« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016.04.30

北方文化博物館新潟 分館

北方文化博物館分館

新潟市の「北方文化博物館 分館」です。
先程の「旧齋藤家別邸」のすぐ近く、少し異人池ヒルズの方向です。
もう一軒見てみます。静かです。曾津八一が晩年を暮した建物です。

北方文化博物館分館②

大きなお屋敷は庭も綺麗。新緑の季節の緑色がとても優しく感じします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧齋藤家別邸

旧齋藤家別邸①

新潟市の「旧齋藤家別邸」です。
新潟島のやや下手、新潟市美術館近くに駐車場があります。そこの車を停め、そこから異人池ヒルズの方向になるのでしょうか?歩いて行くとあります。
本日、お屋敷巡りの第二弾は旧齋藤家別邸。新潟の豪商の別邸になります。

旧齋藤家別邸②

思いのほか混んでいます。お茶を楽しんでいる人もいます。

旧齋藤家別邸③

広い庭の散歩は気持ちいいです。母屋って存在感あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北前船の時代館 旧小澤家住宅

旧小澤家住宅①

「北前船の時代館 旧小澤家住宅」に行ってきました。新潟市文化財です。
新潟島の下手です。上大川前通12番町、第四銀行住吉町支店の近くです。
近くて行ってませんでした。天候も良くなくてこんな日は近場で動きます。
北前船で財を成した旧小澤家住宅を見たいと思っていました。ようやく…。

旧小澤家住宅②

立派なお屋敷は、庭がゆったりしていて見ているだけで癒されます。

旧小澤家住宅③

北方文化博物館の藤が見頃を迎えたそうですが、こちらはもう少しです。
ゆったりとタイムスリップしたようなのんびりをさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚菜家 小針店

魚菜家小針店 本日の上刺身定食

新潟市の「魚菜家 小針店」です。
大堀幹線沿いにあります。閉店しましたが「さんぽう亭 小針店」の隣です。
何度も前を通っていていつかは食べてみたかったお店です。ようやくです。
お店は、左奥に厨房、その手前にカウンター席、右側の広いスペースが小上がりになっています。フローリングに座布団のちょっと新しい感覚の和食のお店です。午後1時過ぎに着きました。混んでいますが、帰ったお客さんのテーブルを片付けてもらって座れました。掘りごたつ風だともっと楽なんですが…。
メニューは、刺身定食、天麩羅定食、二種小丼定食、本日の焼魚定食、本日の煮魚定食、村上牛ステーキ定食、さけわっぱ定食、カニわっぱ定食、北海丼、海鮮丼、天丼、うどん/そば類があります。土・日・祭日のおすすめメニューで、魚菜家定食、本日の上刺身定食、カツ煮鍋定食、カキフライ定食などがあります。焼魚や煮魚は、その日の用意された数種類の物から選べるようになっています。ちょっと豪華にいきましょう。本日の上刺身定食にしました。
そこそこ品数も多いのですが、そこは刺身、早めに出来上がってきました。
大きなお刺身は8種と品数も多く、観ているとお酒が欲しくなる見栄えです。
豪華なお刺身定食をいただきました。セルフサービスになりますが、コーヒーとフルーツバーが付きます。1650円もまあまあ妥当な線でしょうか?

魚菜家小針店 二種小丼定食

相方の食べた二種小丼定食です。天丼と海鮮丼の二種で、1180円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.29

新津鉄道資料館

新潟市(旧新津市)の「新津鉄道資料館」に行ってきました。
磐越道新津インター近く、道路に看板等があり、なんとかたどり着けました。新潟鉄道教習所(後の新潟鉄道学園)の建物を利用した資料館になります。
新津駅の西側にあった当時に一度見に行きましたが、移転後、初になります。天気が芳しくなく、雨に当たらない屋内見学施設と思ってお邪魔しました。
大きな複数棟の建物で、他にもいろいろと公共性の高い施設が入っています。GWの初日ということもあるのでしょうか?駐車場はかなりの混みようです。それでも田舎の大きな学校跡、どうにでも停められそうな広さがあります。
入場料は300円、入口脇の券売機で券を購入、まるでこれから列車にでも乗るかのように券に鋏を入れてもらい、パンフレットをもらっての入場です。
鉄道に関する資料がいろいろとあります。シミュレーターなどもありますが、子供達で混んでいます。帰って久々に電車でゴーをやりたくなりそうです。

新津鉄道資料館①

本日デビューGENBI SHINKANSEN(現美新幹線)運行開始記念入場券(硬) も展示されています。4月16日から販売されていますが、本日の日付です。

新津鉄道資料館②

200系新幹線と蒸気機関車の屋外展示保存。いずれも運転席も公開です。

新津鉄道資料館③

485系とDD14の屋外展示保存です。
485系1500番代、好きな車両、昔ながらの好きな色です。

新津鉄道資料館④

新津鉄道資料館⑤

運転席も公開されています。座れました。本当にうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特製さけずし

特製さけずし パッケージ

特製さけずし

神尾商事・神尾弁当部の「特製さけずし」です。
今日は新津でのお昼、いつもの新潟駅で購入して新幹線の中で食べる駅弁とは少し違います。新津に来たので地元駅弁屋さんの駅弁を食べようと思います。新津駅でも販売しているかも知れませんが、神尾商事・神尾弁当部が新津駅の真駅前にあります。お店前は、短時間なら車を停められそうになっています。
新津駅を改修した際に建てたのでしょう?綺麗な建物です。販売店舗みたいに駅弁が並んでるかと思ったら、風除室ような広めのスペースに駅弁ポスターのようなメニューと駅弁の空箱が展示しています。奥が事務所になっています。奥から事務の女性が出てきて注文をすれば良さそうな雰囲気です。新潟駅で見かけたことのないものもありますが、新潟駅で販売していないものを教えてもらい、その中から特製さけずしにしました。他にもお客さんが思った以上に来ます。5~10分程の待ちだそうで、それぐらいで出来上がってきました。
原材料名は、米(新潟県産)、紅鮭、しそ、生姜など想像通りシンプルです。肉厚な鮭と酢飯で見た目以上に食べ応えがあります。税込1250円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.28

はな禅

はな禅 真鱈(塩)

上越市の「はな禅」です。
高田地区です。南高田駅から高田商業高校方向へ、手前住宅地にあります。
お洒落な雰囲気と何が食べれるか?が楽しみです。久々にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席があり、白い壁や窓からイタリアンなどが食べれても良さそうな明るくお洒落な雰囲気です。午前11時30分過ぎに着きました。他にお客さんはいませんが、ちょっと後に1組のお客さんが来ました。すぐ後にもまた1組のお客さんが来ました。
何度かお邪魔し、はんなり、わびさび、classic、Vintage~2015新古゚~(醤油)、風土と食べてきましたが、今日は、何が提供されているでしょう。
メニューは、お店に入ってそのまま正面のホワイトボードに書かれています。はんなり(醤油)、わびさび(塩)、海物語 淡麗 真鱈(塩)の3種類です。真鱈(塩)は、能生産真鱈出汁です。とあります。真鱈(塩)にしました。
すぐに作り始めてもらえたようです。とても早めに出来上がってきました。
今まで見たことのない古い和を感じさせる器に、塩らしい色のスープです。
麺は、平打ちの縮れ。とても薄い平打ち、とても噛み応えの楽しい麺です。
スープは、塩味に鱈の旨みが加わり癖のない爽やかで上品な仕上がりです。
トッピングは、鶏チャーシュー、たけのこ、菜の花、ねぎとシンプルです。
地元野菜などの厳選素材によるとても優しく暖かみを感じるラーメンでした。850円とちょっとお高いのですが、なんか納得してしまう仕上がりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.27

ラーメン居酒屋 いちまる

いちまる

長岡市の「ラーメン居酒屋 いちまる」です。
長岡駅の東口、長岡駅整理場(駐車場)の南側、ほんのすぐ近くにあります。以前に「麺屋 プラ・ドウ・コート」で食べようと行ったら「麺や 快」に変わっていました。今度は「ラーメン居酒屋 いちまる」に変わっています。
長岡駅の東口すぐといってもあまり人も歩いていません。厳しい場所です。
お店は、入ってすぐ右に曲がります。左側奥に厨房、その手前と右側に壁を向いたカウンター席、中央にテーブル席、奥に小上がりがあります。中規模の落ち着いた雰囲気のお店です。午後1時40分過ぎとかなり遅めに着きました。他にお客さんが1組と空いています。入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、みそラーメン、とんこつラーメンとそれらのチャーシューメンや大盛りの組み合わせ、濃厚野菜味噌、燕味噌、燕ホワイト、辛ネギ味噌とそれらの大盛かまあります。冷し中華、冷し坦々麺は、まだ提供されていません。ランチタイムはライス無料もあります。ラーメンにしました。
時間が遅く、お客さんが少ないこともあって早めに出来上がってきました。

いちまる ラーメン

あまり見かけない可愛い模様の白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや細めの縮れでツルツルしています。モチモチ感もいい感じです。
スープは、生姜が効いたちょっとたまり醤油のような深みのある味わいです。表面の油が結構多めで、生姜の香りに蓋をするような状態になっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。チャーシューが弾力のない軟らかめのものです。ちょっと好みと違います。
油が少なく、チャーシューに少し弾力があれば好みに近いもになるでしょう。「麺や 快」は500円で食べられましたが、それがもう700円ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.26

麺屋 愛心

愛心 金色煮干し中華そば

新潟市の「麺屋 愛心」です。“あいしん”と読みます。
鍋茶屋の前、古町通から鍋茶屋通への光琳の参道のような路地にあります。
職場のちょっとした飲みの後、少しお洒落に食べようかとお邪魔しました。
お店は、左端に入口があり、右に折れるとテーブル席のみの食堂があり、その先に厨房があるようですが見えないような造りです。食堂の床が大理石で、壁などもラーメン屋さんというよりもイタリアンなんかのお店のような雰囲気になってます。午後8時50分に着きました。他に1組のお客さんがいます。
メニューは、金色煮干し中華そば、金色煮干しチャーシュー麺、特製香味中華そば(塩)、特製香味チャーシュー麺、岩海苔中華そば、岩海苔チャーシュー麺、ニラそば、ニラダブルそば、麻婆麺、香辣麻婆麺と夜のみ営業のお店とは思えない充実振りです。量の少なそうな金色煮干し中華そばにしました。
メニューに説明があります。愛心極上清湯スープのタイトルで、丸鶏・ゲンコツをベースに大量の野菜を長時間煮込み、旨みを最大に引き出した自慢の極上スープです。とのことです。金色煮干し中華そばについての説明もあります。上質な煮干しを大量に使用し、鮮烈な香りと優しさを併せ持つ金色に輝くスープ。とのことです。言葉だけの説明もありますが、結構信頼できています。
お客さんが少なかったためでしょう。かなり早めに出来上がってきました。
真白な器に澄んだ醤油色のスープがとても美味しそうに仕上がっています。
麺は、やや細の弱い縮れ、歯切れの良い麺ですが、プリプリ感があれば…。
スープは、煮干しと醤油の旨味がしっかり、香りを強調させてもいません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、ねぎと充実です。
実に好みのスープです。麺がもう少し細ければ、完全な好みのラーメンです。これで680円です。安くはありませんが、他のメニューも楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町・人情横町の市場風なお店が並ぶ建物、東堀通寄りにあります。
最近、信吉屋の支那そばを食べていなかったような気がしてお邪魔しました。午後12時15分、そろそろ着きそうです。いつもの列びはなさそうです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。半分程のお客さんの入りと不思議なぐらい空いています。
メニューは、支那そば、ワンタン、支那そばとメンマ・チャーシュウ・ワンタンの組み合わせになります。夏の冷し中華が人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。久々でもいつも通りワンタンメン(中盛)にしました。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声を聞いていると待ち時間も苦になりません。
食べ終わったお客さんが帰り、全員が待ちの状態になりました。先の2人分が出来上がり、次に作ったので出来上がってきました。普通の待ち時間です。
黒っぽい、渋い器に澄んだスープが上品です。ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細い弱めの縮れ。シコシコした歯応えが楽しい好みの麺です。
スープは、塩で味付けをしたすまし汁のような透き通ったものです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばかと思っています。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えを楽しめるチャーシュー、肉団子近い大きさはあろうかという挽肉を包んだワンタン、メンマ、ほうれん草、鳴門、スープと絡まって香りと味わいを楽しませてくれる輪切りのねぎなどです。
歯切れの良い麺とお吸い物のようなスープのとってもヘルシーな昼食でした。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。750円とお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.25

すっぽんラーメンの酔廣

酔廣

阿賀町(旧三川村)の「すっぽんラーメンの酔廣」です。
国道49号線沿いにあります。磐越西線三川駅前の交差点の角になります。
かつて「中国料理 香楼苑」がありましたが移転、その後に入る感じです。
新潟駅前にありましたが建物取り壊しのため移転、発のお邪魔になります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。古めの田舎食堂って雰囲気です。午後12時40分頃に着きました。他に常連らしきお客さんが1人、スタッフと世間話をしてます。
メニューは、薬草すっぽんラーメン、モツラーメン、豚軟骨ラーメン、川ガニラーメン、ラーメンがあります。薬草すっぽんラーメンが1200円で手が出ません。ラーメンが500円とワンコインなのも気になります。好きだけど控えめにしてたモツを食べてみたくなってます。モツラーメンにしました。
常連と会話をしていたスタッフが腰をあげ…、早く出来上がってきました。

酔廣 モツラーメン

青いお花の模様が涼しそうな器に、シンプルで彩りの寂しいラーメンです。
麺は、細麺の縮れで食感がよく、自然な旨みが麺に染み込んでるようです。
スープは、味噌味だと思いますが、しょっぱさを控えた優しい煮物風です。
トッピングは、モツと白菜、ねぎです。軟らかなモツです。モツの動物っぽい臭いも僅かですがあります。ねぎと唐辛子で殆んど気にならなくなります。
麺とスープの相性が良いです。モツもたっぷり入っています。お酒ならこれぐらいですが、麺類に合わせるのならもう少し味を濃厚にしてもと思えました。700円ももつにしては少しお高いような気もしますが、そんなものかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.24

会津・喜多方ラーメン 坂新

新潟市(旧亀田町)の「会津・喜多方ラーメン 坂新」です。
アピタ新潟亀田店の東側出入口前、「焼肉LOOGE 亀田店」だった建物です。
新津金津エリアから田上町にたけのこを買いに行き、帰りになりました。
もうすっかり昼時間を過ぎてしまい、どこで食べましょう。

月刊にいがた

「月刊にいがた」から新潟ラーメン特集でブログ紹介させて欲しいとの連絡をいただいてました。どんな風に紹介されてるか?コンビニで購入しました。

月刊にいがた ①

新潟県内のラーメンを記事にしている5つのブログが紹介されています。
実際に月刊にいがたに載っていました。いや!恥ずかしいものです。

月刊にいがた ②

せっかくなので食べてなくて遅い時間まで食べられるお店を「月刊にいがた」で見つけました。それで「会津・喜多方ラーメン 坂新」になりました。

坂新

お店は、左側に厨房、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。白い壁と黒い木、落ち着いた雰囲気のお店です。駐車場もお店もとても広々しています。午後3時過ぎに着きました。さすがにこの時間は他にお客さんもなく、貸切状態です。入ってすぐ写真入りで判り易い食券販売機があります。

坂新 メニュー

メニューは、ラーメン、ねぎラーメン、醤油ラーメンとそれらのチャーシューメン、いずれも大盛もあります。サイドメニュは、ソースかつ丼、たれかつ丼とそれらのミニ、餃子などがあります。だいぶお腹も空きました。ちょっと奮発してチャーシューメンソースかつ丼にしました。

坂新 チャーシューメン

時間外に近い雰囲気、スタッフも少なめ、でも早く出来上がってきました。
赤の縁取りの白い器、おとなしい色のスープを見てホッとしちゃいました。
麺は、平打ち普通太の縮れ。とても感触が良く、スープとも良く絡みます。
スープは、醤油味ですが、醤油ラーメンが別にあることからも判るように、醤油を前面に出さず、優しいダシの旨みを感じさせる仕上りになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎとシンプルです。チャーシューは軟らかく、好みより薄味です。ねぎ以外にももうちょっと彩が欲しいです。
麺・スープ・トッピングともおとなしめですが、結構高いレベルで仕上げられてるとお思います。それでも880円はちょっとお高いような気がします。

坂新 ソースかつ丼

ソースかつ丼は、お約束通り丼のふたが浮いた状態でした。ご飯の上のキャベツとソースに予め浸されたカツはいい感じでした。900円はちょっとお高いです。サラダや味噌汁なしサイドメニューバージョンがあればと思います。

坂新 ラーメン

相方の食べたラーメンです。680円です。これが良さそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

史跡古津八幡山遺跡 歴史の広場

新潟市(旧新津市)の「史跡古津八幡山遺跡 歴史の広場」に行きました。
旧新津市の金津エリア。県立植物園、新津美術館などがあって訪れる人の多い場所です。当初の予定は、県埋蔵文化財センターです。入場無料で埋蔵文化財の展示を見ることが出来る施設です。近くまで車で行くことが出来ないため、「新津フラワーセンター」と「史跡古津八幡山弥生の丘展示館」の間にある広い駐車場に車を停めました。混んでいましたがなんとか停められました。
まだ見たことない資料館がありました。新潟市の「史跡古津八幡山弥生の丘展示館」です。これが結構見応えあります。弥生時代の大規模な集落跡や古墳などがジオラマと画面で表してあり、楽しめながら理解することが出来ました。現場が約5分程度の丘登りで行けそうなので行って見ることにしました。

史跡古津八幡山遺跡歴史の広場①

山を掘り起こした跡がなんとなく集落で生活した光景を想像できる程度のものかと思っていましたが、地面は芝生が敷き詰められていて、天気が良かったこともあり、歩き心地だけ気持ち良くなります。その先に住居を再現したものが何棟も建っています。中に入れるものもあり、懐中電灯も用意されています。

史跡古津八幡山遺跡歴史の広場②

広々していて歩いているだけでも気持ち良く、展望も楽しめます。

史跡古津八幡山遺跡歴史の広場③

古墳跡が高くなっていて新潟方面の展望や広場の眺めが気持ちいいです。

広場から県埋蔵文化財センターへ向かい、見学、新津フラワーセンターでお花を買って帰りました。想像以上に無料で楽しめました。満足×2。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北山池公園 御衣黄

北山池公園

新潟市(旧亀田町)の「北山池公園」、今日もお花を楽しみに来ました。
亀田駅の東南東方向です。亀田東小学校の近く、住宅地の中にあります。
公園内に駐車場がありますが、周辺道路にも路駐が目立ちます。この時期は入り切らないため、隣接するグランドが臨時駐車場になっていたことがありますが、今日は珍しく午前中からの行動、駐車場に空きがあります。
大きな北山池を囲む公園で、池の周囲には大勢の釣り客が陣取っています。
130本のソメイヨシノが植えられていますが、すでに葉桜です。この時期、この公園に来る人の多くの人の目的は御衣黄(ぎょいこう)という緑色の花をつける桜です。公園の東側に御衣黄(ぎょいこう)が植えられています。通常4月29日(昭和の日)頃に咲きますが、近年数日早く咲いているようです。御衣黄は全体が一斉に咲くのではなく、個々に咲いていき一週間程度の差があります。咲いた日と翌日は緑色の花で、徐々に芯の部分に紅が増してきます。

北山池公園 ①

御衣黄の植えられている所に向かって歩いていくと数人の人が見ています。ちょうど良い時期に来た様な気がします。少し元気がないようにも見えます。ロープで近くに入れないようになっています。樹木治療中とのことです。

北山池公園 ②

なんとも不思議な色です。

北山池公園 ③

八重桜も綺麗に咲いています。綺麗な花びらの色と重なりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.23

第29回五泉市チューリップまつり

第29回五泉市チューリップまつり

五泉市の巣本地区、一本杉地内のチューリップ畑を会場に開催されている第29回五泉市チューリップまつりに行ってきました。福島潟の菜の花もそうだったのですが、春の花を楽しもうとする家族連れで賑わっています。花の販売や球根の予約、特産品の販売などがあります。里芋を購入しようと思っていましたが売れ切れでした。いろんな形や色のチューリップを楽しみます。

第29回五泉市チューリップまつり①

第29回五泉市チューリップまつり②

第29回五泉市チューリップまつり③

第29回五泉市チューリップまつり④

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島潟の菜の花

福島潟の菜の花を見に行きました。
新潟市(旧豊栄市)の「ビュー福島潟」に車を停め、見に行きます。

福島潟の菜の花①

福島潟の菜の花②

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和風レストラン 奥次郎

奥次郎 四季彩松華堂弁当①

奥次郎 四季彩松華堂弁当②

新潟市の「和風レストラン 奥次郎」です。
国道345号線沿いの松浜地区にあります。「奥次郎さくら亭」や「海鮮家さぶ郎」など「料・理・工・房 奥次郎」の中心的なお店です。一時期ラーメンもやっていて「松浜ラーメン 奥次郎」→「丼麺屋 三郎」だった建物が「海鮮家さぶ郎」となり、いずれも同じ敷地内にあります。駐車場は、3店舗同じ敷地内ということで共同で区切りなく停められます。正午頃に着きましたが、かなりの車、満車に近い状態ですが停められました。
お店は、入口を入った左側にテーブル席があり、カウンター席もあります。右側の奥が厨房らしく、手前に小上がりがあります。大きな大きな和風レストランの雰囲気です。入口を入ったところにある用紙に名前と人数を書いて待ちます。お客さんの出入りが多く、すぐにテーブル席に案内されました。
ランチメニューは、和定食、そば・うどん、へぎそば、一品料理、こだわり丼、寿司、洋定食に大別され、とても豊富に揃っています。松浜ラーメンはありません。予定していた和定食から四季彩松華堂弁当にしました。
とてもお客さんも多く、出入りも多く、賑わっていますが、ちょっと煩いかなって感じです。そのうちに並びが出来ています。時間がかかるかと思いましたが、仕出しや割烹のようなお店ですから、早く出来上がってきました。
とても綺麗な盛り付け、目でも楽しむことが出来ます。でも食べようとすると、おかずとご飯や味噌汁が横に並ぶためなんとも食べ難いのが実状です。味的には、お肉があってもいいのですが、付け合せのフライドポテトは、和定食に合わないでしょう。っていうのが1点だけ気になりました。
でもこれで1200円+税ですからお手頃で人気があるのが判りました。

奥次郎 特製奥次郎定食

相方の食べた特製奥次郎定食です。980円+税です。これが一番人気?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.22

らーめん 六綵亭

六綵亭 麻婆味噌ラーメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い所にあります。
暖かくなってきました。暑くなる前に食べたいものを…とお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席が5席、左側にテーブル席2卓があります。小さめで木の質感が良く、夜に小料理屋でもやっても良さそうな雰囲気のお店です。午後12時15分頃に着きました。カウンター席は満席、テーブル席に1卓にはお客さんがいて、もう1卓はまだ片付けがされていません。カウンター席が空いたら移ればいいかと片付けられていないテーブル席に座りました。その後、出来たものの配膳のタイミングで片付けてもらえました。
メニューは、みそラーメン、野菜みそラーメン(野菜がみその倍)、麻婆味噌ラーメン、ラーメン、冷し中華(夏季限定)などがあります。チャーシュー、ワンタン、メンマ、バター、コーンなどのトッピングも豊富です。麺の量は、並150g、中200g、大280gから選択できます。中が50円増し、大が150円増しになってます。熱いものをと食べます。麻婆味噌ラーメンにしました。
今日も店主1人。時間がかかることもありますが、今日は早く出来ました。
白い器に、味噌って感じはあまりありませんがトロミの強そうな麻婆です。
麺は、普通かやや細の縮れです。モチモチ感が強めで歯応えも楽しめます。
スープは、器の底にあったようですが、麻婆と混じり味はよく判りません。
トッピングは、麻婆豆腐と青ねぎのみです。麻婆豆腐は、赤道食堂の味噌ラーメン(特製)に似たトロミ強めのあんかけです。挽肉とザーサイの刻んだものが入っています。最初は優しく、後からかなりの辛味が忍び寄ってきます。
味噌ラーメンの上に麻婆豆腐がのったものを想定していましたが、汁なしに近い、赤道食堂の味噌ラーメンの麻婆版のような感じでした。ラーメン普通盛りが今でも500円で、麻婆味噌ラーメンが600円、ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.21

ラーメン亭 孔明 女池上山店

孔明女池上山店 ON(温)野菜みそつけ麺

新潟市の「ラーメン亭 孔明 女池上山店」です。
千歳線沿い、新幹線高架近くにあります。中央分離帯があり方向注意です。
ちょうど正午、一番近くのお店で食べようと思い、孔明にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ちょい古っぽさのあるラーメン店らしいお店です。ちょうど正午は、駐車場も空きがあり、お店も半分のお客さんの入りです。
メニューは、らーめん、みそらーめん、つけめん、前回食べた“超激辛”のレッドクリフが定番化しています。さらに以前食べたON(温)野菜みそつけ麺が復活しています。つけめんの量は、並250g、中300g、大350ggから選べるようになっています。ON(温)野菜みそつけ麺は、以前の1玉が弥彦山、2玉が富士山、3玉がチョモランマという盛りはやめて(並)と(大)になっています。孔明の麺ですからつけめんが良く合います。つけめんを食べようと思っていたのですが復活のON(温)野菜みそつけ麺(並)にしました。
ちょうどお昼で入ったお客さんも多く、少し待って出来上がってきました。
やや大きめの白い器に麺とトッピングが、黒い器につけ汁が入っています。
ますばトッピングからいただきます。先に食べないと麺にたどり着けません。もやしがほとんどのゆで野菜です。2袋分ぐらいにキャベツが混じります。
ようやく麺にたどり着きました。思った以上に時間がかかってしまいました。麺は、平打ちっぽいやや太の縮れです。熱盛りで時間がかかったため、硬さは感じませんがモチモチ感は残っています。ちょっと細めの讃岐うどんです。
つけ汁は、味噌味をそんな強調させていない、以外とあっさりした感じです。しょっぱさ控え目、動物系の旨味と魚介系の風味を楽しめる仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやしとキャベツのゆで野菜、紅生姜、胡麻などです。もやしだけで1食分ぐらいのボリュームです。
熱盛りは、麺のコシを楽しむ冷や盛りとは違って、熱々で最後まで食べることが出来ました。850円と前回食べた弥彦山の750円と比べると値上げ幅がかなり大きいような気がします。もやしであまりお金を取らないで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.20

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
午後1時前に着きました。30台程の駐車場は、ほぼ満車に近い状態です。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路のPA/SAの軽食コーナーと同じシステムです。
カウンター席とテーブル席は混んでいますが、小上がりは空いています。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようなトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。だいぶお腹も空いています。大盛天玉中かを食べてみることにしました。
列びもなくカウンターに食券を出すと、すぐに作り始めます。黄色い中華麺をゆでザルに入れます。色は黄色ですが、ラーメンの麺というよりも黄色い生そばのような感じです。おそばと同じようにお湯に通すような感じでゆで上がりです。つゆをかけ、生玉子、天ぷらを入れ、ねぎをのせて出来上がりです。
立ち食いそばのおそばそのものです。違いは?麺の色が黄色いところです。
麺は、やや細めの縮れ、ややコシの弱いものですが、大曲や中仙地区で良く食べた“うー麺”に似ています。新潟の出身じゃないので食べたことがないのですが、きっとソフト麺のような感じなんじゃないかと勝手に思っています。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性は全然良いのですが、ラーメンというよりもおそばを食べているって感じが勝っています。
トッピングは、かき揚げと生玉子、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生玉子の甘い優しい味を絡ませて楽しみ、スープを吸わせたかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味が立ったスープというかそばつゆをゴクリゴクリと楽しみます。
たっぷり楽しませていただきました。ラーメンかどうかはラーメンでいいと思います。並盛りが310円、大盛りが430円です。お手頃な昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.19

麺食堂 まる七

まる七 背脂らーめんとミニ五目あんかけご飯のセット

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
国道7号線沿いにあります。五十野公園方面交差点から少し中条寄りです。
新発田でのお昼になりました。好きなまる七で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、左側手前と中央寄りにカウンター席、左側さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあり、木質の明るい感じがロッヂのような雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。駐車場もお店も7~8割りのお客さんの入りです。ひとり飛ばしで座っているカウンター席の間に座りました。
メニューは、中華、担々、塩味、背脂、味噌、辛味噌、つけ、担つけに大別され、それぞれの基本メニューと各々に合ったトッピングを加えたものがあります。サイドメニューやセットメニューも充実しています。中華そば・背脂ラーメン・つけめん・坦々つけめんの4種からいずれかの麺とたれカツ丼・玉子とじカツ丼・カツカレー丼・豚そぼろ丼・ネギチャーシュー丼・鳥唐揚げ丼の6種からいずれかのミニ丼を組み合わせたセット、麺とライスと餃子を組み合わせた定食が3種、中華そば・背脂ラーメンと玉子かけご飯を組み合わせたかけセットがあります。久々で覚悟していましたが、以前に食べたときから50円値上がりしています。一枚もののメニューがあります。五目あんかけらーめんとエビ塩あんかけらーめんがあり、それらあんかけのご飯、さらにそのミニがあります。ミニとらーめんや背脂らーめんの組み合わせもあります。背脂らーめんにしようと思っていたのですが、五目あんかけらーめんが気になります。悩みましたが背脂らーめんとミニ五目あんかけご飯のセットにしました。
ちょうど先に駐車場に入った車2台からぞろぞろとお客さんがお店に入り、その後に着いて行くようにお店に入りました。こりゃ注文してもなかなか出来てこないだろうと期待しなかったのが良かったようです。時間的にはそこそこかかっているでしょうが、あまり苦にならない待ちで出来上がってきました。
大きな盆に両方一緒にきました。背脂ラーメンは、カラフルな雷文模様ですが懐かしいような印象の器に醤油色のスープと揚げ玉風背脂が美味しそうです。ミニ五目あんかけご飯は、赤い帯に金色の雷文模様の皿に盛られています。

まる七 背脂らーめん

麺は、やや細の縮れ。プリプリの食感と程良いコシ、旨みが感じられます。
スープは、表面にたぬきそばの揚げ玉のように背脂がぎっしり浮いています。その下に、醤油のしっかりとあっさりがバランスの取れたスープがあります。背脂は煮込まれた爽やかさ、少し溶けて、その溶けた油で旨味が増します。
トッピングは、軟らかめのチャーシュー、メンマ、岩海苔、鳴門、ねぎです。
岩海苔が溶け出た油のこってり感を和らげ、残った油の旨みを楽しめます。
背脂と岩海苔の組み合わせで、最後の一滴まで美味しく食べさせてくれます。
単品で700円といい値段ですが、今では普通に思えるようになりました。

まる七 ミニ五目あんかけご飯

ミニ五目あんかけご飯は、海老、イカ、豚肉、白菜、チンゲン菜、人参、たけのこなどのあんがかかっています。醤油味で見た目より、好みより薄味です。ミニってことで油断していましたが、思った以上にボリュームがあります。
スープ付きの普通盛りが850円で、ミニ五目あんかけご飯が450円です。お高いような気も…。セットはジャスト1000円と150円もお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.18

うれっ子

うれっ子 味噌ラーメン

柏崎市の「うれっ子」です。
柏崎市役所近く、東側でしょうか?一方通行の細い路地に面してあります。
柏崎です。好きなのに食べていないものが多いうれっ子にお邪魔しました。
お店の先にうれっ子用5台分の駐車スペースが確保された駐車場があります。午後1時過ぎにつきました。1台分の空きがあり、無事に駐車できました。
お店は、左側に厨房、その手前と中央寄りにL字型のカウンター席があり、右側に通路があり、その先にテーブル席、小上がりがあります。小さなお店に後で隣の建物をくっ付けたような、ちょっと古めな雰囲気です。空いています。半分ほどのお客さんの入りです。テレビの見える左側奥の席に座りました。
メニューは麺類がほとんどで、ラーメン、もやしラーメン、みそラーメン、みそバターラーメン、みそチャーシュー、みそバターチャーシュー、つけめん、チャーシューつけめん、タンタンメン、タンタンチャーシュー、チャーシューメン、焼ソバ、五目ラーメン、タンメン、バターラーメンなど沢山あります。今までに、ラーメン、タンメン、焼ソバと食べました。今回は、涼しいうちに食べておいた方が良さそうなものからと考え、味噌ラーメンにしました。
スタッフは多めで、お客さんが少なめ、メチャ早で出来上がってきました。
青い模様入りの白い器に味噌ラーメンらしい野菜たっぷりの仕上がりです。
麺は、味噌ラーメンらしくない、味噌ラーメンでは珍しい細く強い縮れです。中華そばと同じ麺をしようしています。ツルツルした食感が楽しい麺です。
スープは、味噌ラーメンのスープの色ですが、野菜炒めを先に食べるとなんか物足りない感じがします。東横の濃厚な味に慣れてしまっているのでしょう。味噌味、しょっぱさ、甘さなど、とてもバランスが良いのですが控えめです。ところが細麺と絡まり、麺自体の旨みもあって絶妙な仕上がりになります。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・ピーマン・豚バラの炒めものです。かなりボリュームがありそうに見えていましたが、普通のボリュームです。
食べていて気がつきました。麺の量が多めです。中盛りぐらいありそうです。せっかくなので途中から七味唐辛子やラー油を加え味の変化を楽しみます。
控えめであっさり、バランスの良いスープとマッチする噛み応えの良い細麺。野菜炒めにも控えめなスープに合うよう、もうひと工夫必要かも知れません。味の変化を楽しめ、さらにボリュームがあっての720円はお得でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.17

北方文化博物館

北方文化博物館

新潟市(旧横越町)の「北方文化博物館」に行ってきました。
桜もソメイヨシノが平野部では終盤になりましたが、これから八重桜などまだまだ楽しむことが出来ます。北方文化博物館の八重桜を見ようと思いお邪魔しました。見事にタイムスリップしたかのような中の八重桜を楽しました。他はほとんど変わり映えのない展示でした。大人800円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば ふじの 東中野山店

ふじの 味噌らーめん

新潟市の「中華そばふじの 東中野山店」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線新潟横越線を横越方面へ、中野山地区の住宅地が切れそうなやや手前の左側、大きな赤い看板が目印になります。
最近食べていないお店で、まだ食べていないものがあってお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前中央に向い合せのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。中規模の最近良く見かける感じのお店です。午後1時20分過ぎ、満席で少し待ってカウンター席に座れました。
メニューは、中華そばとちゃーしゅー、つけそばと野菜つけそばなどがあります。以前提供されていなかった味噌らーめん・味噌ちゃーしゅー・味噌担々そばが今回新たに提供されています。その中から味噌らーめんにしました。
待ちのお客さんが多めで、ちょっとちょっと待って出来上がってきました。
茶色の渋めの器にたっぷりの野菜としっかりチャーシューものっています。
麺は、平打ちっぽいやや太の縮れ、ツルツル感と旨味が感じられる麺です。
スープは、味噌が濃厚で適度な甘味があるもの。油が少なくあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、挽肉、キャベツ・もやしのゆで野菜、コーン、ねぎなどです。トッピングだけでも、結構ボリューム感を楽しめる量です。
カウンター上に胡椒などと並んで辛味があります。半分ほど食べたところで入れます。きりりと引き締まった味を楽しめます。また、汗が出てきました。
しっかりした麺とそれに負けない麺、チャーシューや挽肉など肉食系向けかのようなトッピングの味噌ラーメンでした。オリジナルと辛味のある味との2味を楽しめました。これだけ楽しめば780円もいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.16

じゅんさい池公園

じゅんさい池公園

じゅんさい池公園 ヤマブキ

新潟市東地区の「じゅんさい池公園」です。
カメラを持った人たちがたくさんいて、駐車場に空きスペースがありません。少し待って停められました。枝垂れ桜は、ほとんど散っていましたが池のほとりのソメイヨシノはまだ花が残っていました。ヤマブキも綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割烹 大助 新和店

大助新和店 大助御膳

新潟市の「割烹 大助 新和店」です。
笹出線沿いにあります。上越新幹線の高架すぐ近く、新和交差点の角です。
大助は新潟駅前に本店があり、他に駅前に刺身屋、古町に海鮮問屋、そして新和町に割烹とそれぞれ特徴を表した名前が付けられています。新和店以外はそれぞれ何度か居酒屋として利用させてもらい、駅前ではどちらもランチを食べていました。この新和店だけは郊外型の割烹でなかなか利用できていませんでした。夜は、ちょっと高いかも知れないのでランチでお邪魔しまてみした。
駐車場もかなりの台数分用意されています。午後1時過ぎに着きました。そこそこ駐車されています。和風レストラン、新館、別館と建物があり、新館と別館は宴会場のようでカラオケをやっている音も聞こえてきます。予約なしでも食べられるのは和風レストランのようです。それらしい入口から入ります。
お店は、右側に厨房があり、入ってすぐ手前の左側にテーブル席、さらに左側や奥に小上がりがあります。個室なんかもあるかも知れません。和食屋さんといった雰囲気です。車はカラオケのお客さんらしく、かなり空いています。
メニューは、御膳、寿司・丼、セット、麺類、キッズメニュー、一品料理に大別されています。御膳は16種類と豊富にあります。麺類は、うどんやそばに加えて、大助特製ラーメン、自家製チャーシューメン、野菜たっぷりタンメン、野菜たっぷり自家製味噌ラーメンなどがあります。和食を食べようとお邪魔しましたが、ラーメン類があるとちょっと悩みます。大助御膳にしました。
割烹の品質でしょうか?これだけの料理がすぐに出来上がってきました。
刺身、天ぷら、生姜焼き、手作り厚焼き玉子が大きな盆で運ばれてきました。
和食を食べようと思っていたのですが、大助ということもあって、どちらかというと魚を期待しましたが生姜焼きが余計だったような気がします。ここに焼魚なんかがあったらばっちりです。1540円はいい線だと思います。

大助新和店 日替わり定食

相方の日替わり定食。鶏唐揚げと鶏挽肉あんかけのミニラーメンで730円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.15

拉麺 来々軒

来々軒

新潟市の「拉麺 来々軒」です。
路面電車(BRT)が通っていた道沿いにあります。越後線白山駅前です。
店名から食べてみなきゃと思っていたお店です。ようやくお邪魔しました。
古町エリアからBRTで移動すればすぐのつもりでしたが、バス停に着く寸前に停まっていたバスが出てしまいました。それでも10分も待てば次のバスが来るのであまり気にせずに待っていたのですが、来たバスがツインクル(連結バス)の快速です。白山駅前は快速は停まらないし、危ないバスに好んで乗る必要もありません。さらに次のバスを待ちます。お昼は、最大20分待ち!?BRTは便利なものかと思っていましたが、なかなか使えないバスでした。
そんなこんなで時間的に遠くなってしまった白山駅にようやく着きました。
お店は、入ると右に折れるように広がっていて、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。4人掛けのテーブルが4卓と8人ぐらい掛けられそうな大きなテーブルもあります。少し歴史のある食堂って感じでしょうか。午後1時30分過ぎに着きました。他にお客さんは2人です。

来々軒 メニュー①

来々軒 メニュー②

メニューは、ラーメン、コーンラーメン、タンメン、味噌ラーメン、味噌コーンラーメン、味噌チャーシューメン、マーボーメン、チャーシューメン、広東メン、ワンタンメン、ワンタン、焼きそば、カレー焼きそば、五目揚げそば、夏季は冷し中華や冷しチャーシューがあります。当店一押しメニューで、味噌辛しラーメン、もやし辛しラーメン、辛しタンメン、醤油辛しラーメンもあります。飯類や単品料理も豊富で、それらと麺類を合わせたセットもあります。テーブル上に置かれているメニューはそんな感じですが、最初に見ていた壁に貼り出されたメニューとは必ずしも一致していないようです。壁のメニューを見ながら一番食べて欲しそうな場所にあったもやしラーメンにしました。
すぐにもやしを炒め始めたかと思ったら、凄く早く出来上がってきました。

来々軒 もやしラーメン

味噌ラーメンなんかで良く使われる淡い水色の器にたっぷりのもやしです。
麺は、かなり細めの縮れです。昔ながらのラーメンといった感じの麺です。
スープは、醤油味やしょっぱさは控えめですが、適度なだしの旨味とバランスが取れています。昔懐かしい美味しさに久々に出会えたような気がします。
トッピングは、もやし炒めがたっぷりで、豚バラとピーマンが混じります。
ラーメンが…、なんと450円で提供されています。もやしの材料費が安いためか?もやしラーメンの600円がちょっとお高く感じてしまいますが、他のお店に比べりゃまだまだお手頃です。チャーシューがそこそこお高いものなのでラーメン450円やチャーシューメン700円も食べてみたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.14

共進軒 万代店

共進軒 麻婆麺

新潟市の「共進軒 万代店」です。
万代シティエリアにあります。ラブラ2裏の一方通行の道沿いになります。
お昼には、専門学校の生徒やサラリーマンに人気で、結構混み合うお店です。混む前にと思ったのですが正午過ぎ、前を歩いている人や向かいから歩いて来る人が次々と共進軒に吸い込まれていきます。それでも外まで並ぶ状態ではありません。いつものおねえちゃんの元気な声が高々と聞こえてきます。
お店は奥行きがあり、右に厨房、中央よりにカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民派中華大衆食堂って雰囲気です。満席ですがテーブル席に空きの席があり、相席でギリギリ座れました。いつものようにちょっとごつい無口なおじさんとアメ横で鍛えたかのような声のおばちゃんが作っています。
メニューは、中華系を中心に麺類、ご飯物、丼物などがあります。タンメンとチャーハンが人気のようです。以前から安かったし、久々なんで値上がりも覚悟していました。値段はそのままですが、内税から外税になっています。まあ良心的な値上げ幅でしょうが、外税はやめて欲しい。麻婆麺にしました。
外に数名が並ぶ状態になっています。少し待って出来上がってきました。
青の雷文模様の白い器におとなしい盛り付けですが、美味しそうな色です。
麺は、一般的な中華よりも細い縮れです。麻婆をいい感じで絡めてきます。
スープは、醤油味の薄味です。物足りない感じですが、これでいいのです。
トッピングは、麻婆豆腐のみです。豆腐に多めの挽肉が混じるシンプルなものです。旨味と甘味、しょっぱさ、辛さが濃厚です。濃いめの麻婆がスープに溶けて、とてもいい具合に仕上がります。計算し尽くされたバランスですか?
バランスの良さを存分に楽しめる麻婆麺でした。580円が税混で620円!美味しくいただいてお手頃な麻婆麺でした。ラーメンは390円+税です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.13

小さな小さなラーメン屋 春紀

春紀 塩つけめん


柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
国道252号線沿いにあります。岡野町交差点の小千谷方面寄り右側です。
柏崎での昼食です。また、春紀のラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
午後1時40分頃に着きました。もう空いているだろうと思っていましたが、お店前の国道の広くなった部分には何台かの車が路駐しています。お店側と向かい側にも路駐しています。お店側だけに路駐してくださいってお店からのお願いが知れていないようです。いつもの地区公民館の駐車場に止めました。
天気が良いからか、今まで玄関にあった待ち用椅子が外に並べられています。この時間でも4人の待ちになっていますが。外で待つのも気持ち良いです。
店主が作り、奥さんがフロア係です。丁寧な仕事で回転の早いお店とは言えません。程々の待ちになりました。今回もカウンター席に案内されました。
お店は、カウンター席だけの当初からのお店と自宅玄関から入った1部屋を小上がり風に使った席とがあります。当初からのお店は、入口を入った正面に厨房があり、その手前と右側にL字型カウンター席が4席あります。和食屋さんのような白木のカウンターです。小上がりは、自宅の居間に座卓を並べている感じです。4人掛けが3卓あり、混雑時に相席をさせることはありません。
メニューは、通常メニューが、らーめん(味玉付)、塩らーめん(味玉付)、つけめん(1.5玉)、塩つけめん(1.5玉)、数量限定メニューで、たまりじょうゆらーめん(味玉付)、甘えびしょうゆらーめん(味玉付)、みそらーめん、赤だしみそらーめん、赤らーめん(唐辛子入り、しょうゆ味)、赤みそらーめん(唐辛子入り、みそ味)、豚骨らーめん(味玉付)です。トッピングは、味玉、甘エビペースト、肉増し(3枚)、大もり(1.5玉)等のアレンジが出来ます。この時間でも揃っています。塩つけめんにしました。
当初からのお店はカウンター席4席の小さなお店ですが、本当に狭く、入口付近の席にお客さんが座ると後ろを通って奥に行ける広さがありません。そのため、前回は帰るまで他のお客さんを入れませんでした。1テーブル扱いかなと思ったのですが、1人が端に座ってもまだ通れるようで後客が入りました。
小上がりのお客さんへは出し終わっているようで、注文するとすぐに作り始めました。和食っぽい動きで作っています。結構早く出来上がってきました。
春紀は席に着くまでは時間がかかりますが、その後は早い動きになります。
淡い緑の器に麺、すり鉢風の器につけ汁、割りスープも運ばれてきました。
麺は、やや太の強い縮れ、角のしっかりした平打ち風のものです。やや硬めですが、つけめんにありがちな硬過ぎることのない、食べ易いゆで加減です。
つけ汁は、塩のまろやかで少しトロミのあるものです。塩らーめんよりも塩のしょっぱさと油からくるのでしょう?動物系の旨みが強めです。揚げた桜海老がのっていて豊かな香があります。塩のえぐい感じもなく自然な味付けになってます。なにかもうひとつバランスが取れていればと感じてしまいます。
トッピングは、麺にチャーシュー、水菜、刻み海苔などとてもシンプルです。チャーシューは、厚く脂身も多くかなりこってり感の強いものになります。
麺の力強さ、ボリューム、食べ応えのあるものでした。つけ汁は、ちょっと好みと違いました。品良く食べれましたが800円は少しお高い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.12

白山公園

県民会館

夕方早めから白山公園エリアのお花見です。市役所の駐車場に車を停めたのは良いのですが、近くにお弁当などを売っているお店が思い浮かびません。市役所本館売店もやってません。念のためにと市役所分館の売店へ。分館の売店はやっていました。まあまあ種類がありました。お弁当を購入し、電子レンジでセルフの温め、お弁当を食べながらのお花見を楽しみました。もう少し食べられるかなってことで、白山神社境内でポッポ焼きを購入しました。
その後は、県民会館の公演。期待し過ぎのため残念な思いで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釜飯・魚料理 ととや

ととや 釜飯とうどん

新潟市の「釜飯・魚料理 ととや」の本店です。
千歳線沿いにあります。県庁近く、千歳大橋手前2つめの交差点の角です。
ラーメンをお休みしまして、ずっとお邪魔したいと思っていたととやです。
お店の回りにかなり広めの駐車場があります。午後12時50分過ぎに着きました。ほぼ満車に近い混み具合です。お店の混み具合が気になってきます。
お店は、入って少し先の左側に厨房があり、手前にテーブル席、奥に小上がりもあります。宴会なんかも本格的にできるお店、個室や広間もあるようです。和食屋さんという言葉が良く似合う、なんとなく落ち着く雰囲気のお店です。ほぼ満席に近い混み具合で、帰ったテーブルを片付けてもらい座れました。
メニューは、とにかく豊富です。釜飯とそのセットになりますが、ランチタイムサービスで五目釜飯のランチ釜飯、釜飯とうどん(そば)、釜飯サラダ、釜飯刺身、釜飯天ぷらがあり、ハーフのミニ釜飯セットもあります。単体の釜飯は、深川風あさり釜飯、越の黄金豚あぶり釜飯、鮭親子釜飯、鶏釜飯、豚キムチ釜飯、海の幸釜飯、かに釜飯があり、それらをセットすることもできます。追加のトッピングもいろいろあります。魚を中心とする定食類、カレーライス類、うどん・そば類、バラちらし寿司類、お子様メニュー、デザートまで、とにかく豊富です。釜飯は25分ほどかかるとのことですが、時間はあります。ランチタイムサービスの五目釜飯から釜飯とうどんにしました。JAF会員向けにソフトドリンクのサービスがあり、マンゴージュースにしました。
メニューに書いてあった通り、注文の25分分後に出来上がってきました。
釜飯、茶碗、うどん、小鉢、お新香、飲物までがお盆に盛られてきました。
釜飯は、本当に熱々、五目の言葉を裏切らないたくさんの具が入っています。お焦げもいい感じに出来ています。この980円はかなりお手頃でしょう。
今回は、相方も同じ釜飯とうどんを楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.11

東横 駅南店

東横駅南店 野菜みそラーメン

新潟市の「東横 駅南店」です。
新潟駅の南口からドンキホーテを過ぎた交差点を左に曲がった先にあります。新潟駅周辺になりますが、ある程度の台数分確保された駐車場があります。
出張者との昼食。新潟味噌ラーメンを楽しんでもらおうとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、厨房に向かって中央寄りカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。そこそこ歴史のありそうな庶民的で大きめのラーメン屋さんです。午後12時40分頃に着きました。ほぼ満席で、小上がりに空きがあります。帰ったお客さんの器を片付けてもらって座れました。
メニューは、みそ・醤油・塩の各ラーメンとそれらに野菜やチャーシューを加えたもの、つけめんやみそつけめん、その他に定食まで幅広く揃っています。野菜みそラーメンは、麺の量を×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と選べます。野菜みそラーメンを楽しみたい少食な人から大喰らいの人まで対応できるようになっています。サービス券があり、麺の大盛り、半ライス、煮玉子のいずれかのサービスを受けることが出来ます。ラーメンを食べるともらえて、以後見せるだけでサービスを受けられます。出張者の分あります。いつも通り一番人気だろう野菜みそラーメン+煮玉子にしました。
混んでいて待ちのお客さんも多め、時間がかかって出来上がってきました。
すり鉢の器に濃厚そうな味噌スープ、キャベツの白と緑がとても綺麗です。
麺は、太い縮れでモチモチしています。東横の濃い目のスープに合う麺です。好きなタイプの麺ではありませんが、噛み切るときに無理に頑張り過ぎない、参りましたって感じで噛み切れるところが可愛く思えてくる好きな麺です。
スープは、割りスープが付くぐらい味噌の味としょっぱさが濃厚なものです。しょっぱくても食べたくなる、味噌の旨みがギュッと活きているスープです。味噌の旨味としょっぱさのバランスが良いのでしょう。違和感がありません。ちょっと田舎味噌のような感じの味噌で、それに合う自然な甘みが好きです。麺や野菜炒めを食べ終わったら、濃いめのスープを直接飲んで楽しんみます。次に薄め用のスープを入れて、少し薄味になるくらいに薄めて楽しみます。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物です。火は程好く通っていますが、野菜の新鮮さを感じます。濃い目のスープと絡んでいい味わいになります。
東横の味噌は、好きというよりも癖になっているような状態なんでしょうか。
割りスープで遊べるのが楽しいです。780円になりましたが、サービス券で
大盛りや煮玉子が楽しめるのなら、今ならまだまだお手頃な一杯でしょう。
って煮玉子入っていないじゃん。面倒くさいからまあいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.10

新発田市城址公園

新発田城址公園

新発田市の「新発田市城址公園」の桜です。
満開ですが、散り始めに近いでしょうか?お堀の水面にたくさんの花びらが浮いています。櫓内部や門建屋内部も公開されていました。公園内にはたくさんの露店も出店され、ステージイベントも開催されています。本場のポッポ焼きを食べてみようと思いましたが、長蛇の列で断念しました。
城址公園に隣接し陸上自衛隊新発田駐屯地の白壁兵舎広報史料館があります。新発田の歴史、自衛隊の歴史、資料が多く時間がかかりました。
その後、そのまま帰るのももったいなく、阿賀野市(旧笹神村)の自衛隊大日原演習場とその周辺の桜を楽しみながら帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール食堂

シンガポール食堂 皿オッチャホイ

新発田市の「シンガポール食堂」です。
新発田市中心部、中央町の交差点から阿賀野市方面すぐ近くにあります。
新発田の桜を観ようと出掛けました。久々、2回目のシンガポール食堂です。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席だけのシンプルなお店です。結構古く、町並みに溶け込んだ雰囲気のあるお店です。午後1時過ぎに着きました。こんな時間なんですが、ちょうどの満席状態です。相席させてもらいました。
メニューは、オッチャホイ、ラーメン、中華飯、やきそば、どんぶりがあります。オッチャホイは、皿オッチャホイと汁オッチャホイがあります。皿オッチャホイは、さらに具材(えび、しいたけ、にく)を加えたものがあります。前回も食べましたが、スタンダード的な普通の皿オッチャホイにしました。
下拵えに時間がかかる食べ物のようで、その分注文してからは早い出来です。
麺は、きしめんよりも太い麺で、水分を飛ばして乾いた感じに仕上げている。
もやし、ニラ、キャベツ、卵が油で炒められ無造作に盛りつけたものです。
焼きうどんのようで、卵の絡まりがチャーハンのようでもあり、美味しい。
醤油のしっかりしたスープが付きます。ラーメンも食べてみたくなります。
皿オッチャホイ、汁オッチャホイとも650円です。いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.09

新潟県スポーツ公園&鳥屋野潟女池地区

新潟県スポーツ公園

新潟県スポーツ公園

新潟市内の桜もお花見にちょうどの状態です。お弁当を持って出掛けました。車が停め易く桜が綺麗に見えて好きな場所は鳥屋野潟です。今年は、新潟県スポーツ公園側で見たいと思います。午後1時前の到着でしたが、駐車場も賑わってはいたもののすんなり停められました。桜の木の下もそれぞれ好きなように花を楽しむ人で賑わっています。綺麗に整備された公園です。

花九重弁当 パッケージ

花九重弁当

今回はちょっと奮発してホテルのお花見弁当にしました。新潟市内でお花見弁当を提供しているホテルは以外と少なく、さらに数量の限定、2日前までの予約などが多く、結構面倒なんですが、その難関を突破して入手できたのが万代シルバーホテル「新潟の旬菜と地酒の店 銀鈴」の花九重弁当です。
お品書きは、
①鱒巻繊焼、玉子焼、山桃
②信田巻、筍土佐煮、どんこ、菜花、桜麩
③紅白真丈、蕗の塔
④桜胡麻豆腐、花びら百合根、白魚艶煮
⑤烏賊黄金焼、海老雲丹焼、牛肉八幡巻
⑥鯛葉桜蒸、蛸柔らか煮、桜人参、蚕豆蜜煮
⑦花吹雪寿司
⑧菜飯
⑨鶏そぼろ飯
ちょっと奮発の2,000円(税込)でした。

鳥屋野潟女池地区

鳥屋野潟の古木の桜を見ながら半周、県立図書館の裏って言えば良いでしょうか?ビッグスワン、さらに雪の残る山を背景のお花見も楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.08

中華 麺食堂 近江

麺食堂

新潟市の「中華 麺食堂 近江」です。一般的には「麺食堂」で良いかと思います。看板などは「麺食堂」が大きめの文字で書かれています。
笹出線沿いにあります。上近江交差点のデッキー401寄り左側になります。以前の「ラーメン うんと」と「イタリア料理&バール たんと」跡です。
「うんと&たんと」ということでオープン、お互いに出前っぽくひとつのテーブルでイタリアンと中華が食べられ面白いと思っていたのですが残念です。
「イタリア料理&バール たんと」が亀田店や小新南店など展開しておりましたが、この場所から撤退し、「ラーメン うんと」が「中華 麺食堂 近江」としてリニューアルオープンになりました。中華で30人までのパーティができるようで「たんと」だった建物がパーティルームに使われるようです。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席が配された新しい中華料理屋さんのような、広く席数も多く、おしゃれな雰囲気です。「うんと」オープン当時、中央にあった向い合わせのカウンター席や左側の小上がりもテーブル席になっています。正午前に着きました。早いようで半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、麺、炒麺、飯、おすすめセット、点心、サラダ、夜の中華単品メニューに大別されています。麺は、醤油ラーメン、海老塩ラーメン、背油醤油ラーメン、野菜タンメン、赤タンメン、五目うま煮麺、海老あんかけ麺、こってり麻婆麺、野菜味噌ラーメン(太麺)があります。炒麺は、五目あんかけ焼きそば、海老あんかけ焼きそば、炒め焼きそば、ピリ辛肉焼きそば、麻婆焼きそばがあります。おすすめセットは、五目うま煮麺半炒飯セット、五目あんかけ焼きそば、鉄鍋麻婆豆腐定食があります。その他に今月のおすすめ麺!があります。今月は、濃厚海老あんかけ麺、つけ麺、ネギ鶏ラーメンがあります。さらに、チンジャオルース、白身魚の甘酢あん、1日10食の煮込みハンバーグ定食があります。ライス・スープ・サラダ付きか半ラーメン、ライス、サラダ付きから選択できます。もうひとつ、麺’sランチがあります。煮干し醤油ラーメン、味噌ラーメンのいずれかと半炒飯・唐揚げ付きです。ランチはソフトドリンクも付きます。麺’sランチ(煮干し醤油ラーメン)にしました。
その後、お客さんも徐々に増えてきましたが、早めに出来上がってきました。

麺食堂 麺’sランチ(煮干し醤油ラーメン)

お盆で登場。赤いラインの器に煮干し味がしっかりしてそうなスープです。

麺食堂 煮干し醤油ラーメン

麺は、やや細の弱い縮れ。面白味のない麺ですが、安心感はあります。
スープは、醤油味で煮干しだしのしっかり効いたもの、いい香りです。
トッピングは、炙りチャーシュー、太メンマ、ネギとシンプルです。
魚粉のようなきつさのない、昔ながらの煮干しを楽しめるものでした。

麺食堂 麺’sランチ(半炒飯)

半炒飯はやや薄味でしょうか。

麺食堂 麺’sランチ(唐揚げ)

唐揚げもしっかりしたボリュームのものとやや小振りの2個です。
この組み合わせで800円は断然お得です。麺がちょっと好みと違いましたが、そんな些細なことなどどっかに吹っ飛んじゃうお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.07

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。他にお客さんが3人と空いています。天気が良くないっていうこともありのでしょう。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通り親父さんとおばさんの2人、いつものようにおばさんが作ってくれるかと思ったら、一番忙しい筈の時間なのですが出掛けちゃいました。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違います。今日はどうでしょう。中華鍋にたっぷりの旨煮があります。
すぐに作ってくれるだろうと思ったら、適度な間隔で次々とお客さんがやってきます。前に1人、後ろに4人、合計6杯の旨煮そばを作るようです。白寿にしては珍しく多い数でしょう。その後もお客さんがやってきます。ウォーキングの途中でしょうか?レインウェアにリュックを背負った年輩男性が来店、メニューを見る様子もなくラーメンを注文しました。常連か?知らないのか?
いつもは早めに出来るのですが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
食べている間にもお客さんがやって来て、ほぼ満席の賑わいになりました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も是非見習って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.06

ホテルランチ

ホテルランチ

今日は新潟市内での会議、会場ホテルでのランチです。和食のお弁当にサラダバー、桜餅・コーヒーも付きました。セットが逆のような気もしますが…。
ご飯の上にお新香がのっていましたが、そのまま写真を撮ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.05

ラーメン・餃子 三陽

三陽 ワンタンメン

東京都港区の「ラーメン・餃子 三陽」です。
新橋2丁目です。オフィスビルが建ち並ぶ路地にひっそりと佇んでいます。
時間があり、新橋駅近くでコーヒーでもと思って入ったお店でビックリ!一番安いコーヒーが税込み770円近いものだけ。お高いひと休みになりました。で、お手頃に昔ながらのラーメンが食べられるお店と思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に2人掛けのテーブル席、奥に大きなテーブルの席があります。お店の外観に似合うレトロな店内です。午前11時50分頃に着きました。半分程のお客さんの入りです。
メニューは、麺類だけで33品、ラーメン店のものから中華系まで、適当に注文したらほとんどありそうなほど豊富です。セットもあります。前回お邪魔した時にはタンメンを注文している人が多く、次回はタンメンを食べようと思っていました。日替りでしょうか?ちょうどタンメンと半チャーハンのセットがあります。食べたい気持ちは満々ですが、朝食をガッツリ食べたこともあり、お腹があまり空いてません。タンメンだけでもきつそうです。昨日も食べ過ぎ気味ですし、今日は控えた方が良いでしょう。ワンタンメンにしました。
まだオフィス街のお昼前、タイミングも良く、早く出来上がってきました。
淡く薄い青の器、お店の雰囲気にピッタリの昔ながらのワンタンメンです。
麺は、普通太の弱いウェーブ、ちょっとモチッとする噛み応えがあります。
スープは、醤油の透き通った見た目通りのあっさりした癖のないものです。
トッピングは、ワンタン、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。ワンタンは小振りで歯応えが…、好みのトローッではありません。
昔ながらのあっさり癖のないラーメンのワンタン入り。まだ、こういう味を楽しめる東京は頼もしいです。場所も場所だけに780円ぐらいしても不思議ではありませんが、560円と粋を感じる一杯でした。次こそタンメンを…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.04

冬の美味づくし弁当

冬の美味づくし弁当 パッケージ

冬の美味づくし弁当

今日は、お昼からの新幹線移動。少し早めに動き駅南での中華そばを予定していましたが、ツインクル快速運転のため時間がなくなり断念。しゃがらでのつけめん(特盛)をいただきました。駅弁の新たなものはない予定ですが…。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段から種類の多い改札を入る手前の駅弁屋から覗いていこうと思います。
大きな写真付カードで、販売している駅弁の内容や価格など紹介しています。お昼だからでしょうか?種類も多く、食べたことのない駅弁がありました。
しゃがらのつけめん(特盛)に加えて駅弁は入るのでしょうか?買います。
日本レストランエンタプライズの冬の美味づくし弁当というお花見も始まってちょっと時期遅れ感のタイトルですが、NREなら間違いないでしょう。
新幹線に乗っていただきます。まだ子供連れが多いのですが空いています。
良く見ると販売者は日本レストランエンタプライズですが、製造場所は新潟空港ターミナルビルにあるシルバースカイです。割り箸の包み紙もシルバースカイです。空弁製造者の駅弁なんでしょう。楽しみにいただくことにします。
包み紙に“にいがた冬 食の陣”と書かれています。協賛の駅弁でしょうか。包み紙に普通に原材料も書かれていますが、お品書きっぽいものもあります。甘海老のかき揚げ、海老真丈、新潟県産鶏の味噌漬け、鮭の焼漬け、谷中生姜、玉子焼き、里芋白煮、舞茸旨煮、人参甘煮、絹サヤ、赤蕪漬け、胡瓜マスタード漬け、いくら醤油漬け、三つ葉、茶飯と書かれています。
駅弁は、食べてみるとひとつひとつは少量ですが、おかずの種類が多いため楽しみですが、お品書きにするとかなりの豪華さになります。1100円です。いい線かな?とも思いますがやっぱり少しお高いかなって印象でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 しゃがら 新潟駅店

しゃがら新潟駅店 つけめん(特盛)

新潟市の「麺屋 しゃがら 新潟駅店」です。
新潟駅構内、在来線東口改札の前にあります。マツキヨの斜め向かいです。
三吉屋駅南けやき通店での昼食をを考えていましたが、BRTがツインクル快速運転で停車しないためバスがなかなか来なくて断念となってしまいました。
以前にお昼を回った時間にお邪魔しましたが、30人程の列びで諦めました。今回は午前11時50分頃と混む前、お店入口脇に食券販売機があります。
メニューは、醤油らーめんとにぼしらーめん、味噌らーめんとそれらのちゃーしゅーめん、つけ麺があります。他の系列店でまだ見たことのないにぼしらーめんがあります。麺量の提示はありませんが、他店と同じならば、らーめん類は並盛(180g)・大盛(270g)、特盛(360g)、つけ麺は並盛(270g)、大盛(360g)、特盛(450g)です。大盛10円増し、特盛20円増しと他店同様にかなりお手頃です。しゃがらの麺はつけめん向きです。つけめん(特盛)にしました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。黒い木質感とスポット照明で暗く感じますが、シート皮の赤が目立ちます。6~7割のお客さんの入り、カウンター席奥寄りに案内されました。
一度にたくさん作ります。2回り目、普通の待ちで出来上がってきました。
大きい黒い器に太麺、迫力を感じます。つけ汁もなかなか美味しそうです。
麺は、太く弱い縮れで、少し硬めにゆでています。つけめんらしい麺です。
つけ汁は、醤油味が濃いめのあっさりです。動物と魚介の旨みがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、海苔、魚粉などです。しっかり魚介でダシをとって欲しいのですが、魚粉も慣れてきました。
ラーメンでは好みの麺ではありませんが、つけめんだと普通に食べられます。つけめんの450gはお腹もかなり膨らみました。最後にきゅうす入りの割りスープをいただき、スープ割りを飲みました。さらにお腹が膨らみました。
つけめん750円+特盛20円=770円、お腹がいっぱいになる量でした。他がなかりお高くなったので、満腹感を味わうにはまあまあかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.03

高田城百万人観桜会

今年も上越市で開催されている「高田城百万人観桜会」に行ってきました。

春日山

っとその前に行こうと思ってなかなか行けなかった春日山城跡へ行きました。上杉謙信公が居城を構えた春日山は結構普通の山で、山城巡りになりました。空堀りもあり息切れをしながら巡りましたが、その分、景色も良好でした。
3部咲きぐらいでしょうが、気温も夏日ぐらいでさらに咲くでしょう。雨も降りそうですが、本降りはなさそうです。いつも車を停めている中央河川敷駐車場に停めます。午後5時過ぎに着いたので帰った人との入れ替わりでしょうがすんなり停められました。中央橋を渡るとすぐに高田公園です。歩いても10分程度なのでシャトルバスも使わなくてもいい楽々歩ける近さです。
公園が近くなると雨がポツリポツリときています。極楽橋を渡り櫓近くからお堀の脇を通ってさくらロードへと…。その前に腹ごしらえをします。牛すじ煮込み1000円、おでん1000円、唐揚げ500円、ボリュームはありますが物価150%といった感じでしょうか。
さくらロードを観ます。変わらず人気の小道。先のシダレ桜も咲いています。高田城百万人観桜会で、お城と並んで人気の観桜場所になっています。
さくらロードの西側を通り公園中央に向かいます。さくらロード出口にポッポ焼きの露店があります。相方の大好物です。二人でポッポ焼きをほうばりながら歩いていると、見えはしませんが、消防車2台のサイレンが近づいて止まりました。気にせず歩いていると写真を撮ろうと思っていた櫓前の噴水のあるお堀の隣の堀に消防隊員がボートを出しているところでした。その後、ダイバーが2人加わっての捜索です。誰かが堀に落ちたようです。帰ってからのニュースでボートが転覆して10代の男子が亡くなったことを知りました。

高田城百万人観桜会①

すっかり暗くなりお決まりの撮影ポイントで写真を撮りました。

高田城百万人観桜会②

再びさくらロードと垂れ桜も写真に納めました。
雨も傘も要らない程度に、駐車場まで歩いて戻り、渋滞もなく帰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.02

旬香旬菜 和花

新潟市(旧亀田町)の「旬香旬菜 和花」です。“わばな”と読みます。
国道49号線鵜ノ子ICから亀田駅方向へ、亀田駅との少し先の左側です。
今週も週末のランチは和食を、美味しそうなお店の和花にお邪魔しました。
お店は、入ったすぐの左側にカウンター席があり、その先には、大きな鉄板があります。お高いステーキ屋さんのようです。右側にテーブル席とスイーツの配膳用スペース義あります。奥に個室なんかもありそうです。午後12時40分過ぎに着きました。個室に数組のお客さんが入っていそうな感じです。
メニューは、重箱ランチ、寿司膳、ちらし寿司、ステーキ膳、ステーキ丼ランチ、要予約の懐石重箱ランチがあり、重箱ランチは、和、花、肉、魚、にぎりがあります。スイーツも充実しています。豪華に飲物とスイーツを選べるセットも用意されています。標準的なランチの重箱ランチ(花)にしました。
仕込みがあっても手間が…、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。

和花 重箱ランチ(花)

ネットの写真で見ていましたが、本当に重箱に入ってきました。上段の蓋を取り、下段を手前に引きだすと料理全体が見えます。八寸など海の物・山の物が含まれ、季節の物が含まれ、いろんな料理を楽しめるのが嬉しくなります。

和花 重箱ランチ(花) デザート

珈琲とデザートが付きます。和のスイーツが充実していてホッとします。
これで1800円と安くはありませんが、それ以上に楽しめました。
今回は、相方も同じものを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.01

ラーチャン家

ラーチャン家

新潟市の「ラーチャン家」です。
県立科学博物館、鳥屋野球場などの近く、江南高校の向かい側にあります。
何度か前を通って新しい店がオープンしたことは知っていましたが、“家”の文字がどうも気になっていました。まあ、どんなものかとお邪魔しました。
お店は、中央に広めの厨房があり、手前~右側~奥にかけて厨房を囲うようなカウンター席だけになっています。新しいお店ですが、ちょっとレトロです。午後1時10分過ぎに着きましたが、他にお客さんが2人と大丈夫か心配になるほど空いています。お店に入って左側の少し先に食券販売機があります。

ラーチャン家 メニュー

メニューは、ラーメンとラーチャンのみで、肉増しと麺大盛のアレンジができるだけです。ここまで少ないと気持ちいいです。ラーチャンにしました。
限定30食、平打ち麺に変更が可能との貼紙が食券販売機に貼られています。好きな席に座り、スタッフに平打ち麺をお願いしました。大丈夫でした。
その後、お客さんが次々とやってきます。6組11人も。正午過ぎかのような光景です。いいタイミングで注文できたので早めに出来上がってきました。

ラーチャン家 ラーチャン(ラーメン)

白い器に淡い醤油色のスープで安心しました。家系でなくて良かったです。
麺は、普通の太さの緩い縮れです。平打ちはそれほど極端ではなく、角のしっかりした麺といった印象です。コシが快く強く、歯応えを楽しめる麺です。
スープは、煮干し味の中華そば風、醤油味が控え目なあっさりタイプです。
トッピングは、醤油風味の良いチャーシュー2枚、メンマ、ねぎなどです。
あっさりしたおとなしめのラーメンでした。ラーチャン用のラーメンのような気もします。単品で600円ですから、今ではお手頃になるのでしょうか。
ラーチャンを注文して、ラーメンは作り始めても、チャーハンを作り始める様子がありません。作り置きしたものか?などと考えていると、おもむろに動き出します。タイミングを覚えていませんが、ラーメンが出来上がった頃の作り始めでしょうか。半分ぐらいラーメンを食べた頃に出来上がってきました。

ラーチャン家 ラーチャン(チャーハン)

ラーメンを食べ終わってからチャーハンを食べますが、まだ熱々のままです。しっかりした味付けで、ラーメンとの相性もぴったりです。ラーチャンで人気のお店のバランスの基本みたいなものがあるかのように似ている気がします。この組み合わせで850円は、ラーチャンが売りのお店としては標準的な線でしょうか。ラーメンのお店で半チャーハンを追加したらこんなもんじゃ…。
後からも来たお客さんもラーチャンが多いのですが、纏めて作るためタイミングがラーメンを半分ぐらい食べた頃に必ずしも提供できていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »