« ババヘラアイス? | トップページ | 白瀬南極探検隊記念館 »

2017.09.17

比内地鶏の鶏めし

比内地鶏の鶏めし パッケージ

比内地鶏の鶏めし

秋田県大館市の「花善」の比内地鶏の鶏めしです。
食べたいお店は日祝休み、食べたいものなくスーパーで見つけた駅弁です。
東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」でも秋田の駅弁を販売していて何度となく食べていますが、比内地鶏関係も含め全て秋田市の関根屋の駅弁です。比内地鶏の地元大館市の駅弁は初めてです。地元の味を楽しませてもらいます。
包紙に余計な文字はなく、ただひと言、明治32年11月15日創業です。
包紙の表は“比内地鶏の鶏めし”で、ラベルの品名は“鶏めし弁当”です。
お品書きはなく、原材料名になります。味付けご飯(米・秋田県産、鶏肉の煮汁)、比内地鶏の塩焼き、茄子の田楽味噌、がんもどき煮(魚肉(たら)、植物油、玉葱、豆腐、その他)、そぼろ卵、枝豆豆腐揚げ(えだまめ、玉葱、魚肉(たら)、その他)、ごぼうの醤油煮、比内地鶏のそぼろ、蒲鉾(魚肉、ほうれん草、でん粉、その他)、胡瓜漬、しば漬、インゲンなどと豊富です。
比内地鶏の塩焼きは、しっかりした歯応えです。味付けご飯が美味しいです。豪華な駅弁になりました。1180円とお高いけど納得の味わいでした。

がんばろう東北!

|

« ババヘラアイス? | トップページ | 白瀬南極探検隊記念館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/65813285

この記事へのトラックバック一覧です: 比内地鶏の鶏めし:

« ババヘラアイス? | トップページ | 白瀬南極探検隊記念館 »