてはいます。食べたことのない駅弁がありました。新発田三新軒のくるまえびとさんまのすしあわせという駅弁、購入します。
夏休みでやや混み気味の新幹線に乗りいただきます。ホームに行こうとしたら季節の増発もあり、そちらの方が空いているのでなかなか悩むところです。
黒い駅弁の包み紙には、ぷりぷり車海老と酢〆炙り秋刀魚、わさび菜ピリリの寿司合わせ、とちょっとしたPRの言葉しか見当たらないシンプルさです。
駅弁の記載におしながきのようなものはなく原材料の記載です。酢飯(新潟県産)、車海老、サンマ、わさび菜、錦糸玉子、甘酢生姜、付合せなどです。
あまり見映えのしない、おとなしい、シンプルな駅弁かと思っていましたが、食べてみると違いました。海老やサンマも美味しいのですがご飯がいけます。さらに、ご飯の上に散らされたわさび菜が、お寿司の山葵のような、辛し高菜のような、刺激と旨みを与えてくれます。脇役ではなく主役級の役者です。
なかなか楽しまさせていただきました。1100円は、ちとお高いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.17

ラーメン きのじや

きのじや 冷し中華(大盛)

新潟市の「ラーメン きのじや」です。
上大川前通5番町・人情横町の市場風な建物の上大川前通寄りにあります。
冷し中華を食べたことのないお店で食べてみようかと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席8席だけの小さな、市場ということばの似合う雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。他にお客さんが2人で、その後は帰るまでお客さんは来ませんでした。ちょっと寂しいです。
メニューは、正油・塩・味噌の各ラーメンとそれらのチャーシューメン、塩と味噌のタンメン、味噌と正油の麻婆ラーメン、スペシャルラーメン、味噌と正油のネギ辛ラーメン、ネギ辛味噌タンメン、焼ラーメンがあります。チャーハンや餃子もあります。大盛無料になってきます。お店の外に冷し中華の貼紙がありましたが、店内では見つけられません。冷し中華(大盛)にしました。
親父さんが一人でやっているお店です。冷し中華が大盛り対応可能なのか?大盛無料対応可能なのか?も確認していませんが、注文は無事に通りました。
あまり注文する人がいないようです。包丁でトッピングをいろいろと切っている音がします。普通よりも少し待ったかなって時に出来上がってきました。
透明な器に盛られいます。綺麗ではありまませんが真面目な盛り付けです。
麺は、細縮れで変な硬さやコシがなく、プリプリした食感が楽しい麺です。
つゆは、一般的な醤油味のあっさりしたものですが、やや酸味が強めです。
トッピングは、チャーシュー、玉子、胡瓜、トマト、紅生姜、蟹蒲鉾です。
つゆの酸味の強さはちょっと好みではありませんが、麺はかなり好きな食感でした。トッピングも充実しています。ここまでは好印象ですが、麺やつゆなどトマト以外がかなり温めで、大盛り750円のお得感も台無しです。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.16

第89回全国花火競技大会「大曲の花火」 情報

第82回全国花火競技大会(大曲の花火) 大会提供花火

第89回全国花火競技大会「大曲の花火」ー花火大会2015の情報です。
今年も第4土曜日の8月22日に開催されます。観光地の売店やコンビニなどでパンフレットが販売されています。秋田魁新報にも特集記事が掲載され、持ち運びや見やすさに差はあるでしょうが、パンフレット同様の情報量です。
大会に大きな変更はなく、出品者は28社。昼花火と夜花火で競技されます。無料観覧席は、雄物川下流側、花火打上場所の正面付近で三脚を立てられる場所の確保ができそうもないので、今年も大曲の花火はパスになるでしょう。
テーマは「行雲流水〜日々新 その先へ〜」 創作花火半世紀からその先へ!

昼花火は午後5時30分から、大会開始号砲大雷、開会宣言に続き競技開始。まだ明るい空を背景に5号玉5発による煙と光で表現力を競う協議会です。

No.  作品名                      花火師(所在地)
標準審査玉 昇曲付点滅芯煙菊           小松煙火工業(秋田県)
 1 昇曲導付黒煙柳に紫大連竜        大曲花火化学工業(秋田県)
 2 昇曲付煙柳                  磯谷煙火店(愛知県)
 3 双竜開眼                 若松煙火製造所(宮城県)
 4 煙竜の舞                    芳賀火工(宮城県)
 5 昇曲導付芯入彩煙菊              篠原煙火店(長野県)
 6 夕暮れの輝き                  イケブン(静岡県)
 7 カラートルネード              小松煙火工業(秋田県)
 8 ひまわり               伊奈火工堀内煙火店(長野県)
 9 昇曲付日の丸旗に煙竜の舞い           田畑煙火(静岡県)
10 夏空に舞う虹色の妖精       ホソヤエンタープライズ(東京都)
11 煙竜乱舞                 紅屋青木煙火店(長野県)
12 昇曲付柳に五色の煙竜             菅野煙火店(福島県)
13 昇曲付煙竜の舞              菊屋小幡花火店(群馬県)
14 夕景の花だより           筑北火工 堀米煙火店(茨城県)
15 橙煙竜に小割浮模様             新潟煙火工業(新潟県)
16 鳴群竜と双竜の舞               山内煙火店(山梨県)
17 昇曲付彩煙竜の舞            大久保煙火製造所(秋田県)
18 夕暮れの花                 野村花火工業(茨城県)
19 ぶどう棚に思いを馳せる             マルゴー(山梨県)
20 暮色の花冠               丸玉屋小勝煙火店(東京都)
21 虹色のファンタジー                和火屋(秋田県)
22 五龍之舞                  齊木煙火本店(山梨県)
23 昇煙竜変色煙蜂               信州煙火工業(長野県)
24 昇曲付分砲に煙竜            太陽堂田村煙火店(長野県)
25 煙舞曲〜ノイズ&ハーモニー〜       北日本花火興業(秋田県)
26 ブラックスワン                 三遠煙火(静岡県)
27 赤と黒                  山崎煙火製造所(茨城県)
28 黄煙竜の舞                 高田花火工業(福岡県)

昼花火スターマインもあり、午後6時15分の打留大雷で終了となります。

夜花火は午後6時50分から、大会開始号砲大雷、歓迎あいさつ、開会宣言に続き、オープニングナイアガラ付スペシャルスターマイン、そして競技開始。10号芯入割物、10号自由玉、創造花火の3つのカテゴリーを競います。

No.  作品名(10号芯入割物・10号自由玉・創造花火) 花火師(所在地)
標準審査玉 昇曲導付三重芯変化菊 メテオ
   山化粧い・照葉眩しき千年の都        小松煙火工業(秋田県)
 1 昇曲導付四重芯変化菊 彩煌の華
   悠久を照らす輝               高田花火工業(福岡県)
 2 昇曲付五重芯変化菊 白い誘惑
   The Rose                 山崎煙火製造所(茨城県)
 3 昇曲導付四重芯菊先紅紅露 祝華
   KOTOBUKI〜the Japanese colors of celebration〜 三遠煙火(静岡県)
 4 昇曲導付四重芯変化菊 光のまほろば
   オーロラをまとった氷の妖精        北日本花火興業(秋田県)
 5 昇雄花四重芯変化菊 天の川に月
   星の物語                太陽堂田村煙火店(長野県)
 6 昇曲導付三重芯引き先紫緑点滅 女王蜂と働き蜂
   After The Rain               信州煙火工業(長野県)
 7 昇曲導付四重芯引先紅光輝 虹色のグラデーション
   レインボーフォール〜希望の滝をめざして   齊木煙火本店(山梨県)
 8 昇曲付三重芯変化菊 ひまわりの花
   極〜和火の宴〜                  和火屋(秋田県)
 9 昇曲導付四重芯変化菊 花の舞踏会
   明日に向かって             丸玉屋小勝煙火店(東京都)
10 昇曲付三重芯変化菊 光の楽園
   追憶                      マルゴー(山梨県)
11 昇曲導付五重芯変化菊 光の波紋
   タンゴ 〜情熱のステップ〜         野村花火工業(茨城県)
12 昇曲導付三重芯変化菊 百花繚乱
   魅惑のミラクルボール          大久保煙火製造所(秋田県)
13 昇曲導付三重芯菊先紅露 雨音
   光と影                    山内煙火店(山梨県)
14 昇曲導付四重芯変化菊 昇曲導付新緑の花
   紅華 〜紅の世界〜             新潟煙火工業(新潟県)
15 昇曲導付三重芯錦先紅光露 青雲に花明かり
   灯籠流し              筑北火工 堀米煙火店(茨城県)
16 昇曲導付四重芯色雪花 山里の忘れ柿
   春よ来い                 菊屋小幡花火店(群馬県)
17 昇銀竜四重芯変化菊 希望のあかり
   天空の花嫁 〜天降る光のブーケ〜       菅野煙火店(福島県)
18 昇曲付四重芯変化菊 夢見草        紅屋青木煙火店(長野県)
   闇夜のページェント 〜放たれる光のイリュージョン〜 
19 昇小花付三重芯五色変色大ダリア 未来へ輝け!!栄光の華
   THE COSMOSファンタジア『時空世界』ホソヤエンタープライズ(東京都)
20 昇曲導付四重芯変化菊 昇朴ブロック千輪
   光の剣術 知らざあ斬って魅せやしょう      田畑煙火(静岡県)
21 昇分砲付四重芯菊先紅緑銀乱 天空彩煌の滝
   短くも美しく燃え〜ピアノ協奏曲第21番 伊奈火工堀内煙火店(長野県)
22 昇天銀竜五重芯変化菊 茜空
   光と音の時間差アート            小松煙火工業(秋田県)
23 昇曲付四重芯変化菊
   宇宙誕生!ビックバン現象と華麗なる星々     イケブン(静岡県)
24 昇曲導付五重芯菊花の極 雄物川の大桜
   冬物語                    篠原煙火店(長野県)
25 昇曲導付三重芯変化菊 パステルクラウン
   トリプルアクセル in the sky           芳賀火工(宮城県)
26 昇曲導付三重芯錦先青銀乱 とびだせカラフルキャンディ
   鳳凰伝説 〜金色の舞〜          若松煙火製造所(宮城県)
27 昇曲付三重芯変化菊 ミラーボール
   華麗なるイルカショー             磯谷煙火店(愛知県)
28 昇曲付四重芯変化菊 彩の響千輪
   今日しか咲かない花を咲かそう。     大曲花火化学工業(秋田県)

途中、午後8時45分に大会提供花火「あさきゆめみし」が予定されてます。
第88回大会(前年度)の内閣総理大臣賞受賞者による特別プログラムも予定されています。茨城県の野村花火工業で「光の彼方へ」というテーマです。
その他にスペシャルスターマインが4回もあります。これも見逃せません。
最後は、フィナーレ特大スターマイン10号割物30連発です。音楽とのシンクロが素晴らしく記憶に残る花火です。また、見たいと思わせる花火です。

午後9時30分の打留で大会が終了となります。秋田の夏が終わります。

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.08.15

佐原商店

佐原商店

秋田市の「佐原商店」です。
秋田市の土崎地区、道の駅あきた港の近く、港らしい場所にあります。
2015年3月6日にNHKで放送されたドキュメント72時間「秋田・真冬の自販機の前で」で対象となったお店です。秋田を訪問した際は是非行ってみたいと思っていました。秋田市土崎地区は、昭和20年8月14日夜間から翌日の8月15日の未明まで空襲(土崎空襲)をうけた場所になります。
お店は閉まっていますが、自動販売機は動いていそうです。午後3時前に着きました。他に同じように自動販売機で食べようと来た観光客が1組います。

佐原商店 自動販売機

自動販売機は1台、天ぷらそばと天ぷらうどんです。ラーメンはありません。

佐原商店 天ぷらそば

天ぷらそばです。200円

佐原商店 天ぷらうどん

相方の食べた天ぷらうどんです。200円

佐原商店 七味唐辛子

七味唐辛子は、屋根のあるテーブルっぽい場所に下がっています。

セリオン

道の駅あきた港のメイン施設、秋田ポートタワー“セリオン”です。入場無料の展望施設で、秋田県内のお土産の販売施設が1階にあります。
入口前でババヘラアイスとババヘラソフトクリームの販売があります。ババヘラソフトクリームを食べたかったのですが、待ちの列が長く諦めました。

セリオンからの佐原商店

セリオンからの佐原商店です。こんな位置関係です。

それから新潟へ移動、途中、赤川の花火を楽しめました。

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.08.14

太平山 澄月 純米吟醸

太平山 澄月 純米吟醸

今日の晩酌のお酒は「太平山 澄月 純米吟醸」、醸造元は小玉醸造です。
アルコール分は約15度、原材料は米・米麹、精米歩合は55%、使用米は秋田酒こまち、日本酒度は+1.0、酸度は1.6、アミノ酸度は1.1、使用酵母は自家培養酵母というデータです。さてどのような味わいでしょうか。
生粋の新潟人のなのに太平山を愛飲している相方の従兄弟がいます。どうしてなんだろうと思っていましたが、淡麗で飲み易く香りの良さがあります。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.13

千代緑 重右衛門の酒 純米吟醸原酒

千代緑 重右衛門の酒 純米吟醸原酒

秋田の実家でお盆を過ごしています。
日曜大工的な事をいろいろしまして、近くのスーパーで夕食のお買い物です。好きなお酒は「秀よし 純米吟醸酒 松声」ですが、飲んでいないお酒がまだまだたくさんあります。今回は「千代緑 重右衛門の酒 純米吟醸原酒」を飲みます。大仙市(旧協和町)の地で300年以上続く奥田酒造店のお酒です。
使用米は美人錦(掛米)と山田錦(麹米)、仕込み水は奥羽山系伏流水、精米歩合は50%、アルコール分は、17.5度というプロフィールです。
原酒らしくなかなか濃いですが、爽やかさとのど越し、香りが楽しめます。
秋田は、新潟ほどお酒の情報が流通していません。その分、自分の好みにあった日本酒を探す楽しみがあります。見つける前に酔い潰れてしまいます。

庭①

庭②

庭③

庭④

実家の庭の花です。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.12

パストラール

パストラール

山形県庄内町の「パストラール」です。
庄内町の余目地区です。ショッピングセンター・アピア内にあります。
山形の冷やしラーメンを特集をしたテレビ番組がありました。60年も前から冷やしラーメンがあったとは驚きです。山形県内のいろんな味の冷やしラーメンが紹介されていました。醤油、塩、担々までは新潟でも見かけますが、あまり見かけない冷し辛味みそラーメンも紹介していました。味噌味はそうそう見かけることがありません。どんなものか食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、モーニングやランチセットなどが似合いそうな喫茶店そのものです。喫茶のようなので時間は気にせず、午後3時過ぎに着きましたが遅めの食事を終えたのお客さんが結構います。漫画本が豊富でいくらでも居れそうです。
メニューも喫茶店そのもので、やや軽食等が充実しているかなって感じです。そして、ラーメンがあります。そういうお店のラーメンですから何種類かがある程度と思ったら、しょうゆ、塩、辛味みその各ラーメンとチャーシューなどトッピングを加えたもの、カレーラーメンやとんかつラーメン、焼きそばなどいろいろ揃っています。さらに夏のみのメニューがあります。ざる中華、冷し中華、冷ししょうゆラーメン、冷し塩ラーメン、冷しネギ塩ラーメン、冷し辛味みそラーメンなどがあり、いずれもチャーシューを加えることもできます。テレビ番組で美味しそうに食べていた冷し辛味みそラーメンにしました。
麺のゆで時間がかかるのでしょう。そこそこ待って出来上がってきました。

パストラール 冷し辛味みそラーメン

喫茶らしい可愛いお盆に白い器、冷しラーメンとは判らない仕上がりです。
麺は、やや太めの平打ちで縮れの強いものです。硬さは普通ですが、コシがやや強め。冷しにありがちが硬さがなく、温かいラーメンのような食感です。
スープは、あっさりサラサラの味噌の薄味です。油も少なく、新潟の濃厚味噌に慣れた舌には、物足りなくさえ感じます。ただ、ラー油がたっぷりとかけられていて少し辛みがあります。そこに別皿に盛られた辛味を加えます。薄味に思えたスープが、辛味と相まっていい味に仕上がります。氷が入っています。スープを凍らせたもので旨みが薄くならずに最後まで同じ味を楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、レタス、大葉、わかめ、ねぎなどです。見た目からは、冷たいとは全然判らないようになっています。
冷しの味噌ラーメンは難しいかなと思っていましたが、辛味と組み合わせることで、いいラーメンに仕上がっています。850円はちょっとお高いかな。

パストラール 冷ししょうゆラーメン

相方の食べた冷ししょうゆラーメンです。680円。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.11

和風とんこつ たまる屋

たまる屋 夏のマーボー麺

新潟市の「和風とんこつ たまる屋」です。
女池インター近く、中央インター寄りの「スーパーV」の一角にあります。
今日は、天気的には曇りでしょうか?日差しがなく蒸し暑いです。今日も涼を求めて!夏メニューを用意していてくれそうなたまる屋にお邪魔しました。
お店は。右側に厨房、左側に逆コの字形のカウンター席、奥にテーブル席、手前に小上がりがあります。だるまや系列らしい古い木の質感を基調としたお店です。午後12時50分過ぎに着きました。15人オーバーの列びになっています。お店を入ったところのウエイティングボードに名前を書き待ちます。
15分ぐらい待ったでしょうか?ようやくカウンター席に案内されました。
メニューは、基本はお店の名前を付けたたまる屋ラーメンで、味噌ラーメン、それらのチャーシューメン、マーボーメンがあります。壁にも板に書かれた同じメニューが掲げられていますが、背脂マーボーメンと書かれています。サイドメニューもあります。夏メニューがありました。夏のマーボー麺です。面白そうなのでその夏のマーボー麺を食べてみることにしましたにしました。
みなさんお盆休みなんでしょう?そんな雰囲気のお客さんがほとんどです。
夏のマーボー麺は、1枚もののメニューになっています。そこには、氷で締めた麺と熱々のマーボーを良く混ぜて食べてください。的な説明があります。
混んでいるから仕方ないです。少し時間がかかって出来上がってきました。
マーボー麺らしい大きく深い器にトマトソースとヨーグルトがのってます。
豆腐を壊さないよう良くかき混ぜます。やっぱり混ぜると美しくないです。
麺は、普通の太さの縮れです。マーボーの餡が硬めなのでかなり絡みます。
スープは???、汁なしのような感じ、マーボーの餡がしっかりしてます。
マーボーは、なかなかいい感じのとろみです。甘さやしょっぱさなどバランスも良く、トマトソースやヨーグルトと混じって、とてもまろやかなものに仕上がっています。途中から花椒のしびれがガンガンきます。麻婆らしい食べ進んで、とても楽しいものです。ただ、人肌よりも少し温かいのがちょっと…。
汁なしマーボー麺の味の変化を楽しませてもらいました。なかなか面白くいただけましたが、880円です。ん~!  そんなもんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.10

東堀 石門子

東堀石門子 冷やし(超)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市の古町エリアにあります。東堀通り沿い、広小路に近いところです。
ワンタンメンが人気のお店で、夏季冷やしも人気です。通年食べられます。
お盆休みに入ったところも多いようで街が少し静かになっているような気がします。新潟まつりも無事に踊り切り、いよいよ夏がきました。と言いたいところですが、前から暑いです。昨日、おふくろで冷し中華を食べたら、似た味ですが、石門子の冷やしが食べたくなって同僚達とぞろぞろお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、奥に1卓ですが小上がりがあります。右側は、中で待てるように広くなっています。質素な町のラーメン屋さんです。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席は満席でしたが、奥の小上がりが空いていました。賑わっています。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷やしとそれらにチャーシュー(肉)増しがあります。盛りは、普通、大盛、超盛から選択できます。トッピング追加は、ねぎ、メンマ、わかめがあります。お店に入るとすぐに親父さんが『何にしますか?』と聞いてきます。右側奥の冷水機にセルフの水を取りに行きながら超冷やしと伝えて注文が完了しました。冷水機から水を注いだコップを持って久々の奥の小上がりに移動します。
普通盛と大盛は皿に盛られる冷し中華風です。皿に深みがあり、つゆがたっぷり注がれます。超盛はラーメン丼に盛られる冷しラーメン風です。さらにたっぷりのつゆが注がれます。器を用意し作り始めます。ゆであがった麺を洗い、器に移し、トッピングをし、たっぷりのつゆを注いで出来上がりです。注文を聞くのも早いのですが、出来上がりも冷やし系とは思えないほど早いです。
白い器に冷しらしい緑色の胡瓜と美味しそうな醤油色のスープが映えます。
麺は、細縮れです。プリプリした食感が冷しでも楽しくなる好みの麺です。
つゆは、魚介系ダシの旨味と風味が穏やかなあっさりした醤油味のものです。しょっぱさが控え気味で酸味がほんのり、ラーメンように飲めるつゆです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、胡瓜、わかめ、紅生姜、胡麻です。
石門子の冷やしは、歯応えの楽しい麺とあっさりしたそのまま飲めるつゆの美味しい麺料理です。超盛で950円。さすがにお腹いっぱいになりました。
名前が“冷し中華”ではなく“冷やし”です。しょっぱさを控え、酸味がほんのりのつゆからは、“冷しラーメン”でも良さそうな気もします。だからなんでしょう?“冷し中華”でも“冷しラーメン”でも食べた人が好きなように感じてもらえれば良いように“冷やし”という名前になったのでしょう。
一緒に行った同僚は、ラーメンやワンタンメンを食べてました。やるなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.09

ラーメン おふくろ

おふくろ 冷し中華(大盛)

新潟市の「ラーメン おふくろ」です。
本町5番町・人情横町の市場風なお店が並ぶ建物、東堀通寄りにあります。
日曜日に営業しているお店が少ないようです。少し探してお邪魔しました。
お店前に冷し中華の貼紙があります。外に貼り出してるとありがたいです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの市場っぽい、庶民的な雰囲気のお店です。ちょうど正午に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、チャシュメン、タンメン、ミソラーメン、カレーラーメン、塩ラーメンがあります。店内にも冷し中華の貼紙がありました。ラーメンと塩ラーメンは500円、その他は650円です。トッピングの追加やサイドメニューはなく、大盛りはお申し付けください的な貼紙があります。冷し中華にしたら『大盛りにしますか?』と聞かれたので、大盛りにしました。
年配の常連客が多く、世間話が飛び交っています。冷し中華も出ていますが、温かいものが多く食べられています。普通の待ちで出来上がってきました。
黒光りの渋い器に盛られてきました。お手頃ですが、しっかりしています。
麺は、細麺の縮れ、少し硬めのラーメンかなってくらい普通に食べれます。
つゆは、醤油味で酸味控えめ、ダシの旨みもあって、好みの仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、胡瓜、紅生姜などです。
程良い硬さの麺、控えめで旨みのあるつゆ、充実のトッピング、なかなか好みの冷し中華でした。これで650円、大盛りが無料でした。有り難いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.08

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町・人情横町の市場風なお店が並ぶ建物、東堀通寄りにあります。
新潟まつりで萬代橋が交通規制、バスでの現地入りもできなく、汗を拭き拭き萬代橋を渡ってようやく到着しました。午前11時、まだ大丈夫でしょう。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。3席も空きがありました。休日の早めは空いていました。
メニューは、支那そば、ワンタン、支那そばとメンマ・チャーシュウ・ワンタンの組み合わせになります。夏の冷し中華が人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。暑いため冷し中華が良く出ていますが、支那そばやワンタンメンも注文が入っています。やっばりこれ冷し中華(中盛)にしました。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声を聞いていると待ち時間も苦になりません。
待ちのお客さんが多いですが、たまたま?みんなが冷し中華です。一気に作ったようで次々と出来上がってきます。最後の方ですが早い出来上がりです。
支那そばと同じ黒っぼい渋い器です。冷し中華の具材の色が良く映えます。
胡瓜の緑やレモンの黄色、鳴門の赤、トッピングの彩りがとても綺麗です。
麺は、極細に近い弱い縮れで、シコシコした歯応えが楽しい好きな麺です。
つゆは、魚介が香ばしく酸っぱさやしょっぱさが控え気味です。特に酸っぱさが控えめでレモン(1/8個)を搾って入れると爽やかな酸っぱさと香りが広がります。練り辛子で辛味も楽しめます。ダシが効いた美味しいつゆです。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、キュウリ・ハム・鳴門の細切り、金糸玉子です。つゆに搾り入れるレモンでいい香りが広がります。
いろんなお店で冷しを食べていますが、信吉屋の麺の普通よりも少し硬めな具合がとても良いです。硬過ぎるお店が多いです。麺の歯応えと切れの良さが楽しくなります。つゆの魚介風味と爽やかな酸味、ボリュームがあって歯応えのバランスが良いトッピング、楽しまさせていただきました。900円と安くはありませんが、それ以上に楽しめました。冷しが美味しい信吉屋でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.07

中華そば 満月

満月 冷やし中華

新潟市の「中華そば 満月」です。
新潟市の中心、鍋茶屋通沿いにあります。柾谷小路に近い力彌の並びです。
シンプルなメニューのお店ですが、夏メニューに期待してお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席があります。ちょっとレトロ風、綺麗な中規模のお店です。午後1時前に着きました。時間の遅さもありますが、他にお客さんが1人と全然空いています。
メニューは、店の名前通りの中華そばはありません。らーめんと辛し味噌らーめん、それらのちゃーしゅうめん、つけ麺とシンプルです。夏メニューもシンプルです。冷やし中華のみです。その冷やし中華を食べることにしました。
手間のかかるメニューでしょう。少し時間がかかり出来上がってきました。
大きめの白い器に盛り付けられています。冷やし中華らしい仕上がりです。
麺は、細麺の縮れです。昔ながらの冷やし中華風で、コシの強いものです。
つゆは、醤油味で酸味の強いもの、こちらも昔食べていた懐かしい味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、錦糸玉子、胡瓜、トマト、わかめ、鳴門、紅生姜などです。それほど目立つものはありませんが品数は豊富です。
麺とスープ、昔懐かしい冷やし中華をいただくことができました。普通盛りで890円です。少しお高いような気がします。精算時に100円のサービス券をいただきました。最初から100円高かったような気がする一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.06

らーめん ヒグマ 女池店

ヒグマ女池店 冷しラーメン

新潟市の「らーめん ヒグマ 女池店」です。
紫鳥線線沿いにあります。鳥屋野方面へ、新幹線高架を潜った先右側です。
ヒグマに夏メニューがあったかどうか記憶していないのでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。清潔感のある綺麗な広々とした店内です。午後12時30分過ぎに着きましたが、6割~7割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。暑さもあってか空いています。入ってすぐ左側に振り返えると食券販売機があります。
メニューは、正油、味噌、塩味の各らーめんがあり、それらのチャーシューメンがあります。盛りも麺×1.5倍の大盛り(50円増し)と麺×2倍の特盛り(150円増し)があります。大盛りってお得感があり、特盛りも食べてみたいのですが損した感じがします。お店前に幟もなく、店内に貼紙もなく、夏メニューはないのかと諦めていましたが、食券販売機に冷しラーメンがありました。普通盛りが700円、大盛りが850円、特盛りが950円、冷しラーメンに関しては、特盛りにお得感があります。冷しラーメンにしました。
カウンター席が空いていたのでカウンター席に座ります。平日のランチタイムは、ライスがサービスになっています。水もライスもセルフサービスになっていますが、水とおしぼりは持ってきてくれました。他のお客さんはほとんど温かいラーメンを食べています。みんな強いですね。温かいラーメンよりも少し時間がかかったくらいで出来上がってきました。
白い器に温かいラーメンとなんら変わらない仕上がりです。醤油が濃そう。
麺は、やや細の縮れ、芯があるみたいな硬さです。許容範囲ギリギリです。
スープは、醤油味で酸味も少しあります。冷麺のような感じと思っていたら、後から辛さが追いかけてきます。途中から上にのっていたおろし生姜を溶かして爽やかな味わいを楽しみます。残ったスープを飲む頃は、凄い辛さです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、海苔、ねぎなどになります。
ちょっと硬めの麺と辛いスープを楽しみました。700円もお手頃かな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.05

塩逸品 五代目けいすけ 金沢フォーラス店

けいすけ金沢フォーラス店

石川県金沢市の「塩逸品 五代目けいすけ 金沢フォーラス店」です。
金沢駅の北側の隣、金沢フォーラスという複合商業施設というかファッションビルというか、6階のレストラン街にあります。いろんなお店があります。
金沢での昼食。レストラン街の写真入り紹介看板が見えたので入りました。
お店は、左側に厨房、中央に柱を囲うようにカウンター席、周囲にテーブル席があります。ビルにマッチしたお洒落な雰囲気のお店です。午後2時と今日も遅い昼食ですが、この時間でも3割~4割程度のお客さんが入っています。
メニューは、あっさりの塩らーめん琥珀、こってりの塩らーめん白湯とそれらにトッピングを加えたものがあります。他に塩つけ麺やトッピングを加えたものがあります。サイドメニューも豊富でセットもあります。夏メニューもありました。冷やし鶏そばなるものです。迷わずその冷やし鶏そばにしました。
メニューに、説明があります。夏野菜の効能など宣伝文句が並んでいます。
全体のメニューにフレーバーを楽しめるようなことが書いてあります。曜日毎にに変えています。なんだろうと思って見ていたら出来上がってきました。

けいすけ金沢フォーラス店 冷やし鶏そば 前

器に三角帽子のような蓋があります。蓋を取ると煙のようなものが…、冷やしなんでドライアイスの煙のようなものと思ったら、木の薫製用チップのスモークの煙でした。フレーバーってものですか??蓋が置き難くて困りました。

けいすけ金沢フォーラス店 冷やし鶏そば

白っぽい器の内側に塩と書かれています。塩に力を入れているのが解ります。中央に海老がドーン、なんとも見映えが…、野菜もとても豊富にあります。
麺は、細麺のゆるい縮れ、やっぱり硬めですが、これなら許容範囲内です。
スープは、塩の冷たいもので、違和感がなく自然です。油がかなり多めです。おろし生姜が付いてます。スープに溶かすととても爽やかに仕上がります。
トッピングは、海老、蒸し鶏、茄子、オクラ、キャベツ、水菜、ねぎ、茗荷などとても充実しています。身体の調子を整えてくれる夏の野菜が豊富です。
最後にスープを飲もうとしたら器が重いです。普通のラーメン丼3個分でしょうか?いや!それ以上ありそうです。冷め難い器ってこういうことですか。
充実の一杯でした。関東地区が地方に展開したお店で、たまに行くにはいいかも知れません。フレーバーはいらないです。900円とちょっと高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.04

米山サービスエリア(下り)

米山サービスエリア 冷やしラーメン

柏崎市の「米山サービスエリア(下り)」です。
昼時間を大きく過ぎました。上越での昼食を試みましたが、定休日や午後の休み時間でやっているお店がなく、新潟への帰りサービスエリアで食べます。
米山にはレストランと軽食コーナーがありますが、レストランは庶民には高値の花、軽食コーナーで食べます。軽食コーナーはお蕎麦を食べたくなります。しかし、ラーメンだって美味しいものがある筈、何種類のラーメンがあり、冷やしラーメンもあります。どんなものかその冷やしラーメンにしました。
食券を購入し、窓口に出し待ちます。普通の待ちで出来上がってきました。
青い花模様の涼しげな器、ちょっとスープが少なめでおとなしい感じです。
麺は、細い縮れ、かなり硬めのゆで加減、コシも強く苦手な領域の麺です。
スープは、醤油味あっさりでしょっぱめ、酸味のあるラーメンスープです。
トッピングは、粗挽きハムの細切り、メンマ、鳴門ととてもシンプルです。
麺の硬さがどうも苦手な1杯です。650円と価格的にはいいんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.03

麺工房 むげん 西川店

むげん西川店 冷し中華

新潟市(旧西川町)の「麺工房 むげん 西川店」です。
国道116号線沿いにあります。広い駐車場と大きな赤い看板が目印です。
西蒲原移動中の遅いお昼です。やっているお店をみつけてお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、左右に小上がりがあります。席数の多いラーメン屋らしい雰囲気のお店です。午後4時に着きましたが、先客1人後客2人とこの時間でも入っています。
メニューは、むげんらーめん(背脂こってり)、中華らーめん(あっさり)、喜多方らーめん、味噌らーめん、塩らーめん、とんこつらーめんとそれらにトッピングを加えたものなどがあります。つけめん、辛つけめんがあります。店内を見回すと冷し中華の貼紙がありました。早速、冷し中華にしました。
空いていますが手間がかかります。ちょっと待って出来上がってきました。
黒い器に盛られてきました。刻み海苔の黒も相まって渋々い冷し中華です。
麺は、かなり細めでゆるい縮れ、細いのに冷し中華らしいコシがあります。
つゆは、醤油味がしっかりしていて酸味がやや控えめです。麺を食べている時は良いのですが、つゆを飲もうとするとしょっぱ過ぎて飲めませんでした。
トッピングは、チャーシュー、ハム、メンマ、胡瓜、トマト、錦糸玉子、刻み海苔、わかめなどなかなかの充実振りです。トマトがよ~く冷えています。
細麺と相性の良いつゆ、なかなか美味しくいただけました。つゆだけを飲めないのが残念でした。トッピングも充実しています。殆どのラーメンが680円から始まりますが、冷し中華は730円、かなりお手頃にいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.01

プリンタ購入

Ep807aw

年賀状印刷が目的のようなプリンタですが、調子が悪くなってしまいました。ヘッドクリーニングをしてもブラックとイエローがどうにも復活しません。
修理も考えましたが、最近のプリンタってどんなものか見たらかなり安くなっています。昔は印刷だけで4万円ぐらいしていたものが、複合機で1万円代の前半で購入できるようになっています。インクカートリッジを2組購入するのと変わらない値段です。修理費してインクカートリッジを購入したら、逆転しそうです。現用機も購入して7年も使用しており、機能的にあまり変わりもないようですが、値段の安さもあり、思いきって入れ換えることにしました。
現用機はEPSONのPM-T970で、購入機はEPSONのEP-807Aです。プリンタで色が選べるっていうのは初めて、白にしました。なぜEP-807AWかというとコピーもまれにあるので複合機、写真印刷が綺麗で、給紙が2種類以上、A3サイズ不要ってあたりでしょうか。タブレット向けのアプリの充実もポイントです。
購入してみたら、全然物が違います。以前のものは事務機って感じが少しはしてましたが、今のは家庭用!ってなんとも丁寧に扱わないと壊れそうです。
コンパクトです。建物風に言うと床面積2/3、容積率1/2ぐらいです。設置スペースは十分にありますが、軽さもあって別の場所にも置けそうです。
給紙ですが、以前は前面+背面の2ヶ所でどちらも普通紙なら100枚ぐらい連続給紙ができていました。今回は前面2サイズ+背面、前面は60枚+40枚なので普通紙+2L写真用紙、背面は1枚の手差しなのでシール印刷とかで使えそうです。普段使いにはかなり使い勝手が良くなりましたが、年賀状印刷のような厚手用紙の大量印刷には、ちょっと面倒になるかも知れないです。
操作部がボタンからタッチパネルになったのも使い易くなって良かったです。電源や印刷によって操作パネルや用紙排出部が動きます。動作部が多いと故障の原因になるって考えるお年頃ですが…。もう少し油が回るぐらい使ってやれればいいのですが、週1程度の家庭使い、5年ももってくれればいいかな。
今回の必須ではないけど期待した自動電源ON/OFF、なかなかありがたいです。今までだと、電源入れにプリンタまで行って、印刷してから行って、場合にもよりますが電源切りに行ってましたが…。歩く歩数が減ってるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »