« 居酒家 すいとんや | トップページ | 大島ラーメン 銀座店 »

2018.04.13

焼漬鮭ほぐし弁当

焼漬鮭ほぐし弁当 パッケージ

焼漬鮭ほぐし弁当

今日は、いつもよりちょっと早い新幹線移動です。しかも、金曜日。13日。月金の移動は避けたいところですが仕事じゃしょうがない。新潟駅の構内もいつもより人が多いのがはっきりと判ります。さてさてどうなることやら。
新幹線の移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇か万代口改札前、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームに駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。東口からでも万代口からでも3ヶ所の駅弁屋を見ることができます。ただ、気に入る駅弁があるかどうかは保証なし、戻ることもできません。今までの経験からは、東口改札脇の駅弁屋が種類・量ともに揃っているかと思っています。
というのも明日まで。明後日より在来線高架ホームが運用開始され、乗り換え改札近くの駅弁屋などどうなるのか?東口在来線改札で駅員が時刻表を配っています。乗場ホームが変わるので、明後日からの時刻表を作ったようです。
いつも通り東口改札脇の駅弁屋から覗いていくことにします。人はいつもより多いですが、駅弁の種類も量もいつもよりちょっと多いような感じがします。時間が早いからかも知れません。駅弁の近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで食べたくなりますが、新商品も、食べたことのない駅弁もありません。残念。そんな中、好きな駅弁があります。新津の三新軒の焼漬鮭ほぐし弁当です。
お弁当に鮭、飽きのこない定番の味です。早速新幹線に乗りいただきます。
購入して新幹線に乗り込みます。発車まで時間はありますが、すでに入線しおり、お客さんが乗っています。新潟の新幹線車両基地から入線したようです。折り返しは、車両整備の関係で発車時刻近くにならないとドアは開きません。MAX車両の自由席2階6列車両。F席が満席で、A席が1席だけ空いていました。発車時はA・C・D・F席が満席、B・E席が少し埋まってました。
箱にはいろいろ書かれてます。サブタイトル的に“越後の郷土料理”とあり、“郷土料理 鮭の焼漬”の説明もあります。“切り分けた鮭をじっくりと焼き上げ、アツアツのうちに特製ダレの入った甕に漬け込みます。そのまま、一晩寝かせ、伝統の味は完成します。一口食べるだけで香ばしい風味が口いっぱいに広がり、じんわりと染みこんだタレの味がまた格別な逸品です。”と。
お品書きはなく原材料名の記載です。ご飯(新潟県産米)、焼の漬鮭、おくらと菊なめこの和え物、錦糸卵、鉄火豆、赤かぶの酢漬、舞茸の煮物などです。鮭は、熱々のご飯に焼きたてっていう組み合わせが一番で美味しいしょうが、焼漬は、タレの香りがとても良く、冷めたご飯でも美味しくいただけます。
鮭だけではなく、他の食材も地元を中心に使っているところは関心しました。1080円とあまり安くはありませんが、内容の充実した好みの駅弁です。

新潟駅から1組が後方、長岡駅から1組が前方、3人組のおばさんのグループです。それも纏まって座ることが出来ず離れて、東京駅までとても賑やかな車両でした。酔っぱらいの親父連中ほど強烈な騒音ではありませんが、鳴り止まないのはきついです。13日金曜日の移動を後悔する一日になりそうです。

|

« 居酒家 すいとんや | トップページ | 大島ラーメン 銀座店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66619429

この記事へのトラックバック一覧です: 焼漬鮭ほぐし弁当:

« 居酒家 すいとんや | トップページ | 大島ラーメン 銀座店 »