« みつ井酒蔵 | トップページ | ラーメン工房 まるしん »

2017.12.27

ヒュリカ Curry

ヒュリカ

新潟市の「ヒュリカ Curry」です。
新潟駅前エリア、きんしゃい亭の向かい、スナックなどが入る第一ビルの4階にあります。ALA CafeDinningというお店に同居するような感じになります。
新潟駅前での昼食です。昨日、ヒュリカ復活の幟を見かけお邪魔しました。
ヒュリカは、古町エリアにあったときには時々食べていたものですが、やがて閉店、その後は外食でほとんどカレーを食べることがなくなっていました。
ネットの情報によれば、「ヒュリカ」は1975年の創業で、先代が「ヒュリカ」と「勝烈亭」を営業してました。後にその両店とも閉店、その両店で修行した息子さんが「二代目勝烈亭」を開店させました。しかし、その「二代目勝烈亭」も昨年閉店。今回「ヒュリカ」が15年ぶりの復活になったそうです。
「ヒュリカ」の記憶は、親父さんがジーンズを履いて厨房に立っていたことでしょうか。15年は長くて、お店の事などほとんどを忘れてしまってます。
建物の入口に「ヒュリカ」の幟はありますが、1階にお店はなく、エレベータ近くの案内板にもお店の情報はありません。1階の看板に4階と書いてありました。エレベータで4階まで来ましたが、「ヒュリカ」らしい看板のお店はみあたりません。ALA CafeDinningの前にカレーのメニューがあり、ようやくALA CafeDinningで二毛作的な同居しての営業をしていることを理解しました。
お店は、入ってすぐ正面に厨房、手前にカウンター席、左右にテーブル席があります。最も右側にも窓向きのカウンター席がありました。ダーツなどの遊具も豊富にあり、食べ物も美味しいかも知れませんが、遊び場的な雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。他にもお客さんはいますが、そこそこ広さがあるお店だけにポツリポツリといった感じになってしまいます。
メニューは、はじめにカレーを選びます。チャッパーカレー、チキンカレー、シーフードカレー、カツカレー、ビーフカレーの5種類があります。次に辛さレベルを選びます。レベル1~5まで、程よい辛さ、ちょい辛、辛口、極辛、超極辛と表されています。辛さレベル毎に30円ずつ増します。さらにライスとナンから食べたいものを選びます。大盛り無料になっています。トッピングも用意されています。チャッパー、チキン、シーフード、カツ、ビーフ、目玉焼き、チーズ、カレーソース大盛りがあります。アーラサラダ、ヒュリカサラダもあります。ドリンクも付きます。ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスティー、ウーロン茶、オレンジジュース、リンゴジュース、メロンソーダ、コーラから選べます。とんでもない組み合わせの中からシンプルにチキンカレー(辛さレベル1:程よい辛さ、ライス普通盛り、コーラ)にしました。
すぐに作り始めてくれたようですが、普通の待ちで出来上がってきました。

ヒュリカ チキンカレー(辛さレベル1:程よい辛さ、ライス普通盛り、コーラ)

カレー、別皿のライス、ドリンク、福神漬などが一緒に運ばれてきました。
ちょっとサラサラのカレーソースです。辛さレベル1:程よい辛さですが、なかなかどうしていい辛さがあります。トマト系の味が効いています。以前は、ターメリックがもっと効いていたような気がしますが、どの辛さを食べていたか忘れたので…、もっと辛い方を食べると同じ味を楽しめるかも知れません。通常380円のドリンクが付いて880円です。ドリンクなんかいらないような気もしますが、原価が安いからセットとして仕方がないのでしょう。

|

« みつ井酒蔵 | トップページ | ラーメン工房 まるしん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66218848

この記事へのトラックバック一覧です: ヒュリカ Curry:

« みつ井酒蔵 | トップページ | ラーメン工房 まるしん »