« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | 手打ちらーめん 勝龍 »

2018.05.17

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か+わかめ

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
午前11時30分過ぎに着きました。30台程度の駐車場は空いています。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。2割~3割程のお客さんの入りです。年配のお客さんが多いです。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。大盛りもあります。お腹も空いているので、いつもの大盛天玉中かにしようと思いましたが、さらにわかめを加えて大盛天玉中か+わかめにしました。
食券を出して作る様子を見ながら、冷水機からセルフサービスの水を用意して待ちます。麺をゆで器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、ねぎ、わかめなどをのせて完成です。当然早く出来上がってきました。
立ち食いそばのおそばそのものです。違いは?麺の色が黄色いところです。
麺は、やや細めの縮れ、ややコシの弱いものですが、大曲や中仙地区で良く食べた“うー麺”に似ています。なんか懐かしいような感じで食べれてます。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。関東風で、それらしい色をしていますが、しょっぱさは結構控え気味です。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性はとっても良いのですが、ラーメンよりもおそばを食べているって感じの方が勝っています。
トッピングは、かき揚げと生玉子、わかめ、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生玉子の甘く優しい味を絡ませ楽しみ、スープを吸っかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味が立つスープというかそばつゆをゴクリゴクリと楽しみます。
たっぷり楽しませていただきました。ラーメンかどうかはラーメンでいいと思います。並盛りが310円、大盛りが430円、わかめが50円です。これだけいろいろやって楽しんでもワンコインでおつり、お手頃な昼食でした。

|

« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | 手打ちらーめん 勝龍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66745972

この記事へのトラックバック一覧です: 塚田そば店:

« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | 手打ちらーめん 勝龍 »