« 麺や かんぱち | トップページ | 元祖支那そば 信吉屋 »

2018.05.07

ラーメン 響

響 函館塩ラーメン

新潟市の「新潟伊勢丹」で催されている『初夏の大北海道展』です。
バスでの移動途中、万代シティでお昼にします。大北海道展は最終日です。
会場は、6階の催事場です。やっぱ平日は混みがなく、スムーズに動けます。午後12時10分過ぎにイートインに着きましたが、列び等はありません。
出展しているお店は、函館市の「ラーメン 響」で、新潟県初上陸的です。
メニューは、函館塩ラーメン、正油ラーメン、みそラーメンの3味のみです。トッピングの追加等はありません。基本的な函館塩ラーメンにしました。
ほぼ満席状態です。カウンター席に1席だけ空きがあり、案内されました。
待ちのお客さんが意外と多くいて、しばらく待って出来上がってきました。
カラフルな模様の器をとても綺麗な色のスープとトッピングが覆ってます。
麺は、細麺の縮れ、硬過ぎることもないのですが、結構元気の良い麺です。
スープは、黄色の透き通ったものですが、油もあって黄金色に光っています。あっさりながらまろやかさ、旨味もあります。塩のえぐみを残しています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ねぎなどシンプルです。
ちょっとずつ癖はあるもののなかなか食べ易く旨みのある塩ラーメンでした。表示価格840円、支払金額839円の伊勢丹らしいお会計は、お高いです。ラーメン響本店は650円。現地まで行った交通費を考えりゃ安いけど…。

|

« 麺や かんぱち | トップページ | 元祖支那そば 信吉屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66699533

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン 響:

« 麺や かんぱち | トップページ | 元祖支那そば 信吉屋 »