« 八起家 高崎店 | トップページ | 中国手打拉麺 馬賊 日暮里店 »

2018.04.25

新潟コシヒカリ弁当

新潟コシヒカリ弁当 パッケージ

新潟コシヒカリ弁当

今日は、いつもと同じ午前中の新幹線移動です。4月も下旬の水曜日、それほどの混みもないでしょう。と思ったのが甘かったようです。まずは、自宅を出てバス停へ向かいますが、この時間とは思えない渋滞、流れていますから自然渋滞のようです。来たバスはだいぶ遅れの新潟駅に入らないバス、少し待って新潟駅に入るバスに乗車、少し遅れて新潟駅に着きました。新幹線は入線しドアも開いているでしょう。それでも駅弁を購入する程度の時間はあります。
新幹線の移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームになります。在来線から新幹線への改札手前のお店は確認が取れていません。改札を入らないところ、新幹線改札を入ったところです。在来線の改札を入ったところもあって良さそうです。今までの経験からは、東口改札脇の駅弁屋が種類・量ともに揃っているかと思っています。早速、覗いてみます。
種類、数ともいつもと変わりなく、いつもの雰囲気です。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。食べたことのない駅弁は残念ながらありませんでした。時間の余裕も少なく、写真で決めました。何度か食べていますが、幕の内弁当らしくいろんな食材を食べれる駅弁です。新潟食材をいろいろ楽しめる新潟三新軒の新潟コシヒカリ弁当にしました。
すでに新幹線は入線していて、ドアも開いています。自由席は混んでいます。出発5分前でACE席は完全に満席、D席もほぼ満席、B席も半分以上の席が埋まっています。修学旅行で指定席が満席、指定席を取れなかった人が自由席に流れてきたのでしょう。指定席に座って行きましょう。後ろの車両に移動します。5号車から修学旅行生の貸し切り状態です。途中2列程空きがあり、また修学旅行生です。2校?抗争など起こらないようにの干渉地帯が2列?さすがに一般客に販売出来なかったのでしょうか?さらに後ろに向かうとDE席連続での空席がありました。この席に座って行きましょう。確認が取れてから駅弁を食べます。出発後5~10分ぐらいで車掌が回ってきました。他の席は素通りですが、横に止まり、特急券を確認させて欲しいとのことでした。販売されていない席の確認が取れました。さあ!ゆったりと駅弁をいただきます。
以前とデザインが変わっています。祝新潟駅高架駅第1期開業を記念したデザインになっています。紙製の蓋に“幕の内弁当”、“新潟県産コシヒカリ米使用”と書かれています。以前のお弁当の説明はなくなり、新幹線といなほの写真、“新潟は、新型へ。”JRのプロジェクトのコピーが書かれています。
お品書きはなく原材料名になります。米(新潟県産)、煮物(人参、こんにゃく、魚団子、ごぼう)、豚メンチカツ、鮭、海老、赤カブ酢漬、鮭巻昆布、玉子焼、ブロッコリー、麩、小なすかす漬、筋子、小梅漬になっています。幕の内弁当は、原材料の種類の多くて、見ているだけでも結構楽しくなります。
特にどの素材がっていうのがないのが幕の内、バランス感覚が大事なんです。いろんなおかずを楽しめました。どれもなかなかの味付けだったと思います。1000円と価格的にも今ではちょうどいいところではないでしょうか。

|

« 八起家 高崎店 | トップページ | 中国手打拉麺 馬賊 日暮里店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66669905

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟コシヒカリ弁当:

« 八起家 高崎店 | トップページ | 中国手打拉麺 馬賊 日暮里店 »