« ミートソース さとう | トップページ | 居酒家 すいとんや »

2018.03.11

旨辛つけ蕎麦 満まる

満まる

新潟市の「旨辛つけ蕎麦 満まる」です。
万代シティの南寄りにあります。新潟駅前の旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ向かい、2個目の信号機の手前、万代シティの入口の右側にあります。
つけ蕎麦という新ジャンルの食べ物も食べてみようと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前と左側に厨房を背に向けて窓や壁を向いたカウンター席、さらに左側のちょっと仕切られたスペースにテーブル席があります。コンクリートの打ちっ放しなど無彩色の落ち着いた店内です。JAZZが煩めです。
右端に入口があり、入口を入って風除室から左に進みます。お店に入ってすぐ正面に食券販売機があります。午後1時40分過ぎに着きましたが、5人程の待ちになっています。食券を購入して待つようなので、食券を購入します。
メニューは、鶏つけ蕎麦、豚つけ蕎麦、鶏とろろつけ蕎麦、豚とろろつけ蕎麦があります。鶏は温、豚は冷となっています。お蕎麦の量は、小盛220g、普通盛300g、大盛380gとなっています。鶏の冷たいものを食べたかったのですが仕方ないです。鶏を優先します。鶏とろろつけ蕎麦(普通盛)にしました。
しかし、タイミングが悪く、相当待ってのカウンター席移動になりました。
移動途中で厨房へ食券を渡してから席へ。セルフサービスになっています。
厨房の左側に冷水器などがあり、水を用意してもう少しの待ちになります。
その後も立ち食いと変わりありません。食券に記載の通し番号で呼ばれます。厨房のカウンターというか?受け渡し場所まで出来たものを取りに行きます。お盆にのったつけ蕎麦を自分で席まで持ち帰って、ようやく食べられます。

満まる 鶏とろろつけ蕎麦(普通盛)

お蕎麦、つけ汁、とろろともちょっと和風な雰囲気な器に盛られています。
お蕎麦は、やや細で黒っぽいもの、なんかネチネチした苦手なお蕎麦です。
つけ汁は、お蕎麦のものではなくつけ麺のもの、醤油味で辛みもあります。
トッピングは、お蕎麦に海苔、つけ麺に鶏の煮物とねぎなどシンプルです。
冷水器の近くに蕎麦湯があります。蕎麦湯で割ったつけ汁はなかなかです。
暖かいつけ蕎麦ですが、やつぱり冷たい方が好みです。でも、お蕎麦そのものは普通に温かいつゆに最初から入っている方が美味しいお蕎麦でしょう。ざる風には向いていないような気がしました。つけ汁も鰹節と昆布のつゆのような美味しさにはかなり遠いものでした。新しい食べ物ですが、これからもっと相性の良いものの提供を期待します。鶏とろろつけ蕎麦(普通盛)は950円、立ち食い蕎麦屋のようなセルフサービスで高級そば店のような価格でした。
相方は、鶏つけ蕎麦(小盛)750円をいただきました。

|

« ミートソース さとう | トップページ | 居酒家 すいとんや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66508917

この記事へのトラックバック一覧です: 旨辛つけ蕎麦 満まる:

« ミートソース さとう | トップページ | 居酒家 すいとんや »