« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017.12.10

前沢牛 vs 松坂牛

前沢牛 vs 松坂牛

気がつかない間にポイントが貯まっておりました。せっかくなので焼肉をすることにしました。前沢牛と松坂牛に交換、美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小千谷名物へぎそばわたや イオン新潟南ショッピングセンター店

わたやイオン新潟南ショッピングセンター店 牡蠣つけそば(大盛)

新潟市(旧亀田町)の「小千谷名物へぎそばわたや イオン新潟南ショッピングセンター店」です。
日本海東北道新潟亀田インター近くのイオンモール新潟南の中にあります。
駐車場の混みが凄くて苦手ですが、いろいろあってイオン新潟南ショッピングセンターでのお買い物になりました。遅いお昼ですがレストラン街も混んでます。お店を見回っていたらおそばが食べたくなりわたやにお邪魔しました。
ショッピングセンター内のそば屋ってことで、独自建物のそば屋のような古民家風の店内ではなく、明るく現代風の店内です。午後3時過ぎに着きました。レストラン街には並んでいるお店もありますが、わたやは空席があります。
メニューは、冷たいものから温かいものまでいろいろあって悩みます。さらに季節限定なのかあったかメニューが用意されています。牡蠣か牛モツかといった感じでどちらにしようか悩みます。牡蠣つけそば(大盛)にしました。
手間がかかるものかと思いましたが、かなり早めに出来上がってきました。
白い器の温かなつゆと黒いせいろのそば、ねぎとすだちが添えられてます。
布海苔繋ぎの冷たいおそばを温かで牡蠣の旨味が溶け出したつゆで食べます。温度的にはつけ麺で慣れていて抵抗はありません。牡蠣とねぎねの組み合わせもなかなかです。牡蠣つけそば1209円+大盛172円のお昼でした。

わたやイオン新潟南ショッピングセンター店 牡蠣の天ぷらそば

相方の食べた牡蠣の天ぷらそばです。1134円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

郷土ラーメン 雪っこ

雪っこ

関川村の「郷土ラーメン 雪っこ」です。
国道113号線沿いにあります、胎内からの道と交差する近くになります。
先日、テレビで放送され、美味しそうでした。食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、手前にテーブル席、中央に奥向きのカウンター席、奥に小上がりがあります。さらに奥にも座敷がありそうです。白壁と木の自然な感じのする和食屋さんのような雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。小上がりの左側、片方向からだけ座れる卓だけが空いている混み具合です。
店内には、Teny新潟一番・ラーメンの旅が訪問した際の手拭いがあります。
メニューは、お店のおすすめらーめんに、スタミナ雪っこらーめん、郷土五目らーめん、辣椒野菜、雪っこらーめんが表紙にあります。他にもしょうゆらーめん、塩らーめん、みそらーめん、たんめん、野菜らーめん、ねぎらーめん、チャーシューめん、辣椒らーめん、お子さまらーめんがあり、丼物やチャーハン、サイドメニューなどもあります。スタミナ雪っこらーめんにしました。
メニューに説明があります。スタミナ雪っこらーめんは、自家製発酵にんにくみそで、炒め野菜とニラ、肉の素材が生きるピリ辛みそ味と書かれています。
手間がかかるのでしょうか、少し遅いかなって頃に出来上がってきました。

雪っこ スタミナ雪っこらーめん

すり鉢のような器に盛られてきました。野菜たっぷりの味噌ラーメンです。
麺は、細めの縮れ。中華そばや醤油ラーメンにちょうど良さそうな麺ですが、味噌味のスープとも相性と言うかバランスが良く、食べて楽しくなります。
スープは、味噌味がしっかりしながらあっさりな感じ、にんにくの風味と旨味が味噌味に良く合います。もう少し甘みがあった方が好みの味になります。
トッピングは、たっぷりの豚バラ・玉ねぎ・ニラ・きくらげの炒め物、ねぎ、鷹の爪などです。玉ねぎの甘みがスープの甘みを補い、いい仕上がりです。
途中からおろしにんにくを加えます。増したにんにくの旨味を楽しみます。
たっぷりの豚バラ、にんにくやニラなどスタミナを充電させてもらいました。麺、スープ、トッピングのそれぞれの楽しみもありますが、合わさったバランスの良さを楽しむラーメンでした。説明にあったピリ辛は全然気になりませんでした。830円とちょっとお高い感じですが、今では妥当な線でしょう。

雪っこ 郷土五目らーめん

相方が食べた郷土五目らーめん、こちらはそこそこ辛めです。870円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国指定重要文化財 渡邉邸

国指定重要文化財 渡邉邸

関川村にある「国指定重要文化財 渡邉邸」です。
関川村にあります。旧国道113号線沿い、関川村役場の向かいにあります。今の国道113号線道の駅関川の裏にあり、町役場の駐車場を利用します。
郡奉行から豪農へ、廻船業、酒造業で財を成したお屋敷です。1816年に出火し、1817年に改築されています。200年経った建物に思えません。
参観料は600円。歴史と道の館との2館共通券を購入、楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメダ珈琲店 逢谷内インター店

コメダ珈琲店逢谷内インター店 モーニング

新潟市の「コメダ珈琲店 逢谷内インター店」です。
イオン新潟東の近くです。逢谷内インターとの中間、市道沿いにあります。
子供を送迎のドライブ、いつものように吉野屋の予定が、相方の希望で…。
お店は、今時の大型珈琲チェーン店そのもの、喫茶とファミレスの中間のような雰囲気です。午前9時40分過ぎに着きました。駐車場が混んでいて心配しましたが、広めのお店は禁煙1卓のみの空きととても賑わっています。
メニューは、コーヒー、ドリンク、モーニング、スナック、スイーツ、スナックなどがいろいろあります。モーニングは、ドリンク料金のみで厚切りトーストなどが付くメニューです。トーストの他にゆで玉子・手作りたまご・おぐらあんから選べるようになっています。ミニサラダ、コールスローサラダ、ヨーグルトなどのサイドメニューもあります。あり過ぎて悩むところ、ブレンドコーヒー×1、アメリカンコーヒー×1、ウインナーコーヒー×1、モーニング(ゆで玉子×1・手作り玉子×2ハンバーガー×1にしました。
混んではいますが、仕込みをしっかりしていればそこそこ早めに出来るものがほとんど、想定通り、ハンバーガーも含て早めに出来上がってきました。
アメリカンコーヒーとモーニング×2(ゆで玉子・手作り玉子)をいただきました。相方は、ブレンドコーヒーとモーニング(手作り玉子)をいただき、お肉が大好きな子供はウインナーコーヒーとハンバーガーをいただきました。
3人で1970円でした。ラーメンも食べられる出費になっちゃいました。
パン食に慣れていないので苦手です。お休みの朝はやっぱ牛丼がいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.08

青島ラーメン 司菜

青島司菜 チャーシューメン(大)+ねぎ50円増し

新潟市の「青島ラーメン 司菜」です。
万代シティから県庁前方面への道沿い、両方向通行の起点近くにあります。
公共交通での移動中です。たまには青島でも食べようかとお邪魔しました。
天気が悪く、外の列びは避けたいところです。午後12時30分過ぎに着きました。心配していたお店の外にまでの待ちはありません。中の待ちも無なさそうです。お昼時間の真っ最中ですが、そのままお店の中まで入りれました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向き、さらに手前に外向きのカウンター席があります。窓が大きく明るめで、新しいようなちょっと古いような、木を感じさせるラーメン屋さんとは違う雰囲気のラーメン屋さんです。入ってすぐ右側に食券販売機があります。青島の何店かも使われているタッチパネル式で高額紙幣にも対応しているものです。食べるものを選んだ後に購入ボタンを押す必要がある2アクション式、手間がかかるので好きになれない食券販売機です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りだけ、好きな1つスープでやっている店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量可能です。好みに応じて楽しむことができます。麺の量は、普通盛りが175gで、大盛りが250gです。一般的な普通盛りが160g、大盛りが240gなので少し多めです。大盛りが50円増しとお手頃なのも助かります。ちょっと豪華にいきます。チャーシューメン(大盛)+ねぎ50円増しにしました。
お昼時間は、二人の男性スタッフでこなしています。カウンター席が7+3席の小さなお店、3席も空きがあります。空いている席に座り、食券を出して待ちます。前のお客さんのが出来上がるところでした。前のお客さんに運ばれ、こちらには水が運ばれてきました。後から来たお客さんのも一緒に麺のゆでが始まり~ゆで上がり、トッピングがされ…、早めに出来上がってきました。
鳳凰と花の模様が入った白い器に、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通かやや細ぐらいの緩い縮れで、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感をいいバランスで楽しめます。流行に流されることのない安心の麺です。
スープは、見た目の通りに醤油がしっかりしたもの、適度な油がまろやかで、生姜がきりりと味を引き締め、挽いた黒胡椒の香りを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。チャーシューメンということでチャーシューが多いということもありますが、ラーメンではあまり入らない大きなチャーシューもトッピングされています。ちょっと残念なのがほうれん草がかなり少なめになっているということです。露地物が出回っていた時の倍の値はしていますが、もろに反映されてます。
麺、スープ、トッピングそれぞれがいい味していてバランスも取れています。長岡生姜醤油ラーメンは、爽やかさが好みのラーメンす。本当に楽しめます。ラーメン単体が800円、大盛りが50円増し、チャーシューメンが100円増し、刻みねぎ50円増しでちょうど1000円のお昼になっちゃいました。50円の値上がりでかなりお高めですが、それでも食べたい新潟の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.07

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割ほどのお客さんの入りです。久々に空いています。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで、親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれてます。
うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。今日はうま煮の残りが2~3人前、次のうま煮を作っている真っ最中でした。今回もうま煮を作っているところが見られます。大きな中華鍋でたっぷりのうま煮を作ります。野菜をいっぱい入れ、かさが減ると野菜をつぎ足し、3度程繰り返し、最後に卵を入れて仕上げます。今日もメインは、キャベツです。
うま煮は親父さんが作り、女将さんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。
ご飯用の羽釜で麺をゆでています。鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、ゆでている間に器を用意、タレを入れ、スープを張り終わる頃に麺もゆで上がります。ゆで時間の短い麺です。麺を湯切りし器に入れ、整えます。中華鍋からうま煮をかけ出来上がります。
うま煮の作りを見ていたためか、それほど待たずに出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけのうま煮ですが、今日のうま煮はなんか野菜の切り方が小さいような気がします。中華鍋の最後の方なので、小さい野菜しか残っていないのかも知れないです。でも、二日目の○○○じゃないですけど、味的には馴染んでかなりいい感じです。
今日は、中華鍋の中でじっくり馴染んだうま煮をいただくことができました。細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しまさせていただきました。本当になんともありがたいお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.06

ら~めん 二葉

二葉 紅麻婆麺

新潟市の「ら~めん 二葉」です。
古町エリア、東横イン新潟古町の向かいの路地を入ったところにあります。
前会、11月の限定メニューを食べ、12月も食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席のちょっと小さめのお店です。フロアが全体が吹き抜けになっていて広々しています。左側に階段がありロフトになっています。お客さんが入れるスペースになっていました。新しさと古さとが融合した落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。
メニューは、味噌らーめん、紅味噌らーめん、味噌タンメン、醤油らーめん、塩らーめんがあり、追加のトッピングやサイドメニューも用意されています。壁に貼紙で紅麻婆麺があります。12月の限定メニューらしいのですが、限定を表す記載はありません。前に食べたことがあります。必ず新しいものという訳でもなさそうです。数量も限定だったりしないか心配しましたが、大丈夫そうです。紅麻婆麺にしました。肉味噌小丼も食べてみることにしました。
中華鍋を使うので時間がかかりそうですが、普通に出来上がってきました。
四角いお盆に黒い器です。ボリュームがありそうな麻婆、美味しそうです。

二葉 肉味噌小丼

肉味噌小丼も一緒に運ばれてきました。麺が硬めな感じなので、先に肉味噌小丼を食べます。肉味噌小丼は、挽肉を味噌味のそぼろ煮風にしたもので万能ねぎも添えられています。いい味付けでご飯が進みます。そぼろたっぷりで食べていたら、計算したかのようにご飯が半分ほど残りました。ラーメンの器から麻婆豆腐を取り出し、ご飯にかけます。麻婆飯の完成です。麻婆飯で食べるには、麻婆豆腐が薄味なような気がします。ボリュームがしっかりあります。
麺は、普通かやや太の縮れ。時間が経って多少は食べ易くはなりましたが、それでもまだモチモチ感が強めです。少し手こずりましたが、食べれました。
スープは、麻婆と混じり適度な辛さで、味噌味かのようなまろやかさです。
トッピングは、麻婆豆腐、白髪ねぎ、青ねぎ、糸唐辛子です。麻婆豆腐は、挽肉の印象がなく、優しい辛さと味、絹ごし豆腐の滑らかさが気持ち良いです。先日の盛来軒同様、豆腐の表面は熱々ですが、中心部はそれほどの熱々ではありません。口に入れてすぐに噛むといい感じで、火傷の心配がなさそうです。しょっぱさや甘さ、辛さもいい具合、スープが絡んだ麺だと良く合います。
とても優しい麻婆麺でした。四川風のちょっと刺激的な面も欲しくなります。結構お高い感じの二葉ですが、この800円はいい線かも知れないです!
麻婆飯まで遊べた肉味噌小丼は100円。今回は、かなりお得に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.05

盛来軒

盛来軒 マーボーメン

柏崎市の「盛来軒」です。
柏崎駅の駅前から駅前通の先、西本町交差点の手前、右側の角にあります。
柏崎での遅めの昼食、遅い時間でもやっていそうな盛来軒お邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。ラーメン屋さんぽい並びですが、厨房はオープンな感じはなく、壁にある原色のアクセントが中華屋さんらしい雰囲気を残しています。お店を入ったところにお会計用のスペースがあり、そこのレジで食券を購入するようになってます。昔の駅で駅員が切符を取り出して売っていた切符を入れる常備券箱と同じような箱がまだ使われています。なんか、ホッとしました。
メニューは、麺類、飯・丼物、一品料理などが中華系を中心に揃っています。麺類は、中華そば、チャーシューメン、岩のりラーメン、魚粉入りラーメン、ワンタン、ワンタンメン、角煮ラーメン、もやしラーメン、五目ラーメン(塩・醤油)、五目ワンタン・ワンタンメン、マーボーメン、味噌ラーメン、白味噌ラーメン、ゴマ味噌ラーメン、揚げそば、焼きそば、タンタンつけめん、つけめん(夏期)、冷やし中華(夏期)、ごま冷やし中華(夏期)などがあります。前に中華そばは食べています。今回は、マーボーメンにしました。
食券の半券を持ってカウンター席に座りました。午後2時30分を過ぎでは、さすがにお客さんは疎らです。そろっと午後休みの時間かなとも思います。
マーボーは、中華鍋を使うのでそこそこ時間はかかるだろうと思っていましたが、普通のラーメンと変わらないような待ち時間で出来上がってきました。
金色の雷文と鳳凰が描かれた白い器に盛られてきました。豪華に見えます。
麺は、普通の太さの平打ち縮れ麺です。移転後に縮れが強くなったように感じていましたが、旧の縮れは弱めです。好きな平打ちですが、結構硬めです。
スープは、マーボーで判り難いのですが、中華そば同様に旨味があります。
トッピングは、麻婆豆腐のみ。豆腐、挽肉、椎茸、ニラなどが入っています。椎茸は乾燥椎茸の戻し、強い旨味があります。豆腐は絹ごし、表面は熱々ですが中心部は温めです。口に入れてすぐに噛むといい感じですが、徐々にあんの熱で中まで熱々になってきます。しょっぱさや甘さ、辛さもいい具合です。
最後、スープの底に生姜の微塵切りが結構残っています。生姜麻婆なんて言えそうなくらいです。麻婆豆腐の中に入っていたのでしょうか?爽やかです。
ちんたらと麺を伸ばしながら食べた方が、好みの麻婆麺のような気がします。普通の中華そばが680円です。改装直後から50円値上がりしていました。マーボーメンは780円。なんかお手頃のような気がしちゃいませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

うどん居酒屋 こなや

こなや チャーシューワンタン麺

新潟市の「うどん居酒屋 こなや」です。
新潟市の古町エリア、上大川前通沿いにあります。旧第一勧銀の近くです。
同僚と一緒の昼食です。二葉の12月限定メニューを食べようと目指したのですが、すでに混み混みの状態です。二葉から近いこなやにお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側と奥にテーブル席があります。酒類ボトルの並びが和食ダイニングのような雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。8割~9割程のお客さんの入りです。
メニューは、こなやという店名、うどん居酒屋ってことでうどんでしょうが、通常のメニューがあるのかは不明です。その代わりと言っていいのか、ランチはいろいろ揃っています。今日のランチは、マーボ豆腐、銀鮭焼、塩さば焼、揚げたてトンカツ、いずれも小鉢、おしんこ、サラダ、みそ汁など付きます。さらに、手打ちチャーシューワンタン麺があります。銀鮭焼や塩さば焼などの定食もかなり魅力的ですが、手打ちチャーシューワンタン麺にしました。
定食は仕込みがされて早めですが、麺は少し待って出来上がってきました。
小さめの器に盛られてきました。澄んだ醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、平打ちのストレート、きしめんを細くしたような麺です。かんすいを使用していないのか、中華麺ぽくない麺、ラーメンとも違いますが好みです。
スープは、見た通りの醤油のあっさりですが、適度な油で旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、ワンタン、ほうれん草かな?、ねぎなどです。チャーシューは、ばら肉で脂の混じり具合、歯応え、味付けが良いものです。ワンタンは、具が小さな皮を楽しむもの。好みですが塊があって残念です。
麺が食べ易く、ワンタンと合わさり、スープが相まって飲み物のように食べれました。900円とちょっとお高いですが、また食べたくなる一杯でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.12.03

ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店

あおきやスーパーセンタームサシ新潟店 チャーシューメン

新潟市の「ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店」です。
新潟亀田IC近く、スーパーセンタームサシのフードコート内にあります。
そろそろ年末・年始の準備を…、お買い物の途中の昼食でお邪魔しました。
お店は、フードコートなので他のお店と共用のテーブル席のみ、広くかなりのお客さんを収容できます。営業していました。午後2時40分過ぎに着きました。他のお店のお客さんも含め、8割の席が埋まる程度に賑わっています。
長岡の本店など同様に食券販売機で食券を購入するスタイルになってます。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンとそれらの大盛り、シンプルです。チャーシューメンの普通盛りにしました。食券を購入、窓口に出すとポケットベルのような小さな機械が渡されます。冷水機から水を用意して待ちます。普通の待ちで電子音がなりました。窓口で機械と引き換えに受け取ります。
器の下にスープをこぼさないようプラスチックのボール風の容器があります。白い器に濃い醤油色のスープ、スープの色だけでも楽しめるラーメンです。
麺は、普通の太さのかなり弱い縮れで、ツルツル・プリプリした食感です。
スープは、長岡生姜醤油らしいものです。醤油の味に軟らかさがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎなど。ラーメンでも多めのチャーシューが、これでもか?ってほどたっぷりの盛りです。
麺もスープも好みです。弾力のあるチャーシューでかなり充実感があります。ラーメンは600円と今ではお手頃なお店、で、チャーシューメンは750円とありがたいお手頃感です。青島がお高いだけにあおきやには助かります。
テーブルに胡椒等が置かれていないため、渡された時にかけるしかないです。途中で味に変化を加えて楽しめないのがフードコートの弱点でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

にいがた健康寿司 海鮮家

新潟市の「にいがた健康寿司 海鮮家」です。
新潟駅の構内、在来線東口改札の前にあります。しゃがらの隣になります。
食べたことのある出張者からの評判が良く、どんなものかお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、周囲にカウンター席、奥の左右にはテーブル席もあります。午後2時30分頃に着きました。数組のお客さんと空いています。カウンター席でも良いのですが、混むことなさそうなのでテーブル席に座ります。
店内の貼紙やメニューに目を通します。味噌汁のサービスはありません。回転寿司ですが、PRのポップが廻っているだけでお寿司は廻っていません。注文用紙にお寿司の名前、山葵有りと山葵抜きの数量を記入する方法です。軍艦や字画の多い漢字のお寿司を書くのが面倒で、注文用紙での注文は苦手です。
メニューは、席に用意されていますが文字のみで、壁には札式のもの下がっています。少し違いがあり、壁の札式のものを見て注文するのが良さそうです。お勧め的なものを書いた貼紙等を探しますが見つかりません。寒ブリとかの言葉が見つけられなくて残念です。にぎりのセットは何種類かがありますが、盛り合わせはありません。種類は少なめですが、最近の回転寿司らしいメニューが少なく、昔ながらの回転寿司を楽しむには、なんら支障はなさそうです。
にぎりのセットと少し好みのお寿司を食べました。派手さのない回転寿司が流行った頃のネタの大きさです。他のお店でなぜかなかった鯵がありました。
食べたお寿司の写真を掲載します。相方と二人でなんと2500円でした。

海鮮家

海鮮家

海鮮家

海鮮家

海鮮家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.01

栄パーキングエリア(上り)

栄PA かき揚げ天玉そば

三条市(旧栄町)の「栄パーキングエリア(上り)」です。
北陸自動車道三条燕IC~中之島見附IC間にあるパーキングエリアです。
北陸自動車道を移動中の昼食です。目的地付近まで走ってからとも思いましたが、目的地付近で食べたい物も見つからず、PAで食べることにしました。
スナックコーナーは、ラーメン、そば・うどん、定食などがかなりバラエティに揃っています。燕三条背脂ラーメンがあります。背脂ラーメンを食べたいとも思わず、おそばを食べようかと思います。新潟らしいメニューの栃尾の大きつねそばというものもありますが、どうも揚げが好みのものと違います。他にもいろんなおそばがありますが、定番的なかき揚げ天玉そばにしました。
スナックコーナーに食券を出して待ちます。席は半分程度の入りですが、ちょうどお昼ということもあって厨房は混んでいます。天玉そばってすぐ!という感覚でいたのですが、カレーライスやラーメンの作りが多く、なかなか作り始めません。それでも普通の待ちで出来上がってきました。燕三条背脂ラーメンだと思いますが、メタル丼を使っています。久々に見たような気がします。
PAのおそばらしい器に、かき揚げと卵、ねぎが多そうで嬉しくなります。
おそばは、手打ち風、普通の太さで太いものも混じります。ネチネチした食感がちょっと苦手です。冷凍か?乾麺か?ラーメンの袋麺のような形状です。
つゆは、まあどうこうない駅やPA/SAのおそば屋さんらしいものです。
トッピングは、かき揚げ、卵、ねぎです。普通のかき揚げでホッとします。
好みもあるでしょうが、まあまあ楽しめました。かけそばが360円、かき揚げそばが490円、かき揚げ天玉そばは550円、観光感覚のある高速道路上ではお手頃ですが、世間一般で考えるとはちょっとお高い方だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ