« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017.04.30

麺屋 仁

仁

新潟市の「麺屋 仁」です。
新新バイパス竹尾インターの近く、新潟市東総合体育館の西寄りにあります。「東京とんこつラーメン 麺ちん」だった建物がそのまま使われています。
麺ちんが閉店し、なんか次がオープンしてそうな雰囲気でお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、厨房の手前と右側に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席、さらに右側に小上がりがあります。ラーメン店らしい雰囲気のお店です。まだプレオープンなんでしょうか?小上がりが使われていません。午後12時30分過ぎに着きました。お店の中に入ると用紙があり、名前と人数を記入します。お店の中から外まで11人の待ちになっています。一応、列の最後に列びます。入口を入った風除室の正面に食券販売機があります。
メニューは、仁らーめん(並・大)醤油、仁ちゃーしゅう(並・大)醤油、辛し味噌ラーメン(並・大)、辛し味噌ちゃーしゅう(並・大)、貼紙で封印のボタンが3個、海老そば醤油、冷つけ麺(並)240g、冷つけ麺(大)300g、冷つけ麺(並)240g、冷つけ麺(大)300g、餃子やライス、追加トッピングもあります。つけ麺類は売り切れです。仁らーめん(並)醤油にしました。
お店に着いてから25分ぐらいでしょうか、カウンター席に案内されました。それから食券を確認、10分ちょっと程度かかって出来上がってきました。

仁 仁らーめん(並)醤油

タジン鍋の蓋を逆さにしたような白い器に、綺麗なスープのラーメンです。
麺は、細めの縮れ麺です。九州ラーメンのような歯切れの良さが楽します。
スープは、醤油色が綺麗に透き通ったもので、表面の油の層が結構厚めです。スープ自体は油の量に反してあっさりで、旨みがとても良いバランスです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、カイワレ、ねぎに、オープン記念の味玉半個が加わります。チャーシューは網焼き目がついてます。
油で旨みを楽しむ最近のラーメンで、麺、スープ、トッピングとも好みの仕上がりでした。基本の仁らーめんが690円。ちょっとお高いけど満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

結婚式

20170429

今日は、後輩の結婚式でした。
いい結婚式でした。
末永くお幸せに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ+バター+わかめ

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
巻地区でのお昼です。やっぱり古潭の味噌が食べたくなりお邪魔しました。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じで、さらに奥行きのある店内です。右側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた雰囲気です。午前11時40分過ぎに着きました。他に6人のお客さんと空いています。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまでも50円増しとお手頃です。豪華に野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ+バター+わかめにしました。お店に入るとすぐにように注文を聞かれます。注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人で、注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、多種類のトッピングが美味しそうです。好きなトッピングにわかめがありますが、どうも写真映りもうひとつです。
麺は、細い縮れの普通に見えてバランスが整っています。少し硬ゆでです。
スープは、白味噌仕立てで適度な油もあります。まろやかなのにあっさりしていて、味噌の旨味と甘さ、しょっぱさのバランスが良い優しいスープです。
トッピングは、ゆでたキャベツともやしです。キャベツは、ゆで加減が良くレタスのような食感です。味噌味の優しいスープと相まって温野菜のようです。チャーシュー、メンマ、わかめ、バターの香りとまろやかさが加わります。
細い縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感、チャーシュー・メンマ・わかめ・バターと豪華に楽しみ900円。お高いけど納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

比内地鶏とり玉丼

比内地鶏とり玉丼 パッケージ

比内地鶏とり玉丼

名古屋を楽しんで夕方の飛行機で帰りたかったのですが、そうもいきません。新幹線を乗り継ぎ帰ります。東京駅に着く頃には少しお腹が空いてきました。いつもどおり東京駅の全国の駅弁が揃うお店で駅弁を購入しようとしました。午後も早い時間です。駅弁も棚に空きがないほどたくさんの種類があります。まだ、食べたことない秋田の駅弁がありました。食べてみようかと思います。秋田・関根屋の駅弁、比内地鶏とり玉丼で、側面に鶏玉丼ともあります。
新幹線に乗りいただきます。木曜日の午後の早め、新幹線はガラガラです。
箱に、秋田県産あきたこまち米使用とか、秋田比内地鶏とか書かれています。駅弁の説明書きもあります。旨みの強さと引き締まった肉質が特徴の「秋田比内地鶏」。食べ易く、薄切りにし、特製醤油ダレで仕上げました。あきまこまちと比内地鶏、秋田の味をご賞味ください。とのこと、秋田を楽しみます。
お品書きはありませんが、原材料名の記載があります。ごはん、比内地鶏焼、やわらか卵、さつまいも甘露煮、たたきごぼう、紅生姜、など少ないです。
比内地鶏の味付けが好みの味付けです。牛肉の駅弁や牡蛎の駅弁のようです。なかなか美味しくいただけました。1000円は、ありがたい値段です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋らーめん なご家

なご家

愛知県名古屋市の「名古屋らーめん なご家」です。
JR名古屋駅の1階だけど半地下のような、名古屋・驛麺通りにあります。
名古屋のお昼も2日目、名古屋のラーメンを食べようかとお邪魔しました。
レストランなど食べ物屋さんが集まる駅構内一角に、さらにラーメン店が7店が集まる通路が名古屋・驛麺通りで、その7店の中からなご家にしました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きや大きな柱を囲うようなカウンター席、その他多くにテーブル席があります。まあまあ新しげな、建物内のお店って感じです。午後1時前に着きました。ほぼ満席に近い賑わいになっています。
メニューは、コーチンパイタン麺、名古屋コーチン塩らーめん、台湾らーめんがあります。トッピングの追加やセット化のサイドメニューも豊富です。残念ながら醤油味のラーメンはありません。コーチンパイタン麺にしました。
時間がかかりそうな賑わいですが駅内の店、普通に出来上がってきました。

なご家 コーチンパイタン麺

縁の高さが非対象で逆さフラスコのような形の白い器に盛られてきました。
麺は、細麺のストレート、九州系ラーメンそのもののような感じの麺です。
スープは、鶏白湯の滑らかで濃厚そうなとろみのあるものです。名古屋コーチンのコラーゲンたっぷりの感じですが、動物っぽい香りが少し気になります。途中からは黒胡椒を挽きかけます。胡椒の香りで和らいでいただけました。
トッピングは、名古屋コーチンの鶏チャーシュー、メンマ、ねぎなどです。
香りが少し気になりましたが、細麺と鶏白湯スープの食べ易いラーメンです。980円とお高いラーメンですが、名古屋コーチンならそんなものでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

山本屋総本家 名鉄店

山本屋総本家名鉄店 親子煮込みうどん

愛知県名古屋市の「山本屋総本家 名鉄店」です。
JR名古屋駅前にある名鉄百貨店本店の9階グルメステーションにあります。ひつまぶしのお店など名古屋のご馳走が食べらるお店があり賑わっています。午前11時30分頃に着きましたが、ひつまぶしのお店だけが列んでいます。食べたことのない味噌煮込みうどんを食べようと山本屋総本家にしました。
お店は、百貨店の中のお店らしく、テーブル席だけの落ち着いた雰囲気です。3割程のお客さんの入りと空いていて、4人用テーブル席に案内されました。混雑時は相席をお願いすることがあります。とのことでした。この状態で?
メニューは、煮込うどんときしめんがメインで、口取やお飲み物もあります。煮込うどんは、玉子入り、親子、特選、山菜、つくね、天ぷら付などがあり、天ぷら入煮込定食もあります。どれもいいお値段がしていて悩むところです。豚肉とこだわり玉子の特選煮込うどんが一押しのようで人気もあるようです。名古屋コーチンとこだわり玉子の親子煮込うどんがどうしても気になります。なかなか来れない場所ですから、気になる親子煮込みうどんにしました。
注文をし終える頃から急激にお客さんが増えて、すぐに相席となりました。
このお店では、煮込うどんとの表記です。味噌煮込みうどんではありません。名古屋では、煮込みうどんと言えば、たぶん味噌が当たり前なんでしょう。
煮込みなんで時間がかかるだろうとの通り、遅めに出来上がってきました。
『土鍋の蓋を取り皿としてお使いください。』との説明が加えられました。
熱々というか、スープが沸騰していて八丁味噌の濃い味噌の香りがします。
うどんは、普通の太さのやや角張った感じのもので、とてもとても硬いです。さぬきうどんもどちらかというと硬めと思っていましたが比じゃないです。
つゆは、八丁味噌のしっかりした味噌味で、独特の苦味っぽさがあります。
トッピングは、鶏肉、生卵、油揚げ、蒲鉾、ねぎなど意外とシンプルです。
八丁味噌と名古屋コーチンの煮込みうどんでした。新たな味にすぐ慣れることは無理そう。1652円(税込み)と暫く食べることのないお値段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

穴子かさね重

穴子かさね重 パッケージ

穴子かさね重

出張先での仕事も予定通りに終わり、帰宅混み前に帰ることができました。
いつもどおり東京駅の全国の駅弁が揃うお店で駅弁を購入しようとしました。まだ早めの時間です。駅弁も棚に空きがないほどたくさんの種類があります。幕の内にしようかと思っていましたが、穴子の美味しそうなものがあります。そんな中から日本レストランエンタプライズの穴子かさね重にしました。
新幹線に乗りいただきます。火曜日の帰宅混み前の新幹線はガラガラです。
箱に、焼あなごや煮穴子、焼き穴子と煮穴子の二層仕立てと書かれています。お品書きはありませんが、原材料名の記載があります。だし飯(うるち米)、焼穴子、煮穴子、椎茸煮、柴漬、山菜醤油漬、付合せなどとなっています。
焼穴子、煮穴子とも好みの味付けで、とてもとても美味しくいただけました。1240円と小振りな駅弁にしてはかなり高価な感じですが納得の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけめん 三三七

三三七

神奈川県川崎市の「つけめん 三三七」(さんさんなな)です。
JR川崎駅の南側、県道川崎町田線川崎警察署東側入口交差点角にあります。川崎駅前交番で警察署への行き方を聞き、歩きで駅から10分少々でした。
川崎駅周辺でのお昼、ネットで人気の三三七にしました。好みと合うかな?
お店は、左側に厨房、その手前と右側に厨房向きのカウンター席があります。小さめのお店はカウンター9席だけのちょっと歴史も感じさせる雰囲気です。午後1時10分に着きました。この時間でも4人のお客さんが列んでいます。最初気付きませんでしたが、食券を購入してから列ぶように貼紙があります。お店入口手前、暖簾の下のすぐ手前の左側に小さな食券販売機があります。
メニューは、つけめん特製煮番搾り、つけめん味玉煮番搾り、つけめん煮番しぼり、中華そばとろりそば、中華そば辛とろりそば、中華そば煮干中華そば、つけめん一番搾り、つけめん味玉一番搾り、つけめん一番搾り、つけめん特製辛搾り、つけめん味玉辛搾り、つけめん辛しぼりがあります。つけめんの一番搾りは煮干しのあっさり、煮番搾りは鶏と野菜が中心の濃厚になっています。つけめんの麺量は、並盛り(200g)や中盛り(300g)が同じ値段で選択できます。少なめ(150g)もでき、その場合は味玉のサービスがあります。あつもりもできます。中華そばの予定でしたが、つけめん一番搾り(中盛り)にしました。
10分程待って手前左側の席に案内されました。セルフサービスの冷水機が右側奥にあります。カウンター席の後ろを通って冷水機まで行くのも狭くて大変なので諦めていたら、スタッフが水を持って来てくれました。ありがとう。
麺のゆでに時間がかかっているようで、少し待って出来上がってきました。

三三七 つけめん一番搾り(中盛り)

麺もつけ汁もそれぞれお蕎麦などに似合う、違った器に盛られてきました。
麺は、太めの自然なウェーブで、やや硬めですが、歯切れが心地いいです。
つけ汁は、醤油のしっかりしたもので、醤油と煮干しの旨味がいい感じです。バランス良く癖もありません。あっさりしたかんじなのに麺に良く絡ます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎとシンプルです。
カウンターに、胡椒、七味唐辛子、生姜、にんにく、胡麻、お酢などが置かれてます。生姜で味をきりりと引き締めて長岡っぽく味の変化を楽しみます。
最後に、つけ汁をスープ割りして楽しみます。割ってもなかなかの味です。
つけ汁も濃厚じゃなくあっさりで、麺も変な癖がなく食べ易く、かなり好きな部類。300gの麺を食べて800円、関東でのこの値段ならお手頃かもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼漬鮭ほぐし弁当

焼漬鮭ほぐし弁当 パッケージ

焼漬鮭ほぐし弁当

早朝からの新幹線移動です。駅までのバスが動いていないので歩きました。
新幹線での移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところになります。今回もいつも通りに改札を入らない駅弁屋から順番に見させてもらいます。
大きな写真付カードで、販売している駅弁の内容や価格など紹介しています。
早朝にも関わらず、数は多くないのですが多くの種類の駅弁が並んでいます。
ちょっと期待しましたが、食べたことのない駅弁は、残念ですがありません。
そんな中、好きな駅弁があります。新津の三新軒の焼漬鮭ほぐし弁当です。
お弁当に鮭、飽きのこない定番の味です。早速新幹線に乗りいただきます。
箱にいろいろ書かれてます。サブタイトル的に“越後の郷土料理”とあり、他に“郷土料理 鮭の焼漬”の説明もあります。“切り分けた鮭をじっくりと焼き上げ、アツアツのうちに特製ダレの入った甕に漬け込みます。そのまま、一晩寝かせ、伝統の味は完成します。一口食べるだけで、香ばしい風味が口いっぱいに広がり、じんわりと染みこんだタレの味がまた格別な逸品です。”と。
お品書きはなく、原材料名は、ご飯(新潟県産米)、焼の漬鮭、おくらと菊なめこの和え物、錦糸卵、鉄火豆、赤かぶ酢漬、舞茸の煮物など充実してます。鮭は、熱々のご飯に焼きたて!っていう組み合わせが一番で美味しいしょう。しかし、焼漬は、タレの香りが良く、ご飯に合います。ご飯がすすみます。
鮭だけではなく、他の食材も地元を中心に使っているところは関心しました。1080円とあまり安くはありませんが、内容の充実した好みの駅弁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店

八新潟駅前店 煮干し中華

新潟市の「手仕事らぁめん 八 新潟駅前店」です。
新潟駅前のバスターミナル前を西へ、一方通行と逆に歩くと左側にあります。夜は、「なにわ塩焼肉 にく舞台」として営業している二毛作のお店です。
旭川ラーメン「らーめん ののや」の姉妹店です。「手仕事らぁめん 八」としては、駅南笹出線沿い、旧吉田町国道116号線沿いに続く3店目です。
新潟駅前での昼食になります。久々に「八」で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、右側にテーブル席、奥の左右に小上がりがあります。焼肉屋さんでもラーメン屋さんでも良い雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、煮干し中華と煮干しつけめんで、それぞれトッピングを充実させた特製と濃厚の組み合わせが用意されています。つけめんと特製つけめんの麺の量は、並200g、中260g、大320g、特400gで、濃厚つけめんと特製濃厚つけめんは、並240g、中320g、大400g、特480gです。並と中は同じ値段で、大と特は50円ずつUPです。まだ食べていないものから煮干し中華にしました。
平日と土曜日のランチタイムは小ごはんがサービスです。お願いしました。
すぐに作り始めてもらえたようで、なかなか早めに出来上がってきました。
大きく大胆な模様の白い器に、なかなか美味しそうな醤油色のスープです。
麺は、やや細の緩めな縮れ、結構モチモチ竿が強く、硬めのゆで加減です。
スープは、煮干し出汁がしっかり、醤油味もしっかりで、適度な甘さもあり、まろやかないい感じにバランスが取れています。メチャクチャに熱々です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、ねぎなどです。
つけめんと同じ麺での中華はちょっと?と思っていましたが、別の麺でした。やや硬めで細めの食べ易い麺に煮干し味ね醤油がまろやかな中華そばでした。700円とちょっとお高いのですが、小ごはんサービスでいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店

あおきやスーパーセンタームサシ新潟店 ラーメン

新潟市の「ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店」です。
新潟亀田IC近く、スーパーセンタームサシのフードコート内にあります。
ゴールデンウィークの用意です。買い物の途中での昼食でお邪魔しました。
お店は、フードコートなので他のお店と共用のテーブル席のみ、広くかなりのお客さんを収容できます。営業していました。午後2時20分過ぎに着きました。他のお店のお客さんも含め、7割の席が埋まる程度に賑わっています。
長岡の本店など同様に食券販売機で食券を購入するスタイルになってます。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンとそれらの大盛りとシンプルです。ラーメンの普通盛りにしました。食券を購入、窓口に出すとポケットベルみたいな小さな機械が渡されます。冷水機から水を用意して席に座って待ちます。普通の待ちで電子音がなりました。窓口で機械と引き換えに受け取ります。
器の下にスープをこぼさないようプラスチックのボール風の容器があります。白い器に濃い醤油色のスープ、スープの色だけでも楽しめるラーメンです。
麺は、普通の太さのかなり弱い縮れで、ツルツル・プリプリした食感です。
スープは、長岡生姜醤油らしいものです。醤油の味に軟らかさがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎなどです。
麺もスープも好みです。弾力のあるチャーシューも多めで充実感があります。ラーメンは600円と今ではお手頃、あおきやで一番お手軽に感じられます。鳴門はありませんが、青島よりも150円も安く食べれるのは大きいです。
テーブルに胡椒等が置かれていないため、渡された時にかけるしかないです。途中で味に変化を加えて楽しめないのがフードコートの弱点でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.22

佐渡前握り 鮨寿

鮨寿

新潟市の「佐渡前g握り 鮨寿」です。
国道7号線(新新バイパス)竹尾ICから県道4号線を横越方面へ、新潟市中央卸売市場内にあります。市場中央棟1階に数件ある食堂の中の1軒です。
海鮮でも食べようかと思い、より新鮮なものを求めて市場にお邪魔しました。市場がやっている土曜日を狙って来ましたが、同じような人が何人もいます。海鮮でも市場なんで安いかと思いましたが、高級なものもいろいろあります。そのお店の中でお手頃に食べれそうな「佐渡前え握り 鮨寿」にしました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席があります。右側に鮨コーナーがあり、その鮨コーナー向きのカウンター席もあり、お寿司屋さんっぽい雰囲気です。午後1時30分過ぎに着きました。6割~7割程度のお客さんの入りです。
メニューは、鮨三昧(特上)、マグロ三昧、お刺身定食、焼き魚お刺身定食、日替り握り寿司、ノドグロ丼、マグロ丼、生うにと村上産秋鮭いくら丼、村上産秋鮭いくら丼、レディースセット(限定10食)、日替り海鮮丼、牡蠣のがんがん焼(12個)、本日のお味噌汁、などがあります。日替り海鮮丼にしました。
職人も何人かいますが、丁寧で手間のかかる仕事、それ以上のお客さんです。ラーメンでもちょっと待ったかなって感じの待ちで出来上がってきました。

鮨寿 日替り海鮮丼

綺麗なお盆にのってきました。シリコンゴム塗料のような滑り難いお盆です。そのお盆に朱塗りの杯のような器です。いい感じに盛り付けられています。
ご飯は、程好くお酢の効いた寿司飯です。海鮮丼ですが、ちらし寿司です。

鮨寿 日替り海鮮丼 アップ

ねたは、鮪、鯛、鰤、鮭、ホウキ貝、玉子焼、いくら、海老など豊富です。
寿司飯が見えない程の海鮮です。海鮮も切り身が大きく食べ応えがあります。小鉢、味噌汁、お新香が付いて980円(税別)は、結構お得な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店

吉野家新潟海老ヶ瀬IC店 牛丼(つゆだく)・みそ汁・お新香セット

新潟市の「吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店」です。
海老ヶ瀬ICから旧国道7号線を新潟駅方向へ、すぐ左側に見えてきます。
吉野家の“春の300円!まつり”が開催されています。金曜日と土曜日の開催で、第四弾(最終週)の今週末は第一段と同じ牛丼です。吉野家と言えば牛丼、牛丼で始まり牛丼で終わるようです。通常380円の牛丼が、この2日間は300円で提供されます。早速、食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、吉野家らしいカウンター席とカウンターから離れた、吉野家らしくないテーブル席があります。最近の吉野家は、以前の吉野家と少し違います。午前10時30分過ぎに着きました。3割~4割程度のお客さんの入りです。
メニューは、牛丼、豚丼、豚スタミナ丼、牛カルビ生姜焼き丼、セットの定番メニューの他に、定食、丼の具だけの皿、カレー、サイドメニュー、朝食など豊富にあります。牛丼(つゆだく)・みそ汁・お新香セットにしました。
待ちのお客さんも多く、普通の時間より少し待って出来上がってきました。
牛丼の食べ始めが吉野家だったので、牛丼と言えばこの味、ホッとします。
牛丼・みそ汁・お新香セット430円です。お得な朝食をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 醤油ラーメン(大)

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
県庁近くでのお昼です。久々に大江戸で食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側にカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、小綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きました。7割~8割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷し中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。曜日毎の日替りミニ丼やミニチャーハンもあります。お腹も空いていてどうしましょ。醤油ラーメン(大)にしました。
配膳もですが調理スタッフが多く、混んでいるときでも早めに出来上がってくるお店です。今日も期待通り、かなり早めに出来上がってきました。
店名の入りの白い器に濃いめの醤油色のスープがしょっぱそうに見えます。
麺は、極細の縮れなのにモチモチ感とコシがあります。カップ麺の麺の美味しさが逆に普通のラーメンに採用されたかのような麺です。普通のラーメン店ではなかなか出会えない珍しい食感です。ちょっと食べ難い長さがあります。
スープは、濃い醤油色で、その通りの醤油味がしっかりしたものです。いつもはしょっぱそうに見えてもちょうど良かったのですが、今日は富山ブラックが脳裏をちらつくぐらいのしょっぱさです。途中で辛味を溶かします。少ない量ですがきりりとした辛味が効いた味に…、しょっぱさが一段と効きます。
トッピングは、硬めのチャーシュー、メンマ、シャキッとした食感がちょっと違うかなと思わせるほうれん草、ねぎ、辛味など、楽しませてくれます。
極細縮れ麺としょっぱい醤油味のスープ、大盛で700円、辛味も楽しめてボリュームもありました。この値段はかなり得した気分にさせてくれます。
しょっぱさも気のせいかと思いましたが、夕方までペットボトル3本が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

あきたこまちの紅鮭幕の内

あきたこまちの紅鮭幕の内 パッケージ

あきたこまちの紅鮭幕の内

出張先での仕事も予定通りに終わり、その後の懇親会も盛り上がっています。帰りのバスの関係もあり、中座させてもらい帰路につくことができました。
いつもどおり東京駅の全国の駅弁が揃うお店で駅弁を購入しようとしました。ほどほどに遅い時間になり、駅弁も半分ぐらいの種類と数の残りのようです。秋田の駅弁がありました。以前に食べたような気もしますが、食べてみます。秋田・関根屋の駅弁、包み紙はあきたこまちの紅鮭幕の内となってますが、商品ラベルはあきたこまちと紅鮭幕の内となってます。1文字の違いです。
早速、新幹線に乗りいただきます。って言いたいところですが、暫く新潟行きのときはありません。取り合えずたにがわに乗って越後湯沢を目指します。
包み紙に秋田の観光スポットが紹介されています。みちのく小京都 角館、白神山地 世界自然遺産、なまはげ伝承の郷 男鹿、田沢湖 日本一の深さ、神秘の湖、秋田 竿燈まつり実家近くが2ヶ所も掲載されています。
お品書きはありませんが、原材料名の記載があります。ご飯、紅鮭塩焼、卵焼、鶏つくね串、きんぴら牛蒡、塩筍、きのこ味噌和え、蕗油炒め、とんぶり入り蒲鉾、がんも煮、いぶり人参揚、いぶり大根漬、梅などです。
紅鮭が中心の幕の内ってちゅうど良い駅弁のような気もします。いぶりガッコも懐かしくて良かったです。900円と値段もまあまあお手頃でしょう。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 空海 海浜幕張店

空海海浜幕張

千葉県千葉市美浜区の「麺屋 空海 海浜幕張店」です。
JR京葉線海浜幕張駅の北側、いろんなお店が入る建物の一角にあります。
海浜幕張駅のお昼、近くのリンガーハットと選択になり…お邪魔しました。
お店は、かなり小さめです。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。まあまあ綺麗な今風のお店です。正午過ぎに着きました。6割程のお客さんの入りです。すぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、空海そば、味玉そば、焼豚そば、空海特製そば、わんたんそば、鶏そば、とんこつらーめん、味玉とんこつらーめん、特製とんこつらーめん、つけ麺、特製つけ麺などがあります。そばは塩が標準ですが、殆どのメニューに醤油も用意されています。つけ麺は、大盛(2玉)や特盛(2.5玉)が無料サービスです。他に期間限定らしい春の柚子あえそばもあります。柚子にも興味があります。看板には支那そばとも書かれていますが、支那そばというメニューは見つかりません。空海そばなんでしょう。味玉そば(醤油)にしました。
恐れ多くて、いくら好きでも空海という名前は付けられそうもないと思っているのですが、上越市に次いで2店目の空海です。食べるのもちょっと恐れ多い感じです。高野山もいずれ行ってみたいものです。などと考えていたら普通の待ち時間程度で出来上がってきました。外には3~5人程が列んでいます。

空海海浜幕張 味玉そば(醤油)

黒い器に醤油が濃そうで透き通ったスープ、なんか美味しそうに見えます。
麺は、細めで角のしっかりした弱い縮れ?いやストレート、ツルツル感、モチモチ感とも強めで、硬めのゆで加減もあって、細いけど重量感があります。
スープは、醤油のしっかりしたもので、醤油の旨味と出汁の旨味に油の旨味や甘味が加わります。少し濃いめにして鰈など煮魚に使えそうなスープです。
トッピングは、炙りチャーシュー、メンマ、江戸菜、揚玉ねぎ、ねぎです。
関東は、こってりしたラーメンが殆どのように思っていますが、今日はそうではありませんでした。今風の油の旨味を使ったものでした。支那そばと言えるかどうかは判りませんが、基本の空海そばが800円で味玉そばが860円、安くはありませんが、こってり以外を食べられただけで嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟和牛弁当

新潟和牛弁当 パッケージ

新潟和牛弁当

今日は、いつもの午前中の新幹線移動です。木曜日なのでそれほどの混みはないでしょう。と思っていましたが、いつもより少し人が多めの新潟駅です。
新幹線での移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところになります。今回もいつも通りに改札を入らない駅弁屋から順番に見させてもらいます。
駅弁が入荷したところでしょう?店員が業者らしき人との会話をしています。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。駅弁を並べ終えた直後なんでしょう。いつもの倍ぐらいの量がありそうです。カードもセットされますが、食べたことのない駅弁は残念ながらありません。その駅弁の中から久々なような気のする三新軒の新潟和牛弁当にしました。
新幹線に乗り込んでいただくことにしましょう。木曜日なので空いています。の筈が、かなり混雑しています。修学旅行らしき団体。時期が来たようです。指定席が売り切れ、自由席の車両数が減り、指定を取れなかった人が自由席に流れます。いつもはACDE列が埋まる程度ですが、B列も半分以上が埋まる混み具合になっています。指定席で行きます。予備席なんかもある筈です。
パッケージに、いろいろとご紹介が書かれています。。自家製めんつゆ仕立てとあります。さらに、新潟県産和牛の深い旨味と相性の良いゴボウをめんつゆ仕立てで丹念に仕上げました。にいがた和牛4つの要件というのも紹介されています。①黒毛和種の去勢牛又は、未経産牛であり血統が明確であるもの。②新潟県内で飼育され最長飼育地が新潟県内であるもの。③品質企画等級において「A」「B」3等級以上のもの。④家畜個体識別システムにより、生産から出荷までの移動履歴の確認ができるもの。ということです。
お品書きはなく、原材料の表示だけです。ご飯(新潟県産)、新潟和牛ごぼう煮、玉子焼、菜の花の油炒め、桜漬大根、ごまなどで、品数は少なめです。
牛肉を使用したの駅弁は、どれも味付けが良くて美味しいと思います。今日だけなのか?しょっぱめに感じました。倍ぐらいのご飯でも食べられそうです。新潟和牛弁当は1080円です。和牛駅弁の中でもかなりお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.19

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけめん(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
駅南の弁天橋線を南へ、亀田駅からの道とを交差したさらに先にあります。
亀田で遅めのお昼になりました。遅めでやってそうなまるしんにしました。
午後1時30分過ぎに着きました。広い駐車場は、2台分の空きがあります。外に待ちはなく、風除室に5人、お店の中に3人程がが待っている状態です。少しずつ動いて風除室へ、風除室にある食券販売機から食券を購入します。
メニューは、つけめん、つけ・ごまだれ、まるしんのらーめん、担々麺、マーボ麺、みそらーめん、タンメン、ワンタンメン、ワンタン、汁なしマーボ麺、半らーめんなどがあります。つけめん類は、1玉~3玉まで0.5玉間隔で、らーめん類は大盛りもあります。つけめん、つけ・ごまだれ、らーめんなどと半チャーハンのセットメニューやチャーハン、もやしらーめん、野菜あんかけらーめんなどはお休みになっています。つけめん(2玉)にしました。
お店は、左側奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁を向いたカウンター席があります。白い壁と黒っぽいテーブルがシンプルで、窓が広くて明るい店内です。少し待ってカウンター席の壁向き席に案内されました。
マスコミなどに取り上げられてからマーボ麺を食べるお客さんが増えました。その後、元にまでとはいきませんが、つけめんがなかなか挽回してきました。しかし、最近では、汁なしマーボ麺を食べるお客さんが急増してきました。
つけめんですが、らしくない細い麺を使用。早めに出来上がってきました。
麺は模様入りの白、つけ汁はまっ白の器に盛られ、お盆で運ばれてきました。麺はシンプルに麺だけ盛り付けられ、つけ汁にトッピングが入っています。
麺は、細い縮れです。太麺、やたらとコシの強い麺、パスタっぽい麺と主張の強い麺が多いつけめんですが、普通にプリプリした歯応えが楽しい麺です。
つけ汁は、油が少なくあっさりした醤油味です。魚介の風味が豊かなものですが、魚粉のようなきつさはありません。少し酸味があり、辛味が残ります。
トッピングは、すべてつけ汁の器に盛られています。チャーシュー細切り、メンマ、もやし、わかめ、海苔などです。もやしが結構多めに入っています。
多めのもやしのためか?つけ汁に熱々感がなく、すぐに冷めてしまいます。
最後に割りスープでつけ汁を割って楽しみます。魚介系の風味が増してつけ汁とは別のもののように楽しむことができます。酸味もやや際立ってきます。
つけめん(2玉)は820円と少しお高いものになりますが、なかなか食べられない好きな細麺のつけめんです。存分に楽しまさせてもらいました。スープ割りを楽しんだら食べ過ぎ気味です。妥当な線かな?好きなつけめんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.18

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その中央と手前に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブルが2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。テーブル席が満席、中央のカウンター席が空いています。6割~7割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけ、大盛りの対応はありません。サイドメニューは何もありません。トッピングの追加も用意されていません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかない選択の少ないお店です。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばです。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を用意しに行き、水を持って席に着きます。
前回は、後から来たお客さんが先に席に座わるアクシデントがありましたが、今回は、後から来るお客さんもなく、何の問題もなくすんなり座れました。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれてます。うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。出来上がり待っているお客さんが1人、直前に入り注文前のお客さんが1人、うま煮は2人分ぐらいしかありません。次のうま煮は作り始めたところです。待ちを覚悟しましたが、直前に入ったお客さんの注文は…、ラーメンでした。久々です。白寿でラーメンの注文が入る瞬間に立ち会うことができました。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ器を用意、タレを入れ、スープを張る頃に麺がゆで上がります。麺を湯切りし、器に移し、うま煮をかけます。目の前に運ばれてきました。
というのが普通ですが、うま煮そばではなく、ラーメンが出来上がりました。手間の関係で順番が入れ替わることもあることです。それだろうと思ったら、そのラーメンが左隣の後からのお客さんでなく、右隣の先のお客さんの元へ、もうひとつのラーメンが出来上がり、左隣の後からのお客さんへ渡りました。別々のお客さんで2人もラーメンを注文なんて、もうないことと思います。
次回かと思ったらもうひとつの器、うま煮をかけて出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけのうま煮です。ニンニクも少し効いてます。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
その後、お客さんが来ません。珍しいです。帰る時は1人になってました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいお手頃感です。他のお店も見習って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.17

青島 西堀通店

青島西掘通店 ラーメン(大)

新潟市の「青島 西堀通店」です。
古町エリアの西堀通り沿いにあります。イタリア軒の並び下手になります。
醤油のしっかりしたラーメンが食べたくなり、青島西堀にお邪魔しました。
お店は、奥行きがあります。右側に細長く奥行きのある広い厨房があります。左側の奥から手前まで、さらに厨房の手前まで長いカウンター席が続きます。飾り気はなく、開放的、ラーメン職人のラーメン専門店といった雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。他にお客さんが4人だけと空いています。一人は帰るところ、二人は食べています。一人は出来上がりを待っています。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。以前からのボタン式です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りだけになります。チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔、麺もが増量できです。割高にはなりますが好みにトッピングをアレンジしたラーメンが楽しめます。久々のような感じで、マイスタンダードのラーメン(大盛)にしました。
今日は、スキンヘッドの親父さんです。カウンターに食券を出して待ちます。食券を出すのを待って、先からの一人のお客さんのと一緒に作り始めました。今日は、ゆでの大きな鍋のお湯がとても綺麗です。代えたばかりのようです。綺麗なお湯でゆでた麺を喜んでいたら、結構早めに出来上がってきました。
鳳凰の綺麗な模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さと普通の縮れ、これといった特徴ある麺ではありませんが、ツルツル&プリプリ&モチモチとそれらバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。トッピング追加も楽しいけど、基本だけでもかなり充実した感じがします。
麺、スープ、トッピング、醤油と黒胡椒の香り、絶妙なバランスの良さです。最後まで美味しくいただけました。ラーメンが750円はお高く感じますが、大盛りの800円はお高め感が和らぎますが、少しお高いような気もします。それでも食べたくなります。また、食べに来るんでしょう。定期的に!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.16

鶏と煮干しの中華そば 市松

市松

新潟市の「鶏と煮干しの中華そば 市松」です。
県道1号線(万代~県庁)沿いにあります。蔦谷南万代の南辺りになります。以前サークルKだった建物が改装されてます。駐車場もしっかりあります。
同僚から新しい店が出来て列んでいるとの情報をいただきお邪魔しました。
午後2時20分過ぎと遅めに着きましたが、駐車場が結構賑わっています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右側に壁面に4席のテーブルが1卓あります。左側に待ちのスペースがあります。通路などが広めで、なんか新しいのか?ちょっと派手な感じの店内です。やや左側の入口から入るとすぐ右側に食券販売機があります。食券を購入して、用紙に名前を書いて待つシステムになっています。4人がお客さんが待っています。
メニューは、煮干し醤油、背脂煮干し、鶏塩、鶏白湯が大きなボタンになっています。煮干し醤油の下には、肉そば醤油、ワンタン醤油があります。背脂煮干しの下には、背脂肉そば、背脂のりがあります。鶏塩の下には、極鶏塩があります。鶏白湯の下には、極鶏白湯があります。トッピングの追加やサイドメニューも豊富です。このお店で一番基本らしい、煮干し醤油にしました。
それほど待たずにテーブル席に相席で案内されました。スタッフに食券を渡して席に座ります。コップと水差しがあり、セルフで水を用意して待ちます。
普通かなって時間で出来上がってきました。食券購入から15分ほどです。

市松 煮干し醤油

小さく深い器に盛られています。澄んだ醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、平打ち普通太の縮れです。乾麺のうどんかのような麦の味がします。
スープは、透き通ったもので煮干しが香る醤油味、癖のないあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、標準はかなりシンプルです。
あっさりでシンプルな中華そばでした。600円と今ではお手頃な方ですが、食べ終わってしまうと、なんか?ちょっと!物足りない感じが残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

じゅんさい池公園

じゅんさい池公園 オオシマザクラ

新潟市の「じゅんさい池公園」です。
東地区、河渡ショッピングセンター西から空港通りへの道沿いにあります。
垂れ桜を見ようとじゅんさい池公園に来ました。京都丸山公園からの桜です。角館武家屋敷の京都三条西家からの桜なのでまるっきり一緒ではないです。
オオシマザクラが綺麗です。ソメイヨシノなどの花が散ってから葉が出るのではなく、花と葉が一種に出ます。新しい葉々の若い緑も一緒に楽しめます。
今年のお花見は…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブンイレブン

セブンイレブン 華やぎ御膳

そういう訳でじゅんさい池公園に居るのですが、そろっと花見膳にします。
今年の花見膳は、ホテルではなく、もう少しお手軽なコンビニにしました。
前日の午前9時まで注文で間に合います。コンビニのでの注文も可能ですが、今回はネットで注文、最寄りセブンイレブン店舗での受けとりにしました。
お弁当の名前は、華やぎ御膳です。
お品書きは、
・紅鮭の塩焼き
・海老天(あおさ衣)
・牛肉ごぼう炒め
・煮物
・豚肉野菜巻き
・蒸し鶏の梅肉添え
・枝豆入りすり身蒸し
・厚焼き玉子
・カニカマの煮浸し
・小松菜のおひたし(小海老添え)
・きんぴらごぼう
・黒豆
・お漬物
なかなかお花見の膳らしくいただけました。1500円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家 フレスポ新発田店

吉野家フレスポ新発田店 明太子牛小鉢セット

新発田市の「吉野家 フレスポ新発田店」です。
国道7号線から西新発田方面に向かうと街を抜ける辺りの左側にあります。
吉野家の“春の300円!まつり”が開催されています。金曜日と土曜日の開催で、第三弾の今週末は辛子明太子定食です。通常390円の辛子明太子定食が、2日間は300円で提供されます。早速、食べようとお邪魔しました。
お店は、吉野家らしいカウンター席とカウンターから離れた、吉野家らしくないテーブル席があります。このお店は新しく、テーブル席が多めです。午前7時30分過ぎと早い時間に着きましたが、数組のお客さんが食べています。
メニューは、牛丼、豚丼、豚スタミナ丼、牛カルビ生姜焼き丼、セットの定番メニューの他にも、定食、丼の具だけの皿、カレー、サイドメニュー、朝食、などが豊富にあります。ちょっと豪華に明太子牛小鉢セットにしました。
お客さんが少なくイベントメニュー、しっかり早く出来上がってきました。
辛子明太子はやっぱり美味いく、牛の小鉢で吉野家らしくいただきました。
明太子牛小鉢セット440円です。こちらも90円お得。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.14

らーめん亭 松茶屋

松茶屋 とん汁ラーメン

妙高市(旧新井市)の「らーめん亭 松茶屋」です。
国道18号線寺町ICを旧新井市市街地方向に左折、直ぐ左側にあります。
上越市から少し足を伸ばしてとん汁ラーメンを食べようかとお邪魔しました。とん汁とご飯ならたちばなで食べますがラーメンは松茶屋が断然好みです。
お店は、左側に厨房、右側手前にテーブル席、その奥に小上がりがあります。どちらも4~6人掛けのテーブルが40卓程度のとてもとても広いお店です。整然とした食堂って雰囲気で、今まですぐに座れなかったことがありません。午後12時40分過ぎの到着で、お店前の駐車場に停めることができました。テーブル席が賑わっていて、全体的に半分程のお客さんの入りでしょうか。
メニューは、麺・飯・単品に分類され、それぞれが豊富に用意されています。麺は、醤油、味噌、塩、おすすめに分類され、トッピングも充実しています。醤油は、ラーメン、ワンタンメン、わかめラーメン、もやしラーメン、コーンラーメン、かつラーメン、唐揚げラーメン、焼き肉ラーメン、ねぎラーメン、チャーシューメン、ワンタンがあります。味噌は、みそラーメン、みそチャーシューメン、ねぎみそラーメンがあります。塩は、タンメン、五目ラーメン、エビタンメンがあります。おすすめは、たんたんめん、とん汁ラーメン、ラーメン定食、平日限定の野菜炒めラーメンがあります。時々来ることができればいろいろと食べてみたいのですが、たまの上越なのでどうしても片寄ってしまいます。いつもどうしても食べたくなる…、とん汁ラーメンにしました。
店内各所に冷水機が置かれてます。セルフサービスで水を用意して待ちます。収容客数が多く、調理能力も高いお店です。いつもは早めに出来上がってくるのですが、今日はどうしたのか、普通の待ち時間で出来上がってきました。
渋めとん汁に似合いそうな厚手の器、白味噌スープのとん汁が美味しそう。
麺は、やや太めの平打ち、強めの縮れ、食べるほどに美味しさを感じます。
スープは、白味噌仕立てで、白味噌の優しい口当たりがとても心地いいです。豚バラとニンニクの旨味、玉ねぎの甘さの上品でバランス取れた仕上りです。豚肉から出た油もあるものの見た目と違いあっさり、残さず飲み干します。
トッピングは、輪切りのねぎだけです。トッピングと言うべきかどうなのか?とん汁には、豚バラ肉と玉ねぎがこれでもか!っていうぐらい入っています。玉ねぎは、良く煮込まれていて、軟らかく口中で溶けるようになくなります。豆腐1/4丁。ジャガイモも入っている筈ですが。見つられませんでした。
白味噌と豚バラの旨み、玉ねぎの甘味を楽しめるとても優しい御食事でした。とん汁ラーメンは900円!結構お高いですが、満足できるラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.13

札幌スープカレー専門店 CHUTTA!新潟駅南店

CHUTTA!新潟駅南店

新潟市の「札幌スープカレー専門店 CHUTTA!新潟駅南店」です。
新潟駅南けやき通沿い、時計台ラーメンの西側隣の建物、2階にあります。
駐車場がなさそうだと思ってすぐ後ろのコインパーキングに駐車しましたが、お店入口に提携駐車場の案内が貼ってあります。後にフェスブックで確認したら、近くの悠パーク(ブロンコ提携)と提携されてるのが見つかりました。
お店へは外階段を登って入るようになっています。ちょっと急な階段です。
お店は、窓が多くちょっとレトロな雰囲気、落ち着きのある洋食屋さんです。午後12時40分頃に着きました。入口で出るお客さんとすれ違いましたが、他にお客さんはいません。後から6人程のお客さんがポツポツと来ました。
メニューは、チュッタチキン、野菜&野菜、フィッシュフライ、ポーク角煮、ベーコン&ほうれん草、チーズハンバーグ、豚竜田のメインメニューがあり、ものによってスープの中のスープインとご飯の上のライスオンが選択します。次に辛さの選択です。10段階で5(通常の2倍の辛)までが同じ値段です。次にライスの選択です。白米S(100g)、白米M(150g)、白米L(250g)、白米大盛り(400g)、白米おかわり、玄米S(100g)、玄米M(150g)、玄米L(250g)、玄米大盛り(400g)、玄米おかわりが用意されています。白米L・玄米Mまで同じ値段です。トッピングも他のメニューにもなれるよう豊富に用意されてます。お腹もかなり空いています。チュッタチキン(スープイン)+トッピングのチーズハンバーグ(ライスオン)・辛さ5・白米L(250g)にしました。
カトラリーバスケットに、スプーン・フォーク・お箸が入っています。ナイフが入っていません。ナイフを使わずに食べれる軟らかさを期待しましょう。
チキンを焼いているような音も…、そこそこ待って出来上がってきました。
黒い揃いの器にスープカレーとライスが盛られています。ちょい豪華です。

CHUTTA!新潟駅南店 チュッタチキン(スープイン)・辛さ5

スープカレーは、食材が大きいままに盛られ、迫力とが楽しさがあります。
スープは、カレー味がしっかり濃厚で、辛さ2倍もなかなかいい加減です。
具材は、鶏肉、じゃがいも、蓮根、牛蒡揚、人参、ピーマン、おくら、茄子、いんげん、玉ねぎ、南瓜、ゆで玉子半個などです。とても多種に渡ります。

CHUTTA!新潟駅南店 トッピングのチーズハンバーグ(ライスオン)・白米L(250g)

ライスは、チーズハンバーグがドーンと乗って、こちらも迫力があります。
チーズハンバーグは、良く味が判らないので普通でした。チーズインが…。
ナイフなしでも食べられました。野菜を中心にいろんな食材を楽しめました。チュッタチキン1080円+チーズハンバーグ350円で1430円のお昼、かなりお高いものになりました。やっぱり普通のカレーの方が好みかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.12

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
そろそろ信吉屋のワンタンメンが食べなくなり、同僚と一緒にお邪魔です。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。午後12時10分過ぎに着きました。お店の外にまでおよぶ待ちはありませんが…、お店の中に2人が待っていました。外で待ちます。
その後、数名が後ろに列ぶ状態ですが、10分も待たずに席が座れました。
メニューは、支那そばが基本で、メンマ・チャーシュウ・ワンタンを組み合わせたものや単品でのワンタンになります。夏の冷し中華もかなり人気ですが、この時期はまだ提供されていません。盛りは、普通、中盛、大盛があります。春秋冬の私的な定番的メニューのワンタンメン(中盛)にしました。
座るまでの待ちはちょっと長めですが、出来上がりはそこそこ早めでした。
黒っぽい、渋い器に澄んだスープが上品です。ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜はうるいです。ほうれん草が一般的ですが、きぬさやの時期もあります。ねぎは輪切りで、スープと絡まり香りと味わいを楽めます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。750円、お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.11

らーめん 源次郎

源次郎 けにじろう

新潟市の「らーめん 源次郎」です。
寺尾駅近く、西大通り(旧国道116号線)沿いのマルイの隣になります。
お腹が空きました。野菜をガッツリ品良く食べようと思いお邪魔しました。
駐車場がありません。マルイ駐車場を利用、帰りにお茶を買って帰ります。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。ちょっと古そうな庶民的な雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。他にお客さんがいません。と思ったら立て続けに3人もお客さんがきました。小さめのお店なので、なんとなくお昼過ぎの雰囲気になりました。
メニューは、背脂しょうゆ、とんこつ野菜、汁なしに別れていましたが、ゆず系が新たに加わりました。背脂しょうゆは、らーめん、味玉らーめん、特らーめん(半味玉 岩のり入)、岩のりらーめん、ちゃーしゅーめん、味玉ちゃーしゅーめんがあります。とんこつ野菜は、けにじろう、けにこ(小盛)、けにじろう玉子、特じろう(半味玉 メンマ入)、けにじろう肉、けにじろう肉玉子があります。汁なしは、油そば、油そば野菜、油そば肉、油そば肉野菜、油そば専用ライスがあります。ゆず系は、背脂ゆず中華、背脂ゆずちゃーしゅーがあります。背脂の量は調整ができます。ラーメン二郎インスパイア系です。ゆず系も食べたいところですが、野菜たっぷりのけにじろうにしました。
普段から出来上がりの早いお店です。かなり早めに出来上がってきました。
白っぽい和風な器に山盛りの野菜、チャーシュー、かなりの迫力あります。
麺は、デカ盛りでは珍しい細麺です。縮れも弱めで普通に食べ易い麺です。
スープは、醤油味がやや薄めで動物系の旨みがしっかりしています。その上には背脂がちゃっちゃされてます。普通の量の背脂でもこってりしています。
トッピングは、チャーシュー、たっぷりのもやしとキャベツ、ねぎ等です。
ゆで野菜たっぷりのラーメンでは珍しい細麺との組み合わせを楽しめました。前回はしょっぱめのスープでしたが、今回はしょっぱさが控えられてました。背脂の量もちょっと多めでした。少なくした方が好みの油量になりそうです。730円と次郎インスパイア系では、まあまあいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.10

中華そば 石黒

石黒 あっさり

新潟市の「中華そば 石黒」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し市内寄りにあります。いろいろなお店などが雑居している3階建ての建物の1階右側になります。
最近、煮干し系のラーメンも食べていないような気もしてお邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。和の雰囲気がたっぷりのお店です。遅めにと思って午後12時40分過ぎ着きました。休日と違い列びのない状態にちょっと唖然、手前に食券販売機があります。
メニューは、極にぼ、中華そば、あっさり中華、味噌にぼの4種類とそれらにチャーシュー増量の肉にぼ、肉そば、肉あっさり、肉味噌があります。つけめんは、濃厚太めんの極づけとあっさり細めんのあさづけの2種類があります。盛りは、並盛1玉160g、中盛1.5玉240g(+0円)、大盛2玉320g(+100円)から選べます。メニューに変更はありません。予定していたあっさりにしました。
お店の中へと進みます。空いてます。4割~5割程度のお客さんの入りです。小上がりに案内されました。その後、お客さんもそこそこ増えてきました。
お客さんは少なかったのですが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
青い模様の器に、醤油色のらしいスープ、トッピングが結構充実してます。
麺は、細く弱い縮れ。好みとは違いますが、噛み応えが気持ちいい麺です。
スープは、醤油味で旨味やしょっぱさが心地良く、やや甘めの優しい味です。煮干しダシも自然で、最近多いのこれでもか!って嫌らしさはありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、椎茸、水菜、海苔、ねぎ、柚子皮などより充実されました。チャーシューも苦手なタイプではなくなり、柚子皮の香りが最後までラーメン全体を爽やかなものにしてくれています。
こってり感はありませんが、油もそこそこの量があって表面を覆っています。あっさり爽やかさもあり、まろやかな優しさもあり、楽しくいただけました。以前のものよりトッピングが充実しました。値段も630円から700円と値上がりしていますが、まあまあいい線は継続じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

今日の夕日

夕日① 20170409

夕日② 20170409

夕日③ 20170409

笹川流れにて綺麗な夕日を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺巻湿原の水ばしょう群生地

刺巻湿原の水ばしょう群生地

秋田県仙北市の「刺巻湿原の水ばしょう群生地」です。
国道46号線沿い、JR田沢湖線刺巻駅の少し角館寄り、東側にあります。
仙北市の春は、鎌足のかたくり刺巻湿原の水ばしょう、家屋敷の枝垂桜、桧木内川堤の桜並木と楽しめます。久々に刺巻湿原の水ばしょうを見ます。
この時期は、駐車場に臨時のプレハブやテントで物産販売や軽食があります。田沢湖町名物の山いも汁をと思っていたのですが、山いもうどんがあります。山いも汁が300円、山いもうどんが500円で山いもうどんにしました。

刺巻湿原の水ばしょう群生地 椎茸茶

テーブルには湯呑みとポットが…。お茶を飲みながら待つことにしましょう。煎茶 or ほうじ茶だろうと思ったら椎茸茶です。久々、メチャ美味いです。

刺巻湿原の水ばしょう群生地 山いもうどん

うどんは、山いも汁の優しいものでした。まあまあ観光地価格でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.08

かっぱ寿司 由利本荘店

かっぱ寿司由利本荘店 盛り合わせ

秋田県由利本荘市(旧本庄市)の「かっぱ寿司 由利本荘店」です。
国道7号線沿いにあります。新しいアリーナの建設工事現場の向かいです。
午後2時過ぎからの昼食、予定していた候補店はお昼の営業を終了しており、やっていたのはかっぱ寿司とすき家、吉野家・すき家の連チャンは避けます。回転寿司ですが時間が時間、流れているものもなく適当にいただきました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店

吉野家新潟海老ヶ瀬IC店 豚丼・味噌汁・お新香セット+玉子

新潟市の「吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店」です。
海老ヶ瀬ICから旧国道7号線を新潟駅方向へ、すぐ左側に見えてきます。
吉野家の“春の300円!まつり”が昨日から開催されています。金曜日と土曜日の開催で、第二弾の今週末は牛丼です。通常330円の牛丼が、この2日間は300円で提供されます。早速、食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、吉野家らしいカウンター席とカウンターから離れた、吉野家らしくないテーブル席があります。お客さんはポツリポツといる程度、空いてます。
メニューは、牛丼、豚丼、豚スタミナ丼、牛カルビ生姜焼き丼、セットの定番メニューの他にも、定食、丼の具だけの皿、カレー、サイドメニュー、朝食、などが豊富にあります。豚丼・味噌汁・お新香セット玉子にしました。
メニューを選んでいる間に次々お客さんが訪れ、ちょっと注文が遅れました。追い越された感じで遅れましたが、それでも早めに出来上がってきました。
始めてではないかも知れませんが、豚丼を食べた覚えがほとんどありません。豚肉は、軟らかいけどしっかりしていて弾力も食べていて頼もしく感じます
次々とお客さんが来て、食べ終わる頃にはお店もかなり賑わってきました。
豚丼300円+味噌汁・お新香セット130円+玉子60円とお得でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.07

津軽めんこい懐石弁当 ひとくちだらけ

ひとくちだらけ パッケージ

ひとくちだらけ

ひとくちだらけ お品書き

東京での仕事も終わり、歓送迎会を中座させてもらい、ボチボチ帰ります。
東京駅の改札内、全国の駅弁を販売しているいつもの駅弁屋を覗いてみます。さすが金曜日と思います。かなりの種類と数の駅弁が、まだ残っています。
青森県五所川原市の個人名○○○○○(屋号 つがる惣菜)が製造者で、駅弁名「津軽めんこい懐石弁当 ひとくちだらけ」を食べることにしました。
駅弁名と製造者の屋号のみが書かれたシンプルさが品の良い仕上がりです。
お品書きがあります。お弁当の入っている升目に合わせて書かれています。
左側の上から右へ食べていこうと思います。
・ほたて飯 県産ホタテな炊込みご飯です
・くわ焼 鶏肉の焼き物です
・すしこ 津軽の伝統料理、天然の赤しその色です
・味噌おでん 青森名物、生姜味噌のおでんです
・煮ホタテ 青森名物、ホタテの煮物です
・カボチャ餅 津軽の伝統的な、スイーツです
・イナリ寿司 津軽の赤いおいなりさんです
・牛バラ焼 B1グランプリ、十和田バラ焼です
・紅鮭寿司 昔から津軽で作られている鮭の飯寿司です
・煮物4点 天然だしで煮た、煮物です
・なすしそ巻 赤しそでなす味噌を巻いてあります
・黒石焼そば B級グルメ黒石やきそばです
・しじみご飯 十三湖の大和しじみの炊込みご飯です
・豚みそ焼 県産ガーリック豚の味噌焼きです
・赤カブ漬 自然の色の赤カブです
・たまご焼 高級卵「もっこり卵」使用です
・ホタテ唐揚げ 「タレ」が決め手のホタテの唐揚げです
・酢ホタテ 青森産のホタテを酢で味付けしました
・若生おにぎり 太宰も愛した若生昆布のおにぎりです
・牛源タレ焼 県民のソウルフード源タレ醤油味です
・きゅうり漬 県産きゅうりの辛子漬けです
・味噌身欠にしん 身欠にしんを味噌味にしています
・焼肉塩焼 県産の「桜姫鶏」の源タレ塩味です
・イカメンチ B級グルメ、イカ下足、野草の揚げ物です
という豪華ラインアップでした。これだけ食べれて1200円はお得かも!

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北大塚ラーメン

北大塚ラーメン

東京都豊島区の「北大塚ラーメン」です。
JR山手線の大塚駅から歩ける程度の場所にあります。北大塚になります。
関東に転勤した中華のカトー本店が好きだった同僚から紹介されたお店です。青島から生姜を抑えたラーメンが食べられるとの情報をいただいています。
お店は、かなり小さめです。その中に2畳~3畳程の小さな厨房があります。手前と左側に厨房向きのカウンター席があります。左側奥に階段があります。2階にも席があるようで、お客さんが下ってきたり、上ったりもしています。綺麗なお店です。正午過ぎに着きました。外に5人、中にも3人の待ちです。入ってすぐ左側に食券販売機があります。入ったタイミングで購入します。
メニューは、なかなかシンプルな構成になってます。ラーメン(並・中)、激辛(半)ラーメン(並・中)、チャーシュー麺(並・中)、激辛(半)チャーシュー麺(並・中)があります。大盛は別料金(150円)。小ライスが売切になっていますがサービスのようです。ランチタイムだけなのかは不明です。駅弁食べ~の移動で小ライスはパス、チャーシュー麺(中)にしました。
列び始めて20分程待ったところで左側のカウンター席に案内されました。
一機に8杯の器を用意、スープを張っています。ゆで上がった麺を入れます。ねぎやメンマ、切ったばかりのチャーシューなどをのせて完成したようです。ようやく出来上がってきました。お店に列んでから25分程、早い方かな?

北大塚ラーメン チャーシュー麺(中)

立ち食いのうどんやお蕎麦のようなシンプルな器に波々と盛られています。
麺は、細めのかなり緩い縮れです。ツルツル感、モチモチ感とも良好です。
スープは、醤油の効いたものでいい感じに旨味があります。やや甘めです。
トッピングは、たっぷりのチャーシュー、メンマ、ねぎなどシンプルです。
チャーシューは脂身が多めで、チャーシューから溶けた油など油が多めです。ちょっとこってりした感じもありますが、醤油の味をいい感じで楽しめます。昔懐かしい中華そば風のラーメンでした。麺の中盛や小ライスがサービスで、ラーメンが600円、チャーシュー麺で800円。かなりお得な昼食でした。チャーシューも結構多めで、次回からラーメンでも良いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟コシヒカリ弁当

新潟コシヒカリ弁当

新潟コシヒカリ弁当

今日は、いつもの午前中の新幹線移動です。金曜日はやはり賑わっています。まあ、行きは良いとしても、金曜日の帰り!、どんな混みか気になります。
新幹線での移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところになります。今回もいつも通りに改札を入らない駅弁屋から順番に見させてもらいます。
ちょうど駅弁が届いたところです。届いた駅弁が並ぶのを待つことにします。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。駅弁が並べられていきます。駅弁の数が倍ぐらいになったような気がします。カードもセットされますが、食べたことのない駅弁は残念ながらありません。
次に、在来線から新幹線へ乗り換え改札の手前にある駅弁屋を覗いてみます。こちらは、東口改札脇の駅弁屋を小規模にしたような、想定した品揃えです。
最後に新幹線ホームの駅弁屋を覗いてみます。さらに種類は少なくなります。しかし、想定した通り先2ヶ所の駅弁屋にはなかった駅弁が残っていました。何度か食べていますが、幕の内弁当らしくいろんな食材を食べれる駅弁です。新潟食材をいろいろ楽しめる新潟三新軒の新潟コシヒカリ弁当にしました。
早速、新幹線でいただきます。始発はいつもそれほど混みもなく助かります。幕の内弁当で“新潟県産のおいしいご飯と山海の恵みを詰め込んだ具沢山のお弁当です。”との説明、新潟県産コシヒカリ米使用などが書かれています。
お品書きはなく原材料名になります。米(新潟県産)、煮物(人参、こんにゃく、魚団子、ごぼう)、豚メンチカツ、鮭、海老、赤カブ酢漬、鮭巻昆布、玉子焼、ブロッコリー、麩、小なすかす漬、筋子、小梅漬になっています。
幕の内弁当らしくいろんなおかずを楽しめた。味付けも良かったと思います。目立つものもありませんが、なによりお米の美味しさを気付かせてくれます。1000円と価格的にも今ではちょうどいいところではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

中華そば 来味 東堀店

来味東掘店 中華そば(特大盛)

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟市のど真ん中にあります。柾谷小路と東堀通との交差点角の…隣です。
昨日の今日なのにお腹が空きました。たらふく食べたくてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さめのちょっと古い感じもある中華そば屋さんです。お店に入った時に煮干しのいい香りがして、なぜかホッとします。午後12時50分過ぎに着きました。他にお客さんが2人とお昼終盤とはちょっと寂しい状態です。
メニューは、中華そば、肉そば、辛そば、つけ麺、辛つけ麺などがあります。辛そばと辛つけ麺は、1辛~3辛とあって辛さを楽しんでみたい気もします。麺の大盛(1.5玉)や特大盛(2玉)が無料のとてもありがたいお店です。入口の看板に期間限定のメニューを期待しましたが、特に提供されてません。つけ麺が続いたので、久々基本に戻り、中華そば(特大盛)にしました。
先客の二人の中華そばが出来、次の作りです。早く出来上がってきました。
真っ白な器に美味しそうなスープ、煮干しの優しい香りにも刺激されます。
麺は、細くストレートに近い弱い縮れ、特盛りのためか少し硬いゆでです。
スープは、煮干しだしの風味とだし、醤油の旨味を楽しめるあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎとシンプル、彩が欲しいです。
昔ながらの食べ易い中華そばです。煮干しの旨味と風味、あっさりした醤油味を楽しめるものでした。600円で特大盛も食べれる嬉しい中華そばです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.05

陳健一監修 特製焼売と唐揚げの中華御膳

特製焼売と唐揚げの中華御膳 パッケージ

特製焼売と唐揚げの中華御膳

東京での仕事も終わり、懇親会も参加しての帰りになりました。東京駅の改札
内にある全国の駅弁を販売しているいつもの駅弁屋を覗いてみます。それほど
遅くはないと思っていたのですが、かなりの駅弁が売り切れになっています。
いつもならもう少し残っているような気もしますが…。セカンドダイニングか
ら発売されている陳健一監修 特製焼売と唐揚げの中華御膳にしました。
駅弁の名前の前に“四川飯店の特製怪味ソース付”と書かれています。説明もあります。“多数の香辛料、香味野菜を使用し自家製ラー油で仕上げた四川飯店の特製怪味(カイミー)ソースでいただく唐揚げは絶品の味わい。陳健一自慢の人気メニューを豪華に盛り込んだ御膳弁当。”とのことです。他にも液体塩こうじ使用、太香胡麻油、太白胡麻油使用、おいしさ味わう十六穀ごはん使用との特徴も書かれています。かなりのこだわりを持って作られています。
お品書きはなく、原材料の記載になります。白飯(国産米)、十六穀入飯(国産米)、鶏唐揚、海老入り焼売、千貝入り焼売、茹イカ、高野豆腐煮、春雨サラダ、怪味ソース、チリソース、揚なす、肉味噌ソース、ザーサイ等です。
特製怪味(カイミー)ソースがメチャ旨いです。さすがです。鉄人監修の駅弁は1380円とお高いけど納得の仕上がりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華 銀座亭

銀座亭

東京都中央区の「中華 銀座亭」です。
銀座7丁目、汐留に近い場所にあります。お店前には花椿通りとあります。
お手頃に食べれそうなお店はないかと歩いていて見かけたお店になります。
お店は、中央に厨房、左右と手前に厨房を囲う形でカウンター席があります。ちょっと古めで、銀座なのに庶民的な中華食堂です。午後12時10分過ぎに着きました。満席かと思ったら、左側奥寄りに1席だけ空きがありました。
メニューは、中華って感じがそれほどありません。らーめん、みそらーめん、たんめん、わかめらーめん、わんたん、わんたん麺、うまにらーめん、チャーシュー麺、みそチャーシュー麺、チャーシューわんたん麺、坦坦麺、らーらー麺、つけめん、野菜つけ麺、みそつけ麺、わかめつけ麺、のりつけ麺、竹の子つけ麺、うまにつけ麺、肉入りつけ麺、坦坦つけ麺、ぴりぴりつけ麺、焼きそば、五目焼きそばなどとても豊富で、ご飯類もかなり豊富にあります。いろいろ食べたいものもありますが、最初なんで基本的ならーめんにしました。
その後もお客さんが来て賑わった状態が続きます。チャーハンが人気です。
手間のかからないメニューだったこともあり、早く出来上がってきました。

銀座亭 らーめん

雷文の落ち着いた白い器に、醤油色の透き通ったスープが美味しそうです。
麺は、やや細やや弱めの縮れ、ツルツルしていますが、ちょっと硬めです。
スープは、透き通った醤油色で、見ため通り癖のないあっさり醤油味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎなどです。
銀座で昔懐かしい味のラーメンを楽しまさせていただけました。700円と新潟だったらお高い感じもしますが、銀座ならそこそこお安く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.04

ラーメン ぷん楽

ぷん楽

東京都江東区の「ラーメン ぷん楽」です。
都道10号線沿い、門前仲町~汐見橋~木場に入った先の右側にあります。
軽飲後のラーメンが楽しめそうだし、なんか暖簾に誘われお邪魔しました。
午後8時過ぎですが、外に東南アジア系の親子が待っています。居酒屋風なところもあり、いつ空くかの目処もありませんが、のんびり待ちます。15分程待つと4人~5人のお客さんが帰りました。スタッフがやってきました。
お店は、右側奥に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席の小さめの、居酒屋風なお店です。カウンター席の奥寄りに案内されたした。
メニューは、つまみも軽飲には十分な種類があります。牛すじ煮込みがあり、オプションで豆腐や味玉を加えられます。牛すじ煮込み(豆腐・味玉入)と生ビールにしました。喉も乾いたのか?生ビールがすすみます。生ビールをお代わりする頃に牛すじ煮込み(豆腐・味玉入)が出来上がってきました。

ぷん楽 牛すじ煮込み(豆腐・味玉入)

ビーフシチューのような雰囲気で、トマトの効いたデミグラスソース味です。味噌味を想像していましたが…、ビールに合います。650円+50×2。
さて、そろそろ〆ってほど飲んではいませんが、ラーメンでも食べましょう。メニューは、通常っぽいもねが、正油ラーメンと塩ラーメン、それらにカイワレ・ネギ・チャーシューを加えたもの、肉玉つけめん、油そば、ホワイトタンタンメンがあります。いつもあるか不明な…、塩バターラーメン、カレーラーメン、肉汁ラーメンなどもあります。ホワイトタンタンメンにしました。
すぐ作りますか?はい!タイミングが良く、早めに出来上がってきました。

ぷん楽 ホワイトタンタンメン

白っぽい器がパンプキンラーメンかのような黄色スープに覆われています。
麺は、平打ちの普通太のストレートか?かなり弱い縮れ、かなり硬めです。
スープは、表面の油のようなものが黄色いだけで、こってり感はありません。その下は、表面の黄色が嘘のように真っ白で、クリーミーな仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、もやし、海苔、ねぎと意外とシンプルです。
とてもまろやかでクリーミーな一杯でした。黄色い表面の油のようなものは、何でしょうか。臭みもこってり感もなく不思議です。780円いい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野恩賜公園

上野恩賜公園

東京都台東区の「上野恩賜公園」です。通称、上野公園と呼ばれています。
久々に上野公園の桜を見てみようかとお邪魔しました。公園の中の桜は、7部咲き~満開ぐらいでしょうか。大勢の花見客で賑わっています。歩けないこともなくいい感じです。目立ったライトアップもなく、提灯などの灯りだけで、それほど綺麗にも見えませんが、目が慣れてくると、綺麗に見えます。スマホでも綺麗に写真を撮っている人もいますが、安いコンデジでは無理でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せたが屋

せたが屋 春野菜とつくね味噌らーめん

東京都品川区の品達ラーメン麺達七人衆にある「せたが屋」です。
品川駅の川崎寄り、京浜急行のガード下にあるラーメン村のようなものです。品達は、ラーメンの達人7人のお店があります。どんぶりの達人五人衆も併設されています。フードコート風になっていれば好きなどんぶりと好きなラーメンの組み合わせられそうですが、各店舗が完全に独立しています。どんぶりは持ち帰りが可能な物がありますが、ラーメン店の持ち込みが無理でしょう。
いつもならどのお店のラーメンを食べようかとひと周りして悩むところです。しかし、なんか可愛いげなポスターがあります。少女マンガのキャラです。
『品達×ラーメン大好き小泉さん』特別企画です。キャラは、小泉さんです。期間は4月1日(土)~5月31日(水)、品達品川および品達羽田の15店で提供される期間限定のメニューを対象としたスタンプラリーで、スタンプのポイントに応じ「品達×ラーメン大好き小泉さん」のオリジナルグッズがもらえます。スタンプラリーは無理でしょうが、限定メニューを食べてみましょう。
ポスターに各店のメニューが紹介されています。品川の「なんつっ亭」は春のえび豚らーめん、「蒙古タンメン 中本」は塩卵麺、「せたが屋」は春野菜とつくね味噌らーめん、「支那そば きび」は春の塩中華そば、「麺屋 翔」は春野菜タンメン、「つけめん TETSU」は鬼あぶらつけめん、「初代 けいすけ」は春のけいじろう、「野郎ラーメン」は竹田式肉醤油そば、「伝説のすた丼屋」はすたみな肉汁麺、「元祖ニュータンタンメン本舗」はキャベツとネギチャーシュータンタンメン、「刀削麺 張家」のじゃじゃ刀削麺、「チチカレー」は品達限定スペシャルカレー、羽田の「金澤味噌ラーメン 神仙」は甘えび味噌ラーメン、「博多とんこつ 笑い豚」は春野菜の豚骨ちゃんぽん、「中華そば 福味」はあさりの冷し塩そば、いろんなのが提供されています。名前と写真で「せたが屋」は春野菜とつくね味噌らーめんにします。
お店前の食券販売機で食券を購入してお店の中に入るようになっていますが、
2人がお店前に列んでいます。食券を購入してから列ぶようにとあります。
メニューは、せたが屋らーめん、のり玉らーめん、らーめん、復活!雲らーめん、魚郎らーめん、せたが屋つけ麺てんこ盛り、のり玉ひらつけ麺てんこ盛り、つけ麺てんこ盛り、せたが屋つけ麺、のり玉ひらつけ麺、つけ麺などがあります。春野菜とつくね味噌らーめんもまだありました。食べてみます。
お店は、左側手前に厨房、全体にテーブル席が多く、大きな柱を回るような大きなテーブルがあり、カウンター席のように使われています。奥に壁向きのカウンター席もあり、それほど待たずにそのカウンター席に案内されました。
混みもあるでしょうが、そこそこ長めの待ちの後、出来上がってきました。
白い器に味噌らしい見た感じ、ポスターほど美しい盛付けではありません。
麺は、普通太の強い縮れ、苦手な元気の良過ぎ麺なのでのんびり食べます。
スープは、味噌味がしっかりして、しょっぱさ・甘さ・こってりのバランスも良いのですが、結構辛めです。さらに付いてきた辛味を加えて楽しみます。
トッピングは、チャーシャー、ゆで野菜(もやしと少量キャベツ)、つくね2個、ねぎなどです。春野菜って少量のキャベツだけのようでガッカリです。
麺は好みじゃなく、トッピングも名前のような感じでもなく、ちょっと残念ですが、スープだけはまあまあ好みのものでした。900円は高いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさかいくらなんでも寿司

まさかいくらなんでも寿司 パッケージ

まさかいくらなんでも寿司

今日は朝から早めの新幹線移動です。火曜日でそれ程の混みもありません。
新幹線の移動で駅弁を買おうとすると東口改札脇の駅弁屋、在来線から新幹線への改札手前の駅弁屋、新幹線ホームの駅弁屋と3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入る前、在来線改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。普段から種類の多い改札を入る手前の駅弁屋から覗いていこうと思います。
大きな写真付カードで、販売している駅弁の内容や価格など紹介しています。数量はそれほどでもありませんが、なんかとても種類が豊富に揃っています。まだ食べたことのない駅弁がありました。まさかいくらなんでも寿司です。似たような名前の駅弁が結構多く、すでに食べたものかと勘違いしてました。新潟市秋葉区(新津)にある新発田三新軒が製造している駅弁になります。
紙箱はシンプルなデザインで“海の贅沢をギュ~と詰め込みました。”とか、鱒・鮭・蟹の食材などが書かれてます。お品書がなく原材料名の記載があります。酢飯(新潟県産)、イクラ、鮭、カニ、鱒、錦糸卵、付合せなどです。
酢飯はちょっとお酢の効きが好みより強いと思いました。そぼろ状のものは溢さないように食べなきゃいけなくてやや面倒です。薄い容器でボリューム感には欠けましたが、まあまあ楽しくいただけました。1100円。お魚類がメインの駅弁ですが、お腹の満腹も考えるとちょっとお高いような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.03

麺屋 しゃがら 青山店

しゃがら青山店 つけめん(特盛)

新潟市の「麺屋 しゃがら 青山店」です。
青山~黒埼の道路沿いの中間辺り、道路が少し高くなった場所にあります。
お腹が空きました。お手頃にガッツリ食べれるしゃがらにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側奥にテーブル席、右側に小上がりがあります。白い壁と木のカウンター、今時のラーメン屋さんらしい雰囲気です。午後1時前に着きました。お店の中に4人、外に2人の待ちです。10分程待ってカウンター席に案内されました。その後も結構賑わっています。
メニューは、醤油らーめんと味噌らーめん、それらのちゃーしゅーめんとつけ麺です。このお店が好きでありがたいのは麺の大盛10円増し、特盛20円増しのところです。麺量は、らーめんが並盛(180g)、大盛(270g)、特盛(360g)となっていて、つけめんが並盛(270g)、大盛(360g)、特盛(450g)になってます。冷し中華が食べたい陽気でらーめんは???つけめん(特盛)にしました。
厨房に待ちの伝票が下がっています。枚数は多くないのですが、小学校がまだ春休みでしょうか。子供連れが多く、かなり待って出来上がってきました。
大きい黒い器に太麺、迫力を感じます。つけ汁もなかなか美味しそうです。
麺は、太く弱い縮れで、少し硬めにゆでています。つけめんらしい麺です。
つけ汁は、醤油味が濃いめのあっさりです。動物と魚介の旨みがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、海苔、魚粉、ねぎなどです。派手さはありませんが、箸休めにちょうど良い量だと思います。
ラーメンだと好みとかなり違った麺ですが、つけめんだと普通に食べれます。つけめんの450g、いつもは多めに感じますが、今日はちょうどいい量でした。お店の看板に書かれた『空腹こそ最高の調味料』っていう意味を実感します。最後にスープ割りをたのしみました。割りスープはきゅうすに入ってきます。つけめん730円+特盛20円=750円、お腹にもちょうどの量でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.02

麺や たぶきん

たぶきん

新潟市の「麺や たぶきん」です。
東地区、竹尾ICから卸団地入口にあるDAMSの建物の1階にあります。
平日に入り難いお店で、のんびりした休日は近くでと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、厨房手前に厨房向き・中央に向い合わせのカウンター席、左側と手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。建物は新しく、テーブルなど木はちょっとレトロな感じです。午後12時30分に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。入口を入った正面に食券販売機があります。
メニューは、正油らーめん、ちゃーしゅうめん、激辛坦々めん、えびダシ濃厚味噌らーめん、野菜タップリらーめん、野菜味噌らーめん、野菜坦々めん、油そば、マーボーめん、ニラもやし麺、黒カレーらーめん、豆乳塩らーめん、たぶきんランチ、夜定食などがあります。冷し中華は売り切れになっています。マーボーめんも食べたいのですが、最初なので正油らーめんにしました。
待ちのお客さんが多めでしたが、普通かより早めに出来上がってきました。

たぶきん 正油らーめん

赤の模様入りの白い器に、チャーシューが多めにトッピングされています。
麺は、細麺の縮れでツルツルの心地よい食感、結構モチモチ感も強めです。
スープは、癖のない醤油味で、あっさりしながらもいい旨味が味わえます。
トッピングは、チャーシューは多めですが、メンマ、ねぎとシンプルです。
正油らーめんと名付けられていますが、中華そば風で結構好みのものでした。歯応えのあるチャーシューが多めに入っていて嬉しかったのですが、葉野菜か海苔や鳴門などなんかもう少し欲しいです。630円といい線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.01

丸亀製麺 新潟河渡店

丸亀製麺新潟河渡店 釜揚げうどん大+野菜かき揚げ

新潟市の「丸亀製麺 新潟河渡店」です。
東地区の河渡マーケットシティ前の大きな道沿いにあります。向かいです。
毎月1日は釜揚げうどん半額の日、うどんを食べようかとお邪魔しました。
お店は、セルフのヴュッフェスタイルの和風スタイル、カウンター席、大小のテーブル席、小上がりがあります。和風のようですが、とてもシンプルな雰囲気です。午後4時30分過ぎに着きましたが、そこそこ賑わってはいます。
メニューは、釜揚げうどん、ぶっかけうどん、かけうどんに大きく大別されています。予めトッピングを加えられたものがあり、さらにトッピングを加えることができます。天ぷらが豊富で、天丼用のライスもあります。釜揚げうどんは、冷たいものの提供はなく、温かいもののみの提供です。予定していた通り釜揚げうどん大(温:190円)+野菜かき揚げ(130円)にしました。
家族分も合わせて清算、別の器にたっぷりの青ねぎを入れ、席に移動します。木桶にはゆで汁に入ったうどん、温かいつゆ、薬味はおろし生姜と胡麻です。七味唐辛子を少し加え、大にした筈が…、すんなりお腹に収まりました。讃岐うどんらしく合計320円で食べれました。半額で現地並みでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店

吉野家新潟海老ヶ瀬IC店 牛丼・とん汁・お新香セット+玉子

新潟市の「吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店」です。
海老ヶ瀬ICから旧国道7号線を新潟駅方向へ、すぐ左側に見えてきます。
吉野家の“春の300円!まつり”が昨日から開催されています。金曜日と土曜日の開催で、第一弾の今週末は牛丼です。通常380円の牛丼が、この2日間は300円で提供されます。早速、食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、吉野家らしいカウンター席とカウンターから離れた、吉野家らしくないテーブル席があります。午前10時のまつり開始から少しして着きました。スタッフはたくさんいますが、お客さんはポツリポツ程度、空いています。
メニューは、牛丼、豚丼、豚スタミナ丼、牛カルビ生姜焼き丼、セットの定番メニューの他にも、定食、丼の具だけの皿、カレー、サイドメニュー、朝食、などが豊富にあります。牛丼・とん汁・お新香セット玉子にしました。
スタッフは多かったものの、吉野家の普通の時間で出来上がってきました。
牛丼の食べ初めが吉野家だったので、この味にホッとします。でも、今まであまり感じたことはなかったのですが、いつもよりこってりに感じています。
次々とお客さんが来て、食べ終わる頃にはお店もかなり賑わってきました。
牛丼・とん汁・お新香セット560円+玉子60円のお得な朝食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »