« 信州そば | トップページ | 2016紅葉 »

2016.11.05

信州戸隠高原 大久保の茶屋

大久保の茶屋 そば御膳

長野県長野市の「信州戸隠高原 大久保の茶屋」です。
長野市街から戸隠へ、バードライン沿いにあります。戸隠高原の入口です。
うずら家で食べようかと思っていましたが、すでに受付が終了していました。長野県人の案内で食べたことのある大久保の茶屋で食べることにしました。
お店は、古民家風の建物で大きなお座敷のいくつも開放的に繋がっています。畳の上、これもまた古い昔から使っている座卓で食べるようになっています。午後3時前ですが、賑わっています。紅葉を楽しみに来た人が多いようです。2階へ案内されました。開放的で同じような和的な雰囲気になっています。
メニューは、そば御膳、冷たいそば、温かいそば、単品料理、お飲物に分類されています。冷たいそばは、ざるそば、天ざるそば、山菜天ざるそば、冷し山菜たぬきそば、冷したぬきそば、そばがきがあります。盛りは、半ざる(ざるそばのみ)、並、大盛り、徳盛りと調整できるようになっています。う~ん。そば御膳は、ざるそば(又は、かけそば)、山菜天ぷら、イワナの塩焼き、山菜料理2品(日替り)、きのこおろしなど豪華な組み合わせになっています。山菜天ぷらはもちろん他にも食べたく、そば御膳(徳盛り)にしました。
メニューを良く見たら、ほとんどが、おそばをうどんに変えられます。アレルギーのお客様への配慮のようです。アレルギーがあったら戸隠へは来ないのでは?と思いましたが、信仰で来る人もいるか?自分の食の太さに反省です。
イワナの塩焼きはもう少し時間がかかるようで、それ以外のものが出来上がってきました。徳盛りも蕎麦好きにはちょうど良い量に見えてしまいますが。
写真なんかを撮って、食べ始めようとする頃にイワナの塩焼きが出来上がってきました。熱々のイワナを食べたくて、写真撮るのを忘れてしまいました。
おそばは、一般的なざるそばの太さで、ちょうど食べ易いコシの強さです。
つゆは、出汁の効いていますが、少し甘さが足りないような感じもします。
天ぷらや山菜、イワナの塩焼きなど戸隠、信州の山深さを味で楽しめます。
そうそう!おそばの盛り付けですが、へぎそばの手操り盛りに似たものです。戸隠そばの盛りは、ボッチ盛りといって、数えるときの単位にもなります。
結構な食べ応えのおそばでした。飽きることもなく最後までいただきました。いいおそばですが、もっちょっとだけ細めで甘めが好みのおそばでしょうか。そば御膳(徳盛り)は2400円(+300円)と値段も相当豪華でした。

大久保の茶屋 天ざるそば

相方の食べた天ざるそば1550円。天ぷらなどシェアして楽しみました。

|

« 信州そば | トップページ | 2016紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/64454217

この記事へのトラックバック一覧です: 信州戸隠高原 大久保の茶屋:

« 信州そば | トップページ | 2016紅葉 »