« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017.01.31

中華そば 華月

華月

秋田県にかほ市(旧仁賀保町)の「中華そば 華月」です。
国道7号線沿いにあります。道の駅のようなにかほ陣屋の並びにあります。
何度も×2前を通っていて気になっていたお店、ようやくお邪魔しました。
酒田のラーメンと書かれた看板や幟があります。満月系列店とのことです。
お店は、入ってすぐ右側に厨房、左側に窓向きのカウンター席、右側奥にテーブル席があります。ひとつ昔のラーメン屋さんの雰囲気です。午後1時10分過ぎに着きました。お客さんがポツリポツリといます。その中にまかないを食べているスタッフもいます。カウンター席に座りました。
メニューは、中華、中華小、ワンタン麺、ワンタン、チャシュウ麺、焼豚ワンタン麺、醤油コーン・バターラーメン、華月ラーメン(ピリ辛味)、華月ワンタン麺(ピリ辛味)、華月チャシュウ麺(ピリ辛味)、華月焼豚ワンタン麺(ピリ辛味)、華月コーン・バターラーメン(ピリ辛味)、塩ラーメン、塩ワンタン麺、塩チャシュウ麺、塩焼豚ワンタン麺、塩コーン・バターラーメン、南蛮ラーメン(とろみ付)、味噌野菜コーン・バターラーメン、野菜入味噌ラーメン、野菜入味噌焼豚麺ラーメン、塩野菜入ラーメン(ピリ辛味)、ザル中華(夏場限定)、つけ麺(夏場限定)、冷し中華(夏場限定)などがあります。満月の系列店ですからこれでしょう。ワンタン麺にしました。
ポツリポツリの状態が続き、普通の待ち時間で出来上がってきました。

華月 ワンタン麺

深い青の模様の器にあっさりしてそうなスープ、たっぷりのワンタンです。
麺はやや細の強い縮れ、硬めのゆで加減、想定通りの酒田のラーメンです。
スープは、魚介の風味に醤油と動物系の旨味、全く癖のない仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワンタン、ねぎなどとシンプルです。チャーシューはしっかり硬めのもので、ワンタンは、小さめの挽肉を大きな皮で包んでいます。好きなトロトロの皮を楽しむワンタンです。
麺はもう少し軟らかめが好みですが、スープやトッピングは好みのものです。
中華が650円でワンタン麺が700円、かなり得した気分です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.30

角館 大勝軒

角館大勝軒

秋田県仙北市(旧角館町)の「角館 大勝軒」です。
角館駅近く北寄りの踏切と国道105号線上菅沢交差点の中間にあります。
お昼時の移動中、お店に前を通りました。角館にも大勝軒が出来たって聞いていたけどここなんだ!と思いつつ、お昼を食べようとお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、中央から右側手前に厨房向きのカウンター席、右側手前に小上がり、左側手前にガラス越しで見える製麺室があります。新しいお店らしく綺麗とてもです。午後1時10分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。左側中央付近に食券販売機があります。
メニューは、中華そば、みそそば、つけめん、みそつけめんとそれらにチャーシューを加えたものがあります。大勝軒ですからつけめんから食べます。
遅い時間です。時間がずれてもお客さんが入るのが人気店かと思っています。角館大勝軒もそうでしょうか。後から結構お客さんがやってきて賑わいます。スタッフは親父さん2人、ゆったりした仕事で出来上がってきました。

角館大勝軒 つけめん

麺、つけ汁ともに和を感じさせる器にシンプルな感じで盛られてきました。
麺は、太麺の自然な縮れ、かなり硬めで、モチモチ感を越えた歯応えです。
つけ汁は、醤油味がしっかりしながらあっさりしたものです。サラサラしているので麺を食べているときは薄味に感じますが、つけ汁だけを飲むとしっかりしょっぱめ、でもこのようなサラサラしたつけ汁としては薄味です。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、ゆで玉子半個、ねぎなどです。
つけ汁だけ飲むとしょっぱめですが、麺を食べるとかなりの甘さを感じます。鰹節か?ねぎの一部か?甘煮が混じっているような気がします。
いつもはここでスープ割りを楽しむところですが、割らずに楽しみました。
麺は、もう少し軟らかめが好みです。つけ汁は、不思議な甘さがありました。普通盛りの250gを楽しみました。大盛450gや特盛700gもありますが、無理そうです。普通盛りで700円。いい線かなと思います。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.29

麺のご馳走 花うさぎ

花うさぎ 魚介豚骨らあめん

秋田県仙北市(旧角館町)「麺のご馳走 花うさぎ」です。
角館バイパスじゃない昔からの国道46号線沿いにあります。桜の名所で知られる桧木内川沿い桜堤の北端近くです。武家屋敷からも遠くない場所です。
角館町も伊藤やにぼし屋など昔ながらって感じのラーメンが続いていました。今日はちょっと今風のラーメンを食べてみようと思い花うさぎにしました。
お店は、右に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に待ちの椅子が並んでいます。その左側にガラス窓で見えるようにした製麺室があります。カウンター席8席の小さく、最近風の明るくお洒落なお店です。午後12時30分過ぎに着きました。他にお客さんは4人です。左側に食券販売機があります。
しかし、故障中。束ねた食券が並んでいて、そこから食べたい食券を選ぶようです。食券をスタッフに渡し、お金を払って注文が完了するシステムです。
メニューは、魚介鶏だしらあめん、丸鶏旨味中華そば、魚介豚骨らあめん、こくまろ豚骨らあめん、濃厚豚骨つけめん(ゆずorマー油)、和風醤油つけめんとそれらの味玉トッピングと特製、和風香味あえそばとその味玉トッピングがあります。前回お邪魔した時には、魚介鶏だしらあめんをいただいています。今回は、まだ食べていない物の中から魚介豚骨らあめんにしました。
前回はスタッフ1人でしたが、今回は3人。作りは店主らしきスタッフのみで変わらず丁寧な仕事のようで、程好いタイミングで出来上がってきました。
真っ黒な器に魚介豚骨らしい色のスープがいい感じ、上品な盛り付けです。
麺は、平打ちっぽいやや細の弱い縮れ、とてもツルツルした感触がいいです。自家製麺だと個性を出したがるところですが、控えめな食べ易いものです。
スープは、魚介風味、豚骨と醤油の旨みでバランス良く仕上がっています。
トッピングは、レアチャーシュー、メンマ、もやし、、かいわれ、海苔、ねぎなどです。なかなか充実しています。やや細めもやしのゆで加減が良いです。
バランスの良い仕上がりですが、700円とやや観光地っぽい印象です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.28

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 ラーメン

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。やはり好きな小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場
があります。いつも通り混雑はしていますが、1台分の空きがありました。
お店は、通り正面の入口から入って、脇の出口から出るようになっています。お店の中は、左側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側に待ち用の椅子があります。カウンター席13席、綺麗な今風のラーメン屋さんです。人気店で、平日でも待ちがあり、休日はかなりの待ちになります。覚悟はしていましたが、6人の列びと休日のお昼にしては少なめです。入口を入った正面に可愛い食券販売機があります。横にメニューの説明があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンもあります。麺の大盛りが無料です。麺大盛りをスタッフに伝えるのか、無料大盛り食券も用意されています。ラーメンにしました。
店主が作り、奥さんが配膳をしているように見えています。そんなに多くの量を一度に作らないので、一定のペースでお客さんが廻っています。お客さんが帰ったら片付けてすぐに次のお客さんを案内するって感じではなく、作りに合わせて案内します。そのために複数人のグループも一緒に席に案内されます。スタッフにより並び始めたときに食券が回収されました。15分ほど待って手前の席に案内されました。席には予め水とおしぼりがセットされています。
カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。食器の扱いも丁寧です。食べ終わっての片付けなど食器のぶつかる音がしない心地よい仕事です。席について10分程の待ちで出来上がってきました。
縁の青が鮮やかな器にトッピングが品良く、彩り良く盛り付けられてます。
麺は、やや細の縮れ、普通のようでプリプリの歯応えがとても楽しい麺です。2種類の小麦粉を使用した自家製麺です。このような自家製麺は歓迎です。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものとのことです。動物系の旨みと煮干しの濃厚な風味が楽しい今時の出来の良いスープです。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、味玉半個、ねぎ、カイワレです。普通ラーメンのようでワンランク上のようなトッピングが嬉しくなります。
お客さんの健康を考えて選ばれた素材が丁寧な仕事により仕上げられました。全然飽きがくる感じもないままに、最後まで…。お腹いっぱいになりました。普通盛り650円でもいい感じなのに、同じ値段で大盛りが食べられました。喜びラーメンがスタンダード的ですが、ラーメンでも十分に楽しめました。
その後、待ちが外にまで及ぶことも…、中には11人組というお客も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.27

めん処 くら田

くら田 ラーメン(大盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
古町エリアです。本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路にあります。
昨夏の冷し中華以来、久々です。シンプルさを楽しもうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、手前左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着く小さな下町のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。8~9割のお客さんの入りでしょうか。カウンター席の中ほどに座れました。その後、徐々に賑わってきています。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあり、夏季の冷し中華もあります。あれ!違ってました。冷中華と書かれています。くら田の夏メニューは遅めの提供開始ですが、8月に入ってれば大丈夫です。麺の量は、普通盛り(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ビフォー(280g)、ダブル(320g)から選べます。細麺の他に平麺も、スープも醤油味の他に塩味も選べます。大盛りまでの麺の量や麺の種類、スープの味を変えても追加料金はありません。個人的なくら田の一番人気、ラーメン(大盛)にしました。
親父さんが作っておばさん2人で配膳と会計をやっています。相変わらずの手際の良さです。待ちのお客が少なかったため早めに出来上がってきました。
白っぽい器にあっさりそうなスープ、ほのかな煮干し香りにホッとします。
麺は、細い縮れで掬い易く、ツルツル感が良く、気持ち良く喉を通ります。
スープは、透き通った淡い醤油色、醤油味の薄味であっさりしています。優しい旨味と煮干しのほのかな香り、新潟あっさりラーメンらしいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草です。チャーシューは、醤油のいい香りがして、弾力や歯応え、脂の混じり具合など好みのものです。
魚介が香るあっさりしたスープと喉を気持ち良く通る麺、醤油の香りのチャーシューなど、550円で大盛りまで楽しめました。お腹もいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.26

笑美寿亭

笑美寿亭 つけ麺(ランチ)

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。本町通と上大川前通間の小原小路沿い、竹山病院脇です。
どれぐらい食べていないでしょう。久々に食べてみようとお邪魔しました。
お店に入る前に店先に表示のランチメニューをチェックします。3種類あり、麺のAランチは“つけ麺と豚生姜焼き丼”です。他をメモるの忘れました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の中華食堂って雰囲気の中規模のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。混んではいますが、カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒と幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩の各ラーメンとそれに葱、チャーシュー、野菜を加えたもの、塩はタンメンもあります。中華麺はあんかけのらーめんや焼きそばなどの多くの種類があります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。白胡麻、汁なし、赤、濃厚つけ、麻辣、黒マー油、海老、グリーンカレー、こってり和風、味噌、にんにくにら、クリーミー、冷やし、激辛、肉の各担々麺で15種類です。期間限定の担々麺があったりもします。香菜担々麺というパクチーを使ったものがあります。ちょっと興味はありますが、やっぱりお得感のあるAランチ:つけ麺と豚生姜焼き丼を食べることにします。
混んではいますがさすが中華料理のお店、早めに出来上がってきました。
シンプルな白い器に盛られています。笑美寿亭にしては結構シンプルです。
麺は、やや太めのつけ麺らしい緩い縮れ、それほどモチモチ感を強調させてい
ません。ちょっと全粒粉のような感じもありますが、普通に食べられました。あつもりのみの提供で初だったかも知れません。本当に冷めないので、いつもとちょっと調子が違います。最後まで熱々でいただけました。延びません。
つけ汁は、担々麺ぽい癖のない、辛味もない、とてもまろやかなものです。
トッピングは、つけ汁に味玉半個と小さな小さなお肉、ねぎなどとシンプルです。小さな海苔に魚粉があります。嫌みのない魚介系の香りが広がります。
あつもりのまろやかで、つけ麺にしてはあっさりな仕上がりの一杯でした。

笑美寿亭 豚生姜焼き丼(ランチ)

豚生姜焼き丼は、少量のようでも丸みのある器、そこそこボリューミーです。生姜焼きは、小さめの豚肉ですがなかなかの味付けです。ご飯が進みます。
ちょっとトッピングが寂しいかなと思いましたが、豚生姜焼き丼のお肉でちょうど良かったような気がします。800円です。
つけ麺1.5玉の850円もありましたが、これぐらいがいい量でしょう。

デジカメのホワイトバランスが上手く自動調整できなかったようで色合いが、殆どオレンジ色になりました。パソコンで修正してみましたが、限界かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.25

新潟市役所本館食堂

新潟市役所本館食堂 醤油ラーメン

新潟市の「新潟市役所本館食堂」です。
市役所本館地下1階にあります。分館にも地下1階に分館食堂があります。
不便な路線バスの乗り換え時間でのお昼、近場の市役所にお邪魔しました。
分館の食堂で食べようかと思いました。日替わり2種とカレーライスのみで、日替わりに麺類がある日もありますが、今日はありません。本館にします。
大きめの食堂ってスペースにテーブルが並んでます。市役所なんで県庁と違い地元の人が多く、お弁当なんでしょう。午後12時30分過ぎで賑わってはいますが、座るのに困るような感じはありません。食券販売機があります。
メニューは、定食などが中心ですが、麺類もあります。醤油ラーメン、塩ラーメンとそれらの大盛り、日替りラーメンです。醤油ラーメンにしました。
ラーメン類の受け渡し場所に向かいます。お盆に食券をのせ、順番に並べ待ちます。左側の奥で作っていそうですが見えません。2杯ずつ出来上がります。数名の待ちがいます。普通の待ち時間で出来上がってきました。
樹脂系の軽めでまあまあ爽やかな感じの器で、おとなしめの盛り付けです。
麺は、細めの縮れ、硬めにゆでられています。歯応えがちょっと苦手です。
スープは、醤油味の中華そば風で、癖のないちょっとおとなしいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、鳴門、ねぎなどです。
麺の硬さがちょっと気になりましたが、県庁よりは好みのラーメンでした。さらに410円と県庁より20円も安く食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.24

きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店

きんしゃい亭亀貝店 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店」です。
新潟西バイパス亀貝インター近く、大きなパチンコ店駐車場内にあります。
遅いお昼は西方面への移動中です。久々、きんしゃい亭にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前中央に向い合わせのカウンター席、その左側にファミレスっぽい小さな子供と並んで座れるような席もあるテーブル席、右側に洋食レストランのような椅子のテーブル席があります。濃い色の木質感が印象的な落ち着いた店内です。午後2時30分過ぎに着きました。貸し切りかと思っていましたが、他にお客さんが1人いました。お店に入るとそれぞれの店の食券販売機が並んでいます。写真入りで判り易いメニューも掲示されています。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンにトッピングを加えたものなどがあります。たぶきんも醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんとトッピングを加えたものなどがあります。その他両店とも豊富なメニューがあります。きんしゃい亭には、亀貝店オリジナルだろう新しいそうなメニューも数品あります。久々なのできんしゃい亭のラーメンにしました。
混むような時間ではありませんが、男性スタッフ1名のみで2店の対応です。九州ラーメンですが、普通のラーメンと同じ待ちで出来上がってきました。
白い器に九州ラーメンらしく少なめです。白濁のスープが美味しそうです。
おろしニンニクをたっぷりと入れて食べたいところですが残念、我慢です。
麺は、極細の弱い縮れ、本場ストレートとは違いますが新潟らしい麺です。
スープは、醤油とんこつらしい色、とんこつの旨味と醤油の旨味が絶妙です。との予定でしたが、ちょっとしょっぱさ控え気味で、コッテリ感が強めです。前回おろしニンニクをたっぷり入れたのですが、その違いかも知れません。
トッピングは、チャーシュー、紅生姜、胡麻、青ねぎとシンプルです。テーブル上の胡麻をたっぷり追加して、途中から辛子高菜漬も入れて楽しみます。
飲んだ後にはちょうど良い量でも、お昼には不足気味、替玉は我慢しました。お腹いっぱい食べない方が美味しかったという印象を残すことができるから。ラーメンの580円で、胡麻や辛子高菜漬けなどの味の変化も楽しめました。500円だった頃に食べているのでお高く感じますが、今ではお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.23

県庁一般食堂

県庁一般食堂 醤油ラーメン

新潟市の「県庁一般食堂」です。
国道116号線沿い、新光町にある新潟県庁内、西回廊の2階にあります。
県庁内のお財布に優しいラーメンを食べようかなと思ってお邪魔しました。
だだっ広いスペースにテーブル席が延々と並ぶ、職員食堂らしい雰囲気です。一般の人も利用可能です。正午前は職員以外の人がポツリポツリといる程度、嵐の前の静けさです。液晶タッチパネルの食券販売機がたくさん並んでます。ラーメンの分類のボタンを押しとラーメン類が何種類か用意されています。
メニューは、醤油ラーメン、チャーシューメン、野菜みそラーメン、担々麺があります。大盛りが可能です。以前提供されていた「本日のラーメン」という日替わりのラーメンは、提供されていません。醤油ラーメンにしました。
醤油ラーメン受け渡し場所に向かいます。キッチンプリンタがあって、すでに作り始めているのかなと期待しましたが、食券を出してから作り始めます。
立ち食いそばに似た乾麺をゆでざるに入れ、ラーメン丼にスープを張ります。タレとスープを入れるのかと見ていましたが、一気にスープのみ入れました。違う場所で、スープを作ってきているようです。駅の立ち食いそばのように。ゆで上がった麺を器に入れ整え、トッピングをのせて出来上がりになります。胡椒などは、ここにしかないので、必要があれば受け取ってすぐにかけます。予め用意していたお盆にのせ、お箸とレンゲを持って席への移動になります。途中に冷水機があるので、必要ならセルフサービスで水などを用意します。
樹脂系の軽めですがまあまあ雰囲気のある器で、おとなしい仕上がりです。
麺は、やや細めの縮れ、練り物っぽいネチネチした食感が苦手なものです。
スープは、醤油味の癖のない、ちょっと和風な感じのおとなしいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
以前はもう少しいい感じで食べれていましたが、麺が変わってしまいました。それでも430円で食べられるのですからお手頃なのは間違いないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.22

リストランテ マルコポーロ

マルコポーロ イタリアンチーズラーメン

新潟市の「リストランテ マルコポーロ」です。
古町エリア「ホテル イタリア軒」の洋食レストランで、1階にあります。
先日、青島にラーメンを食べに行った際、イタリア軒に洋食っぽいラーメンのポスターを見かけました。どんなものか食べてみようとお邪魔しました。
午後2時30分過ぎに着きました。イタリア軒の駐車場は満車、新潟交通西堀駐車場に停めてくださいとのこと、ひと回りしてようやくお店に入ります。
明るくお洒落な店内は、ホテルの洋食屋さんよりカフェのような雰囲気です。お客さんが少なく静かな店内と思っていましたが、やがてイベントが終わったのか、和服で正装した年配女性のとても賑やかな巣になってしまいました。
メニューは、ファミリーランチバイキングが終わり、喫茶の軽食メニュー提供になっています。ビーフカレー、伝統のハヤシライス、ミックスサンド、伝統のボロニアミートスパゲティ、ウニ・タラコ・真ツブ貝のタリアテッレがあります。それら定番メニューと別に期間限定メニューがあります。ローストビーフ丼とイタリアンチーズラーメンでいずれも1日10食の限定です。時間も遅く、諦めつつ聞くとありました。イタリアンチーズラーメンにしました。
注文がちょっと遅かったこともあって、少し待って出来上がってきました。
白い器に塩味のような透き通ったスープですが、ラーメンには見えません。
麺は、細めでしっかりした縮れがあり、モチモチ感がやや強めのものです。
スープは、あっさりした塩味でオリーブオイルで爽やかなにまろやかです。
トッピングは、モッツァレラチーズ、イタリア産生ハム、ブロッコリー、白髪ねぎ、万能ねぎ、トマトなどです。生ハムがスープでいい食感になります。
さすがです。ラーメンなのになんかイタリアンを食べているような感じです。塩味のスープとトマトの酸味が合いました。ミニサラダ付きで960円です。12月14日から提供されており、2月28までの提供となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.21

丸亀製麺 新潟河渡店

丸亀製麺新潟河渡店 鴨ねぎうどん(大)+野菜かき揚げ

新潟市の「丸亀製麺 新潟河渡店」です。
東地区の河渡マーケットシティ前の大きな道沿いにあります。向かいです。
テレビCMにやられました。あんなCMを見せられたら鴨ねぎうどんが食べたくなってしょうがありません。そうか、この冬鴨鍋食べていなかったから?
お店は、セルフのヴュッフェスタイルの和風スタイル、カウンター席、大小のテーブル席、小上がりがあります。和風のようですが、とてもシンプルな雰囲気です。午後2時に着きました。賑わってはいますが、列びはありません。
メニューは、釜揚げうどん、ぶっかけうどん、かけうどんに大きく大別されています。予めトッピングを加えられたものがあり、さらにトッピングを加えることができます。天ぷらが豊富で、天丼用のライスもあります。今回はなんの迷いもなく、予定通りの鴨ねぎうどん(大)野菜かき揚げにしました。
鴨が軟らかくいい味しています。ちょっとお高いような気もしていましたが、しっかりした量の鴨肉が入ってます。720円+130円のランチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.20

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン(大)

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び下手になります。
今年最初の青島です。長岡生姜醤油がまた食べたくなってお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右側に広い厨房、左側奥から手前にかけての長いカウンター席だけのお店です。飾り気がなく、開放感のあるラーメン専門店らしい雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。前に2人の待ちがいます。久々の待ちになりました。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。今ではなかなか少ない、そして好きな、1つのスープで勝負している店です。チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔、麺もが増量できです。割高にはなりますが好みにトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。今年も私的スタンダードのラーメン(大盛)から食べてみようと思います。
宮内駅前店移転を計画、確定次第お知らせします。と記載の貼紙があります。出来上がり待ちお客さんが多く、10分以上待って中央付近に座れました。
今日は、スキンヘッドの親父さんです。カウンターに食券を出し待ちます。
満席で待ちのお客さんが7~8割ぐらいでしょうか。いつ出来上がってくるか判らないような状態です。結構手際よく動いてそうですが、水も出てこなければ、丼の片付けも追い付かない状況です。余程の混みが続いたのでしょうか。途中で釜のお湯の取替もありました。綺麗なお湯でゆでた麺が食べられます。どうにでも成れ的な感じで待ち続けて、飽きた頃に出来上がってきました。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さと普通の縮れ、これといった特徴のある麺ではありません。しかし、ツルツル&プリプリ&モチモチとバランスの良さが楽しめる麺です。今日は、いつもよりちょっとですが、麺が絡まっているような気がします。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒がきりりと味を引き締めます。今日は、ちょっとぬるめです。トッピングも加えていないのにぬるめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、刻みねぎなどです。トッピングの追加も楽しいけど、基本でもかなり充実しています。
ちょっと絡んだ麺とちょっとぬるめのスープ。混み過ぎて親父さん疲れたか?それでも、麺、スープ、トッピング、醤油と黒胡椒の香り、最後まで全然が美味しくいただけました。いろいろあっても標準点以上の美味しさがあります。ラーメン750円はお高めですが、大盛り800円はお高め感が和らぎます。それでもお高いような気もします。たけど食べたくなる青島ラーメンです。
食べている最中に東堀店からでしょうか?応援がかけつけました。遅いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

正油らーめん さとう

さとう

新潟市の「正油らーめん さとう」です。
古町通沿いの上手、八千代橋からの鍛冶小路との交差点の近くにあります。
小千谷の「らーめん ヒグマ」姉妹店がオープンしたのでお邪魔しました。
お店は、正面に厨房があり、その周囲をカウンター席が囲うように配置されています。左側だけ壁があります。左右の手前に待ちのスペースが設けられています。午後12時20分過ぎに着きましたが、6人程の待ちになっています。右側に食券販売機があり、先に食券を購入して待つようになっています。
メニューは、正油らーめんとチャーシューメン、担々麺で、普通盛・大盛・特盛があります。トッピングも豊富にあります。正油ラーメンにしました。
賑わいから時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。

さとう 正油ラーメン

ヒグマと同じ白い器に、濃い醤油色のしょっぱそうなスープも美味しそう。
麺は、普通の太さの緩い縮れ。モチモチ感と粘り強さを感じさせる麺です。
スープは濃い醤油色の透き通ったもので、その色の通り醤油味のしっかりしたものです。生姜が良く効いています。角の席で黒胡椒まで手が届きません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなど結構シンプルです。
その後は、ヒグマと同じようにサービスのライスと漬け物を楽しみました。
久々にしっかりした正油を味わいました。生姜が美味しいです。麺がちょっと好みと違っていました。正油ラーメンが600円です。大盛でも650円とお得ですが、ライスもあり、大盛の必要はありません。ちょっとお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.18

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後1時過ぎの到着。駐車場にはザフザフの雪が、半分程の駐車台数です。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気で、とても綺麗な中規模のお店です。お店の中も半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
いつもはそこそこ早めに出来上がってくるのですが、直前に入ったお客さんが何組かいるようで、普通の待ち時間かなって感じで出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの縮れで、食べていると平打ちっぽく感じます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで懐かしく、食べて嬉しくなってきます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色で、煮干しの強めの香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりラーメンに似合うトッピングです。チャーシューは軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、海老フライ野菜添え、温泉玉子、ロールキャベツ、少量ずつですが3種類です。お新香も3点盛り。いつもながら定食+ラーメンのような充実した内容には関心させられます。
懐かしく出来の良い麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.17

らーめん 幸

幸 あご塩鶏ワンタン麺

新潟市の「らーめん 幸」です。
県道16号線沿いにあります。北高校の近くの中興野南交差点の角地です。
食べていないメニューがありそうな?「らーめん 幸」にお邪魔しました。
建物壁の看板には、“AGO IPPIN”や“あご逸品”などと書かれています。
お店は、左側の奥に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。広めで落ち着いた雰囲気です。正午過ぎに着きました。半分程のお客さんの入りです。入ってすぐ食券販売機があります。コラボラーメンらしき貼紙もあります。あれ!食べてなさそうで結構いろいろ食べてます。
メニューは、マーボー麺、特製みそラーメン、アサリと卵のスープそば、みそ坦々麺、辛つけ麺、あご塩麺、あご塩鶏ワンタン麺、あご塩チャーシュー麺、あご正油麺、あご正油鶏ワンタン麺、あご正油チャーシュー麺などがあり、いずれも玉子かけご飯、チャーシュー丼、マーボー飯と組み合わせもできます。
コラボラーメンは汁なし麻婆麺、ワンコイン(500円)です。かなり興味はありますが、やっぱりスープが楽しみ。あご塩鶏ワンタン麺にしました。
食券を購入してもご自由にって雰囲気です。テーブル席に座って待ちます。
店員に食券を渡し、セルフサービスの水を用意して出来上がりを待ちます。
それ程の混みもなく、いつも通り、ちょっと早めに出来上がってきました。
店名が大きく入った白い器、塩らしい優しい色のスープが美味しそうです。
麺は、細めで弱い縮れ、最近多いモチモチ感が強めで存在感のある麺です。
スープは、塩らしい透き通ったもの。鰹節とは違う魚介系の風味があります。あごだしの旨みは良いのですが、今日は油のコッテリ感が強めに感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、水菜、ねぎ、ワンタンなど充実しています。ワンタンは、具が適度な大きさで、皮はちょっと小さめです。
以前、少し主張が強く感じた麺は普通に感じましたが、あごのスープにちょっと癖があるコッテリ感が気になりました。ワンタンなど充実のトッピングはなかなか良かったと思います。あご塩ワンタン麺は780円です。ちょっとお高い感じもありますが、まあまあいい線でしょう。醤油の方が合いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.16

中華麺 かんだ

かんだ チャーシューメン

新潟市の「中華麺 かんだ」です。
新潟国際情報大学の近くです。国道116号線から越後線を越えます。セブンイレブン交差点を右へ、サークルK交差点を左へ、左側に見えてきます。
西地区の昼食、久々にあっさりしたラーメンを食べようとお邪魔しました。
オープンして少し経った頃に1度お邪魔しましたが、それ以来になります。
午後12時30分過ぎに着きました。お店前の駐車場にラーメンの幟が立っています。車は1台だけ止まっています。お店の入口に簾が下がっています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの小さな、白木のカウンターなどとても綺麗なお店です。他にお客さんは、常連かお友達っぽい年配の女性がひとりだけでしたが、すぐに帰ってしまい貸し切り状態になっちゃいました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、餃子、ラーメンと餃子(3個)、ライス、冷やし中華(夏季限定)です。チャーシューメンにしました。
空いていることもあり、すぐに作って貰え、早めに出来上がってきました。
綺麗な鳳凰の模様が入った白い器に、期待通りのあっさりしたスープです。
麺は、細い縮れ。あっさりスープに合う、どこか懐かしさを感じさせます。
スープは、醤油味のあっさり、癖がなく昔懐かしさを感じさせてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、刻みねぎです。
あっさり癖のない、食堂なんかにありそうなラーメンですが、良く出来ています。ラーメンが500円でチャーシューメンが650円、チャーシューがそんなにたっぷりではありませんが、なんともありがたいお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.15

ラーメン 樹よし

樹よし 鶏白湯味噌ラーメン

新潟市の「ラーメン 樹よし」です。
県道3号線(旧国道7号線)沿いにあります。新潟中心市街から豊栄方面へ、赤道十字路~中木戸交差点を過ぎた先、右側にあります。看板で判ります。
今日もお昼の出足が遅くなり、近場で食べようと樹よしにお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。お店前に駐車場がありますが、お昼時は満車で停められないことも多いのです。時間が遅いためか2台分空きがありました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その左右と手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。白い壁と深い木目調が落ち着いた雰囲気のお店です。遅い時間ですが、家族連れで半分ぐらいのお客さんの入りと賑わってます。
メニューは、鶏白湯味噌ラーメン、鶏白湯味噌チャーシュー、味噌坦々麺、生姜味噌ラーメン、旨辛醤油ラーメン、生姜醤油ラーメン、醤油ラーメンなどがあります。チャーシュー、半熟味付玉子、白髪ネギ、岩のり、メンマ、辛味噌などトッピングを加えたり、味の変化を楽しめるようになっています。過去に食べている濃厚味噌ラーメンと違うのか鶏白湯味噌ラーメンにしました。
待ちのお客さんも少なかったようで、かなり早めに出来上がってきました。
内側に模様の入った白い器に担々麺のような色のスープが美味しそうです。
麺は、普通太のやや平打ちっぽい縮れです。スープと絡み旨味があります。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌のような色で、鶏白湯のまろやかさとしっかりした味噌味に野菜炒めからの程よい甘さが加わり、いい仕上がりです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・きくらげ・挽肉の野菜炒めと白髪ねぎです。野菜炒めは、炒めのもの香りともやしに片寄らない仕上がりです。
好みの平打ちっぽい麺と鶏白湯と味噌の濃厚なスープ、香りがらしい野菜炒めなど、バランスの取れた味噌ラーメンです。690円とかなりお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.14

麺や 一晃亭

一晃亭 追い煮干し中華(大盛)

長岡市(旧寺泊町)の「麺や 一晃亭」です。
国道402号線沿い、寺泊アメヤ横丁の西側、海の家の向かいにあります。
車の少ない海岸線を雪道ドライブ、寺泊でお昼にしようとお邪魔しました。
お店の前に2台分ぐらいの駐車できそうなスペースがあるのですが、狭いので寺泊アメヤ横丁前の市営駐車場に車を停めて、吹雪の中を少し歩きました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。棚にアルコール類のボトルが並んでいます。夜は居酒屋にでもなっているのでしょうか。木の深い色が印象的な落ち着いたお店です。午後1時過ぎに着きました。他にお客さんは、ラーメンを楽しみに来たようなカップル1組と常連らしき男性客の3人、この吹雪なら仕方ないでしょう。
メニューは、醤油の追い煮干し中華、鶏出汁醤油の鶏、味噌の味噌ラーメン、背脂に大きく分けられています。追い煮干し中華は、追い煮干し中華、特製追い煮干し中華、追い煮干しチャーシューがあり、いずれも細麺です。鶏は、中華そば、チャーシューメンがあり、こちらも細麺です。味噌ラーメンは、味噌ラーメン、特製味噌ラーメン、味噌チャーシューメン、野菜味噌ラーメン、辛味噌ラーメンがあり、こちらは太麺です。背脂は、背脂醤油ラーメン、背脂味噌らーめんがあり、こちらも太麺です。麺の大盛りが無料です。細麺⇔太麺の変更可能です。セットもあります。餃子、餃子+半ライス、半チャーハン、わさびチャーシュー丼、新潟タレカツ丼などと組み合わせができます。トッピングの追加も豊富に用意されてます。追い煮干し中華(大盛)にしました。
いつでも早めに出来上がるお店です。今日も早めに出来上がってきました。
青の綺麗な器が、醤油の濁った煮干し出汁らしいスープに覆われています。
麺は、細麺のストレート。九州系多加水麺のような噛み応えの楽い麺です。
スープは、煮干しの醤油味、しょっぱさが控え気味で、あっさり優しい仕上がりです。追い煮干しらしく煮干し出汁が濃厚なものですが、これは和食的な出汁でのこと。濃厚煮干し出汁が一般的なラーメンでは程良い仕上がりです。
トッピングは、炙りとレア…2種のチャーシュー、しょっぱさ控えめメンマ、カイワレ、白髪ねぎ、海苔とシンプルそうに見えてかなり充実しています。
器の縁にゆず胡椒が…。半分ほど食べて溶かすとゆずの香りが広がります。
今風のちょっと硬めで噛み応えの麺とあっさりさらさら煮干し濃厚なスープ、充実のトッピングとゆずの香り、でも700円はちょっぴりお高いのではと思います。しかし、大盛りが無料ですから、かなり得した気分で帰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.13

海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX

海老寿DELUX 海老醤油+半チャーハン

新潟市の「海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX」です。
柳都大橋西詰近く、こんぴら通にあります。広東楼→春樺だった建物です。
冬らしい天気です。ほんのり温かなラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に広い座敷があります。庶民的中華料理店のような雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。天気のためかポツリポツリとお客さんがいる程度です。
入ってすぐの左側に食券販売機があります。ボタンや文字が大きめです。
メニューは、海老醤油ラーメン、海老塩ラーメン、海老味噌ラーメン、海老出汁担々麺、しょうゆラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、赤担々麺、白胡麻担々麺、濃厚海老つけ麺、海老チャーシュー麺(醤油or塩)、海老味噌チャーシュー麺、肉DELUXなど…、ランチは、海老醤油or塩+半チャーハン、海老つけ麺+よだれ餃子(2ヶ)で、海老醤油+半チャーハンにしました。
中華店の手際の良さ、空いてもいて、一緒に早めに出来上がってきました。
白い器に濃厚そうなラーメンです。中央にピンクの粉末が山になってます。
麺は、細めの優しい縮れのものでシコシコした食感がとても心地良いです。
スープは、海老の濃厚な旨味のもので、表面の油がまた濃厚な海老味です。
トッピングは、海老粉?、味玉半個、メンマ、ほうれん草、白髪ねぎです。
結構好みの麺と濃厚な海老スープ、さらに海老味のトッピング、海老を存分に
楽しめた一杯でした。大盛りだとたぶん飽きがきちゃうだろうと思います。
半チャーハンは、醤油系だろう適度な味付け、適度なパラパラ感があります。特にどうこうとありませんが、さすが中華系のお店と思わせる仕上がりです。海老醤油ラーメンが単体でも780円とちょっとお高いと感じるお店ですが、このセットの800円はなかなかいいかな…。食べ過ぎのような感じも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.12

中華そば・餃子 杭州飯店

杭州飯店 牛すじ煮込み定食(半ラーメンセット)

燕市の「中華そば・餃子 杭州飯店」です。
国道289号線の旧吉田町と旧燕市の間、きょうえい信組から東に入ります。燕背脂系ラーメンを代表するお店、テレビにも良く取り上げられています。
出張者と一緒の昼食。出張者のたっての希望で杭州飯店にお邪魔しました。
お店の前を通過した先にかなり広めの駐車場があります。午前11時50分過ぎに着きました。駐車場には5㎝ぐらいの積雪、結構混んでいて、ぞろぞろとお客さんがお店の方に歩いています。足元が悪い中、お店に到着しました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に別棟のような広い小上がり席あります。テーブル席、小上がりともにテーブルや座卓などが、ところ狭しと配置されています。大衆中華料理店の雰囲気、大きなお店です。少し早めに着いたつもりでしたが、テーブル席はほぼ満席、お店の中央では、なんと会計をして帰ろうとしているお客さんが結構多くいます。会計が終わって通路が空いたところで小上がりに案内されました。小上がりもそこそこ混雑しています。
メニューは、そば、御飯物、一品料理などに分類されています。そばは、中華そば、大盛りそば、チャーシューメン、メンマ中華、メンマチャーシュー、もやし炒めそば、もやしチャーシュー、麻婆麺、カレーそば、タンメン、五目そば、ザージャン麺があります。中華そば、大盛りそば、チャーシューメン、メンマ中華のみに絞ったメニューは週末のもののようです。他にも平日のサービス定食とスペシャルメニューがあります。スペシャルメニューに牛すじ煮込み定食と牛すじ煮込み定食(半ラーメンセット)があります。前回、テレビ番組で紹介された直後のためか、遅かったためか、売り切れになっていた牛すじ煮込みがあります。牛すじ煮込み定食(半ラーメンセット)にしました。
厨房前近くに用意された給水器からセルフサービスで水を用意して待ちます。牛すじ煮込みとご飯、お新香が先にきました。ご飯はお皿に盛られています。杭州飯店は麺が1種類で、予めお客さんの入り具合を見てゆでていそうです。前に他のお客さんですが、注文して10秒程で出来てきたことがありました。
今回は混みと待ち客の多さもあって、かなり待って出来上がってきました。
普通の中華そばは白い小さな器に波々と盛られてきますが、半ラーメンの方が一般的なラーメンに近い見た目になっていて、表面にたっぷりの背脂です。
麺は、極太の縮れ麺です。全体的には平たい麺で不揃いなところがあります。1本の麺で途中までがうどんでその先がきしめんみたいなのが普通なんです。幅も大体は似たようなものの不揃いです。手打ちのような仕上がりの麺です。コシの強いうどんのようでゆで加減が硬すぎないので心地よく食べれます。
スープは、たっぷりの背脂に覆われています。その下は醤油色が濃いめに見えますが、しょっぱさが控え気味で煮干し風味のあっさりしたスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉ねぎととてもシンプルです。チャーシューは、醤油の味付けが良くちょうどの硬さ、歯応えも楽しめます。メンマは、他のお店ではなかなか見ない濃色で、漬け込んだ旨味豊かなものです。
ラーメンという分野でいいのだろうか?と思う太い手打ち麺の中華そばです。
半ラーメンとなっていますが、7割ぐらい食べたような満足感があります。
牛すじ煮込みは、食べ易い大きさの牛すじが程よく入っています。醤油とラー油に少しお酢が入ったような感じの味付け、かなりしょっぱめです。ご飯が3杯ぐらい食べられそうです。少しでもお新香が付くのが嬉しくなります。
ご飯は、ご飯茶碗で欲しいです。カレーライス、オムライス、チャーハンだけが例外です。中華そばが800円のところ、牛すじ煮込み定食(半ラーメンセット)は900円ですからちょっと得した気分になれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.11

こまどり

こまどり 味噌チャーシューメン

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
県道新潟寺泊線の竹野町交差点から稲島方向へ曲がってすぐ右側にあります。お店前に農協の建物が出来て、道路から直接見えなくなってしまいました。
久々かな?味噌ラーメンらしい味噌ラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、左側にある入口を入ると風除室があり、右に折れるように進みます。入ってすぐ左側にテーブルの個室、先に進むと右側に広い厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に広間を長くしたような小上がりがあり、奥に座敷があります。かなり大きめの、古さもいい感じのお店です。午前11時過ぎに着きました。普段の混みがまるで嘘のような光景が広がっています。お客さんがポツリポツリといるだけです。合わせても10人ぐらいでしょうか。少な!
メニューは、味噌ラーメンをはじめ、特製味噌ラーメン、味噌五目ラーメン、味噌チャーシューメン、バター味噌ラーメン、たんたん味噌ラーメン、ごまだれ味噌ラーメン、ねぎ味噌ラーメン、野菜とんこつ味噌ラーメン、とんこつ味噌ねぎチャーシューメン、野菜ラーメン、ねぎチャーシューメン、わかめラーメン、塩バターラーメン、ソース焼そばと豊富に揃っています。麺は、太麺、平麺、細麺の3種類が使われていて、各メニュー毎に決まっていますが、変更も出来るようになっています。平麺の味噌チャーシューメンにしました。
その後、お客さんが増えてきて、調理をはじめスタッフも増えてきました。
常連客でしょうか?餃子を注文するお客さんがかなり多く感じられました。
オーダも結構溜まっているようで、時間がかかって出来上がってきました。
すり鉢の器にたっぷりの野菜、その中央にチャーシューが重なっています。
麺は、平打ちの縮れ、食べ易く、スープとの絡みも良く、旨味を感じます。
スープは、濃い味噌味でしょっぱめ、甘さや油は控えあっさりしています。
トッピングは、チャーシュー、野菜炒め、ニンニクの芽、わかめ、ねぎです。チャーシューは、レアっぽい大きなものでそこそこのボリュームがあります。野菜炒めは、もやしとキャベツときくらげ、挽肉の炒めもので、味噌味の濃さは、野菜炒めを美味しく食べるためのものだったかのように良く合います。
平麺とスープの絡みが良く、野菜炒めもスープのしょっぱさと良く絡みます。味噌ラーメンが760円で、味噌チャーシューメンが860円です。100円増しで好みのチャーシューがたっぷりですから、ちょっと得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.10

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お正月も終わりですか!?お財布に優しい白寿にしようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。混んでいます。ほぼ満席に近い状態で、手前のカウンター席に辛うじて空きの席がありました。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
手前カウンター席の中央に陣取って待ちます。今日は、なかなか静かです。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれます。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違ってきます。今日は残りがたっぷりの中華鍋があり、親父さんが次の鍋の仕込みの最中です。食べているお客さんと出来上がり待ちのお客さんが半々ぐらいのようです。前のお客さんのを作ろうとしているのに間に合いました。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ器を用意、タレを入れ、スープを張る頃に麺がゆで上がります。麺を湯切りし、器に移し、うま煮をかけます。目の前に運ばれてきました。
タイミングですが、ファーストフードなみの早さで出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
一気に作るから?食べ終わったお客さんが帰ると半分程の賑わいになります。その後もポツリポツリとお客さんが来て、いつの間にか満席になりました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も見習って欲しいお手頃感でした。
最近は白菜を始め野菜の高値が続いていて、良く頑張っていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.09

らーめん 燈

燈 つけめん

新潟市の「らーめん 燈」です。
笹出線上近江交差点と紫鳥線女池交差点の間、やや笹出線寄りにあります。
判る人にはルーテシアとホビーロードの中間辺り。平屋の建物の一角です。
「麺や 燈花」の姉妹店で、とんこつスープをコンセプトにしたお店です。
お店は、奥に厨房、中央にテーブル席、左側と手前に壁向きのカウンター席、右側にファミレスのようなボックス形のテーブル席もあります。白壁と白木の質感、新しくとても明るいお店です。カフェなんかでも良さそうな、女性ひとりでも入り易そうなお店を目指していることが判ります。午後1時30分頃に着きました。5人の待ち、10分超待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、…、一新されています。つけめん(並250g・大350g・特450g)、味たまつけめん、ちゃーしゅうつけめん、野菜とんこつ、らーめん、ちゃーしゅうめん、おこさまらーめんがあります。野菜とんこつは、野菜450gなど具材計500gのボリュームです。飯・サイドメニュー・トッピングなども充実しています。ランチタイムは、通常300円のミニチャーハンが麺類とセットなら80円で提供されます。つけめんミニチャーハンセットにしました。
待ちのお客さんも多く、そこそこ長めの待ち時間で出来上がってきました。
黒い器に麺、白い器につけ汁という、逆かなって色の器に盛られています。
麺は、かなり太めのゆるい縮れ、全粒粉でモチモチの歯応えを楽しめます。
つけ汁は、とんこつのまろやかさやトロミ、旨味とこってり感があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎ、魚粉などです。
食べ終わって、スープ割りを楽しみます。少しあっさり、香りが立ちます。
好みと違うつけめんですが、スープ割りでやや解消できました。780円と並盛りでは少しお高いような気もしますが、そこそこボリュームがあります。

燈 ミニチャーハン

ミニチャーハンはご飯茶碗1杯分ぐらいのボリューム、80円はお得です。

燈 らーめん

相方が食べたらーめんです。700円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.08

らぁめん お~や

お~や

新潟市の「らぁめん お~や」です。
東新潟駅前、スーパーマーケットキューピットの駐車場の向かいにあります。すばる屋があった建物です。古町エリアから移転後初のお邪魔になります。
スーパーマーケットキューピットの駐車場を使用して下さいとのことです。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側奥にテーブル席、右側中央に待ちのスペースがあります。適度な古さが居心地の良い店内です。風除室に食券販売機とたくさんのメニュー写真が所狭しと貼ってあります。
メニューは、濃厚らぁめん(こってり鶏白湯スープ)とらぁめん(あっさり鶏ガラ煮干しスープ)の2種類に大別されます。濃厚らぁめんは、ニンニク醤油味、塩トンコツ味、八丁味噌味、カレー味、甜麺醤味に変更でき、濃厚らぁめん、鶏濃厚らぁめん、鶏つくね濃厚らぁめん、鶏尽くし濃厚らぁめん、ピリ辛辛みそ濃厚らぁめん、激辛辛みそ濃厚らぁめん、チャーシュー濃厚らぁめん、特製濃厚らぁめんがあります。らぁめんは、醤油味、八丁味噌味、白ワイン塩味、白ワイン醤油味、鯖節味、甜麺醤味に変更でき、らぁめん、鶏らぁめん、鶏つくねらぁめん、鶏尽くしらぁめん、梅らぁめん、牡蠣の白ワイン蒸しらぁめん、チャーシューらぁめん、特製らぁめんがあります。他にも、ピリ辛醤油ラーメン、坦々麺(辛増可)、和え麺(塩生姜和え麺、梅和え麺に変更可)、和風らぁめん、数量限定の野菜たっぷり濃厚甜麺醤らぁめん(1日7食、1月~2月末)、鶏三昧カレーらぁめん(1日2食ほど)があります。数量限定メニューは、すでに売り切れになっています。和風らぁめんにしました。
午後2時前、お店に入ると4人掛けのテーブル席は3人組が、カウンター7席は飛び飛び、ソファに座って待ちます。カウンター席のお客さんがスライドしてくれてカウンター席に座れました。食券をカウンターに置いて待ちます。
その後もポツリポツリお客さんがやってきて、かなり賑わってきました。
より一層増えたメニューやトッピングなど、どれぐらいの組み合わせがあるのでしょう。多くのメニューを相変わらず店主一人でこなしています。手際良く丁寧に作っています。待ちの客も多く時間がかかり出来上がってきました。

お~や 和風らぁめん

白い和風な器にトッピングが賑やか、目でもなかなか楽しませてくれます。
麺は、やや細のストレートです。角がしっかりしているので平打ち麺を食べているような舌触りで、モチモチ感や歯応えも楽しめるしっかりした麺です。
スープは、塩味のあっさりですが、塩味を感じさせない程旨味があります。
トッピングは、豚チャーシュー、蒸し鶏、メンマ、味玉半個、鰹節、桜えび、カイワレ、とろろ昆布、青ねぎと充実しています。和風盛りだくさんです。
好みとは少し違いますが味わいのある麺、品の良い好みのスープ、充実のトッピング、楽しませてもらえました。これで780円はお得にさえ感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.07

らーめん 三咲屋

三咲屋 しおらーめん

新潟市の「らーめん 三咲屋」です。
旧国道7号線沿い、イオン新潟東近く、新発田寄り交差点の先にあります。
午後2時過ぎのお昼です。準備中のお店が多く、三咲屋に辿り着きました。
お店は、右側中央に厨房、中央と右側手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。古びた造りが落ち着いた雰囲気です。午後3時過ぎに着きました。小上がりに1グループのお客さんの入りです。
メニューは、しおらーめん(細麺)、野菜らーめん(細麺・塩味)、みそらーめん(太麺)、こってりらーめん(太麺)、醤油らーめん(細麺)とそれらにトッピングを加えたもの、半チャーハンとのセットなどがあります。貼紙で鴨だしつけ麺があります。三咲屋の最も基本的なしおらーめんにしました。
お客さんが少ないこともあるでしょう、とても早く出来上がってきました。
白い器に塩ラーメンらしい淡い色のスープ、シンプルなトッピングです。
麺は、細麺の縮れです。シコシコした歯応えの気持ち良さを楽しる麺です。
スープは、あっさりしながらまろなか、だしの旨みを感じられるものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎ、とてもシンプルです。
好みの麺と塩味では珍しく旨味があって癖のないスープ、トッピングは少し物足りない感じがしますが、この品質での650円はいい線かなと思います。
少し割高になりますが、トッピングを充実させたものも食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.06

やまだラーメン 土橋店

やまだラーメン土橋店 ラーメン

上越市の「やまだラーメン 土橋店」です。
県道579号線(上越大通り)沿い、上越市市民プラザ並び、南隣にあります。
上越市での昼食です。職場内でも人気のやまだラーメンにお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側に厨房向きのカウンター席がある細長いお店です。さらに手前に小上がりがあり、いっそうお店の形が細長く感じます。結構古い筈で、そんな雰囲気もあります。午後12時40分過ぎに着きました。お店脇の通路の先に駐車場がありますが、すでに満車、他の車の出入りに影響しなさそうな位置に止めます。お店へ移動。お店内もほぼ満席に近い賑わいです。
メニューは写真入りで、パーコーメン、チャーシューメン、みそラーメン、カキラーメン、エビラーメン、カニラーメン、ラーメン、ワンタンメン、ワカメラーメン、ワンタンスープ、エビ野菜ラーメン、ホタテラーメン、タンメン、五目ラーメン、チャーハンや中華丼もあります。ラーメンにしました。
そのような混みですが、それほど待たずに、早めに出来上がってきました。
真っ白い器に、なんともシンプルなラーメンです。ねぎの緑色が新鮮です。
麺は、細麺の縮れ。食べ易いけど、細さに似合わずモチモチ感があります。
スープは、醤油味のあっさりしたものですが、油のこってり感と動物系の香りが気になります。胡椒を多めにかけてみると…、どちらも解消されました。
トッピングは、歯応えのあるチャーシュー、メンマ、ねぎとシンプルです。
スープにちょっと癖がありますが、シンプルでなかなか楽しめる一杯でした。ラーメンは600円です。ちょうどいいかなって線ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.05

ちゃーしゅうや武蔵 笹口店

武蔵笹口店 辛味噌麻婆麺

新潟市の「ちゃーしゅうや武蔵 笹口店」です。
駅南エリア、笹出線と紫鳥線の間、笹口のTSUTAYAの駐車場内にあります。
時間もなくなり、近くのちゃーしゅうや武蔵で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に長いテーブルを使ったカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。午前11時50分過ぎに着きました。まだお昼前だというのに8割を越えるほど、お客さんが多くて賑わっています。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅうめん、からし味噌らーめん、からし味噌ちゃーしゅうめん、つけ麺、旨辛つけ麺などがあります。つけ麺類は、中盛まで無料、熱もり・冷もりから選べます。平日のランチタイムは、ちゃーしゅう飯120円のお手頃な提供もあります。冬季限定で辛味噌麻婆麺があります。からし味噌らーめんの予定を変更、冬季限定の辛味噌麻婆麺にしました。
1枚ものの辛味噌麻婆麺の貼紙があり、『定番の“味噌”×旨辛の“麻婆”×自慢の“ちゃーしゅう”』とあります。さて、どのようなものでしょうか。
混みがあるのでしょう。いつもより長い待ちの後、出来上がってきました。
クリームっぽい色の器に、期待通りの赤い表面、チャーシューもあります。
麺は、気持ち太め、好みの平打ち縮れです。麻婆ともいい感じで絡みます。
スープは、麻婆と混じり合って判り難いのですが、味噌味だけは判ります。
トッピングは、麻婆、チャーシュー、ねぎです。麻婆は、絹ごし豆腐で挽肉の他に大きなきくらげが入っています。かなりいい辛さが仕上がっています。
冬だというのに汗が出る辛さ、宣伝文句の割りに薄いチャーシューは残念でしたが、なかなか楽しめました。928円と結構お高いものになりました。
お店を出るときには20人程のお客さんの列び、結構人気があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダルマ食堂 笹口店

新潟市の「ダルマ食堂 笹口店」です。
新潟駅南地区です。TSUTAYAの並び、AEON笹口店の駐車場の一角にあります。
時間の余裕もない駅南の昼食です。まだ、食べていないメニューも多く、正月での長期間休みとかもなさそうなダルマ食堂で食べようとお邪魔しました。
店の中に複数の灯りが点いています。遠くからは、営業中のように見えます。しかし、近くに車の駐車もありません。お店の前まで行くと…、ガーン!

貼紙があります。

ダルマ食堂笹口店 閉店

文章です。年末年始の営業案内ではありません。
昨年の年内を持っての閉店のご挨拶でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.04

居酒家 すいとんや

すいとんや

新潟市の「居酒家 すいとんや」です。
古町エリアの坂内小路沿いにあります。西堀通と古町通との間の西堀通寄り、イタリア軒近く、「ラーメン・餃子 天龍」の西堀通寄りの並びになります。らーめんやと書かれた暖簾やラーメンの電光表示が気になってたお店です。
お店は、奥に厨房、その手前に椅子に座るカウンター席の小さな居酒屋です。本当に居酒屋の雰囲気そのもので、靴を脱いで上がるのもまた居酒屋風です。カウンターが7席で、他にも小上がりか座敷かがあるようですが判りません。午後12時30分前に着きましたが、他にお客さんが1人と空いています。

すいとんや メニュー

メニューは、正油らーめん、塩らーめん、野菜らーめん、チャーシューめん、冷し中華(5月~9月)があります。また、正油らーめん・塩らーめん・野菜らーめんのいずれかにミニチャーシュー丼・ミニカレーライス・ごはんと生卵のいずれかをセット、小鉢付のランチもあります。正油ラーメンにしました。
この時間は親父さんひとりでの営業ようです。すぐに作り始め、和食の料理を作っているような丁寧な仕事です。そこそこ早めに出来上がってきました。

すいとんや 正油ラーメン

青いラインの白い器に、ほうれん草の緑、鳴門の濃いピンクが印象的です。
麺は、やや細の縮れ。適度なモチモチ感や旨味のある食べ易い好みの麺です
スープは、淡い醤油色、見た通りの醤油味であっさりした優しいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
居酒家すいとんやの昼ラーメンは、しっかりした新潟あっさりラーメンです。和の優しい仕上がりで、今では600円とお手頃にさえ思える一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.03

ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店

あおきやスーパーセンタームサシ新潟店 ラーメン(大盛)

新潟市の「ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店」です。
新潟亀田IC近く、スーパーセンタームサシのフードコート内にあります。
お正月でもムサシに合わせて営業していそうなあおきやにお邪魔しました。
お店は、フードコートなので他のお店と共用のテーブル席のみ、広くかなりのお客さんを収容できます。営業していました。午後1時30分過ぎに着きました。他のお店のお客さんも含め、ほとんどの席が埋まるほど賑わっています。長岡の本店など同様に食券販売機で食券を購入するスタイルになってます。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンとそれらの大盛りとシンプルです。ラーメン(大盛)にしました。食券を購入、窓口に出すとポケットベルみたいな小さな機械が渡されます。冷水機から水を用意して席に座って待ちます。普通の待ちで電子音がなりました。窓口で機械と引き換えに受け取ります。
器の下にスープをこぼさないようプラスチックのボール風の容器があります。白い器に濃い醤油色のスープ、スープの色だけでも楽しめるラーメンです。
麺は、普通の太さのかなり弱い縮れで、ツルツル・プリプリした食感です。
スープは、長岡生姜醤油らしいものです。醤油の味に軟らかさがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎなどです。
麺もスープも好みです。弾力のあるチャーシューも多めで充実感があります。ラーメン(大盛)は650円とあおきやで一番お手軽に感じられます。
鳴門はありませんが、青島よりも150円も安く食べれるのは大きいです。
その後、ムサシ食品館での餅つき見学、振る舞い餅をいただき帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.02

鮨ダイニング 鳥海山

鳥海山 海鮮丼+あら汁

秋田県にかほ市(旧象潟町)の「鮨ダイニング 鳥海山」です。
国道7号線沿いにある道の駅・象潟「ねむの丘」のすぐ向かいにあります。
以前から気になっていましたが、ようなく営業時間内にお邪魔できました。
広い駐車場に平屋の建物、玄関は和風ですが、コンビニだったのでしょう。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に座敷風の小上がりがあります。コンビニ風の建物からは全然想像もできない和食の食堂って雰囲気の店内です。午後12時30分過ぎに着きました。まだ、半分ぐらいのお客さんの入りですが、徐々に混み始めてきています。
メニューは、海鮮系の丼が人気のようです。通常の海鮮丼の他、地魚による地魚丼があり、どちらもネタ2倍のDXもあります。うどんやおそば、ラーメンなどや組み合わせたセットもあります。地魚のお寿司やお刺身、単品料理も豊富です。カキフライやマグロハンバーグ、海鮮のカルパッチョやビザ、日替りのようですがカブト煮やカブト焼きの定食も豊富にあります。味噌汁なども種類があり、セットでの割り引きもあります。海鮮丼あら汁にしました。
混む前に注文できていたこともあって、少し早めに出来上がってきました。
海鮮丼とあら汁だけのなんともシンプルな、ちょっと寂しい仕上がりです。
正月中ですが新鮮な海鮮、普通に美味しくサラッといただいちゃいました。
税別1000円+300円-100円で1200円の海鮮丼+あら汁でした。税が加わりちょっとお高いような気もしますが、観光地の価格なんでしょう。
地魚丼の地魚も楽しんでみたいのですが、地魚の方が1400円なんです。

鳥海山 ミニ海鮮丼セット(そば⇒うどんに変更)

相方の食べたミニ海鮮丼セット(そば⇒うどんに変更)。税別880円です。

鳥海山 牛すじ定食

子供№2が食べた牛すじ定食です。税別980円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.01

あけましておめでとうございます。

朝日

あけましておめでとうございます。
昨年は、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
今年もラーメン、山、写真などなど日記に残していこうと思っています。
2016年に食べたラーメンの数は、以下のとおりです。
食べたラーメン 283杯
 そのうち県外  34杯

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »