« えび千両ちらし | トップページ | こまち物語(鶏めし・小町) »

2016.06.16

中華そば 多賀野

多賀野 豚鴨つけそば

東京都品川区の「中華そば 多賀野」です。
東急池上線荏原中延駅の駅前にあります。駅を出て真正面の路地沿いです。
東京都内移動中の昼食になりました。過去にも食べていますが、ミシュランガイドに載っているということで、また食べてみようと思いお邪魔しました。
ある程度の待ちを覚悟して荏原中延駅の改札を出ました。結構列んでいます。人数を数えながら最後尾へ。お店の中の待ちを含めて20人ほどの列びです。ゆっくり進み、途中でお店の入口近くにある食券販売機で食券を買います。
メニューは、中華そば、粟国の塩そば、酸辛担麺、ごまの辛いそば、和風坦々麺、豚鴨つけそば、粟国の塩つけそば、からいつけそばとそれらのトッピングを充実させた特製があり、サイドメニューもいろいろと揃っています。夏のメニューって感じのものは用意されていません。豚鴨つけそばにしました。
時々スタッフが来て食券を回収します。やがてお店の中の列びになります。
お店は、中央左側寄りに厨房があり、厨房を向くように右側と回り込んだ奥にカウンター席があります。スタッフ・お店とも家族的な雰囲気のお店です。
前は、奥にテーブル席がありましたが、今は大きな冷蔵庫が鎮座してます。
少し待つと右側カウンター席の奥に案内されました。セルフサービスのおしぼりと水を用意して席に着きます。またまた少し待って出来上がってきました。列び始めてから出来上がってくるまで47分でした。それほどでもないか。
麺・つけ汁、さらにトッピングまでも白い品の良い器に盛られてきました。
麺は、やや太のストレート、硬めで歯応えがある、つけめんらしい麺です。
つけ汁は、豚と鴨の動物系に鰹節・煮干しの魚介系が加わったWスープです。鴨の間違いない旨味に豚の旨味が癖なく絡み、魚介の風味があっさりです。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、鳴門、唐辛子、海苔などです。
最後にスープ割りで楽しみます。カウンターに割りスープがポット入りで置かれています。好きな味の濃さを自分で調整しながら楽しむことができます。
麺は普通のつけめんらしいものですが、なんといってもつけ汁のあっさりしながらしっかりした旨さに驚きです。これで750円はいい線だと思います。

|

« えび千両ちらし | トップページ | こまち物語(鶏めし・小町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/63802550

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば 多賀野:

« えび千両ちらし | トップページ | こまち物語(鶏めし・小町) »