« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016.02.29

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お高いお昼が続いたのでお財布に優しい白寿で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。他にお客さんが1人とです。天気が良くないっていうのもありますが、こんな日もあるんですね。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれます。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違います。今日は…?、あららどうしたんでしょう。半分以上入った中華鍋と作ったばかりの中華鍋があります。これからお客さんが来るでしょうが、初めて見る光景でしょう。すぐに作り始め、とても早く出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
食べている間にお客さんが3人程やって来て、ようやく賑わい始めました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も是非見習って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.28

らーめん 信玄

信玄 こく正油らーめん

信玄 こく味噌らーめん

新潟市の「新潟三越」で催されている『春の大北海道展』に行きました。
好きながごめ昆布を買うのが目的で、ラーメンも楽しみにお邪魔しました。
会場は、7階の催事場です。正午過ぎに着きました。時間が時間だけにイートインにはかなり列ばなきゃと思っていたのですが、ほんの数名程度の列びで、すぐに食券を販売しているレジのとこれまで進むことができました。
大北海道展の前半に出展しているお店は、札幌の「らーめん 信玄」です。
メニューは、こく味噌らーめん、こく正油らーめん、あっさり塩らーめんの3味があります。札幌ならやっぱり味噌ラーメンでしょう!ということで。相方がこく味噌らーめんにしました。同じものもなんなので、後で少しもらって食べることにして、こく正油らーめんにしました。さて、どんな味かな。
壁を向いたカウンター席で、並んで座るような状態の席に案内されました。
水が運ばれ食券の半券が回収され、さほど待たずに出来上がってきました。
こく正油らーめん、こく味噌らーめんとも黒い渋い器に盛られてきました。
麺は、普通の太さの強い縮れで少し硬め、札幌味噌ラーメンらしいものです。やはり、こく味噌らーめんもこく正油らーめんも同じ麺が使われています。
スープは、醤油味ですが、とてもまろやかで旨味の濃い仕上がりになります。味噌味は、白味噌が多いかな合わせ味噌で、味噌の旨みが伝わってきます。
トッピングは、両味ともにチャーシュー、メンマ、もやし、白髪ねぎです。
札幌の味噌ラーメンらしいラーメンと醤油味とダシの旨味を楽しめる醤油ラーメンでした。各861円とお高いものですが、楽しまさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.27

廻船問屋 日本海

日本海 北前刺身御膳

新潟市の「廻船問屋 日本海」です。
万代シティ端っこ、新名所的な新潟日報メディアシップ19階にあります。
土曜日恒例で和食を食べようと思います。新しいお店もとお邪魔しました。
午後12時40分頃に着きました。1階みなと広場は、NSTが主催のJ1アルビレックス新潟ー湘南戦のパブリックビューイングの準備中で、すでに大勢のお客さんが待機しています。2時間以上もありますが楽しいのでしょう。
外側が見えるエレベーターで19階に移動します。フレンチ、和食、海鮮のお店があります。予定していた日本海の前には2人のお客さんが列んでいます。店前に表示している昼メニューを見ていると前のお客さん共々案内されます。大きい居酒屋風に靴を脱いで下駄箱に入れ、案内された席へと移動します。
お店は、個室風に簡単に仕切られていて、堀ごたつのように足が楽な席です。窓を向いて並んで座るような造りです。南向きですが角のため西側も良く見えます。東新潟方面から県庁まで見えます。山も見えます。櫛形山脈から角田山までのバノラマの筈が…、空気の澄みがもうひとつで、ちょって残念です。
メニューは、日替わりお魚ランチ、日替わりお肉ランチ、名物海鮮丼、北前刺身御膳、日本海はらちらし、レディースセット、蟹といくらのミルフィーユ、海老蟹天丼、日本海上生寿司、季節の御飯と天ぷらそばなどセットのみです。ホームページでかさごのような魚の焼き魚がメインの日替わりお魚ランチが美味しそうで食べたいと思っていたのですが、平日のみの提供でした。日替わりが平日のみの提供は良くあることですが、ホームページにも表記して欲しいものです。気持ちを切り替えて北前刺身御膳にしました。
焼き魚がないから早いのか?それほど待たずに出来上がってきました。
お刺身と冷奴、ご飯と味噌汁、お新香です。お刺身が7点盛りと魚介の数が多くて嬉しいのてすが、御膳としては料理の数が少なくて残念です。
これで1080円です。いいお刺身でしたので、まあまあお刺身定食としていい線でいっているような気がします。焼き魚が食べたいです。
駐車場のサービスは7千円以上でした。少人数のランチ等では無理です。

日本海 レディースセット

相方が食べたレディースセットです。1280円。店一番の充実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すき家 新潟東店

すき家新潟東店 牛丼とん汁おしんこセット

新潟市の「すき家 新潟東店」です。
赤道沿い、旧国道7号線との赤道十字路と牡丹山十字路の中間にあります。
朝ラーをと思ったのですが、すき家の前を通ったらお得そうなポスターが…
早速、駐車場に駐車してポスターを良く見るとワンコインで足りそうです。
お店は、すき家の良くあるパターン。午前9時前はまだまだ空いています。
メニューは、通常の牛丼、豚丼、カレー、こだわり丼、定食、朝食の他、冬の鍋定食がおすすめのようです。ポスターにあった牛丼とん汁おしんこセットと牛丼とん汁たまごセットがあります。どちらも490円です。朝ラーよりも充実感があります。牛丼とん汁おしんこセットを食べることにしました。
やはりファーストフードの品質。驚くほどの早さで出来上がってきました。
牛丼ととん汁とお新香。たまごもあれば完璧ですがこのセットにしました。
アルビカラーになるほどの七味唐辛子をかけて食べます。最高の辛さです。
これで490円。ラーメンが好きですが、牛丼にはかなわないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.26

麺や 新平

新平 つけ麺

十日町市の「麺や 新平」です。
国道253号線の十日町警察署前交差点を市役所方向へ、すぐの左側です。
十日町市でのお昼になりました。品が良くて好きな新平にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。白い壁と黒っぽい木の質感とコントラストが落ち着いた雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。駐車場は空いていましたが、満席で4人も列んでいます。高校生が大勢います。なんかあったんでしょう。入ってすぐ左側に写真入で解り易い食券販売機があります。先に食券を購入し待ちます。
メニューは、熟成醤油らーめん、醤油らーめん、塩らーめん、味噌らーめん、辛味噌らーめんとそれらに味玉やチャーシューを加えたもの、濃厚担々麺、つけ麺などがあります。大盛50円増し、特盛100円増しとお手頃です。以前に食べようとしましたが売り切れのため食べ損なったつけ麺にしました。
しばらく待つと高校生でしょうか?一気にお客さんが帰り、少ししておしぼりと氷の入ったのコップが用意された席に案内されました。水と黒烏龍茶の2種のウォーターピッチャーが並んでいます。黒烏龍茶を飲みながら待ちます。
壁に説明書きがあります。“ゲンコツ、鶏、野菜などをふんだんに使用した動物系スープに昆布、煮干しなどの魚介を合わせた濃厚なスープを使用。つけダレは2種類の醤油ダレや魚粉を使いさらに風味豊かに仕上げました。コシが強く小麦の香り広がる極太麺とも相性ハナマル。お好みで卓上の特製ラー油を入れるのもgood!!”とのことです。どのようなつけ麺が食べられるでしょう。
列んでいる間に注文を確認したこともあって普通に出来上がってきました。
麺、つけ汁ともに中華っぽい白い器に盛られてきました。清潔な感じはありますが、もう少し面白味があってもいいような、色が判り易くていいような?
麺は、かなり太めのつけ麺らしい自然な縮れで、モチモチ感のある主張の強いものです。杭州飯店の中華そばを食べているので太さには驚きません。
つけ汁は、醤油味で旨味のしっかりしたもの。濃厚と説明がありますが、思ったよりもさらりとしています。軽い酸味があり、爽やかにいただけます。
トッピングは、麺にのっています。チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、鳴門、水菜、海苔などです。柚子皮ものっていますがなんか香りが弱めです。
後半は、説明書きにあるようにラー油を入れてみました。今までのつけ汁と全く違うとまでは言いませんが、違ったつけ汁を楽しむことができました。
麺は最近多い存在感のあるもの、優しく纏まりのあるつけ汁、充実のトッピングです。つけ麺830円とちょっとお高いような感じが残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.25

中華そば 龍華亭

龍華亭 たまねぎ中華

三条市の「中華そば 龍華亭」です。
燕三条駅・三条燕IC周辺エリア、地場産センター駐車場の近くにあります。
背脂ラーメンの元祖、三条の「福来亭」が名前を変えて移転したお店です。
オープン当時と後の2回ほど食べていますが、それ以来の久々になります。
お店は、奥が厨房で、手前に厨房向きのカウンター席、さらの手前にテーブル席とここまでは変わりませんが、右側手前に小上がりが出来てます。オープンしてそこそこなりますが、まだ新しく清潔感があります。午後12時30分過ぎに着きました。ほぼ満席に近い状況ですが、カウンター席に座れました。
メニューは、中華そば(中油・大油)、たまねぎ中華、タンメン、ミソラーメン、醤油タンメン、焼きそば、メンマ焼きそば、チャーシューメン、メンマ中華、チャーシューメンマ、月見中華、岩のり中華そば、醤油五目中華、ミソ五目中華、五目中華、エビ醤油タンメン、エビミソタンメン、エビ塩タンメン、エビ醤油五目中華、エビ塩五目中華、エビミソ五目中華、コーンラーメン、超大盛り中華とた~くさんあります。チャーハン、エビチャーハン、ライス、餃子などもあります。いろいろ食べてみたいのですが、たまにしか来れないエリアです。いつもと同じになりますが、大好きなたまねぎ中華にしました。
麺のゆで時間がかかるのでしょう、ちょっと待って出来上がってきました。
緑の龍が鮮やかな白い器に醤油色のスープと玉ねぎの優しい白が映えます。
麺は、平打ち太い縮れで、とても食感が良く、食べるのが楽しくなります。
スープは、少し背脂が浮いています。その下に醤油味の美味しい、煮干しダシの優しいスープです。醤油味がこれほどしっかりしたスープは珍しいです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ザク切りの玉ねぎです。玉ねぎはまあまあ大きめの切り方で歯応えがあります。背脂ラーメンには良く合います。
好みで楽しい平打ち麺と醤油を強く感じさせるスープ、背脂にシャキシャキ玉ねぎの美味しい中華そばです。750円といい線いっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.24

青島食堂 曲新町店

青島曲新町店 ラーメン(大)

長岡市の「青島食堂 曲新町店」です。
信越本線上越線宮内駅から正面から東方向、新幹線の高架方面にあります。
長岡での昼食です。久々に青島が食べたくなり曲新町店にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央から厨房手前にカウンター席、左側に片側からだけ座れるカウンター席っぽいテーブル席があります。結構な年数が経っていますが、古さを感じさせない店内です。午後12時40分過ぎに着きました。この時間でも前にお客さんが6人列んでいます。入口に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加・組み合わせを楽しめるようになっています。好きなひとつのスープで勝負しているお店です。青島なら食べれます。ラーメン(大盛)にしました。
割りと早めにカウンター席に案内されました。大きな鍋で泳ぐ麺を見ながらの待ちです。待ちのお客さんも結構多く、そこそこ待っての出来上がりです。
鳳凰の綺麗な模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながら掛けます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、やや細の弱い縮れ。新潟の青島で食べる麺より細く、縮れが少ないように感じます。ツルツル感&モチモチ感、旨味と噛み応えの楽しい麺です。
スープは、醤油味のしっかりした旨味の強いものを生姜がきりりと引き締めてくれます。濃い醤油色ですが、今日はやけにしょっぱさ控えめに感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。弾力を楽しめるチャーシューです。なぜか長岡の方が美味しく感じます。
麺・スープ・トッピングとも美味しく、バランスも良い仕上がりです。ラーメンが720円でラーメン(大盛)が770円です。背脂系を除くと新潟ではかなりお高いラーメンになりますが、それでもやっぱり食べたくなります。
食べ終わって帰るときでも待ちは解消されていません。恐るべし曲新町店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.23

麺屋 次男坊

柏崎市の「麺屋 次男坊」です。
国道8号線沿いにあります。柏崎駅の南側辺り、ジョーシンの真ん前です。
柏崎の昼食。まだ食べていないメニューを食べてみようとお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、厨房を囲うようにカウンター席があります。赤が印象的な、昔からやっているような店内です。午前11時30分過ぎに着きました。他にお客さんが2人と静かです。入ってすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、らーめん、濃厚らーめん、背脂中華、担々麺に大別されてます。らーめんは、味玉らーめん、岩のりらーめん、チャーシューめんなどもあります。濃厚らーめんは、濃厚味玉らーめん、濃厚チャーシューなどもあります。背脂中華は、玉ねぎ中華、もやし中華、岩のり中華、背脂チャーシューなどもあります。担々麺は、辛担々麺、担々チャーシュー、辛担々チャーシューなどもあります。麺の大盛りが無料です。玉ねぎらーめんにもかなり引かれます。らーめん(大盛)を食べているので濃厚らーめん(大盛)にしました。
空いているカウンター席に座り、スタッフに食券を渡します。水は、コップと水差しがカウンターに置かれています。動きの少ないセルフサービスです。
待ちのお客さんが多そうに見えてましたが、普通に出来上がってきました。

次男坊 濃厚らーめん(大盛)

白い逆三角錐の器です。この手の器は、小振りに見えてボリューミーです。
麺は、普通の太さの平打ち、強い縮れです。なかなか出会えない平打ちです。強い縮れかつ平打ちの麺が口の中に当たる感じがなんとも心地良い麺です。
スープは、褐色の見た目通りかなり濃厚です。魚介と動物のWスープのようですが、動物系の濃厚さが目立ちます。油が少なくこってり感はありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、白髪ねぎなどとシンプルです。チャーシューは、大きいのですが、軟らか塩味の苦手な味付けのものです。
平打ち縮れの麺にちょっとかなり濃厚なスープ、トッピングも好き嫌いがありしたが、楽しませていただきました。730円とちょっといいお値段です。
賑わってきました。食べ終わって帰る頃には、満席に近くなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.22

磨きの町のラーメン屋 味我駆

味我駆

燕市(旧吉田町)の「磨きの町のラーメン屋 味我駆」です。
国道116号線沿い、中心地春日町交差点から市役所方面右側にあります。
我駆の姉妹店がオープンしたとのことで、食べてみようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側手前にテーブル席、奥に小上がり、待ちスペースもあります。新しく窓が広いので明るく居心地のいいお店です。午後12時20分過ぎに着きました。結構賑わっていますが、カウンター席に空きがあり、すんなり座れました。

味我駆 メニュー

メニューは、店の名前を付けた味我駆ラーメン、チャーシュー麺、極つけ麺、チャーシューつけ麺、辛つけ麺があります。麺の大盛りが30円増し、2倍盛りが60円増しとちょっと嬉しくなります。近日発売ってシールに封印されたメニューがあります。味噌ラーメン、味噌チャーシュー麺のように見えます。最初なのでここは素直に味我駆ラーメンからいただくことにしました。
賑わってはいますが、思ったより普通の待ち時間で出来上がってきました。

味我駆 味我駆ラーメン

青い模様の器に盛られてきました。トッピングが華やかで嬉しくなります。
麺は、やや細の自然なウェーブ。とってもツルツルの気持ちの良い麺です。
スープは、魚介系の香りがかなり強く、動物系の旨味も強い仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー3枚、メンマ、海苔、ねぎ、青ねぎなどです。
ツルツルした麺は良かったのですが、香り・味ともに濃厚過ぎるスープは好みと少し違うものでした。680円と安くはありませんが、半チャーシューメンのような充実のトッピングになんとなく納得させられちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.21

こかげカフェL'ombrage

こかげカフェ ベーグル

新潟市の「こかげカフェL'ombrage」です。
新潟市の新潟島やや下手にある新潟市美術博物館の1階にあるカフェです。
新潟市美術博物館の常設展を見に行って、帰りに寄りました。FM PORTで常設展・カフェともに紹介され、カフェはベーグルが人気とのことでした。
美術館を見終わったのが午後2時30分頃、「こかげカフェL'ombrage」でひ
と休みにします。他にお客さんが1組と空いています。
ベーグルは?紹介の札はいろいろありますが、実物はそんなに種類は多く残っていません。そんな中、クランベリー&カカオニブ ココアベーグル干し柿ベーグルをいただきました。セットでコーヒーもいただきました。
ここのベーグルは、卵や乳製品を使用していないそうです。いろいろ食べ物に制限のある人にはありがたいお店のようです。さてそのベーグルですが、ずっしりと重たいです。ランチで2個は食べれるかな?ってボリュームです。
相方とベーグル2個+セットドリンク2杯で800円台のおやつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.20

和食処 旬彩亭

旬彩亭 松花堂弁当

新潟市の「和食処 旬彩亭」です。
黒埼インター近く、平成大橋の西詰、ホテルディアモント1階にあります。
旬彩亭のランチが、新潟情報に掲載されていました。食べたいとは思っていましたが、数量限定のメニューもあり、食べられそうな時間になかなか来れない状況が続きました。ようやく食べれる時間にお邪魔することができました。
午前11時30分の開店時間少し前に着きました。ホテルのロビーには、他にも数組のお客さんが待っています。結構混み合っていますが、カフェディアモントバイキングランチのお客さんも混じっていたようで他2組と入店です。
お店は、カウンター席、テーブル席、小上がり、座敷があります。白木と白っぽい壁、和風の雰囲気がなんとも心地いい落ち着いた店内になっています。
メニューは、梅小町ランチ(20食限定)、松花堂弁当、船盛り刺身定食、天ぷら定食、焼き魚定食、海老・カキフライ定食、黄金ロースカツ定食、特上サーロインステーキ膳、海鮮ちらし丼、新潟タレかつ丼、天丼、天ざるそば、天ざるうどん、海鮮重(10食限定)、ステーキ重(10食限定)などいろいろとあります。+150円でドリンクサービスがあります。相方が20食限定の梅小町ランチにしました。同じものもつまらないので豪華に松花堂弁当にしました。
その後もお客さんがきますが、予約してから来たお客さんが多いようです。
人気メニューは仕込みもしっかりでしょうか?早く出来上がってきました。
なかなか渋い感じに纏められた仕上がりです。なかなか充実した内容です。
これで終わりだろうと思っていたら、終盤にデザートも運ばれてきました。
実際に食べてみても充実しています。1600円と値段もそこそこします。

旬彩亭 梅小町ランチ

相方の食べた梅小町ランチです。1300円です。器がとっても綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.19

相馬の麺処 伊織

伊織

長岡市の「相馬の麺処 伊織」です。
長岡インターチェンジの近く、「らーめん 柿や」の隣の建物にあります。
長岡市でのお昼です。まだ食べていないお店で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側奥に小上がり、手前にテーブル席があります。結構広めで、大きめのテーブルが余裕の間隔で配置されています。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時50分過ぎに着きました。他にお客さんが3人と空いています。

伊織 メニュー

メニューは、ラーメン類だけではなく、うどん・そば、麺類と一緒に食べるように用意された丼物など、ご飯類、一品おつまみ、アルコール類と豊富です。ラーメンは、中華そば、塩中華そば、みそラーメン、タンメン、カレーラーメン、担々麺、チャーシューメン、焼きそば、夏期限定の冷し中華があります。塩中華そばも興味がありますが、好きな醤油だらう中華そばにしました。
相馬って相馬野馬追や民謡以外は知りません。太平洋に面していることから、尾道ラーメンのような魚介系のラーメンかなとも期待していましたが、“豚骨と鶏ガラのスープに鰹出汁で優しいあっさり風味に”と説明がありました。
どんな仕上がりなのか楽しみにしていたら、早めに出来上がってきました。

伊織 中華そば

控えめな模様の白い器に、濃厚な醤油味を楽しむ仕上がりにしか見えます。
麺は、やや細の縮れ、普通に見えますが口に入れたとツルツル感がいい感じです。噛み始めは軟らかめに感じますが、その後に強いモチモチ感がします。
スープは、醤油が濃そうな見た目と違い醤油の味がとても優しい、バランスの取れた旨味を楽しめる仕上がりです。見た目との差に驚かされた感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ゆで玉子半個、ほうれん草、鳴門、海苔、ねぎなどです。シンプルそうに見えて、しっかり品数は入っています。
特徴のある麺と見た目と違うあっさりスープ、シンプルそうで充実のトッピング、なかなか楽しめた一杯でした。麺とスープがもうひとつ絡んでくれればとも思いました。650円と今ではそれぐらいしちゃうのかなって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.18

らーめん ののや 米山店

ののや米山店 つけめん(中)

新潟市の「らーめん ののや 米山店」です。
新潟駅南地区、北越高校前の通りを紫鳥線方向へ移動した右側にあります。
駅南での昼食です。久々に「ののや」で食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に通路があり左右から中央向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。まだまだ新しい、ポップな感じ。午後1時10分過ぎに着きました。2割~3割程度のお客さんの入りです。
メニューは、しお、しょうゆ、みそ、からみその4つの味があり、それぞれに味玉入り、肉増し、肉増し(ダブル)のトッピングを加えたものがあります。つけめん、辛つけめんめあります。並の220gと中の290gが同料金、大の360gもあります。ここまでが1枚もののメニューで、他に終日利用可能で好きな麺と組み合わせられるセットが3種類あります。しおが人気の旭川ラーメンのお店です。久々なのでしおといきたいのですが、つけめん(中)にしました。
つけめんですが、お客さんの少なさもあり、普通に出来上がってきました。
華やかな模様の器に麺が、落ち着いた模様の器につけ汁が、どちらも和を感じさせる器に盛られていて、和食の雰囲気を感じさせてくれるつけめんです。
麺は、太く縮れの強いもの、モチモチ感も強く元気なつけめんぽい麺です。
つけ汁は、動物系の旨味と魚介系の香り、とろみがあり太麺とも絡みます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎ、海苔とシンプルです。
つけめんらしいつけめんをいただきました。ラーメン類の基本が750円とお高いラーメン店ですが、つけめんは中盛りで750円といいせんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.17

村上ラーメン  にぼしまじん

にぼしまじん しょうゆ(大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上を移動中の昼食。入り易く時間もかからないにぼしまじんにしました。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。正午過ぎに着きました。いい時間ですが、えっ!と思うほど空いています。
メニューは、しょうゆ、みそ、辛みそ、塩でいずれにもネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。野菜、もやし、わかめが追加され、しょうゆ、みそ、辛みその各味があり、チャーシューを加えたものもあります。今回、ゴマ味が新たに追加されています。大盛りが無料になってます。店頭で注文になります。しょうゆ(大盛)にしました。
お店のカウンターで注文を伝え、お金を支払うと番号の書かれた木製の札を渡されます。今日は15番。フードコートのセルフの水を用意して待ちます。
その後、先程までの静けさが嘘のようにお客さんが続々とやって来て賑わってきました。空いている時に注文していたので早めに出来上がってきました。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。白い器に煮干しっぽい色のスープ、充実したトッピングが嬉しくなります。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、煮干し濃厚な醤油味、人気の煮干し味の濃さを楽しめるものです。和食の控えめな煮干しが好きですが、たまには濃厚な煮干しもいいでしょう。最近の魚粉を使用した魚介系の香りだけを強調したラーメンとは違います。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、白髪ねぎ、青ねぎでした。まじんほどの豪華さはありませんが、充実のトッピングを楽しめます。
フードコートという場所がら、小太喜屋のような丁寧な仕事は見れませんが、出来上がったものから変わらずの丁寧さが伺えます。お客さんの健康を考えて作っていることが嬉しくなります。好みの食べ易い麺と煮干し味が濃厚なスープ、充実したトッピングで、しょうゆは620円とかなりお得感があります。食欲が本当じゃないので、半分ぐらい食べ進むとなんか飽きちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.16

中華料理 クォウライ

クォウライ マーボーメン

燕市(旧吉田町)の「中華料理 クォウライ」です。
国道116号線春日町交差点からもうひとつ西側の住宅地の中にあります。
旧吉田町で昼食。一度だけ食べたことのあるクォウライにお邪魔しました。
漢字表記されている店名ですが、表示させることが出来ないので看板にカナが振ってあったので、その看板の「クォウライ」と表示させていただきます。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に大小の使い勝手の良さそうなテーブル席があります。庶民的な中華屋の雰囲気です。正午前に着きましたが、もうこの時間でも5~6割のお客さんの入りと賑わい始めてます。
メニューは、中華料理店にあるようなものからラーメン店にあるようなものまで豊富に揃っています。前回は、520円と税抜きならワンコインに納まるラーメンを食べました。前回の状況やネット情報では広東麺が有名らしいのですが、どうもその前に気になっているマーボーメンが食べたくなりました。
『かなり辛いですよ?』と言われましたが、辛さだけなら大丈夫でしょう。
正午を過ぎると一気にお客さんがやって来て、満席に近い状態になりました。ほとんどのお客さんが広東麺と餃子を注文です。そういうお店らしいです。
中華のお店は違います。仕込みが良いのか?早めに出来上がってきました。
中華っていうと白い器が多いのですが、これも中華らしい華やかな器です。
麺は、やや細の縮れで、ツルツルした食感は良いのですが、かなり堅めです。前に食べたラーメンの麺はかなり軟らかめでしたが、今日の麺は真逆です。
スープは、醤油色が淡く薄いのですが、その見ため通りのかなりの薄味です。ラーメンのスープも薄味でしたが、さらに薄味です。健康的そうですが…?
トッピングは、麻婆豆腐とねぎ、グリーンピースです。麻婆にグリーンピースの組み合わせは初です。麻婆豆腐は、豆腐が三角形で薄く切られているところから他とは違います。スープが薄味なので麻婆豆腐がしょっぱければと思ったのですが、しょっぱさ控え気味です。甘さは普通、辛さは言われた通りかなり辛めです。後半は、ハンカチ片手に汗を拭き拭き食べさせてもらいました。
好み対して、麺は硬過ぎ、スープは薄味過ぎ、麻婆豆腐はなんかもうひとつ餡が違っていました。それでも680円ですから、なんか得した気分が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.15

麺屋 一本気

一本気 和風つけ麺

新潟市の「麺屋 一本気」です。
新潟市西地区にあります。青山イオン前の道をもう少し西へ行った先です。
あっさりしたラーメンが食べたかったのですが、いいお店が思い出せません。つけ麺だと食べれそうで、つけ麺が美味しそうな一本気にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、手前と中央に厨房向きのL字形のカウンター席、左側に小上がりがあります。木の質感がラーメン屋らしい雰囲気のお店です。午後1時50分過ぎに着きました。この時間で10人の列びになっています。記入するような用紙もなく、案内を担当のスタッフに人数を告げて待ちます。列んでいる間に注文を取るようで、スタッフがメニューを持ってきました。
メニューは、らー麺、こってりらー麺、みそらー麺とそれらにめんま、ちゃーしゅう、岩のりなどを加えたもの、和風つけ麺、辛つけ麺、みそつけ麺があります。つけ麺類は、大盛りが無料です。和風つけ麺大盛りにしました。
回りは早そうですが、10分ぐらい待ってカウンター席に案内されました。
つけ麺は時間がかかると書かれてましたが、普通に出来上がってきました。
真っ青の器に麺、真っ白の器につけ汁が盛られ、お盆にのせられきました。
麺は、平打ちっぽいやや太めの縮れで、いい感じのモチモチ感があります。
つけ汁は、魚介のだしと香りが効いたもので、魚粉のきつさはありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、油揚げ、味玉半個、海苔などです。
和風とのことで、醤油味と魚介のだしや風味までは良かったのですが、チャーシューの味付けと脂身でちょっとこってりが過ぎました。トッピングの充実もあり、780円で大盛無料はいい線かなと思います。こちらの食欲もあり、半分ぐらいまでしか楽しめませんでした。普通盛りだとちょっとお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.14

第24回 にいがた 冬 食の陣 当日座

新潟市で開催の「第24回 にいがた 冬 食の陣 当日座」に行ってきました。
古町、万代シティ、ピアBandai、新潟ふるさと村の4会場で13日~14日に開催されています。いつもの古町会場は、バスの乗り換えが必要になってしまったのでかなり面倒な感じがします。万代シティ会場で楽しむことにしました。
第24回 にいがた冬食の陣当日座 こしひかり越後ビールとエチゴビールWダブルW

時々小雨が降るあいにくの天気、通りにアーケードもなく、風がきつめです。それでも、なんといってもまずはビールから。エチゴビールでこしひかり越後ビールとエチゴビールWダブルWをいただきます。どちらも400円です。

第24回 にいがた冬食の陣当日座 南蛮海老の焦がし味噌ソース焼きソバ

つまみは、南蛮海老の焦がし味噌ソース焼きソバです。500円です。

第24回 にいがた冬食の陣当日座 ふかひれスープ

次は、「柳江苑」のふかひれスープです。300円です。

第24回 にいがた冬食の陣当日座 キムチチゲうどん

「万代シルバーホテル」のキムチチゲうどんです。550円です。

「とりかん」の半身揚げを食べようと思いましたが、売り切れで断念です。

第24回 にいがた冬食の陣当日座 悠

「日本バーテンダー協会新潟支部」日本酒ベースのカクテルをいただきます。
2016年のカクテルは“悠”という名前です。“はるか”と読みます。材料は、日本酒、ミスティア、ヨーグルト、グレープフルーツジュースです。美味しい。500円です。

第24回 にいがた冬食の陣当日座 黒毛和牛すじ肉煮込み

最後は、山形県「後藤屋」の黒毛和牛すじ肉煮込みです。500円です。

古町会場はバスを乗り換えなければ行けないのですが、やっぱり古町かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.13

とんかつ ヒロ

とんかつヒロ かつ丼定食

新潟市の「とんかつ ヒロ」です。
新潟駅前エリア、東横インの入るコープシティ花園ガレッソの裏にあります。昭和って感じのレトロな、立ち入りたくない雰囲気の路地の左にあります。
昔何度が食べていますが、まだやっているかなと思いつつお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席の小さな昭和の和食屋さんといった雰囲気のお店です。午後12時40分過ぎに着きました。土曜日のためでしょうか?他にお客さんが2人と空いています。
メニューは、いろんなとんかつ単品と定食が用意されています。千円前後で食べれます。さらに昼定食も数種類があり、550円とお得感があります。大した値上がりがされていないようです。昼定食からかつ丼定食にしました。
昔と同じで親父さんが豚肉から準備しています。後にかつを揚げるのですからそこそこの時間はかかります。少し時間がかかって出来上がってきました。
タレかつ丼、味噌汁、小鉢(大根)、お新香の組み合わせになっています。
やや薄めでしっかりサックサクに揚げられたかつが3枚で、かつの薄さが食べ易く、タレの濃さもかつに合っていて良い味です。好きなタレかつ丼です。
このかつ丼が550円(税込)で食べれるんですからありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.12

中華菜館 盛華桜

盛華桜

山形県鶴岡市の「中華菜館 盛華桜」です。
県道332号線(羽州浜街道)沿いにあります。鶴岡駅にも近い辺りです。
鶴岡での夕食、町中を車で流し、食べてみようかなと思いお邪魔しました。
お店は、テーブル席と小上がりのある中華店らしい雰囲気です。2階に個室があるようで、パーティかなんかやってそうな賑やかな会話も漏れてきます。
メニューは、とてもとても多くどの分野を食べようか悩むところです。回鍋肉あたりを食べようかと思っていましたが、麺類もとても豊富でマーボーラーメンの豆腐が大きく美味しそうに見えます。マーボーラーメンにしました。
中華料理店などでたまにありますが、とても早く出来上がってきました。

盛華桜 マーボーラーメン

中華らしい真っ白な器に期待通りの大きな豆腐がゴロゴロと入っています。
麺は、やや細の縮れで中華らしくなくツルツルした食感が楽しいものです。
スープは、醤油味ですが中華らしい深みのあるもの。あっさりしています。
トッピングは、麻婆豆腐とねぎのみで、麻婆豆腐は挽肉の他にもタケノコ・椎茸・ザーサイなどでしょうか?食感の良い具材のいろんな食感を楽しめます。しょっぱさ、甘さ、辛さの味のバランス、トロミの具合などいい感じです。
凄いって言うほどでもありませんが、中華のお店でのらしいマーボーラーメンをいただきました。お店の感じからも780円は、かなりお得な印象です。

盛華桜 両面焼きそば

相方が食べた両面焼きそば、780円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガスト 角館店

ガスト角館店 オムライスビーフシチューソース

秋田県仙北市(旧角館町)の「ガスト 角館店」です。
角館駅の南側にあります。国道105号線沿い、下菅沢交差点の近くです。
あまりお昼について考えるのも面倒に。近くに「ラーメン 伊藤」もありますが、ラーメンを食べたい気分でもなく、道沿いにあったガストにしました。
ガストとして建てられた建物でガストらしい、ファミレスらしいものです。
メニューは、ランチ、ハンバーグ、ステーキ、和定食などがあり、季節もので広島産の牡蠣を使用したものもあります。ランチは、ハンバーグが中心で、食べたいものがありません。牡蠣もお得感がありません。一般メニューになるんでしょうか?その中からオムライスビーフシチューソースにしました。
デミグラスソースと玉子焼き、ケチャップご飯、いい感じの組み合わせです。税抜き649円、税込み700円でした。ランチにしては少しお高いかな。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.11

平田牧場 とんや 酒田店

平田牧場とんや酒田店

山形県酒田市の「平田牧場 とんや 酒田店」です。
国道7号線沿いの賑やかな辺り、ガーデンパレスみずほの1階にあります。
酒田市でのお昼、ランチで人気のお店をネットで検索してお邪魔しました。
三元豚と金華豚のとんかつが中心のお店で、関東などへも展開しています。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。ちょっと大人のステーキ屋さんのような雰囲気です。午後12時40分前に着きました。かなりの混みですが、テーブルがひとつ空いてました。
メニューは、とんかつの豚がまず2種類あります。三元豚と金華豚です。さらにメンチ、ロース、ヒレなどの量やそれらの組み合わせなど豊富にそろっています。どちらの豚も食べてみたいのですが、組み合わせたメニューは結構いい値段になります。相方とシェアして食べればいいかなと金華豚サービスロースかつ膳三元豚からはランチロースかつ膳にしました。
間もなくキャベツの浅漬けとすり鉢に入った胡麻が運ばれてきます。胡麻を擦りながら待ちます。少し胡麻が残る程度の擦り具合がお薦めとのことです。
注文を受けてから作っているようです。少し待って出来上がってきました。

平田牧場とんや酒田店 金華豚サービスロースかつ膳

平田牧場とんや酒田店 三元豚ランチロースかつ膳

ご飯、味噌汁、キャベツはお代わりが出来ますが、ご飯は結構少なめです。
とんかつソースは2種類、通常のものと辛めのものが用意されています。先ほど擦った胡麻に入れて混ぜます。それにとんかつを浸して食べるようです。
とても軟らかなお肉がサクサクの衣に包まれています。上品な仕上りです。
通常のソースで食べ始め、辛めのソースを継ぎ足しいただきます。辛めのソースは、結構辛めです。ちょっと大人のとんかつをいただいている感じです。
ドレッシングも3種類ととんかつソースでキャベツの千切りを楽しめます。
久々のとんかつでした。美味しくいただきました。金華豚サービスロースかつ膳が1400円、三元豚ランチロースかつ膳が1050円、外税で196円、合計2646円のお昼でした。とんかつは昔からお高いイメージもありましたが、銘柄豚のとんかつにしては、結構お手頃にさえ感じるお昼でした。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.10

ラーメン党 ひさご

ひさご ネギみそラーメン

ひさご ネギみそラーメン正面

阿賀野市(旧水原町)の「ラーメン党 ひさご」です。
国道49号線沿いにあります。新潟市からで市役所などを過ぎた右側です。
阿賀野市でのお昼です。好きな味噌ラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、手前と中央寄りにL字形カウンター席、その手前と右側にテーブル席があります。中規模の少し昔のラーメン屋さんの雰囲気です。午後2時20分頃に着きました。1人だけですが他にお客さんがいました。
メニューは、みそ味と醤油味、特製辛みそをトッピングして辛味噌味にして楽しむこともできます。みそ味は、みそ、みそ野菜、ネギみそ、ネギみそ野菜、みそコーン、みそメンマ、みそワカメ、みそキムチ、みそ坦々、特選みそ、特選みそ野菜、、特選みそ坦々、スタミナ、超スタミナなどがあります。主だったものにはチャーシューを加えたものもあります。醤油味は、ラーメン、コーン、わかめ、メンマ、のり、岩のり、野菜、ネギ、もやし、キムチの各ラーメンがあります。主だったものにはチャーシューメンもあります。醤油味にはデカチャーシューメンもあります。いつものネギみそラーメンにしました。
出来上がり待ちのお客が多く、多少時間がかかって出来上がってきました。
すり鉢の器に山盛りの白髪ねぎがのってきました。今日は程良い山容です。
麺は、平打ちやや太の縮れ。茹で加減が良く、モチモチ旨みのある麺です。
スープは、油の少ないあっさり、いい甘さと濃いめの味噌味を楽しめます。
トッピングは、キャベツ・もやし・挽肉・きくらげの炒め物、白髪ネギ、コーン、麺より多い大量の白髪ねぎです。今回の白髪ネギは程良い盛付けです。
旨みのある麺と味噌味がしっかりなのにあっさりしたスープ、ねぎ好きにはたまらない大量のねぎ、ボリュームのある1杯でした。大量のねぎでインフルエンザも来ないでしょう。メニューは1000円前後が多めと高めで、ネギみそラーメンも990円とかなり高めのラーメンですが、でも納得できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.09

頸城 大勝軒

頸城大勝軒 みそもり(並盛)+味玉

上越市の「頸城 大勝軒」です。
国道8号線沿いにあります。国道18号線との交差点から糸魚川方向です。
上越での遅めのお昼。食べたいお店もなく、つけめんをとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側はカウンター席です。吉野家だったかのようです。
午後1時10分頃に着きました。他にお客さんが4~5人と空いています。
メニューは、中華そばとみそラーメンがあり、黒ごま、辛味や魚粉、トッピングを組み合せたものが豊富に提供されています。元祖つけ麺も特製もりそば、あつもりを基本に中華そば同様豊富に提供されています。大勝軒の麺は自家製麺ですが、どうも中華そばには合わないような気がしています。麺の量ですが小盛150g、並盛300g、中盛450g、大盛600g、メガ盛750gとなってます。前回、特製もりそば(中盛)を食べれましたが、今回は、みそもり(並盛)にしました。味玉が半額で提供されているので味玉をトッピングしてみました。
すぐに作り始めました。麺のゆで時間が長く普通に出来上がってきました。
つけ麺らしい和を感じさせる器につけ麺らしい安心感のある盛り付けです。
麺は、太めのウェーブがかったもの、軟らかめでもモチモチ感があります。
つけ汁は、味噌のあっさりしたものですが、飲むとかなり濃厚に感じます。
トッピングは、結構厚みのあるチャーシューが3枚、メンマ、ゆで玉子半個、鳴門、海苔、ねぎなどです。追加の味玉は黄身がいい感じにとろけてます。
食べ終わってスープ割りを楽しみます。魚介系の香りが一層引き立ちます。
軟らかいけどモチモチ感のある麺と味噌味濃厚なにあっさりしたつけ汁、トッピングも充実しての915円、味玉は半値の60円、お高い昼になりました。300gでも十分でした。前回、450g食べたのが信じられない今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.08

食堂 六太郎

六太郎

新潟市(旧白根市)の「食堂 六太郎」です。
旧白根市の市街地の西寄り、中ノ口川近く、白根神社のすぐ前にあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたかったお店です。
午後12時30分過ぎに着きました。お店前が、神社もあってか広い丁字路になっています。路駐の車も多く、通行の邪魔にならないよう路駐しました。
お店は、右側に厨房、奥に小上がり、手前にテーブル席があります。新しめの食堂といった雰囲気。お客さんの入りは半分程度でしょう。空いています。

六太郎 メニュー①

六太郎 メニュー②

メニューは、味毎に分けられいます。醤油味は、ラーメン(中華そば)、コーンラーメン、チャーシューメン、野菜ラーメン、野菜チャーシューメン、五目中華そば、五目チャーシューメン、ごまラーメン、ごまチャーシューメン、ごま野菜ラーメン、ごま野菜チャーシューメンがあります。塩味は、塩ラーメン、塩チャーシューメン、タンメン(塩野菜ラーメン)、タンメンチャーシューメンがあります。みそ味は、みそラーメンとみそチャーシューメンがあります。辛味(タンタン麺)は、坦々麺(並・中・大辛)、みそ坦々麺(並・中・大辛)、坦々チャーシューメン、みそ坦々チャーシューメンがあります。とんこつ味は、とんこつラーメン、とんこつチャーシューメン、ちゃんぽん麺、ちゃんぽんチャーシューメンがあります。春・夏限定は、冷し中華、コーン冷し中華、大盛冷し中華、ジャンボ冷し中華、冷しチャーシュー麺があります。秋・冬限定は、天ぷらラーメン、天ぷら野菜中華そば、天ぷらチャーシューメン、天ぷら野菜チャーシューメンがあります。各種丼物やカレーライス、チャーハンなどもあり、さらに半ラーメンとのセットもあります。お手頃感もあり、若ければがっつり食べますが、シンプルにラーメンにしました。
家族的にやってそうなお店。お客さんが少なく早く出来上がってきました。

六太郎 ラーメン

青の双喜門と龍の模様の白い器に、なんとも綺麗なスープのラーメンです。
麺は、細めの縮れ、ツルツルした食感で見た目以上にモチモチしています。
スープは、透き通った綺麗なもので、見た目通りのあっさりしたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、海苔、ねぎとシンプルです。
昔懐かしいっていうのともなんか違いますが、とても綺麗なラーメンでした。トッピングが少しおとなしめですが550円とお手頃なのがなによりです。
お腹が空いた時に丼物とのセットを食べたくなりました。結構お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.07

ぶーちゃん

ぶーちゃん

新潟市の「ぶーちゃん」です。
新潟市東地区、石山エリアにあります。良く説明できない苦手な場所です。
まだ食べていないラーメン店のラーメンを食べてみようかとお邪魔しました。ネット上の情報ではヒグマから独立した店主がやっているお店のようです。
正午前に着きましたが、お店前の3台分の駐車スペースは満車、少し待って食べ終わり出てきたお客さんと入れ替わりで停められました。お店前の貼紙があり、向かいの月極駐車場にも2台分の駐車スペースが確保されていました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席の今風な雰囲気のお店です。お客さんの入りは半分ぐらいですが、男性スタッフ2人でやっているようで、たまたまなのか片付けがなかなか追いついていないようです。

ぶーちゃん メニュー

メニューは、鶏白湯(塩)と中華そば、それらのチャーシューメンが書かれていますが、壁に辛ネギらーめんと味噌らーめんの貼紙もあります。鶏白湯がお店のメインのようですが、やっぱり口に合いそうな中華そばにしました。
後片付けも追いつかない状態ですが、かなり早めに出来上がってきました。

ぶーちゃん 中華そば

白い器に富山ブラックかと思わせるしょっぱそうなスープのラーメンです。
麺は、細めの縮れでモチモチ感のあるものです。癖のない食べ易い麺です。
スープは、醤油味がしっかりしたものですが、見た目に反してしょっぱくさは控えられています。長岡生姜醤油ラーメンのような醤油の後味が残ります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、ねぎとかなりシンプルです。
醤油を楽しむスープと良く合う麺、シンプルなトッピングで600円でした。680円が当たり前の新規オープンが多い中、いい線じゃないでしょうか。
後片付けですが、お客さんを待たせることはなく、適度に行われてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.06

TWILIGHTたそがれヨーコ

たそがれヨーコ ランチ(魚)

新潟市の「TWILIGHTたそがれヨーコ」です。
新潟駅前、ホテル東横イン新潟駅前の入ってるガレッソの1階にあります。
知り合いからおかずの多いランチが食べられると紹介されお邪魔しました。
お店は、小さめの厨房にカウンター席、堀ごたつの小上がりのある居酒屋というより小料理屋さんのようなお店です。ビルの中にあるためか小綺麗です。
ランチは、お肉1種、お魚3種からメイン料理を選ぶ方式です。カレイの煮付けにしました。おばんざい料理のお店らしく、他にもおかずが並んでます。
仕込みがしっかりなようで、なかなか驚きの早さで出来上がってきました。
カレイの煮付け、煮物、小鉢4種、ご飯と味噌汁、お新香、野菜のジュースとかなりの品数です。多くの食材を確保できそうです。お高いランチのように刺身や天ぷらなどの豪華さはありませんが、そこが逆に家庭的なランチです。
ご飯はお代わりが出来て、食後にコーヒーも着きます。かなり健康的なおふくろの味って感じで楽しめました。これで780円は、かなりお得でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.05

中華そば 来味 亀田店

来味 亀田店

新潟市(旧亀田町)の「中華そば 来味 亀田店」です。
国道49号線亀田バイパス鵜ノ子インターから亀田駅方向へ、第四銀行隣にあります。パチンコ店との共同駐車場なので満車の心配がなくて助かります。
「中華そば 来味」のこってり系姉妹店として「らーめん 真玄」がオープンしましたが、昔ながらの「中華そば 来味 亀田店」としてリニューアルオープン、馬越にあった当時の「中華そば 来味」を期待してお邪魔しました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。広々した明るく綺麗な店内です。午後1時過ぎに着きました。6~7割のお客さんの入りです。入ってすぐ左側に食券販売機があります。

来味亀田店 メニュー

メニューは、煮干しラーメン、チャーシューメン、つけめん(麺並盛り一玉半/大盛無量)、ラーチャン(ラーメン/半チャーハン)、麺大盛り50円増しです。期待していたラーチャンが復活しています。ラーチャンにしました。
遅めの時間、待ちのお客さんも少ないようで早めに出来上がってきました。

来味亀田店 ラーチャン(半チャーハン)

半チャーハンが先に出来上がってきました。八角形の白い器に、しっかり味付けされたチャーハンです。馬越当時のパラパラしたチャーハンと同じです。

来味亀田店 ラーチャン(ラーメン)

煮干しラーメンも白い器に、旨そうなスープの色と煮干しの香りがします。
麺は、白っぽく細く自然な感じのストレート、歯切れが良く食べ易いです。
スープは、醤油色の淡い透き通ったもの、その見た目通りあっさり、醤油味の優しいものです。煮干しだしの旨味と風味が嫌らしくない程度に強めです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎとシンプル。彩が欲しいです。
昔ながらの食べ易いラーメンで煮干しの旨味と風味、あっさりした醤油味を楽しめるものでした。煮干しラーメンが600円と今ではお得な気もしますが、昔ながらの半チャーハンを加えたラーチャンの850円はかなりお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.04

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 塩ラーメン

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。久々ですが、小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午後2時10分に着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場があります。お昼時間は満車のこともよくありますが、この時間は空いています。
お店には出入口が2ヵ所あり、通りの正面が入口、脇が出口になっています。
お店の中は左側奥に厨房があり、その手前と中央にカウンター席があります。
右側に待ち用の椅子が用意されています。綺麗な今風のラーメン屋さんです。
これ程まで遅いと空いています。パラパラと4人のお客さんがいるだけです。
入口を入った先の正面に玩具のような小さな可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料です。自家製麺の店が増え、麺の大盛りが無料サービスや格安のお店も増えてきました。麺大盛り無料の場合の注文は、注文する際に大盛りをスタッフに伝えるのが一般的な方法です。食券の場合、普通盛りの食券を購入して同じで大盛りをスタッフに伝えるか、普通盛りと同じ値段で各大盛り食券が用意されているのがほとんどでしょう。小太喜屋は、普通盛りの各ラーメンの食券と共通で無料の大盛り食券が用意されています。大盛りの食券なしで食券を渡すと『大盛り無料ですが…。』と確認してくれ、口頭でも大盛りを伝える注文方法もできます。とても親切です。この前は、ラーメンだったので、今回は塩ラーメンの普通盛りにしました。
今回はそのまま席に案内されます。席には水とおしぼりがセットされました。カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。
もうお店も静かな時間かと思っていましたが、お客さんがバラパラと6人も訪れ、ちょっと賑わいにだしました。ちょうど良いタイミングで注文できましたが、いつもと変わらずの丁寧な仕事で、少し早めに出来上がってきました。
落ち着いたお洒落な器に充実のトッピングが綺麗に盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れでごく普通の感じですが、プリプリした食感がとても楽しいです。2種類の小麦粉を使用した自家製麺とのこと、かなりの好みです。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものです。動物系の旨みと魚介系の風味を楽しめます。かなりあっさり、サラサラしています。
トッピングは、2種のチャーシュー、メンマ、味玉半個、ねぎ、ほうれん草、糸唐辛子など、お客さんの健康を考えて選ばれた素材で仕上がっています。
しょうゆ味が好みの味ですが、塩もかなりのレベルと思います。トッピングを加えて充実させた一杯が700円です。東京なら行列間違いないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.03

あさひ楼

あさひ楼 ラーメン(普通盛)

糸魚川市(旧能生町)の「あさひ楼」です。
糸魚川市能生支所の先(上越方向)に駐車場があり、そこから小川沿いに脇の道を入ったところにあります。住宅地の中の住宅っぼい判り難いお店です。
昨日の昼食で「ちくに」の中華そばを食べていたら、全然似たようなものではありませんが、「あさひ楼」のラーメンが食べたくなってお邪魔しました。
お店は、普通の民家のような佇まいです。玄関を入った右側の厨房が、受付になっています。メニューも貼り出されてます。注文を伝え、冷水機から水を注ぎ、そのコップとレンゲを持って奥に進むようなシステムになっています。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの普通盛と大盛のシンプルなものです。食欲は回復の兆しもなく、ラーメン(普通盛)にしました。
厨房の脇を通るとすぐに小さな食堂のようにテーブルがあります。靴を脱ぎ、右側に進むと4部屋も繋がった開放的な座敷があります。ゆったりと座卓が置いてあります。午後1時過ぎに着きました。奥の座敷も数名程度でしょうか?脱がれた靴もそんなに多くありません。手前のテーブル席でいただきます。
その後7人程お客さんが来て、奥の座敷に入って行きます。この前は時間が遅かったのもあり、かなり早めに出来上がってきましたが、今日は普通です。
双喜門と雷文模様の昔ながらの器に飾り気のない昔ながらのラーメンです。
麺は、やや細の縮れで軟らかめ。普通の麺ですがスープと絶妙に合います。
スープは、醤油の味がしっかりしたスープです。多めの油に覆われています。豚骨や鶏ガラのだしの旨味と煮干しの風味がバランスが自然なスープです。
トッピングは、程好い歯応えのチャーシュー、メンマ、薄切りの玉ねぎです。席に胡椒はなく、予めたっぷりかけられた胡椒もバランス良く味わえます。
軟らかな麺とバランスの絶妙なスープ、油の多さも食べ終わってみるとなんら変な後味もありません。トッピングも程好く、適度なボリュームもあります。これでラーメンは580円。今ではかなりお手頃な感じがする一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.02

ラーメン ちくに

ちくに 中華そば

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間が、午前11時30分~午後12時45分、午後4時00分~午後6時00分とちょっと早めに食事をするのに良さそうになっているお店です。
村上のお昼です。久々にちくにで食べれる時間、楽しみにお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。ほぼ満席に近い賑わいです。相席させていただきました。
メニューは、中華そば600円と中華大盛り700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きなワンスープのお店です。この前は肉そばがなかったのですが、今日はあります。チャーシューの出来かな。中華そばにしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1スープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を用意、今日はさすがに時間がかかってしまいました。
青いラインの白い器に、中華そばって雰囲気でスープが波々の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近の煮干しダシのお店と違い少し癖があります。
麺は、細めの弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかい麺に多い延びた麺は好きではありませんが、ワンタンの皮のような軟らかさは好きです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く締めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
最初に気になる匂いは胡椒で和らげます。煮干しダシが懐かしく楽しめます。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスのいい中華そばが600円です。最近の状況からはお手頃に思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.01

ラーメン亭 孔明 女池上山店

孔明女池上山店 レッドクリフ

新潟市の「ラーメン亭 孔明 女池上山店」です。
千歳線沿い、新幹線高架近くにあります。中央分離帯があり方向注意です。
お昼時間も遅くなり、こんな時間でもやってそうな孔明にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ちょい古っぽさのあるラーメン店らしいお店です。午後2時30分過ぎに着きました。お客さんは、2組のグループだけです。
メニューは、らーめん、みそらーめん、つけめんなどの他、この前あったON(温)野菜みそつけ麺はなくなり、レッドクリフなる辛味系新メニューがあります。つけめんの量は、並250g、中300g、大350ggから選べるようになっています。平日のランチタイムは、並の値段で大まで食べられます。孔明の麺ですからつけめんを食べようと思っていたのですが、レッドクリフの前に書かれている“超激辛”や“大盛不可”が気になります。レッドクリフにしました。
グループの1組がすぐ前に入ったようで、その次で出来上がってきました。
それほど辛くはないだろうと思っていましたが、赤い器がちょっと恐いです。辛味を楽しむラーメンかと思っていましたが、ボリュームもありそうです。
麺は、普通の太さの弱い縮れ。野菜を先に食べていたためチャンポンぽい感触になっています。つけめんが人気のお店だけあって頼もしい噛み応えです。
スープは、それほど辛そうに見えませんが、なかなかの辛さ。でも、超激辛ってほどじゃないです。大辛辺りで良いのではと思います。しょっぱさや旨味が辛さに負けてしまっているのでただ辛いだけのスープに感じてしまいます。
トッピングは、焼肉のような炙りチャーシュー、たっぷりのもやし、レタス、玉ねぎのスライス、青ねぎ、白ねぎなどです。チャーシューを切るための鋏も付いてきます。味付けが良く、程よい脂身の混じる炙りチャーシューです。
麺は好みではありませんがまあまあ、トッピングは大きな炙りチャーシューと野菜中心でボリュームがあり、スープはしっかりした辛さはありますがどうも旨味がもうひとつ全面に感じられればと思いました。ちょっと残念です。充実したトッピングとボリュームを考えると800円もいい線かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »