« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015.11.30

牛~っとコシヒカリ

牛~っとコシヒカリ パッケージ

牛~っとコシヒカリ

今日は、昼からの新幹線移動、新潟駅でいつも通り駅弁屋を覗きましたが、食べていない駅弁が見つからずに諦めました。午後の仕事も終わり帰ります。
東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。通勤客が動き出すかどうかという時間、かなりの駅弁があります。秋田比内地鶏の駅弁のポップを見つけて探しましたが現品はなし、他の駅弁も含め美味しそうなものをと探していると見たことのない駅弁を発見、購入しました。新幹線も折り返し清掃後のドアが開く前に並べたので席が確保もできました。思った以上に空いてます。
駅弁は「牛~っとコシヒカリ」という商品名、越後湯沢駅・石打駅で販売している南魚沼市の川岳軒の駅弁です。なんか逆輸入に近いものを感じます。
箱には、魚沼名物、新潟県産牛使用、魚沼産コシヒカリ、温めるとより一層おいしく召し上がれますと書かれていますが、温めは叶わねこと、諦めます。
原材料名は、米(国内産)、牛肉(国内産)、卵焼き、かまぼこ、干しだいこんなどと調味料関係になります。多くの食材を食べる駅弁ではありません。
醤油味でちょっと甘めの味付け、たっぷりの牛肉と魚沼産コシヒカリです。
1050円でこの内容は、最近では珍しく、ちょっと得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつ井酒蔵

みつ井酒蔵 とろろざる(大盛)

新潟市の「みつ井酒蔵」です。
新潟駅前、COI新潟ビル(旧新潟三井物産ビル)の地下1階にあります。
その昔、週2~3回食べていました。事務所が離れ久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。結構な席数もありますが、それでも昔は座れずに並ぶことがよくありました。午前11時30分頃に着きました。他にお客さんもいません。貸切状態です。カウンター上には昔と変わらず、天ぷらをのせた小皿が整然と並んでいます。男性スタッフが2人、戦闘のような慌ただしさに備えているかのようです。
メニューは、ざるそば、天ざるそば、とろろざるの冷たいものと、天ぷら・とろろ・月見・山菜・たねきの温かいそば/うどんがあります。天ぷらは、やさい天といか天を単品でも注文できます。大盛は50円増し、お腹の空いた時は100円増しで大大盛も食べてました。とろろざる(大盛)にしました。
その後、スタッフと親しく話す常連らしきお客さんが何人かやってきました。まだ、準備が整っていなかったようで、ゆで始めたら早い出来上がりです。
昔と同じアルミのお皿に竹のざる、渋めの器につゆととろろが盛られてます。つゆのおかわり、ねぎと山葵はカウンターやテーブルに置かれお好みです。
そばは、小麦をつなぎにした一般的なもので、お蕎麦屋さんの手打ちなんかとは違いますが、やや細めに切られているため、かなり食べ易くなってます。
つゆは、昆布と鰹節の旨味が冷たくてもガンガン伝わる癖のないものです。
トッピングは、刻み海苔のみ、とろろ、カウンター上のねぎや山葵とでバランスを取りながら、好みの味になるようにその調整を楽しみます。
やっぱり美味いや!ざるそば440円で、とろろざる560円+大盛50円の合計で610円でした。ここならラーメンよりお得な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.29

東池袋 大勝軒 新潟

大勝軒新潟 特製味噌つけ麺(中盛)

新潟市の「東池袋 大勝軒 新潟」です。
県道1号線新潟小須戸三条線沿いにあります。和合線と交差する近くです。
子供達との買い物途中でのお昼です。つけ麺を食べたいという子供達に、つけ麺発祥の味に近いものを食べさせようかとお邪魔しました。
お店は右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。ビルの中で窓が少なくやや暗め、落ち着いた雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。混んではいますが、小上がりに空きがあり座れました。
メニューは、つけ麺、つけ野菜、つけ野菜ダブル、つけ赤丸、つけチャーシュー、つけメンマ、つけ岩のり、濃厚つけ麺、濃厚野菜、濃厚野菜ダブル、濃厚チャーシュー、中華そば、限定で特製味噌つけ麺と味噌らーめん、まぜそばなどもあります。つけ麺と濃厚つけ麺は、並盛、中盛、小盛、大盛から盛りが選べるようになっています。中華そばは、並盛、中盛、大盛から盛りが選べます。まだ、食べていないはずの特製味噌つけ麺(中盛)にしました。
混んではいますが食べてるお客さんが殆ど、普通に出来上がってきました。
和食っぽい!つけ麺はこういう器で…と思っている器に盛られてきました。
麺は、やや太のストレート、細めのパスタのような麺です。量があります。
つけ汁は、味噌の香りが豊かですが、トロミやこってりと共に味噌味もが控え気味です。食べ易いものに仕上がっていて最後まで飽きがきませんでした。
トッピングは、つけ汁にチャーシュー・メンマ・味玉半個・鳴門・ねぎなど、麺には海苔だけです。変にごちゃごちゃしてなくていいかなとも思います。
細麺を使用のつけ麺が好きですが、大勝軒のやや太麺も食べ易くて好きです。つけ汁は味噌味をもっと楽しめたらと思いましたが、結構な量を最後まで飽きることなく食べ尽くせました。結構なボリュームでジャスト1000円です。お高い感じもありましたが、なんかすっきりした印象の残った一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.28

リカちゃんキャッスル イルミネーション

リカちゃんキャッスル イルミネーション

再び「リカちゃんキャッスル」へ。この季節ならではのイルミネーションも点灯です。それほど見学者も多くなくいろいろ写真を撮って遊べました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぶくま洞

あぶくま洞

福島県田村市にある「あぶくま洞」に来ました。
リカちゃんキャッスルから15㎞余と近く、せっかくなのでお邪魔しました。
龍泉洞
、秋芳洞とならび日本三大鍾乳洞のひとつです。
入場料1200円+探検コース200円でした。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リカちゃんキャッスル

リカちゃんキャッスル

リカちゃんキャッスル Ⅱ

福島県小野町にある「リカちゃんキャッスル」に行ってきました。
磐越道小野ICから国道349号線を経由して向かいます。ナビもセットしてましたが、案内の看板がしっかり整備されていて迷うことなく着きました。
リカちゃんキャッスルの横、裏の駐車場とも空いています。隣に止めます。
入場、知らない世界が広がっています。入場料700円でした。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐梯山SA

磐梯山SA ソースカツ丼+豚汁

福島県磐梯町の磐越自動車道「磐梯山SA」です。
お昼を過ぎ、お腹も空きました。ちょうど磐梯山SAなので寄ってみます。
レストランもありますが食べたいものも特になく、スナックコーナーで食べます。こちらも絶対的に食べたいものはありませんが、少しでも会津らしいものをとソースカツ丼にしました。味噌汁なしとのことで豚汁を付けました。
黒っぽい艶消しの器は揃っていて、しかもかなり渋めのお気に入りです。
680円+150円で830円のお昼でした。お肉の厚みが欲しいです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.27

はな禅

はな禅 風土

上越市の「はな禅」です。
高田地区です。南高田駅から高田商業高校方向へ、手前住宅地にあります。
お洒落な雰囲気と何が食べれるか?が楽しみです。久々にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席の白い壁や窓がパスタランチのお店でも良さそうな明るくお洒落な雰囲気です。正午過ぎに着きました。もう7~8割のお客さんの入りで、テーブル席の全てが埋まっています。カウンター席は、まだ空きがあり、カウンター席でいただきます。
今まで何度かお邪魔し、はんなり、わびさび、classic、Vintage~2015新古゚~(醤油)と食べてきましたが、今日は、何が提供されているでしょう。
メニューは、お店に入ってそのまま正面のホワイトボードに書かれています。Vintage(はな禅拉麺)醤油/塩と風土の2種です。Vintageは、以前のもの違うでしょうか。風土は、地元野菜出汁の<海老油の>塩そば、旬の取れたて野菜使用(限定10食)となっています。あるとのことで風土にしました。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
真っ白な丼に説明の塩そばらしい透き通ったスープと海老油が印象的です。
麺は、平打ち太の強い縮れ。硬めのゆで加減で強いモチモチ間があります。
スープは、説明通り野菜の旨さと甘さが感じられます。あっさりサラサラですが、塩のしょっぱさも控えめで、和食の出汁を思わせる旨味を味わえます。
トッピングは、鶏ささみのチャーシュー、キャベツ玉ねぎのなどの炒め野菜を型に入れて圧力をかけて固めたようなもの、白と青のねぎとシンプルです。
麺が太く好みのものではないと思いましたが、平打ちのため全く好みでした。スープはあっぱれ!見事な好みでした。トッピングは少し物足りない感じでした。800円とかなりお高いものですが、スープだけでも価値有りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.26

青島 西堀通店

青島西堀通店 チャーシューメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増し

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び下手になります。
醤油の効いたラーメンが食べたくなり、何も考えず青島にお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右側に広い厨房、左側奥から手前にかけての長いカウンター席だけのお店です。飾り気がなく、開放感のあるラーメン専門店らしい雰囲気です。午後1時過ぎとかなり遅めに着きました。食べているお客さんが3人、出来上がり待ちのお客さんが1人と静かな店内です。待ちの1人はまだ若そうなOL。珍しい。入口を入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。好きな1つのスープで勝負している店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが好みにトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。大盛りの50円増しも助かります。お腹が空いてしっかり食べたい感じです。チャーシューメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。豪華になりました。
カウンター席の手前中央に座り、食券を出して待ちます。スタッフ1名です。前のお客さんのに続き作ってくれて、普通の待ちで出来上がってきました。
鳳凰の綺麗な模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながら掛けます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さと普通の縮れ具合、これといった特徴のある麺ではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランスの良さが楽しいものです。
スープは、醤油色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。その旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒がきりりと味を引き締めてくれてます。って筈でしたが、かなりの薄味、しょっぱさがかなり足りていません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、刻みねぎなどです。たっぷりのチャーシューが嬉しく、増量したほうれん草で野菜を採った気になります。増量したねぎの香りと食感でスープを最後まで爽やかに飲み干すことが出来ました。ラーメンと比べると3品増量でボリューミーです。
普通で好みの麺、醤油と生姜が効いたスープ、充実のトッピング、黒胡椒の香りで楽しく最後までいただくことができました。ラーメン720円でお高めですが、チャーシューメンが100円増し、大盛りが50円増しで870円になります。チャーシューメン(大盛)としてはお手頃にさえ感じられます。トッピングを追加して970円は、さすがにやり過ぎかなと思っちゃいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.25

拉麺厨房 福麺

福麺 魚介つけめん

新潟市(旧西川町)の「拉麺厨房 福麺」です。
国道116号線沿いにあります。旧西川町の市街地に近い辺りになります。
潮ラーメンで評判の弥彦村「こだわりらーめん たかみち」の姉妹店です。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側にテーブル席があります。ファミレスにも似た雰囲気もするお店です。午後2時過ぎに着きました。先客が1人で、すぐ後のお客が1人…、もう1人です。
メニューは、味噌拉麺、醤油拉麺、背脂醤油拉麺とそれらにトッピングを加えたバリエーションがあります。他に男の福麺と黒冴、鶏と魚介の塩ラーメン、豆乳担々麺、魚介つけめんなどがあります。男の福麺はメガ盛りっぽいもので普通盛り~特盛りとも同じ値段です。ランチタイムは、ライス無料、ミニ丼が330円~300円→100円のサービスがあります。魚介つけめんにしました。
遅い時間でお客さんが少ないこともあって、早めに出来上がってきました。
麺とつけ汁、割スープも同じお盆にのってきました。とてもシンプルです。
麺は、やや太めの縮れです。コシが強く、やや硬めに仕上げられています。
つけ汁は、魚介の香りが香ばしく、ダシの旨みと醤油味が絡まっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
麺を食べ終わり、つけ汁のスープ割りを楽しみたいのですが、割スープの量が少ないのと冷め始めているので、温度が上がりません。香りが立ちません。
歯応えを楽しめる麺、魚介香る醤油味のつけ汁、シンプルなトッピングのつけめんでした。大盛無料の案内も注文時の確認もなかったので普通盛りで850円なんでしょう。ちょっとお高いように印象が残ってしまった一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.24

らーめん 一

らーめん一

山形県三川町の「らーめん 一」です。(“いち”と読みます)
国道7号線沿いで一際目立つイオンモール三川の隣、アクロスプラザ三川というショッピングエリア内にあります。とても広々とした駐車場です。
秋田からの移動、酒田~鶴岡間の三川町で昼食にしようとお邪魔しました。
ラーメン屋さんらしからぬ、洋食屋さんと見違えそうなお洒落な外観です。
お店の中は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側広めのスペースに黒基調の個室風テーブル席があります。居酒屋のような落ち着いた雰囲気です。午後1時頃に着きました。お客さんがポツリポツリといるだけです。
メニューは、味噌らーめん、味噌ねぎらーめん、味噌コーンらーめん、味噌バターラーメン、味噌チャーシューめん、辛味噌らーめん、醤油らーめん、岩のりらーめん、辛ねぎらーめん、塩らーめん、激辛らーめん、温つけ麺などがあります。メニューにもよりますが、あっさりとこってりから選べます。トッピングも豊富です。平日ランチタイムのお得なセットがあります。ピリ辛そぼろ丼・豚丼・チャーシュー丼・ライスが+100円、餃子が+200円(売り切れ)、ゆでもやしが+50円で提供されます。味噌・醤油・塩のいずれかの半らーめんとピリ辛そぼろ丼・豚丼・チャーシュー丼の組み合わせが700円で提供されています。味噌ねぎらーめん豚丼の組み合わせにしました。
お店の規模の割にはスタッフが少ないかと思いました。でも、お客さんも少なめでバランスが良いのか、結局、普通の待ち時間で出来上がってきました。

らーめん一 味噌ねぎらーめん

真っ白な器に白髪ねぎの山、その上に辛味でしょうか?結構シンプルです。
麺は、普通の太さのしっかりした縮れ、食べていて旨味を楽しめる麺です。
スープは、白味噌のあっさり。しょっぱさ、甘みなどバランスが良いです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・玉葱の炒め物、その上に白髪ねぎ、さらに炒めた挽肉と味噌を絡めたようなもの。適度な辛さが心地いいです。
麺は太過ぎず食べ易く、スーぺは白味噌のあっさり、バランスの取れたトッピング、なかなか纏まったらーめんでした。830円といい線かと思います。

らーめん一 豚丼

豚丼です。味付けが良く、ボリュームも適度にあっての100円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.23

お食事処 土鍋屋

土鍋屋 御狩場焼定食

土鍋屋 御狩場焼定食 アップ

秋田県仙北市(旧角館町)の「お食事処 土鍋屋」です。
国道46号線沿いにあります。バイパスが出来て旧道扱いになるでしょうか。安藤醸造北浦本館(味噌と醤油、漬物、関連商品販売)の大きな建物です。
角館の武家屋敷から少し離れた商人町地区に安藤醸造の古くからのお店があります。テレビの旅番組などでは、昔からの古い建物を使用したお店と調度品などが武家屋敷と共に紹介されます。こちら北浦本館は、車が入り易く、土鍋屋で食事が出来るので便利。販売している商品を使用した食事が楽しめます。
北浦本館は、工場と店舗からなり、中には「安藤極撰の味 安藤本店」、「豚まん・鶏まん・ちまき処 せいろ亭」、「お食事処 土鍋屋」があります。
土鍋亭は、左側の緩やかなスロープを登った中二階のような場所にあります。厨房の前の廊下を通るとその先に広いスペースに落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。午後12時20分頃に着きました。厨房前の廊下からスロープにかけてベンチ風の椅子で待てるようになっていて、5人と少ない待ちになっています。先頭部分に用紙があるので記入して待ちます。それほどかからず席に案内されました。
メニューは、土鍋ラーメン/醤油・細麺、土鍋ラーメン/旨辛みそ・太麺、土鍋ラーメン/しお・細麺、土鍋焼きそばがあり、半ライス付もあります。土鍋ごはん/鶏醤油、土鍋ごはん/味噌豚、桃豚厚切ロース鉄板焼定食、御狩場焼定食、半生稲庭うどん・冷やしつけ麺などがあります。ラーメン類も制覇していませんが、気になっていた御狩場焼定食を食べることにしました。
佐竹北家当時からのものらしく、角館町の他店でも食べれるメニューです。
フロアの片隅にがっこ(漬物)バーがあります。ドリンクバーやサラダバーは見ますが、がっこバーはここぐらいでしょうか。6種類程の漬物があります。お店で販売している漬物の試食コーナーのようなものです。漬物を楽しんでいるため、思いのほか早めにラーメンが出来上がってきたような気がします。
陶器製っぽい器に鶏肉を中心とした焼き物を楽しむものです。味噌ダレの味でしょうか?とても肉に合います。固形燃料で最後まで熱々で食べれます。
鶏肉ですが、佐竹北家が食べた当時だと山鳥とかなんだったんでしょう。
ご飯(大盛無料)、味噌汁、がっこバイキング付きで864円とお手頃です。
メニューの最後にラーメンたれなど販売しているようで掲載されています。
まだアンテナショップ的なお手頃価格です。本当にありがたいことです。
お店は、天然にこだわった醤油や味噌のほか漬物などが売られています。醤油や味噌の作りに使用されているモンゴルの塩も売られています。塩使いもプロのようです。比内地鶏チャーシューをトッピングした土鍋ラーメン/しおも食べてみたくなります。“しょうゆソフトクリーム”もあります。次回こそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.22

秋田ふるさと村

秋田ふるさと村

秋田県横手市の「秋田ふるさと村」に行ってきました。
新潟ふるさと村と同様な施設に美術館、トリックアート、手作りスタジオ、劇場、プラネタリウムなどなどの文化施設を加えたようなもので、1日で回り切れるかどうか?といった規模があり、目的地になる施設です。
ドーム劇場では『第23回秋田県高等学校総合文化祭 第48回秋田県高等学校文化連盟 郷土芸能・日本音楽合同発表会』が開催されています。秋田県内9校による発表会です。実家から一番近い角館高校の発表もあります。
子供の頃、お祭りといえば9月7日~9日に開催される角館のお祭りでした。就職してからはお盆からも間近で、9月に祭日を含む連休もあったりして、なかなかお祭りに合わせて休みを取り難く、角館のお祭りを見れる機会がありませんでした。その角館のお祭りの“飾山囃子”と演奏と踊りを楽しめます。
資料によれば角館高校には飾山囃子部があり、その飾山囃子部の発表です。
さらに飾山囃子部にキャストの名前もあり、実家近所の娘さんが2人も出演します。ロビーには娘さんの親達も来ています。車で1時間以上も離れた場所で近所の人に会うことなどなかなかないことで、ちょっと驚きました。
円形劇場で997席もありますがほぼ満席、なんとか席を確保できました。
飾山囃子が始まり…、子供の頃に露店目当てに行ったお祭り、耳に聞き覚えはありますが新鮮です。思った以上に激しいものでした。お祭りも激しいが!
その後、星空探険館スペーシア(プラネタリウム)で、銀河鉄道999~赤い星ベテルギウスいのちの輝き~を見ました。USJ以来のアトラクションぽいものでしたが、頭上に広がるスクリーンの広さに思った以上の迫力でした。
横手焼きそばか十文字ラーメンでも食べて帰ろうかと思いましたが、席がいっぱいで諦めました。稲庭うどんもレストラン風でありますが、お高く断念。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.21

麺作 赤シャモジ 新潟東店

赤シャモジ 新潟東店

新潟市の「麺作 赤シャモジ 新潟東店」です。
県道4号線(新潟横越線)沿いにあります。中野山交差点の角になります。
以前に前を通ったら改装工事中で、11月16日オープンと書いていました。連休も初日、新しいお店のラーメンからスタートしようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側奥に小上がり、その手前に製麺室があります。入口を入ったところに3人座れる待ちスペースがあります。待ちの名前を書く用紙もあります。ウッディな内装で、小さな建物のように見えて中は広々しています。窓が広く明るいお店です。外にも待つための椅子があります。午後1時10分頃に着きました。オープン直後の混みですょう、半端ない並びです。20人以上の待ちでしょうか。雁木の下のような雨を凌げそうな造りになっていて、そこに並びます。
席数も多く、すぐに案内されるだろうと思っていましたが、なかなか思ったように進みません。午後1時50分頃、ようやく小上がりに案内されました。
お店前には、熟成しょうゆ、熟成しお、あっさり味噌、つけめん、まぜそばと書かれた看板がありますが、全メニューの提供はまだ少~し先のようです。
メニューは、新発田市の赤シャモジとは全く別のものになっています。濃熟ふわとろスープのあわシャモジ、キレが自慢淡麗スープのうまシャモジ、麺に絡みまくるつけシャモジに大別されています。いずれも天然素材、無化調、大盛無料になっています。濃熟ふわとろスープのあわシャモジは、濃熟醤油らーめん、濃熟味噌らーめん、濃熟辛味噌らーめんの3味があります。キレが自慢淡麗スープのうまシャモジは、淡麗醤油らーめん、淡麗塩らーめんの2味があります。麺に絡みまくるつけシャモジは、濃熟醤油つけめん、濃熟味噌つけめん、濃熟辛味噌つけめんの3味があります。全てに2種の味玉(塩麹たまご・味付煮玉子)、特製、チャーシュー麺などのバリエーションがあります。豊富なトッピングやセットもあります。麺は、あわシャモジ用に全粒枌入り褐色太麺、うまシャモジ用に喉ごし極上麺、つけめん用にダブル全粒枌の大様麺が使用されています。各メニューや麺について説明もあります。残念なことがひとつ。うまシャモジがオープン間もないためか数量限定で、既に売り切れになっています。淡麗から入りたかったのですがしょうがないです。あわ系のスープはそんなに好きじゃないので、濃熟味噌つけめん(大盛)にしました。
オープン期間中とかで本店からの応援があるのでしょうか。7人ものスタッフがいます。それでも普通の待ち時間ぐらいかかって出来上がってきました。

赤シャモジ新潟東店 濃熟味噌つけめん(大盛)

ラーメン丼ではなく、変わった形の器に麺が盛られています。確かに丸い必要はなく、器でも楽しませてくれます。普通でも見映えするトッピングです。
麺は、やや太め平打ちで軽くウェーブがかっています。ツルツル感とモチモチ感の良い、少し硬めのゆで加減です。つけめんでも好きなタイプの麺です。
つけ汁は、最近のつけめんぽいトロミがあり、味噌味が控えめなものです。
トッピングは、チャーシュー、レアチャーシュー、メンマ、味玉半個、かいわれ、白髪ねぎ、つけ汁に万能ねぎと普通でも充実のトッピングになります。
つけめんも麺が好みのものだと結構良い食べ物だと思います。大盛が無料・充実したトッピングで740円とコストパフォーマンスの良いメニューです。

赤シャモジ新潟東店 濃熟醤油らーめん

相方が食べた濃熟醤油らーめん、650円です。

赤シャモジ新潟東店 唐揚げ

唐揚げ、480円です。

混みも解消しているかと思いましたが、帰るときにはまだ10人以上の待ちがありました。スタッフがスープ切れの看板を準備していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.20

元祖支那そば おもだかや 女池店

おもだかや女池店 支那そば

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 女池店」です。
新潟バイパス女池インターの近く、パチンコ店の駐車場の一角にあります。
午後4時からの昼食、あっさり軽くしようとおもだかやにお邪魔しました。
お店は、間口が広く中央から右側に厨房、その手前から左奥に回り込むようなカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。程良く古さのある昭和のラーメン屋さんの雰囲気です。窓が広く明るい店内です。午後4時過ぎと営業してるお店が少ないこともあるのでしょう、お客さんが4人も入ってます。
メニューは、支那そばを中心にちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそばと、さらにわかめ、メンマ、たまごなどのトッピングを加えた組み合わせが豊富に用意されています。さらに期間限定でねぎを組み合わせたものが数種類提供されています。お腹は空いていますが、夕食までそれほど時間がありません。シンプルに軽くいただきましょう。支那そばにしました。
男性スタッフ2人と女性スタッフの3人で調理から仕込みまでをやってます。手作り餃子も慣れたもののようです。同じ形の物が次々と出来上がります。
待ちのお客さんもなく普通かやや早めの待ち時間で出来上ってきました。
いつものすり鉢に似た器に、同じような色のスープの支那そばがきました。
麺は、細く弱い縮れ、シコシコと歯切れが良く、食べていて楽しい麺です。
スープは、すまし汁のような澄んだもの。豚骨の旨味と魚介系風味のあっさりしたものです。醤油が中心で塩も使われているようなしまりのある味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、くきわかめ、鳴門、ねぎなどです。
和風な麺料理を楽しませてもらいました。最近のラーメンは、麺、タレ、スープ、油、トッピングから成り立っていますが、おもだかやの支那そばは、油がない麺料理です。支那そばは600円です。なかなかいい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.19

ボジョレ・ヌーヴォー

ボジョレ・ヌーヴォー

11月の第3木曜日ということでボジョレ・ヌーヴォーの解禁日です。
今年もいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大衆食事処 味の八珍亭

八珍亭 特製みそラーメン

新潟市(旧巻町)の「大衆食事処 味の八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。農家が並ぶ静かな道に目立つ看板があります。
お店の前と裏、少し離れた場所に駐車場があり、お店前に停められました。
お店は、左側奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央に大広間のような広い小上がりがあり、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広い定食屋さんのような雰囲気のお店です。午後1時30分過ぎに着きました。遅い時間のつもりが賑わっています。7~8割ぐらいお客の入りです。
メニューは、麺類、丼物、定食、洋食系のほか、ドリンクバーまであります。麺類は、ラーメン、チャーシューメン、ラーメンセット、タンメン、五目うま煮そば、もやしラーメン、塩バターラーメン、カレーラーメン、担々麺、特製みそラーメン、特製ネギみそラーメン、特製みそチャーシューメン、特製ネギみそチャーシューメン、特製みそコーン、柿大将ラーメン(味玉付、背脂)、冷し中華(夏期間のみ)とあります。人気の特製みそラーメンにしました。
スタッフもお昼の繁忙期を終え満足そうな雰囲気、ゆったりしてそうですが、広い店のお客さんをこなしていた訳で、今日も早く出来上がってきました。
たっぷり野菜と味噌スープの組み合わせ、食欲をそそる味噌ラーメンです。
スープに馴染んだ野菜を先に、麺が落ち着いた頃を見計らい掘り出します。
麺は、丸く太く強い縮れ、好みと違いますが、元気の良さを感じる麺です。
スープは、濃い味噌味で普通の甘さ、しょっぱめで油がほとんどありません。太い麺や野菜に良く絡みます。バランスが良く、味的に食べ易くなります。
トッピングは、たっぷりキャベツ・もやし・玉ねぎの炒め物、きくらげです。炒め物とスープの絡みも良く、ひとつの料理といって良さそうなものです。
太麺と濃厚味噌味スープ、野菜炒めとバランスの取れたみそラーメンでした。最後まで楽しくいただきました。800円と20円だけ値上がりしてました。他店の値上がりや新規店の値段も結構上昇気味、いい線だと思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.18

あなご重

あなご重 パッケージ

あなご重

東京駅でいつもの全国の駅弁が揃うお店を覗きます。それほど遅くもなく、かなりの駅弁が残っています。最近は肉が多かったような気がします。食べていない駅弁から魚介系のあなご重にしました。そんなに高くないです。
新幹線も早めに並べたので、席が確保できました。駅弁を包む堅紙には、炭焼風とか姫路名物とか書かれています。姫路市のまねき食品という会社です。
穴子とそのタレが染みたご飯の美味しいこと。なかなか楽しいご飯です。
原材料名は、だし飯(うるち米、塩、醤油、その他)、焼穴子、椎茸煮、錦糸玉子、金平牛蒡、菜の花ゴマ和え、生姜漬け、付合せなどになります。
1150円といい値段ですが、それなりに楽しまさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 吉兆

吉兆 支那そば

東京都品川区は大井町の「麺屋 吉兆」です。
JR大井町駅から東南東へ300m程、小路を入った先、ひっそりとあります。
青竹平打ち中華そばのお店です。あっさりラーメンを求めお邪魔しました。
お店は、奥に広い厨房、手前にカウンター席7席だけの小さな、でも雰囲気のあるお店です。正午過ぎに着きました。前に9人程の待ちになっています。
なかなか進みません。丁寧な仕事のようですが、それほど順調には出来てきません。50分程待ってお店の中へ、カウンター席に座ることができました。
メニューは豊富、中華そば、支那そば、焼豚麺、ワンタン麺、野菜そば、ネギそば、ざる中華、つけ汁そばなどがあり、サイドメニューも充実しています。炙り焼肉丼、そぼろ丼、ピリ辛納豆丼、餃子やライスなどがあります。ランチサービスで、そぼろ丼とピリ辛納豆丼200円が100円と半額です。中華そばは鶏ガラスープ、支那そばは魚介スープとのことです。どちらにしようか悩むところ、前回中華そばを食べているので、今回は支那そばにしました。
中華そばは白基調&オレンジの縁模様の器でしたが、支那そばは白基調&緑色の縁模様の器です。醤油色の澄んだスープがとても美味しそうに映えます。
麺は、平打ち太めの縮れです。手打ちっぽい不揃いさとコシを楽しめます。
スープは、澄んだ醤油色で油多め、癖なくあっさり魚介を意識させません。
トッピングは、焼豚、メンマ、海苔、小松菜、鳴門となかなか華やかです。
佐野ラーメンと同じ青竹平打ち麺とスープに食紅を塗って焼いた白河ラーメンと同じ焼豚をのせたラーメンです。福島と栃木との隣県コラボラーメンです。中華そばは670円と安くはありませんが、支那そばは720円とさらに安さを感じません。充実したトッピング、東京ではお手頃のような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おにぎり弁当

おにぎり弁当 パッケージ

おにぎり弁当

今日は早い新幹線移動です。そう始発の新幹線はいつ以来だろうか記憶にさえありません。遅い日の寝るような時間に起き、駅までの歩きを覚悟していましたが、早起きの子供に送ってもらえました。朝からいい事がありました。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段から種類の多い改札を入る手前の駅弁屋から覗いていこうと思います。
といっても午前6時前、真っ暗な状態で着いた新潟駅で、駅弁屋はやっているのでしょうか?やっていました。大きな写真付カードで、販売している駅弁の内容や価格など紹介しています。早朝のオープン直後だからでしょう?種類も多く、食べたことのない駅弁があります。おにぎり弁当とぶりカツ弁当です。食べてみたいのはおにぎり弁当、駅弁らしいのはぶりカツ弁当、悩むところ。後から来たお客さんが、脇目も触れずにおにぎり弁当を購入していきました。どちらかというと好みかなと思える新潟三新軒のおにぎり弁当にしました。
包み紙に“新潟特産米コシヒカリ”と書かれています。特産米ってなに?
お品書きはありません。原材料名の記載があります。ご飯、鮭、白身フライ、玉子焼、鳥唐揚、のり、ブロッコリー梅干、ごま。付合わせなどです。
コシヒカリのおにぎりはお米が本当に美味しいです。美味しいおにぎり2個におかずのが加わったものです。コンビニの高級おにぎり2個と駅弁の値段差は大きく、650円という値段もいい線かと思えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.17

きんしゃい亭 県庁前店

きんしゃい亭県庁前店 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 県庁前店」です。
笹出線沿いにあります。出来島に近いキューピッドなどと同じエリアです。
県庁周辺での昼食、久々に大江戸で食べようかと向かいました…が改装のためお休み、近くで食べれそうなお店?と少し考えてきんしゃい亭にしました。
お店は、左側奥に厨房、中央に向かい合わせでカウンター席のように使える大きなテーブル、右側にテーブル席、左側手前に小上がりがあります。今風の中規模のラーメン店です。午前11時45分ぐらいに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りでしょう。入口を入って右側に食券販売機があります。
きんしゃい亭の中でもメニューが豊富です。一般的な豚骨味のラーメン、胡麻醤ラーメン、塩豚骨ラーメンや豚骨野菜味噌ラーメンなど豊富にあり、さらに一般的な豚骨味のラーメンには、メンマ、チャーシュー、ねぎ、高菜、野菜、ザーサイなどの他に角煮、鶏立田、包子(ワンタン)などのトッピングを加えたものがあります。さらに平日お昼は、ラーメンにサイドメニューを加えた定食が4種類あります。かなりお得な感じです。純粋に九州ラーメンを楽しみましょう。普通のラーメンにしました。楽しみ替え玉の食券も買っておきます
カウンター席に座り、店員に食券を渡し、セルフサービスの水を用意します。九州ラーメンらしい早さは無理、普通の待ち時間で出来上がってきました。
白い器に九州ラーメンらしく少なめです。白濁のスープが美味しそうです。
にんにくをたっぷり入れて食べたいのですが今日は平日、我慢しましょう。
麺は、極細の弱い縮れ、以前より本場のストレートに近い麺になりました。
スープは、醤油とんこつの色と旨味が絶妙です。油が少し多めでしょうか。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻、青ねぎととてもシンプルです。テーブル上の胡麻を追加し、辛子高菜漬を入れ、胡椒も入れて楽しみます。
ラーメンはカタメ、替え玉はフツウの麺を楽しみました。いつもは硬い方向にいくのですが、たまには(素面)の時にやってみました。これならWのラーメンでも良いかなと、替え玉の意味のないことを知りました。遅過ぎでしょう。580円+120円で700円、いい線でしょう。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.16

うれっ子

うれっ子 タンメン

柏崎市の「うれっ子」です。
柏崎市役所近く、東側でしょうか?一方通行の細い路地に面してあります。
あっさり系が好きな同僚と柏崎地区での昼食、うれっ子にお邪魔しました。
お店の先にうれっ子用5台分の駐車スペースが確保された駐車場があります。午後12時30分過ぎでも、空きが2台分もあり、無事に駐車できました。
お店は、左側に厨房、その手前と中央寄りにL字型のカウンター席があり、右側に通路があり、その先にテーブル席、小上がりがあります。小さなお店に後で隣の建物をくっ付けたような、ちょっと古めな雰囲気です。空いています。半分ぐらいのお客さんの入りです。右側の奥のテーブル席に案内されました。その後もお客さんは来ますが賑わう程のこともなく、静かに食べれました。
メニューは、ラーメン、もやしラーメン、みそラーメン、みそバターラーメン、みそチャーシュー、みそバターチャーシュー、つけめん、チャーシューつけめん、タンタンメン、タンタンチャーシュー、チャーシューメン、焼ソバ、五目ラーメン、タンメン、バターラーメンなど沢山あります。今までにラーメン、焼ソバと美味しくちょうだいしました。普段はあまり食べないメニューですが、うれっこ子の麺なら合いそうな気がします。タンメンにしました。
スタッフは多めで、お客さんが少なめ、メチャ早で出来上がってきました。
青の模様が綺麗な白い器にたっぷりの野菜が(予定通り)盛られています。
麺は、細くやや強の縮れ、中華そば風のツルツルした食感が楽しい麺です。
スープは、塩味に野菜から溶け出した野菜の旨味がとても優しいものです。
トッピングは、タンメンらしく野菜炒めのみ、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ、ピーマン、きくらげ、豚肉の炒め物、熱々でボリュームがあります。
食べ易い細麺と野菜の美味しさが溶け出したあっさり塩味スープ、とても優しく健康的にいただきました。750円と安くはなさそうな気もしますが、今時平均的な680円のラーメンに+70円の値段と考えると結構お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.15

ラーメン いっとうや

いっとうや ネギそば追いペッパー

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
駅南地区です。紫鳥線の旧市民病院近く、セブンイレブンの裏にあります。
家族での昼食、肉好きの子供の希望もあっていっとうやにお邪魔しました。
午後1時前に着きました。駐車場は1台分の空き、外に10人程が列ぶ状態です。お店の中にも8人程が待っているので18人ぐらいの待ちでしょうか。お店の入口を入った正面にある用紙に名前と人数を書いて外で待ちます。
少ししてスタッフが、メニューを持ってきました。変わっていないようです。醤油、かさね醤油とそれらにめんまやちゃーしゅうを加えたもの、つけめん、辛つけめんがあります。追加トッピングも豊富で、サイドメニューも充実しています。1日限定20食の炊き込みチャーシュー丼は、売り切れのようです。1枚もののメニューで、ニイガタラーメンラボのタイトルでコラボラーメンがあります。期間限定で、ネギそば追いペッパーというものもあります。かさね醤油が1番人気で1番好きなラーメンですが、期間限定のコラボラーメンも気になります。結構美味しそうなのでネギそば追いペッパーにしました。
そんなに食べ終わって帰るお客さんが多いという訳でもないように感じていたのですが、思ったよりも早くお店の中の待ちスペースまで移動できました。
お店は、右側に厨房、中央に衝立のある向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がりがあります。入口付近には待つために座って待つスペースもあります。落ち着いた雰囲気のお店です。まだまだお客さんの流れが良く、子供達も一緒だったので小上がりに案内されました。
普段、席に着いてから注文しても早めに出来上がりますが、並んでいる時に注文できていたのでファーストフードかのよう早めに出来上がってきました。
青線の白い器に醤油色のスープとトッピング、粗びき胡椒がたっぷりです。
麺は、細く、醤油に合わなさそうなストレートに近い弱い自然な縮れのもの、適度なコシの強さと噛み切れ具合の良さ、食べ易くて楽しい好みの麺です。
スープは、醤油が濃いような色で透き通っています。程好いしょっぱさで、適
度な甘さもあります。お魚の煮物なんかにも合いそうな、とてもまろやかな醤
油の持つ美味しさが感じられるものです。魚介系の風味があり、動物系の旨味
もありますが、派手なものとは違い、和風のような落ち着きがあります。そこ
にたっぷりの粗びき胡椒が…。胡椒の香りと辛味がかなり強めです。
トッピングは、大きな炙りチャーシュー、太いメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔、斜め切りのねぎが見た目以上にたっぷりと充実しています。
粗びき胡椒を効かせた魚介風味と醤油味がしっかりしたスープに歯応えを楽しめる麺、多めのねぎなど上質なトッピングがのっています。ネギそば追いペッパーは830円とかなり高価なラーメンですが、それ相応に楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.14

ビックリドンキー 新潟和合店

ビックリドンキー チーズバーグステーキセット

新潟市の和合線にある「ビックリドンキー 新潟和合店」です。
相方のハンバーグが食べたい!で以前に子供と食べに来たことのあるビックリドンキーで食べようとお邪魔しました。
こんな大きなメニューいらないんじゃないのと思うほどのメニューで、別にランチメニューがありました。チーズバーグステーキセットにしました。
午後1時頃からの入店、オーダでしたが、結構時間がかかりました。
ハンバーグは、良く判らないけどまあまあ美味しくいただきました。
税込915円は、どうも微妙なライン上でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.13

麺屋 茉莉蔵

新潟市の「麺屋 茉莉蔵」です。
駅南けやき通りの西、以前の突き当たりを左に曲がったところにあります。
駅南でのお昼になりました。茉莉蔵の担々麺を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が狭く奥行きのあります。入ってすぐ右側に厨房があり、厨房向きのカウンター席、奥左側にも壁向きのカウンター席、奥右側にテーブル席があります。小さめですが凝っていて喫茶店でも良さそうな雰囲気です。正午前に着きました。半分ぐらいのお客さんの入り、カウンター席に座りました。

茉莉蔵 メニュー

忘れた頃に食べに来ているためか、またメニューが変わっています。担々麺、味玉担々麺、岩のり担々麺、チーズ担々麺、ごまらーめん、味玉ごまらーめんがあります。ごまらーめんは、担々麺から辛味を抜いたごまだれスープとのことです。平日(火曜~金曜)のランチタイムは、半ライスが無料です。久々なので思いきって、チーズ担々麺にしました。半ライスもお願いしました。
お客さんが少ないときに注文できていたので早めに出来上がってきました。

茉莉蔵 チーズ担々麺

渦巻き模様の黒い器、中央に雪山のようにチーズが盛り付けられています。
麺は、普通の太さの弱い縮れで、元気なパスタっぽい噛み応えがあります。
スープは、クリーミーで胡麻の風味が豊かなものです。辛味は控えめです。
トッピングは、挽肉芝麻醤炒め、きくらげ細切り、水菜、チーズなどです。
食感の楽しい麺、しょっぱさ控えめのスープとのちょっとしょっぱめの挽肉のバランスがいいです。仕上がりの良さにただただ関心しました。麺を食べ終わったら半ライスを入れておじや風に食べるそうですが、好みと違うので普通にいただきました。担々麺が850円で、チーズ担々麺は1000円といい値段です。半ライス無料もありますが、まだちょっとお高いような…。

正午を過ぎお客さんが結構やってきます。岩のり担々麺が人気のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.12

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
勝龍、昨日の2食とここのところちょっとラーメン代がかかっているので、今日は少しでも安くて美味しいものをと思い白寿にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。テーブル席は2卓とも空いていますが、カウンター席は1席だけですが空いていました。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
前回は、親父さん1人で帰る頃におばさんが来ました。今日は、いつも通り親父さんとおばさんの2人でやっています。おばさんが作っています。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違います。今日は…、中華鍋にたっぷりのうま煮があります。待ちのお客さんは他に2人、2つ並べていた器にもうひとつ器が置かれ3つ並びました。ちょうど麺をゆでようとしていたところ、とても早く出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も是非見習って欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.11.11

ラーメン二郎 新潟店

ラーメン二郎新潟店①

ラーメン二郎新潟店②

ラーメン二郎新潟店③

新潟市の「ラーメン二郎 新潟店」です。11月8日オープンとのことです。
新潟駅前~万代間、流作場五差路の近く、長崎ちゃんぽんの隣にあります。
FM PORTでラーメン二郎 新潟店に関するメッセージがあり、ネット検索したらありました。今日は、ちょうど夕食もないのでガッツリ食べて帰ろうと思います。でも、昼に食べた安福亭の老麺の背脂が残っているような感じも…。
午後6時30分過ぎに着きました。ラーメン二郎らしい黄色いテント布地の看板が見えます。その下に…、結構並んでいます。列の半分ぐらいで24人、数えるのが面倒なので48人の列びにしときましょう。なかなか進みません。
雨が降らなくて良かった。ようやくお店の中へ入れるところまで来ました。

ラーメン二郎新潟店④

お店は、左側の奥寄りに厨房があり、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側に待ち席(8席)があります。昭和後期?二郎らしい造りですが、壁や天井の壁紙が青っぽく、床がフローリングっぽい、またちょっと違う雰囲気です。入ってすぐ右側に青島の1世代前?に似た食券販売機があります。
メニューは、ラーメン(小)、ラーメン(大)、ラーメン(小)ぶた入り、ラーメン(大)ぶた入りとシンプルです。ラーメン(小)にしました。
店内で座っての待ちになりました。この時間、男性2人+女性1人=3人のスタッフです。女性スタッフが食券の確認をします。ここで麺の量や硬さを調整できますが、共に普通でいきましょう。やがて、空いた席に案内されました。セルフサービスの水を用意して着席、食券をカウンターにのせて待ちます。
ラーメン二郎のそろそろかなってタイミングで『ニンニク入れますか?』と聞かれます。『野菜増し、ニンニク増し、アブラ少なめ、カツオ増し、カラメ』ぐらいをいきたいところですが、現実的な線、基が判らなければってことで、オリジナルのままでいきます。『入れてください。』で、もうすぐ来ます。
座ってから出来上がるまではまあまあ早い方だと思いますが、お店に到着してから1時間20分後です。ボリュームがあるのでこれから長くかかります。

ラーメン二郎新潟店 ラーメン

ラーメン二郎新潟店 ラーメン

結構入りそうな器です。オリジナルのままですが、もやしの山が凄いです。
麺は、太く弱い縮れで適度なコシがあります。普通の2~2.5玉程です。
スープは、豚骨の旨み、醤油の味と甘みなどのバランスの取れたものです。
トッピングは、ゆでたキャベツともやし、ぶたという名の肉の塊が2個です。ぶたは迫力と歯応えのあるもの。キャベツともやしのゆで加減も絶妙です。
ラーメン二郎三田本店で食べていた時には600円で食べてましたが今は…?ラーメン二郎新潟店はラーメンが700円でした。大食らいいいのでしょう。肉の脂身とスープのアブラに負けました。胡椒などで調整しても半分ぐらい食べたところでコッテリさにギブアップ。『ごめんなさい残しちゃいました』といいながら器とコップをカウンターの高い段に戻して出ました。にこやかに返してくれました。帰りには待ちの列が1.5倍ぐらいになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安福亭 千手店

安福亭 老麺

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と旧市役所の中間辺りにあります。前のお店の少し長岡駅寄りです。
ねぎたっぷりのラーメンを食べようと思い久々に安福亭にお邪魔しました。
午後1時前に着きました。お店脇の駐車場が1台分空いていました。満車で移転前のお店に停めることが多いのですが、今日はお店脇に停められました。
お店は、食券販売機のある風除室があります。混んだ時の待ちスペースにもなりそうです。風除室から左に進みます。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々・まだまだ新しく綺麗な雰囲気が続いてるお店です。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、老麺(ラーメン)、叉焼麺、味噌老麺、味噌叉焼麺、排骨麺(パイクウメン)、支那筍麺、生馬麺(サンマーメン)などがあります。安福亭を楽しむには老麺がベストだと思いますが、ずっとその老麺が続いています。たまにはってことで老麺にしました。食券を購入して店員に渡します。セルフサービスの水を準備して案内されたカウンター席中央近くに席に座ります。
縦切りと輪切りのねぎがそれぞれステンレスの容器に入れられ、2席に1組ぐらいの間隔で置かれています。たっぷり入っています。白と緑の美味しそうです。お客さんが多くないこともあってか結構早めに出来上がってきました。
青いラインの白い器にギリギリ盛られてます。背油が優しそうに見えます。
安福亭のお楽しみ、縦切りと輪切りのねぎが用意されています。最初は縦切りのねぎです。普通のねぎラーメンよりも多いぐらいの量を入れます。白髪ねぎより太く歯応えも楽しめます。香りや旨み効果を考えると太めが正解です。
麺は、平打ちのやや太、自然なウェーブです。噛み応えを楽しめる麺です。
スープは、適量の背脂、その下には煮干しの風味が豊かなスープ。醤油の旨みとしょっぱさ、バランスがとても良く、見た目と違いあっさりしています。
トッピングは、歯応えの良いチャーシャー、燕系と同じようなメンマです。
麺を食べ終わったら輪切りのねぎをスープに入れ楽しみます。背脂がスープの温度を保っている筈でしたが、ねぎの入れ過ぎで温くなってしまいました。
2種のねぎを楽しみました。老麺は750円とお高いラーメンですが、多めのチャーシューと食べ放題の2種のねぎを考えると全然お手頃な一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.10

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん わかめ醤油(大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上でのちょっと遅い昼食です。時間もないのでにぼしまじんにしました。
午後1時過ぎに着きました。国道沿いのショッピングセンターなので車での乗り入れも楽々です。駐車場も広々ですが、小雨もあってか出入口近くは…。
メニューは、しょうゆ、みそ、辛みそ、塩でいずれにもネギやチャーシューを加えたものも用意されています。トッピングを充実させたまじんというものももあります。野菜、もやし、わかめが後に追加され、野菜は塩・みそ・辛みその各味、もやしはみそ・辛みその各味でさらにチャーシューを加えたものも、わかめはしょうゆ・みそ・塩の各味があります。大盛りが無料になってます。喜び飯、ミニソフト、ミニソフト引換券付きお子さましょうゆもあります。店頭で注文になります。食べていないわかめ醤油(大盛)にしました。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。醤油と同じ白い器に醤油色のスープが美味しそう、わかめが健康そうです。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、煮干しダシが濃厚な醤油味、今時の味の濃さを楽しめるものです。和の控えめな煮干しダシが好きですが、この濃厚な煮干しダシも好きです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白ねぎ、わかめ、コーンなどです。
普通のしょうゆよりもチャーシューの種類や味玉など少なくなってるものもありますが、620円としょうゆと同じ値段での提供はありがたいです。しかも大盛無料。それがイオンの火曜市で500円でした。大盛で!いいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.09

手打ちらーめん 勝龍

勝龍 カミナリ・ドッカーン!!ダブル

勝龍 カミナリ・ドッカーン!!ダブル(小鉢)

小千谷市の「手打ちらーめん 勝龍」です。
市役所近くから信濃川方向へ、信濃川右岸道路と交差する手前にあります。
小千谷市でのお腹が空いてのお昼は…、勝龍です。久々にお邪魔しました。
お店は、中央に厨房があり、周りを囲うように左右と手前にカウンター席、左右手前にテーブル席があります。歴史のありそうなオープンキッチンの広々したお店です。午後1時30分頃に着きました。2~3割ぐらいのお客さんと珍しく空いています。中央の入口を入った風除室に食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、ネギラーメン、角煮ラーメン、角煮チャーシュー、みそラーメン、みそチャーシュー、ネギみそラーメン、角煮みそラーメン、みそダブル、しおラーメン、しおチャーシュー、タンタンメン、タンタンチャーシュー、角煮タンタン、タンタンダブル、勝肉メン、勝肉ブタダブル、つけ麺しょう油、つけ麺タンタン麺、ドッカンラーメン、ドッカンチャーシュー、ドッカンダブル、ドッカンつけ麺、ドッカンつけ麺チャーシューなどがあります。夏は冷しチャーシュー、冷しタンタン、冷しタンタンチャーシューがあります。お店の入口付近は、貼紙が多く、みそ半チャーシュー、しお半チャーシュー、タンタン半チャーシュー、煮干ダイス、みそニボダイス、ドカタン、ドカタンみそ味、エビミソ担々メンなどもあります。一時休止中のものもあります。月刊ニイガタ40周年企画で千葉のとみ田とのコラボラーメンがあります。カミナリ・ドッカーンとカミナリ・ドッカーン!!ダブルです。追加トッピングもあり、組み合わせも楽しむことができます。みそ系ラーメンが人気で好きです。中盛りや大盛りも同じ値段で食べられます。角煮味噌チャーシュー(大盛)を食べて動けないほど苦しく、それ以降大盛を食べていません。カミナリ・ドッカーン!!ダブル(中盛)にしました。
お店の中に入るとスタッフが席に案内してくれます。席には水がすでに用意されています。スタッフに盛りを聞かれます。予定通り中盛と伝えます。
お客さんが少ないこともあって?いつもより早めに出来上がってきました。
赤い線の入った白い器に波々のスープ…。丸みのあって入りそうな器です。
麺は、手打ちらしい強い縮れの太麺。ゆで加減が良く硬さも良い具合です。
スープは、醤油味のしっかりしたもの、いい感じにダシの旨みがあります。
トッピングは、角煮、チャーシュー、メンマ、キャベツともやしの炒め物、白ねぎ、青ねぎなどとても充実…、というよりボリューミーです。角煮は歯応えがあって食べ易い大きさです。チャーシューは、分厚く大きなものが2枚、軟らかいものですが、しっかり味付けされています。炒め物もたっぷりです。
小鉢が付いてきました。脂と味噌が混じったものに多めのねぎがのってます。お好みで入れて下さいとのことです。オリジナルを楽しんでから入れます。
ガッツリ食べようと中盛にしましたが、肉を食べたところでお腹もいい感じになってきました。蒸し肉のようで脂が表面にはありませんが、こってり感があります。炒め物を食べているとお腹もかなりいっぱいになりつつあります。
太麺では珍しく好きな手打ち麺です。スープもしっかりした醤油の旨みのあるものですが、濃厚な味噌に合わせた麺には、ちょっと力が足りません。そこで小皿の味噌をスープに加えます。濃厚な味になりますが、コッテリ感も増します。全体的にコッテリ感の強いものになりました。なんとか麺も食べ終えることが出来ましたが、スープまでの完食は、叶いませんでした。カミナリ・ドッカーン!!ダブルは1260円ととんでもない値段ですが、たっぷりの肉を考えれば納得できます。大盛りも食べれたら…。それでも食べたくなる味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.08

中華そばふじの 東中野山店

ふじの 中華そば

新潟市の「中華そばふじの 東中野山店」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線新潟横越線を横越方面へ、中野山地区の住宅が切れそうなやや手前の左側、大きな赤い看板が目印になります。
オープン当時に家族と一緒に食べに来て、それ以来久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前中央に向い合せのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。中規模の最近良く見かける感じのお店です。午後2時過ぎに着きました。8割程のお客さん入りと思ったより空いてます。その後、お客さんが結構やって来て待ちが何組か出来ることもありました。入口近くにおしぼりがあり、セルフで持って席に移動するようになってます。
メニューは、中華そばとちゃーしゅうめん、味噌らーめんと味噌ちゃーしゅうめん、つけそばと野菜つけそばなどがあります。オープン当時は、野菜つけめんを食べました。今回は、中華そばにしました。
結構混んではいますが、多少待ったかなって時間で出来上がってきました。
青の模様が華やかな器に、醤油色の澄んだスープがとても美味しそうです。
麺は、細く弱い縮れ?ストレート?で、九州ラーメンにも似た歯応えです。
スープは、醤油色の綺麗に透き通ったものです。醤油の旨みに塩の締まった感じ、適度な甘さもあります。油が好みよりも多めで、あっさりとは違ってまろやかなです。魚介系ですが、全体のバランスが良く癖のない仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなど標準的です。チャーシューは、塩味の軟らかこってり感のある苦手なタイプのものです。
油が少し多めですが好みのスープに歯応えの楽しい麺、チャーシューが好みと違いましたが、なかなか楽しめました。680円とちょっとお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.07

カップ麺

最近食べたカップ麺です。

カップヌードル とんこつ キング

カップヌードル とんこつ キング

スーパーカップ1.5倍 ガリペパ 豚骨醤油ラーメン

スーパーカップ1.5倍 ガリペパ 豚骨醤油ラーメン

スーパーカップ1.5倍 レモチキ 塩ラーメン

スーパーカップ1.5倍 レモチキ 塩ラーメン

ご当地最前線 東京中華そば

ご当地最前線 東京中華そば

サッポロ一番 北陸・金沢 大野醤油ラーメン

サッポロ一番 北陸・金沢 大野醤油ラーメン

日清 カレーの極み チキンカレーヌードル

日清 カレーの極み チキンカレーヌードル

有名店シリーズ 蔭山樓 鶏白湯塩そば

有名店シリーズ 蔭山樓 鶏白湯塩そば

カップヌードルライトプラス 和風コンソメ

カップヌードルライトプラス 和風コンソメ

飲み干す一杯 鶏とろ醤油ラーメン

飲み干す一杯 鶏とろ醤油ラーメン

飲み干す一杯 担担麺

飲み干す一杯 担担麺

カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ

カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ

マルちゃん 本気盛 塩担々麺

マルちゃん 本気盛 塩担々麺

日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ

日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.06

麺屋 次男坊

次男坊

柏崎市の「麺屋 次男坊」です。
国道8号線沿いにあります。柏崎駅の南側辺り、ジョーシンの真ん前です。
柏崎の昼食。最近オープンしたらしい次男坊で食べようとお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、厨房を囲うようにカウンター席があります。赤が印象的な、昔からやっているような店内です。午後12時10分過ぎに着きました。9割程度のお客さんの入りです。入ってすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、らーめん、濃厚らーめん、背脂中華、担々麺に大別されてます。らーめんは、味玉らーめん、岩のりらーめん、チャーシューめんなどもあります。濃厚らーめんは、濃厚味玉らーめん、濃厚チャーシューなどもあります。背脂中華は、玉ねぎ中華、もやし中華、岩のり中華、背脂チャーシューなどもあります。担々麺は、辛担々麺、担々チャーシュー、辛担々チャーシューなどもあります。麺の大盛りが無料です。らーめん(大盛)にしました。
空いているカウンター席に座り、スタッフに食券を渡します。水は、コップと水差しがカウンターに置かれています。動きの少ないセルフサービスです。
待ちのお客さんが多そうに見えてましたが、普通に出来上がってきました。

次男坊 らーめん(大盛)

白い逆三角錐の器です。この手の器は、小振りに見えてボリューミーです。
麺は、普通の太さの平打ち、強い縮れです。なかなか出会えない平打ちです。強い縮れかつ平打ちの麺が口の中に当たる感じがなんとも心地良い麺です。
スープは、褐色であっさりしていますが、魚介と動物のWスープのようです。両方の香りやら匂いが混じってなんか複雑です。胡椒の香りで楽しみます。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、海苔、青ねぎ、白ねぎなどです。チャーシューは、軟らか塩味の苦手なものと歯応えのあるサイコロ形です。
平打ち縮れの麺にちょっとおとなしめのスープ、トッピングも好き嫌いがありしたが、楽しませていただきました。690円とお高め、ジワジワ値上がりされている感じの価格設定にはちょっと勘弁してくれ!って思いますが…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015.11.05

ラーメン クマ

クマ

十日町市の「ラーメン クマ」です。
国道117号線沿いにあります。道の駅入口交差点から津南方向、左側です。
十日町での昼食、まだ食べたことのないお店で食べようとお邪魔しました。
複数のテナントが入ったアーバンプラザという建物の1階にあります。建物の中央に駐車場への通路があります。広い駐車場でお店毎に駐車位置が決まっています。「ラーメン クマ」の駐車スペースも結構確保されています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。明るさを抑えた中規模のお店です。午後12時40分頃に着きました。他にお客さんが1人でしたが、後から何組かやってきました。
メニューは、かなり豊富です。坦々麺、坦々チャーシュー、麻婆麺、オロチョン、スタミナラーメン、麻坦、湯麺、白湯麺、ちゃんぽん、らーめん、チャーシュー麺、ねぎらーめん、ねぎチャーシュー、みそらーめん、みそ坦々麺、みそチャーシュー、みそ坦々チャーシュー、ねぎみそらーめん、ねぎみそチャーシュー、広東麺、排骨麺、肉絲麺、もやしらーめん、あんかけ焼きそば、ソース焼きそば、かた焼きそば、上海麺、つけ麺(平・細麺)、チャーシューつけ麺、夏期限定で冷やし中華とザージャン麺があります。定食や丼ものもいろいろとあります。回鍋肉が美味しそうですが、みそらーめんにしました。
賑わう前に注文できたので助かりました。早めに出来上がってきました。

クマ みそらーめん

縁が茶の黒い器に、野菜炒めのたっぷり盛り付けられたみそらーめんです。
この手のラーメンの食べ方ですが、健康的に野菜から食べることにします。
トッピングは、野菜炒めのみです。もやしが大半で、豚バラ、キャベツ、玉ねぎ、人参、キクラゲなどですが、濃い緑色はほうれん草でしょうか。
麺は、やや細麺の弱い縮れ、丸みがあるためか見た目以上に太く感じます。
スープは、赤味噌のような色で、適度な油も浮いていますが、意外とあっさりしています。麺を食べていると少し薄味っぼいのですが、味噌の香りはかなりしっかりしています。スープだけ飲むとちょうどいいしょっぱさです。
あっさりしていますが、ちょうどの味噌味と味噌のしっかりした香り、たっぷりの野菜を楽しめる味噌ラーメンでした。750円とまあまあお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.04

中華そば 来味 東堀店

来味東掘店 つけ麺(特大盛)

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟市のど真ん中にあります。柾谷小路と東堀通との交差点角の…隣です。
暫く食べていないお店で食べようかと思い、久々、来味にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さめの中華そば屋さんといった雰囲気です。お店に入った時に煮干しのいい香りがします。午後12時15分過ぎに着きました。ちょうど満席ですが、食べ終わったお客さんと入れ替わりのように座ることができました。
メニューは、中華そば、肉そば、辛そば、つけ麺、辛つけ麺があります。辛そばと辛つけ麺は1辛~3辛とあり、辛さを楽しんでみたい気もします。麺の大盛(1.5玉)と特大盛(2玉)が無料です。麺を普通盛りにした場合に限り梅肉あえチャーシューご飯が無料です。梅肉あえチャーシューご飯もかなり引かれますが、今回は麺を存分に食べます。つけ麺(特大盛)にしました。
男女1名ずつのスタッフでやっています。なかなか手際良くこなしています。満席の賑わいで時間がかかりそうですが、早めに出来上がってきました。
麺、つけ汁とも白い器です。シンプルながらなかなか綺麗な盛り付けです。
麺は、極細の弱い縮れ?ストレート?歯切れが良く、とても楽しい麺です。
つけ汁は、煮干し中華そば風、煮干しダシのしっかり風味豊かなものです。
トッピングは、麺にチャーシュー・メンマ・鳴門・海苔、つけ汁にねぎです。豪華って感じと違いますが、なんか盛り付けなのか好みのトッピングです。
昔ながらの煮干しダシの中華そばをつけ麺にしたような感じです。極細麺を煮干しダシの旨味と風味、あっさりした醤油味のつけ麺です。700円で特大盛が食べれるんですから嬉しいつけ麺です。辛はどうでしょうか、気になる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.03

ラーメン ちくに

ちくに 中華そば

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間が、午前11時30分~午後12時45分、午後3時00分~午後6時00分とちょっと早めに食事をするのに良さそうになっているお店です。
新潟に入った頃からぼちぼちとお腹が空いてきました。夕食にはまだ早いのですが、ちょうどやっていそうなちくにの早い時間の夕食にお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。午後4時40分過ぎに着きました。個の時間でも4組7人と半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、中華そば600円と中華大盛り700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きなワンスープのお店です。となっている筈なのですが、肉そばがメニューの札が裏返しで見えなくなっています。チャーシューが残り少ないのでしょう。家に帰って夕食も食べたいので中華そばにしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1スープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を準備して待ちます。待ちのお客さんも結構います。その後もお客さんが訪れ、賑わってきました。一度に多くを作るようで出来上がるときは、次々と出来上がってきます。早めに出来上がってきましました。
青いラインの白い器に、中華そばって雰囲気ながら波々の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近の煮干しダシのお店と違い少し癖があります。
麺は、細麺の弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかいゆで加減事態好きではありませんが、ちくにのゆではバランスが良く嫌いじゃないです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く締めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
最初に気になる匂いは胡椒で和らげます。煮干しダシが懐かしく楽しめます。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスのいい中華そばが600円です。最近の状況からはお手頃に思えます。
「あさひ楼」の軟らかな麺も食べなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和ダイニング ふじ

ふじ

秋田県大仙市(旧大曲市)の「和ダイニング ふじ」です。
大曲駅からのメイン通り、花火通り商店街の1本北側の通りに面しています。ホテル富士の1階、小さなビジネスホテルのダイニングのようです。
高校当時に良く食べたカネトクのカレーうーめんを食べようとカネトクのあった場所に向かいますが、駅前再開発のヒカリオオープニングセレモニーで花火通り商店街は歩行者天国+露店で進入禁止。少し流してタカヤナギグランマートに駐車、周辺を確認して帰りに地酒でも買って帰ろうと思いお店の中へ入ります。なんとお蕎麦屋さんがあります。カレーうーめんがあるのではと期待しましたが、残念ながらありません。地酒に目星をつけて商店街は方向に進むと警備員に呼び止められます。買い物以外の駐車は遠慮願いたいとのこと。県外ナンバーは目を付けられ易いのでしょう。もう少し寛大であって欲しいが…。警備員は年配の男性、そうだいつも飲んでる地酒のことでも教えてもらおうと思ったのですが、自宅の近くに酒蔵はなく、地酒は解らないとのことでした。お店の日本酒を売場を見ると秀よしの大曲の花火(純米吟醸)がいい場所を陣取っています。好きな秀よしならばと大曲の花火を購入しました。
車を駅前の有料駐車場に移動し、大曲駅へ。駅蕎麦でカレーうーめんが食べられるかも?と思ったのですが、大曲駅は改築され、建物は大きいのですが一般の人が踏み入れられる場所は狭く、お蕎麦屋さんはなさそうです。観光案内所があります。若いお姉さんが2人。これは聞くしかないでしょう。ホテル富士にある和ダイニングふじで食べられることを教えてもらいました。
早速向かいます。花火通り商店街から行きますが、昔の有名だった商店密集度が面影もなく寂しい商店街になっています。駅前の空洞化って大曲もです。
建物は、ホテル富士と和ダイニングふじで、それぞれに入口を持っています。お店前に、大曲カレー旨麺と書かれた幟が立っています。間違ありません。
お店は、奥に厨房、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。地酒が並んでいることもあって居酒屋のような雰囲気です。午前11時50分過ぎに着きました。他にお客さんはいません。帰るまで寂しく貸し切り状態でした。
メニューは、そばやうどんから定食などとしっかりした食事が多種あります。カレー旨麺は、通常ライス付きで提供されていますが、ヒカリオオープニングおめでとう!ってことで単品での提供もあります。カレー旨麺にしました。
幟を作る程の看板メニュー、仕込みもあり?早めに出来上がってきました。

ふじ カレー旨麺

ふじ カレー旨麺(拡大)

お盆にのってきました。白い和っぽい器、なぜか福神漬が添えられてます。
麺は、細麺のストレート、かんすいが控え気味だろう食べ易さがあります。
スープは、カレーと混じって判り難いのですが、鰹ダシの効いたものです。
トッピングは、カレー、蒲鉾、ねぎ、揚げ玉です。揚げ玉って昔はなかった。福神漬は、ライスが付いた時のものかとも思いますがいただいちゃいます。
おとなしめの麺と和味のスープ、カレー、相乗効果でいい味を楽しめました。ヒカリオオープニング!おめでとうでライスなし500円とお手頃でした。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.02

食堂 いなほ

いなほ

秋田県仙北市(旧角館町)の「食堂 いなほ」です。
角館駅から真っ直ぐの駅前通り沿い、駅と武家屋敷の中間辺りにあります。
たまには、ご飯ものをと思います。テレビでの露出の多い稲穂で食べようと思いますが、テレビで取り上げられる「料亭 稲穂」は2000円~4000円とちょっと敷居が高く、賑やか過ぎる女将さんも見たくないです。隣に姉妹店の「食堂 いなほ」で食べます。予算的には1000円~2000円です。
交差点の角にお店があり、その角から階段を登った2階にお店があります。

いなほ 2階入口

2階に登ってすぐ、昔の道具などがあります。懐かしい箱ぞりもあります。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。テーブル席と小上がりが半々ぐらいでしょうか。まあまあ普通の食堂の雰囲気、ちょっと広めです。正午過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、御狩場焼御膳、御狩場まんま、がっこ懐石、塩魚汁鍋、きりたんぽ鍋、稲穂風稲庭うどん、手桶稲庭うどん、、釜揚げ稲庭うどん、山菜稲庭うどん、稲穂風比内地鶏丼などがあります。予定のがっこ懐石にしました。
御狩場の佐竹北家認定書、比内地鶏使用認定証などが貼ってあります。
がっこ懐石の解説も貼ってます。これだけ数あると解説がないと判りません。料理全体について、“がっこ”とは秋田弁で漬け物のこと季節の「がっこ」を創作したお料理が『がっこ懐石』です。ということです。大袈裟でしょう。
団体がいて時間がかかるとのことでしたが、普通に出来上がってきました。

いなほ がっこ懐石

小さな器九品と丼と汁物、京都に泊まったときに食べた朝食に似ています。
ご飯の丼はいぶりがっこの卵とじ丼、汁物はきりたんぽ汁です。九品は…。
・秋田名物じゅんさい土佐酢
・季節の野菜みそ煮(ピーマン)みょうが甘酢
・当店特製いぶりがっこの天ぷら
・おから白玉粉蒸し豆と人参のがっこ入り
・角館納豆といぶりがっこ
・季節の野菜和え物(茄子)きざみ大根のがっこ
・当店特製いぶりがっこ甘露煮
・白菜がっこせん切りと長芋自家製土佐酢和へ
・ミニトマト寒麹漬け
昔から伝わる『お婆ちゃんのお漬物料理』みたいなものを期待してましたが、創作とあった通り新たに作った料理って感じのものでした。懐石らしく軽い食事です。数があるとはいえ漬物、1500円は、ちょっとお高い印象です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.01

お食事処 土鍋屋

土鍋屋 土鍋ラーメン/醤油・細麺

秋田県仙北市(旧角館町)の「お食事処 土鍋屋」です。
国道46号線沿いにあります。バイパスが出来て旧道扱いになるでしょうか。安藤醸造北浦本館(味噌と醤油、漬物、関連商品販売)の大きな建物です。
角館の武家屋敷から少し離れた商人町地区に安藤醸造の古くからのお店があります。テレビの旅番組などでは、昔からの古い建物を使用したお店と調度品などが武家屋敷と共に紹介されます。こちら北浦本館は、車が入り易く、土鍋屋で食事が出来るので便利。販売している商品を使用した食事が楽しめます。
北浦本館は、工場と店舗からなり、中には「安藤極撰の味 安藤本店」、「豚まん・鶏まん・ちまき処 せいろ亭」、「お食事処 土鍋屋」があります。
土鍋亭は、左側の緩やかなスロープを登った中二階のような場所にあります。厨房の前の廊下を通るとその先に広いスペースに落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。午後12時20分頃に着きました。厨房前の廊下からスロープにかけてベンチ風の椅子で待てるようになっていて、10人以上の待ちになっています。先頭部分に用紙があるので記入して待ちます。スロープにあるベンチですが、座面が左右に傾斜しています。慣れてないためか座り難くいです。タイミング良く、列が早めに進み、それほどかからず席に案内されました。
メニューは、土鍋ラーメン/醤油・細麺、土鍋ラーメン/旨辛みそ・太麺、土鍋ラーメン/しお・細麺、土鍋焼きそばがあり、半ライス付もあります。土鍋ごはん/鶏醤油、土鍋ごはん/味噌豚のご飯ものもあります。ご飯物には、味噌汁が付いています。土鍋ラーメンの醤油か旨辛みそにしたいのですが、しおだけにトッピングされる比内地鶏のチャーシューも魅力的です。以前も食べましたがやはりこれです。食べたい土鍋ラーメン/醤油・細麺にしました。
フロアの片隅にがっこ(漬物)バーがあります。ドリンクバーやサラダバーは見ますが、がっこバーはここぐらいでしょうか。6種類程の漬物があります。お店で販売している漬物の試食コーナーのようなものです。漬物を楽しんでいるため、思いのほか早めにラーメンが出来上がってきたような気がします。
小く渋い片手土鍋に入ってきました。透き通ったスープが美味しそうです。
麺は、やや細の弱い縮れ、癖がなく土鍋でも最後まで延びるませんでした。
スープは、醤油味の旨味や甘さがバランス良く、まろやかなのにあっさりしています。土鍋なので最後まで熱々、石焼きの器より適温を保ってくれます。
トッピングは、十和田高原ポーク桃豚のチャーシュー、白髪ねぎ、味玉半個です。白髪ねぎには旨み効果の低いものが多いのに、普通にトッピングされた少ない白髪ねぎですが、香りが高くラーメン全体をいい香りにしてくれます。
土鍋は、深みのある分厚い土鍋です。見た目以上のボリュームとかなりの保温性能があります。石焼の器よりもなんか風情があっていい器かと思います。
さすが醤油と味噌のプロです。醤油の旨みを存分に楽しませてもらいました。醤油とダシの旨味がとてもいいバランスに仕上がっています。これで648円です。消費税増分程の値上がりはありましたが、楽しめる1杯でした。
メニューの最後にラーメンたれなど販売しているようで掲載されています。
まだアンテナショップ的なお手頃価格です。本当にありがたいことです。
お店は、天然にこだわった醤油や味噌のほか漬物などが売られています。醤油や味噌の作りに使用されているモンゴルの塩も売られています。塩使いもプロのようです。比内地鶏チャーシューをトッピングした土鍋ラーメン/しおも食べてみたくなります。“しょうゆソフトクリーム”もあります。次回こそ。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »