« 中華 城門 | トップページ | BSNニイガタぞっこんフェスタ »

2017.10.20

青島ラーメン 司菜

青島司菜 ラーメン(大)

新潟市の「青島ラーメン 司菜」です。
万代シティから県庁前方面への道沿い、両方向通行の起点近くにあります。
青島が食べたくなり、ときめきにお邪魔しましたが、お店の外だけでも10人を越える、ひと回り以上の列びで諦め万代シティに移動しました。駐車場も少ないのですが、車で来るお客さんも少ないお店、運が良く空いていました。
午後12時20分過ぎに着きました。お店の中に3人、外に5人の列びになっています。タイミングが悪かったようでなかなか進みが悪いです。嫌な感じになりかけた頃、食べ終わって帰るお客さんが続き、お店の中に入れました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向き、さらに手前に外向きのカウンター席があります。窓が大きく明るめで、新しいようなちょっと古いような、木を感じさせるラーメン屋さんとは違う雰囲気のラーメン屋さんです。入ってすぐ右側に食券販売機があります。青島の何店かも使われているタッチパネル式で高額紙幣にも対応しているものです。食べるものを選んだ後に購入ボタンを押す必要がある2アクション式、手間がかかるので好きになれない食券販売機です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りだけ、好きな1つスープでやっている店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量可能です。好みに応じて楽しむことができます。麺の量は、普通盛りが175gで大盛りが250gと少し多め、大盛りが一般的な1玉半より少ないですが、50円増しとお手頃です。いつも通りラーメン(大盛)にしました。
総入れ換え制ではありませんが、帰るお客さんが続き、すぐにカウンター席に案内されました。水がきて、と交換するかのように食券を渡して待ちます。
お昼時間は、男性二人のスタッフでこなしています。カウンター席が7席+3席の小さなお店、混んでいますが、なかなか早めに出来上がってきました。
パステルカラーの鳳凰が綺麗な白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
青島には黒胡椒が合います。少し粗めにして挽きながらたっぷりかけます。
麺は、普通かやや細ぐらいの緩い縮れで、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感をいいバランスで楽しめます。流行に流されることのない安心の麺です。
スープは、見た目の通りに醤油がしっかりしたもの、適度な油がまろやかで、生姜がきりりと味を引き締め、挽いた黒胡椒の香りを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。トッピング追加も楽しいけど、基本だけでもかなり充実した感じがします。
麺、スープ、トッピングそれぞれがいい味していてバランスも取れています。長岡生姜醤油ラーメンは、爽やかさが好みのラーメンす。本当に楽しめます。ラーメン大盛りが800円、お高めですがそれでも食べたい新潟の味です。

あらら!
値上がりの予告があります。
ラーメン         800円
ラーメン(大盛)     850円
チャーシューメン     900円
チャーシューメン(大盛) 950円
この前50円値上がりしたような気がしていましたが、また50円の値上がりですか。庶民の食べ物じゃないような気がします。でも、また食べるのかな。あおきやがもう少しあちこちにお店を出してくれたらとも思います。

|

« 中華 城門 | トップページ | BSNニイガタぞっこんフェスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/65951642

この記事へのトラックバック一覧です: 青島ラーメン 司菜:

« 中華 城門 | トップページ | BSNニイガタぞっこんフェスタ »