« ラーメン きのじや | トップページ | 深川めし »

2015.08.18

くるまえびとさんまのすしあわせ

くるまえびとさんまのすしあわせ パッケージ

くるまえびとさんまのすしあわせ

今日は、お昼からの新幹線移動です。少し早めに動き、駅南で冷し中華でも食べて足りなかったら駅弁でもと思っていました。出発が遅れ、駅南の冷し中華は、どうも無理そうです。ならば駅構内で冷たいお蕎麦でもと予定を変更しましたが、それも叶いそうもありません。駅弁を選ぶ時間だけはあります。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段に種類の多い改札を入らない駅弁屋から順番に見くことにしましょう。
大きな写真のカードで販売している駅弁の内容を紹介しています。結構種類があります。10種類を越えてはいます。食べたことのない駅弁がありました。新発田三新軒のくるまえびとさんまのすしあわせという駅弁、購入します。
夏休みでやや混み気味の新幹線に乗りいただきます。ホームに行こうとしたら季節の増発もあり、そちらの方が空いているのでなかなか悩むところです。
黒い駅弁の包み紙には、ぷりぷり車海老と酢〆炙り秋刀魚、わさび菜ピリリの寿司合わせ、とちょっとしたPRの言葉しか見当たらないシンプルさです。
駅弁の記載におしながきのようなものはなく原材料の記載です。酢飯(新潟県産)、車海老、サンマ、わさび菜、錦糸玉子、甘酢生姜、付合せなどです。
あまり見映えのしない、おとなしい、シンプルな駅弁かと思っていましたが、食べてみると違いました。海老やサンマも美味しいのですがご飯がいけます。さらに、ご飯の上に散らされたわさび菜が、お寿司の山葵のような、辛し高菜のような、刺激と旨みを与えてくれます。脇役ではなく主役級の役者です。
なかなか楽しまさせていただきました。1100円は、ちとお高いかな?

|

« ラーメン きのじや | トップページ | 深川めし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/62141455

この記事へのトラックバック一覧です: くるまえびとさんまのすしあわせ:

« ラーメン きのじや | トップページ | 深川めし »