« 文下食堂 | トップページ | 青島 西堀通店 »

2017.03.12

あきた角館 西宮家

西宮家

秋田県仙北市(旧角館町)の「あきた角館 西宮家」です。
角館にお狩場焼が食べられるお店が何店かあり、その中の西宮家にします。
角館の中心地、もう一つの武家屋敷通り“田町武家屋敷通り”にあります。
角館の武家屋敷は、角館を治めた佐竹北家の家臣の屋敷が知られていますが、秋田佐竹家本家の直臣“今宮武士団”が居住したのが田町武家屋敷通りです。その武士団生え抜きに西宮織部という人がいて、西宮家の祖とされてます。
西宮家には、母屋と5つの蔵があります。米蔵がお土産物の販売、この季節は雛人形の展示も行われています。北蔵がれすとらんととして使われています。和の歴史から来るだろう落ち着いた雰囲気、蔵カフェなんかとと一緒です。
午後12時40分過ぎに着きましたが、8割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、西宮ローストビーフ会席、ローストポーク箱膳、稲庭つけめん、稲庭うどん、若鶏のお狩場焼、比内地鶏の親子丼、タンシチュー、エビフライなどがあります。どれも美味しそうですが、若鶏のお狩場焼にしました。
江戸時代から残されている北家日記によると佐竹北家の殿様は始終鷹狩りに行っていたそうです。更にその獲物を現場で食べていたとの事、その際には近くの農家から野菜を頂き獲物と一緒に興じていたそうで、「狩りの場所」で「焼いて食べる」とのことから「御狩場焼き」と云われています。味付けは江戸時代からの調味料で味噌、更に野山の山椒を加えて焼いたそうです。
三百余年の伝統の味復活!!やわらかい若鳥のもも肉を香ばしい山椒味噌がひき立てる、豪快ながらも繊細な味わい。佐竹北家の野遊びを思い浮かべながら頂きたい、歴史ロマンあふれる郷土料理です。
との説明書きもあります。

西宮家 若鶏のお狩場焼 サラダ

最初にサラダが運ばれてきました。胡麻のドレッシングがかなり甘めです。

西宮家 若鶏のお狩場焼

暫く待ってお狩場焼が出来上がっていました。ライスが皿に盛られてます。
甘味のある味噌と焼いた若鶏が良く合います。ご飯が進みます。野菜も多く、特に山うどの焼き物が『こんなに美味しかったの?』ととても驚きでした。
若鶏のお狩場焼は、税込み1080円とかなりお得な感じです。田舎価格!

西宮家 ローストポーク箱膳

相方が食べたローストポーク箱膳です。なんと、こちらも1080円です。

かんばろう東北!

|

« 文下食堂 | トップページ | 青島 西堀通店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/65008592

この記事へのトラックバック一覧です: あきた角館 西宮家:

« 文下食堂 | トップページ | 青島 西堀通店 »