« つけ麺専門店 三田製麺所 新橋店 | トップページ | 海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX »

2016.09.01

津軽海峡 にぐ・さがな弁当

津軽海峡 にぐ・さがな弁当 パッケージ

津軽海峡 にぐ・さがな弁当

午前中から夕方までの仕事も終えて帰ります。大きな混雑もなく帰るかと思いましたが、JRの電車がほとんど止まっていて動き出したところです。心配しましたが、多少の時間ロスはありましたが、東京駅まで移動できました。
東京駅でいつもの全国の駅弁を扱う「祭」を覗いてみます。普通の混みです。駅弁も売り切れたものもありますが、まだかなり多くの種類が残っています。海鮮の駅弁にしようかと思っていましたが、海鮮自体が難しく、増してやこの時期、なかなか食べたいものが見つかりません。肉に変更しようかとも思いましたが、温める容器のものが多く、駅弁といった感じがしなくて好きになれません。そんな中にこれなら食べてみようか!ってな駅弁がありました。今日はそれほど混みもなくすんなり購入、少し列んで新幹線に乗りいただきます。
青森市「幸福の寿し本舗」の津軽海峡 にぐ・さがな弁当という駅弁です。
包紙が新聞風で情報量が半端じゃないです。マグ女(津軽海峡マグロ女子会)監修の駅弁だそうです。訛りが秋田人にも判り易くて親しみが感じられます。
原材料名は、ご飯(青森県産米使用)、酢飯(青森県産米使用)、牛肉ごぼう炒め、魚介類加工品(いか、昆布、人参、しょうが)、卵焼、たら甘露煮、あんず酢漬、りんごプレザーブ、ニシン煮、魚肉おぼろ、焼さけ、キヌサヤ、数の子しょうゆ漬、味付いくらなどです。結構多種の材料が使われています。
総8ページの小冊子が入っていて、その冊子内にはおしながきもありました。写真手前はにぐ部分(青森県)青森のソウルフーズ「スタミナ源たれ」を使用した焼肉のっけごはん。青森県人に愛され続ける「源たれ」と、牛肉(青森県産)と、牛肉(青森県産)&ごぼう(青森県産)の食感がベストマッチ。奥がさがな部分(北海道道南)鰊の甘露煮、ほぐし鮭(北海道産)、玉子焼きと、道南の「ご飯のおとも」に加え、ハレの日にも欠かせない「いくら」と「数の子」の醤油漬けをアクセントに。その間が津軽海峡部分です。津軽海峡は人もモノも行き来する。「しょっぱい川」を挟んだどちらにも馴染みあるモノ、そうでないモノ。似ているようで似ていないもの。「棒鱈甘露煮(北海道産)」「酢いか(北海道産)」「杏の梅漬け」「りんごのシロップ漬け(青森県産りんご使用)」となっています。文字だととても豪華な駅弁になっています。
鰊と牛肉がとても美味しい駅弁でした。1300円とちょっとお高めです。

|

« つけ麺専門店 三田製麺所 新橋店 | トップページ | 海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/64155467

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽海峡 にぐ・さがな弁当:

« つけ麺専門店 三田製麺所 新橋店 | トップページ | 海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX »