« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017.10.31

さどの味いちば

さどの味いちば 煮魚定食(かさご)

さどの味いちば 煮魚定食(かさご)アップ

佐渡市(旧両津市)の「さどの味いちば」です。(旧かもこ観光センター)
加茂湖の北側辺りにあります。国道350号線沿いです。ナビ頼り?です。
大型バスの広々した駐車場があり、その一角に一般車の駐車場もあります。
ある程度大きな建物で入口の脇に海鮮軽食コーナーがあります。岩ガキが美味しそうです。1階は海鮮を中心としたおみやげ物の販売、2階は長~いテーブルが並ぶ、食堂です。観光バスの昼食の立ち寄り施設で、バス1台分ぐらいの昼食がセットされています。正午過ぎ、一般のお客さんは、他にいません。
メニューは、ぶりカツ丼、日替り膳、さどいち丼、大漁丼、いろいろ丼、かもこ丼、刺身定食、海鮮丼、さど御膳、トンカツ定食、天丼、エビフライカレー丼、そば、うどん、海鮮そば、海鮮うどん、カレーライス、シーフードカレーがあります。他にもあります。数量限定メニューの焼魚定食、煮魚定食です。煮魚定食は、かさごの煮物とのこと。かさごの煮物!煮魚定食にします。
数量限定メニューってことで仕込まれていて早めに出来上がってきました。
かさごの煮魚に小鉢、お新香、ご飯、味噌汁とシンプルな組み合わせです。
食べ易い大きさのかさごです。醤油でしっかり味付けされ、ご飯が進みます。煮魚が美味しい魚ってそれほど知りませんが、確かにかさごは美味しいです。お店のメニューが全体的に高価で、観光地価格かと思います。かさごの煮魚定食も1260円とお高いですが、その中ではまあまあいい方だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.30

本家 第一旭 たかばし本店

本家第一旭

京都府京都市の「本家 第一旭 たかばし本店」です。
京都駅北口から塩小路通りを東へ、高倉通りとの交差点の近くにあります。
以前に食べた「新福菜館本店」の隣、京都老舗ラーメン店が並んでいます。
京都での昼食です。新潟にもお店のある第一旭、その本店にお邪魔します。
午前11時30分過ぎに着きました。午前5:00~午前2:00と朝ラーから深夜の〆のラーメンまで驚異的な営業時間です。列びはないだろうと勝手に思っていたのですが、お店前の歩道には10人以上の列びができています。
列んでいるとスタッフが来て注文を取っています。メニューをお客に渡すのではなく、見せて注文を聞いています。かなり急いで決めなきゃいけないようでプレッシャーを感じながらも待っていると、いよいよ注文を取りにきました。簡単に決められるか心配していましたが、品数が少なくて大丈夫そうです。
メニューは、特製ラーメン、ラーメン、メンマラーメン、ミニラーメン、肉なし(野菜入)ラーメン、肉増しがあります。特製ラーメンが人気のようで注文している人も多いのですが、まずは基本的な線で、ラーメンにしました。
なかなか進みませんが帰るお客さんが何人か出て、店内に案内されました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。昭和の懐かしさを感じるお店で、テーブル席の相席になりました。
男性スタッフ5人、女性スタッフ1人、早朝からのスタッフと午後のスタッフの両方のスタッフでお昼時間を対応するのでは?と思わせる充実振りです。
麺のゆで時間でしょう?纏まって普通の待ち時間で出来上がってきました。

本家第一旭 ラーメン

緑の龍と赤いラインの使い込んだ器に盛られてます。結構豪華な感じです。
麺は、普通かやや細ぐらいのストレート、とってもモチモチ感が強めです。
スープは、二郎に似た動物系の風味と旨味があり、表面に油が浮いてます。
トッピングは、多めのチャーシュー、たっぷりの九条ねぎ、もやしなどです。筋肉の煮込みっぼいものも入っていました。シンプルでちょっと豪華です。
麺は好みと違い、スープもこってりです。トッピングは、なかなか充実していそうですが、メンマがなくて残念でした。700円はいい線だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.10.29

リンガーハット 新潟河渡店

リンガーハット新潟河渡店 長崎ちゃんぽん(×2.0)

新潟市の「リンガーハット 新潟河渡店」です。
東地区にある河渡マーケットシティの一角にあります。こびきやの跡です。
テレビで佐々木希が秋田のお店で食べていた味噌チャンポンが美味しそうでした。リンガーハットにも味噌チャンポンがあったかな?とお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に仕切りのある向い合わせのカウンター席、右側や奥にテーブル席、左側手前に個室があります。セルフうどん店の雰囲気のままです。フードコートのようにカウンターでオーダーするようになっています。午後2時過ぎに着きました。3割ぐらいのお客さんの入りと空いています。
メニューは、長崎ちゃんぽん類と長崎皿うどん類があります。長崎ちゃんぼん類は、長崎ちゃんぼん、スナックちゃんぼん、ピリカラちゃんぼん、野菜たっぷりちゃんぼん、ミドルちゃんぼん、野菜たっぷりミドルちゃんぼん、減塩、海藻類と豆乳のヘルシーちゃんぼんがあります。セットメニューもあります。長崎ちゃんぽんは、麺の量が通常では200gで、1.5倍(300g)や2倍(400g)に増量できます。野菜の量が225gで、野菜たっぷりちゃんぽんは480gです。長崎皿うどんは、長崎皿うどん、スナック皿うどん、野菜たっぷり皿うどん、減塩皿うどんがあります。あらら!メニューが変わり、この新潟河渡店では味噌ちゃんぽんが提供されなくなっています。今さら他のお店に移動するのも面倒です。今回、味噌ちゃんぽんは諦めましょう。長崎ちゃんぽんにしました。麺の量の×1.5や×2.0が無料サービス、お腹も空いています。×2.0にしました。
ポケベルみたいな受信機を渡され席で待ちます。普通に出来上がりました。
白くやや大きめで浅い器、中央にたっぷりの具材が盛り付けられています。
麺は、普通の太さのストレート。ちゃんぽんらしい歯応えの楽しい麺です。
スープは、白濁した優しいもの、具材からの旨みと上手く絡まっています。
トッピングは、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ、グリーンピース、コーン、さつま揚げ、紅白蒲鉾、豚肉、海老の炒め物です。ボリュームがあります。
具材から溶けだした旨味がスープに優しく、癖がなく凝縮されています。このボリュームで本体が580円(税込み626円)、値上がりしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.28

清津峡

清津峡渓谷トンネル

津南町の「清津峡」に行ってきました。清津峡渓谷トンネルが目的です。
黒部峡谷(富山県)、大杉峡谷(三重県)と並び日本三大峡谷になります。
過去に何度か駐車場までは行きましたが、トンネルに入るのは初めてです。
期待した紅葉も曇天と時間が遅くもうひとつ。やはり陽当たりが欲しいです。ただ、険しい崖の柱状節理は見事なものでした。入坑料金600円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すし処 鮨岡

鮨岡

南魚沼市(旧六日町)の「すし処 鮨岡」です。
五日町地内、国道17号線からほんの少し上越線五日町駅に入った所です。
テレビ番組で、南魚沼の本気丼が取り上げられています。南魚沼コシヒカリ街
道実行委員会が実施する「南魚沼 本気丼~MAJI-DON~日本一コシヒカリ 南うおぬまコシヒカリ待ち街道新米キャンペーン」で2017年7月14日~11月30に開催されているものです。いろんな丼があり、食べてみたいと思っていました。
南魚沼市の大和地区、六日町地区、塩沢地区で肉類、きりざい、カレー、魚介類、天ぷら揚げ物、その他、55種類の味を楽しむことができます。その中からお手頃なのにたっぷりそうな「すし処 鮨岡」で食べることにしました。
午後12時30分頃に着きました。お店の前には6台分程の駐車スペースがあり、1台分空いていました。お店前には10人程の待ちになっています。車に対して人の数が多いと思ったら、隣の広い広場にも駐車できるようです。お店前の用紙に記入して待ちますが、全然出てくるお客さんもなく進みません。
それでもなんとかお店前まで進むと貼紙があります。貼紙の内容は、“鮨岡の本気丼”、“税込み1000円”、“お昼はランチのみとさせて…”、“サイズは(小・並・中・大)からお選びいただけます”、“えび、カニ、山芋などを使用しており、アレルギーなど心配の方は遠慮なくお申し出ください”と書かれています。食べれないものがなければ、サイズを選ぶだけのようです。
天気も悪くないのであまり苦になっていませんでしたが、お店に着いて1時間もかかり店内に案内されました。人数の対し時間がかかってしまいました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がり、奥に大きな座敷が2間も、お寿司屋さんらしい落ち着いた雰囲気のお店です。50人ぐらいのお客さんが入っていそうです。カウンター席に案内されました。
メニューは、本気丼のみ、サイズはかなり大盛りそうなのでにしました。
親父さん1人で本気丼を作っていて、女性スタッフ3人で小鉢や味噌汁などの準備、配膳、食器洗いをこなしています。本気丼は一度に10人前ほどを作ります。サイズの他に食べられないものを除いたものもあり、大変そうです。
すぐに小鉢やお新香などが運ばれてきました。小鉢は、冷奴とサラダです。

鮨岡 本気丼

鮨岡 本気丼アップ

さらに待つこと30分、本気丼が出来上がってきました。一緒に味噌汁も。
陶器の器です。丼として普通の大きさで、海鮮が山のようになっています。
海鮮丼ですが何種類の魚介がのっているのでしょう。鮪、鮪たたき、鯛、鰤、鮭、海老、烏賊、鮹、ホタテ、いくら、白魚、胡瓜、蒲鉾、山芋、山葵、生姜酢漬けなど、他にもいろいろのってます。崩さないよう注意して食べます。
並盛りですが、ちょうどいい量でした。でも相方も並盛りでお残し、これもいただき結局満腹になりました。南魚沼産コシヒカリの新米と魚介のたらふく海鮮丼、これでジャストの1000円、近ければと通いたい本気丼でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.10.27

復刻版鶏めし弁当

復刻版鶏めし弁当 パッケージ

復刻版鶏めし弁当

午前中に東京とおさらばの予定でしたが、昼過ぎまでの仕事になってしまいました。その後にラーメンも無事に食べられ、食欲も戻り、いつも通り駅弁を食べながら帰ります。いつもの「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。
週末とあっていつもの賑わいになっています。駅弁も昨日の山積とまではいきませんが、隙間なく重なって置かれています。昨日見かけた2つの駅弁がセットになったものを探しますが、見つかりません。日替わりなんでしょう。食べたことのない、昨日は見かけなかった駅弁もあります。幕の内 or 肉 or 魚のどれにしようかと考え出す前に目に飛び込んできた駅弁があります。引かれる復刻版の文字、秋田県大館市花善の駅弁、復刻版鶏めし弁当にしました。
新幹線はすでに入線、並んでいた人が乗り終わる頃ホームに着きました。かなり賑わっていますが座れました。A・C・D・E席に空きがないぐらいです。さて、食べましょう。包紙を確認します。“大舘名物”、“ひと箸にほんのり漂う米の味”、“復刻版”“東北大陸から。”などのPRが書かれています。割箸の箸袋には“昭和62年の割箸を復元しました。”と書かれています。
お品書きではなく原材料名です。味付けご飯(米・秋田県産、鶏肉の煮汁)、鶏肉の甘辛煮、がんもどき煮(魚肉(たら)、玉葱、豆腐、他)、ホタテ甘露煮、いそあげ(魚肉(たら、タチウオ)、豆腐、ごぼう、人参、他)、そぼろ卵、しば漬、椎茸甘露煮、なら漬、紅生姜、栗甘露煮、インゲンなどです。
と思ったら紙が1枚入っていました。お品書きや復刻へのこだわりなどが書かれています。お品書きは、鶏めし(そぼろ玉子、栗甘露煮、いんげん)、鶏肉甘辛煮、ホタテ甘露煮、いそあげ(蒲鉾)、椎茸甘露煮、がんもどき煮、なら漬、しば漬、紅生姜となっています。包み紙と記載していましたが、掛け紙だそうで、その掛け紙の他にも箸袋やお手拭きまでも復元したとのことです。
懐かしい鶏めしを楽しませていただきました。秋田の食べ物は口に合います。比内地鶏で鶏を美味しく食べる里の鶏めしはやっぱり違うような気がします。復刻版鶏めし弁当は880円。かなりお手頃でもあって満足感が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋 大勝軒

新橋大勝軒 ラーメン(大)

東京都港区の「新橋 大勝軒」です。
JR新橋駅烏森口から新橋西大通りへ、居酒屋など繁華街の中にあります。
昨夜は溜まっていたブログ記事をUP、結構遅くなってしまいました。今日も東京です。始発バスでの移動、睡眠不足で駅弁屋の充実した駅弁でも食欲を回復しませんでした。仕事が終わったら美味しいラーメンでもと思っていましたが、お店の午後休憩の時間まで…、やってそうな大勝軒にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけ、外観からの広そうな見た目と違い狭いです。ちょっとの古さと庶民的さを感じさせるお店です。午後3時過ぎに着きました。こんな遅い時間でも飛び飛びにお客さんが座る賑わいになっています。入口が左右にあり、左側入口を入った所に食券販売機があります。
メニューは、特製もりそば、特製辛もりそば、特製みそもりそば、特製辛みそもりそば、オリジナルもりそば、ラーメン、辛ラーメンみそラーメン、辛みそラーメン、オリジナルラーメン、中華そば、チャーシューメン、カレーチーズラーメン、チーズラーメン、スタミナラーメン、醤油ワンタンメン、塩ワンタンメン、油そば、辛油そば、みそ油そば、辛みそ油そば、明太マヨ油そば、カレー油そば、チーズ油そば、台湾まぜそば、スタミナ肉油そば、みそスタミナ肉油そばなどです。主要なものにはトッピングを充実させた全部のせ、もりそばには小もあります。麺の量も幅広く調整できます。もりそば類は、小200g、並300g、大400g、特盛600gです。ラーメン類は、並150g、大225g、特盛300gです。油そばは、並225g、大300g、特盛450gです。いずれも並と大が同じ値段です。もりそばとも思いますが食べています。ラーメン(大)にしました。
女性スタッフ1人ですが、遅い時間の賑わい普通に出来上がってきました。
青いお花模様が入った白い器の表面を充実したトッピングが覆っています。
麺は、太く弱いウェーブ、つけめんの麺は超もちもちで好みを越えてます。
スープは、つけめんではあっさりしていますが、ラーメンではこってりです。醤油って感じはそれほど強くありませんが、旨味がちょうどいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、半煮玉子、海苔、鳴門、ねぎです。
同じ麺、似たスープですが、もりそばとラーメンの違いを体験することができました。もりそばのモチモチ感をラーメンで食べるのはなかなか大変でした。225gの麺で結構お腹いっぱいになりました。700円と安くはないのですが、都内を代表するビジネス街の駅近く、まあまあいい線ではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.26

金目鯛の味くらべ膳

金目鯛の味くらべ膳 パッケージ

金目鯛の味くらべ膳

午後中の仕事も終え、ゆったり午後の新幹線で新潟に帰ろうと思います。この時間は駅も空いています。いつも通り「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。お店の中も空いていて、ほとんどの駅弁が山積となっています。食べたことのない駅弁がいくつもあります。今日は魚系の駅弁にします。しらすや穴子も美味しそうですが、銀鱈や金目鯛が食べたくて探します。銀鱈の駅弁はみつかりませんが、金目鯛の駅弁は食べたことのないも何種類かあります。その中から神奈川県小田原市にある東華軒の金目鯛の味くらべ膳にしました。
早めにホームに列び待ちます。Maxとき16両編成です。車内の清掃が終わり2階に乗りました。発車した時点でも、1両の2階席に10人程度です。
さて、食べましょう。厚紙のケースには、サブタイトル的な言葉があります。
“三種の彩り 三種の美味しさ 食べくらべ”三種の味を楽しめる駅弁です。三種の料理とは、金目鯛おぼろ飯、金目鯛てりやき、金目鯛ちらし寿司です。お品書きはなく、原材料名になります。味付けご飯(国産米使用)、酢飯(国産米使用)、煮物(筍、椎茸、人参、わらび、その他)、炙り金目鯛酢漬、金目鯛照焼き、金目鯛おぼろ、高菜ごま油炒め、錦糸玉子、大根漬物、酢蓮根、桜海老素揚げ、のりなどになります。思った以上に多くが使われています。
金目鯛を存分に楽しめるものでした。1100円も妥当な線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋 纏

纏 アプローチ

纏

東京都港区の「新橋 纏」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、居酒屋等の繁華街の中にひっそりとあります。
最近のラーメンが好きな知り合いから教えてもらったのでどうでしょうか?
店名を教えてもらったので住所をネットで調べ、辿り着くことができました。ビル建設らしきパイル打ち現場との間に狭い通路があり、その先にお店があります。通路入口付近に貼紙があり判りました。貼紙がなかったら無理です。
お店は、入口を入った正面に食券販売機があり、右側に開けます。奥に厨房、手前から右側奥にLの字形の厨房向きのカウンター席があります。狭い小料理屋さんのような感じです。午後1時30分過ぎに着きました。食券販売機前から3人のお客さんの待ちです。割りと早めに食券販売機前まで進みました。

纏 メニュー

メニューは、平子煮干しそば、特製平子煮干しそば、烏賊干鶏白湯醤油そば、特製烏賊干鶏白湯醤油そば、濃厚鶏つけ麺があります。トッピングの追加やサイドもニューも用意されてます。基本そうな平子煮干しそばにしました。
食券をスタッフに渡して待ちます。ちょっとすると席が空き、座れました。
板前さんのような格好の男性スタッフ2人こなしてします。大きな寸胴から小さな寸胴まで、個別にスープを温める鍋まで、いろんな鍋類が並んでいます。混み合ってますが食券を先に渡していたので早めに出来上がってきました。

纏 平子煮干しそば

白い小さな深い器に盛られてきました。豚骨か味噌かのようなスープです。
麺は、細麺のストレートぽく、飛びっきりツルツルで、モッチモッチです。
トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、海苔、香草?、ねぎなどです。
醤油の旨味と煮干しの旨味、自然な甘味が好みのスープですが、麺がきかん坊で大暴れのような、麺の印象が強く残る煮干しそばでした。750円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.25

中華そば つし馬

つし馬

東京都台東区の「中華そば つし馬」です。
浅草エリアです。浅草寺の仲見世通りと交差するかんのん通りにあります。
ネットを見て美味しそうだったので食べて見ようかと思いお邪魔しました。
お店前に看板があり、また暖簾などに“青森煮干し中華そば”とあります。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。ちょっと昭和を思わせる店内です。午後8時10分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。お店前に食券販売機があります。
メニューは、中華そば(並)、中華そば(大)、バリ煮干しそば(限定50食)、つけ麺(並)、つけ麺(大)、冷やし煮干しそば(夏季限定)があり、各大盛りには“特盛もできます。+120円”との吹き出しがあります。おにぎり(味噌、鮭、明太)、明太ごはん、韓国風明太子ごはん、ごはん、一口餃子もあります。明太ごはん、韓国風明太子ごはんにはランチタイム割り引きもあります。最初なので基本的なものからと、中華そば(並)にしました。
職人風な親父さんと日本語がちょっと不馴れな女性スタッフでこなしてます。観光客風のお客さんも多く待ちも多いすが、普通に出来上がってきました。

つし馬 中華そば(並)

雷文模様が掠れかけた使い込んだ器に、醤油色のスープか美味しそうです。
麺は、普通太のストレートで小麦がほのかに香ります。旨味がいい感じです。積み重ねられた麺の入った段ボールには札幌小林製麺所と書かれています。
スープは、あっさりした醤油味、煮干しダシの優しい旨味がいい感じです。
トッピングは、チャーシューが3枚、細めのメンマ、ねぎとシンプルです。
好きなスープで美味しい麺ですが、細い縮れの麺でも食べてみたくなります。チャーシューが3枚も入っていて、680円も妥当な線かなと思います。

雷門

浅草寺

食後のお散歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺酎房 赤まる

赤まる

東京都港区の「麺酎房 赤まる」です。
虎ノ門にあります。銀座線虎ノ門駅と虎ノ門ヒルズの中間辺りにあります。
虎ノ門でのお昼、ネットで食べれそうなお店を探して見つけた赤まるです。
住所を便りに地図などを使わすに辿り着きました。少し余分に歩きました。
お店は、右側奥に厨房、それ以外はテーブル席の広いお店です。黒いテーブルや椅子、夜っぽい照明、壁にはメニューの貼紙、棚にはボトル、店名の通りのラーメンが食べられる居酒屋です。正午過ぎに着きました。3~4割程度のお客さんの入りが、次々とお客さんがきて、結構な賑わいになってきました。
壁に貼られたメニューには、阪神タイガース関連のお酒なども結構あります。熱烈他球団ファンは嫌でしょう。訪れない方が懸命なお店かも知れません。
メニューは、いつものワンコインシリーズが醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、とんこつラーメンがあり、他にもつけめん、猛虎ラーメン、カレーラーメンがあります。トッピングの追加やサイドメニュー、セットなどまで、さらには、定食など豊富に揃っています。普通の醤油ラーメンにしました。
お客さんで賑わう前に注文できていたので、早めに出来上がってきました。

赤まる 醤油ラーメン

双喜文と龍の中華らしい器に醤油色の濃いスープがとても美味しそうです。
麺は、細麺の縮れ、口の中での触感がとても良く、歯応えも楽しい麺です。
スープは、濃い醤油色に反して薄味、背脂が浮いていますがあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、ねぎなどです。
強い印象はありませんが麺もスープもトッピングもワンコインでいいの!って感じのラーメンでした。人が多いからできるんでしょう。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭はらこ弁当

鮭はらこ弁当 パッケージ

鮭はらこ弁当

いつもの午前中の新幹線移動。水曜日。週の真ん中は空いているでしょう。
新潟駅構内も週の始末のような混みはなく、いつもの様子、のんびりです。
新幹線移動で駅弁を購入するときは、東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、新幹線ホームの3ヶ所の駅弁屋を利用できます。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順に駅弁を探せます。ただ、気に入る駅弁があるかは保証なし、戻ることもできません。今までの経験からは、改札脇の駅弁屋が種類・量ともに揃っているかと思っています。
いつも通り東口改札脇の駅弁屋から覗いていくことにします。駅弁近くには販
売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ている
とどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類・数ともに
いつもの午前移動より少なく、食べたことのない駅弁も見つかりません。前に
食べたことはありますが、久々に新潟三新軒の鮭はらこ弁当にしました。
新幹線に乗り込みいただきましょう。新幹線はいつも通りの混み具合です。
厚紙のケースには“鮭はらこ弁当”と書かれています。説明のような言葉はなくて“新潟”と“コシヒカリ米”と特徴というか宣伝文句が書かれています。発泡製の丸い容器です。以前はプラスチック製でしたが変更されています。
お品書きはなく、原材料の記載になります。米(新潟県産)、いくら、鮭そぼろ、錦糸玉子、椎茸、鶏卵、つけあわせなどです。いくらを楽しむための駅弁のようです。鮭のそぼろの存在感が薄く、鮭の焼き漬けの大粒のそぼろだったらいいのにと思います。椎茸の煮物はなかなかいい感じです。山海漬けと書かれたわさび漬けも入っていますが、きちんとした漬物もなにか欲しいです。
大粒のイクラと鮭親子を味わう駅弁でした。鮭はらこ弁当は1050円です。いい線かな?やっぱり少しお高いかな?って印象が残った駅弁でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.24

ラーメン・炒飯 西のあんまる

西のあんまる

新潟市の「ラーメン・炒飯 西のあんまる」です。
大堀幹線沿いにあります。「ラーメン一代元」→「らぁめん風雅」の建物です。
大堀幹線を通ってたら花輪が…。大丈夫そうに見えたのでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央に右側の仕切り用の壁を向いたカウンター席、左側にテーブル席、カウンター席との仕切り用の壁に仕切られた右側の空間には小上がりがあります。小さそうで席数のあるラーメン屋さんらしい雰囲気です。午後12時50分過ぎに着きました。3~4割ぐらいのお客さんの入りです。

西のあんまる メニュー①

西のあんまる メニュー②

メニューは、麺がラーメン、ワンタン麺、特製ラーメン、味噌ラーメン、野菜味噌ラーメン、魚辛味噌ラーメン、辛エビ味噌ラーメンで、飯物が半チャーハン、半ライスで、セットメニューが、チャーハンセット(ラーメンと半チャーハン)、半玉チャーハンセット(煮玉子入り半ラーメンと半チャーハン)、味噌チャーハンセット(味噌ラーメンと半チャーハン)などがあります。トッピングの追加もいろいろと用意されています。チャーハンセットにしました。
タイミングが良くすぐに作り始めてもらえ、早めに出来上がってきました。

西のあんまる ラーメン

力強い雷文模様の器に醤油色がしっかりのスープがとても美味しそうです。
麺は、細麺の縮れ、口に入れた時の触れる感覚がなんとも気持ちいいです。
スープは、醤油が利いたあっさり、旨味の強い油がたっぷり浮いています。
トッピングは、豚と鶏のチャーシュー、メンマ、カイワレ、ねぎなどです。
醤油味と甘味の旨いスープに細さと縮れがいい感じの麺、トッピングはチャー
シューを2種も味わえました。ちょっと油の風味と量は好みと違いましたが、
それでもこれだけ楽しめるラーメンが600円はちょっと嬉しくなります。

西のあんまる 半チャーハン

セットの半チャーハンです。結構いい炒め具合でしょっぱさは控え気味です。半チャーハンということですが、結構いいボリュームの半チャーハンでした。単品オーダーは300円ですが、セットでは200円増しで食べられます。
800円でなかなかいいお昼になりました。ちょっと食べ過ぎたような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.23

ラーメン 餃子 定食 焼そば 日本亭

日本亭

妙高市(旧妙高高原町)の「ラーメン 餃子 定食 焼そば 日本亭」です。
国道18号線沿い、長野県境近くの杉ノ沢入口交差点の角の隣にあります。
何度も前を通っていて、入ろうかどうしようか迷っていたお店に入ります。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。庶民的というか、古くからのというかのような雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。2~3組のお客さんが食べています。
メニューは、らーめん、チャーシューめん、塩らーめん、塩チャーシューめん、みそらーめん、みそチャーシューめん、辛みそらーめん、辛みそチャーシューめん、ごまみそらーめん、ごまみそチャーシューめん、ごま辛みそらーめん、ごま辛みそチャーシューめん、ライスやミニ丼などのサイドメニューもあります。定食類は、入った左側に書かれています。らーめんにしました。
夫婦?男女のスタッフで、すぐに作り始めて早めに出来上がってきました。

日本亭 らーめん

赤い帯に金色の雷文、華やかな器に、味噌らーめんかのような見た目です。
麺は、普通かやや細ぐらいの縮れで、コシがあり、なんか旨味を感じます。
スープは、味噌のように見えて、醤油と塩の中間のあっさりしたものです。
トッピングは、厚く軟らかなチャーシュー2枚、メンマ、多めのねぎです。
シンプルで食べ易いらーめんでした。600円ならいい線だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.22

廻るすし 名在門

新潟市の「廻るすし 名在門」です。なざえもんと読みます。
紫鳥線沿いにあります。弁天橋通りとの交差点の少し鳥屋野方面寄りです。
お寿司が食べたくなり、食べたことのないお店の名在門にお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、周囲にカウンター席、小上がりもあります。正午過ぎに着きました。半分ほどのお客さんの入り、カウンター席に案内されました。
お店の入口近くと奥の2ヶ所に無料サービスの味噌汁(あら汁)があります。セルフサービスでお替わりもできます。休日も無料なのはありがたいです。
廻るすしとなっていますが、PRのポップが廻っているだけで、お寿司は廻っていません。注文用紙に注文のお寿司の名前、山葵有りと山葵抜きの数量を記入する注文方法です。軍艦や難しい漢字のお寿司が面倒なので食べません。
何がどうなっているってことではありませんが、なんか好みのお寿司でした。食べたお寿司の写真を掲載します。相方と二人で3175円分食べました。

名在門 20171022①

名在門 20171022②

名在門 20171022③

名在門 20171022④

名在門 20171022⑤

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.10.21

BSNニイガタぞっこんフェスタ

BSNニイガタぞっこんフェスタ

「BSNニイガタぞっこんフェスタ」に行ってきました。
会場は新潟市中央区万代島の朱鷺メッセで、今日と明日の開催になります。
駐車場は、予定していた立体のEは満車、Dに停めて連絡通路を渡り佐渡汽船から入ります。駐車場もそうですが、会場も大した混みもなく入れました。
まずは目的の「新潟米収穫祭オリジナル丼フェスタ」でお昼ご飯にします。
最初にご飯を選びます。コシヒカリ(100円)と新之助(150円)があります。コシヒカリは、産地等の情報はありませんが、魚沼産だと新之助と同じくらいの値段ですから、銘柄米ではないようです。新之助をいただきます。
次に好みのおかずを購入します。メニューと店舗・団体名は以下の通りです。
ニギスのつみれ汁
  新潟県漁業士会
県産牛肉と茸のハヤシ
  ホテル イタリア軒
県産ポークのやわらか煮 オレンジブランデー風味
  ANAクラウンプラザホテル新潟
越後もちぶたの生姜焼 新潟秋茄子の辛味噌炒め添え  一家グループ
新潟和牛ホルモン丼
  焼肉道場
越後もち豚 焼豚丼
  鉄板・備長炭火焼 ジョー
ドライカダイチキンカリー
  イジカリ デ'ラジア
白根産やわ肌ねぎとやわらか牛タン
  スモーク
新潟越の鶏 ハーベストエッグ
  古田
しばた豊浦牛すき焼き風丼 温玉のせ
  しばた飲食研究会
蒲原牛ローストビーフ丼
  トラットリア ノラ・クチーナ × 鳥安
新潟県産ののどぐろを使ったのどぐろ炙り丼
  新潟県すし商生活衛生同業組合
おかずは、しばた豊浦牛すき焼き風丼 温玉のせ(500円)にしました。
汁もあった方がいいだろうとニギスのつみれ汁(200円)にしました。

BSNニイガタぞっこんフェスタ 新之助+しばた豊浦牛すき焼き風丼 温玉のせ+ニギスのつみれ汁

新之助は、イベントの試食や駅弁のえんがわ押し寿司で食べましたが、普通に食べるのは初めてです。ほんの少し米粒が大きいのは判りますが、味の違いははっきりどうこう感じられませんでした。テレビの食レポやリアクションなど芸能人の舌は、凄いと思います。それとも普段どんなものを食べているのか。しばた豊浦牛すき焼き風丼は、味付けが良くいい感じに旨味もありました。
この催しのコーナーは、ほとんどお客さんがいない状況です。美味しいけど値段の設定が可笑しいんじゃないの?、他のお客さんも感じていたようです。

BSNニイガタぞっこんフェスタ 新之助+蒲原牛ローストビーフ丼+ニギスのつみれ汁


相方は、新之助(150円)、蒲原牛ローストビーフ丼(800円)、ニギスのつみれ汁(200円)です。おかずは半分ずつシェアしました。蒲原牛ローストビーフ丼は、焼き鳥のタレでの味付け、鶏が旨いタレは牛も旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.20

青島ラーメン 司菜

青島司菜 ラーメン(大)

新潟市の「青島ラーメン 司菜」です。
万代シティから県庁前方面への道沿い、両方向通行の起点近くにあります。
青島が食べたくなり、ときめきにお邪魔しましたが、お店の外だけでも10人を越える、ひと回り以上の列びで諦め万代シティに移動しました。駐車場も少ないのですが、車で来るお客さんも少ないお店、運が良く空いていました。
午後12時20分過ぎに着きました。お店の中に3人、外に5人の列びになっています。タイミングが悪かったようでなかなか進みが悪いです。嫌な感じになりかけた頃、食べ終わって帰るお客さんが続き、お店の中に入れました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向き、さらに手前に外向きのカウンター席があります。窓が大きく明るめで、新しいようなちょっと古いような、木を感じさせるラーメン屋さんとは違う雰囲気のラーメン屋さんです。入ってすぐ右側に食券販売機があります。青島の何店かも使われているタッチパネル式で高額紙幣にも対応しているものです。食べるものを選んだ後に購入ボタンを押す必要がある2アクション式、手間がかかるので好きになれない食券販売機です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りだけ、好きな1つスープでやっている店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量可能です。好みに応じて楽しむことができます。麺の量は、普通盛りが175gで大盛りが250gと少し多め、大盛りが一般的な1玉半より少ないですが、50円増しとお手頃です。いつも通りラーメン(大盛)にしました。
総入れ換え制ではありませんが、帰るお客さんが続き、すぐにカウンター席に案内されました。水がきて、と交換するかのように食券を渡して待ちます。
お昼時間は、男性二人のスタッフでこなしています。カウンター席が7席+3席の小さなお店、混んでいますが、なかなか早めに出来上がってきました。
パステルカラーの鳳凰が綺麗な白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
青島には黒胡椒が合います。少し粗めにして挽きながらたっぷりかけます。
麺は、普通かやや細ぐらいの緩い縮れで、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感をいいバランスで楽しめます。流行に流されることのない安心の麺です。
スープは、見た目の通りに醤油がしっかりしたもの、適度な油がまろやかで、生姜がきりりと味を引き締め、挽いた黒胡椒の香りを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。トッピング追加も楽しいけど、基本だけでもかなり充実した感じがします。
麺、スープ、トッピングそれぞれがいい味していてバランスも取れています。長岡生姜醤油ラーメンは、爽やかさが好みのラーメンす。本当に楽しめます。ラーメン大盛りが800円、お高めですがそれでも食べたい新潟の味です。

あらら!
値上がりの予告があります。
ラーメン         800円
ラーメン(大盛)     850円
チャーシューメン     900円
チャーシューメン(大盛) 950円
この前50円値上がりしたような気がしていましたが、また50円の値上がりですか。庶民の食べ物じゃないような気がします。でも、また食べるのかな。あおきやがもう少しあちこちにお店を出してくれたらとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.19

中華 城門

城門

新潟市の「中華 城門」です。
新潟市役所本庁舎の近くにあります。市役所裏の交差点から銭湯の先です。
市役所近くでの昼食、食べたことのないお店で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側に結構広めの小上がりがあります。中華ってことですが、中華料理ではなく、中華そばでしょうか、定食が似合いそうな雰囲気のお店です。正午頃に着きました。常連の若い人が1組だけと空いています。これから市役所の職員が来るのでしょうか。

城門 メニュー

メニューは、ラーメンセット(おにぎり2個)、ラーメン、メンマラーメン、みそラーメン、チャーシューメン、みそチャーシューメン、マーボーラーメン、五目タンメン(醤油味)、塩タンメン、五目ヤキソバ、ソースヤキソバ、ワンタンメン(冬期)、ワンタン(冬期)、冷し中華(夏季)、冷しチャーシューメン(夏季)があります。ご飯物や一品料理、サイドメニューなど同じように豊富に揃っています。ラーメンセット(おにぎり2個)にしました。
水はセルフサービスで、冷水機から用意しましが、あまり冷えていません。
親父さんと女将さんの2人でやっているお店、好きなパターンのお店です。
タイミングが良かったのか、普通よりも少し早めに出来上がってきました。

城門 ラーメン

雷文と双喜文の模様が入った白い器に、シンプルそうに盛られてきました。

城門 セット(おにぎり2個)

合わせておにぎりも運ばれてきました。小鉢、お新香までついて豪華です。
麺は、細麺の優しい縮れ、普通の中華そば風ですが、いいコシがあります。
スープは、醤油味のあっさりしたもの、薄味なのでおとなしめに感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎとシンプルです。
おにぎりは、昆布と梅のおにぎりです。温かいおにぎりって美味しいですね。切り干し大根の煮物とお新香が付いて、汁物があればお昼になりそうです。
食堂のラーメン風で目立ったものはありませんが、嫌なところもなく、まあまあ美味しくいただけました。ラーメンが500円で、おにぎりを加えてたセットが700円です。失礼ないい方になるかも知れませんが、年配の方が人を雇わずやっているお店は、お手頃で助かります。他のメニューも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.18

復刻深川めし

復刻 深川めし パッケージ

復刻 深川めし

さてと仕事も終わり新潟に帰ります。大宮駅の新幹線コンコースにある駅弁屋を覗いてみます。新潟駅東口改札前にある駅弁屋に似た感じで、東京と埼玉の駅弁を販売しています。食べたことのない駅弁もいくつかありますが、好きな深川めしの復刻版があります。NRE大増のその復刻深川めしにしました。
夕方の上越新幹線に大宮から乗ります。ちょっと心配しましたが、それほどの混みはありません。早速いただくことにします。忠実に再現したのか?復刻の文字はどこにもありません。消印のように深川めし昭和63年10月発売とあるだけ。ゆったり見るとなかなか風情のあるパッケージに旅情を感じます。
お品書きはありませんが、原材料の記載があります。あさりご飯(国産米)、はぜ甘露煮、煮付穴子、小茄子煮、筍煮、蓮根煮、人参煮、ベッタラ漬、蕗煮、海苔などです。今の深川めしは茶めしですが、復刻はあさりご飯です。
深川めしのイメージからかシンプルな駅弁かと思われがちですが、多くの食材が使われています。復刻は、煮付穴子が多めで、はぜ甘露煮が加わりました。東京の駅弁は、いろいろ豪華なものもありますが、深川めしで決まりでしょ。960円でこれだけのものが食べられるんですから、ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンショップ 城東店

ラーメンショップ城東店 みそネギラーメン

栃木県小山市の「ラーメンショップ 城東店」です。
小山駅の北東方向、東北新幹線と交差する県道264号線沿いにあります。
小山市内を移動中の昼食です。時間も少なく、見つけたお店に入りました。
お店は、左側に厨房、その手前から中央にかけてカウンター席、右側手前に小上がりがあります。窓も広くラーメンショップらしいお店です。正午過ぎに着きました。カウンター席の半分ぐらいにお客さんが座っています。入って右側を振り替えると食券販売機があります。未使用のボタンが多い気がします。
メニューは、ラーメンとみそラーメン、それらにチャーシューやネギを加えたもの、つけめん、みそつけめんなどがあります。ラーメンショップらしくネギラーメンと書かれた幟がありちょっと…。みそネギラーメンにしました。
それほどの混みもなく、メニューも少なく、早めに出来上がってきました。
水色の浅めの大きな器に、たっぷりのねぎがとても美味しそうに見えます。
麺は、味噌味のラーメンですが細めの縮れ、ちょっと硬めのゆで加減です。
スープは、味噌味の薄味であっさりしています。ちょっと物足りないかな。
トッピングは、チャーシュー、キャベツともやしの野菜炒め、海苔2枚、わかめ、ねぎなどです。ねぎは、細い縦切りねぎを辛味に和えられたものです。
まあまあ優しくあっさりのみそラーメンです。あっさりのスープに合う、細い麺、ねぎをたっぷりいただいて、720円。いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漬焼きサーモンいくら弁当

漬焼きサーモンいくら弁当 パッケージ

漬焼きサーモンいくら弁当

早朝の新幹線移動です。今回も駅弁を食べながら移動をしようと思います。
新幹線移動で駅弁を購入するときは、東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、新幹線ホームの3ヶ所の駅弁屋を利用できます。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順に駅弁を探せます。ただ、気に入る駅弁があるかは保証なし、戻ることもできません。今までの経験からは、改札脇の駅弁屋が種類・量ともに揃っているかと思っています。
いつも通り東口改札脇の駅弁屋から覗いていくことにします。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類が多く、数もいつもの午前移動より多いのですが、食べたことのない駅弁はありません。しばらく食べていない神尾商事の漬焼きサーモンいくら弁当にしました。
新幹線に乗っていただきます。新幹線はすでにホームに入線していました。
厚紙のケース?帯?には、PR的な文句やお品書き的なものもありません。
原材料は、酢飯(米:国産)、漬焼サーモン、いくら醤油漬、味付のり、甘酢生姜漬になります。これほど原材料が少ないのも珍しいです。前回食べた時は新潟県産コシヒカリでしたが、今回は米:国産になっています。新之助だったら新潟県産は残しておけるので、他道府県の米を使っているのでしょうか。
大きいサーモンの切身が3切といくら醤油漬、その下に味付のりがあります。前回のサーモンは生に近い薫製のような軟らかなものでしたが、今回は焼き過ぎないように気をつけて焼いたサーモンです。塩甘で上品な仕上がりです。
漬焼きサーモンいくら弁当は1000円です。いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

俺のとんこつラーメン 伝丸

伝丸 名物焼きラーメン

新潟市の「俺のとんこつラーメン 伝丸」です。
古町地区の西堀ローサにあります。みずほ銀行前から潜るとちょうどです。
白寿がお休み、三吉屋が定休日、三越も定休日、で伝丸にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に背中合わせでローサの通路向きのカウンター席、右側の広いスペースにテーブル席があります。洋食やスイーツでも似合いそうな雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。他にお客さんが3~4割ぐらいと空いています。あまり混まないお店です。
メニューは、ラーメン、ねぎラーメン、岩のりラーメン、チャーシューメン、辛ねぎラーメン、辛ねぎチャーシューメン、トッピング全部のせがあります。いずれも黒と赤、細めんと太めんの組み合わせから選べるようになってます。チャーシュー丼・博多明太子丼のセット、内容は係に…、の日替わりセットもあります。オープン当初のメニューに加え、脱!!豚骨ラーメン、野菜みそラーメン、ゆず胡椒みそラーメン、豚骨つけ麺が加わっています。さらき秋冬限定メニューが3種、名物焼きラーメン、鍋焼きとんこつラーメン〆のご飯付き、背油濃厚豚骨ラーメンがあります。平日ランチタイムは半ライス無料サービスがあります。午前7時30分からの朝営業では、朝汐ラーメン、汐雑炊のお手軽なメニューがあります。新潟では珍しい名物焼きラーメンにしました。
お客さんは少なめでも手間のかかるようで、普通に出来上がってきました。
和風な落ち着きのある色でちょっと華やかな造形のお皿に盛られています。
そのままの見た目は塩焼きそばかのようです。綺麗な麺の色が特徴的です。
麺は、細麺の縮れ、ツルツルシコシコプリプリ、とても食感を楽しめます。
油そばかのように、焼かれたまろやかで濃厚なとんこつのつゆがあります。
キャベツ、もやし、人参、ピーマンなど一緒に焼かれ、上にのっています。
トッピングは、チャーシュー、味玉半個、刻み海苔など、結構賑やかです。
お皿の角に柚子胡椒があります。柚子の爽やかな香りと辛さを楽しめます。
豚骨ラーメンをちょっと濃厚に、焼きそばかビーフンかのような感じでいただくことができました。麺が取り出し難いのがちょっと難点でしょうか。トッピングそこそこ充実していて780円。焼きそばなんかと比べてちょっとお高いような感じもしますが、なかなか珍しいものを食べさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

居酒屋 ボンド 駅南店

ボンド駅南店 スタミナ丼+うどんセット

新潟市の「居酒屋 ボンド 駅南店」です。
新潟駅南、南口からすぐ、プラーカ1裏(東側)に洋風な感じであります。
ネットの情報で洋風な名前なのに和風な食事ができそうでお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、正面にアルコール系のカウンターとカウンター席、手前の広いスペースがフローリング+座布団、左手前に1段高い個室風の堀ごたつ席があります。和洋折衷な雰囲気です。カウンターの後ろには洋酒や日本酒のボトルがずらりと並んでいます。夜に期待お店です。午後1時前に着きました。単独のお客さんが2名、少人数グループ2組と静かに食べれそうです。
メニューは、本日のメニューと書かれた1枚の紙がテーブルの上にあります。
ネギ塩牛タン丼、ハムカツ定食、メンチカツ定食、アジフライ定食、スタミナ
丼があり、いずれもうどんセットもあります。大盛り無料(小盛り可)、ドリ
ンクお替り自由(ドリンクはセルフサービスです)となっています。ネット上
では海鮮丼なんかもありましたが、完全に日替わりなのでしょう。ボリューム
の冒険は避けた方が無難しょう。スタミナ丼+うどんセットにしました。
ピッチャに入った飲み物が並んでいて、ドリンクバーのようになっています。飲み物をいただきながら待っていると普通の待ちで出来上がってきました。
黒いお盆にのってきました。結構ボリュームがありそうな感じに見えます。
スタミナ丼は、丸い白い器に盛られています。かなりの量が入っていそうで、器を持つとずっしりしています。豚バラ肉の塩焼き?ですが、塩のためか?かなりこってりしています。その塩タレがご飯にもたっぷりかかっています。
うどんは、茶系の渋い器に盛られ、中央に岩海苔がトッピングされています。普通に玉で売られているうどんのようでもあり、ちょっとコシが強いかなって感じです。つゆは、新潟らしい関東風で、醤油がしっかり効いて適度な甘さもあります。見映えはもうひとつですが、岩海苔の香りがとても効果的です。
その他にポテトサラダとお新香が付きます。ボリューム的には男飯って量があります。スタミナ丼が700円でうどんセットが150円UPの850円、ドリンクバー付きですからなかなかいい線だと思います。次回は海鮮丼を…。

ボンド駅南店 ハムカツ定食+うどんセット

相方が食べたハムカツ定食+うどんセット、900円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

旧本郷家住宅

旧本郷家住宅

秋田県大仙市(旧大曲市)の「旧本郷家住宅」です。
大曲の角間川地区にあります。向かいにあるJAの駐車場を利用できます。
旧大曲市にある旧家は昨年見学したの高梨地区の旧池田氏庭園の他、この旧本郷家住宅も時々に公開されます。ちょうど公開されるのでお邪魔しました。
今では材料を集められないだろうぐらいに木材等を贅沢に使った住宅です。
明治天皇の御在所になったことがあり、蔵の前に玉座が展示されてました。
隣接する北島家住宅、荒川家住宅は、建物内非公開で庭が公開されました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農家のそば屋 手打ち十割 角館地そばの店 そばきり長助

そばきり長助

そばきり長助 アップ

秋田県仙北市(旧角館町)の「農家のそば屋 手打ち十割 角館地そばの店 そばきり長助」です。
角館町の観光地、武家屋敷や桧内川堤、仙北市角館庁舎の近くにあります。
武家屋敷の通りからお店へと向かいましたが、観光客が多く、人力車もこんなにあったのかと思うほど出ています。以前にお邪魔した時は列びが多く諦めました。今回も武家屋敷の混みから諦めざるを得ないかもと思ってきました。
お店前に4台分の駐車場があります。以前にお邪魔したときは満車で全然空かなかったのですが、今日は正午でもあり前なんと1台しか駐車していません。お店前にお客さんが1組待っています。用紙があり、名前と人数を書いて待とうとすると、そのお客さんはツアーで来た観光客で、食べ終わって休んでいるところとのことでした。お店は空いているそうです。お店の中に入ります。
お店は、右側に厨房、左側手前にテーブル席、直接は見えませんが奥に小上がりがあります。新しく綺麗な、和風なおそば屋さんらしい雰囲気のお店です。手前のテーブル席に案内されました。4人掛けのテーブルで、溝で仕切られています。溝などの小口部分は、角館伝統工芸の桜皮細工が施されています。
メニューは、以下の通りです。
 十割そば 二種食べ比べ          1188円
 あかそばとそばソフトのセット       1080円
 あかそばと黒蜜そばあられソフトのセット  1180円
 あかそば                  864円
 十割そば 二色もり            1026円
もりそば
 十割 もりそば               702円
 二八 もりそば               648円
 十割 とろろ付きもりそば          820円
 二八 とろろ付きもりそば          766円
 十割 えび天付きもりそば         1155円
 二八 えび天付きもりそば         1101円
温かいかけそば
 十割 かけそば               702円
 二八 かけそば               648円
 十割 とろろそば              820円
 二八 とろろそば              766円
 十割 えび天付きかけそば         1155円
 二八 えび天付きかけそば         1101円
冷たいかけそば
 十割 冷かけそば              702円
 二八 冷かけそば              648円
 十割 とろろ冷かけそば           820円
 二八 とろろ冷かけそば           766円
 十割 えび天付きかけそば         1155円
 二八 えび天付きかけそば         1101円
その他?
 十割 かも汁つけそば           1458円
 二八 かも汁つけそば           1404円
 十割 かもなんばんそば          1458円
 二八 かもなんばんそば          1404円
各種大盛り                  250円
サイドメニュー
 自家栽培あきたこまちを使ったおにぎり(梅) 124円
 ※梅が苦手な方は塩おにぎりにできます。
 えびの天ぷら(2本)            453円
 安藤醸造さんの味噌を使った自家製そば味噌  308円
 とろろ(単品)               118円
 そばソフト                 300円
 黒蜜そばあられソフト            350円
たくさんのメニューで迷いますが、それでも色々味わってみたいと思います。お店の一番人気だろう“十割そば 二種食べ比べ(大盛り)”にしました。
そばきり長助は農家が営むそば屋で、無農薬で育てられたそばを低温貯蔵、毎日使う分だけを石臼で自家製粉して、挽きたて・打ちたて・茹でたてを提供しているようです。食べ比べにはそのポイントなどの説明が書かれています。
・十割そば 二種食べ比べ
会津在来種または常陸秋そばと赤い花を咲かせる珍しい品種、高嶺ルビー(あかそば)の二品種をそれぞれ食べ比べいただけます。見た目はさほど変わりませんが、それぞれのそばが持つ独特の香り、甘味、食感をお楽しみ下さい。
・十割そば 二色もり
会津在来種、または常陸秋そばを殻ごと挽いた「挽きぐるみ」(黒)、殻を剥いて挽いた「丸抜き挽きぐるみ」(白)の二種類の挽き方でそれぞれ食べ比べいただけます。
そば畑の写真もあります。本当にルビーのような赤い色の花が広がりとても綺麗です。などをいろいろと見ていたら、結構早めに出来上がってきました。

そばきり長助 十割そば 二種食べ比べ(大盛り)

品の良い板のようなお盆にのってきました。左側が高嶺ルビーになります。

そばきり長助 十割そば 二種食べ比べ(大盛り) アップ左

左側が高嶺ルビーです。まずはそのままで、香り・甘味・食感を楽しみます。

そばきり長助 十割そば 二種食べ比べ(大盛り) アップ右

次に右側のおそばですが、会津在来種か常陸秋そばか、説明があったかも知れませんが、聞き逃してしまいました。同様に香り・甘味・食感を楽しみます。そばつゆにつけて、普通にいただきます。つゆは、鰹節と昆布のダシが効いています。おそばは普通かやや太めか、コシが強く田舎そばのような感触です。つゆにおろし山葵やねぎを加え、香り・辛味・味の変化などを楽しみます。
おそばを楽しんだ後は蕎麦湯です。一緒に運ばれてきたので少し温めです。
お新香とデザートが付きます。デザートは南瓜とそば粉の入ったゼリーです。ハロウィンが近いためでしょうか?南瓜を使用したデザートが嬉しいです。
十割そば 二種食べ比べ1188円+大盛り250円と豪華な昼食でした。

そばきり長助 とろろ冷かけそば

相方の食べた二八 とろろ冷かけそば766円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.14

生そば 大清水

大清水

山形県鶴岡市(旧温海町)の「生そば 大清水」です。
県道44号線沿いにあります。海岸線から入り温海温泉の温泉街の奥です。
山形は、ラーメンだけではなく、お蕎麦も美味しくネットで見つけました。
お店の脇に3台分の駐車スペースがあり、50m先にも駐車場がありますが、先の駐車場へと思っていましたが、お店の脇のスペースが空いていました。
お店は、広く古い民家のような感じです。玄関で靴を脱ぎます。左側に厨房、右側の座敷が2間続きの食堂があります。奥は畳に座卓、手前は低めのテーブル席になっています。数組のお客さん、半分の席も埋まっていない状況です。テーブル席の窓側の席に座り、テーブル上の盾状のメニューを確認します。
メニューは、せいろそば、せいろそば(小)、天せいろそば、とろろそば、そねそば、サイドメニューは天ぷら、にしん棒煮です。そねは、そばをのせる板のこと、新潟のへぎみたいなものでしょうか。3人前程度の入りだそうです。裏面にもありました。温かいおそばです。天ぷらそば、にしんそば、山かけそば、月見そば、かけそばがあります。相方と2人、そねそばにしました。
お茶も水も出てこないと思っていたらセルフサービスになっていました。お茶を入れ終わる頃には、そば猪口とそばつゆ、ねぎと山葵が運ばれてきました。ねぎと山葵は、もう少し大きめの器がいいんじゃないないのかな?などと思っていたら、早いもんでそれ程待たずそねにのったそばが運ばれてきました。

大清水 そねそば

大清水 そねそば アップ

そねってへぎといっしょじゃない?地方で呼び方が違うだけかなと思います。布海苔を繋ぎに使ったそばではありませんが、手繰り盛りもいっしょです。
おそばは、太さや色合いなども普通な感じですが、コシが強さが特徴です。
そばつゆは、鰹節と昆布のダシの癖のない、いい意味普通のそばつゆです。
山葵は練り山葵のようで、ねぎはかなり薄い輪切りのものになっています。
山形の代表的な湧水のおそばは、しっかりしたコシを楽しめるおそばでした。2人でお腹いっぱい食べて2400円。なかなかいい線じゃないでしょうか。特にコシの強いおそばが好きな人に、是非お勧めしたいおそば屋さんです。

大清水(湧水)

お店のすぐ隣には、大清水があります。昭和天皇も来ているようです。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.13

麺や 力 ぷらす

力ぷらす

新潟市の「麺や 力 ぷらす」です。
女池エリア?、女池~新和町の中間辺り、上越新幹線の高架下にあります。
リニューアルして店名に“ぷらす”が付きました。どう変わったのか期待するところもありますが、なかなか来れなくて…、ようやくお邪魔できました。
正午過ぎに着きました。いつもは混雑している駐車場に空きがありました。
看板にぷらすを加える工事中に、偶然、お店の前を通りました。看板の他には何が変わったのでしょうか?めにゅーでしょうか?楽しみにしていました。
以前は普通に注文していた気がしますが、風除室に食券販売機があります。
メニューは、みそらーめん、みそ特製、辛みそらーめん、チーズみそ、チーズカレーみそ、カレーみそ、ド生姜みそ、塩らーめん、麻婆めん、汁なし麻婆、らーめん、らーめん特製などとそれらの大盛りがあります。リニューアル前と何も変わっていません。安田町のときにあったおろしとんこつらーめんの復活を期待してましたが、叶いませんでした。チーズカレーみそにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりのある小さめで和定
食のお店でも似合いそうな綺麗なお店です。お昼は列ぶことが多いのですが、
7~8割程のお客さんの入りです。カウンター席に空きがあり座れました。
水はセルフです。カウンター上に置かれたコップと水差しから用意します。
らーめん類を食べると無料サービスのライスは継続しています。炊飯器などの置かれた場所が変わっています。ライスを楽しめるようにあったチャーシュー飯の具はなくなっていますが、生玉子や温玉があります。その代わりと言ってはなんでしょうが、炊飯器の横に置かれた無料のおかずが、2種の日替わりになりました。今日は、今までのキムチ風薄味のもやしに加えて、もう少し濃いキムチ味のお漬物があります。いろんな野菜の混じったキムチになります。
炊飯器に目一杯に炊かれたご飯を小さめの茶碗に盛り付けます。山盛りです。おかずは小皿に盛り付けて席に戻ります。そしてのんびりと食べ始めます。
らーめんの麺を食べ終わり、スープを味噌汁代わりに食べるライスが好きで、一般的な食べ方だと思っていますが、力のライスは待ちの時間を楽しむもののようです。らーめんの麺を食べ終わってライスを食べ始めるとライスが冷めるし、麺を食べ終わってから席を立ってご飯を取りに行くのも面倒になります。利に叶っているような気がしますが、面倒を克服した方がいいのでしょう。
タイミングが良かったのでしょう。そこそこ早めに出来上がってきました。

力ぷらす チーズカレーみそ

和の雰囲気の器にスープの色が美味しそうで、チーズの白が雪のようです。
麺は、平打ち太めの縮れ、適度なモチモチ感です。食べ易い好みの麺です。
スープは、合わせ味噌の濃厚さを上回る濃いカレー味、いいバランスです。
トッピングは、もやし・キャベツ・人参・玉ねぎ・きくらげの炒め物にナチュラルチーズとパルメザンチーズがかけられています。軽く焼かれています。
カレーと味噌の見事なバランスで、チーズがカレーにも味噌にもいい感じに合います。それほどボリュームがあるようには見えませんでしたが、かなり満腹です。チーズカレーみそらーめん1000円。ちょっとお高くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.12

ラーメン いっとうや

いっとうや 醤油

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
駅南地区。紫鳥線の旧市民病院近くにあるセブンイレブンの裏にあります。
お昼時間での昼食。お休み程の列びはないだろうと期待しお邪魔しました。
午後12時20分過ぎに着きました。駐車場は1台が出そうで他1台の空き、もしかして列んでいるかもと思いましたが、入口付近に列びはありません。
お店は、右側に厨房、中央に衝立のある向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がり、入口を入ったすぐ右側手前には座れるス待ちのペースがあります。落ち着いた雰囲気のラーメン屋さんらしいお店です。お店の中には6人程の待ち、正面にある用紙に名前と人数を書いて待ちます。スタッフがメニューを持ってきて、その後少しして注文を取りにきました。
メニューは、開店当時から変わっていません。醤油、かさね醤油とそれらにめんまやちゃーしゅうを加えたもの、つけめん、辛つけめんがあります。追加のトッピングやサイドメニューも充実しています。1日限定20食提供の炊き込みチャーシュー丼もあります。醤油炊き込みチャーシュー丼にしました。
ちょうどお昼に入ったお客さんでしょう、次々と帰り、それほど待たずにカウンター席に案内されました。席には、水とおしぼりがセットしてあります。
列んでいる間の注文は効果絶大です。かなり早めに出来上がってきました。
白いゴツゴツ感のある器に、醤油色のスープとトッピングがいい感じです。
麺は、細めのストレートに近い自然な緩い縮れ、いい噛み切れ具合いです。
スープは、しっかりした醤油味で魚介系の風味と動物系の旨味があります。
トッピングは、大きな炙りチャーシュー、マッチ箱かのようなメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔、ねぎなど、迫力と豪華さを楽しめるものです。
スープと麺との相性が良く、充実を越えるトッピングの好みのラーメンです。しかし、前回も感じましたが、今回も結構しょっぱめです。730円…前回食べた時から50円値上がりしています。それでも納得できるラーメンです。
炊き込みチャーシュー丼は、1日限定20食です。チャーシューが結構入っていて100円とサービス商品ですが、こちらもちょっとしょっぱめでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.11

海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX

海老寿DELUX 海老味噌ラーメン

新潟市の「海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX」です。
柳都大橋西詰近く、こんぴら通りにあります。一方通行の通りの入口です。
同僚との昼食で、賑わっていても列びになり難い海老寿 DELUXにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に広い座敷があります。庶民的中華料理店のような雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。5割~6割程度のお客さんの入り、カウンター席とテーブル席はかなり賑わっていますが、座敷には1組もお客さんが入っていません。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。ボタンや字が大きいです。
メニューは、海老醤油ラーメン、海老塩ラーメン、海老味噌ラーメン、海老出汁担々麺、濃厚海老つけ麺、肉 DELUX、赤担々麺、白胡麻担々麺、麻辣担々麺、海老チャーシュー麺(醤油or塩)、海老味噌チャーシュー麺、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、鶏塩ネギラーメン、えびたまそば、つけ担々麺~龍の雫~、俺たちの麻婆シリーズで麻婆麺・麻婆担々麺・汁なり麻婆あえ麺、石焼麻婆飯などがあります。ランチは、海老醤油or塩+半チャーハン、海老つけ麺+よだれ餃子(2ヶ)の2種です。まだ食べていないものを食べようと思います。寒さも和らいではいますが、海老味噌ラーメンにしました。
タイミングが悪かったようでちょっと時間がかかり出来上がってきました。
黒い渋めの器に盛られてきました。味噌と海老、濃厚そうな香りがします。
麺は、普通かやや細めの優しい縮れのもので、結構硬めにゆでられています。モチモチした食感も強く、札幌ラーメンの味噌のような感じのする麺です。
スープは、味噌のしっかりした旨味に海老の濃厚な旨味が加わり、かなり濃厚な印象です。とろみもあります。味噌か海老かは不明ですが結構甘めです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、揚げ海老、味玉半個、ほうれん草、きくらげ、白髪ねぎなどです。きくらげは、細切りとかではなく丸ごとです。
麺が好みより硬めでしたが、サービスの小ライスを食べている間に適度な硬さに近づきました。海老には味噌が一番相性がいいと思っていました。その思いは確かなものでした。小ライスもあってのそこそこのボリューム、トッピングも充実してはいますが、880円はちょっとお高いような印象が残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.10

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
夏の冷し中華以来の信吉屋です。すっかりご無沙汰になってしまいました。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房があり、その手前にカウンター席があるだけの小さなお店です。あまり綺麗とは言えませんが、昭和を感じさせてくれるような、懐かしく庶民的な雰囲気が大好きなお店です。午後12時10分頃に着きました。満席でしたが5分程待って座れました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。ワンタンメン(中盛)にしました。
待ちのお客さんが多く、2順目で出来上がってきました。普通の待ちです。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く、ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。ねぎは輪切りのもので、スープと絡まり香りと味わいを楽めます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。800円、お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.09

ハンバーグ・カレー ばるむ食堂

新潟市の「ハンバーグ・カレー ばるむ食堂」です。
東地区の粟山「中華そば・焼めし 勝鬨屋 粟山店」の向かいにあります。
「らー麺 ばすきや」が粟山に移転し、ハンバーグとカレーのお店として開店しました。後に移転前のお店で人気だったカレーラーメンが復活しました。
子供達のハンバーグを食べたいとの希望で、ばるむ食堂にお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、その中央にカウンター席、右側と手前にテーブル席の落ち着いた洋食屋さん雰囲気、割りと大きめのお店です。午後1時過ぎに着きました。遅めの時間ですが、人数も結構いて座れる席がありません。用紙に名前と人数を書いて待ちます。10分程待ってテーブル席に案内されました。
メニューは、ランチメニューになります。
国産牛ハンバーグステーキ
 Aランチ
  国産牛ハンバーグ(150g)  ライス・スープ付
      ダブル (150g×2)ライス・スープ付
      トリプル(150g×3)ライス・スープ付
 Bランチ
  国産牛ハンバーグ(180g)  ライス・スープ付
 Cランチ
  国産牛ハンバーグ(150g)  ライス・スープ・サラダ・ドリンク付
 Dランチ
  国産牛ハンバーグ(180g)  ライス・スープ・サラダ・ドリンク付
 カットステーキ
  ステーキ    (150g)  ライス・スープ付
  ステーキ    (180g)  ライス・スープ・サラダ・ドリンク付
国産牛スライス肉 てっぱん焼きランチ
  国産牛スライス肉(100g)  サラダ・ドリンク付
  国産牛スライス肉(100g)  ライス・スープ・サラダ・ドリンク付
カリ〜ら〜麺
ら〜麺
Bランチ 国産牛ハンバーグ(180g)ライス・スープ付にしました。
混んでいるためでしょう、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。

ばるむ食堂 国産牛ハンバーグステーキ(Bランチ)

おろし入りステーキ醤油でいただきました。ハンバーグはあまりお店で食べることがないので判りませんが、いい感じで食べれました。880円です。

ばるむ食堂 国産牛ハンバーグステーキ(Aランチ)

相方の食べたAランチ。789円です。

ばるむ食堂 国産牛ハンバーグステーキ(Aランチ・ダブル)

子供たちの食べたAランチ・ダブル。1339円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.08

古町どんどん

古町どんどん2017

新潟市古町通りで開催の「古町どんどん」に昼食を兼ねてお邪魔しました。
今回は、子供のスマホの機種変更のお付き合い、合間を縫ってのお昼です。
いつもと同じように旧北光社前でパンフレットをもらい内容を確認します。
大きなグルメのイベントはありません。今回は下町から見ようと思います。
「日本バーテンダー協会新潟支部」の出店もありますが、今年は我慢です。
上町方面へと移動します。ステージも数ヵ所あり、眺めながら移動します。
麒麟山の地元酒店オリジナル醸造酒の試飲もありますが、これも我慢です。
「小千谷そば 和田」に美味しそうなおそばがあります。食べましょうか。
メニューは、ざるそば、かき揚げそば、ニシンそば、きのこそばがあります。いずれも600円といい値段です。好きなニシンそばをいただきましょう。

古町どんどん2017 和田(ニシンそば)

冷たいそばが基本ですが、この手の温かいおそばもなかなか美味しいです。

古町どんどん2017 和田(ざるそば)

相方は、ざるそばにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.07

旨くて安い定食のお店 お肴や

お肴や おすすめ定食(サバ味噌漬け焼き・ロースカツ)

新潟市の「旨くて安い定食のお店 お肴や」です。
新潟駅南、弁天橋線沿いにあります。新潟駅から紫鳥線と交差点手前です。
お肴やって店名にちょっと興味がありましたが、初めてお邪魔になります。
午後1時40分頃に着きましたが、駐車場には多くの車が駐車しています。
お店は、奥に厨房のような配膳スペースがあって、その奥に厨房があります。手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。左側に座敷か小上がりがありそうです。竹の格子など和を感じさせる、定食屋さんよりも和風レストランぽい雰囲気です。見える範囲では半分程度のお客さんの入りです。
メニューは、焼魚から大アジ開き・赤魚開き・大サバ開き・金目鯛開き・ホッケ開き・サバ塩焼き・銀鮭味噌漬け焼き・銀ダラみりん漬け焼き・サーモンのカマ焼き・ブリの照り焼き、煮魚は金目鯛煮付け・さば味噌煮、揚物はさば竜田揚げ・カキフライ・鳥の唐揚げ・鳥の唐揚げ&エビフライ、炒物は肉野菜炒め・海鮮野菜炒め・豚ロース生姜焼きがあります。これらは単品ですが、定食セット(ご飯・味噌汁・お新香付)で定食で食べられるようになっています。他にも焼肉丼、エビフライ&カキフライ丼、お刺身盛合せ(+定食)、きつねうどんセットあご天うどんと選べるミニちらしセット、鮭イクラ丼、二色鉄火丼、海鮮丼、ネバトロ丼、おすすめ定食、お肴や弁当、ご飯のお供やサイドメニューにいたるまでとても豊富にあります。新サンマ焼き定食もありました。かなり…悩むほど食べたいものがあり過ぎます。おすすめ定食にしました。今日の内容は、サバ味噌漬け焼きとロースカツ、選べる小鉢は、冷奴、枝豆、揚げギョーザ、生卵、ほうれん草おひたし、コロッケ、合鴨ロースからコロッケにしました。かなりのボリュームになりそうでご飯は普通盛にしました。
テーブルにコップと水差しがあります。水を用意し、飲みながら待ちます。
仕込みがしっかりしているのでしょう。結構早めに出来上がってきました。
お盆にのってきました。サバ味噌漬け焼き、ロースカツ、コロッケ、ご飯、味噌汁、お新香です。想定通り、かなりのボリュームがありそうな感じです。
サバ味噌漬け焼きは、それほどのしょっぱさもなく大根おろしに醤油をかけ、それをのせます。油もいい感じにのっていて、和食の醍醐味を楽しみます。
ロースカツは、食べ易い大きさ、ソースはカツ用か?とても良く合います。
コロッケはいい大きさで、キャベツもドレッシングとソースで楽しみます、
ご飯、味噌汁、お新香も量を作るためか、とてもいい味に仕上がってます。
ちょっと豪華な2品メインの定食でした。890円も納得の値段でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.06

麺屋 一本気

一本気 ラーメン

新潟市(旧亀田町)の「麺屋 一本気」です。
イオン新潟南の近く、工業団地の西側にある古い集落にまみれてあります。
亀田地区での昼食です。正午少し前と早く、久々にまるしんの細いつけめんでも食べようかとお邪魔しました。しかし、すでに外にまで列んでいます。いつ食べ終われるかちょっと心配な状況です。時間の余裕も欲しいところなので予定を変更して、まだ食べていないメニューの多い一本気にお邪魔しました。
正午過ぎにつきました。広め駐車場は3台分の空き、無事駐車できました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席、お店の中に入ったところに2席の待ち席があります。ベージュよりちょっと濃い色の壁や天井、木の質感が今までにない落ち着きのある雰囲気です。カウンター席に空きがあります。その前に…、風除室に食券販売機があります。
メニューは、意外とシンプルで、ラーメン、チャーシュウメン、こってりラーメン、こってりチャーシュウ、味噌ラーメン、味噌チャーシュウ、辛味噌ラーメン、辛味噌チャーシュウ、つけめん、辛つけめん、味噌つけめんがなどあります。つけめん類は、大盛りが無料です。前回は、味噌つけめん(大盛)を食べました。今回は、もっともオーソドックスな線でラーメンにしました。
混んでいるためでしょう、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。
深く綺麗な青の器、中央を大きなチャーシューがドーンと陣取っています。
麺は、細くゆるい縮れです。やや硬めのゆで加減で噛み応えが楽しいです。
スープは、魚介のダシと香り、醤油味をやや控えたあっさりしたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、青ねぎなどです。
魚介のダシと香りのあっさりしたスープと細麺ですが、ダシの旨味が品の良いスープも塩分が控えめなのでしょう。細麺との絡みがもうひとつのように感じます。トッピングも充実してラーメンは650円、今ではお手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.05

スーパーファミコンクラシックミニ

スーパーファミコンクラシックミニ

スーパーファミコンクラシックミニ、懐かしさもあって買っちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青島ラーメン 司菜

青島司菜 ラーメン(大)

新潟市の「青島ラーメン 司菜」です。
万代から県庁前方面への道沿いにあります。両方向通行できる起点近くです。
なんでか無性に青島が食べたくなり、久々に万代の青島にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向き、さらに手前に外向きのカウンター席があります。渋めで明るいお店です。午後12時15分過ぎに着きました。お店の中に3人、外に4人の列びになっています。少しずつ進み、お店の中に入ります。すぐ右側に食券販売機があり、食券を購入して待ちます。タッチパネル式で高額紙幣にも対応していますが、なんか好きになれない食券販売機です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りだけと1つスープで勝負している店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量可能で、好みにアレンジしたラーメンを楽しめます。大盛りの50円増しが助かります。お腹が空いたのでいつものラーメン(大盛)にしました。
タイミングですが、お店の中に入ったら早く、それほど待つこともなくカウンター席に案内されました。水と交換するかのように食券を渡して待ちます。
お昼時間は、男性二人のスタッフでこなしています。カウンター席が7席+3席の小さなお店、混んでいますが、なかなか早めに出来上がってきました。
パステルカラーの鳳凰が綺麗な白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
青島には黒胡椒が合います。少し粗めにして挽きながらたっぷりかけます。
麺は、普通かやや細ぐらいの緩い縮れで、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感をいいバランスで楽しめます。流行に流されることのない安心の麺です。
スープは、見た目の通りに醤油がしっかりしたもの、適度な油がまろやかで、生姜がきりりと味を引き締め、挽いた黒胡椒の香りを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。トッピング追加も楽しいけど、基本だけでもかなり充実した感じがします。
麺、スープ、トッピングそれぞれがいい味していてバランスも取れています。長岡生姜醤油ラーメンは、爽やかさが好みのラーメンす。本当に楽しめます。ラーメン大盛りが800円、お高めですがそれでも食べたい新潟の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.04

らあめん 福丸

福丸

三条市の「らあめん 福丸」です。
国道8号線須頃3北交差点近く、信濃川方向に入った先、すぐにあります。
三条地区での昼食です。美味しいメンマが食べたくて「らあめん 福丸」にお邪魔しました。「らあめん 福楽」の時に何度か食べていますが「らあめん 福丸」は初めてです。福楽店主の味をお弟子さんが引き継いでいるとのことで初めてお邪魔ですが、初めてって感じがしません。楽しみにいただきます。
お店は、右奥に厨房、手前と中央寄りにちょっと高さのある厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。少し古くからのラーメン屋さんの雰囲気です。何も変わっていないと思います。正午過ぎに着きました。8~9割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席が空いていて座れました。
メニューは、らあめん、メンマらあめん、わかめらあめん、岩のりらあめん、チャーシューめんがあります。大盛りは150円増しです。三条燕地区でもあり背脂入りも同じ値段で対応してもらえます。メンマらあめんにしました。
福楽はメンマが美味しいお店、お土産もできましたが、お土産は麺類を食べた方が1個だけでした。福丸にはそのやり方がそのまま引き継がれています。
らあめんを待ってる間に帰るお客さんがいて、来るお客さんもいて、賑わった状態が続きます。メンマらあめんを注文するお客さんが相変わらず多いのですが、岩のりらあめんやチャーシューめんも人気のようで注文が入ってます。
前のお客さんのらあめんが出来上がり、次、早めに出来上がってきました。

福丸 メンマらあめん

赤い波の模様の器に、醤油色スープ、太いメンマが美味しそうです。ほうれん草とわかめの緑も鮮やかならあめんです。目でも味わえるらあめんです。
麺は、普通かやや細の縮れです。普通っぽい麺ですが、ツルツルした食感と程良いモチモチ感とコシ、歯切れも楽しくバランスの取れた食べ易い麺です。
スープは、醤油色の濃い見た目に反し、まろやかであっさりしています。煮干しの香り、濃い煮干しダシや醤油の旨味を楽しむ仕上がりになっています。
トッピングは、醤油味が染み込んだ軟らかめのチャーシャー、太く軟らかいけどシャキシャキするメンマ、わかめとほうれん草が緑の色を添えています。
事前のネット情報では、福楽よりも魚介が強く、メンマが濃い味にという情報でした。実際に食べてみたら、確かに煮干しの風味と味が濃くなっています。メンマの味は、そんなに濃くなった感じはありません。逆に薄くなったような気がします。また、一層軟らかくなったような気もします。以前は軟らかでもシャキシャキした感じがありましたが、今回はそれ以上に軟らかでした。らあめんが650円で、メンマらあめんが800円、結構いい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.03

栄パーキングエリア(上り) 

栄パーキングエリア(上り) 新潟タレかつ丼そばセット

三条市(旧栄町)の「栄パーキングエリア(上り)」です。
北陸自動車道下り線の栄パーキングエリアで、その軽食コーナーになります。
お昼を食べ損ない遅い昼食、やってそうなパーキングエリアになりました。
改装して綺麗になっています。午後3時を過ぎ疎らなお客さんの入りです。
メニューは、SA/PAの軽食コーナーらしい定番のものからその土地らしいものまで、たくさん用意されています。生姜醤油ラーメン、背脂ラーメンなどがありますが、ちょっと値段が高いため何もここで食べなくても!と思ってしまいます。大きつねのそばも好きな栃尾の油揚とは違うものです。そんな中、コストパフォーマンスの良さそうな新潟タレかつ丼そばセットにしました。
水を用意して待ちます。タレかつでしょうか?かなり時間がかかりました。
和風な、らしい器に盛られてきました。胡瓜のお新香も添えられています。
新潟タレかつ丼は、食べ易い少し薄めのかつ、いい感じにご飯にタレが…。
おそばは、手打ち風な仕上がりなのでしょうか?太さにばらつきがあります。トッピングがねぎだけと寂しいです。鳴門と少量でもわかめが欲しいです。
タレかつ丼はやや小振り、おそばは普通に1玉、まあまあボリューミーです。かけそば+ミニ新潟タレかつ丼の組み合わせ、のようにも思えてしまいます。そうなるとこの組み合わせで1000円は、高速道路の物価かなと思います。ちょっとお高く、高速道路以外で見かけても食べないだろうと思いましす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.02

製麺工房 ジェラート工房 WITH ドリーム

WITH ドリーム

上越市の「製麺工房 ジェラート工房 WITH ドリーム」です。
直江津地区、イトーヨーカ堂近くの西本町三交差点の少し西側にあります。
前に食べた旧豊栄市の「製麺工房 ドリーム 本店」の姉妹店になります。
上越市での昼食。あっさりで食べてないラーメンを求めてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。白壁と白木の明るい、綺麗な寮の食堂の雰囲気です。午後1時10分頃に着きました。他にお客さんはいません。帰るまで貸し切り状態でした。

WITH ドリーム メニュー

メニューは、しょうゆラーメン(普通麺)、ワンタンメン(普通麺)、チャーシューメン(普通麺)、みそラーメン(太麺)、みそチャーシューメン(太麺)、とまとラーメン(細麺)、うどん、ライスなどがあります。ランチタイムはライスが無料サービスされます。麺の太さ(普通麺、太麺、細麺)は、変更できます。しょうゆラーメン(細麺)にしました。ランチタイムのライス無料サービスは、午前11時~午後1時までで、間に合いませんでした。
九州ラーメンに麺のゆで時間が極端に短く、早めに出来上がってきました。

WITH ドリーム しょうゆラーメン(細麺)

真っ白で小さく深みのある器に、とても綺麗に澄んだスープが印象的です。
麺は、細い縮れ、触感が良いのですが、歯切れがもうひとつ決まりません。
スープは、醤油のあっさりしたもので、中華そばのような切れもあります。
トッピングは、軟らかチャーシュー、細メンマ、小松菜?、白髪ねぎです。
あっさりしたラーメン。麺の歯切れがもうちょっと気持ち良ければ、かなりの
お気に入りです。しょうゆラーメンは550円、まあまあいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.01

丸亀製麺 新潟河渡店

丸亀製麺新潟河渡店 釜揚げうどん特+野菜かき揚げ

新潟市の「丸亀製麺 新潟河渡店」です。
東地区の河渡マーケットシティ前の大きな道沿いにあります。向かいです。
毎月1日は釜揚げうどん半額の日、うどんを食べようかとお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。駐車場は出た車と入れ換えで停められました。
お店は、セルフのヴュッフェスタイルの和風スタイル、カウンター席、大小のテーブル席、小上がりがあります。和風のようですが、とてもシンプルな雰囲気です。釜揚げうどんが半額の休日、お店の入口まで列びが続いています。
メニューは、釜揚げうどん、ぶっかけうどん、かけうどんに大きく大別されています。予めトッピングを加えられたものがあり、さらにトッピングを加えることができます。天ぷらが豊富で、天丼用のライスもあります。季節限定は、牛すき釜玉、美味しそうです。今日半額で提供されているのは釜揚げうどん。釜揚げうどん特(温:240円)+野菜かき揚げ(130円)にしました。
清算して、別の器にたっぷりの青ねぎとおろし生姜を入れ、席に移動します。
木桶にはゆで汁に入ったうどん、温かいつゆ、おろし生姜とねぎを入れます。
七味唐辛子を少し加え、特盛りにした筈が…、すんなりお腹に収まりました。
讃岐うどんらしい370円のお昼でした。半額だと現地並みの値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »