« 中華そば 萌 | トップページ | 横濱 くじら軒 八重洲地下街店 »

2016.08.22

小鯛寿司

小鯛寿司 パッケージ

小鯛寿司

さて、台風9号に向かって行きます。今日も…、午前中の新幹線移動です。
新幹線での移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところになります。今回もいつも通りに改札を入らない駅弁屋から順番に見させてもらいます。
写真の大きなカードで販売している駅弁の内容を紹介しています。夏休みだからでしょう。お盆ほどではないにしても、いつもより多めの駅弁があります。食べたことのない駅弁は、残念ながらありません。ただ、かなり前に一度しか食べたことのない新潟三新軒の小鯛寿司という名前の駅弁を食べてみます。
夏休み、月曜日ですが、それほど大きな混雑もなく、いつもより少し人が多いかなってぐらいです。早めなので席に余裕があります。早速いただきます。
包装箱に説明があります。小鯛寿司の由来。新潟駅で、昭和廿六年から郷土色を盛り込んだ、ウロコの色ツヤが紅玉の様に美しい「小鯛寿司」を発売して参りました。原料は新潟市から東北にのぼった水清き日本海の近海でとれた新鮮な小鯛で、これを三枚におろして独特の味付をいたします。定評のある新潟産コシヒカリ米を入念に炊き上げ甘酢その他の調味料で加工してにぎった上へ前記の切身をのせたのが此の「小鯛寿司」であります。優雅な味・原料の精選には格別努力して居りますので、此の「小鯛寿司」を通じて新潟の印象を深め、お食事に、お土産品に広く推奨されて居ります。との結構長々な説明です。
原材料は、米(新潟県産)、小鯛、奈良漬、付合せととてもシンプルです。
小鯛を〆ているお酢がかなり強めです。ちょっと苦手な域の酸っぱさです。
1050円と鯛のお寿司ならお手頃かも知れませんが、後は味の好みかな?

|

« 中華そば 萌 | トップページ | 横濱 くじら軒 八重洲地下街店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/64124162

この記事へのトラックバック一覧です: 小鯛寿司:

« 中華そば 萌 | トップページ | 横濱 くじら軒 八重洲地下街店 »