« 麺工房 さらしな | トップページ | 古泉洞 »

2018.02.10

紙風船上げ

紙風船上げ

秋田県仙北市西木町(旧西木村)上桧木内の「紙風船上げ」です。
会場は、上桧木内の紙風船館の隣になります。交通手段は、国道105号線と秋田内陸縦貫鉄道のいずれかでしか入ることのできない谷沿いの地域です。
以前は東北の田舎の静かな行事でしたが、NHKの新日本風土紀で特集されるなどメディアでの露出が増え、東北の田舎の良さを残す祭りとして人気です。そもそも五穀豊穣・無病息災を願ったものでしたが、今では家内安全、合格祈願もあるようです。是非一度は見てみたいと思っていた東北の冬祭りです。
以前は自家用車か秋田内陸縦貫鉄道でしか行けませんでしたが、雪深い山里、最近は旅行会社などツアーが増え、ツアーで訪れる人が多くなっています。
角館町から実家前を通り越し、国道105号線で向かいます。1本道です。
上桧木内の会場周辺には駐車場はありますが、入れるか心配です。離れた駐車場からシャトルバスっていうのはないようです。国道105号線もいつもの倍ぐらいの交通量でしょうか。もしもも含め小食料を調達して向かおうと思いましたが、西明寺地区のコンビニは、補給を絶たれたコンビニのようになにもありません。車の中に山のリュックがあり、1日分ぐらいの食料はあります。
桧木内地区を過ぎ上桧木内地区に入ります。天気も雨からみぞれ、雪へと変化します。会場もあと2~3㎞でしょうか。心配していた渋滞になりました。
ほとんど動かず、と思うと200mぐらいスーッと動いたり、諦めて引き返す乗用車もあります。紙風船上げが始まっている時間ですが、ツアーバスも紛れています。旅行会社は、慎重に選ばなければいけないなあと思うのでした。
会場近くまで来て、駐車場にまだ入れそうです。紙風船館の駐車場は、ツアーバスでいっぱいです。会場を過ぎた駐車場に入れます。係員がしっかり誘導してくれます。しかも無料です。ありがたい。雨具を着て会場に移動します。
紙風船館やその前にある臨時のトイレは長蛇の列が出来ています。早めに帰ります。会場に周辺の天候は雪、風はありませんが紙風船が見当たりません。
紙風船を上げる会場の周囲には露店が立ち並んでいます。お祭りって感じではなく、郷土料理と物産のお店です。グルーッと見て回ると放送が流れます。
天候が悪く、紙風船を上げられないとのこと、紙風船は上げられないが膨らまして披露してくれるそうです。早くから会場入りして一般のお客さんが願いを書いた紙風船や集落ごとの紙風船、企業の紙風船などが雪の夜空に浮かび上がります。飛んでいく紙風船が見たかったのですが、膨らました紙風船だけでもかなり幻想的な世界が広がります。上げられるのを楽しみに、また来ます。
駐車場の出口、国道とも混むことなく帰れました。でも、これが秋田の田舎では『今日、道路めちゃめちゃ混んでいた。』ってなことになるんだろう。

がんばろう東北!

|

« 麺工房 さらしな | トップページ | 古泉洞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66391776

この記事へのトラックバック一覧です: 紙風船上げ:

« 麺工房 さらしな | トップページ | 古泉洞 »