« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015.10.31

中華そば処 琴平荘

琴平荘

山形県鶴岡市の「中華そば処 琴平荘」です。“こんぴらそう”と読みます。「旅館 琴平荘」がシーズンオフにだけ営業している中華そば屋さんです。
国道7号線から三瀬海水浴場に折れた先、海岸線が近くの高台にあります。
山形でも人気ラーメン店とのことです。食べてみたくなりお邪魔しました。
旅館の建物は見つかりました。中華そばが食堂なんかで専用の入口があるかなと見ましたが、旅館の玄関に中華そば処と書かれた札があります。旅館の玄関から入るようです。建物内に案内があります。玄関で靴を脱ぎ、正面の廊下を進み、右に曲がります。関係のない場所には行けないようになっています。

琴平荘 内①

月山という広間でしょう、襖の前に「自家製麺 中華そば処 琴平荘」と書かれた緑色の暖簾が下がっています。広間のひと間か思い襖を開けて入ります。

琴平荘 内②

大広間です。右側に幕は閉まっていますがステージがあります。ステージ前から6人まで座れそうな卓が3×5卓も配され、90席ということになります。入ったところに番号札があります。若い番号から取るように案内があります。番号札を持ち、右側の衝立で仕切られた待ちのスペースに移動し待ちます。
旅館のお昼営業ってこともあるのでしょう。午前11時~午後2時までの営業時間で、遅めの午後1時30分過ぎに着きました。人気店とはいえ地方、もう空いているだろうと思っていたのですが、まだ5組もの待ちがあります。
番号が呼ばれ席に案内されるようになっています。前に7人組がいましたが、ラーメン丼のみなので、お客さんの希望もあって1卓に座りました。やがて窓に近い席に案内されました。広々申し訳ない感じです。あくまでも1組1卓のようで相席にはしません。女性グループと相席になる楽しみもありません。

琴平荘 内③

三瀬海水浴場が見えます。夏に訪れてみたいけど中華そばは食べれません。
メニューは、中華そば、肉抜き中華、チャーシューメン、大盛中華そば、大盛チャーシュー麺などがあります。肉抜き中華が一番安です。メンマ中華は、2種のメンマを楽しめますがチャーシュー抜き、チャーシューのせも可能です。大盛は平日の提供で、火曜金曜(平日)は普通盛と同じ値段で提供されます。麺の量は、普通盛りが220gで、大盛が330gです。いずれもあっさりとこってりが選べます。味の濃さを調整できます。麺の硬さを調整できます。平日限定ですが、極太麺の中華そばがあります。予約制でつけ麺の持ち帰りもあります。ネットで、写真のチャーシューが美味しそう、メンマの評判がなかなかなのものでした。チャーシューメン(あっさり)+メンマ+味付玉子にしました。
大盛を食べようと思っていましたが、大盛が出来ないので諦めていましたが、卓の上に立ったメニューに替え玉が書かれています。大盛はなくてもこれならOKです。半玉110g60円、一玉220g100円です。食べて決められます。
水とお茶は、大広間に2ヵ所に用意されていてセルフサービスななってます。ステージの右側辺りに厨房があるようで、次々と中華そばが運ばれてきます。それでも席数が多いこともあって普通の待ち時間で出来上がってきました。

琴平荘 チャーシューメン(あっさり)

琴平荘 メンマ+味付玉子

大きな文字でお店の名前が書かれた白い器に期待通りの仕上がりの出来です。トッピングのメンマと味付玉子は別皿。広い卓が少し賑やかになりました。

琴平荘 チャーシューメン(あっさり) 麺

麺は、普通かやや太めに感じる平打ち、細かで強い縮れで旨みのある麺です。山形に多いやや硬めの仕上がりです。好みより硬く、次は軟らかにします。
スープは、醤油味のあっさりしたもの、アゴと鶏のダシの旨味が自然です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎです。チャーシューは、期待通りの適度な歯応えを楽しめるもの。メンマは、少し硬めですがシャキシャキとこちらも歯応えの楽しいものです。バランスが取れたトッピングです。
麺の硬さにあっさりのスープはどうも合いません。スープをこってりか出来れば中間をいきたいです。麺を軟らかめでも食べてみたいです。トッピングは、そのままでもかなり好みのものでした。チャーシューメンは850円と安くはありません。地方なんでもう少し安ければと思います。トッピングの追加があり、100円+100円で1050円とちょっとお高い昼食になりました。
会計は厨房寄りにあり、近くに中華そばや特産品の販売もやっています。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.30

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。最近は賑わっていないように思っていたので安心して来ましたが、寒くなってきたためか賑わっています。カウンター席は満席、テーブルも1卓が埋ってます。久々の賑わいに驚いてしまいました。最近、マスコミにでも取り上げられたのでしょうか!?
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
いつものお昼時は親父さんとおばさんの2人でやっているのですが、今日は親父さんが1人でやっています。混んでいない時は親父さん1人でやっていることはよくあることで、1人でも慣れたもんでそつなくこなしています。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違います。待ちのお客さんも多いのですが、中華鍋のうま煮はたっぷりあります。順調に出来上がってきますが、待ちのお客さんもかなり多く、普通の待ちで、白寿にしては少し待ったかなって感じで出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も是非見習って欲しいと思います。
食べ終わって会計をしようとした時におばさんがやって来ました?帰って来ました?おばさんに『御馳走様!』とお金を払って店を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.29

麺屋 吉祥

吉祥 焼味噌つけ麺

妙高市(旧新井市)の「麺屋 吉祥」です。
国道18号線道の駅あらいと上信越道のハイウェイオアシスの両方から利用できます。食堂ミサやよしきゅうなどと3軒のラーメン店などがあります。
上信越道移動中の昼食で立ち寄りました。高速移動中には助かる施設です。
お店は、左側に厨房、厨房向きのカウンター席、奥に小上がり、中央から右側にテーブル席、更に右側には、壁で個室風に仕切ったテーブル席があります。落ち着いた和風レストランのような雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。平日のためか?お客さんがポツリポツリといる程度です。
メニューは、黒たまりと白煮干しから選択する醤油らー麺、塩らー麺、焼味噌らー麺、激辛味噌らー麺、油そば、つけ麺などとそれらにトッピングを加えたものがあります。食べていないものの中から焼味噌つけ麺にしました。
結構規模のあるお店なのにスタッフが少なめ、平日はお客さんが少ないためで
しょう。そういうことで、普通の待ち時間で出来上がってきました。
麺・つけ汁とも白い、らしい器に盛られてます。派手さのないつけ麺です。
麺は、細い縮れ、ラーメン用の癖のない麺ですが、物足りなさを感じます。
つけ汁は、焼味噌が上品に、しょっぱさを結構控えたものになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、きくらげなどシンプルです。
麺・つけ汁ともにおとなし過ぎてインパクトに欠けるような感じがしました。麺の量も1.5倍なんですが、それでも840円はお高い感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.28

あら川

あら川 らーめん(大)

上越市の「あら川」です。
県道579号線(上越大通り)沿いの上越市市民プラザの近くにあります。
上越市で早めのお昼です。お店の閉まる時間が早いあら川なのでこういう時にしか食べれません。久々に昔懐かしい味を楽しもうと思いお邪魔しました。
看板らしいものもないのですが、営業中は暖簾で判りますが、閉まると準備中の表示もなく、何の建物かすら判らなくなります。午後12時30分頃にスープ切れになります。待ちのお客さんの状況を見ながら暖簾を片付ています。
お店は、間口が広く奥行きのないカウンター席だけのお店です。中央に厨房があります。普通のラーメン屋さんのような大きな寸胴とかがなく、ちょっと質素な厨房です。もともとのラーメン屋じゃないような雰囲気です。左側に入口があり、入口寄り左側のカウンター席が食べる場所で、右側のカウンター席が待つ場所になっています。右側の右端に冷水機があります。セルフで水を用意して中央寄りから並んで待ちます。左側カウンター席のお客さんが食べ終わって席が空くと案内してくれ、右側カウンター席から空いた席に移動します。待ちの右側カウンター席は左側にスライドになります。午前11時30分に着きました。左側のカウンター席に座れるかと期待しましたが、右側のカウンター席に4人の待ちで、ちょっと待って左側カウンター席に移動出来ました。
メニューは、らーめん、らーめん(大)だけ、らーめん(大)にしました。メニューが少ないっていうのも、変に考えなくて良いのである意味楽です。
今日もいつものおばさん2人でやってます。納得のいくよう丁寧に作っているので多少時間がかかります。スープの良い香りがするので空腹時は辛いです。左側カウンター席までは早く着きましたが、その後の待ちは少し長めです。
鮮やかな雷文の白い器にあっさりしてそうな中華そばって感じのものです。
麺は、やや細の縮れです。強めの縮れもゆで加減が良くて気になりません。
スープは、綺麗な醤油色で、その見た目通り醤油の味をしっかり楽しめます。油も適度に浮いていますがこってり感はなく、逆にあっさりしています。醤油味・油・ダシなどバランスの取れた癖のない飽きのこないいいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
昔ながらのラーメンです。今では数少ないかなり好みのラーメンです。らーめん(大)が700円、普通盛りなら600円です。安くはありませんが、それ以上に楽しませていただきました。いつまでも食べれるよう願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.27

麺屋 愛心

愛心

新潟市の「麺屋 愛心」です。“あいしん”と読みます。
鍋茶屋の前、古町通から鍋茶屋通への光琳の参道のような路地にあります。
同僚とちょっと引っかけまして、食べたてことない愛心にお邪魔しました。
お店は、左端に入口があり、右に折れるとテーブル席のみの食堂があり、その先に厨房があるようですが見えないような造りです。食堂の床が大理石で、壁などもラーメン屋さんというよりもイタリアンなんかのお店のような雰囲気になってます。午後7時30分頃に着きました。満席に近く賑わっています。
メニューは、金色煮干し中華そば、金色煮干しチャーシュー麺、特製香味中華そば(塩)、特製香味チャーシュー麺、岩海苔中華そば、岩海苔チャーシュー麺、ニラそば、ニラダブルそば、麻婆麺、香辣麻婆麺と夜のみ営業のお店とは思えない充実振りです。お店の基本そうな金色煮干し中華そばにしました。
メニューに説明があります。愛心極上清湯スープのタイトルで、丸鶏・ゲンコツをベースに大量の野菜を長時間煮込み、旨みを最大に引き出した自慢の極上スープです。とのことです。金色煮干し中華そばについての説明もあります。上質な煮干しを大量に使用し、鮮烈な香りと優しさを併せ持つ金色に輝くスープ。とのことです。あまり期待しちゃいけないんですが期待が高まります。
待ちのお客さんがかなり多く、少し時間がかかって出来上がってきました。

愛心 金色煮干し中華そば

真白な器に澄んだ醤油色のスープがとても美味しそうです。久々のヒット!
麺は、やや細の弱い縮れ、歯切れの良い麺ですが、プリプリ感があれば…。
スープは、期待以上の好みです。煮干しと醤油の旨味がしっかり、絶妙です。香りを強調させることもなく、これぞ!王道的なあっさりしたスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、ねぎと充実です。
実に好みのスープでした。麺がもう少し細ければ、完全な好みのラーメンになります。これで680円です。いいお店が出来ました。他も楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 六綵亭

六綵亭 麻婆味噌ラーメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い所にあります。
新しいメニューで食べていないものもあった筈、久々におじゃましました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席が5席、左側にテーブル席2卓があります。小さめで木の質感が良く、夜に小料理屋でもやっても良さそうな雰囲気のお店です。午後12時20分前に着きました。カウンター席は満席、テーブル席に1人座っています。カウンター席が空いたら移ればいいかともうひとつテーブル席に座りました。その後に2人組みのお客さんが来て先から1人が座るテーブル席に相席、次の単独客が来てこちらのテーブル席に相席となりました。まあ、相席でもいいでしょうと思っていましたが、その後に空いたカウンター席に逃げられてしまいました。先の一人もカウンター席に移って…。
メニューは、みそラーメン、野菜みそラーメン(野菜がみその倍)、麻婆味噌ラーメン、ラーメン、冷し中華(夏季限定)などがあります。チャーシュー、メンマ、ワンタンなどのトッピングも豊富です。麺の量は、並150g、中200g、大280gから選択できます。中が50円増し、大が150円増しになってます。食べたことのないものから食べましょう。麻婆味噌ラーメンにしました。
今日も店主1人です。さすがに少し時間がかかって出来上がってきました。
真白な器に味噌か?麻婆か?どちらでも合ってそうなラーメンの登場です。
麺は、普通かやや細の縮れで、モチモチ感があるのに歯応えも楽しめます。
スープは、器の底にあったようですが、麻婆と混じり味はよく判りません。
トッピングは、麻婆豆腐と青ねぎのみです。麻婆豆腐が赤道食堂に似たあんかけが味噌味のものです。挽肉とザーサイの刻んだものが入っています。最初はそれほどと気付きませんでしたが、後から結構な辛味が忍び寄ってきます。
味噌ラーメンの上に麻婆豆腐がのったものを想定していましたが、汁なしに近い、赤道食堂の味噌ラーメンの麻婆版のような感じでした。ラーメン普通盛りが今でも500円で、麻婆味噌ラーメンが600円、ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.26

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後12時20分過ぎに到着。駐車場はほぼ満車でなんとか停めれました。
混んでいるだろうとの予測通り風除室には9人もお客さんが待ったいます。
今日は少しずつの進みです。30分程の待ってお店の中に案内されました。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良いとても綺麗な中規模のお店です。お店中央のカウンター席に案内されました。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
いつも早く出来上がるのですが、今日はやや遅めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで良く考えられてます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色です。煮干しの強い香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューはかなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、串カツ、冷やっこ、具入り油揚げの煮物の3種で、串カツはには合わせた野菜が添えられてます。お新香も3種。いつもことながら定食のしっかりさに関心させられます。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.25

メルシャンワインテイスティングパーティー

メルシャンワインテイスティングパーティー

清水フードセンター主催のメルシャンワインテイスティングパーティーに行ってきました。昨年に引き続きの2回目です。会場は万代シルバーホテル、午後2時から午後6時までの開催時間で好きな時間から好きな時間まで参加するものです。午後2時過ぎに会場に到着しました。受付にてティスティングするワインのリストとアンケート用紙が渡されます。リストには、ワインの生産者、国、地方、地区、原産地呼称、等級、酒税区分、使用品種、説明などが書かれています。5段階評価とコメントを記入する欄も設けられています。
会場の入っておつまみプレートをもらいます。しっかりお品書きもあります。
・シーフードマカロニサラダ
・パリパリチーズパン
・ホタテのスモーク風味
・ローストビーフ
・ハニーナッツ
各メニューの説明も丁寧に記載されています。
会場の周囲にスパークリング、白、赤と並べられています。中央には軽いおつまみがあります。43種のワインがあり、3種が有料試飲アイテムになっています。500円で3種とも飲めます。

飲んだワインです。

デコルディ ランブルスコ・アマービレ ドン・ジュセッペ ロッソ (イタリア)
デコルディ ランブルスコ・アマービレ ドン・ジュセッペ ビアンコ (イタリア)
バレリーナ アスティ・スプマンテ (イタリア)
G.A.シュミット ツェラー・シュワルツ・カッツ ゼクト (ドイツ)
ラ・ロスカ ブリュット (スペイン)
フランジア スパークリング (アメリカ)
サンライズ スパークリング (チリ)
サンライズ スパークリング ロゼ (チリ)
G.A.シュミット ツェラー・シュワルツ・カッツ・プリカッツ Q.b.A. (ドイツ)
ドメーヌ・デュ・パヴィヨン ブルゴーニュ シャルドネ2011 (フランス)
プードゥ シャルドネ&ペドロ・ヒメネス (チリ)
サンライズ カルメネール2012 (チリ)
トラピチュ ヴィンヤーズ マルベック2013 (アルゼンチン)
ギュギュッと搾ったサングリア 赤ワイン×オレンジ&カシス (日本)
ギュギュッと搾ったサングリア 白ワイン×ピーチ&マンゴー&オレンジ (日本)
日本果実のワイン きりりとりんご (日本)
日本果実のワイン ふうわりもも (日本)

有料試飲したワイン

シャンパーニュ・グルエ キュヴェ・デ・トロワ ブラン (フランス)
ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ レ・マルコンソール2012 (フランス)
シャトー・メルシャン 北信シャルドネ2014 (日本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.24

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけめん(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
駅南の弁天橋線を南へ、亀田駅からの道とを交差したさらに先にあります。
昨日のつけ麺が良く、まるしんのつけめんが食べたくなりお邪魔しました。
午後2時前と混雑時間を外して着きましたが、広めの駐車場はほぼ満車です。お店の中、風除室、お店の外とそれぞれ4~5人ほどの待ちができています。風除室に食券販売機があり、風除室に入ったところで食券を購入します。
メニューは、つけめん、つけ・ごまだれ、まるしんのらーめん、担々麺、マーボ麺、みそらーめん、タンメン、ワンタンメン、ワンタン、汁なしマーボ麺、もやしらーめん、野菜あんかけらーめんがあります。つけめん類は1玉~3玉まで0.5玉間隔で、らーめん類は大盛りもあります。セットメニューもあります。つけめん、つけ・ごまだれ、らーめんなどと半チャーハンのセットですが、割安感がないので遠慮しています。が、セットや手間のかかるらーめんは休日のためかお休み、お腹も空いたので、つけめん(2玉)にしました。
お店は、左側奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁を向いたカウンター席があります。白い壁と黒っぽいテーブルがシンプルで、窓が広くて明るい店内です。待っている間に店員が食券を確認します。風が強いためかお店の中にお客さんを入れます。帰る人の通るスペースを空けてましたが、お構いなしです。15分ほど待ってテーブル席に案内されました。マーボ麺がマスコミに取り上げられた時には、ほとんどのお客さんがマーボ麺を食べていましたが、つけめんにたいぶというかほとんどお客さんが戻ってきています。
あれ!?水が普通です。今までの水は飲めるようなものではありませんでしたが、普通に飲めるものになっています。金属製の器のためかと思っていましたが、同じ器が使われています。器のせいじゃなかったようです。良かった。
つけめんにしては細めの麺を使っています。早めに出来上がってきました。
麺は白、つけ汁は黒い器に盛られ、お盆に乗ってきました。つけ汁は白と黒の器がありますが、あまり決まりがなく使っているようです。つけ汁にトッピングが入っています。麺の器は、シンプルに麺のみが盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れです。太麺、コシの強い麺、パスタっぽい麺と主張の強い麺が多いつけめんですが、ごく普通、プリプリした歯応えが楽しい麺です。
つけ汁は、油が少なくあっさりした醤油味です。魚介の風味が豊かなものですが、魚粉のようなきつさはありません。少し酸味があり、辛味が残ります。
トッピングは、すべてつけ汁の器に盛られています。チャーシュー細切り、メンマ、もやし、わかめ、海苔などです。もやしが結構多めに入っています。
最後に割りスープでつけ汁を割って楽しみます。魚介系の風味が増してつけ汁とは別のもののように楽しむことができます。酸味もやや際立ってきます。
つけめん(2玉)は820円と少しお高いものになりますが、存分に楽しめました。お腹もいい具合になりました。妥当な線かな?好きなつけめんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.10.23

つけ麺酒家 SAKURA

SAKURA

十日町市の「つけ麺酒家 SAKURA」です。
十日町駅の北側の市道の西側にあります。
食べたことのないお店です。どんなものか食べてみようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、厨房の手前と右側に厨房向きのカウンター席、さらに手前に、座敷風の広々した小上がりがあります。和風な居酒屋さんがお昼につけ麺を提供している感じです。午後1時頃に着きました。結構賑わっています。
メニューは、居酒屋さんがお昼にちょっとやってる程度と想定してましたが、なかなかしっかりしています。特製つけ麺、辛味つけ麺、味玉つけ麺、キャベツのせつけ麺、キャベツと肉のせつけ麺、味玉あぶりチャーシューつけ麺、ゴロゴロ豚つけ麺、SAKURAスペシャル(300g)、ドカッとねぎつけ麺、特製みそつけ麺、黒ゴマ担々つけ麺、2色つけ麺、お子様つけ麺などがあります。麺量は通常太麺200g、大盛り(100g増)100円、特盛り(200g増)200円です。平日ランチは、それぞれ無料・100円増しとサービスになっています。熱盛りもできます。らあめん(細麺150g)もあります。とんこつらあめん、辛味とんこつらあめん、ドカッとねぎらあめん、キャベツのせらあめん、キャベツと肉のせらあめん、デラックスらあめん、黒ゴマ坦々麺(太麺でも可)、みそ豚骨らあめん(太麺でも可)、みそチーズ豚骨らあめん(太麺でも可)とつけ麺のお店とは、居酒屋の昼営業とは思えない充実振りです。特製つけ麺にしました。
他のお客さんは食べていて、つけ麺としては早めに出来上がってきました。

SAKURA 特製つけ麺(大盛)

艶黒の器に盛られています。トッピングの充実もありとても品があります。
麺は、やや太の縮れ、モチモチ感がいい感じに強い、つけ麺らしい麺です。
つけ汁は、醤油味しっかりの魚介豚骨、刻み玉ねぎとマー油が入ってます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻み海苔と豪華です。
標準的ですが、なかなか食べ易く仕上がったつけ麺でした。720円で大盛可とかなりお手頃です。細麺のらあめんも期待できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.22

麺亭 こがね

黄金 野菜みそ(細麺)

新潟市(旧白根市)の「麺亭 こがね」です。
国道8号線から少し入ります。黒崎寄りにある黄金団地交差点(白根大通病院近く)から東へ、住宅地の中を進むと突き当たり手前の右側ににあります。
メニューが豊富で食べてないものの多いお店です。久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。杉板でしょうか?木の質感が優しく、明るい店内です。午後12時20分頃に着きました。3割~4割ぐらいの席が埋まっています。
メニューは、こがねら~めん、鶏塩らーめん、ちゃーしゅーめん、ら~めん、岩海苔ら~めん、メンマら~めん、ソースら~めん、野菜しょうゆ、旨辛しょうゆ、野菜みそ、特製辛みそなどがあります。ら~めんがワンコイン500円です。メニューと別に全ての写真や特徴が壁に貼られています。とろみスープと書かれたものがいくつもありますが、とろみ無しや細麺に変更ができます。サイドメニューも豊富です。過去2回ほどお邪魔してまして、こがねら~めんとソースらーめんを食べています。秋らしく野菜みそ(細麺)にしました。
セルフのおしぼりを用意しての待ち、普通の待ちで出来上がってきました。
黒い器に、昨日と同じ、もやしなど野菜炒めがたっぷりと盛られています。
麺は、やや細の縮れ、食感など特別どうこうないのですが食べ易い麺です。
スープは、味噌なんか嘘だろうと思わせるほど醤油味に近いあっさりです。
トッピングは、もやし。キャベツ、人参、玉ねぎなどのとろみ炒め物です。
麺が好みでスープは控えめ、たっぷり野菜で700円、ちょっとお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.21

ラーメン 東横 愛宕店

東横愛宕 野菜みそラーメン

新潟市の「ラーメン 東横 愛宕店」です。
紫鳥線を女池からさらに鳥屋野方向へ、新幹線を潜った先の左にあります。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店の一店で、新潟市内に5店あります。
昨日の青島もそれほどしょっぱさがなく、しょっぱいラーメンが食べたくなりました。しょっぱいラーメンなら味噌か醤油でしょう。富山ブラックのようなしょっぱい醤油ラーメンが食べれるお店も思い浮かばず、しょっぱい味噌ラーメンが食べられる東横にします。車が停め易い愛宕店にお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。建物がガラス張りでラーメン店に見えませんが、中もそんな感じ、広々したフロアに小さなテーブルが並んでいます。正午過ぎに着きました。半分ほどのお客さんの入りです。その後、多少は賑わってきました。
メニューは、味噌・醤油・塩の各味ラーメン、つけめんを始め、チャーシューや野菜を加えたものなどいろいろと揃っています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と調整できます。デカ盛り系のとうじろうとよこじろうは見つかりません。野菜みそラーメンにしました。
細麺も対応してもらえるようで、麺の太さを聞かれます。太麺にしました。
今日は、お客さんが少ないこともあってか、早めに出来上がってきました。
すり鉢のような厚い器で、その中央にもやしの山がどーんと聳えています。
麺は、太い縮れの少し硬めでモチモチしています。濃厚スープに合う麺です。好みとは少し違いますが、野菜を食べていると好みの硬さになってきます。
スープは、割りスープが付くぐらい味噌味が濃厚なものです。かなりしょっぱいものになります。味噌の旨みと自然な甘さが特徴のスープです。割りスープで割り易いようにか?少なめです。麺や野菜などを食べて、濃いめのスープを直接飲んで楽しみます。その後で割りスープを入れて普通か少し薄味ぐらいにして飲み尽くします。愛宕店は小さなポットに入っていていつも熱々です。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物だけです。ほとんどがもやしです。
濃厚なスープと火の通り具合の良いもやしの絡んだ味と食感を楽しみます。
好きになるというよりも癖になるラーメンです。食べる程に好きになります。割りスープで遊べるのが嬉しいです。大盛並みにお腹いっぱいになりました。野菜みそラーメンは810円です。今ではお得にさえ思えるの値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.20

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び下手になります。
いろんなラーメンを食べたので味覚をリセットしようかとお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右側に広い厨房、左側奥から手前にかけての長いカウンター席だけのお店です。飾り気がなく、開放感のあるラーメン専門店らしい雰囲気です。午後12時20分前に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。今日は少なめです。入口を入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。好きな1つのスープで勝負している店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが好みにトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。大盛りの50円増しも助かります。ちょっとお腹が空いてしっかり食べたい、肉はそれほど食べたくもない感じです。ラーメン+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。
カウンター席の中央に空席があります。席に座り、食券を出して待ちます。
スタッフが1名ですが、少し待ったかなって程度で出来上がってきました。
鳳凰の綺麗な模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながら掛けます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さと普通の縮れ具合、これといった特徴のある麺ではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランスの良さが楽しいものです。
スープは、醤油色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。その旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒がきりりと味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、刻みねぎなどです。増量したほうれん草で野菜をたっぷり採った気になります。増量したねぎの香りと食感でスープを最後まで爽やかに飲み干すことが出来ました。
普通で好みの麺、醤油と生姜が効いたスープ、増量でより充実のトッピング、黒胡椒の香りを加えて最後まで楽しくいただくことができました。値段的には770円+100円=870円と少しお高いものになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.19

ちゃーしゅうや武蔵 女池インター店

武蔵 女池インター店

新潟市の「ちゃーしゅうや武蔵 女池インター店」です。
紫鳥線沿いにあります。女池から鳥屋野方向へ、少し走った先の左側です。
「吉相 女池インター店」が県庁近くに移転し、その後の建物になります。
安定した人気を誇っていた吉相ですが、ちゃーしゅうや武蔵になりました。
お店は、奥に厨房、手前中央には配膳スペースを囲うようにカウンター席、右側と手前はテーブル席、左側に小上がりがあります。木の感触を楽しめる最近のラーメン屋さんに多い雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。吉相当時からは信じられない程…。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、からし味噌らーめん、からし味噌ちゃーしゅーめん、らーめん、ちゃーしゅうめん、つけめん、旨辛つけめん、冬季限定の辛味噌麻婆麺などがあります。普段はからし味噌らーめんですが、今回はらーめんにしました。
お客さんが少ないことがあってしょう?結構早めに出来上がってきました。

武蔵女池インター店 らーめん

青の鮮やかな器に醤油色のあっさりしてそうな、安心できる仕上がりです。
麺は、やや細の緩い縮れ、まあいい食感ですが、もう少し細めが好みです。
スープは、醤油味で見た目よりも薄味です。最初に動物臭さ?があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔などです。
動物系と魚介系のWスープとのことですが、薄味であまり楽しめません。もう少ししっかり味わってみたかったです。これほどの薄味なら細麺が合うでしょう。640円のメニュー表記は税抜きらしく、会計は691円でした。高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.18

麺家 太威

太威 濃厚チーズみそラーメン

新潟市の「麺家 太威」です。看板にDAIとあり、ダイと読むようです。
竹尾インター近く、赤道の1本東の道沿いあります。コメリの斜め裏です。
子供を資格試験に送った帰り、なにか食べて帰ろうと久々にお邪魔しました。最初はたまる屋で食べようと思ったのですが、列びが凄く多く諦めました。
お店は、左側に厨房、中央に背中合わせ(厨房向きと内壁向き)のカウンター席、右側に小上がりがあります。落ち着いた雰囲気のお店です。午後1時30分過ぎに着きました。お昼時間も遅めになったためか7割~8割ぐらいのお客さんの入りとすぐに座れました。入口を入ってすぐ食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとそれにほうれん草、メンマ、岩のり、のり、ネギ、野菜、チャーシューを加えたもの、味噌ラーメン、四川風マーボー麺などがあります。麺の増量は、太威盛り(1.5玉)、特太威盛り(2玉)、爆太威盛り(2.5玉)、超爆太威盛り(3玉)が用意されています。四川風マーボー麺は、辛さが1辛~3辛が選べます。サイドメニューは、キャベチャ丼やまかない丼などがあります。他にも期間限定!でKomachiラーメングランプリエントリラーメンがあり、その濃厚チーズみそ担々麺を食べてみることにしました。
食券を渡すと麺の太さを聞かれます。細麺と太麺があり、細麺にしました。
いつも早めに出来上がるお店ですが、今日も早めに出来上がってきました。
黒い器に担々麺らしい表面、チーズとほうれん草がかなり美味しそうです。
麺は、細めの弱い縮れ、食感が良く主張し過ぎないバランスの良い麺です。
スープは、胡麻の風味とまろやかさが効いた担々麺らしいものです。麺を食べているときは良いのですが、スープだけを飲むとちょっと書っ羽目です。
トッピングは、挽肉の芝麻醤、ほうれん草、チーズ、糸唐辛子、ねぎです。
麺が好みで、胡麻の楽しい味噌味にチーズ、楽しめました。860円とお高いお昼になりましたが、いろいろお高くなっている中、まあいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.17

だるまや 女池店

だるまや女池店 だるまラーメン

新潟市の「だるまや 女池店」です。
紫鳥線沿いにあります。女池IC~桜木ICの間、女池インター寄りです。
財界新潟の紙面を賑わせてから足が遠退いていて、久々にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側と奥にテーブル席があります。木をふんだんに使ったラーメン屋さんでよくある造りです。午後1時30分頃に着きました。列びも覚悟でしたがお店の中へ、混んではいますがカウンター席が空いています。セルフのおしぼりを持って座ります。
メニューは、和風とんこつのだるまラーメンと味噌ラーメン、それらにトッピ
ングを加えたものがあります。基本的な線でだるまラーメンにしました。
スタッフが多く、いつも早いのですが、今日も早く出来上がってきました。
赤い縁の白い器にチャーシューなどのトッピングで麺が見えない状態です。
麺は、普通太の縮れです。モチモチ感からの存在感がある食べ易い麺です。
スープは、動物系旨みと魚介系風味が程良い醤油味で仕上がげられています。以前より背脂が多めです。こってり感の強い背脂でかなりきつく感じます。
トッピングは、チャーシュー、たっぷりのもやし、海苔、青ねぎなどです。
癖のない食べ易い麺、旨みのスープ、食べる度に背脂の量が増えているような気がします。もう限界かな!630円から680円と値上がりしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.16

らーめん 左助

左介

石川県金沢市の「らーめん 左助」です。
金沢市の西寄りです。地理が良く判らないのでナビ任せでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前左右にテーブル席があります。午後12時30分頃に着きました。満席に近い状態で、2人用のテーブルが1卓空いていました。
メニューは、らーめん、左助DX、ちゃーしゅーめん、カラごまらーめん、カラ胡麻スペシャル、胡麻味噌、黄箔麺、台湾まぜそばなどがあります。らーめんにしようかとも思いましたが、滅多に来れないので左助DXにしました。
メニューに撮影禁止のマークがあり、撮影する時はお声がけください的なことが書かれています。メニューの説明もありますが、うる覚えの記憶です。らーめんは、節(鰹、宗田、鯖)と羅臼昆布・内モンゴルの塩から作られたタレと鶏と香味野菜のスープを合わせているようなことです。左助DXは、らーめんにちゃーしゅー1枚、海苔2枚、味玉半個を加えたものとのことでした。
お昼時の賑わいもあってか少し待ったかなって頃に出来上がってきました。
左助DXの写真を撮りたいとスタッフに言うとふたつ返事で大丈夫でした。

左介 左介DX

白い逆三角形の深い器に追加されたトッピングで、とても豪華に見えます。
麺は、細麺の弱い縮れ、九州ラーメンのような歯切れの良さを楽しめます。
スープは、塩なのに塩を感じさせない旨み、あっさりまろやかなものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、味玉半個、海苔2枚、多めのねぎと充実しています。トッピングの充実って嬉しくなります。
麺が楽しく、スープが塩なのに美味しく、チャーシューが好みと違った味付けでしたがトッピングが充実して。らーめんが700円で左助DXが830円とそれほど値段差がなくても楽しめました。元のらーめんが少しお高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.15

麺屋 ななひら

ななひら 塩らーめん

新潟市の「麺屋 ななひら」です。
大堀幹線に沿いの小針病院近くです。ラーメン富士がやっていた建物です。
オープン以来2回ほど食べました。久々に食べてみようとお邪魔しました。
建物共有駐車場は狭いのですが、ちょうど正午に着いたので空いています。
お店は、左側奥に厨房、手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側の手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。中規模の広々して落ち着いた雰囲気のお店です。まだ時間が早いようでぽつりぽつりとお客さんがいる程度です。
メニューは、魚介薫るななひらイチオシの塩らーめんと塩ちゃーしゅーめん、ボリュームたっぷり野菜たんめん、数量限定ややこってりの塩とんこつの極塩らーめんと極塩ちゃーしゅーめん、あっさり醤油の中華そばとちゃーしゅーめん、数量限定まろやか黒醤油とんこつのこくまろ醤油らーめんとこくまろ醤油ちゃーしゅーめんがあります。塩・醤油ともとんこつが太麺、その他は細麺が基本で、変更もできます。トッピングの追加やサイドメニューも豊富に用意されています。その他にも期間限定!Komachiラーメングランプリエントリラーメンのえびの香りのカレーらーめんもあります。塩らーめんにしました。
その後賑わってきましたが早めに注文でき、早めに出来上がってきました。
青い模様入りの白い器に、塩の透き通ったスープとトッピングが映えます。
麺は、癖のない細い縮れ、もう少しプリプリなら好みの麺なのですが…。
スープは、透き通って塩にありがちなえぐみもなくスーっと入ってきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、海苔、ねぎ、梅干しです。梅干しは種なしの半個分です。ラーメン店の梅干し旨しです。
最近の塩ラーメン店は、美味しい塩ラーメンを提供してくれてると思います。麺が少し好みと違いますが、珍しくスープが好みの塩らーめんです。690円と少しお高いような気もしますが、味玉半個と梅干しでお得にも思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.14

蓬来軒

蓬来軒 麻婆めん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
朝晩少し寒くなってきました。冷し以外も食べてみようかとお邪魔しました。お店は、右側に厨房、中央と厨房手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。正午過ぎに着きました。まだ4~5割の席が埋まっている程度です。早いためかかなり空いています。
メニューは、カラー写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類を中心にご飯ものもあります。麺類は中華系を中心に豊富です。普通のラーメンも美味しいけど焼きそばも美味しく悩みますが、麻婆めんにしました。
お客さんが増え、満席に近い賑わいになってきました。手間のかかる中華系メニューが多く、混み合っている日は結構時間がかかることもあるのですが、今日はお客さんで賑わう前に注文できたので、早めに出来上がってきました。
白い器の周囲に淡いスープとスープ越しの極細麺が、中央に麻婆豆腐です。
麺は、極細く少し弱めの縮れが入ったものです。シコシコプリプリした歯応えの楽しい麺です。いろいろな細麺を食べましたが、トップクラスの麺です。
スープは、淡く透き通っています。らーめんのスープのかなりの薄味です。
トッピングは、麻婆豆腐のみ、豆腐と挽肉だけで辛さはしっかりありますが、しょっぱさや豆板醤のような醤の味わいがなく、少し物足りない感じです。
とにかく好きな麺ですが、スープの薄味と麻婆の薄味で健康的ですが、物足りなさの残る一杯でした。なので800円もちょっとお高い感じが残ります。安福亭に行くのが良さそうです。新潟に支店作って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.13

らーめん家 和玄

和玄 ねぎみそらーめん+からみそ(半分)

新発田市の「らーめん家 和玄」です。
国道7号線沿い、交通情報の渋滞で時々名前の出る城北町交差点の近くです。回転寿司と同じ敷地内にあり、広めの駐車場も共同利用になっています。
自宅に帰っての夕食を予定していましたが、かなりお腹が空きました。新発田市で食べて帰ります。久々に和玄のラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、右側の奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。木をふんだんに使ったラーメン屋さんらしい造りです。午後7時10分頃に着きました。6~7割ぐらいのお客さんの入り、若い人のグループで小上がりが賑わっています。カウンター席にはそこそこ空きがあり、座れました。
メニューは、らーめんとみそらーめん、それらにねぎやチャーシューを加えた組み合わせがあります。オープン当時から全く変わっていません。前回、価格改訂の貼紙がありましたが、らーめんで30円程の値上げと頑張っています。応援しようかとねぎみそらーめん+からみそ(半分)にしました。
お喋りに没頭のお客さんがほとんどで、結構早めに出来上がってきました。
すり鉢に似た重量感のある器の中央に、雪山のようにねぎが聳えています。
麺は、やや細めの縮れ、変わり映えのない麺ですが、旨みが感じられます。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌の旨みに背脂の旨みが加わります。しょっぱさやこってり感、味噌味のバランスが良く、甘みがやや強調されています。好みが分かれるような甘さかも知れませんが、かなり好みの甘さです。
トッピングは、中央にもやしとキャベツの炒め物、その横にはメンマ、器の縁には4枚のチャーシュー、味玉、そして真ん中に雪山のように白髪ねぎ、さらに万能ねぎがのります。野菜の炒め物とねぎでいいボリュームになります。
半分ぐらい食べたところでからみそ(半分)をスープに溶かします。今までの甘めのスープがきりりとします。他でもからみそを食べていますが、これほど元のスープが美味しく、からみそを加えても美味しいのはなかったです。
みそらーめん750円にねぎをのせて900円、からみそ(半分)が40円です。かなり満足の好みの味ですが、940円はちょっとお高いような気がします。ねぎってラーメン屋さんのいい儲けになるらしいけど…。ねぎが食べたくなったら安福亭に行くのが良さそうです。新潟に支店作って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂

山形県山形市の「蔵王温泉 大露天風呂」に行ってきました。
蔵王の立ち寄り湯で入りたかった温泉です。ようやくお邪魔出来ました。
蔵王温泉のかなり上部にあります。案内看板を見落とさずに辿り着けました。
広い駐車場があり、その一角に入口があります。沢沿いに下りるようです。
敷地内が撮影禁止となっているため、残念ながら写真はありません。
先に進むと建物があります。男湯と女湯が左右に別れ、真ん中が受付のようになっています。大人が470円で、小人が260円と半分ではありません。
沢の下流に男湯があります。上流が女湯でしょう。真ん中の奥に休憩所風になっています。脱衣所は、コイン式のロッカーで有料(100円)です。
大きな石で作られた浴槽は、温度が違う2段式になっています。大露天風呂ということで草津温泉の西の河原露天風呂を期待しましたが、ちょっと小規模でした。沢沿いの谷にあるため展望ももうひとつです。ただ、温泉のお湯は申し分ありません。ひっそりと奥まって温泉を楽しむ雰囲気でしょうか。

泉質: 含硫化水素-強酸性明礬・緑礬泉
ph:  1.4 (強酸性)
効能: 皮膚病・胃弱・美肌・神経痛・疲労回復…など

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤養助 総本店

佐藤養助 総本店

秋田県湯沢市(旧稲川町)の「佐藤養助 総本店」です。
湯沢市から栗駒山山麓を通り宮城に抜ける国道398号線沿いにあります。
稲庭うどんを購入して食べていますが、本物というか、作っている人が食べて欲しいという味を提供しており、味わってみようとお邪魔しました。
近くに行くと、それらしい綺麗で古風で大きな建物があります。周辺に駐車場があり、平日にも関わらず誘導員が2人も誘導するほど賑わっています。
建物に入ると秋田の特産品販売コーナーがあり、そこからお食事処の入口があります。奥には製造工程見学コーナーがあり、見学もできるようになっています。選別作業だけが行われていました。生地など触れる展示もあります。
お食事処は、入口前に名前と人数を書いて待つようになっています。午後12時10分過ぎに着きましたが、何組か待っています。それほど待たずに案内されました。中央に大きな1枚板のテーブルがあり、カウンター席のような使い方になっています。周囲にテーブル席が配置されています。数卓ですが小上がりもあります。昨日と同様に年配のお客さんが凄いです。
メニューは、新潟のメジャーなへぎそば店のメニューに似ています。天ぷらやいろんな組み合わせがあります。シンプルに醤油せいろにしました。子供は二味せいろ、後で少しだけ胡麻味噌を味わさせてもらいます。
凄い混みのような気がしましたが、それほど待たずに出来上がってきました。

佐藤養助総本店 醤油せいろ

せいろに盛られたメニュー写真ですが、瀬戸物の器に盛られてきました。
半透明のように少し透き通ったうどんです。細い平打ちのうどんでいい食感です。ちゃんと一人前のボリュームもあります。醤油のつゆは癖がなくいい感じで食べ進められます。胡麻味噌はちょっと食べるにはいいけど、多く食べるには食べているうちに飽きがきそうな感じもします。
醤油せいろは780円、二味せいろは880円です。稲庭うどんは結構高価なものですが、現地で食べるものは原価じゃないかのようなお手頃感です。

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.10.12

そば うどん 味穂

味穂 カレー旨~めん

秋田県大仙市(旧中仙町)の道の駅「なかせん ドンパン節の里」です。
国道105号線沿いにあります。こめこめプラザ(米関連展示)と野菜など直売コーナー、お土産品コーナー、あられなど米菓工場も併設されています。
その道の駅のそばとうどんなどの軽食コーナーで、特に名前が見つからなかったのですが、入口の看板に名前がありました。“そば うどん 味穂”です。
道の駅の軽食コーナーなのでPA/SAよりもちょっと垢抜けしていない感じです。午後2時過ぎに着きました。他にお客さんが1組と空いています。
メニューは、おそばとうどんが中心で、かけ、月見、天ぷら、天玉、山菜、冷しなど一般的なものの他に、チャーシューもあります。旨~めん、カレー旨~めん、カレーうどん、中華そばもあります。カレー旨~めんにしました。
かけそばが450円、天ぷらそばが550円と高めです。カレー旨~めんは580円。前金制です。旨~めんは550円です。
麺は、中華麺と言われていて、普通の太さの縮れ、癖のない食べ易い麺です。スープは、うどんやそばのつゆにカレーを入れ溶かします。いい仕上りです。以前は、うどんやそばのつゆがかけられ、それにカレーがかけられてました。
トッピングは、小さいかき揚げとカレーに入っていた小さいお肉とねぎです。
昔のようなお手頃感はありませんが、懐かしい味を楽しませてもらいました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.11

黒湯温泉

秋田県仙北市(旧田沢湖町)の乳頭温泉郷のひとつ「黒湯温泉」です。
天気予報はあまり芳しくないのですが、紅葉と温泉を楽しもうと考えました。露天風呂の温泉とそこから紅葉を一緒に楽しめそうな温泉はいくつもありますが、泉質が硫黄で白濁の温泉、今紅葉していてブナ林の綺麗な温泉がいいかなと思います。乳頭温泉郷の蟹場温泉か黒湯温泉が思い浮かびましたが、蟹場温泉は冬場でも楽しめるので、営業期間の短い黒湯温泉にしました。

黒湯温泉①

田沢湖畔から秋田駒ヶ岳の山頂が見えました。天候は思わしくないのですが、秋田駒ヶ岳裾野に位置する乳頭温泉郷ですから、ガスってはいないようです。時折小雨の降るなか乳頭温泉郷を目指すと、徐々に木々の葉の色が色付いているのが判ります。国民休暇村手前のスキー場だった辺り色付いています。

黒湯温泉②

さらに国民休暇村前から黒湯温泉への道に入ると美しすぎるブナ林への道になります。やや林道っぽい道は想定した美しい林の中の道です。散策道が整備され、雨でなければ一日中居たいような美しすぎるブナ林が広がっています。
奥まった場所に駐車場があります。黒湯温泉は乳頭山登山口でもあり、そこそこの広さのある駐車場ですが、すでに満車に近いほど車が停まっています。

黒湯温泉③

駐車場からコンクリートを打った小道を下る黒湯温泉があります。本館なんでしょうか?入った近くの事務所にお金を払います。大人一人510円です。

黒湯温泉④

施設的には、旅館棟、自炊棟、離れ、男女別湯、うたせ湯、混浴湯などの建物が点在します。湯畑の左奥にある離れですが、昭和39年に高松宮様が春スキーで滞在したそうで、そんなに高くもなくいつか泊まってみたいものです。
お腹が空いています。まずは腹ごしらえ、値段が高そうであまり利用しない宿泊施設の食堂ですが、山奥の温泉宿の食堂はどんなものか利用してみます。

黒湯温泉⑤

受付の向かいに黒湯食堂があります。靴を脱いで上がると、畳の部屋にテーブル席があります。定年後の旅行風の夫婦で埋め尽くされていますが、1卓だけですが、空いていました。場違いな感じですが、いただくことにします。

黒湯温泉⑥

メニューは、カレー定食、牛丼定食、うどん定食、そば定食、おむすび定食、きりたんぽ定食、単品などがあります。そば定食(冷)にしました。
待たされるかと思いましたが、とんでももなく早く出来上がってきました。

黒湯温泉⑦

ざるそばに温泉玉子、お新香、小鉢は切り干し大根の煮物が付いています。
ざるそばには気持ち程度ですが刻み海苔がかかっています。田舎蕎麦はちょっと苦手ですが、細めでコシも強すぎず、食べ易い好みのお蕎麦でした。

黒湯温泉⑧

子供が食べた温かいお蕎麦です。温かくても美味しそうなお蕎麦です。
これで750円、田舎の物価がちょっと嬉しいお蕎麦を楽しめました。
温泉施設は、混浴の内湯と露天と打たせ湯、男湯の内湯と露天と旅館部内湯、女湯が内湯と露天と打たせ湯と旅館部内湯、男女共用打たせ湯があります。

黒湯温泉⑨

まずは男湯の内湯と露天風呂に入ります。もう少し下るのですが、湯畑や離れを見渡せるようになっていて、紅葉が情緒のある景色に彩りを添えます。

黒湯温泉⑩

男湯は、昔ながらの温泉らしいものです。内湯は黒くなった木の浴槽で小さな窓から紅葉の山が見えます。半透明のような温泉には小さな湯の花が混じります。露天からは紅葉がさらに広がり、身体も目も癒されます。いい季節です。写真を撮りたかったのですが、旅行客が多く文句言われそうで止めました。
次は混浴、小さめの建物です。左に男女別の脱衣所、右に内湯、奥に露天があります。脱衣所~内湯~露天といった一般の並びと少し違います。こちらも見事な紅葉を楽しめます。混浴は、もともと撮影禁止になっています。

黒湯温泉⑪

帰りに沢水で冷やされたラムネか温泉玉子か?温泉玉子を…。1個60円。

黒湯温泉⑫

昔ながら茅葺きの屋根の建物と昭和に増築したであろう新しい建物の共存する温泉です。冬季閉鎖の雪深い場所にひっそりと。白濁した硫黄の大好きな温泉です。いずれはのんびりと自炊棟で長期の湯治をしてみたいものです。

料金 510円
泉質 単純硫化水素泉、酸性硫黄泉
効能 高血圧症、動脈硬化症、抹消循環障害、糖尿病他
時間 9:00~16:00(冬期休業)

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.10

ラーメン わらふく

わらふく 辛ネギ焙煎黒味噌ラーメン

新潟市の「ラーメン わらふく」です。
東地区、県道3号線(旧国道7号線)沿い、イオン新潟東近くにあります。
オープン当時以来、久々にお邪魔しました。1周年記念の花輪があります。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、その手前にカウンター席、さらに手前と左側には小上がりがあります。綺麗でラーメン店とは違った落ち着きがあります。午後1時50分頃に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、味噌がとんこつ味噌の肉わらふくラーメンと野菜わらふくラーメン、熟成味噌の肉味噌ラーメンと野菜味噌ラーメン、醤油がコク旨の醤油ラーメン、塩が旨塩の塩ラーメンがありました。いずれにもギョータンをトッピングされたものが、とんこつ味噌と熟成味噌には辛ネギわらふくラーメンと辛ネギ味噌ラーメンが新たに提供されています。ギョータン!?説明があります。餃子でもない、ワンタンでもない、全く新しいラーメンのトッピング、その名も「ギョータン」。ギョータンのふっくらやわらかでコクのある味が、わらふくの濃厚なラーメンによく合います!ってことですが、結局、具体的な説明もなく、餃子とワンタンの中間のようなものでしょう。期間限定!Komachiラーメングランプリエントリラーメンの辛ネギ焙煎黒味噌ラーメンにしました。
空いていることもあるのでしょう。思いの外、早く出来上がってきました。
和風の趣のある渋い器、たっぷりの野菜とネギがその表面を覆っています。
麺は、普通太の縮れ、角がしっかりしていて平打ちっぽい好みのものです。
スープは、味噌の味があまり感じられず、こってり、好みとは違いました。
トッピングは、辛ネギ、もやし・キャベツ・人参の野菜炒め、チャーシュー、煮玉子半個、紅生姜、青ねぎです。辛ネギは、ねぎをラー油で絡めたもの。紅生姜で長岡生姜醤油のような味になればと思いましたがなりませんでした。
こってり感のあるスープなので、味噌の味がもう少しストレートに味わえればと思いました。880円とお高いラーメンですが、いい線なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.09

味の横綱

味の横綱 横綱しょうがチャーシュー+煮玉子

柏崎市の「味の横綱」です。
柏崎市の山寄り、県道522号線沿い、新潟工科大学入口近くにあります。
柏崎での昼食です。食べてないメニューの多い味の横綱にお邪魔しました。
お店は、奥にオープンな感じの厨房、厨房の左側と手前にカウンター席、その手前左側と中央にテーブル席、右側に小上がりがあります。明るく大きめお店です。午後12時30分頃に着きました。6~7割のお客さんの入りです。
メニューは、白醤油を使用したサッパリの白、黒醤油を使用したしょっぱめの黒、それら醤油に野菜を加えたもの、厳選した白味噌のみそ&辛みそ、ミネラルたっぷり笹川流れの塩を使用した塩、黒醤油ベースに生姜たっぷりの横綱しょうが、いずれにもそれらのチャーシューとスーパーチャーシューがあります。てんこもりと銘打った全食材投入型のラーメンもあります。横綱オールスターズと横綱スーパースターズがあります。白醤油ですが、黒醤油、みそ、塩にも対応できます。曜日替わりのサービスがあります。火…気まぐれサービスデー、水…水玉の日(煮玉子¥10)、木…大盛サービス(大盛¥10)、金…黄金の稲穂(ライス¥10)、土…餃子サービス(餃子¥100引)、日…チビッ子の日(お菓子プレゼント)となります。お腹もかなり空いているので奮発して横綱しょうがチャーシュー+煮玉子+ライスにしました。
出来上がり待ちのお客さんも多かったのですが普通に出来上がってきました。
白い器に黒い醤油色のスープ、トッピングなどの雰囲気が青島に似ています。
麺は、中細の縮れでシコシコと歯応えが良く、スープとの絡みも良い麺です。
スープは、メニューの説明にもある通り少ししょっぱ目です。ダシと醤油の旨味を楽しめるものです。黒胡椒を途中で加えると長岡生姜醤油に似てきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔、ねぎ、さらに追加の煮玉子です。せっかくチャーシューメンにしましたが、チャーシューは塩で味付けの軟らかい苦手なタイプのものでした。記憶力があれば…。
しょうが醤油を楽しむラーメンでした。ライスは盛りがよく、830円+60円+10円で900円で、とてもお手頃に楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.08

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ+たまご

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
巻地区のお昼。野菜味噌ラーメンが食べたくなり、久々にお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないよう前の道に路駐となります。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じで、さらに奥行きのある店内です。右側に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。お店の中にお客さんが3人も列んでいます。
タイミングが悪いようで、そこそこ待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンと野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。トッピング追加は、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまご、大盛りまでもが50円増しとお手頃です。お腹が空いていることもあって、今日はちょっと豪華にいこうかと思います。野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ+たまごにしました。
注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人です。注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、ゆで野菜の淡い緑がとても綺麗です。
麺は、細い縮れ、普通の麺のように見えますがツルツル感やモチモチ感、歯応えなどバランスが整った麺です。スープとの絡みも良くて食べ易い麺です。
スープは、白味噌仕立てで適度な油もあります。まろやかなのにあっさりしていて、味噌の旨味と甘さ、しょっぱさのバランスが良い優しいスープです。
トッピングは、ゆでたキャベツともやしです。キャベツは、ゆで加減が良くレタスのような食感です。味噌味の優しいスープと相まって温野菜のようです。それにチャーシュー、メンマ、たまごが加わります。たまごはゆでですでにスライスされています。
細縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感を楽しんで、さらにチャーシュー、メンマ、たまごを楽しみました。野菜味噌ラーメン700円+150円、合計で850円とお手頃ではありますんが、好みのラーメンを好みに変化させ楽しみました。まあまあいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.07

中華そば 宝来軒

宝来軒 特つけ麺魚介豚骨つけ汁(大)

上越市の「中華そば 宝来軒」です。総本店と言っているようです。
高田駅前通り、知命堂病院脇の路地を入ったところです。(一方通行の逆)
つけめんなど新たなものにも積極的に取り組んでいる老舗の中華そば店です。出張者と一緒のお昼、老舗店の味を楽しんでもらえればとお邪魔しました。
お店の近くの駐車場に4台分の駐車スペースがありますが、すでに満車です。提携している5番街駐車場に車を停めました。近場にある広い駐車場です。
お店は、右側に厨房、左側中央に手前と奥からの向い合わせのカウンター席、その手前と奥にテーブル席があります。黒基調の落ち着いた雰囲気です。今までのレトロ感漂うテーブル席とは全然違います。午後12時20分過ぎに着きました。8割程度のお客さんの入りですが、一緒に座れるスペースはありません。2階へ案内されました。2階は改装前と同じで、真ん中に通路があり、両側に小上がりがあります。2人組のお客さんが1組と2階は空いています。
メニューがまたまた一新されています。折りたたみ式のメニューで、最初に特つけ麺が書かれています。魚介豚骨つけ汁、坦々つけ汁、味噌つけ汁の3種類があります。いずれも熱盛りができ、麺の量が小200g、並300g、大400gから選べます。同じ値段です。煮干し中華ソバ、肉煮干し中華ソバ、トクラーメン、トクモヤシラーメン、タンメン、サイドメニューなどもがあります。より一層シンプルになりました。特つけ麺魚介豚骨つけ汁(大)にしました。
混みもあるでしょう。普通よりも少し待った感じで出来上がってきました。
麺は、太く緩い縮れ、今日は表面が軟らかめで中心部がモチモチしています。なんかモチモチ感の強いうどんを食べているような錯覚をしてしまいます。
つけ汁は、醤油味がしっかり且つまろやか。鰹節の香りがかなり強めです。
トッピングは、麺に海苔、つけ汁にサイコロ形チャーシュー、メンマ、味玉半個、鳴門、ねぎです。チャーシューは炙られていて豪華な印象が残ります。
400gの麺の量を心配しましたが、大丈夫!食べれました。なかなか充実のつけ麺ですが、850円に税が加わり、918円といいお値段になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.06

らーめん 源次郎

源次郎 けにじろう玉子

新潟市の「らーめん 源次郎」です。
寺尾駅近く、西大通り(旧国道116号線)沿いのマルイの隣になります。
西地区でのお昼です。野菜をたっぷり食べようかと思い、お邪魔しました。
駐車場がありません。マルイ駐車場を利用、帰りにお茶を買って帰ります。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。ちょっと古そうな庶民的な雰囲気です。午後12時30分に着きました。6~7割のお客さんの入りとそれほどの混みではありません。
メニューは、背脂しょうゆ、とんこつ野菜、汁なしに別れています。背脂しょうゆは、らーめん、味玉らーめん、岩のりらーめん、ちゃーしゅーめんがあります。とんこつ野菜は、けにじろう、けにこ(小盛 味玉メンマ入)、けにじろう玉子、けにじろう肉があります。汁なしは、油そば、油そば野菜、油そば肉・油そば専用ライスがあります。その他にオリジナルのこってり味で夜だけ提供のけにたんめんがありましたが、名前だけ上にシールが貼られています。背脂の量を調整してもらえます。ラーメン二郎インスパイア系です。最近、野菜を食べていないような気がします。奮発してけにじろう玉子にしました。
お客さんが少ないと思っていましたが、その後、満席近く賑わってきました。普段から出来上がりの早いお店です。かなり早めに出来上がってきました。
中華そばなどで使われる普通の大きさの器に山盛りの野菜は迫力あります。
麺は、デカ盛りでは珍しい細麺です。縮れも弱めで普通に食べ易い麺です。
スープは、動物系の旨みとしっかりした醤油味が特徴的なもので、その上には背脂が浮いています。普通の量の背脂でもこってりしています。野菜を浸して食べるといい味になりますが、スープだけを飲むと少ししょっぱめです。
トッピングは、キャベツともやしの野菜、チャーシュー、味玉、ねぎです。
デカ盛りでは珍しい細麺をバランスの取れたスープとたっぷりのトッピングで楽しめました。ボリュームもありました。背脂の量を少なくした方がより好みの味になりそうです。プラス味玉で780円。消費税増税分の値上がりがありましたが、二郎インスパイア系ではなかなか頑張っている方かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.05

ラーメン そばよし

そばよし チャーシューメン

柏崎市の「ラーメン そばよし」です。
柏崎駅前にあります。駅からまっすぐの道沿い、200mほど先の左側です。隣にやや狭くて出し入れし難いのですが数台停められる駐車場があります。
柏崎でのお昼、脂少なめのチャーシューが食べたくなり、お邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。雁木のある古そうな商店街に溶け込んだお店です。午後1時15分頃に着きました。この時間でも半分ぐらいの席が埋っています。と思ったら、後からもお客さんがきます。ほぼ満席に近くなりました。
メニューは、ラーメン屋と中華料理店の中間のようなメニューが用意されています。大きなチャーシューを花びらのようにトッピングしたチャーシューメンが有名ですが、焼きそばもなかなか人気があります。ラーメン類でまだ食べていないものもいろいろありますが、やっぱりチャーシューメンにしました。
隣のお客さんが焼きそばを食べていて、ソースのなんともいい香りがします。混む前に注文できて良かったです。想定通り早めに出来上がってきました。
かなり浅めの器にチャーシューの花が咲いたように盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れ。昔ながらの中華そば風ですが、かなりのプリプリです。焼きそばの人気、麺の食感が良いことが想像できるほどプリプリした麺です
スープは、これも昔ながらの中華そば風で、醤油味のあっさりしたものです。
醤油の旨みとダシの旨み、自然な甘さがバランス良く楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。数ではシンプルですが、大きなチャーシューが器の上を覆い尽くしています。歯応えの良いチャーシューです。その上に他のトッピングがのっています。
昔懐かしい醤油ラーメンに、表面を覆い尽くすチャーシューを楽しみました。780円と消費税増分程度値上がりはありましたが、またまだお得です。
次回こそ他のメニューを食べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.04

ら麺のりダー

ら麺のりダー つけ麺(大盛)

新潟市の「ら麺のりダー」です。
国道113号線沿い、山の下埠頭近くにあります。元カレー屋の建物です。
つけ麺が好きな子供達に食べてもらおうとら麺のりダーにお邪魔しました。
午後1時過ぎに着きました。お店前の駐車スペースは混んでいますが、パチンコ店の駐車場内にあるため駐車の心配はありません。まだ外に10人程列んでいます。列んでいるとしばらくしてスタッフがメニューを持ってきました。
メニューは、つけ麺、辛つけ麺、特濃中華そば、濃厚みそらーめん、担々麺、らーめん、岩のりらーめん、ちゃーしゅうめんなどがあります。前回からまた増えています。辛つけ麺や担々麺は、辛さレベルが調整できるようになっていで、1号→2号→V3から選べます。つけ麺の麺量は、普通盛り250g、大盛り400g、特盛りが500gです。つけ麺(大盛)にしました。
お店は、奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。落ち着いた雰囲気の中規模のお店です。そこそこの待ちになりました。3人連れですが、カウンター席に案内されました。
並んでいる間に注文しましたが、普通の時間で出来上がってきました。
濃茶の器に麺、和っぽい模様の器につけ汁やトッピングが盛られています。
麺は、太い縮れ、つけ麺らしいモチモチ感がかなり強く、硬めにゆでです。
つけ汁は、旨みや甘みなどのバランスが良く、ちょうどのこってり感です。
トッピングは、角煮風の軟らかいチャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎです。
モッチモチの麺、ちょうどいい感じのつけ汁、ボリュームもさすが大盛りって感じで楽しみました。850円とちょっとお高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.03

ラーメン いっとうや

いっとうや 醤油

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
駅南地区です。紫鳥線の旧市民病院近く、セブンイレブンの裏にあります。
久々になります。いっとうやのラーメンを食べようと思いお邪魔しました。
午前11時30分前に着きました。駐車場は満車で、外に10人程が列ぶ状態です。お店の中にも8人程が待っているので18人ぐらいの待ちでしょうか。お店の入口を入った正面にある用紙に名前と人数を書いて外で待ちます。
少ししてスタッフが、メニューを持ってきました。変わっていないようです。
メニューは、オープン当時から変わっていません。醤油、かさね醤油とそれらにめんまやちゃーしゅうを加えたもの、つけめん、辛つけめんがあります。追加トッピングも豊富で、サイドメニューも充実しています。1日限定20食の炊き込みチャーシュー丼もまだあります。かさね醤油が1番人気で1番好きですが、最近はあっさりしたものが良くなってきました。醤油にしました。
想定通り開店時に入店したお客さんが次々と食べ終わり、思ったより早め列が進みます。それほど待たずにお店の中の待ちスペースまで移動できました。
お店は、右側に厨房、中央に衝立のある向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がりがあります。入口付近には待つために座って待つスペースもあります。落ち着いた雰囲気のお店です。まだまだお客さんの流れが良く、子供達も一緒だったので小上がりに案内されました。
普段、席に着いてから注文しても早めに出来上がりますが、並んでいる時に注文できていたのでファーストフードかのよう早めに出来上がってきました。
白いゴツゴツ感のある器に、醤油色のスープとトッピングがいい出来です。
麺は、細く、醤油に合わなさそうなストレートに近い自然な縮れが弱いもの、適度なコシの強さと噛み切れ具合の良さ、食べ易くて楽しい好みの麺です。
スープは、醤油が濃いような色、透き通っています。ほどよいしょっぱさで、適度な甘さもあります。お魚の煮物なんかに合いそうな、とてもまろやかな醤油の持つ美味しさが感じられるものです。魚介系の風味があり、動物系の旨味がありますが、派手なものとは違い、和風のような落ち着きがあります。
トッピングは、大きな炙りチャーシュー、マッチ箱かのようなメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔と充実しています。肉好きに嬉しいチャーシューですが、チャーシューというよりも焼肉に近い食感で、持て余し気味です。
魚介風味の醤油味がしっかりしたスープに歯応えを楽しめる麺、上質なトッピングがのっています。前回食べた時から30円値上がりして680円になっていました。安くはありませんが、この品質ならお手頃に思える一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.02

山形おもてなし弁当

山形おもてなし弁当 パッケージ

山形おもてなし弁当

本日の出張も終わりました。新潟に帰ります。少し遅い時間になっています。いろんなお弁当が残っているでしょうか?東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。通常の1/5ぐらいの種類でしょうか?選べるって感じはありません。大好きな山形県米沢市の松川弁当店の駅弁が何種類残ってます。
その中から一度食べたことはありますが、いろんなおかずが食べられるな山形おもてなし弁当にしました。新幹線も座れて、さて、食べましょう。
お品書きはなく、原材料名だけの記載ですが、以前のお品書きがありました。
(今回の山形おもてなし弁当と違うかも知れませんが、ご参考になればです)

4つに仕切られた重より

つや姫
山形が誇るブランド米。一粒、一粒がしっかりしていて食感も楽しい、口いっぱいに甘さが広がります。

押し寿司
塩紅鮭と酢飯、目にもあざやかな紅白の彩り、伝統の味を今に伝えています。

弁慶飯
おにぎりに味噌を塗ってから高菜漬けの葉の部分で包んで焼いた庄内風焼きおにぎりです。

煮物
黒毛和牛と野菜を、しっかりと味の染み込んだ田舎風煮物にしました。(季節により、すき焼き風といも煮になります)

6つに仕切られた重は

揚げ物・焼き物
磯風味のころもの柔らかいいかフライと、黒毛和牛を香ばしく焼き上げました。
煮物
山形名物玉こんにゃくと、鶏肉、竹の子などをかつおのダシで上品に炊き込みました。

和え物
からっと揚げた豚肉の立田揚げに、甘酢をからませ後味をさっぱりに仕上げました。

米沢牛
日本三大和牛のひとつ。しっとりととろける味のある脂質、ジューシーな肉質とまろやかな風味を肉だんごに閉じ込めました。

山の幸
くらげに似たコリコリとした食感が特長の山くらげの塩ゆでと、きのこの味噌和えの珍味です。

漬け物
山形の代表的な漬け物おみ漬けと、甘酢で漬け込んだ赤かぶに、さくらんぼのシロップ漬けを添えました。
とのことになります。

松川弁当店の牛肉の味付けは、まるっきりの好みでこれが駅弁の楽しさです。いろんなおかずを楽しませてもらいました。好みのものが多く助かりました。1300円とお高い駅弁ですが、これだけ楽しめれば、お手頃にも感じます。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の豚鶏弁当

越後の豚鶏弁当 パッケージ

越後の豚鶏弁当

今日はお昼からの新幹線移動。少し早めに動き、駅南での中華そば、足りないところを駅弁で補えれば!と思った予定通りの動きになってしまいました。
お昼にラーメンと駅弁の両方を食べるためラーメンは普通盛りにしました。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段から種類の多い改札を入る手前の駅弁屋から覗いていこうと思います。
大きな写真付カードで、販売している駅弁の内容や価格など紹介しています。お昼だからでしょうか?種類も多く、食べたことのない駅弁がありました。
神尾商事神尾弁当部の越後の豚鶏弁当です。過去に食べた越の鶏めしともち豚まいたけ弁当のもち豚を合わせた駅弁です。新幹線に乗っていただきます。
三吉屋で列んだ分、新幹線に乗るのが遅れました。金曜日は混んでいます。
厚紙のケースに“越の鶏”、“もち豚”、“越後の肉弁”と書かれています。商品名よりも解り易いような気がします。この駅弁にも“かみお”をもじって“むほどにになる旅やべんとう”と句が載せられています。
お品書きはありません。原材料は、白飯(新潟県産米)、越後もちぶた(新潟県産、角煮・そぼろ煮・肉団子(鶏含む))、越の鶏(新潟県産、そぼろ煮、塩焼き、鶏団子)、錦糸玉子、山せり漬、さくら漬け大根、生姜などです。
神尾商事の豚と鶏を楽しめる駅弁です。どちらもほどほどに好みの駅弁でしたが、合わさってもほどほど好みの駅弁です。豚と鶏の2種類のお肉を楽しんで1100円です。いい線か?やっぱり少しお高いかなって印象でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三吉屋 駅南けやき通店

三吉屋駅南けやき通店 中華そば

新潟市の「三吉屋 駅南けやき通店」です。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町にお店があり、今回は駅南けやき通店です。
新潟駅南西口を出てけやき通り渡った先にあります。蔵と背中合わせです。
新潟駅周辺のお昼、最近食べていない三吉屋けやき通店にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側にカウンター席、奥にテーブル席2卓があります。女将さんとそのお友達でやってる小料理屋のような広さと雰囲気のお店です。午前11時30分過ぎに着きました。満席です。なかなか賑わっています。
メニューは、中華そば、チャシューメンの他、もやしそばや餃子もあります。今日は、訳あってシンプルに!いきます。中華そばを食べることにします。
待っている間に注文を聞かれたので注文しました。すぐに席が空きました。
出来上がり待ちのお客さんも多めでしたが、普通に出来上がってきました。
青の模様が綺麗な器にあっさりそうなスープ、シンプルで美味しそうです。
三吉屋は、どのお店も出来上がりが早く、待ちが少なくてありがたいです。
麺は、極細の縮れです。食感、シコシコした歯応え、歯切れ、楽しい麺です。あっさりしたスープを上手く絡めてきます。極細だからできるのでしょう。
スープは、中華そばらしいもので醤油味の薄味で、野菜の甘味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、鳴門ととてもシンプルです。
シンプルながら美味しい、麺とスープのバランスがとてもいい中華そばです。好みの中華そばですが、前回同様今日もスープの薄味なのが気になりました。中華そば600円と安くはないけど、今となってはお手頃にさえ感じます。
古町の本店の麺がめんつうの麺で好みと違うものになっていく中、信濃町店と駅南けやき通店は昔からの麺匠高野の麺を使っています。スープの味が普通のしょっぱさの信濃町店が安心して食べられます。駅南けやき通店のスープは薄味ですが、身体に優しいような気がします。だから人気があるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.01

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 喜びラーメン(大盛)

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。久々ですが、小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午後12時40分過ぎに着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場があります。なかなか駐車できないこともあります。混んではいますが2台分の空きがありました。今日はそれほどの混みでもないかなと安心しました。
お店には出入口が2ヵ所あり、通りの正面が入口、脇が出口になっています。お店の中は左側奥に厨房があり、その手前と中央にカウンター席があります。右側に待ち用の椅子が用意されています。綺麗な今風のラーメン屋さんです。多少の列びは覚悟していましたが、15人程の列びで椅子に座りきれません。入口を入った先の正面に玩具のような小さな可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料です。自家製麺の店が増え、麺の大盛りが無料サービスや格安のお店も増えてきました。麺大盛り無料の場合の注文は、注文する際に大盛りをスタッフに伝えるのが一般的な方法です。食券の場合、普通盛りの食券を購入して同じで大盛りをスタッフに伝えるか、普通盛りと同じ値段で各大盛り食券が用意されているのがほとんどでしょう。小太喜屋は、普通盛りの各ラーメンの食券と共通で無料の大盛り食券が用意されています。大盛りの食券なしで食券を渡すと『大盛り無料ですが…。』と確認してくれ、口頭でも大盛りを伝えて注文できます。とても親切です。通えればいろいろ食べますが、久々なんで喜びラーメン(大盛)にしました。
店主が作り、奥さんが配膳をしているように見えています。そんなに多くの量を一度に作らないので、一定のペースでお客さんが廻っています。お客さんが帰ったら片付けてすぐに次のお客さんを案内するって感じではなく、作りに合わせて案内します。そのために複数人のグループも一緒に席に案内されます。カウンター13席のお店です。ひと回りするまでゆっくりと待ちましょう。
暫く待って席に案内されました。席には水とおしぼりがセットされています。カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。
食器の扱いも丁寧です。食べ終わっての片付けなど食器のぶつかる音がしない
心地よい仕事です。品の良い料亭のような雰囲気です。丁寧なのに静かな、で
も無駄のない動きなんでしょう。普通の待ち時間で出来上がってきました。
かなりの待ちかと思いましたが、お店に着いて30分強とそれほどでも…。
お洒落な器です。上品に盛られています。カイワレの緑が彩りを添えます。
麺は、やや細の縮れで歯応えの楽しい麺です。2種の小麦粉を使用した自家製麺とのことですが、自家製麺に多い存在感を主張し過ぎる麺とは違います。
スープは、豚骨と豚足でダシを取り、煮干しを加えたものとのこと。動物系の旨みとあっさりした魚介系の風味、さらりとした感じに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、味玉、白髪ねぎ、カイワレです。
チャーシューは、上質なハムような味わいのレアなローストと炙りバラです。量はそれほど多いってことはありませんが、種類を楽しめるのが好きです。
お客さんの健康を考えて厳選された素材、丁寧な仕事で仕上げられています。味的には、好みよりやや濃いめです。薄味にしてもらったこともありますが、普通の方が全体のバランスが取れています。充実のトッピング考えると800円はいい線でしょう。その値段で大盛りを食べられるのですからお得です。
個人的見解ですが、上越のあごすけ、中越のいち井、下越のいっとうやと人気店があります。しかし、新潟市はラーメン店が多いので新潟市単独で新潟市のいっとうやにして、下越の小太喜屋としても良さそうな気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »