« 雪の舞 | トップページ | 秋露のささやき »

2017.08.30

塩らーめん しお丸

しお丸

東京都港区の「塩らーめん しお丸」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、港区生涯学習センター広場の西側にあります。
東京であっさり系冷しラーメンが食べたくて、ネットで見つけたお店です。
お店は、奥行きがあります。奥に厨房、左側に配膳用の通路的スペース、中央に配膳スペース向きのカウンター席、右側に小さなテーブルの席があります。ちょっと古めな感じのお店です。午前11時10分過ぎに着きました。他にお客さんはいません。後客は2名。入ってすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、塩らーめん、塩らーめん(味玉入り)、塩ネギらーめん、塩バターコーン、海老ワンタン麺(塩)、野菜タンメン(塩)、塩あさりらーめん、塩つけめん、正油らーめん、正油らーめん(味玉入り)、味噌らーめん、味噌らーめん(味玉入り)、冷やし塩らーめん、ランチセットなどがあります。この時間、麺の大盛りと白めしがサービスになります。食券販売機に麺の大盛りがないので、いつでも麺の大盛りはサービスのようです。ランチセット説明の貼紙には、塩らーめん+肉チャーハン(ミニ)とあり、白めしサービスとあります。どちらも昼11時から15時となっています。白めしはお昼だけのようです。麺の大盛りと白めしは、両方同時も可能なようです。でも、それほどの量は食べれそうもないです。冷やし塩らーめん(大盛)にしました。
空いてはいますが冷やし系です。普通の待ち時間で出来上がってきました。
っと思いましたが後からのお客の同じ注文のものは早い出来上がりでした。

しお丸 冷やし塩らーめん(大盛)

和風な感じの白い器にちょっと豪華な塩らーめんかのような出で立ちです。
麺は、細麺の緩い縮れ、九州ラーメンのバリ硬のような硬めのゆで加減です。噛み切れの具合がとても気持ち良いです。これも九州ラーメンのようです。
スープは、塩に良くあるエグい感じはなくて、すんなり旨味を感じられます。あっさりなのに深みのある自然な旨味、冷たいスープですが麺に絡みます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、水菜、白ねぎ、鳴門、わかめ、海苔、糸唐辛子など、冷たいらーめんであることを忘れてしまいそう。
カウンターの上には、魚ガッツリ(魚粉?)、唐辛子パウダー、おろしにんにく、とろめ(細かなとろろ昆布)のやや大きめな容器が、次回楽しみます。
冷たい塩らーめんは、冷たいことが全然判らない見た目の塩らーめんでした。冷しラーメンとして好きな麺とは違いますが、なかなか楽しく食べれました。塩は味付けが難しい的なことが書かれた貼紙がありましたが、見事な味です。充実したトッピングは華やかで、冷やし塩らーめんを彩っていてくれました。食べている途中、ふと柚子の香りがします。とても爽やかになれる香りです。ここまでは…、この1杯が890円、麺の大盛りと白めしは折り込み済か?

|

« 雪の舞 | トップページ | 秋露のささやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/65731068

この記事へのトラックバック一覧です: 塩らーめん しお丸:

« 雪の舞 | トップページ | 秋露のささやき »