« 百姓のそば屋 ふかぐら亭 | トップページ | 日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店 »

2018.09.08

麺屋 だしだ

だしだ

新潟市の「麺屋 だしだ」です。
東地区の粟山、ドラッグストア駐車場内にある小さめのラーメン屋さんです。「らーめんとぎょうざの店 竜胆」→「ラーメンのろし 粟山店」→「中華そば・焼めし 勝鬨屋 粟山店」だった建物になります。
「竜胆」から暖簾分けした新発田市の「まる七」の姉妹店「のろし」になった時に、世代交代でお孫さんにお店を譲ったように感じました。後に「竜胆」の店主が旧豊栄市に「勝鬨屋」をオープン、昔ながらの味を静かに提供してくれてました。「竜胆」の跡地に「勝鬨屋」が分店をオープン、店の名前は変わりましたが、昔の味が帰ってきました。「竜胆」がメディアシップにオープンしたと思ったら、発祥の地は竜胆の一門とは関わりのなさそうな「麺屋 だした」になりました。
店主は「ラーメン亭 一兆 河渡店」の店長から独立し「麺屋 十八」をオープン、その後閉店しておりましたが、「麺屋 だしだ」で新規にオープンしました。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、中央にカウンター席、右側の手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。竜胆の当時から同じ造りですが、内装が少し新しくなったような気がします。午後2時過ぎに着きました。他に3人のお客さんが待っています。食券販売機があり、先に食券を購入して待ちます。
メニューは、だしだ醤油ちゃーしゅー、だしだ醤油、だしだ醤油メンマ、にぼし醤油ちゃーしゅー、にぼし醤油、にぼし醤油メンマ、だしだ味噌、だしだ味噌ちゃーしゅー、にぼしつけ麺並・大盛(冷)などがあります。トッピングの追加やサイドメニューもいろいれとあります。にぼし醤油ににしました。
混んではいますが待ちのお客さんも少なく、普通に出来上がってきました。

だしだ にぼし醤油

茶系の渋い器に盛られてきました。トッピングが賑やか表面を覆ってます。
麺は、やや細めのゆるい縮れ。普通そうでなかなかバランスの良い麺です。
スープは、にぼしの香りがちょっと強め、魚介の旨味が豊かな醤油味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、海苔、ねぎなどです。軟らかな部分と噛み切れ難い部分のある苦手なチャーシューです。
麺は良かったのですが、スープは今風のちょっと濃過ぎる香り、トッピングは充実していますが、苦手なチャーシュー。690円はちょっとお高いかな。

だしだ だしだ醤油

相方の食べただしだ醤油です。こちらも690円です。

|

« 百姓のそば屋 ふかぐら亭 | トップページ | 日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/67149718

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 だしだ:

« 百姓のそば屋 ふかぐら亭 | トップページ | 日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店 »