« 俺のとんこつラーメン 伝丸 | トップページ | ラーメンショップ 城東店 »

2017.10.18

漬焼きサーモンいくら弁当

漬焼きサーモンいくら弁当 パッケージ

漬焼きサーモンいくら弁当

早朝の新幹線移動です。今回も駅弁を食べながら移動をしようと思います。
新幹線移動で駅弁を購入するときは、東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、新幹線ホームの3ヶ所の駅弁屋を利用できます。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順に駅弁を探せます。ただ、気に入る駅弁があるかは保証なし、戻ることもできません。今までの経験からは、改札脇の駅弁屋が種類・量ともに揃っているかと思っています。
いつも通り東口改札脇の駅弁屋から覗いていくことにします。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類が多く、数もいつもの午前移動より多いのですが、食べたことのない駅弁はありません。しばらく食べていない神尾商事の漬焼きサーモンいくら弁当にしました。
新幹線に乗っていただきます。新幹線はすでにホームに入線していました。
厚紙のケース?帯?には、PR的な文句やお品書き的なものもありません。
原材料は、酢飯(米:国産)、漬焼サーモン、いくら醤油漬、味付のり、甘酢生姜漬になります。これほど原材料が少ないのも珍しいです。前回食べた時は新潟県産コシヒカリでしたが、今回は米:国産になっています。新之助だったら新潟県産は残しておけるので、他道府県の米を使っているのでしょうか。
大きいサーモンの切身が3切といくら醤油漬、その下に味付のりがあります。前回のサーモンは生に近い薫製のような軟らかなものでしたが、今回は焼き過ぎないように気をつけて焼いたサーモンです。塩甘で上品な仕上がりです。
漬焼きサーモンいくら弁当は1000円です。いい線じゃないでしょうか。

|

« 俺のとんこつラーメン 伝丸 | トップページ | ラーメンショップ 城東店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/65938157

この記事へのトラックバック一覧です: 漬焼きサーモンいくら弁当:

« 俺のとんこつラーメン 伝丸 | トップページ | ラーメンショップ 城東店 »