« 村上ラーメン にぼしまじん | トップページ | ラーメン二郎 新潟店 »

2015.11.11

安福亭 千手店

安福亭 老麺

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と旧市役所の中間辺りにあります。前のお店の少し長岡駅寄りです。
ねぎたっぷりのラーメンを食べようと思い久々に安福亭にお邪魔しました。
午後1時前に着きました。お店脇の駐車場が1台分空いていました。満車で移転前のお店に停めることが多いのですが、今日はお店脇に停められました。
お店は、食券販売機のある風除室があります。混んだ時の待ちスペースにもなりそうです。風除室から左に進みます。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々・まだまだ新しく綺麗な雰囲気が続いてるお店です。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、老麺(ラーメン)、叉焼麺、味噌老麺、味噌叉焼麺、排骨麺(パイクウメン)、支那筍麺、生馬麺(サンマーメン)などがあります。安福亭を楽しむには老麺がベストだと思いますが、ずっとその老麺が続いています。たまにはってことで老麺にしました。食券を購入して店員に渡します。セルフサービスの水を準備して案内されたカウンター席中央近くに席に座ります。
縦切りと輪切りのねぎがそれぞれステンレスの容器に入れられ、2席に1組ぐらいの間隔で置かれています。たっぷり入っています。白と緑の美味しそうです。お客さんが多くないこともあってか結構早めに出来上がってきました。
青いラインの白い器にギリギリ盛られてます。背油が優しそうに見えます。
安福亭のお楽しみ、縦切りと輪切りのねぎが用意されています。最初は縦切りのねぎです。普通のねぎラーメンよりも多いぐらいの量を入れます。白髪ねぎより太く歯応えも楽しめます。香りや旨み効果を考えると太めが正解です。
麺は、平打ちのやや太、自然なウェーブです。噛み応えを楽しめる麺です。
スープは、適量の背脂、その下には煮干しの風味が豊かなスープ。醤油の旨みとしょっぱさ、バランスがとても良く、見た目と違いあっさりしています。
トッピングは、歯応えの良いチャーシャー、燕系と同じようなメンマです。
麺を食べ終わったら輪切りのねぎをスープに入れ楽しみます。背脂がスープの温度を保っている筈でしたが、ねぎの入れ過ぎで温くなってしまいました。
2種のねぎを楽しみました。老麺は750円とお高いラーメンですが、多めのチャーシューと食べ放題の2種のねぎを考えると全然お手頃な一杯でした。

|

« 村上ラーメン にぼしまじん | トップページ | ラーメン二郎 新潟店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/62660512

この記事へのトラックバック一覧です: 安福亭 千手店:

« 村上ラーメン にぼしまじん | トップページ | ラーメン二郎 新潟店 »