« 麺や 鯛あたり | トップページ | 手仕事らぁめん 八 吉田店 »

2017.09.24

札幌真麺処 幸村

幸村 味噌

新潟市の「新潟伊勢丹」で催されている『秋の大北海道展』に行きました。
好きながごめ昆布を買うのが目的で、ラーメンも楽しみにお邪魔しました。
万代シティでのイベントの開催もあるようで、付近はかなり渋滞しています。いつもの伊勢丹近くの駐車場には、いつ到着できるか全く判らない状況です。ちょっと新潟駅寄りの駐車場に車を入れ、万代シティまで少し歩きました。
万代シティのイベントも重なり、万代シティの歩行天など混み合っています。とはいってものんびり無理せず、流れにのって伊勢丹までたどり着きました。会場は、6階の催事場です。エレベータも混んでいて1回だけ見送りました。北海道展や九州展や他のイベントも来ていますが、最大級の混み具合です。
午後2時10分過ぎにイートインに列びました。前には20人程の待ちです。貼紙があります。出展しているお店は、札幌市の「札幌真麺処 幸村」です。店主は、白樺山荘で修行とのことです。新潟県初上陸的な言葉はありません。幸村は、いつだったかはっきりしていませんが、食べたような気もします。
メニューは、味噌、しょうゆ、梅しお、辛みその4味と味たまごの追加です。前も味噌を食べたような気がしますが、また、味噌を食べようと思います。
列が進みイートインの入口レジで食券を購入します。もう少しの待ちです。
イートインは、テーブル席と壁向きのカウンター席、間もなく座れました。
その後も暫くの待って出来上がってきました。列び始めから約30分です。
白い器に味噌味を楽しめそうなスープ、トッピングも充実していそうです。
麺は、普通の太さ強い縮れで少し硬め、札幌味噌ラーメンらしいものです。
スープは、味噌味がしっかり濃いめ、浮いてる油も多くこってりしています。そこに焦がしねぎが残る焦がしねぎ油が、ちょっと癖のある仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、ねぎ、焦がしねぎ、海苔などです。味噌ラーメンでも充実したトッピングがあると嬉しくなってきます。
札幌的味噌ラーメンらしいラーメンでした。864円です。安くはないのですが、それなり質の高い味噌ラーメンでした。相方も同じものを食べました。

|

« 麺や 鯛あたり | トップページ | 手仕事らぁめん 八 吉田店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/65837716

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌真麺処 幸村:

« 麺や 鯛あたり | トップページ | 手仕事らぁめん 八 吉田店 »