« ラーメン わらふく | トップページ | そば うどん 味穂 »

2015.10.11

黒湯温泉

秋田県仙北市(旧田沢湖町)の乳頭温泉郷のひとつ「黒湯温泉」です。
天気予報はあまり芳しくないのですが、紅葉と温泉を楽しもうと考えました。露天風呂の温泉とそこから紅葉を一緒に楽しめそうな温泉はいくつもありますが、泉質が硫黄で白濁の温泉、今紅葉していてブナ林の綺麗な温泉がいいかなと思います。乳頭温泉郷の蟹場温泉か黒湯温泉が思い浮かびましたが、蟹場温泉は冬場でも楽しめるので、営業期間の短い黒湯温泉にしました。

黒湯温泉①

田沢湖畔から秋田駒ヶ岳の山頂が見えました。天候は思わしくないのですが、秋田駒ヶ岳裾野に位置する乳頭温泉郷ですから、ガスってはいないようです。時折小雨の降るなか乳頭温泉郷を目指すと、徐々に木々の葉の色が色付いているのが判ります。国民休暇村手前のスキー場だった辺り色付いています。

黒湯温泉②

さらに国民休暇村前から黒湯温泉への道に入ると美しすぎるブナ林への道になります。やや林道っぽい道は想定した美しい林の中の道です。散策道が整備され、雨でなければ一日中居たいような美しすぎるブナ林が広がっています。
奥まった場所に駐車場があります。黒湯温泉は乳頭山登山口でもあり、そこそこの広さのある駐車場ですが、すでに満車に近いほど車が停まっています。

黒湯温泉③

駐車場からコンクリートを打った小道を下る黒湯温泉があります。本館なんでしょうか?入った近くの事務所にお金を払います。大人一人510円です。

黒湯温泉④

施設的には、旅館棟、自炊棟、離れ、男女別湯、うたせ湯、混浴湯などの建物が点在します。湯畑の左奥にある離れですが、昭和39年に高松宮様が春スキーで滞在したそうで、そんなに高くもなくいつか泊まってみたいものです。
お腹が空いています。まずは腹ごしらえ、値段が高そうであまり利用しない宿泊施設の食堂ですが、山奥の温泉宿の食堂はどんなものか利用してみます。

黒湯温泉⑤

受付の向かいに黒湯食堂があります。靴を脱いで上がると、畳の部屋にテーブル席があります。定年後の旅行風の夫婦で埋め尽くされていますが、1卓だけですが、空いていました。場違いな感じですが、いただくことにします。

黒湯温泉⑥

メニューは、カレー定食、牛丼定食、うどん定食、そば定食、おむすび定食、きりたんぽ定食、単品などがあります。そば定食(冷)にしました。
待たされるかと思いましたが、とんでももなく早く出来上がってきました。

黒湯温泉⑦

ざるそばに温泉玉子、お新香、小鉢は切り干し大根の煮物が付いています。
ざるそばには気持ち程度ですが刻み海苔がかかっています。田舎蕎麦はちょっと苦手ですが、細めでコシも強すぎず、食べ易い好みのお蕎麦でした。

黒湯温泉⑧

子供が食べた温かいお蕎麦です。温かくても美味しそうなお蕎麦です。
これで750円、田舎の物価がちょっと嬉しいお蕎麦を楽しめました。
温泉施設は、混浴の内湯と露天と打たせ湯、男湯の内湯と露天と旅館部内湯、女湯が内湯と露天と打たせ湯と旅館部内湯、男女共用打たせ湯があります。

黒湯温泉⑨

まずは男湯の内湯と露天風呂に入ります。もう少し下るのですが、湯畑や離れを見渡せるようになっていて、紅葉が情緒のある景色に彩りを添えます。

黒湯温泉⑩

男湯は、昔ながらの温泉らしいものです。内湯は黒くなった木の浴槽で小さな窓から紅葉の山が見えます。半透明のような温泉には小さな湯の花が混じります。露天からは紅葉がさらに広がり、身体も目も癒されます。いい季節です。写真を撮りたかったのですが、旅行客が多く文句言われそうで止めました。
次は混浴、小さめの建物です。左に男女別の脱衣所、右に内湯、奥に露天があります。脱衣所~内湯~露天といった一般の並びと少し違います。こちらも見事な紅葉を楽しめます。混浴は、もともと撮影禁止になっています。

黒湯温泉⑪

帰りに沢水で冷やされたラムネか温泉玉子か?温泉玉子を…。1個60円。

黒湯温泉⑫

昔ながら茅葺きの屋根の建物と昭和に増築したであろう新しい建物の共存する温泉です。冬季閉鎖の雪深い場所にひっそりと。白濁した硫黄の大好きな温泉です。いずれはのんびりと自炊棟で長期の湯治をしてみたいものです。

料金 510円
泉質 単純硫化水素泉、酸性硫黄泉
効能 高血圧症、動脈硬化症、抹消循環障害、糖尿病他
時間 9:00~16:00(冬期休業)

がんばろう東北!

|

« ラーメン わらふく | トップページ | そば うどん 味穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/62470139

この記事へのトラックバック一覧です: 黒湯温泉:

« ラーメン わらふく | トップページ | そば うどん 味穂 »