« らーめん いちのじ食堂 | トップページ | 食堂 いなほ »

2017.02.18

中華そば処 琴平荘

琴平荘 メンマ中華+チャーシュー2枚のせ

山形県鶴岡市の「中華そば処 琴平荘」です。
「旅館 琴平荘」がシーズンオフにだけ営業している中華そば屋さんですが、この前見たテレビの取材では、旅館よりもラーメン店を本業にとの話も…。
国道7号線から三瀬海水浴場に向かった先、海岸線近くの高台にあります。
好みのラーメンを食べさせてくれるお店です。先日、テレビBS放送で紹介されてました。やっぱり美味しそうで、また、食べたくなりお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。旅館前の駐車場が満車に近い状況です。ちょっとだけ心配していましたが、この車の多さなら営業しているでしょう。旅館の玄関に中華そば処と書かれた札があります。建物内に案内があります。玄関で靴を脱ぎ、正面の廊下を進み、右に曲がります。月山という広間です。「自家製麺 中華そば処 琴平荘」と書かれた緑色の暖簾が下がっています。
襖を開けて入ると大広間があり、右側には幕の閉まったステージがあります。ステージ前から6人まで座れそうな卓が3×5卓も配され90席になります。右側の衝立で仕切られた待ち用のスペースがあります。30人程の待ちです。入ったところに番号札があります。若い番号から取るように案内があります。グループで1枚とのこと。67番の番号札を持ち待ち席に移動し待ちます。
1組1卓のようで相席にはしません。20分程待って席に案内されました。
メニューは、中華そば、肉抜き中華、チャーシューメン、メンマ中華、大盛中華そば、大盛チャーシュー麺があります。メンマ中華は、2種類のメンマを楽しめますがチャーシュー抜き、チャーシューのせも可能になっています。大盛類は平日のみ提供で、火曜金曜(平日)は普通盛と同じ値段で提供されます。麺の量は、普通盛りが220gで、大盛が330gです。いずれもあっさりとこってりから選べます。味の濃さや麺の硬さも調整できます。平日限定ですが、極太麺の中華そばがあります。予約制でつけ麺の持ち帰りもできます。メンマの評判が良いのでメンマ中華+チャーシュー2枚のせにしました。
週末は大盛の提供がありませんが、替え玉があります。卓上のメニューに書かれています。半玉(110g) 60円、一玉(220g)100円です。もともと麺量が多く、食べてから決められるのが嬉しいです。それにかなりお得になっています。
水とお茶は、大広間に2ヵ所に用意されていてセルフサービスななってます。ステージの右側辺りに厨房があるようで、次々と中華そばが運ばれてきます。それでも席数が多いこともあって普通の待ち時間で出来上がってきました。
お店に着いてから丼着まで50分。お客さんの進みや出来上がってくる光景を見ているとそれほど待った感じはありませんが、結構時間がかかりました。
大きな文字でお店の名前が書かれた白い器に期待通りの仕上がりの出来です。2種類のメンマとチャーシューがドーンとあり、かなりリッチに見えます。
麺は、普通かやや太めに感じる平打ち、細かで強い縮れで旨みのある麺です。山形に多いやや硬めの仕上がりです。好みより硬く、次は軟らかにします。
スープは、醤油味のあっさりしたもの、アゴと鶏のダシの旨味が自然です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎです。メンマは、細めで少し硬めですがシャキシャキとした歯応えを楽しめるもの、太めでやや軟らかいものの2種類です。チャーシューは、適度な歯応えを楽しめるものです。バランスが取れているのになんか豪快で、ちょっと豪華なトッピングです。
ちょっと好みより硬さのある麺が、あっさりのスープにはもうひとつ合ってい
ませんが、麺を軟らかめにするか?スープがこってりならどうか?今後楽しん
でみたいものです。メンマ中華のチャーシュー2枚のせは820円です。麺の
量が220gもあって大盛りがいらないのですから、かなりお得な感じです。
会計は厨房寄りにあり、近くに中華そばや特産品の販売もやっています。

がんばろう東北!

|

« らーめん いちのじ食堂 | トップページ | 食堂 いなほ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/64931981

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば処 琴平荘:

« らーめん いちのじ食堂 | トップページ | 食堂 いなほ »