« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | 小杉らぁめん 夢番地 »

2018.06.06

越後の豚鶏弁当

越後の豚鶏弁当 パッケージ

越後の豚鶏弁当

いつもの午前中の新幹線移動です。月曜日でも金曜日でもなく週のど真ん中、それほどの混みもないでしょう。いつも通り駅弁を食べながら移動します。
新幹線の移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームになります。在来線から新幹線への改札手前のお店は、駅が変わった後に一度、探してはみましたが確認が取れていません。今までの経験から東口改札脇の駅弁屋が種類・数量ともに揃っています。早速、覗いてみましょう。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類はそこそこありますが、数量は少なめ、食べていない駅弁はありません。ちょっと欲張った駅弁、神尾商事神尾弁当部の越後の豚鶏弁当にしました。
駅弁を購入して改札を入ります。いつもと変わりない光景が広がっています。多くの駅弁が売れたかと思いましたが、いつもの新幹線は影響なさそうです。新幹線は入線済みで、ドアも開いています。修学旅行生も雰囲気はないです。新幹線の自由席は、まだまだ余裕ですが、A席とE席はほぼ埋まっています。ABC席orDE席が連続する空きはありません。C席を確保して食べます。
厚紙のケースに“越の鶏”、“もち豚”、“越後の肉弁”と書かれています。ラベル等は“越後の豚鶏弁当”で統一されていますが、表面には出てません。お品書きはありません。原材料は、白飯(米:国産)、越後もちぶた(新潟県産、角煮・そぼろ煮・肉団子(鶏含む))、越の鶏(新潟県産、そぼろ煮、塩焼き、鶏団子)、錦糸玉子、漬物(大根、山せり)、調味料関連などです。
神尾商事の駅弁は、包装のセンスが良く、開封にストレスを感じさせません。越後の豚鶏弁当は、新潟県産の越後もち豚と越の鶏を存分に味わう駅弁です。豚・鶏とも3種の調理方法、6種類の肉料理を楽しめます。かなり豪華です。肉を食べたい時にはなかなかの駅弁です。好みの駅弁のひとつにはなります。越後もち豚と越の鶏を存分に味わって1100円!まあまあいい線かな。

|

« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | 小杉らぁめん 夢番地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/66805869

この記事へのトラックバック一覧です: 越後の豚鶏弁当:

« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | 小杉らぁめん 夢番地 »