« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018.03.31

ラーメン 藤田

藤田 醤油ラーメン

新潟市の「ラーメン 藤田」です。
本町通りの12番町、市場っぽい雁木のある通りから少し奥まってあります。車では通り難い道ですが、お店前に3台くらいの駐車スペースがあります。
しばらく食べていませんでした。久々に食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。あんちゃんがひとりでやっている小さめの和食屋さんっぼい綺麗なお店です。午後1時40分に着きました。他にお客さんは1人、後から1人きました。
メニューは、醤油ラーメン(揚げネギ入りブラックラーメン)、中華そば(昔ながらのあっさり醤油)、塩ラーメン、みそラーメンがあり、それらに野菜、メンマ、高菜、ネギ、ワンタン、チャーシューなどを加えたものがあります。他にも坦々麺、みそ坦々麺、カレーラーメン、チーズカレーラーメン、野菜カレーラーメン、ソース焼きそば、塩焼きそば、カレー焼きそばまであります。カレーライス類やミニ丼まで、一人でやっているお店と思えない豊富さです。ラーメン類の麺の量が豊富に用意されています。大盛50円増1.5玉、特盛100円増2玉、特特盛150円増2.5玉、超盛200円増3玉、爆盛300円増3.5玉、メガ盛400円増4玉まであります。焼きそばも、大盛50円増1.5玉、特盛100円増2玉、特特盛200円増2.5玉、超盛300円増3玉があります。醤油ラーメンにしました。
先のお客さんはもう食べ終わりそうで、後からお客さんの分も合わせてすぐに作り始めてもらえました。手際良く、かなり早めに出来上がってきました。
橙の帯に雷文模様の入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、細縮れですがとてもモチモチ感の強いもの、この地区らしい麺です。
スープは、煮干しが適度に香り、濃い醤油色の見た目に反してあっさりです。これに揚げネギと焦がし油がバランス良く効いて独特な風味が広がります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、胡麻とシンプルです。
モッチモチの細縮れ麺、煮干しと揚げネギの風味を楽しめる少し癖のある醤油味のスープ。それぞれの旨味とバランス楽しみ600円、ちょっとお手頃。

藤田 中華そば

相方が食べた中華そばです。600円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.30

中華 城門

城門 ソースヤキソバ

新潟市の「中華 城門」です。
新潟市役所本庁舎の近くにあります。市役所裏の交差点から銭湯の先です。
市役所近くでのバス乗り換え時間のお昼、お手頃な城門にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側に細長い広めの小上がりがあります。定食が似合いそうな雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。小上がりは市役所職員風のお客さんで空きの卓はありませんが、カウンターは空いていますっていうか、誰も座っていない状況です。
メニューは、飯類・麺類とも豊富にあります。麺類は、ラーメンセット(おにぎり2個)、ラーメン、メンマラーメン、みそラーメン、チャーシューメン、みそチャーシューメン、マーボーラーメン、五目タンメン(醤油味)、塩タンメン、五目ヤキソバ、ソースヤキソバ、ワンタンメン(冬期)、ワンタン(冬期)、冷し中華(夏季)、冷しチャーシューメン(夏季)があります。飯類も食べてみたいものがありますが、ソースヤキソバも気になります。横浜市の大龍のソース焼きそばが好きで、よく食べていました。ソース味のしっかりした焼きそばで、麺がとてもプリプリしていました。なかなかソース味のしっかりした焼きそばには出会えません。期待を込めソースヤキソバにしました。
水はセルフサービスです。入ってすぐのカウンター上に冷水機があります。
親父さんと女将さんの2人でやっているお店、好きなパターンのお店です。
待ちのお客さんもいて、まあまあ普通の待ち時間で出来上がってきました。
白いお皿に期待したソースがしっかりした焼きそばとは違う、あまりソースが効いていないというか普通の焼きそばが登場。スープも添えられています。
麺は、ラーメンと同じ細麺の優しい縮れ、食べ易く焼きそばに向いでます。
味付けは、一般的な焼きそばと同じ、いやむしろ一般的な焼きそばよりもソース味を控えた味付けです。でも、これはこれで優しいまろやかなものです。
焼きそばには、キャベツ・もやし・人参・豚肉など具材が入っていて、さらに海苔と紅生姜がトッピングされています。とてもバランスが取れています。
懐かしいソース味が濃厚な焼きそばとは違いましたが、と言うよりも逆にソース味を控えた、味が奥深いような、優しくまろやかな焼きそばでした。全然好みの焼きそばでした。スープ付きで650円、とてもありがたい値段です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.29

大積パーキングエリア(上り線)

大積パーキングエリア(上り) 長岡ラーメン

長岡市の「大積パーキングエリア(上り線)」です。この前まで「食事処 おおつつじ」と記載していましたが、店名の看板がなどが撤去されています。
北陸自動車道長岡ジャンクションから上越方面へ、最初のパーキングで、その軽食コーナーになります。新潟県内の高速道路上では、お手頃なお店です。
年度末の忙しさ、昼食の時間が上手く取れず、移動中の昼食になりました。
どこにでもある高速道路のパーキングエリアらしい、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入り口近くには2台の食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。かけそばやかけうどんなど高速道路の中ではお手頃なメニューも提供されています。高速道路のパーキングエリアらしいものがほとんどで、そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。ラーメンを食べる程度の時間はあります。ラーメンは、あかごま担担麺、ヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンがあります。ヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンには、ミニチャーハンとのセットもあります。それぞれのラーメンに対して120円増し、230円増し、250円増しと不可解な価格設定です。ヤスモッカは、NEXCO東日本のパーキングエリアの新ブランド名称です。いろんなグッズ等の販売が計画されています。ラーメンの味とは無関係です。前回、お昼の真っ最中にヤスモッカ特製ラーメンを食べたのですが、その時に一番人気があって良く出ていたものを食べます。長岡ラーメンにしました。
お手頃なメニューを提供しているのが知れているのか?高速道路のパーキングエリアにしては賑わっています。いつも通り早めに出来上がってきました。
白い器にチャーシューが目立っています。醤油色のスープがいい感じです。
麺は、細めの弱い縮れ。モチモチ感が強く、硬めのゆでは手強い寸前です。スープは、醤油と生姜がしっかり楽しめるものですが、旨味は控えめです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
ぎりぎり好みの麺と醤油と生姜はしっかりしているがもうひとつ旨味に特徴の欲しいスープ、標準的なトッピングがのった長岡生姜醤油的ラーメンでした。ボリューム的にはもうひとつですが、650円という値段ですから高速道路にしてはお手頃です。かき揚げ天玉そばが550円ですから悩む方ところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.28

蓬来軒

蓬来軒 四川たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
同僚との昼食で、身体に優しいのがいいかな?と蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。
メニューは、小さなカラー写真入りで判り易い1枚ものになってます。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあり、別に1枚もので、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。特に食べたいものがない時は悩みます。つけめんにもちょっとは興味がありますが、大盛りが有料なので…。多少でも待ち時間の短縮になればと同僚を真似て四川たんめんにしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。待ちのお客さんが多くいましたが、まあまあ普通に出来上がってきました。
龍と双喜文の模様入りの器に、多めの野菜とちょっと辛そうなスープです。
麺は、極細く少し弱めの縮れが入ったものです。シコシコプリプリした歯応えの楽しい麺です。いろいろな細麺を食べましたが、トップクラスの麺です。
スープは、野菜から溶け出た旨味が優しく、バランスの良いものですが、『四川を舐めたらいかんぜよ!』とでも言っているかのような辛味があります。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参・きくらげ・豚肉などを一旦炒めてスープで煮たもの。食べ易い大きさの野菜でボリュームがあります。
歯切れの気持ち良い極細麺と辛味と旨味が絶妙なスープ、たっぷりの野菜を楽しむことができました。優しいラーメンを食べようと思って来たのですが、反して刺激的なラーメンをいただきました。最後は、汗を拭きながらいただきました。870円とお高いような気がしますが、今では普通なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.27

めん処 くら田

くら田 ラーメン(中盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
古町エリアです。本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路にあります。
久々に信吉屋のワンタンメンを食べよう、ワンタンがなかったら支那そばをと思い、早めの午後12時10分に信吉屋に着きました。しかし、おばさんが暖簾を片付けているところでした。ワンタンどころか麺までもが終わりでした。あっさりしたラーメンを食べたいとの思いは変えられずくら田にしました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、手前左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着く小さな下町のお店です。午後12時15分過ぎに着きました。6割~7割程度のお客さんの入りです。カウンター席の中ほどに座れました。その後、徐々に賑わってきています。
メニューは、
  ラーメン        600円
  チャーシューメン    850円
  ワンタンスープ     600円
  ワンタンメン      850円
  スペシャル      1000円
  塩ラーメン       600円
  塩チャーシューメン   850円
  塩ワンタンスープ    600円
  塩ワンタンメン     850円
  塩スペシャル     1000円
  カレーラーメン     700円
  カレーチャーシューメン 900円
  冷し中華(夏季)    850円
  ゆで卵          50円
  中盛(1.25玉)     無料
  大盛(1.5玉)      無料
  ビフォー(1.75玉) 100円増し
  ダブル(2玉)     100円増し
別の貼紙になりますが、麺の量の記載もあります。並(160g)、中盛(200g)、大盛(240g)、ビフォー(280g)、ダブル(320g)から選べます。変わっていません。細麺の他に平麺もありましたが、休止になっていました。復活しているのではと期待しましたが、提供はなさそうです。ラーメン(中盛)にしました。
親父さんが作っておばさん2人で配膳と会計をやっています。相変わらずの手際の良さです。待ちのお客が少なかったため早めに出来上がってきました。
注文したものが運ばれて来た時に会計をする代金引換は継続されています。
白っぽい器にあっさりそうなスープ、ほのかな煮干し香りにホッとします。
麺は、細い縮れで掬い易く、ツルツル感が良く、気持ち良く喉を通ります。
スープは、あっさりした醤油味の薄味で、癖のない優しい旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、醤油の香り、弾力や歯応え、脂の混じりと全く好みです。
煮干しがほのかに香るあっさりスープに喉を気持ち良く通る麺、醤油の香りと歯応えを楽しめるチャーシュー、好みのラーメンです。お腹にもいい感じで収まりました。600円で大盛りまで楽しめますが、中盛りがちょうどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

ラーメンスーパー 中華大陸

中華大陸 味噌ラーメン

柏崎市の「ラーメンスーパー 中華大陸」です。
県道522号線沿いです。新潟工科大近く、少し柏崎市街寄りにあります。
久々に「味の横綱」で食べようとしましたが定休日、流れてのお邪魔です。
お店は、奥の中央から左側にかけて厨房、右側にテーブル席、左側手前に小上がりがあります。窓が広く明るい、ラーメン屋さんらしい雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。4人用や2人用のテーブルがあり、2人組もいますが、1人で座っているテーブルが多く見られ、半分ほどのテーブルにお客さんが座ってます。お店に入ったすぐ正面に食券販売機があります。
メニューは、味噌ラーメン、ネギ味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、正油ラーメン、とんこつラーメン、塩ラーメン、正油とんこつラーメン、塩バターラーメン、もやしラーメン、味噌チャンポン麺、担々麺、麻婆麺、天津麺、野菜味噌ラーメン、味噌バターラーメン、つけ麺、もつ煮ラーメン、ラーメンセットがあり、トッピングの追加もいろいろ用意されています。他にもチャーハン、中華丼、麻婆丼、天津丼などのご飯物、一品料理まで豊富に用意されています。食券販売機のボタンの左上にある、最初のボタンの味噌ラーメンしました。
混んではいませんが待ちのお客さんも多く、普通に出来上がってきました。
水色の味噌って器に、ドーンとチャーシューが、スープも美味しそうです。
麺は、普通太の縮れ、ツルツル感が良くモチモチ感が強い癖のない麺です。
スープは、味噌味がしっかりして表面には適度な油もある今風なものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、ゆで玉子半個、ねぎなどで、特徴はたっぷりのチャーシューです。バラ肉の厚く軟らかめのチャーシューが山になっています。そこいらのお店のチャーシューメンも叶わない量です。メニューにチャーシューメンやトッピングにチャーシューがない訳が判ります。もやしは、炒めたいい香りがしますが、スープと馴染みがもうひとつです。
味噌ラーメンは780円です。チャーシューでボリュームのある一杯でした。実質は味噌チャーシューメンといったところでしょうか。得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.25

ラーメン屋 モン吉

モン吉

新潟市(旧横越町)の「ラーメン屋 モン吉」です。
県道586号線(旧国道49号線)沿いにあります。亀田から横越に入った辺りにあります。「めん家 ぴか一」→「ラーメン ぽんつく」の建物です。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前に小上がり、左側にテーブル席があります。腰高までの木目調とその上の白壁、窓が広いため明るく、ちょっとお洒落な雰囲気のお店です。午後2時過ぎに着きました。駐車場もそれほど広くなく停められ、店内も4割程のお客さんの入りです。
メニューは、醤油ラーメン、味玉醤油、特醤油、醤油チャーシューメン、塩ラーメン、味玉塩、特塩、塩チャーシューメン、味噌ラーメン、味玉味噌、特味噌、味噌チャーシューメン、塩つけめん、塩つけ味玉、特塩つけめん、塩つけチャーシューがあります。麺量の記載もしっかりしています。ラーメンは、普通盛が160g、中盛が200g無料、大盛240g+50円です。つけめんは、普通盛が240g、中盛が300g無料、大盛360g+50円、特盛480g+100円です。トッピングやサイドメニューも豊富です。ランチの小丼の提供もあります。小なめチャーシュー丼、小なめシメのごはんのいずれも150です。こういう時に貧乏性が出ます。無料を有効に使って、醤油ラーメン(中盛)にしました。
お客さんが少なめってこともあるでしょう。早めに出来上がってきました。

モン吉 醤油ラーメン(中盛)

白い器に行儀良くトッピングが並んでいます。丁寧な仕事振りが伺えます。
麺は、細めのストレート、九州ラーメンを二回り程太くしたような麺です。
スープは、醤油色で少し濁りのあるタイプです。ちょっと甘みがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、青菜、海苔、ねぎとシンプルです。
まろやかでちょっと品の良い醤油ラーメンをいただきました。中盛まで同じ値段というのはありがたいですが、700円は少しお高いような気がします。
相方は、醤油ラーメンの普通盛を食べました。700円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.24

らーめん 麺や真玄 弁天橋通店

濃淡京醤油らぁ麺(大盛)+自家製三種のチャーシュー盛り

新潟市の「らーめん 麺や真玄 弁天橋通店」です。
弁天橋通り沿いにあります。「らーめん 麺や来味 弁天橋通店」だった建物がそのまま使われています。来味から系列店の真玄にお店が変わりました。
1階には屋外と建物下の駐車場とアプローチがあり、建物の北寄りに階段があります。階段を登った2階にお店があります。午後12時40分過ぎに着きました。2階お店の入口を入ってすぐ右側にまあまあ広さのある待ちスペースがあり、10人越のお客さんの待ちになっています。用紙に名前を書きます。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に大きな窓から弁天橋通りを見下ろせるテーブル席があります。ラーメンダイニングとでも言った方がいいかような、最近のラーメン屋さんの雰囲気です。
それほど大きくないお店、15分程待ってカウンター席に案内されました。
席はさほど混んでいません。作りに合わせゆっくり案内しているようです。
メニューは、最初に麺の量が書かれています。ありがたいです。基本180gで、大盛り1.5玉(無料)、特大盛り2玉(無料)とあります。次にらぁ麺各種があります。極み煮干しらぁ麺、濃淡京醤油らぁ麺、濃淡塩らぁ麺、煮干し背脂(こってり太麺)、背脂みそ(こってり太麺)、フォルマッジョ塩、担々麺などがあります。その次につけ麺・和え麺各種があります。煮干しつけ麺(太麺)、辛い煮干しつけ麺(太麺)、濃厚魚介豚骨つけ麺(太麺)、油そば(太麺・シンプル盛)、油そば和え麺(太麺・豪華盛)、汁なし担々麺などがあります。背脂みそ(こってり太麺)が増えています。極み煮干しらぁ麺は食べています。新潟情報のクーポンを使わせてもらいます。らぁ麺類が100円引きに、自家製三種のチャーシュー盛り150が円引きになります。太っ腹にいきますか。濃淡京醤油らぁ麺(大盛)+自家製三種のチャーシュー盛りにしました。
席がそれほど混んでいないこともあってか?普通に出来上がってきました。
白く深い器に盛られてきました。チャーシューがこれでもか?って量です。
麺は、細いストレート。モチモチ感が強く、結構楽しく食べられる麺です。
スープは、濃淡の言葉がピッタリ、醤油味のあっさりまろやかなものです。
トッピングは、自家製三種のチャーシュー盛り(炙りバラ肉巻チャーシュー・純白のビアンカしっとりももチャーシュー・吊るし窯焼き肩ロースチャーシュー・味付き半熟玉子1/2)、メンマ、海苔、ねぎなどとても豪華です。
縮れの方が好みですがなかなか楽しませてくれる麺、醤油味の絶妙なスープ、チャーシューをはじめとする充実のトッピング、さらに大盛りや特大盛りまでもが麺増量無料です。濃淡京醤油らぁ麺オリジナルが680円、自家製三種のチャーシュー盛りが250円。合わせて930円のところ、無料配布の新潟情報のクーポン利用で780円でした。物凄く得した気分になれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.23

ホテルランチ

ホテルランチ

今日は、新潟市内での会議、会場ホテルでのランチです。和食のお弁当です。他に味噌汁が遅れてきました。何度も写真を撮れる雰囲気ではありません。
今までに食べたことがない硬さのご飯でした。電子レンジ専用のコンビニ弁当をそのまま食べたのに近い硬さです。こういう硬いご飯てあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.22

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時30分過ぎに着きました。手前カウンター席に3人だけ、嘘かと思うほど空いています。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。親父さんだけ!のときもあります。
うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。今日はうま煮が2/3程とあります。いつもより少し黒っぽいうま煮です。
親父さんが次のうま煮の準備を始めました。大きなキャベツを刻んでいます。スーパーでは見られないほど大きく、中身がぎっしり絞まっていそうです。
お客さんは少ないけどいつもと変わらない光景です。なんか落ち着きます。
先客の1人とすぐ後から来た1人を含め、3杯のうま煮を作り始めました。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、ゆでている間に器を用意、タレを入れ、スープを張り終わる頃に麺もゆで上がります。ゆで時間の短い麺のようです。麺を湯切りし、器に入れ、整えます。中華鍋からうま煮をかければ出来上がります。
良いタイミングでお店に入ったので、かなり早めに出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、やっぱいつもより黒っぽいうま煮があります。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。いつもより黒っぽいのは、キャベツが少なく殆どがもやし、もわしそばです。
今日は、中華鍋の中で程良く馴染んだ、ヘルシーなうま煮をいただきました。ちょっとキャベツの量が少なかったのですが、細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。本当にありがたいお手頃感です。キャベツから白菜に戻る日を楽しみしています。しばらくは無理でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.21

旨いとんかつ かつ平

かつ平 煮込みかつ丼

新潟市の「旨いとんかつ かつ平」です。
新潟市東地区、松崎のお店が建ち並ぶ中にあります。黄色っぽい建物です。
店前を通ってますが食べたことがなく、食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房があり、左側に周囲の窓を向いたカウンター席、中央にテーブル席、右側に小上がりがあります。大きな和食ファミリーレストランの雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。お店を入ってすぐにレジがあります。清算してそうなお客さんがいて、近くにある待ち用の椅子にも他のお客さんが座っています。お店に入ってすぐの所にある用紙に名前と人数を書いて待ちます。しばらく待つと清算が終わり、次に待っていた人が清算していますが、なんか違うだろうと思って見ていたら販売のお弁当の購入していました。その対応が終わってからテーブル席に案内されました。他にもフロアスタッフが何人もいるのですが、そのような対応なのかとちょっと残念な感じです。
メニューは、とんかつ定食、ロースかつ定食、ヒレかつ定食があります。肉の量でサイズがあるものもあります。海老フライ定食なとの他、かつと海老フライを組み合わせたものなどがあり、季節ものでカキフライ定食、とんかつとカキフライを組み合わせたものもあります。欲張ってとんかつと海老フライとカキフライを組み合わせたものを食べようと思いましたが、そこまでのものはありません。単品で食べれますが、ちょっとお高くなります。入口辺りにいろいろとメニューの紹介があり、玉子綴じのかつ丼がありましたが平日ランチのみの提供のようで、休日はなさそうです。念のためにスタッフに聞くと、ランチメニューを忘れていてすぐに持ってきました。煮込みかつ丼にしました。
ご飯が白米と十五穀米から選択です。岩船産コシヒカリの白米にしました。
多少の待ちは覚悟していましたが、席待ちのお客さんが列ぶような混み具合になり、お店に入ってから30分以上待ってようやく出来上がってきました。
かつ丼、キャベツ千切り、味噌汁、お新香がお盆にのり運ばれてきました。
かつ丼は、とんかつがちょっと小さめです。群馬産丸山豚のとんかつらしいのですが、ネットには三元豚との情報が多く見うけられます。程よい軟らかさがいい感じですが、薄味でもうひとつ楽しめません。濃い味付けのものも多く、しょっぱくて困りますが、薄味のものは物足りなくて、ご飯が進みません。
キャベツは、ソース(甘口・辛口)、ドレッシング(柚子醤油・胡麻)で楽しめます。玉子綴じかつ丼でキャベツを楽しめるのは、結構珍しいでしょう。
味噌汁は、小さなホタテ2個にねぎが添えられています。こちらもかなり薄味で、特に最初の一口は味噌汁ではなく、お吸い物かと思ってしまう程です。
元々は、ご飯と味噌汁とキャベツのお代わり出来るようなのですが、キャベツは野菜価格高騰のためお休み的な貼り紙があります。ご飯は、美味しいのですが、ご飯と味噌汁だけのお代わりだけでは寂しいのでこれでおしまいです。
野菜も充実のランチ、ボリューム的にはレディースかな?1080円です。

かつ平 とんかつ定食(小)

相方の食べたとんかつ定食(小)です。1058円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.20

中華 城門

城門 みそラーメン

新潟市の「中華 城門」です。
新潟市役所本庁舎の近くにあります。市役所裏の交差点から銭湯の先です。
市役所近くでのバス乗り換え時間のお昼、お手頃な城門にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側に結構広めの小上がりがあります。定食が似合いそうな雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。たった今、開店したかのように他のお客さんもなく、静かな店内です。
メニューは、飯類・麺類とも豊富にあります。麺類は、ラーメンセット(おにぎり2個)、ラーメン、メンマラーメン、みそラーメン、チャーシューメン、みそチャーシューメン、マーボーラーメン、五目タンメン(醤油味)、塩タンメン、五目ヤキソバ、ソースヤキソバ、ワンタンメン(冬期)、ワンタン(冬期)、冷し中華(夏季)、冷しチャーシューメン(夏季)があります。飯類も食べてみたいものがありますが、食べていないみそラーメンにしました。
水はセルフサービスです。入ってすぐのカウンター上に冷水機があります。
親父さんと女将さんの2人でやっているお店、好きなパターンのお店です。
すぐに作り始めてもらえ、牛丼屋かのような早さで出来上がってきました。
その後、市役所職員風のお客さんがやって来て、嘘かのような賑わいです。
水色の器に味噌ラーメンらしい色のスープ、中央に野菜炒めが鎮座します。
麺は、細麺の優しい縮れ、みそラーメンにも合い、優しい旨味があります。
スープは、油がなくあっさりしてますが、味噌の味はしっかり楽しめます。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・ほうれん草・豚肉の炒め物です。
レンゲが器と同じ水色です。あまり見たことない色のような気がします。野菜が採れて、こってり感の全くない、身体に良さそうな味噌ラーメンです。あっさりだからかも知れませんが、細麺ととても合ってました。野菜たっぷりでまあまあ好みの味噌ラーメンが630円とお手頃です。嬉しくなってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.19

定食

定食

今日は、とある公共施設の職員食堂です。お手頃で、美味しくて、一般にも解放していると聞いていたので食べてみることにしました。定食やヘルシーランチなどメニューも豊富ですが、定食にします。主菜がチキン南蛮・肉豆腐からの選択、副菜がおくらとえび甘ごま和え・にらと玉子の中華炒めからの選択、ご飯も普通盛りと小盛りから選択、味噌汁は選択不可、沢庵を好みの量を取るブュッフェスタイルです。華やかさはありませんが、選択できるって嬉しいものです。まあまあこんなものかなって感じですが、これで450円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.18

らーめん 越後中村家

越後中村家

新潟市の「らーめん 越後中村家」です。
万代地区、ラーメン次郎の近くにある万代6交差点を斜めの北方向に向かった先、左側にあります。ビルの1階、奥まったところで見え難いのですが、道路沿いにラーメンの幟が出ていて判ります。流作場五叉路から歩ける距離です。お店に駐車場がなく、すぐ近くにコインパーキングもないので流作場五叉路近くの駐車場に車を駐車し、天気も良かったのでのんびり歩いて行きました。
食べたことのないお店のラーメンを食べようかと中村家にお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房があり、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席があります。窓はなく、真っ白な壁と腰高まで黒い壁、テーブルや椅子の黒、和紙を使ったランプシェードなどちょっと高級なラーメン屋さんに入ってしまったって感じです。洋食店とかだったらお高そうで帰っちゃうかも知れない雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。他はカウンター席に1人お客さんがいて、後のお客さんも1人ありました。

越後中村家 メニュー

メニューは、あご出汁らーめん(塩)、中華そばの2種類のみで、中華そばのみ奄美鶏飯セットがあります。大盛りは無料です。あご出汁らーめん(塩)もかなり興味ありますが、今日は、中華そば+奄美鶏飯セットにしました。
スタッフは店主が1人だけのようです。ちょっとお高いお店の料理長のようなきちんとした服装です。食べる前からラーメンの質の高さが期待されます。
水ではなくお茶です。テーブルにもお茶の入ったポットが置かれています。
厨房の作っている所は見えませんが、音がして概ね状況が判ります。すぐに作り始めましたが、結構丁寧な仕事のようで、普通に出来上がってきました。

越後中村家 中華そば

白く深い器に、醤油か?塩か?淡く薄く透き通ったスープが優しそうです。
麺は、細麺の縮れ、九州ラーメンを少し太くしたような食感の良い麺です。
スープは、塩ですが醤油のようにえぐみのない煮干し香る自然なものです。
トッピングは、バラ・肩ロース・腕肉のチャーシュー、メンマ、ねぎです。
麺、スープ、トッピングとも好みのあっさりで、バランスの良い中華そばでした。新規オープンのお店で、これほど好みの中華そばを提供してくれるお店は珍しいです。単品で780円とお高いですが、また食べたくなるでしょう。

越後中村家 奄美鶏飯

奄美鶏飯です。中華そばの残りスープを入れて、お茶漬けのように食べます。セットで950円です。ちょっとお高いですが、充実の昼食になりました。

越後中村家 あご出汁らーめん(塩)

相方の食べたあご出汁らーめん(塩)です。850円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.17

板場料理 味生

味生

新潟市の「板場料理 味生」です。“あじしょう”と読みます。
新潟市の女池地区、女池ICの少し西、愛宕簡易郵便局の近くにあります。
まだ食べたことのないお店の和食ランチを食べようと思いお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり、靴を脱いで入ります。奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前と右側に小上がりがあります。夜の居酒屋がランチを提供しているのですが、窓が広く明るい和食屋さんのような雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きました。すれ違いで他にお客さんはいません。
メニューは、ランチのみになります。親子丼定食、しょえが焼き定食、鉄火丼定食、刺身定食があり、すべてコーヒー付きです。鉄火丼定食にしました。
ランチは4種、仕込みもしっかりなようで、早めに出来上がってきました。

味生 鉄火丼定食

普通なら鉄火丼でいいのに鉄火丼定食、その理由が解りました。お盆に6つもの器がのっています。鉄火丼、味噌汁、お新香、小鉢2品、デザートです。

味生 鉄火丼

鉄火丼は、鮪赤身の漬けで、胡麻が振り掛けられ、山葵が添えられています。タレがご飯にいい感じで染みています。味噌汁は、アサリでねぎが添えられています。お新香は、キュウリと蕪のお漬け物の2種です。小鉢は、金平牛蒡と南瓜の煮物です。デザートは、りんごです。最後にコーヒーも付きました。
充実のランチ、ボリューム的にはレディースかな?850円とお手頃です。

味生 刺身定食

相方の食べた刺身定食です。こちらもコーヒー付きで850円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.16

とんかつ処 銭形 柏崎店

銭形柏崎店 チキンカツ定食

柏崎市の「とんかつ処 銭形 柏崎店」です。
国道8号線沿いにあります。市街地から米山寄りの常盤台交差点近くです。
同僚と柏崎市での昼食です。「ラーメン ガキ大将 柏崎店」で食べようと移動していました。そしたら銭形があり、営業しています。同僚にかんずりを食べさせたいと思っていました。上新バイパス店など閉店したお店が多く、なかなか叶いませんでした。という訳で今日は銭形柏崎店で食べることにします。
そんなに古くも新しくもない、あまりパッとしない外観。お店に入ります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左奥に座敷があります。なかなか雰囲気のある古民家風の店内です。午後12時30分過ぎに着きました。数組のお客さんが入っているだけです。とても静かです。
メニューは、とんかつ定食(特・上・並・小 自家製ソース)、ひれかつ定食(並・小 無脂肪の柔らかヒレ肉の一口かつ)、みそかつ定食(特製甘みタレ)、生姜焼肉定食、マヨネーズとんかつ定食(お好み焼風)、海老フライ定食(海老2本盛り)、海老ひれ定食(海老フライとひれかつ)、シーフードフライ定食(海老フライ・カニフライ・ホタテフライ)、海老鳥唐揚定食(海老フライ・鳥唐揚)、ハンバーグ定食、チーズハンバーグ定食、ササミフライ定食、チキンカツ定食、煮カツ定食(エビ/ロース/ヒレ)、海老重(海老フライ、玉子とじ)、ひれかつ重(玉子とじ)、かつ重(玉子とじ)、ミニかつ丼、タレカツ丼(ミニサラダ付 和風正油味 ロース/ヒレ)、ミニタレカツ丼、うな重、ミニうな丼、ソースかつ丼(ロース/ヒレ)、カツカレー、上カツカレー(ミニサラダ付)、らーめん、銭形らーめん(とんかつ入)、チャーシューメン、つけ麺(温かいスープ、麺1.5玉)、らーめんセット(らーめん+ミニヒレ丼/らーめん+タレカツ丼/らーめん+カレー丼)、ライス、半ライス(おかわり不可)、カレーうどん、スープうどんなどがあります。いろんな揚げ物を楽しめるお店です。その中からチキンカツ定食にしました。
チキンでもカツ、揚げに時間もかかります。普通に出来上がってきました。
お盆にのってくるだろうと思っていましたが、チキンカツ、ご飯、味噌汁、お新香がそれぞれで、運ばれてきました。いずれも和風な器で、カツのお皿はそんなに大きくはなく、ご飯は少なめ、お新香は2種類です。キャベツ・ご飯・味噌汁は、お代わりできます。ただ、テーブル毎に1回で!的なことが書かれた貼紙があります。何度も呼びつけないで!って意味なんたろと思います。
チキンカツやキャベツもとんかつ屋さんの特製ソースでいただくと絶品です。以前はとんかつばかりを食べていましたが、チキンカツも同様に肉厚で衣が剥がれてしまいます。カラシを付けてのカツを久々に食べたような気がします。半目的のイカのかんずりは付いていませんでした。止めたのか?とんかつのみか?お店で違うのか?残念です。チキンカツ定食は、800円です。ちょっとお高めですが、お代わりやソースを考えるとまあまあお手頃にも思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.15

一品香 岩室店

一品香岩室店 つけめん(大盛) 

新潟市(旧岩室村)の「一品香 岩室店」です。
国道116号線沿いにあります。イエストの並び、津雲田交差点の角です。
岩室地区のお昼になりました。久々に一品香で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房があり、その手前と中央寄りにカウンター席、中央にテーブル席、右側に小上がりがあります。そんなに大きくなく、窓が大きいので、明るいラーメン屋さんらしい雰囲気のお店です。午後12時10分頃に着きました。3割~4割程のお客さんの入りでしたが、すぐに賑わってきました。
メニューは、いろいろ揃っています。らーめん、コーンらーめん、わかめらーめん、チャーシューめん、メンマらーめん、ワンタン、ワンタンめん、チャーシューワンタンめん、ミソらーめん、ミソコーンらーめん、ミソチャーシューめん、辛ミソらーめん(激辛できます)、濃厚ミソらーめん、焼きそば(ソース味)、たんめん(野菜たっぷり塩味)、もやしらーめん(正油味)、広東めん(あんかけ野菜正油味)、坦々めん(ピリ辛ごま風味)(中辛・激辛可)、野菜入り坦々めん(中辛・激辛可)、つけめん(定番人気メニュー)、チャーシューつけめん、メンマつけめん、野菜つけめん(肉なしヘルシー)、スタミナつけめん(ニンニク入りあんかけ野菜)などがあります。他にもお得なセットメニューもあります。らーめんの関係は、チャーハンセット(チャーハン+半らーめん)、らーめんセット(らーめん+半餃子+半ライス)の2種類のメニューがあります。テーブルに大盛無料と書かれた大きなメニューのようなものが置かれてます。定番人気メニュー的なつけめん(大盛)にしました。
お客さんが少ない時に注文できたので、結構早めに出来上がってきました。
黒のお盆にのって運ばれてきました。丸い朱塗りの蕎麦皿に麺が、黒く渋めの器につけ汁が、黒くちょっとごつめな蕎麦徳利にそば湯が入っていました。
麺は、やや細めの縮れ、とても触感の心地良い麺でボリュームもあります。
つけ汁は、最初薄味の塩味に感じますが、後にあっさり醤油味になります。
トッピングは、つけ汁にチャーシュー、メンマ、わかめ、多めのねぎです。
麺を食べ終わり、つけ汁のスープ割りを楽しみます。見た感じでは何も感じませんでしたが、蕎麦徳利が凄いです。その形状と厚さからとても熱々です。
食べ易く、あっさりした好みのつけめんでした。800円とちょっとお高めですが、大盛りがしっかりボリュームがあり、同じ値段ですから納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.14

喰いどうらく 味の店 くらよし

くらよし

刈羽村の「喰いどうらく 味の店 くらよし」です。
旧道でしょうか?国道116号線と平行する民家の多い道沿いにあります。
柏崎周辺にやや詳しい同僚との昼食、同僚に任せてのお邪魔になりました。
お店は、和風な入口を入ると、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前左右には小上がりがあります。思った通りの和定食・割烹のような雰囲気のお店です。2階には大広間もあるようです。午後12時10分過ぎに着きました。席数があるため2~3割のお客さんの入りと空いている感じは否みません。
メニューは、昼メニューで、つけ麺(魚介豚骨)、チャーシューつけ麺、ラーメン、チャーシューメン、みそラーメン、みそチャーシュー、塩野菜タンメンなどがあります。刈羽産のお米ってことで肉野菜炒め定食、豚生姜焼き定食、ライス、半ライスがあります。数量限定の日替わりもあります。今日の日替わりはとんかつ定食です。ランチタイムは、ライス・半ライス以外が大盛り無料となります。お腹も空きましたがお手頃にラーメン(大盛)にしました。
広いお店ですがスタッフも特別多くもなく、普通に出来上がってきました。

くらよし ラーメン(大盛)

白い器に醤油色のスープが、彩りは少し寂しい感じですが美味しそうです。
麺は、かなり細めの縮れです。口の中でなんか馴染んでくる好きな麺です。
スープは、見た目の通りの醤油味、少ない油のあっさり癖のないものです。
トッピングは、硬めのチャーシュー、軟らかメンマ、鳴門、ねぎなどです。
バランスは良いのですが特徴もなく。シンプルなラーメンでした。でも、好きなラーメンでした。550円で大盛りまで食べられます。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.13

食事処 おおつつじ

おおつつじ ヤスモッカ特製ラーメン

長岡市の「食事処 おおつつじ」です。
北陸自動車道大積パーキングエリア(上り線)の軽食コーナーの店名です。
お昼を半分諦めていましたが、移動中になんとか食べられそうです。比較的お
手頃でしっかりしたものが食べれそうな大積パーキングエリアにしました。
どこにでもある高速道路のパーキングエリアらしい、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入り口近くには2台の食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。かけそばやかけうどんなど高速道路の中ではお手頃なメニューも提供されています。高速道路のパーキングエリアらしいものがほとんどで、そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。ラーメンを食べる程度の時間はあります。ラーメンは、あかごま担担麺、ヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンがあります。ヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンには、ミニチャーハンとのセットもあります。それぞれのラーメンに対して120円増し、230円増し、250円増しと不可解な価格設定です。名前の由来が良くは解りませんが、ヤスモッカ特製ラーメンにしました。
ヤスモッカは何でしょうか。スープに絡む素材の名前かなんかかと思ったら、NEXCO東日本のパーキングエリアの新ブランドの名称です。いろんなグッズ等の販売が計画されているようです。ラーメンの味に関係ないようです。
長岡ラーメンが人気のようで、ヤスモッカ特製ラーメンもそこそこ注文が入っています。お手頃なメニューの提供が知れているのか?高速道路のパーキングエリアにしては賑わっています。いつも通り早めに出来上がってきました。
白い器にチャーシューが目立っています。豚骨らしく紅生姜が華やかです。
麺は、かなり細めのストレート。九州(熊本系)ラーメンのような麺です。
スープは、豚骨で適度な油もあり、バランスの良い、食べ易いスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、紅生姜、鳴門、青ねぎになります。
心地良い細い麺と癖のない豚骨スープ、ボリューム的にはもうひとつですが、650円という値段ですから高速道路にしてはお手頃です。ミニチャーハンとのセットが770円、120円増しとこちらの方が良かったかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.12

居酒家 すいとんや

すいとんや 野菜らーめんミニチャーシュー丼ランチ

新潟市の「居酒家 すいとんや」です。
古町エリアの坂内小路沿いにあります。西堀通と古町通との間の西堀通寄り、イタリア軒近く「ラーメン・餃子 天龍」の西堀通寄りの並びになります。
同僚との昼食です。落ち着いた雰囲気のお店で食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前に椅子に座るカウンター席の小さな居酒屋です。本当に居酒屋の雰囲気そのもので、靴を脱いで上がるのもまた居酒屋風です。午後12時15分過ぎに着きました。カウンター席が飛び飛びにしか空いていないため、2階に案内されました。いかにも居酒屋の2階って感じのする広間です。小宴会やグループの飲みなど合いそうな広間で、卓が並んでいます。
メニューは、正油らーめん、塩らーめん、野菜らーめん、チャーシューめん、冷し中華(5月~9月)があります。また、正油らーめん・塩らーめん・野菜らーめんのいずれかにミニチャーシュー丼・ミニカレーライス・ごはんと生卵のいずれかをセット、小鉢付のランチもあります。他にも600円の定食、とん汁定食、野菜炒め定食、豚しょうが焼定食、ライスカレーもあります。食べていない野菜らーめんミニチャーシュー丼をセットのランチにしました。
みんなバラバラに注文、時間がかかりそうで普通に出来上がってきました。
お盆にちょっと驚きの品数でやってきました。まずはラーメンを食べます。

すいとんや 野菜らーめん

青い線の白い器をキャベツの緑が覆い尽くし、人参の赤がワンポイントです。
麺は、やや細の縮れ。適度なモチモチ感と旨味が好きな食べ易いものです。
スープは、塩味で野菜の旨味があります。タンメンの作りでなんでしょう。
トッピングは、キャベツや人参・豚肉などの炒め物、鳴門とシンプルです。
居酒屋でのお昼は、あっさりしながらも自然な感じで優しいラーメンでした。和を感じさせる仕上がりで600円、今ではお手頃にさえ思える一杯です。

すいとんや ミニチャーシュー丼

ミニチャーシュー丼のランチは、ミニチャーシュー丼の他に、もずく酢、目玉焼き(キャベツ添え)、キュウリともやしの和え物、蒸かしさつまいも、いちごが付きます。ミニチャーシュー丼も切れ端を刻んだものではなく、しっかりしたチャーシューを使った丼です。これで200円増しは、超々お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.11

旨辛つけ蕎麦 満まる

満まる

新潟市の「旨辛つけ蕎麦 満まる」です。
万代シティの南寄りにあります。新潟駅前の旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ向かい、2個目の信号機の手前、万代シティの入口の右側にあります。
つけ蕎麦という新ジャンルの食べ物も食べてみようと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前と左側に厨房を背に向けて窓や壁を向いたカウンター席、さらに左側のちょっと仕切られたスペースにテーブル席があります。コンクリートの打ちっ放しなど無彩色の落ち着いた店内です。JAZZが煩めです。
右端に入口があり、入口を入って風除室から左に進みます。お店に入ってすぐ正面に食券販売機があります。午後1時40分過ぎに着きましたが、5人程の待ちになっています。食券を購入して待つようなので、食券を購入します。
メニューは、鶏つけ蕎麦、豚つけ蕎麦、鶏とろろつけ蕎麦、豚とろろつけ蕎麦があります。鶏は温、豚は冷となっています。お蕎麦の量は、小盛220g、普通盛300g、大盛380gとなっています。鶏の冷たいものを食べたかったのですが仕方ないです。鶏を優先します。鶏とろろつけ蕎麦(普通盛)にしました。
しかし、タイミングが悪く、相当待ってのカウンター席移動になりました。
移動途中で厨房へ食券を渡してから席へ。セルフサービスになっています。
厨房の左側に冷水器などがあり、水を用意してもう少しの待ちになります。
その後も立ち食いと変わりありません。食券に記載の通し番号で呼ばれます。厨房のカウンターというか?受け渡し場所まで出来たものを取りに行きます。お盆にのったつけ蕎麦を自分で席まで持ち帰って、ようやく食べられます。

満まる 鶏とろろつけ蕎麦(普通盛)

お蕎麦、つけ汁、とろろともちょっと和風な雰囲気な器に盛られています。
お蕎麦は、やや細で黒っぽいもの、なんかネチネチした苦手なお蕎麦です。
つけ汁は、お蕎麦のものではなくつけ麺のもの、醤油味で辛みもあります。
トッピングは、お蕎麦に海苔、つけ麺に鶏の煮物とねぎなどシンプルです。
冷水器の近くに蕎麦湯があります。蕎麦湯で割ったつけ汁はなかなかです。
暖かいつけ蕎麦ですが、やつぱり冷たい方が好みです。でも、お蕎麦そのものは普通に温かいつゆに最初から入っている方が美味しいお蕎麦でしょう。ざる風には向いていないような気がしました。つけ汁も鰹節と昆布のつゆのような美味しさにはかなり遠いものでした。新しい食べ物ですが、これからもっと相性の良いものの提供を期待します。鶏とろろつけ蕎麦(普通盛)は950円、立ち食い蕎麦屋のようなセルフサービスで高級そば店のような価格でした。
相方は、鶏つけ蕎麦(小盛)750円をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.10

ミートソース さとう

ミートソースさとう

新潟市の「ミートソース さとう」です。
新潟駅前エリア。旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ向かい、信号機のある交差点を越えた先の右側にあります。タチバナビルの裏の辺りになります。
たまにはラーメンや和食以外、パスタでも食べてみようかとお邪魔しました。お店は、右側中央に厨房があり、その奥・中央・手前に厨房を囲うようなカウンター席、左側に待ち用の椅子があります。ラフな感じの内装が手軽で入り易い雰囲気を醸し出しています。入ったすぐの場所に食券販売機があります。

ミートソースさとう メニュー

メニューは、ミートソース自家製平打麺、ミートソース自家製丸麺、ミートカルボナーラ自家製平打麺、ミートカルボナーラ自家製丸麺があります。麺の量は、130g、150g、200g、250gから選べます。トッピングは、温玉、揚げナス、納豆、ソーセージ、チーズ、ミニハンバーグ、バケット、ミートソース、ホワイトソース、ガーリックライスがあります。ドリンクもいろいろ用意されています。ちょい多めにミートソース自家製平打麺(200g)温玉にしました。
午後1時20分頃に着きました。満席で購入した食券を持って待ちの椅子で待ちます。ちょうど帰るお客さんがいて、すぐに片付けてもらえ座れました。

ミートソースさとう サラダバー

席に水と小さなボールが用意されています。ボールはサラダ用です。お店の右手前がサラダバーになっています。健康的にまずは野菜からいただきます。
サラダを食べ終わり、待っているとミートソースが出来上がってきました。

ミートソースさとう ミートソース自家製平打麺(200g)+温玉

お皿ではなく浅い丼形の白い器に盛られてきました。色合いが想定外です。
パスタは、平打ちの生パスタらしいモチモチです。アルデンテのゆでです。
ミートソースは、想定したトマトのものではなく、デミグラスソースです。
温玉で奥行きのあるデミグラスソースが、ちょっとだけ軽い感じがします。
ちょっと想定と違うミートソースでしたが、こんなのもありかなと思います。サラダが付いて食事って感じがして良かったと思います。ちょっと盛りが良いけど930円+100円。パスタもちょっとお高いランチになるんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.03.09

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
同僚との昼食で、身体に優しいのがいいかな?と蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時10分過ぎに着きました。5割~6割程のお客さんの入りです。
メニューは、小さなカラー写真入りで判り易い1枚ものになってます。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあり、別に1枚もので、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。特に食べたいものがない時は悩みます。つけめんにもちょっとは興味がありますが、大盛りが有料なので…。結局、しばらく食べていないこのお店の人気メニューたんめんにしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。みんなそれぞれ違うものを注文、たんめんは最後に出来上がってきました。
龍と双喜文の模様入りの器に、たっぷりの野菜との優しそうなスープです。
麺は、極細く少し弱めの縮れが入ったものです。シコシコプリプリした歯応えの楽しい麺です。いろいろな細麺を食べましたが、トップクラスの麺です。
スープは、野菜から溶け出た旨みのあっさり、しっかり、軟らかくまろやかな塩味の仕上がり、いつもより胡椒が効いていそうな香りと辛味があります。
トッピングは、白菜・もやし・玉ねぎ・人参・きくらげ・豚肉などを一旦炒めてスープで煮たもの、食べ易い大きさに切られ、たっぷりな量があります。
歯切れの気持ち良い極細麺とちょっと胡椒が効いた良く出来たスープ、たっぷりの野菜、健康的なラーメンいただきました。770円とちょっぴり高めの値段も最近の普通のラーメンが700円前後ですからお得に思えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.08

中華そば 神楽

神楽 比内地鶏ラーメン+α

石川県金沢市の「中華そば 神楽」です。
金沢市寺町にあります。土地勘がなくてカーナビ頼りで到着になりました。
金沢市でのお昼。スープが好きなラーメンを食べようかとお邪魔しました。
正午過ぎに着きました。お店の周囲などに11台の駐車スペースがありますが満車です。通りの向かいにも駐車場があり、こちらはまだ駐車できました。
お店は、左奥に厨房、その手前と中央寄りに厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。中規模の和食が似合いそうな、品の良い食堂って感じのお店です。ちょうど満席ですが、少し待つとカウンター席が空きました。
メニューは、中華そば、味玉入り、神楽そば、釜焼きチャーシュー、真空調理チャーシューがあります。釜焼きチャーシューと真空調理チャーシューは、いずれも3枚入りで、味玉入りもあります。醤油味・塩味・みそ味から選べるようになっています。大盛りは、250円増しとちょっとお高くなっています。トッピングは、海老ワンタンがあります。限定麺は、季節による店主が気まぐれの麺で、店内の黒板をご覧くださいとのことです。お土産餃子(冷凍)っていうのもありますが、店内で食べれなさそうな表記です。サイドメニューは、ごはん(小)、残りのスープを入れ雑炊風に楽しめる〆のごはん、平日限定のチャーシュー飯があります。限定メニューが、店内2ヶ所の黒板に書かれています。限定20食の比内地鶏ラーメンがあります。比内地鶏丸鶏でダシを取ったラーメンで、味は醤油味のみです。限定5食のフカヒレ姿煮ラーメンもあります。比内地鶏ラーメンがベースのようで3800円と中華料理店なんかよりお手頃ですが、それでも手が出ません。比内地鶏ラーメンにしました。トッピングを神楽中華そば風に、ワンタンは肉を海老に変更してもらいました。
その後も賑わいは続いています。まれに2~3人が並んだりもしています。
そこそこの混みですが、普通よりやや早めぐらいで出来上がってきました。
あまり見かけない派手めな器に豪華なトッピングで出来上がってきました。
麺は、やや細のほぼストレート。ツルツルでモチモチ感がかなり強めです。
スープは、あっさりした中に醤油とダシの旨味が絶妙な和味のスープですが、通常のスープより醤油味が控えられて、より和風な仕上がりになっています。油もありますが、それを除けば、煮物なんかが似合いそうな仕上がりです。
トッピングは、釜焼きチャーシュー、真空調理チャーシュー、メンマ、半熟味付玉子、海苔、海老ワンタン3個、ねぎなどと充実しています。釜焼きチャーシューは、厚みがあり、これぞチャーシューって感じの歯応えが楽しめます。真空調理チャーシューは、レアな感じで厚みもあり、肉の旨味と歯応えを楽しめます。海老ワンタンは、皮よりプリプリした海老の具を楽しむものです。
スープがとても好みですが、どうも麺とのバランスが良いと感じられません。麺がもっと細ければ好みの中華そばかと思いますが、この手のスープは難しいです。充実したトッピングでも1180円はとんでもなくお高いでしょう。
でも、また食べたくなるでしょう。たぶん。地元だと出せないお昼代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.07

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

せっぺ 生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
前回、結構美味しくいただき、違うものも食べてみようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。オープンしてそれほど経っていませんが、庶民的な雰囲気のお店です。午後12時40分過ぎに着きました。他にお客さんが1人です。
メニューは、Lunch Menuです。夜は別なんでしょう。柚子香る 鶏清湯 潮ラーメン、生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン、麹香る 合わせ 味噌ラーメンです。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがあります。ミニ丼ぶりは、鶏天丼、鶏そぼろ丼、キーマカレー、高菜炒め丼があります。ラーメン類はいずれも750円とお高いですが、ミニ丼ぶり類はいずれも150円とお手頃です。貼紙で、チキングリーンカレーラーメンというものもあります。前回は、基本的な柚子香る 鶏清湯 潮ラーメンと鶏天丼を食べました。今回は生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン鶏そぼろ丼にしました。
メニューに“4種の醤油を重ね合わせ、醤油のかどをとるようにゆっくり炊きました。生姜の香り、醤油の心地よい酸味・風味を感じてください。”とあります。かどがとれた醤油の心地よい酸味と風味を楽しまさせてもらいます。
お客さんが少ないこともあるのでしょうか、早めに出来上がってきました。
メタル丼です。醤油味がしっかりしていそうなスープに期待が高まります。
麺は、極細の縮れで口の中の当たりが気持ち良く、モチモチ感が強めです。
スープは、醤油味がしっかりなのに、たまり醤油にも似てかどがありません。生姜が優しいです。強い生姜味も面白いですが、味的にはこれぐらいです。
トッピングは、鶏チャーシュー、穂先メンマ、味玉半個、鳴門、チンゲン菜を細くしたような青物、もやし、ねぎ、焦がしねぎなど結構充実しています。
好みの麺とちょっとおとなしいスープ、充実のトッピング。もう少し醤油味がはっきりした方が好みのような気がします。今では750円も納得です。
後からポツリポツリとお客さんがやって、結構いい賑わいになっています。
鶏そぼろ丼は、ご飯に錦糸玉子がのり、中央にとりそぼろがさらにのります。そぼろと言ってもパラパラした感じではなく、味噌和えかのような感じです。ほどほどの量もあり、150円はお得です。美味しそうで写真を忘れました。合計で900円のお昼も納得。是非、味噌ラーメンも食べようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.06

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 支那そば(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
今日は一人での昼食、あまり混んでなければと思いながらお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。いつもは遠くからでも列んでいるお客さんが見えて判りますが、この季節は店内で待つので混み具合が判りません。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター席だけの小さなお店です。昭和を感じさせてくれる懐かしい雰囲気のお店です。ちょうど満席でカウンター席の後ろに立って待つことになります。
ちょうど食べ終わって帰るお客さんがいて、それほど待たずに座れました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。残念ですが、厨房中央の冷蔵庫にワンタン売り切れの貼紙があります。仕方なく支那そば(中盛)にしました。
後から来たお客さん2人で麺も売り切れになり、すぐ暖簾が外されました。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声を聞いていると待ち時間も苦になりません。
先週、おばさんの風で臨時休業もありましたが、すっかり大丈夫そうです。
タイミングが良かったのでしょう。そこそこ早めに出来上がってきました。
黒く渋もの器に澄んだスープが上品です。結構ボリュームがありそうです。
麺は、極細に近い弱い縮れで、シコシコした歯応えが楽しい好みの麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎになります。歯応えのあるチャーシュー、輪切りねぎの香りがスープとよく絡まります。
お吸い物かのようなスープのとってもヘルシーな支那そばをいただきました。支那そば(中盛)は、好みの味でボリュームもありながら700円とお手頃。信吉屋で一番コストパフォーマンスが良い一品です。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.05

らーめん いちのじ食堂

いちのじ食堂 ジンジャー麺

新潟市(旧岩室村)の「らーめん いちのじ食堂」です。
県道374号線(旧国道116号線)沿い、和納の田んぼの中にあります。
巻地区でのお昼です。八珍亭、こまどり、古潭などありますが、たまには違うものを…。まだ食べていないものの多い、いちのじ食堂にお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、2人掛のテーブル席も1卓だけですがあります。左側に小上がりがあります。2人掛2卓、4人掛2卓と小上がり中心のちょっと新しそうな良い意味普通のラーメン店です。正午ちょっと過ぎに着きました。他にお客さんが2組だけと寂しいぐらい空いています。
メニューは、醤油、味噌、塩の各味があります。醤油は、らーめん(中油、大油、油まみれ)、チャーシューやもやしを加えた組み合わせ、辛ネギ中華、特選和風醤油らーめん、ジンジャー麺(1日20食限定)があります。味噌は、味噌らーめんとそれにネギやニラを加えたもの、さらにチャーシューを加えたもの、辛味噌らーめん、辛味噌らーめん〈大辛〉があります。塩は、背脂塩があります。貼紙でカレー中華とカレーライス、半カレーライスが新たに加わっていました。らーめん(中油)、特選和風醤油らーめんを食べました。そろそろ味噌らーめんでもと思いましたが、数量限定のジンジャー麺にしました。
待っているお客さんのが出来上がり、次回の作りで出来上がってきました。
青の模様がが印象的な白い器に、醤油色のしっかりしてそうなスープです。
麺は、やや細のストレートに近いもの。ツルツル感が良く、少し硬めです。
スープは、醤油味のしっかりしたもの。生姜の香りと味がかなり強めです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、玉ねぎ、青ねぎです。
長岡生姜醤油ラーメンかな?と思って食べると…、生姜がかなり強く、麺が乾麺かなって食感で、チャーシューが脂身も楽しめるものでした。青島がかなりお高いラーメンになったので、730円がお手頃にも思えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.04

ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店

あおきやスーパーセンタームサシ新潟店 チャーシューメン

新潟市の「ラーメン あおきや スーパーセンタームサシ新潟店」です。
新潟亀田IC近く、スーパーセンタームサシのフードコート内にあります。
昨日の秋田の実家の水道補修、雪下ろしは無事に終わりました。久々に屋根の雪といっしょ滑り落ちました。良い姿勢が取れ、柔らかく着地できました。
新潟に帰っての遅いお昼は、買い物のホームセンタームサシになりました。
お店は、フードコートなので他のお店と共用のテーブル席のみ、広くかなりのお客さんを収容できます。営業していました。午後4時30分過ぎに着きました。他のお店のお客さんも含め、2割程の席が埋まる状況、空いています。
長岡の本店など同様に食券販売機で食券を購入するスタイルになってます。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンとそれらの大盛り、シンプルです。チャーシューメンの普通盛りにしました。食券を購入、窓口に出すとポケットベルのような小さな機械が渡されます。冷水機から水を用意して待ちます。普通の待ちで電子音がなりました。窓口で機械と引き換えに受け取ります。
器の下にスープをこぼさないようプラスチックのボール風の容器があります。白い器に濃い醤油色のスープ、スープの色だけでも楽しめるラーメンです。
麺は、普通の太さのかなり弱い縮れで、ツルツル・プリプリした食感です。
スープは、長岡生姜醤油らしいものです。醤油の味に軟らかさがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎなど。ラーメンでも多めのチャーシューが、これでもか?ってほどたっぷりの盛りです。
麺もスープも好みです。弾力のあるチャーシューでかなり充実感があります。ラーメンは600円と今ではお手頃なお店、で、チャーシューメンは750円とありがたいお手頃感です。青島がお高いだけにあおきやには助かります。
テーブルに胡椒等が置かれていないため、渡された時にかけるしかないです。途中で味に変化を加えて楽しめないのがフードコートの弱点でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.03

ラーメンショップ Aji-Q 角館店

Aji-Q角館店 とんこつラーメン+Aji-Qセット

Aji-Q角館店 とんこつラーメン

秋田県仙北市(旧角館町)の「ラーメンショップ Aji-Q 角館店」です。
国道105号線沿いです。角館駅南側の郊外型のお店が並ぶ中の1軒です。
昨日は、秋田県内陸部に入ったら地吹雪でホワイトアウト状態、実家まで辿り着くことはできましたが、予定していた水道の補修作業はできませんでした。予定では昨日中に作業を終わらせ、今日はすぐ近くの田沢湖スキー場で開催されているワールドカップモーグル競技大会を見る予定でしたが断念しました。今日は午前中に雑用をこなし、天気が回復した午後から水道補修と雪下ろしをします。水道被害状況を確認、補修材料を購入に出掛け途中での昼食です。
まあまあ好みで食べていないメニューが多いAji-Qにお邪魔しました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に大きなテーブルのテーブル席とその前後には小上がりがあります。明るいチェーン店ぽい雰囲気のお店です。午後1時30分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入り、テーブル席の奥に案内されました。
メニューは、Aji-Q定番メニューのとんこつラーメン、とんこつチャーシュー、味噌ラーメン、南蛮ラーメン、チャーシュー南蛮、ねぎ味噌ラーメン、ねぎ味噌チャーシュー、冷し中華(夏季限定)、冷し南蛮(夏季限定)があり、角館店オリジナルメニューのコク旨とんこつ、コク旨チャーシュー、支那そば、支那チャーシュー、支那ねぎ、ねぎ味噌肉野菜ラーメン、塩ラーメン、塩チャーシュー、塩南蛮バター、肉野菜ラーメン(味噌・塩・醤油)、南蛮肉野菜ラーメン、みそコーンラーメン、みそバターコーンラーメン、みそキムチ、とんこつキムチ、白いラーメン、担々麺、つけめん、温つけめん、冷しキムチ(夏季限定)があります。Aji-Qセットがあります。Aセットは好きなラーメンに半チャーハンとお新香、jセットは好きなラーメンとミニカレーとお新香、iセットは好きなラーメンにピリ辛チャーシュー丼ミニとお新香、Qセットは好きなラーメンにご飯物(半チャーハン・ミニカレー・ピリ辛チャーシュー丼ミニのいずれか)とギョーザとお新香を加えたものです。ギョーザ・半ライス・お新香がセットの定食もあります。支那そば定食、味噌ラーメン定食、南蛮ラーメン定食、ねぎ味噌ラーメン定食、肉野菜ラーメン定食があります。ご飯物も豊富で、さらにギョーザをセットしたものもあります。初めての前回、支那そば+Aji-Qセットのiセットを食べました。今日はAji-Qらしいものにします。Aji-Q定番はとんこつラーメン、このお店の人気ナンバーワンはコク旨とんこつです。悩むところスタッフに聞くとコク旨とんこつは、とんこつラーメンの背脂入りとのこと、背脂はちょっと遠慮しましてとんこつラーメンAji-QセットAセットにしました。
時間も遅く早く出来そうですが、それ以上早めに出来上がってきました。
ワンポイント模様入りの白い器に豚骨らしい色のスープが美味しそうです。
麺は、細麺の縮れ。ツルツルした触感がとても良い食べ易い好みの麺です。
スープは、白濁色のあっさりした豚骨味で、しょっぱさが控えられてます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、絵入海苔、ねぎなどです。
しょっぱさ控え気味のあっさりした豚骨スープに細縮れの麺のとんこつラーメ
ンでした。ちょっと物足りなさもありますが600円と今ではお手頃です。
セットのミニチャーハンです。お新香なども付いて300円といい線です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.02

海鮮どんや とびしま

とびしま ダンディセット

とびしま ダンディセット(海鮮丼)

とびしま ダンディセット(焼き魚)

山形県酒田市の「海鮮どんや とびしま」です。
酒田港の酒田市みなと市場という観光市場にある人気店、2階になります。
いや~!凄い風です。横風に注意しながら移動しています。国道7号線の海岸に近い所は、日本海の波しぶきと波の花が飛んできます。酒田でお昼です。
海鮮がお手頃に食べられるお店です。海鮮丼が食べたくてお邪魔しました。
今日は平日、休日お昼時間のような建物の外までおよぶ列びはありません。
市場の建物に入ると、階段の列びもありません。そのままお店に入ります。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前が広い座敷になってます。広い座敷も奥にフローリングの席があり、手前に堀ごたつの席とがあります。左の港側も右の駐車場側も広い窓があるため、明るく解放感のある店内です。広い店内ですが数組のお客さんの入り、週末の混みが嘘のように空いてます。台風並みに発達した低気圧と寒気、この天気ですから仕方がないのでしょう。定期船とびしまも欠航で桟橋に係留されています。受付レジまで進みます。
メニューは、レジの後ろ、正面の壁に大きな写真入りで貼り出されています。いろんな海鮮丼や○○ご膳、定食など酒田の地魚中心の料理が豊富に揃っています。基本的なものが1000円~とかなりお手頃感があり、人気です。前回は数量限定の舟盛膳ととびしま膳などがあり、舟盛り膳にしました。今回は、海鮮丼にドリンクやアイスクリームをセットしたエブリバディセットと焼魚をセットしたダンディセットがあります。ダンディセットにしました。
レジで支払いし、番号の書いた紙をもらい、堀ごたつの席に座り待ちます。
人気メニューは仕込みが良く、間もなくスタッフが運んできてくれました。
海鮮丼、鰈の焼物、イカと大根の煮物、イカの塩辛、あら汁、お新香です。
塗りの器にご飯が見えないほどの海鮮が盛られ、久々の鮪赤身に舌鼓です。
なかなか充実した海の幸を楽しみました。税抜き1200円とお手頃です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.01

韓国家庭料理 多来

多来 石焼ビビンバ(プルコギ石焼)

新潟市の「韓国家庭料理 多来」です。“タレー”と読みます
笹出線沿いにあります。DeKKY401の駅南寄り、郵便局と同じビル、隣です。
出張者との昼食、いつもラーメンに付き合ってもらってますが、違うものをと思いお邪魔しました。昔々日替わりの石焼きビビンバがあった頃以来です。
正午頃に着きました。お店裏に確保された駐車スペースに駐車できました。
お店は、左側奥に厨房、左右手前にテーブル席、右奥に小上がりがあります。和食屋さんでもなく、洋食屋さんでもなく、韓国家庭料理のお店の雰囲気なんでしょうか。テーブル席はいっぱいですが、小上がりはまだ空いてました。
メニューは、石焼ビビンバ&ビビンバ(ナムル石焼・プルコギ石焼・ヨノ石焼・海鮮石焼・辛プルコギ石焼・ナムルビビンバ)、チゲとタン(キムチチゲ・スンドゥブチゲ・チョングッチャン・サムゲタン・ユッケジャン・カムジャタン・トガニタン)、チヂミ(海鮮チヂミ・パジョン・キムチチヂミ・チーズキムチチヂミ)、焼肉と肉料理(プルコギ・カルビ・サムギョプサル・ポッサムキムチ・骨付きカルビ・牛ハラミ・ラムプルコギ)、一品料理(ナムル盛り合せ6種、チャプチェ・トッポキ・チョレギサラダ・韓国のり・サンチュ・ライス・テジコギテンジャン・テジコギキムチポックム)、麺類(水冷麺・ビビン冷麺・坦々冷麺)、キムチやデザートも豊富です。通常メニューをお得に食べられるランチメニューもあります。石焼ビビンバ(ナムル石焼・キムチ石焼、モヤシ石焼・プルコギ石焼・ヨノ石焼・海鮮石焼)、定食(スユクベッケンスユクペッパン・ソッパププルコギ)、チゲ・スープ(キムチチゲ・スンドゥブチゲ・チヨングッチャン・サムゲタン・ユッケジャン・カムジャタン・トガニタン)、チヂミ(海鮮チヂミ小・パジョンネギ小、キムチチヂミ小、チーズキムチチヂミ小など豊富です。韓国家庭料理は、名前が判らず凄く悩みますが、簡単な説明もあり石焼ビビンバ(プルコギ石焼)にしました。
メニューには、“牛肉とエノキ、甘めのタレ味”と簡単な説明があります。
石焼き用の器を予め焼いていたのか?とても早めに出来上がってきました。
石焼き用の器には少量のプルコギがあり、ご飯、スープ、キムチが付きます。運んできたスタッフが、目の前でプルコギにご飯を投入しました。『良く混ぜて食べて下さい』と言葉を残し、ご飯の入っていた器を持って帰りました。
熱々で触れませんがどっしりした器、良くかき混ぜたところでの写真です。
食べましょう。想定通りの熱々です。牛らしい味が甘めのタレで神戸風のすき焼きのような美味しさです。その味を吸収したエノキの食感も楽しめます。
なかなか好みの味とボリューム。税抜925円で999円のお支払でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »