« イチジクソフトクリーム | トップページ | ペルセウス座流星群 »

2016.08.12

お食事処 土鍋屋

土鍋屋 半生稲庭うどん(しろだし味) 

秋田県仙北市(旧角館町)の「お食事処 土鍋屋」です。
国道46号線沿いにあります。バイパスが出来て旧道扱いになるでしょうか。安藤醸造北浦本館(味噌と醤油、漬物、関連商品販売)の大きな建物です。
角館の武家屋敷から少し離れた商人町地区に安藤醸造の古くからのお店があります。テレビの旅番組などでは、昔からの古い建物を使用したお店と調度品などが武家屋敷と共に紹介されます。こちら北浦本館は、車が入り易く、土鍋屋で食事が出来るので便利。販売している商品を使用した食事が楽しめます。
北浦本館は、工場と店舗からなり、中には「安藤極撰の味 安藤本店」、「豚まん・鶏まん・ちまき処 せいろ亭」、「お食事処 土鍋屋」があります。
土鍋亭は、左側の緩やかなスロープを登った中二階のような場所にあります。厨房の前の廊下を通るとその先に広いスペースに落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。午後12時20分頃に着きました。厨房前の廊下からスロープにかけてベンチ風の椅子で待てるようになっています。椅子での待ち、先の用紙に名前を書かなければと思っていたのですが、待ちはいません。田舎の飛石連休の平日、観光客も少なかったようです。そのまますんなり座れました。
メニューが、新しいものになっていました。というか夏メニューのようです。内容も変わっているのでしょうか。冷やし中華(ごまだれ味・しょうゆ味)、半生稲庭うどん(しろだし味・ごまだれ味)、土鍋ごはん/味噌豚、土鍋焼きそば、御狩場焼定食、土鍋ラーメン(醤油・旨辛みそ・しお)があり。麺類には、半ライス付のセットもあります。ミニラーメン、土鍋ごはん/鶏醤油、桃豚厚切ロース鉄板焼定食は、お休みのようです。食べたことない桃豚厚切ロース鉄板焼定食を食べようと思っていたのですが仕方ないです。食べたことのないものがまだあります。その半生稲庭うどん(しろだし味)にしました。
フロアの入口近くに“がっこ(漬物)バー”というものがあります。ドリンクバーやサラダバーは見ますが、がっこバーはここぐらいでしょうか。7種類の漬物があります。お店で販売している漬物試食コーナーのようなものです。
漬物を楽しんでいるためでしょう。思いのほか早めに出来上がってきます。
和っぽいなかなか個性的な皿に盛られてきました。なんかいい雰囲気です。
稲庭うどんは、ツルツルした食感とコシの強さ加減のを楽しめるものですが、半生の良さが判りません。乾麺も好きであまり違わないような気がします。
つゆは、しろだし味ということで醤油の薄味かのような色の透き通ったもの。その薄味そうな色に反してしっかりしたしょっぱさといい旨味があります。
薬味は、いかにも薬味って感じの小皿に盛られていますが、その小皿がちょっと悪戯っぽいものです。底面に醤油が入っているかのように見えます。盛られた薬味は、おろし生姜、胡麻、なめこ、青ねぎなどです。おろし生姜を入れると、今までのしろだり味のまろやかななものが、とても爽やかになります。
稲庭うどんの食感を安藤醸造のしろだしで、とても爽やかにいただけました。これで700円+税の756円、がっこバー付きなのでいい線でしょう。

がんばろう東北!

|

« イチジクソフトクリーム | トップページ | ペルセウス座流星群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/64061677

この記事へのトラックバック一覧です: お食事処 土鍋屋:

« イチジクソフトクリーム | トップページ | ペルセウス座流星群 »