« あさひ楼 | トップページ | 中華そば 来味 亀田店 »

2016.02.04

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 塩ラーメン

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。久々ですが、小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午後2時10分に着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場があります。お昼時間は満車のこともよくありますが、この時間は空いています。
お店には出入口が2ヵ所あり、通りの正面が入口、脇が出口になっています。
お店の中は左側奥に厨房があり、その手前と中央にカウンター席があります。
右側に待ち用の椅子が用意されています。綺麗な今風のラーメン屋さんです。
これ程まで遅いと空いています。パラパラと4人のお客さんがいるだけです。
入口を入った先の正面に玩具のような小さな可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料です。自家製麺の店が増え、麺の大盛りが無料サービスや格安のお店も増えてきました。麺大盛り無料の場合の注文は、注文する際に大盛りをスタッフに伝えるのが一般的な方法です。食券の場合、普通盛りの食券を購入して同じで大盛りをスタッフに伝えるか、普通盛りと同じ値段で各大盛り食券が用意されているのがほとんどでしょう。小太喜屋は、普通盛りの各ラーメンの食券と共通で無料の大盛り食券が用意されています。大盛りの食券なしで食券を渡すと『大盛り無料ですが…。』と確認してくれ、口頭でも大盛りを伝える注文方法もできます。とても親切です。この前は、ラーメンだったので、今回は塩ラーメンの普通盛りにしました。
今回はそのまま席に案内されます。席には水とおしぼりがセットされました。カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。
もうお店も静かな時間かと思っていましたが、お客さんがバラパラと6人も訪れ、ちょっと賑わいにだしました。ちょうど良いタイミングで注文できましたが、いつもと変わらずの丁寧な仕事で、少し早めに出来上がってきました。
落ち着いたお洒落な器に充実のトッピングが綺麗に盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れでごく普通の感じですが、プリプリした食感がとても楽しいです。2種類の小麦粉を使用した自家製麺とのこと、かなりの好みです。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものです。動物系の旨みと魚介系の風味を楽しめます。かなりあっさり、サラサラしています。
トッピングは、2種のチャーシュー、メンマ、味玉半個、ねぎ、ほうれん草、糸唐辛子など、お客さんの健康を考えて選ばれた素材で仕上がっています。
しょうゆ味が好みの味ですが、塩もかなりのレベルと思います。トッピングを加えて充実させた一杯が700円です。東京なら行列間違いないでしょう。

|

« あさひ楼 | トップページ | 中華そば 来味 亀田店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/63276570

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びラーメン 小太喜屋:

« あさひ楼 | トップページ | 中華そば 来味 亀田店 »