« 蒙古タンメン中本 品川 | トップページ | 海鮮鮨市場 魚がし »

2016.07.01

六種のうまいもの弁当

六種のうまいもの弁当 パッケージ

六種のうまいもの弁当

今日は金曜日です。月曜日と金曜日の新幹線移動は混み合うので避けていましたが、仕事の関係じゃ仕方ないです。夕方のさらに混み合う前に移動します。
東京駅で全国の駅弁が揃うお店へ、ほとんどの駅弁がまだ揃ってるようです。さて、駅弁屋の中をひと回り、なかなか良さそうで食べていない駅弁がありました。ほとんど見たことがありません。後にネットで確認したら以前から販売しているようです。入荷の曜日や時間などで見かけていなかったのでしょう。福井県福井市に移転中の「日本料理 一乃松」という割烹作の駅弁ようです。焼き鯖寿司が人気のお店ですが、今回は六種のうまいもの弁当にしました。
早速、新幹線に乗りいただきます。やはり混んでますが、無事座れました。
パッケージには、説明と言うか思いのようなものが書いてあります。
越前若狭――――
古来から客人(まろうど)達はこの地の食べ物の豊富さ美味しさを深く胸に刻み込んだものです。日本料理一乃松では新鮮な海や山の幸を熟練の職人が腕をふるい、心をこめたおもてなしでみなさまの前へ―。四季それぞれに、至高のひとときを演出します。
サーモン燻製、赤貝旨煮、ずわいがに、煮穴子、松茸と栗の甘露煮、いくらのひとつでも駅弁になれそうな主役級のおかずが六種、仕切られ盛られてます。豪華に食べさせてもらいましたが、1250円と値段もちょっと豪華です。

|

« 蒙古タンメン中本 品川 | トップページ | 海鮮鮨市場 魚がし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/63865564

この記事へのトラックバック一覧です: 六種のうまいもの弁当:

« 蒙古タンメン中本 品川 | トップページ | 海鮮鮨市場 魚がし »