« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016.10.31

金沢なごみ亭 北都

北都 ランチ

石川県金沢市の「金沢なごみ亭 北都」です。
石川県庁近くで北陸道や国道8号線沿いにあります。ヤマダ電機の裏です。
日テレの秘密のケンミンSHOWで金沢のハントンライスが紹介されました。どこにでもありそうな紹介で、県庁の近くでも食べられるお店がありました。ネット上検索で見つかり、すぐに判るだろうとお店の名前も覚えていません。ところが現地に行ったら見つかりませんが、美味しそうなお店がありました。まあ、いいか!って感じで、そのお店でお昼を食べてみることにしました。
お店は、奥に厨房、左側に座敷の個室がずらりとありそうな廊下があります。右側奥に小上がり、手前にテーブル席があります。白木の明るい雰囲気です。正午前に着きました。満席に近い賑わいで、テーブル席に案内されました。
メニューは、月曜日~金曜日に提供される日替わり定食(一日限定30食)、ランチ(一日限定20食)、天丼定食、カツ丼定食、牛カルビ丼定食、お昼弁当、月曜日~土曜日に提供されるお昼フィレステーキ御膳、お昼御膳、お昼プレート定食、お昼和洋など豊富にありますが、ハントンライスはありません。日替わり定食は塩ダラ焼、ランチは煮込みハンバーグと鮭のレモンマヨネーズ焼です。主菜2品が楽しめて、なのにお手軽なランチにしました。
賑わっていて心配しましたがさすがにランチ、早く出来上がって来ました。
大きな白い器に盛られてきました。和食のようで洋食のようなランチです。
ご飯に味噌汁にお新香、ドレッシングのかかった野菜サラダとポテトサラダ、煮込みハンバーグと鮭のレモンマヨネーズ焼は、完全に洋食的なおかずです。こういうのもたまにはいいでしょう。820円と良い値段のランチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.30

麺作 赤シャモジ 新潟東店

赤シャモジ新潟東店 特製濃熟味噌つけめん

新潟市の「麺作 赤シャモジ 新潟東店」です。
県道4号線(新潟横越線)沿いにあります。中野山交差点の角になります。
まったり…。遅い時間になり、やってそうな赤シャモジにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側奥に小上がりがあります。その手前にガラスで見易い製麺室があります。入口を入ったところに待ちスペースがあり、待つときの記名用紙もあります。木の質感を感じられる内装で、小さい建物のように見えて中は広々してます。窓が広く明るいお店です。午後2時前に着きました。駐車場がいっぱいです。少しの待ってお店へ、15人程度の列び、記名用紙に名前を書いて待ちます。順調に進んだようでも20分ほどの待ち、カウンター席に案内されました。
メニューは、濃熟ふわとろスープのあわシャモジ、キレが自慢淡麗スープのうまシャモジ、麺に絡みまくるつけシャモジ、和風カルボナーラ!?のまぜシャモジに大別されます。いずれも天然素材、無化調、大盛無料になっています。あわシャモジは、濃熟醤油らーめん、濃熟味噌らーめん、濃熟辛味噌らーめんが…、うまシャモジは、淡麗醤油ラーメン、淡麗塩らーめんが…、つけシャモジは、濃熟醤油つけめん、濃熟味噌つけめん、濃熟辛味噌つけめんがあり、いずれも2種の味玉、特製、チャーシュー麺のバリエーションがあります。まぜシャモジは、赤シャモジ新潟東店の限定で、まぜシャモジだけになります。ブレンダーで泡立てたとろーりクリーミーな特製塩ダレを使用した赤シャモジオリジナル具沢山まぜそば!追い飯サービス(残った具材と混ぜてリゾット風にお楽しみください)お腹いっぱい食べて頂きたくもちろん麺大盛り無料!との説明があります。2種の味玉は、塩麹たまごと味付煮玉子です。豊富なトッピングやセットもあります。麺は、あわシャモジ用に全粒枌入り褐色太麺、うまシャモジ用に喉ごし極上麺、つけめん用にダブル全粒枌の大様麺が使用されています。各メニューや麺について説明もあります。お腹は空いていてそこそこ食べたいのですが夕食も近いし…、特製濃熟辛味噌つけめんにしました。
混みか?太麺のゆで時間か?そこそこの時間待って出来上がってきました。
麺は雫形の器に、つけ汁は縁の高さが部分で異なる器に盛られてきました。
麺は、やや太め平打ちで軽くウェーブがかっています。ツルツル感とモチモチ感の良い、少し硬めのゆで加減です。つけめんでも好きなタイプの麺です。
つけ汁は、適度な辛さで味噌味が控えめ、トロミが強く絡み易いものです。
トッピングは、炙りチャーシュー、たっぷりのレアチャーシュー、メンマ、味玉、かいわれ、白髪ねぎ、つけ汁に万能ねぎ、特製でかなりの充実感です。
つけめんも麺が好みのものだと結構良い食べ物だと思います。つけ汁の味噌って難しいです。新潟には味噌を存分に楽しめる味噌ラーメンがあるので、なんか物足りなく感じます。レアチャーシューやメンマ、味玉など大盛りじゃなくても良いボリュームでした。1020円。豪華なランチをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.29

村さ来 新潟本店

村さ来新潟本店 刺身定食

新潟市の「村さ来 新潟本店」です。
駅南エリア、弁天橋通沿いにあります。ドン・キホーテのちょっと先です。
和食が食べたくなり、駅南を散策中にランチの幟を見つけお邪魔しました。
お店は、古民家風の建物で、靴を下駄箱に入れ、小上がりの並ぶスペースで好きな席でご自由にと…、いった感じです。午後1時過ぎに着きました。そのエリアは、他にお客さんが2組3人と空いています。後客も2組3人でした。
メニューは、ランチ用が用意されています。日替定食、刺身定食、豚ロースの生姜焼き定食、ハンバーグ定食、アジフライ定食、鶏の唐揚げ定食、豚ヒレかつ定食、カキフライ定食、タレかつ丼、うな丼、牛丼、お子様ランチ、そば、天ぷらそば、そば小丼セット、ハンバーグカレーライスなどの他、サラダやアイスクリームなどのサイドメニューまで豊富に揃っています。日替定食は、コロッケと蓮根料理とのこと、好きな物でもないので刺身定食にしました。
混んでいないこともあるのでしょう、わりと早めに出来上がって来ました。
おしなは、お刺身、金平の小鉢、茶碗蒸し、ご飯、味噌汁、お新香です。ご飯は、大盛りやおかわりができますが、普通盛りです。お刺身は、4種盛りとありましたが、マグロ・ブリ・鮭・タコで切り身が大きくボリューミーです。
しっかりお刺身を楽しめる定食でした。全国チェーンの居酒屋のランチ、それでも?それだから?思った以上にしっかりした和食ランチを提供してくれています。食後のコーヒーが付いて1000円。夜のお刺身4種盛りの値段です。お手頃に和食ランチを楽しむことができました。多くのものが880円です。新潟にしては安くもありませんが、他のランチメニューも気になります。

村さ来新潟本店 タレかつ丼

相方の食べたタレかつ丼です。880円(コーヒー付き)。
実は、ボリュームがかなりあって食べ切れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。正午過ぎに着きました。まだ早かったのでしょう?今日は空いています。他にお客さんが3人と空いています。ちょっと少な過ぎです。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
席はご自由にといった状態です。手前のカウンター席に陣取って待ちます。
いつも通り親父さんとおばさんの2人です。おばさんが作ってくれるかと思ったら、洗い物していてなかなか作ってくれません。次のお客さんと一緒に作るつもりで待っているんだろう。と思ったら、おばさん出掛けちゃいました。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違ってきます。今日は、半分以上入った中華鍋と出来上がった満杯の中華鍋が並んでいます。次のお客さんもなかなか来ない状況、親父さんがようやく作り始めました。ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、器を用意し、タレを入れ、スープを張る頃には麺がゆで上がります。麺を器に移し、うま煮をかけます。お玉で大きく一杯、上澄みのような表面から小さく玉子の多い部分をかけ完成です。目の前に運ばれてきました。それでも早いです。普通の待ち時間で出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
食べている途中でおばさんは戻って来ましたが、他にお客さんは来ません。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他の店も是非見習って欲しいお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.27

麺や 大舎厘 女池上山店

大舎厘女池上山店 濃厚つけめん(大盛)

新潟市の「麺や大舎厘 女池上山店」です。
千歳線沿い、新幹線高架近くにあります。中央分離帯があり方向注意です。
「ラーメン亭孔明 女池上山店」だった建物が、そのまま使われています。
新潟ラーメン博の際に「ちゃーしゅうや武蔵」・「ラーメン亭一兆」・「ラーメン亭孔明」がコラボし、つけめんを提供する「麺や大舎厘」として出店しました。人気があったためそのまま亀田地区で営業を始めたラーメン店です。
いずれもだるまやグループ、経営者が変わりいろいろ変えているようです。
出張者との時間に余裕のない昼食です。混む心配のない大舎厘にしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ちょい古っぽさのあるラーメン店らしいお店です。午後12時30分過ぎの到着。この時間で8割ほどのお客さんの入りです。
メニューは、つけめん、らーめん、トッピング、もう一品、お飲みものに大別されています。つけめんは、濃厚つけめんと辛つけめんの2種類で、いずれもひや(盛り)とあつ(盛り)から選べるようになっています。また量は、大盛りが無料で、特盛りは百円増しです。らーめんは、濃厚らーめん、らーめん、ちゃーしゅうめんの3種類に加え、濃厚みそらーめんと書かれた単品の掲示もあります。トッピングの追加もちゃーしゅうから魚粉まであります。もう一品は、餃子、チャーシュウ飯、ライス、つまみなどサイドメニューがあります。以前に濃厚つけめんを食べていて、ここらでラーメンを食べるべきでしょう。しかし、つけめん中心のお店のラーメン類は、どうも麺が好きになれません。辛つけめんは寒くなってからにして、濃厚つけめん(大盛)にしました。
つけめんとしては普通の待ちかなってタイミングで出来上がってきました。
黒っぽい器に麺が、和風な感じの器につけ汁とトッピングが盛られてます。
麺は、全粒粉か?薄茶色で太く弱い縮れです。コシが強く硬めのゆでです。
つけ汁は、濃厚でとろみがあり、旨味やしょっぱさなどいい感じです。前回はこってり感からでしょうか?バランスが合ってなくて、あまり美味しさを感じることもなかったのですが、今回はバランスが良く、いい感じで楽しめた。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、魚粉、海苔、ねぎです。
スープ割りを楽しみます。つけ汁の器を渡して割りスープを入れてもらうスタイルです。割りスープが少なくて温度がそれほど上がりません。ちと残念。
麺、スープ、トッピングともなかなかバランス良く纏まったつけめんでした。大盛りが無料で780円ですから、なかなかいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.26

碧空麺舗

碧空麺舗

新潟市の「碧空麺舗」です。“あおぞらめんぽ”と読みます。
新潟島の少し下、東堀通沿いあります。広小路との交差点の下手右側です。
見附の「碧空麺舗」が「らぁめん お~や」の跡に移転オープンしたとの情報を同僚からもらいました。見附当時は一度お邪魔しましたがそれ以来です。
お店の前まできました。黄色い看板に、自家製麺、煮干し中華そば、濃厚ラーメンとは書かれていますが、お店の名前のようなものはなぜかありません。
お店は、奥行きがあります。入口を入ると正面に通路が延びていて通路の右側に製麺室があり、その先にテーブル席があります。その先で左側に開けます。奥に厨房、手前にカウンター席、左側に開ける手前に食券販売機があります。お店入口の目立つ緑色に反して落ち着いた雰囲気の小さなお店です。午後1時30分過ぎに着きました。他にお客さんはいません。とっても静かです。
メニューは、中華そば、担々麺、塩ラーメン、味噌ラーメン、豚骨煮干ラーメン、濃厚ラーメン、台湾ラーメン、あぶらそばなどがあります。味噌ラーメンや豚骨煮干ラーメン、あぶらそばのボタンに赤い×ランプが点灯中です。豚骨煮干ラーメンも興味ありますが仕方がありません。中華そばにしました。
ひげが特徴のあんちゃんがひとりでやっているお店です。お昼のお客さんの多い時間帯は多少時間がかかるとの同僚の情報だったので、ちょっと時間を遅らせて来ました。大きな寸胴を大きなしゃもじでかき混ぜながらスープを作っているところでした。同時進行のような動きで中華そばを作ってもらえました。ひとりでやっている人って手際がいいです。早めに出来上がってきました。

碧空麺舗 中華そば

白い器に表面の油もあってか、トッピングなどがとても賑やかに見えます。
麺は、やや細のストレートでモチモチです。なんか好きになれない麺です。
スープは、油の多い濃厚なものに見えて、実は…意外とあっさりしています。和を感じさせる深みのある味わいで、その見た目とのギャップに驚きです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、バラ肉、ロース、角煮っぽい小さいながら3種あります。
スープもトッピングもいいと思いますが、どうも麺が好みと違っていました。麺とスープの相性ももうひとつ、好きな馴染み方とは違う組み合わせでした。中華そば680円と高めですが、まあまあいい線かなと思える一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.25

荒川らーめん魂 あしら

あしら 味噌らーめん(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中です。お昼も過ぎて空いているだろうとお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ)、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺(大盛)、冷やし中華(大盛)と食べてきました。お手頃でメニューも豊富、期間限定もなにかあるでしょうか。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後1時15分頃に着きました。駐車場はほぼ満車、なんとか止めれました。お店の中に10人程、風除室に2人の待ち、入口の用紙に名前と人数を書いて待ちます。外で待っていましたが雨が…、風除室に入り待ちます。
厨房の調理能力があるからでしょうか?カウンター席に食べ終わった席がありますが、早く座りたいお客にはかなりのんびり片付けているように見えます。調理の速度に合わせての片付けや席への案内をしているかのように見えます。20分ぐらい待ったでしょうか、ようやくカウンター席に案内されました。
メニューは、表紙にあしらのこだわりということで、4種の自家製麺を使い分けていること、醤油・塩・味噌各タレの紹介、アルカリイオン化軟水の使用、餃子の紹介があります。メニューを開けると、味噌らーめん、辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセットなどあります。味噌マーボーめんもあります。全粒粉つけめんもあります。味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットもあります。大盛りが無料となっています。15時からの提供される博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものがあります。最初の替玉がサービスです。醤油と味噌があり、麺のかたさも粉落としからやわらかめまで調整可能です。期間限定は、霧島黒豚のじゃぶしゃぶ胡麻味噌つけ麺です。涼しくなってつけ麺じゃなくてもいいし、いろいろ食べてみたいのもありますが、ここいらで基本にもどってみましょう。味噌らーめん(大盛)にしました。
混んでいても早めに出来上がるのですが、今日は少し時間がかかりました。
白い器に濃厚そうなスープ、チャーシューが表面を華やかに覆っています。
麺は、太い縮れでモチモチ感が強く硬めにゆでられています。ちょい苦手。
スープは、白味噌よりの合わせ味噌で、味噌味・甘み・油が濃厚でとろみが強
めです。しょっぱさは控え気味で、コーンスープかのような感じもします。
トッピングは、チャーシュー2種類、メンマ、もやし、コーン、青ねぎです。魚粉もあります。香りは好きですが、わざとらしい強い香りはちょっと…。
濃厚な味噌ラーメンをいただきました。濃厚な線で全体のバランスが取れています。2種類のチャーシューを楽しめました。無料ってことで大盛にしましたが、結構なボリュームがあります。味噌らーめんが620円。普通盛りでもお手頃ですが、大盛りでも同じ値段です。驚きのコストパフォーマンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.24

らーめん みずさわ 吉田店

みずさわ吉田店 ラーメン

燕市(旧吉田町)の「らーめん みずさわ 吉田店」です。
国道289号線沿いにあります。国道116号線との春日町交差点から北陸道三条燕インター方向に向かった先、いっこく→心吉だった建物になります。
長岡生姜醤油ラーメンを代表するお店のひとつ、北長岡駅前に本店があり、吉田店は2号店です。過去2度ほど食べています。燕市での昼食、背脂はしばらく遠慮したい気分、長岡生姜醤油ラーメンを食べようかとお邪魔しました。
お店に入ると、すぐの広い風除室に両替機と食券販売機が置かれています。
メニューは、越後長岡生姜醤油のラーメン、みそラーメン、とんこつラーメンとそれらのチャーシューメン、豚骨背脂の燕ホワイト、濃厚野菜みそ、辛ねぎ味噌、豚骨背脂の燕味噌ラーメン、豚骨背脂濃厚のつけ麺4種(生姜醤油つけ麺、ピリ辛醤油つけ麺、味噌つけ麺、辛味噌つけ麺)、麻婆ラーメンとその激辛があります。トッピングもいろいろあります。燕ホワイトの写真も欲しいのですが食べる勇気がありません。越後長岡生姜醤油のラーメンにしました。
お店は、右側に厨房、中央右側に厨房に向かってのカウンター席、中央左側と左側手前にテーブル席、左側中ほどから中央奥にかけて小上がりがあります。かなり広々の店内は、白と黒を基調とした落ち着いた雰囲気になっています。午後12時40分過ぎに着きました。6~7割ほどのお客さんの入りです。
待ちのお客さんが結構多めで、少し時間がかかって出来上がってきました。
パステル色の鳳凰が綺麗な白い器に盛られています。長岡生姜醤油ラーメンらしい濃い醤油色のスープが美味しそうです。具沢山な感じも嬉しいですね。
麺は、普通かやや細めの縮れ、強いモチモチ感とツルツル感が特徴的です。
スープは、醤油の旨みとダシの旨み、生姜の爽やかさがしっかりしてます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。
長岡生姜醤油ラーメンらしいしっかり歯応えを楽しめるチャーシューです。
麺、スープ、トッピングとも長岡生姜醤油ラーメンらしいラーメンでした。
セルフサービスのライスもいただきました。1杯目は無料、2杯目は100円で、残した場合は…、1万円です。たっぷり山盛りにしていただきました。
ラーメン普通盛り750円、大盛り100円増し、チャーシューメン150円増しです。ラーメンは青島と同じですが、大盛りやチャーシューメンは50円割高です。チャーシューメン(大盛)なら100円増しになってしまいます。ライスのお代が最初から組み込まれているようなみずさわのお値段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.23

麺処 La Cuore

La_cuore

新潟市の「麺処 La Cuore」です。
西地区、アピタ新潟西から小針駅方面へ。西川を渡る手前左側にあります。
とても綺麗な建物でラーメン屋さんには見えません。しかし、なぜかラーメンの幟が出ています。何度か前を通って、ちょっと気になっていたお店です。
建物の左側に入口があり、そのまま右に進むと1階が「麺処 La Cuore」で、入口近く階段の先、2階が「欧風レストラン La Cuore」になっています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席的使用の衝立がある大きなテーブル、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。新しく綺麗、洋食やお洒落な和食も似合いそうな落ち着いた雰囲気で、そこそこ広さのあるお店です。午後12時40分過ぎに着きましたが、半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、こってりと味噌が中心となってます。こってりは、こってり背油らーめん、こってり背油ちゃーしゅうめん、こってり背油磯のりらーめん、辛子こってり背油らーめんがあります。味噌は、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅうめん、辛子味噌らーめんがあります。最初から麺・トッピングを大盛りにしたクオーレ・スペシャルがあり、こってりスペシャル、味噌スペシャルがあります。新発売の塩らーめんもあります。こってり背油らーめんにしました。
お客さんが少なめってこともあってか?結構早めに出来上がって来ました。

La Cuore こってり背油らーめん

白い器の表面は約束通り背脂で覆われてます。トッピングは免れています。
麺は、普通の太さの縮れ麺で普通の硬さ、かなりモチモチ感の強い麺です。
スープは、背脂たっぷりで、その下は鶏ガラの醤油味しっかりしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、玉ねぎ等です。
しっかりこってりですが、スープ自体がもう少し醤油味が強い方が好みです。
麺も普通の太さで、トッピングにもやしと新しい分野の背脂ラーメンでした。
700円も税別ですので、かなりお高いような印象の残るラーメンでした。

La Cuore 塩らーめん

相方の食べた塩らーめんです。税別750円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.22

越後十日町 小嶋屋 新潟店

小嶋屋新潟店 へぎそば(三人前)+季節の天ぷら+野菜天ぷら

新潟市の「越後十日町 小嶋屋 新潟店」です。
国道116号線沿い、県庁の近く、少し先の網川原交差点の角にあります。
少し前になりますが、秘密のケンミンSHOWでへぎそばが紹介されました。十日町や小千谷で食べたいところですが、近くの小嶋屋にお邪魔しました。
午後12時40分過ぎに着きました。何年か前に数度食べていますが、平日のランチタイムでその時の混みが嘘のように駐車場がガラガラ空いています。
お店は、入って右側に厨房、すぐ中央にカウンター席的な大きなテーブル、左側や周囲テーブル席、奥に通路があり、左右に個室の座敷があります。テーブル席はいっぱいですが、他は空いています。奥右側の座敷に案内されました。この部屋だけが小上がり風に2グループを衝立で仕切るように使っています。ガラガラなんだから普通の個室にしてくれればいいのにと思いましたが…。
メニューは、へぎそばや冷たいお蕎麦に天ぷらを加えたセット、温かいお蕎麦や冷たいつゆのお蕎麦などいろいろあります。単品やご飯類も豊富です。相方と二人分、へぎそば(三人前)季節の天ぷら野菜天ぷらにしました。
ねぎとわさびの小皿とつゆが運ばれてきました。共用でつゆの入った蕎麦徳利もきました。それから少ししてお蕎麦、天ぷら、揃って運ばれてきました。
そばは、細めでコシがあります。布乃利繋ぎ特有のツルツルした触感です。
つゆは、鰹ダシの香り、まろやかで深みのある味わいを楽しめるものです。
天ぷらは、鮭などの季節の魚や野菜、きのこなどを天つゆでいたたきます。
へぎそばはつるつるの喉ごし、新そばで香りも高く、とても美味しくいただきました。へぎそば2790円+季節の天ぷら980円+野菜天ぷら670円、合計4440円。豪華なお昼になりました。小嶋屋は少しお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.21

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後1時30分に着きました。お休みかのような光景ですがやっています。
前を走っていた車が一平にの駐車場へ、続いて駐車場へ、後ろを走っていた車も続いて入ってきます。女性1人、男性2人、男性2人とお店に入ります。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良いとても綺麗な中規模のお店です。なんということでしょう。他にお客さんはいません。一平もそれなりの回数は来ていますが、始めてのことです。どこにでもご自由に座ってください。っていった感じで手前のテーブル席にしました。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
待っている間に、さらに男性1人のお客さんがやってきました。時間をずらしたラーメン屋さんらしい、ちょっと寂しい独特の雰囲気になってきました。
その後もお客さんが来ますが、並ばずに座れるような状態が続いています。
いつも早めに出来上がってきますが、さらに早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで良く考えられてます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色です。煮干しの強い香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューはかなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、鯵フライ野菜添え、焼売野菜添え、豚バラと玉ねぎの炒めもの、少量ずつですが3種類です。お新香も3点盛り。いつもながら定食のしっかりした内容には関心させられます。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.20

中華そば 煮干屋

煮干屋

上越市の「中華そば 煮干屋」です。
イオンショッピングセンターの近く、上越警察署を回り込んだ裏にあります。「GOGO宝来軒」があった場所になります。同じ建物ですが渋めの外装です。
「にぼし醤油らーめん 神楽屋」の姉妹店です。楽しみにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、左側のテーブル席が小上がりに変わっています。店内の洋風な感じから一転、和風なラーメン屋の雰囲気になっています。インテリアは凄いです。午前11時50分過ぎに着きました。6~7割のお客さんの入りと賑わっています。
メニューは、煮干中華そば、煮干らーめん、上越醤油らーめんの3種類に大別されています。どれも醤油味、どう違うんでしょう。煮干中華そばは、煮干と昆布・茸でとってもあっさり淡麗煮干スープとの説明。煮干中華そば、煮干味玉中華そば、煮干中華かけそば(麺、スープ、ねぎのみ)、極煮干中華そば、極煮干チャーシュー中華そばがあります。極…は、純粋な脂の混じらない煮干スープを堪能するためにチャーシューなどを別皿に盛るという気の使いようです。煮干らーめんは、煮干とげん骨をブレンド、濃厚煮干げん骨スープとの説明。煮干らーめん、煮干チャーシューめん、煮干味玉らーめん、煮干背脂らーめん、煮干かけらーめん(麺、スープ、ねぎのみ)があります。上越醤油らーめんは、じっくり仕上げたげん骨濃厚スープとの説明。上越醤油らーめん、上越醤油チャーシューめん、上越醤油味玉らーめん、上越醤油背脂らーめん、上越醤油かけらーめん(麺、スープ、ねぎのみ)、上越醤油濃生とうがらしらーめんがあります。大盛20円増し、特盛40円増しとお得です。平日のランチタイムは数量限定で、ミニカレーやミニチャーシュー丼、ミニチャーハンとのセットもあります。煮干中華そば(大盛)ミニチャーハンにしました。
タイミングが良く待ちのお客さんが少なく、早めに出来上がってきました。

煮干屋 煮干中華そば(大盛)

白い器に醤油色の澄んだスープが綺麗です。見ただけでも価値があります。
麺は、細いほぼほぼストレート、プリプリの歯切れの良さが楽しい麺です。
スープは、見た通りの醤油味で、煮干しのまろやかな旨みがあります。煮干しの香りは、最近多いこれでもか!っていうのと違い自然な優しいものです。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、ねぎなどです。綺麗に盛り付けてあるのでシンプルそうに見えますが、まあまあ充実しています。硬く弾力のあるチャーシューです。本当!久々に歯応えを楽しめました。
澄みきった綺麗さが驚きのスープは煮干しを出汁がちょうど良い風味の醤油味です。歯切れが気持ちいい麺、歯応えと弾力のあるチャーシューなどシンプルだけど好きなものがいっぱい楽しめた中華そばでした。普通盛りの680円はちょっとお高いですが、大盛り+20円の700円はいい線かと思います。

煮干屋 ミニチャーハン

ミニチャーハンは、なかなか食べ易く、いい感じで箸休めができました。数量限定ですが、100円で食べられるのがありがたいことです。食べ過ぎた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.19

関屋 福来亭

関屋福来亭 ラーメン(大盛)

新潟市の「関屋 福来亭」です。
越後線関屋駅南口を出てすぐにあります。昔風な感じの町並みにあります。
新潟市内で本格的な燕系背脂ラーメンが食べられるお店で重宝しています。
最近、背脂ラーメンを食べていません。たまには…と思いお邪魔しました。
午前11時50分過ぎに着きました。お店近くの駐車場が空いてました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側にカウンター席、その奥に小上がりがあります。やや古めのやや小さなラーメン屋さんです。ほぼ満席です。
メニューは、ラーメン・チャーシューメン、メンマラーメン、チャーシューメンマラーメン、萌やしラーメン・タンメン・味噌ラーメン・五目うま煮ラーメン、焼きそば、飯類もチャーハンと中華飯とライスがあります。普通のラーメンが700円で、チャーシューメンとメンマラーメンが900円と燕系に多い値段になっています。お腹が空いたので、ラーメン(大盛)にしました。
次々と出来上がってきますが、お昼の少し前というタイミングなんでしょう。太麺は、ゆで時間もかかるでしょう。普通の待ちで出来上がってきました。
雷門、双喜門、龍の華やかですがかなり使い込まれた器に盛られてきました。多くはありませんがチャーシューが見えないほど背脂が表面を覆っています。背脂と醤油色のスープが美味しそうです。久々の脂を楽しむラーメンです。
麺は、平打ち太麺で紐のような縮れ、やや硬いゆででスープと絡めみます。
スープは、煮干しの風味や醤油とダシの旨味が背脂でまろやかになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎと必要最小限ねシンプルさです。壁にトッピングねぎ100円の貼紙が、玉ねぎだったかなと後悔し始めます。醤油味の味付けと噛応えの良いチャーシュー、見事な味付けのメンマです。
平打ち太麺の大盛り、煮干しダシの醤油味スープに背脂が浮き、好みのチャーシューとメンマ、これで800円です。お手頃に楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 ラーメン(大盛)

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。やはり好きな小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午前11時50分過ぎに着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場があります。お昼は混雑していますが、午前中なら大丈夫だろう思っていました。しかし、混んでいます。ちょうど1台分の空きがあり停められました。
お店には出入口が2ヵ所あり、通りの正面が入口、脇が出口になっています。お店の中は、左側に厨房があり、その手前と中央にカウンター席があります。右側に待ち用の椅子が用意されています。綺麗な今風のラーメン屋さんです。車が多く、ある程度の列びは覚悟していましたが、前からの列びの男性1人と駐車場から前を歩いていた女性3人組、合計4人の後ろの列びになりました。入口を入った先の正面に玩具のような小さな可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料です。自家製麺の店が増え、麺の大盛りが無料サービスや格安のお店も増えてきました。麺大盛り無料の場合の注文は、注文する際に大盛りをスタッフに伝えるのが一般的な方法です。食券の場合、普通盛りの食券を購入して同じで大盛りをスタッフに伝えるか、普通盛りと同じ値段で各大盛り食券が用意されているのがほとんどでしょう。小太喜屋は、普通盛りの各ラーメンの食券と共通で無料の大盛り食券が用意されています。大盛りの食券なしで食券を渡すと『大盛り無料ですが…。』と確認してくれ、口頭でも大盛りを伝える注文方法もできます。とても親切です。あれこれと食べたい気分でもなく、お金もないし、ラーメンにしました。
店主が作り、奥さんが配膳をしているように見えています。そんなに多くの量を一度に作らないので、一定のペースでお客さんが廻っています。お客さんが帰ったら片付けてすぐに次のお客さんを案内するって感じではなく、作りに合わせて案内します。そのために複数人のグループも一緒に席に案内されます。それほど待たずに案内されました。席に水とおしぼりがセットされてます。
カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。食器の扱いも丁寧です。食べ終わっての片付けなど食器のぶつかる音がしない心地よい仕事です。品の良い料亭のような雰囲気です。丁寧なのに静かな、でも無駄のない動きなんでしょう。普通の待ち時間で出来上がってきました。
縁の青が鮮やかな器にトッピングが品良く、彩り良く盛り付けられてます。
麺は、やや細の縮れ、普通のようでプリプリの歯応えがとても楽しい麺です。2種類の小麦粉を使用した自家製麺です。このような自家製麺は歓迎です。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものとのことです。動物系の旨みと煮干しの濃厚な風味が楽しい今時の出来の良いスープです。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、味玉半個、ねぎ、カイワレです。普通ラーメンのようでワンランク上のようなトッピングが嬉しくなります。
お客さんの健康を考えて選ばれた素材が丁寧な仕事により仕上げられました。全然飽きがくる感じもないままに、最後まで…。お腹いっぱいになりました。普通盛り650円でもいい感じなのに、同じ値段で大盛りが食べられました。喜びラーメンがスタンダード的ですが、ラーメンでも十分に楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.17

食堂 こばやし

食堂 こばやし

新潟市の「食堂 こばやし」です。
古町エリアの鍛小路に沿いにあります。西堀通との交差点から西方向です。
「日本料理 和幸」を探していた時にラーメンの幟を見かけました。お店前にラーメン320円と書かれています。気になっていたのでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。小さくお手頃な食堂って感じのお店です。午後12時40分過ぎに着きました。常連らしいお客さんなど半分ぐらいの席が埋まっている状況です。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、ワンタンメン、チャーシューワンタンメン、もやししょうゆラーメン、野菜ラーメン、メンマラーメン、あんかけラーメン、手打ちラーメン(太麺)、冷し中華、焼きそばがあります。他にもうどんやそばがいろいろ、カツ丼、親子丼や中華丼、カレー類、日替定食など豊富にあります。今日はシンプルに…、ワンタンメンにしました。
年配の夫婦でやられているように見えます。ランチでしょうか?前のお客さんのが出来上がり、次です。急ぐ感じもなく、普通に出来上がってきました。

食堂こばやし ワンタンメン

青の雷門が鮮やかな白い器に、あっさりそうなスープのワンタンメンです。
麺は、細麺の縮れ、新潟あっさりラーメンの懐かしさを感じさせる麺です。
スープは、魚介風味、醤油味のあっさりです。おとなしめの仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなどシンプルなところにワンタンが加わります。チャーシューは、まあまあの歯応えのあるものですが、大きなチャーシューの1/4枚程度の大きさ、チャーシューメンを食べてみたいものです。メンマもなかなか味のしっかりしたもの。メンマラーメンも食べてみたいものです。ワンタンは、表面がツルツルっですが、もう少し軟らかくてもいいかなと思います。チャーシューとメンマが好みのラーメンでした。
次回は、チャーシューメンのメンマ増量をお願いしてみようかと思います。
シンプルで飾り気のないものですが、飽きのこないラーメンだと思います。
ラーメンが320円で、ワンタンメン450円なんてお手頃なんでしょう。
?、ラーメン類と丼類を合わせるという手もありそうなほどお手頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.16

ラーメン 樹よし

樹よし 生姜醤油ラーメン

新潟市の「ラーメン 樹よし」です。
県道3号線(旧国道7号線)沿いにあります。赤道との交差点から豊栄方向へ向かった先の右側で、「燕三条系うまこってりらーめん 浪漫亭」跡です。
プレオープンで、グランドオープンで食べて、3回目のお邪魔になります。
午後12時40分過ぎ頃に着きました。お店前に駐車場があるのですがいっぱいです。すぐだろうと思いましたが、10分ぐらい待って駐車できました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その左右と手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。白い壁と深い木目調が落ち着いた雰囲気のお店です。お客さんも8割程の入りとに賑わってます。テーブル席に案内されました。
メニューは、醤油ラーメン、旨辛醤油ラーメン、濃厚味噌ラーメンでしたが、濃厚味噌ラーメンが鶏白湯味噌ラーメンが変わり、鶏白湯味噌チャーシューも提供され、他にも生姜味噌ラーメン、生姜醤油ラーメン、味噌坦々麺が加わりました。チャーシューやメンマ、半熟味付玉子などのトッピング追加や大盛りができます。新たに加わったメニューから生姜醤油ラーメンにしました。
待ちのお客さんも少なかったようで、かなり早めに出来上がってきました。
大胆な模様の一部が内側に見える白い器に澄んだスープが美味しそうです。
麺は、細めの縮れです。適度なモチモチ感もあり、食感が心地よい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたものですが、甘さがやや強く感じられます。生姜は、スープ全体をとても爽やかにし、甘さも少し抑えてくれています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、カイワレ、白髪ねぎ、刻みねぎなどで、たっぷりの刻みねぎが食感を楽しまさせてくれます。
細い縮れ麺と醤油のあっさりちょっと甘めのスープも生姜で味が引き締まり、刻みねぎもあって爽やかに食べ終えられました。醤油ラーメンが590円で、50円の爽やかさで生姜醤油ラーメンが640円。今ではお手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.15

日本料理 和幸

和幸

新潟市の「日本料理 和幸」です。
古町エリア、西堀通沿いにあります。3番町と白山寄りのビルの1階です。
和食が食べたくなりました。品の良さそうなランチがいいかなと思います。
Gekkan Niigata秋のランチ特集に紹介され食べたいと思っていたお店です。
お店は、右側奥に厨房、手前に配膳用のスペース、中央に配膳用のスペースを向いたカウンター席、左側に座敷があります。建物の奥にも入口があり、そちらから入る座敷があります。午後1時20分過ぎに着きましたが、手前の座敷は数組のお客さんですでに満席、奥の座敷は昼間からとは思えない賑やかさです。空いているのはカウンター席のみ、でカウンター席に案内されました。
メニューは、色紙に書かれています。おすすめ!おひるのおばんざい、昼の点心、昼の上点心、他に前日までの予約が必要な懐石料理 東山や懐石料理 嵐山があります。1日10食の限定、おすすめ!おひるのおばんざいは売り切れ、昼の点心にしました。Gekkan Niigata紹介の食べたかったメニューです。
この時間、厨房は空いているようで和食では早めに出来上がって来ました。

和幸 昼の天心

松花堂弁当のような器にいろんなおかずが盛られています。何種類だろう。
和食って本当に楽しいと思わせてくれます。久々にのっぺをいただきました。好きな煮物が多かったのですが、小さくて良いので揚げ物が欲しかったです。また、食後にコーヒーか紅茶が付きますが、茶碗蒸しがあればと思います。
和食ランチでも日本料理店というカテゴリーのお店での1620円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.14

茉莉花

茉莉花 担々麺

村上市の「茉莉花」です。
村上駅から新発田方向へ、線路上最初の踏切近くの住宅街の中にあります。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前に小上がり、個室もあります。小さめ、ちょっびり昭和っぼい雰囲気の食堂です。午後12時30分過ぎに着きました。他に3~4割ほどのお客さんと空いています。
メニューは、中華系が中心で麺類、単品とその定食があります。麺類は、ラーメン、チャーシュー麺、ラーメン濃い口、こってり醤油ラーメン、ねぎラーメン、笹川流れの塩ラーメン、レタスとトマトの塩ラーメン、梅しそラーメン、ゆず塩ラーメン(冬期)、担々麺、みそ担々麺、ハバネロ担々麺、季節の野菜たっぷりラーメン、豚肉細切り炒めラーメン、酸辣湯麺(サンラーメン)、ざる中華(夏期)、冷し中華(夏期)、各麺類と組み合わせが出来るラーメンランチもあります。ハバネロ担々麺はすでに実食済み!担々麺にしました。
お弁当風ご飯のランチも人気のようです。2人のランチが次々と出来上がってきました。年配の夫婦で営んでいるようで、お弁当風ご飯のランチの調理の途中から担々麺を作り始めました。普通の待ち時間で出来上がってきました。
真っ白な中華らしい器に、表面のオレンジ色が綺麗な大人しい担々麺です。
麺は、細く弱めの縮れで適度なモチモチ感があり、スープと良く絡みます。
スープは、オレンジ色で胡麻風味のまろやか、なのにあっさりしたものです。最近の辛さに固執した担々麺と違い、スープにその優しさが感じられます。
トッピングは、挽肉の芝麻醤そぼろ、メンマ、ほうれん草などです。派手さはありませんが、挽肉の芝麻醤そぼろなどご飯が食べたくなる美味しさです。
ハバネロ担々麺は、ここから痛い辛さの味わいでしたが、担々麺はここまで。辛さも穏やかな優しいあっさり系の担々麺でした。700円といい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.13

炙り金目鯛と小鯵押寿司

炙り金目鯛と小鯵押寿司 パッケージ

炙り金目鯛と小鯵押寿司

昨日の今日。大停電の他、何かあれば怖い東京周辺、さっさと帰りましょう。帰りは夕方の新幹線移動となりました。通勤者の帰宅時間前の新幹線です。
いつもの全国の駅弁を扱う「祭」を覗いてみます。いつも賑わっていますが、今日もかなりの賑わいになっています。陳列している駅弁に偏りがあります。宮城の牛タン弁当が、どう違うのか?何種類もあってかなり残っていますが、それ以外の駅弁は売り切れやもうすぐ売り切れって状況です。今日は、あまり補充もされていないようです。魚系駅弁を陳列しているところに食べてみたくなるような駅弁がありました。早速購入、新幹線に乗り込みいただきます。
購入した駅弁は、神奈川県小田原市の創業明治21年の東華軒、というお店の炙り金目鯛と小鯵押寿司です。箱に名前以外の目立った記述もありません。
内容は、金目鯛炙り寿司、鯵寿司、梅ちり紫蘇巻寿司、梅ちり広島菜巻寿司。
原材料名は、うるち米(国産)、金目鯛、鯵、紫蘇、広島菜となっています。
酢〆の鯵と金目鯛の炙り、かなり好みのお寿司です。山葵と醤油を自分でかけて楽しめます。相模湾の幸を堪能しました。神奈川の魚もかなり美味しい。
駅弁で2種類のお寿司を楽しんで1350円。金目鯛じゃ仕方ないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 吉兆

吉兆 焼豚麺

東京都品川区は大井町の「麺屋 吉兆」です。
JR大井町駅から東南東へ300m程、小路を入った先、ひっそりとあります。
青竹平打ち中華そばのお店です。あっさりラーメンを求めお邪魔しました。
お店は、奥に広い厨房、手前にカウンター席7席だけの小さな、でも雰囲気のあるお店です。午後1時に着きました。前に9人程の待ちになっています。
例によってなかなか進みません。丁寧な仕事ですが、それほど順調には出来てきません。この前は同じ9人の列びでお店に入るまで50分程かかりました。今回は35分程待ってお店の中へ、カウンター席に座ることができました。
メニューは豊富、中華そば、支那そば、焼豚麺、ワンタン麺、野菜そば、ネギそば、ざる中華、つけ汁そばなどがあり、サイドメニューも充実しています。炙り焼肉丼、そぼろ丼、ピリ辛納豆丼、餃子やライスなどがあります。ランチサービスで、そぼろ丼とピリ辛納豆丼200円が100円と半額です。支那そばは魚介系とあります。他の中華そば系は鶏ガラスープとのことです。中華そば、支那そばと食べました。順番に行きましょうか。焼豚麺にしました。
ゆったりです。待つこと10分。お店に着いてから45分での丼着でした。
白基調&オレンジの縁模様の器、美味しそうな焼豚が表面を覆っています。
麺は、平打ち&太めの縮れです。自然な気取らない感じの好みの食感です。
スープは、見た目通りの醤油味ですが、かなりしょっぱさを控えたものです。今まで気にしていませんでしたが、麺を食べるとかなり物足りなく感じます。健康的に良いんでしょう。油がやや多めで鶏のいい感じの旨みがあります。
トッピングは、焼豚、メンマ、海苔、小松菜、鳴門、器の表面が鮮やかです。スープとバランスの取れるしょっぱめの焼豚を期待しましたが、違いました。味や硬さと弾力など久々に好きなタイプの焼豚を楽しむことができました。
佐野と同じ青竹平打ち麺とスープ、白河と同じ食紅を塗って焼いた焼豚など、福島と栃木の隣県コラボラーメンといった感じがします。ちょっとスープの薄味過ぎたところは残念でしたが、それでもまだまだ美味しいです。980円とかなりお高い感じはありますが、それでもまた食べたくなるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上の幸まるごと弁当

村上の幸まるごと弁当 パッケージ

村上の幸まるごと弁当

今日は早朝からの新幹線移動です。駅までバス移動で間に合い助かります。
新幹線での移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところになります。今回もいつも通りに改札を入らない駅弁屋から順番に見させてもらいます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。たくさんの駅弁があります。困った。困った。困った。食べたことのない駅弁が3種類もあります。食べたことのない駅弁がなくてどれをリピートしようかと悩むことはよくありますが、こんな食べたことのない駅弁で悩むことは滅多にないことです。でも、すぐに決まりました。神尾商事の村上の幸まるごと弁当にしました。駅弁を購入して新幹線ホームへ。いつもの混み具合です。
厚紙のケースには、村上牛しぐれ、塩引き鮭、岩船麩使用カツレツ、岩船産コシヒカリ100%とやや目立つように書かれ、赤カブ、ごぼう、しらたき、椎茸、にんじん、筍、きぬさやと使用食材のすべてが記載がされています。
中は、塩引き鮭と村上牛しぐれの2大村上食材の共演!って感じでしょうか。塩引き鮭は、大きな切り身で昔ながらの塩っけのあるなんか懐かしい味です。焼漬けなど新しい味で楽しませてくれる鮭ですが、昔の味もかなり絶品です。村上牛しぐれもなかなかいい味を出していますが、ちょっとしょっぱめです。単独で駅弁の主を張っていた2つの食材を、それも肉と魚、凄い駅弁です。
1180円とちょっとお高い駅弁ですが、2個の駅弁の味を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.12

らーめん 燈

燈 あっさりとんこつ

新潟市の「らーめん 燈」です。
笹出線上近江交差点と紫鳥線女池交差点の間、やや笹出線寄りにあります。
判る人にはルーテシアとホビーロードの中間辺り。平屋の建物の一角です。
「麺や 燈花」の姉妹店で、とんこつスープをコンセプトにしたお店です。
お店は、奥に厨房、中央にテーブル席、左側と手前に壁向きのカウンター席、右側にファミレスのようなボックス形のテーブル席もあります。白壁と白木の質感、新しくとても明るいお店です。カフェなんかでも良さそうな、女性ひとりでも入り易そうなお店を目指していることが判ります。午後1時30分前に着きました。半分程度のお客さんの入り、カウンター席に案内されました。
メニューは、野菜とんこつ(太麺:替玉・大盛)、あかりとんこつ(細麺:替玉)、あっさりとんこつ(細麺・替玉)、濃厚つけめん(極太麺:大盛)、おこさまらーめんがあります。太麺は大盛ができます。細麺は替玉になります。野菜とんこつは、野菜450gなど具材計500gのボリュームで、太麺の後に替玉で細麺も楽しめます。今日はおとなしめに…あっさりとんこつにしました。
とんこつにしては遅めでしょう。普通の待ち時間で出来上がってきました。
黒い器にあっさり豚骨らしいスープの色、トッピングが彩りを添えてます。
麺は、かなり細めのストレート、多加水麺で博多の噛み応えを楽しめます。
スープは、あっさりしたとんこつで甘めです。後半はチャーシューにのっていた辛味を混ぜます。味が締まりますが、甘みが限界を越えて襲ってきます。
トッピングは、チャーシュー、味玉半個、青ねぎなどとてもシンプルです。
胡椒や紅生姜など試してみましたが、好みを越える甘さにはギブアップです。それ以外はいい感じで楽しめました。700円は少しお高いような気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.11

ラーメン わらふく

わらふく 肉わらふくラーメン

新潟市の「ラーメン わらふく」です。
県道3号線(旧国道7号線)沿い、東地区のイオン新潟東近くにあります。
だいぶ涼しくなってきました。味噌ラーメンが食べたくてお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、その手前にカウンター席、さらに手前と左側には小上がりがあります。綺麗でラーメン店とは違った落ち着きがあります。午後1時に着きました。3~4割のお客さんの入りと空いています。
メニューは、とんこつ味噌の肉わらふくラーメンと野菜わらふくラーメン、辛ネギわらふくラーメン、熟成味噌の肉味噌ラーメンと野菜味噌ラーメン、辛ネギ味噌ラーメン、醤油がコク旨の醤油ラーメン、塩が旨塩の塩ラーメン、濃厚香るパイタンのパイタン肉味噌ラーメンとパイタン野菜味噌ラーメンとパイタン塩らーめんがあります。お店入口に貼紙がありました。2周年記念イベントで200円引きです。10月5日(水)~10月23日(日)までの期間で、1番人気の肉わらふくラーメンが930円→730円、生ビールが390円→190円で何杯でもOK、スタミナ餃子(5ヶ)が380円→180円、香ばし!しそ餃子(6ヶ)が350円→150円、野菜餃子(5ヶ)が380円→180円です。肉わらふくラーメン香ばし!しそ餃子にしました。
空いていることもあるのでしょう。思いの外、早く出来上がってきました。
和風の黒く渋い器、たっぷりの野菜などトッピングが表面を覆っています。
麺は、普通太の縮れ、角がしっかりしていて平打ちっぽい好みのものです。
スープは、味噌味が豚骨の甘味やこってり感ととてもいい感じに絡みます。
トッピングは、チャーシュー、もやしと人参の炒めもの、挽肉と刻み玉ねぎの炒めもの、煮玉子半個、白髪ねぎ、紅生姜などです。挽肉と刻み玉ねぎの炒めものがいい味です。紅生姜を少しずつ食べるといい爽やかさが広がります。
麺、スープともしっかりしてバランスも良く、トッピングも充実しています。ちょっぴりコッテリ感のある食べ易くてバランスの良い味噌ラーメンでした。通常価格の930円は少し高いと思いますが、730円はかなりお得です。

わらふく 香ばし!しそ餃子(1個)

香ばし!しそ餃子です。あまりに美味しそうで写真撮影を忘れてました。
350円→150円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

高清水 Dessert Jungin

Dessert_jungin

「高清水 Dessert Jungin」です。
秋田のスーパーで良く見かけていて気になったお酒です。
高清水のデザート純吟
・価格: 500ml 1,080円 (税込)
・アルコール度数:12.5
・日本酒度:-35
・酸度:3.5
・アミノ酸度:1.2
・精米歩合:麹米/55%・掛米/55%

日本酒というよりワインだと思って飲んだ方がピンときます。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八永南部屋敷 酒田店

南部屋敷酒田店 海鮮おろしそば

山形県酒田市の「八永南部屋敷 酒田店」です。
国道7号線沿いにあります。両側が賑やかな店が建ち並ぶ辺りの東側です。
秋田から新潟への移動中の食事です。海鮮系を食べられればとお店を探しながら南下しましたが、午後の休み時間でなかなか食べるお店が見つからず…。
岩手県北上市に本部を置く和食レストランのチェーン店です。本部のある岩手県のほか秋田県、宮城県、山形県など東北の中部にお店を展開しています。
お店は、南部屋敷という名前から古民家風ですが、曲がり屋ではありません。店内も和風なファミレスの感じです。午後5時30分ですが空いています。
メニューは、看板がそば、天ぷら、うなぎとなっていますが、お寿司、カツ丼や海鮮などがあり、それらを組み合わせや御膳まで無限大のメニューに圧倒されます。それならば逆でシンプルに海鮮おろしそば(大盛)にしました。
空いてはいますがそれなりに手間もある…。普通に出来上がってきました。
大きな白い器にもられてきました。つゆと薬味、れんげも付いてきてます。
まず、おそばをなにも付けずにいただきます。おそばの香りを楽しみます。
次につゆをおらしを中心に、全体にかけます。おろしを少し取っておそばと一緒に食べます。おそばは、普通な感じですが、大根おろしの辛みと味でとても深い味わいで楽しめます。つゆがぶっかけスタイル用で、そのまま飲めるほどの濃さです。少し酸味もあるでしょうか。普通のそばつゆとはちょっと違った仕上がりになっています。薬味の山葵やねぎ、後に紅葉おろしと味の変化を楽します。海鮮は海老、ホタテ、三陸産のわかめなどの海草です。三陸産のワカメがメチャ旨です。ワカメそばが食べたくなります。最後に残ったつゆを飲みます。蕎麦湯が要らないしょっぱさで、逆に少し残念なことになりました。
蕎麦湯を楽しめないのは残念でしたが、それでも三陸産のワカメ、味の変化な
ど結構楽しめました。普通盛りが918円で大盛りが1080円でした。

南部屋敷酒田店 A天ぷらセット

相方が食べたお寿司とそばのセットのA天ぷらセットです。939円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.09

ラーメン 伊藤

伊藤 肉そば

秋田県仙北市(旧角館町)の「ラーメン 伊藤」です。
国道105号線上菅沢交差点近くにあります。看板や暖簾もなく、一般住宅と同じような建物ですが、大きなLPガスのボンベが4本もあって判ります。
右側の玄関を入ると雑誌などが置かれたスチールパイプ棚と食券販売機が目に入ってきます。少し奥の左側に厨房、右側と奥にカウンター席が全部で9席の小さめの店内です。左手前は製麺室でもあるのでしょうか。厨房も広く、製麺所で食べられるようにしました。って雰囲気です。午後1時過ぎに着きましたが、他にお客さんが5人と田舎のお店のお昼過ぎにしては賑わっています。
メニューは、シナそば(具なし)と肉そばの2品。盛りは、普通盛りの他に中盛と大盛があります。肉そばにしました。盛りは普通盛りでいいでしょう。
以前に食べたときは親父さんひとりでしたが、今日は親父さんがふたりです。弟さんが王子のお店を閉めて角館に戻ったのではちょっと心配になります。
1杯ずつ出来上がってきます。1杯ずつ出せるようタイミングを取ってゆで始めています。あまり見たことのない作り方です。1杯1杯が同じ仕上がりになるようにでしょう。お客さんが少ないこともあって早めに出来てきました。
白い器に盛られています。肉そばですが、普通のシンプルなラーメンです。
麺は、細めのストレート麺です。バリカタよりもさらに硬めのゆで加減です。ちんたら食べているとだんだん食べ易い硬さに。のんびりといただきます。
スープは、煮干しダシと醤油の香りと旨み、濃厚さを楽しめ仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、刻みねぎと刻みゆで玉ねぎとシンプルです。
標準で最強に硬い麺と絶品の少なめスープのちょっと不思議なシナそばです。2009年に食べたときは、中華そばが500円、肉そばが650円でした。しかし今は、シナそば600円、肉そばが780円とかなりの値上がりです。以前は普通かと思いましたが、今はちょっと高過ぎないか!って感じです。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.08

そば一

そば一 ざるそば

そば一 ざるうどん

秋田県秋田市の「そば一」です。
秋田市の秋田駅前、西武秋田店の地下1階レストラン街の一角にあります。
昼食がずれずれ込んで、早めの夕食のような時間帯になってしまいました。
どこのデパートも秋の大北海道展をやってるようでとても賑わっています。
お店は、おそば屋さんらしく、和風でちょっと暗めな落ち着いた雰囲気です。午後4時30分過ぎに着きました。他にもお客さんがなんと2組もいます。
メニューは、冷たい、温かいものに数種の食材を加えたものなどがあります。ほとんどのメニューには、おそばだけではなく、うどんも用意されています。どちらも食べてみたくなり、ざるそばざるうどんのふたつにしました。
お客さんも少なくすぐにかと思いましたが、遅めに出来上がってきました。
おそばもうどんもせいろが使われています。結構、平たく盛られています。
うどんの艶々した表面を見たら負けてしまいました。うどんから食べます。
うどんは、稲庭うどんを少し平打ちにしたもので軟らかめです。好みです。
おそばは、コシが強いです。後で食べたためか瑞々しさがもうひとつです。
つゆは、一般的なものより濃厚で鶉の卵入りです。これが昔ながらのざる?
おそば屋さんですがうどんの方が好みでした。お腹が空いていたので、これでちょうどいい量です。税込669円×2となりました。お得かも知れない。

そば一 ぶっかけそば

相方の食べたぶっかけそばです。税込777円

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ババヘラアイスパラソル

ババヘラアイスパラソル

秋田県由利本荘市(旧西目町)の道の駅にしめで休憩したときのことです。
売店のアイスクリームコーナーにババヘラアイスの貼紙があります。棒アイスと大きな自分で形作りをするもの、だろうと思いましたが他にもあるかなと覗いてみるとバヘラアイスに形の似た、今までにないものです。早速、実食!
正式名称は、ババヘラアイスパラソルか、花との文字も書かれていますが…。男鹿市の杉重冷菓が作っているようで、216円とお安くはありませんが…。
さて、味的には?いい感じです。しかし、そう!アイスクリームとして売っているのです。固さが全然違います。ソフトクリームに近いババヘラアイスですから考えてみれば判りますが、食感は全然別物でした。そりゃそうだ・・。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.07

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お高いお昼が続いたのでお財布に優しい白寿で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時30分過ぎに着きました。6割~7割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席の手前側が連続して空いています。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
いつもの通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれます。うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違ってきます。今日は、半分を切った量の中華鍋と出来上がった満杯の中華鍋が並んでいます。同僚と2人だったのですが待ちのお客さんはなく、おばさんは食器洗いを続けています。急ぐ訳でもなく、のんびり待ちましょう。やがて白寿にしては珍しく多く4人組のお客さんがやってきました。ようやく作り始めたのですが、それでも早いです。普通の待ち時間で出来上がってきました。さすがに6人分を一度に作ることはできず、2人分→4人分となりました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
食べている間にもお客さんがやって来て、ほぼ満席の賑わいになりました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他の店も是非見習って欲しいお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.06

大衆食事処 味の八珍亭

八珍亭 特製みそラーメン

新潟市(旧巻町)の「大衆食事処 味の八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。農家が並ぶ静かな道に目立つ看板があります。
お店の前と裏、少し離れた場所に駐車場があり、お店前に停められました。
お店は、左側奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央に大広間のような広い小上がりがあり、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広い定食屋さんのような雰囲気のお店です。午前11時30分過ぎに着きましたが、早い時間でも賑わっています。4~5割ぐらいのお客の入りです。
メニューは、麺類、丼物、定食、洋食系のほか、ドリンクバーまであります。麺類は、ラーメン、チャーシューメン、ラーメンセット、タンメン、五目うま煮そば、もやしラーメン、塩バターラーメン、カレーラーメン、担々麺、特製みそラーメン、特製ネギみそラーメン、特製みそチャーシューメン、特製ネギみそチャーシューメン、特製みそコーン、柿大将ラーメン(味玉付、背脂)、冷し中華(夏季のみ)とあります。人気の特製みそラーメンにしました。
ちょうど入ったお客さんが多そうです。少し待って出来上がってきました。
派手な模様の黒い器にたっぷり野菜と味噌スープの組み合わせが映えます。
スープに馴染んだ野菜を先に、麺が落ち着いた頃を見計らい掘り出します。
麺は、丸く太く強い縮れ、好みと違いますが、元気の良さを感じる麺です。
スープは、濃い味噌味です。普通のしょっぱさ、やや甘めでコッテリ感や油がほとんどありません。麺や野菜に良く絡みます。ニンニクが効いています。
トッピングは、たっぷりキャベツ・もやし・玉ねぎの炒め物、きくらげです。炒め物とスープの絡みも良く、麺がなくてもひとつの料理になっています。
太麺と濃厚味噌味スープ、野菜炒めとバランスの取れた味噌ラーメンでした。最後まで楽しくいただきました。800円。なかなかいい線だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.05

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン(大)

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び下手になります。
赤シャモジの淡麗醤油を食べたら、青島の生姜醤油が食べたくなりました。
お店は、奥行きがあり、右側に広い厨房、左側奥から手前にかけての長いカウンター席だけのお店です。飾り気がなく、開放感のあるラーメン専門店らしい雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。涼しくなってからは混んでいたので、今日も混んでいるだろうとお邪魔しました。が、6割ほどのお客さんの入りと空いています。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。今ではなかなか少ない、そして好きな、1つのスープで勝負している店です。チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔、麺もが増量できです。割高にはなりますが好みにトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。お腹が空いてます。麺を楽しもうかと思いラーメン(大盛)にしました。
手前中央の調理が良く見える席に空きがあり、座り、食券を出して待ちます。親父さん一人で絶妙にこなしています。今日は泉谷しげる似の親父さんです。前のお客さんのが出来上がり、すぐに作り、早めに出来上がってきました。
鳳凰の綺麗な模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さと普通の縮れ、これといった特徴のある麺ではありません。しかし、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランスの良さが楽しい麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒がきりりと味を引き締めます。薄味に感じることもありましたが、この親父さんはかなり安定しています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、刻みねぎなどです。トッピングの追加も楽しいけど、基本でもかなり充実しています。
普通なんだけど好みの麺、醤油と生姜が効いたスープ、充実したトッピング、それに醤油と黒胡椒の香りが加わり最後まで楽しく食べることができました。ラーメン750円はお高めですが、大盛り800円はお高め感が和らぎます。それでもお高いような気もします。たけど食べたくなる青島ラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.04

麺作 赤シャモジ 新潟東店

赤シャモジ新潟東店 淡麗醤油ラーメン(大盛)

新潟市の「麺作 赤シャモジ 新潟東店」です。
県道4号線(新潟横越線)沿いにあります。中野山交差点の角になります。
オープン当時に食べて以来です。久々に食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側奥に小上がりがあります。その手前にガラスで見易い製麺室があります。入口を入ったところに待ちスペースがあり、待つときの記名用紙もあります。木の質感を感じられる内装で、小さい建物のように見えて中は広々してます。窓が広く明るいお店です。正午過ぎですが、7~8割のお客さんの入りです。駐車場は混んでいましたが、お店の中はそれほどの混みにはなっていません。休日のとんでもない列びが嘘のような普通のラーメン屋さんの賑わいです。
メニューは、濃熟ふわとろスープのあわシャモジ、キレが自慢淡麗スープのうまシャモジ、麺に絡みまくるつけシャモジ、和風カルボナーラ!?のまぜシャモジに大別されます。いずれも天然素材、無化調、大盛無料になっています。あわシャモジは、濃熟醤油らーめん、濃熟味噌らーめん、濃熟辛味噌らーめんが…、うまシャモジは、淡麗醤油ラーメン、淡麗塩らーめんが…、つけシャモジは、濃熟醤油つけめん、濃熟味噌つけめん、辛味噌つけめんがあり、いずれも2種の味玉、特製、チャーシュー麺のバリエーションがあります。まぜシャモジは、赤シャモジ新潟東店の限定で、まぜシャモジだけになります。ブレンダーで泡立てたとろーりクリーミーな特製塩ダレを使用した赤シャモジオリジナル具沢山まぜそば!追い飯サービス(残った具材と混ぜてリゾット風にお楽しみください)お腹いっぱい食べて頂きたくもちろん麺大盛り無料!との説明があります。2種の味玉は、塩麹たまごと味付煮玉子です。豊富なトッピングやセットもあります。麺は、あわシャモジ用に全粒枌入り褐色太麺、うまシャモジ用に喉ごし極上麺、つけめん用にダブル全粒枌の大様麺が使用されています。各メニューや麺について説明もあります。前回、オープン間もないためか数量限定で売り切れだったキレが自慢淡麗スープのうまシャモジから食べたいと思います。一番スタンダードな淡麗醤油ラーメン(大盛)にしました。
オープン当初の応援があったときと変わらず早めに出来上がってきました。
ラーメン丼ではなく、変わった形の器に麺が盛られています。確かに丸い必要はなく、器でも楽しませてくれます。普通でも見映えするトッピングです。
麺は、細いストレートで、九州ラーメンのちょい太めにしたような感じです。モチモチ感がありますが、歯切れも良く、食べていてかなり楽しい麺です。
スープは、醤油味のしっかりしたもので、醤油や出汁の旨み・しょっぱさ・甘さがちょっぴり強めにバランス良く仕上がってます。嫌いではありません。
トッピングは、レアチャーシュー、メンマ、味玉半個、かいわれ、青ねぎ、海苔などで、レアチャーシューは、好みの弾力をしっかり楽しめるものです。
歯応えの良い好みの麺としっかり醤油味のスープ、充実のトッピング、バランスも良くかなり楽しまさせていただきました。淡麗醤油ラーメンは650円。普通盛りでもなかなかなんですが、大盛りでも同じ値段ですから納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.03

麺処 香林

香林 にしんそば

石川県金沢市の「麺処 香林」です。
金沢市の香林坊にあるデパート香林坊大和の8階レストラン街にあります。
金沢市での昼食です。食べようと思っていたラーメン屋さんが定休日でした。まあラーメン以外がいいかな。お寿司はそれほど食べたい気分でもないです。と、言うことでなにがあるだろうかとデパートのレストラン街に行きました。でも、全国チェーンのレストランなどで、金沢らしいお店が見つかりません。そんな中、おそばとうどんのお店があります。食べてみることにしました。
お店は、カウンター席だけ10席ぐらい、レストラン街にしては小さめです。午後12時20分頃に着きましたが、6~7割程度のお客さんの入りです。
メニューは、慣れた立ち食いのお店とは違います。いなりうどん・そば、山かけうどん・そば、天ぷらうどん・そば、めかぶうどん・そば、にしんうどん・そば、とろろ昆布うどん・そば、玉子とじうどん・そば、カレーうどん、氷見うどん、ざるうどん・そば、茶そばがあります。にしんそばにしました。
小さなご飯が先にきました。普通のご飯かと思ったらいい感じの酢飯です。
落ち着いた手際で、立ち食い程ではないけど早めに出来上がってきました。
和を感じさせる渋い器。その器からはみ出そうな大きなにしんがのります。
おそばは、細めで少しモチモチしています。コシもちょうどいい感じです。
つゆは、醤油味で普通に食べているものより甘くまろやかな仕上がりです。
トッピングは、甘しょっぱい味付けのにしん、蒲鉾、ねぎとシンプルです。
お店で一番安いざるうどん・そばが700円とかなりお高いお店のようです。それでも、にしんそばは900円とちょっとお得な感じがした1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.02

らーめん 幸

幸 あご塩麺

新潟市の「らーめん 幸」です。
県道16号線沿いにあります。北高校の近くの中興野南交差点の角地です。
あご出汁のラーメンが食べたくなり、最近食べてない幸にお邪魔しました。
建物壁の看板には、“AGO IPPIN”や“あご逸品”などと書かれています。
お店は、左側の奥に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。広めで落ち着いた雰囲気です。午後1時40分過ぎに着きました。半分程のお客さんの入りです。入ってすぐ食券販売機があります。
メニューは、マーボー麺、特製みそラーメン、アサリと卵のスープそば、みそ坦々麺、辛つけ麺、あご塩麺、あご塩鶏ワンタン麺、あご塩チャーシュー麺、あご正油麺、あご正油鶏ワンタン麺、あご正油チャーシュー麺などがあり、いずれも玉子かけご飯、チャーシュー丼、マーボー飯と組み合わせもできます。いろいろ食べてますが、一番このお店の基本だろうあご塩麺にしました。
食券を購入してもご自由にって雰囲気です。カウンター席に座って待ちます。
店員に食券を渡し、セルフサービスの水を用意して出来上がりを待ちます。
それ程の混みもなく、いつも通り、ちょっと早めに出来上がってきました。
店名が大きく入った白い器、塩らしい優しい色のスープが美味しそうです。
麺は、やや細の弱い縮れ。モチモチ感が強く、存在感のある元気な麺です。
スープは、透き通った塩味のあっさりしたものです。あごだしの旨み、コクとまろやかさを楽しめますが、こってりしたような香りがちょっと苦手です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、水菜、ねぎと充実してます。
麺がちょっと強いとか、香りがちょっとこってりしてるとか、苦手な点もありますが、それでも塩としてはかなりバランスの取れたラーメンだと思います。真面目に作っていることが伝わってきます。680円はいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.01

丸亀製麺 新潟河渡店

丸亀製麺新潟河渡店 釜揚げうどん特+野菜かき揚げ+かきの木茸天

新潟市の「丸亀製麺 新潟河渡店」です。
東地区の河渡マーケットシティ前の大きな道沿いにあります。向かいです。
毎月1日は釜揚げうどん半額の日、うどんを食べようかとお邪魔しました。
お店は、セルフのヴュッフェスタイルの和風スタイル、カウンター席、大小のテーブル席、小上がりがあります。和風のようですが、とてもシンプルな雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。セルフの列が外までおよぶ混みです。
メニューは、釜揚げうどん、ぶっかけうどん、かけうどんに大きく大別されています。予めトッピングを加えられたものがあり、さらにトッピングを加えることができます。天ぷらが豊富で、天丼用のライスもあります。釜揚げうどんは、冷たいものなく、温かいもののみの提供です。釜揚げうどん特(温)(240円)+野菜かき揚げ(130円)+かきの木茸天(110円)にしました。
清算して、ねぎをたっぷりつゆの器に入れ、生姜も増量して楽しみます。
讃岐うどんらしく合計480円で食べれました。半額で現地並でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »