« らーめん 燈 | トップページ | こまどり »

2017.01.10

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お正月も終わりですか!?お財布に優しい白寿にしようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブル席が2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。混んでいます。ほぼ満席に近い状態で、手前のカウンター席に辛うじて空きの席がありました。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけです。さらに大盛りは対応はしていません。サイドメニューもありません。白寿は、うま煮そばが人気のお店です。うま煮そば!と注文しながらセルフサービスの水を取りに行きます。
手前カウンター席の中央に陣取って待ちます。今日は、なかなか静かです。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれます。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく違ってきます。今日は残りがたっぷりの中華鍋があり、親父さんが次の鍋の仕込みの最中です。食べているお客さんと出来上がり待ちのお客さんが半々ぐらいのようです。前のお客さんのを作ろうとしているのに間に合いました。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ器を用意、タレを入れ、スープを張る頃に麺がゆで上がります。麺を湯切りし、器に移し、うま煮をかけます。目の前に運ばれてきました。
タイミングですが、ファーストフードなみの早さで出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコの細麺です。強めの縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いですが、魚介の香りのあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
一気に作るから?食べ終わったお客さんが帰ると半分程の賑わいになります。その後もポツリポツリとお客さんが来て、いつの間にか満席になりました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も見習って欲しいお手頃感でした。
最近は白菜を始め野菜の高値が続いていて、良く頑張っていると思います。

|

« らーめん 燈 | トップページ | こまどり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/64761011

この記事へのトラックバック一覧です: 中華 白寿:

« らーめん 燈 | トップページ | こまどり »