« 中国手打拉麺 馬賊 日暮里店 | トップページ | 中華 白寿 »

2018.04.25

大洗名物 釜揚げしらす弁

大洗名物釜揚げしらす弁 パッケージ

大洗名物釜揚げしらす弁

午後の仕事も終えラッシュちょい前の移動になりました。普通にお腹が空いてます。今日も東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。実演コーナー、特集コーナー、魚介系、肉系、幕の内系と順番に見ていきます。お店の入口脇にある実演コーナーで、なっ!なっ!なんと新津の神尾商事神尾弁当部が駅弁を作っています。この前食べた“あがの姫牛vs越後もち豚”です。この前食べたばっかりなので他を見ます。結構賑わってはいますが、ほとんどの種類が残っています。食べたことのない駅弁がいくつもありますが、食べたくなるような駅弁はそれほど多くありません。食べたかったけど食べてないものがあります。しらすです。何種類かあります。相模湾のしらすを使ったもので、ご当地的にでも大船軒や東華軒の大御所があります。美味しそうなのはどちらかな?と見ていたら、相模湾以外のしらすの駅弁があります。相模湾のしらすは良く見かけるので、その茨城県水戸市の「しまだフーズ」の駅弁にします。大洗名物 釜揚げしらす弁当です。早速購入して新幹線ホームへ移動です。
すでに新幹線は入線していますが清掃中です。ちょっと待って乗り込みます。修学旅行生もいますが、それほどの混みもなくゆったりと座って帰ります。
厚紙のケースには、アンコウ唐揚げと明太子付きとも書かれています。また、その厚紙ケースには、窓が開いていて美味しそうなしらすが見えています。
お品書きはなく、原材料名になります。ご飯(茨城県産米)、煮物(里芋、こんにゃく、椎茸、人参、スナップ・エンドウ・その他)、釜揚げしらす、あんこう唐揚げ、明太子、梅干、桜漬け、青のりなどの食材が使われています。
モチモチっと弾力のあるしらすと、さらに弾力のあるあんこう唐揚げの食感を楽しめる駅弁でした。1050円と値段もまあまあいい線かなと思います。

|

« 中国手打拉麺 馬賊 日暮里店 | トップページ | 中華 白寿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66669945

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗名物 釜揚げしらす弁:

« 中国手打拉麺 馬賊 日暮里店 | トップページ | 中華 白寿 »