« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018.10.31

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

せっぺ 生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
新潟駅前での昼食。久々に好みのラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。他に7人のお客さん。お店が知られたよう以前より賑わっています。
メニューは、Lunch Menuです。夜は別なんでしょう。柚子香る 鶏清湯 潮ラーメン、生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン、麹香る 合わせ 味噌ラーメンです。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがあります。ミニ丼ぶりは、鶏天丼、鶏そぼろ丼、キーマカレー、高菜炒め丼があります。ラーメン類はいずれも750円とお高いですが、ミニ丼ぶり類はいずれも150円とお手頃です。貼紙でチキングリーンカレーラーメン、焼きチーズ味噌ラーメンが追加されてます。食べていないので食べたい気持ちはありますが、繰り返し食べたくなる生姜香る 四段重ね 醤油ラーメンにしました。
メニューに“4種の醤油を重ね合わせ、醤油のかどをとるようにゆっくり炊きました。生姜の香り、醤油の心地よい酸味・風味を感じてください。”とあります。かどがとれた醤油の心地よい酸味と風味を楽しまさせてもらいます。
お客さんが多くなり、今までようではなく、普通に出来上がってきました。
久々のメタル丼。醤油と生姜のいい香りのするスープに期待が高まります。
麺は、極細の縮れで口の中の当たりが気持ち良く、モチモチ感が強めです。
スープは、醤油味がしっかりなのにたまり醤油にも似て角がありません。生姜が適度に効いてます。強い生姜味も面白いですが、これぐらいが良いです。
トッピングは、鶏チャーシュー、穂先メンマ、味玉半個、鳴門、チンゲン菜を細くしたような青物、もやし、ねぎなど追加なしでも結構充実しています。
好みの麺とちょっとおとなしいスープ、充実のトッピング。もう少し醤油味がはっきりした方が好みのような気がします。今では750円も納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.30

あさひ山 蛍庵

あさひ山蛍庵 せいろそば盛り合わせ(2人前)

長岡市(旧越地町)の「あさひ山 蛍庵」です。
越地の市街地から小国方面へ、途中、小千谷方面に向かった先にあります。
以前から知り合いに薦められていたお店です。ようやくお邪魔できました。
お店は、朝日酒造の工場見学者用の売店・食堂の綺麗な建物になっています。建物に入ってロビー的スペースがあり、左側に売店、右側に食堂があります。
右側の食堂に入ると広々したスペースがあり、右側にテーブル席、左側に掘りこたつ風の足を入れられる卓の小上がりがあります。完全に仕切られて見えませんが、奥に厨房があります。団体でも使えるようにでしょうか?テーブル間
があまり仕切られた感じのない、和風レストランの雰囲気です。正午過ぎに着きました。7割~8割の席が埋まる程のお客さんの入り、人気があります。
メニューは、
【あさひ山の蕎麦】
  せいろそば 盛り合わせ(1人前~5人前)     700円~3500円
  一夜干しいか 天麩羅盛り合わせ              650円
  天麩羅せいろそば〈大海老一本付〉            1380円
  天麩羅 盛り合わせ                   1000円
  野菜天麩羅 盛り合わせ                  750円
  特上・天麩羅せいろそば〈大海老一本・穴子・いか・野菜〉 1800円
  かき揚げせいろそば                   1250円
  野菜天麩羅せいろそば                  1200円
  とろろせいろそば                     950円
  辛み大根せいろそば                    850円
  彩り野菜せいろそば〈胡麻だれ付〉             930円
  油揚げせいろそば 一枚/ハーフ          1150円/950円
  ぶっかけそば〈小海老天麩羅付〉             1100円
【御膳・丼】
  しらす海鮮丼そば御膳                  1250円
  天丼そば御膳                       980円
  越の鶏親子丼そば御膳                   980円
  大海老天丼〈大海老二本付〉               1200円
  越の鶏親子丼                       900円
  天ぷら御膳〈中海老三本付〉               1200円
  お子様御膳                        800円
【温蕎麦】
  鴨せいろそば                      1380円
  鴨南蛮そば                       1380円
  天麩羅そば〈大海老一本付〉               1380円
  野菜天麩羅そば                     1200円
  かき揚げ天麩羅そば                   1250円
  油揚げそば 一枚/ハーフ             1150円/950円
  あおさそば                        800円
  かけそば                         700円
【季節のおすすめ】
  イチジクの蜜煮- さっぱりジュレがけ-           350円
  里芋の揚げ出し                      550円
  木の子の天麩羅                      480円
  おもいのほかとずいきの酢漬け               380円
  自家製 鴨ロース                     550円
  酒粕かまぼこ                       450円
【おすすめ】
  郷土料理六種盛り合わせ                 1200円
  栃尾常太の油揚げ焼き                   450円
  のっぺ                          580円
  佐渡のえごねり                      470円
  にしん在郷煮                       750円
  玉子焼きの揚げ出し                    500円
  しらすと自家製豆腐サラダ                 680円
  お新香盛り合せ                      630円
【甘味】
  酒粕ソフトクリーム                    380円
  酒粕あいすくりーむ お米入り/黒蜜大納言入り      各450円
  笹かすたーど                     二ヶ300円
  〈雪室コーヒー〉アイス/ホット              300円
  酒粕バームクーヘン&コーヒー               680円
  酒粕チーズケーキ&コーヒー                680円
があります。
蔵元だけあって日本酒もたくさんあります。そばと日本酒もいきたいですね。今日は、おそばをたっぷり、せいろそば盛り合わせ(2人前)にしました。
お客さんが多いのもあり、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。
大きな塗りせいろにたっぷりのおそばです。手振りの綺麗な盛り付けです。
おそばは、へぎそばより少し太め、コシの強さも程よくスルスル進みます。
つゆは、ほぼほぼ普通のつゆですが、ちょっぴり生醤油っぼさがあります。
好みのおそばをお腹いっぱい楽しみました。2人前で1400円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.29

めん処 くら田

くら田 チャーシューメン(大盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
古町エリアです。本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路にあります。
新潟あっさりラーメンのくら田ですがご無沙汰…、久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、手前左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着く小さな下町のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。
メニューは、
  ラーメン        600円
  チャーシューメン    850円
  ワンタンスープ     600円
  ワンタンメン      850円
  スペシャル      1000円
  塩ラーメン       600円
  塩チャーシューメン   850円
  塩ワンタンスープ    600円
  塩ワンタンメン     850円
  塩スペシャル     1000円
  カレーラーメン     700円
  カレーチャーシューメン 900円
  冷し中華(夏季)    850円
  ゆで卵          50円
  中盛(1.25玉)     無料
  大盛(1.5玉)      無料
  ビフォー(1.75玉) 100円増し
  ダブル(2玉)     100円増し
別の貼紙になりますが、麺の量の記載もあります。並(160g)、中盛(200g)、大盛(240g)、ビフォー(280g)、ダブル(320g)から選べます。変わっていません。細麺の他に平麺もありましたが、休止になっていました。復活しているのではと期待しましたが、ありません。チャーシューメン(大盛)にしました。
親父さんが作っておばさん2人で配膳と会計をやっています。相変わらずの手際の良さですが、待ちのお客が多く、ちょい待って出来上がってきました。
注文したものが運ばれて来た時に会計をする代金引換が継続されています。
内側の白い器にあっさりそうなスープ、ほのかな煮干し香にホッとします。
麺は、細い縮れです。ツルツルした食感と噛み応えの良い、楽しい麺です。
スープは、透き通った淡い醤油色で、醤油の薄味であっさりしています。控えめな旨味と煮干しの優しい香り、新潟あっさりラーメンらしいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどです。小さめですがたっぷり盛り付けられたチャーシューは、醤油の味と香りが良く、弾力と歯応えを楽しめるものです。今日は、少し脂身の量が多いように感じます。
魚介が香るあっさりしたスープと歯応えの良い麺、香りのチャーシューなどが850円で楽しめます。いい線かなと思いますが、以前にチャーシューメンを食べた時は700円でした。本当、久々のチャーシューメンを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.28

長崎中華街 蘇州林

蘇州林 くりぃーむちゃんぼん

新潟市の新潟伊勢丹で開催された『全国うまいもの博』に行ってきました。
日本テレビのズームイン!!サタデーが全国の美味しいもの集めたようです。
長崎県長崎市から出店の「長崎中華街 蘇州林」のちゃんぽんが目的です。
会場は6階の催事場です。テレビと連動しているためか?物凄い賑わいです。
午後2時過ぎに着きましたが、列びもなく、すぐに食券購入のレジ前です。
メニューは、くりいーむちゃんぽん、ちゃんぽん、皿うどんの3品だけです。相方がちゃんぽんにしたので、別味のくりぃーむちゃんぽんにしました。
中央のテーブル席に案内されました。セルフサービスの水を用意し待ちます。列びはなかったものの賑わっていて、普通の待ちで出来上がってきました。
濃淡の青が鮮やかな器にたっぷり具沢山で、白っぽいスープが印象的です。
麺は、ストレートのやや太めで、チャンポンらしいモチッとした食感です。
スープは、その色の通りクリーミーで塩分控えめな新しい味のスープですが、チャンポン独特の具材から出た旨味が感じられなくなりちょっと残念です。
トッピングは、海老、イカ、きくらげ、椎茸、キャベツ、人参、玉ねぎなど、さつま揚げっぽいものはなくて、ちくわを輪切りにしたような練り物です。
チャンポンとしてどうかな?って点もありますが、美味しくいただきました。昼食の1080円です。日テレ+伊勢丹は、なかなか手強い値段でした。

蘇州林 ちゃんぼん

相方の食べたちゃんぼんです。972円です。
スープを少し飲みましたが、こちらの方が好みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

広東ヌードル アピタ新潟西店

広東ヌードルアピタ新潟西店 P県麻辣麻婆麺

新潟市の「広東ヌードル アピタ新潟西店」です。
西地区、黒崎インターから小針方面の途中、アピタ新潟西の中にあります。
南魚沼市(旧六日町)にある「麺処 清水」は、何度か食べていますが、その後にできた三条店、長岡川崎店、新潟駅前店ではまだ食べていません。特に新潟駅前店は、夜だけの営業ということで足が遠退いてしまっています。そんな状況の中、新たにオープンした「麺処清水 そると」で食べようかとお邪魔しましたが、わずかカウンター席が10席のお店なのに20人以上の列びが出来ています。さすがに2回りの待ちは…。向かいの広東ヌードルにしました。
お店は、アジアンチックな雰囲気で、右側に厨房、左側の広いスペースに整然とテーブルが並んでいます。午後1時50分過ぎですが、賑わっています。
メニューは、P県麻辣 麻婆麺、酸辣湯麺、トムヤムクン麺、パクチー・トムヤムクン麺、広東麺、五目やきそば、あげそば、らーめん、ハーフらーめん、又焼麺、中華丼、ハーフ中華丼、ハーフチャーハンあがり、赤盆セット(ハーフらーめん・ハーフチャーハン・小鉢)、黒盆セット(ハーフらーめん、ハーフ中華丼、小鉢)のセットなどもあります。P県麻辣 麻婆麺にしました。
すぐかな?とか思っていましたが、そこそこ待って出来上がってきました。
黒く渋い器に盛られてきました。いい感じに豆腐がゴロゴロ入っています。
麺は、やや細の縮れ。中華系らしい麺で麻婆ととても良く馴染んでいます。
スープは、醤油で痺れの強いもの。麻婆と思いましたがスープっぽいです。
トッピングは、挽肉、きくらげ、ニラ入りの中華らしい麻婆豆腐のみです。
とにかく花椒の痺れが印象的な麻婆麺でした。864円、いい線でしょう。
ところが、期間限定で756円での提供でした。ありがたいことです。

広東ヌードルアピタ新潟西店 五目やきそば

相方の食べた五目やきそばです。907円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.26

めおと食堂

めおと食堂 めおとセット(麻婆麺とのセット)

新潟市(旧豊栄市)の「めおと食堂」です。看板は「中華飯店 めおと」。
新新バイパス競馬場ICから豊栄市街へ。踏切の少し先、右側にあります。
北区での昼食、久々に昔ながらの食堂で食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、入ってすぐの右側に厨房があり、その奥に小上がり、左側から中央にテーブル席があります。外観も古そうですが、店内もなかなか古く、歴史ある雰囲気です。正午過ぎに着きました。そこそこ席数は、ポツリポツリとお客さんがいる程度です。しかし、後から続続とお客さんがやってきて満席に…。
メニューは、両面になっています。表麺は、麺、飯、定食、単品があります。麺はさらに醤油味、味噌味、塩味、白ゴマ風味、カレー味、焼そば、夏季に分類されています。醤油味は、普通のラーメン、メオトラーメン(ザー菜入)、広東麺、チャーシューメン、ロースメンがあります。味噌味は、味噌ラーメン、味噌麻婆麺、辛味噌ラーメン、激辛味噌ラーメン、味噌チャーシューメンがあります。塩味は、モヤシラーメン、タンメン、海老ラーメンがあります。白ゴマ風味は、坦々麺があります。カレー味は、カレーラーメンがあります。焼きそばは、焼そば、焼そばカレーかけ、焼そばパンチ(焼そばカレーかけ+ライス)、夏季は、冷し中華があります。飯は、炒飯、あんかけ、丼物、カレーに分類されています。裏面は、めおとセット、激辛メニュー、巨大メニュー、ちょいメン、半メニュー、つけ麺、トッピング、飲み物があります。めおとセットは、麺、スープ、具の量が3/4人前のラーメン類と半チャーハンのセットです。ラーメン類は、味噌ラーメン、麻婆麺、味噌麻婆麺、坦々麺、メオトラーメン、ワンタン麺(6コ入)から選べます。激辛メニューは、青鬼麻婆麺、赤鬼麻婆麺、閻魔大王があります。巨大メニューは、ジャンボラーメンとジャンボ味噌ラーメンの2味。ジャンボラーメンが(麺2・3・5玉)、ジャンボ味噌ラーメンが(麺2・3玉)の麺の量があります。麺5玉は、30分以内にスープまで完食すると無料です。ちょいメンは、めおとセットの3/4人前のラーメン類が、単品でも食べれるようです。半メニューは、半ラーメン、半チャーハン、半麻婆麺、半カレーライス、半味噌麻婆麺があります。つけ麺は、つけ味噌ラーメン、ピリ辛つけ胡麻ラーメンがあります。月・日替わりもありますが、めおとセット(麻婆麺のセット)にしました。
調理時間のかかる組み合わせですが、普通の待ちで出来上がってきました。
濃い青の模様が縁に描かれた白い器の表面を濃い麻婆の色が覆っています。
麺は、やや細の縮れ。ツルツルして、後からモチモチした歯応えがきます。
スープは、麻婆と混じり判り難いが、醤油味のあっさり癖のないものです。
トッピングは、麻婆豆腐のみ、挽肉と豆腐の麻婆で、醤油味の辛いあんです。豆板醤のような味や花椒の痺れなど中華の感じが全然しない仕上がりです。
3/4人前の量とのことですが、普通の1人前の量ののように感じました。
半チャーハンが美味しかった。というか全く好みの味付け、具の食感です。
麻婆麺と半チャーハンのセットでの870円はかなりお得なお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.25

創作中華料理 香町

香町

新潟市の「創作中華料理 香町」です。“ほんちょう”と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
少し気になっていたお店ですが、創作中華料理の看板となんか騒がしい居酒屋かなってお店の雰囲気から遠慮していました。くら田で食べようとお邪魔しましたが定休日です。他のお店への移動も面倒で思いきってお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、常連さんの庶民的な居酒屋の雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きましたが、満席に近い混みです。右側に階段があり、靴を脱ぎ、2階に案内されました。2階には広いスペースがあり、卓が5卓もあります。1組先客が居ます。女性専用中華料理店のようです。

香町 メニュー


メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチは牛バラ肉と白菜のしゃぶしゃぶ仕立て中華黒酢ソース、魚ランチは松笠切りいかとカリフラワーの中華カレー炒め、肉・魚両方のせのWランチがあらます。麺ランチは、広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺の3種類があります。麺から広東麺にしました。
どこまで仕込んでいるのか、まあまあ普通の待ちで出来上がってきました。

香町 広東麺

真っ黒な渋い器に醤油色濃いめのあんかけが…、好みの味付けのようです。
麺は、やや細の弱い縮れです。中華麺らしくあんを上手く絡めてくれます。
スープは、あんと混じって判り難いですが、醤油味で生姜が効いています。
トッピングは、海老、いか、鶏肉、きくらけ、白菜、チンゲン菜、筍、パプリカなどの醤油味のあんかけで、見た色に反してしょっぱさも良い加減です。
醤油味が好みの広東麺でした。800円と今ではお手頃かも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.24

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
白寿のうま煮を食べたい同僚との昼食、考えることもなくお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎ、こんな日もあるんです。他にお客さんが1人、時間帯が違うかのようです。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。親父さんだけ!のときもあります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は、中華鍋に7割程のうま煮が残っていて、何も動きのない状態です。
お客さんは少ないけどいつもと変わらない光景です。なんか落ち着きます。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ、温めながらほぐしています。その麺を鍋に入れ、茹での合間に器を用意、タレを入れ、スープを張ります。ほんの短い時間ですが、そのスープの準備が整う頃には麺も茹で上がります。麺を湯切りし、器に入れ整え、中華鍋のうま煮をかければ出来上がります。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。出来上がって程ほどの時間が経っていて、程ほどに馴染んだうま煮でした。
出来上がってそれぽど経っていないでしょうが、妙に馴染んだうま煮でした。細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。本当にありがたいお手頃感です。キャベツから白菜に戻る日を楽しみしています。
最初から居たお客さんが食べ終わり帰り、貸し切り状態がしばらく続きます。食べ終わって帰るときに後のお客さんとすれ違いました。こんな日も…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.23

居酒家 すいとんや

すいとんや 塩らーめん+ミニチャーシュー丼ランチ

新潟市の「居酒家 すいとんや」です。
古町エリアの坂内小路沿いにあります。西堀通と古町通との間の西堀通寄り、イタリア軒近く「ラーメン・餃子 天龍」の西堀通寄りの並びになります。
同僚との昼食です。落ち着いた雰囲気のお店で食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前に椅子に座るカウンター席の小さな居酒屋です。本当に居酒屋の雰囲気そのもので、靴を脱いで上がるのもまた居酒屋風です。午後12時15分過ぎに着きました。カウンター席が飛び飛びにしか空いていないため、2階に案内されました。いかにも居酒屋の2階って感じのする広間です。小宴会やグループの飲みなど合いそうな広間で、卓が並んでいます。
メニューは、正油らーめん、塩らーめん、野菜らーめん、チャーシューめん、冷し中華(5月~9月)があります。また、正油らーめん・塩らーめん・野菜らーめんのいずれかにミニチャーシュー丼・ミニカレーライス・ごはんと生卵のいずれかをセット、小鉢付のランチもあります。他にも600円の定食、とん汁定食、野菜炒め定食、豚しょうが焼定食、ライスカレーなどがあります。ひと通り食べたので塩らーめんミニチャーシュー丼ランチにしました。
同僚はこちらの注文を聞いて、違うものを注文しました。すぐに作り始めもらえていますが、いっしょに作れないようで同僚の注文したものが先に出来上がり、それからちょっとしてから出来上がってきました。なんかあまり気分の良くない順番ですが、食べるのが早いんで、まあまあ良しことにしましょう。
青いラインの白い器に、ほうれん草の緑、鳴門の濃いピンクが印象的です。
麺は、やや細の縮れ。適度なモチモチ感や旨味のある食べ易い好みの麺です
スープは、塩らしい褐色、あっさりだけど癖のない旨味の優しいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
居酒屋でのお昼は、あっさりしながらも自然な感じで優しいラーメンでした。和を感じさせる仕上がりで600円、今ではお手頃にさえ思える一杯です。
ミニチャーシュー丼のランチは、ミニチャーシュー丼の他に、目玉焼き(キャベツ添え)、さつまいもの甘煮かな?、お新香、最後にみかん半個も出てきました。チャーシュー丼もいい量です。これで200円増しはお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.22

鮨 花いち

花いち

新潟市の「鮨 花いち」です。
新潟駅前、北越銀行の裏側、バスターミナル前から入る道沿いにあります。
ネットでお手頃に海鮮を食べれるお店を探して、さっそくお邪魔しました。
お店は、ビルの1階のお寿司屋さんです。左側に厨房があり、中央と手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席が1卓あります。右側に個室もありそうです。お寿司屋さんらしい雰囲気で、カウンターなどは御影石のようです。午後12時40分頃に着きました。他にお客さん2組と静かです。
メニューは、ランチだと思いますが、小さめのプレートで紹介されています。にぎりは、椿、桜、ぼたん、あじさい、特選おまかせにぎりなどがあります。ちらしは、海鮮ちらし、上ちらし、鉄火丼などがあります。裏面にも巻物なでがあります。にぎりも美味しそうですが、予定した海鮮ちらしにしました。
寿司職人の包丁さばきを見ていたら、普通の待ちで出来上がってきました。

花いち 海鮮ちらし

ちらし寿司、味噌汁、小鉢の3店で、お新香はちらし寿司にのっています。

花いち 海鮮ちらし アップ


瀬戸物の雰囲気のある器に盛られてきました。玉子2切れが美味しそうです。普通のお寿司屋さんのねたってこともあってなかなかの食べ易い切り身です。さくらでんぶもあります。何年前に食べて以来でしょうか?懐かしい味です。酢飯もいい感じでちょうど良いボリューム感です。小鉢はもずく酢でした。
居酒屋の豪快な感じも好きですが、寿司屋の上品な感じもなかなか好きです。この品質で、静かな店内で800円+税。結構お手頃な海鮮ちらしでした。
相方も海鮮ちらしをいただちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

十割そば処 そば五郎

そば五郎 もりそば(大盛)

秋田県仙北市(旧田沢湖町)の「十割そば処 そば五郎」です。
お店の看板には「田沢湖地そば そば五郎」とも書かれたものもあります。
JR田沢湖線田沢湖駅前の「田沢湖市(いち)」という観光施設にあります。お土産の販売店、地酒の販売店、お蕎麦屋などの飲食店からなる施設です。
以前に一度食べましたが好みのおそばで、また食べようとお邪魔しました。
駅前にも関わらずしっかり広めの駐車場ですが、満車に近い混み具合です。
午後1時頃と田舎では遅めですが、お客さんが田舎の人ではなさそうです。
お店は、施設内のお蕎麦屋さんで、暖簾の下がった入口からお店に入ります。右奥に厨房、テーブル席が中心で、一部に壁向きのカウンター席もあります。建物の外観からの想像を裏切らない古民家風の落ち着いた雰囲気のお店です。お昼だけなのか?お店の休憩スペースっぽい場所のテーブルも使っています。お店に入ってすぐの正面に記入用紙があります。名前と人数を書き入れます。前に10組のお客さんの待ちがあり、お店の商品を見ながら時間を潰します。30分程待ったでしょうか?休憩スペースっぼいテーブルに案内されました
メニューは、つめたい蕎麦がもりそば・ざるそば・天ざる、温かいそばが温つけそば・地鶏せいろ・天つけそば、単品がそば茶ぷりん・天ぷら単品・そばみそ、飲料等があります。お腹も空きました。もりそば(大盛)にしました。
混んでるため暫くかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。
四角いそばせいろに盛り付けられてきました。結構山盛りになっています。
おそばは、そば粉が100%のそばとは思えないほどしっかりしたものです。やや細めがちょうど食べ易い太さです。滑らか、適度なコシは楽しくです。
つゆは、一般的なもの。節の香りが良く、喉を気持ち良く通してくれます。
最後に蕎麦湯を楽しみました。香りがより豊かに楽しむことができました。
そば粉100%のおそばでは、なかなか好みの食感のものに出会えませんが、
食感のいいおそばでした。普通盛りでもいいほどのボリュームもありました。 もりそば600円、ざるそば700円、大盛り200円、天ざる1100円、観光地価格っぽさもありますが田舎値段。結構、お手頃にいただけました。
相方は、もりそばの普通盛りをいただきました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.20

海鮮どんや とびしま

とびしま 板さんおすすめ膳

山形県酒田市の「海鮮どんや とびしま」です。
酒田港の観光市場、酒田市みなと市場にある人気のお店、2階にあります。
酒田でのお昼ですが、時間もなくラーメンや和食など調べられませんでした。まあまあ早めお昼も、ラーメン店は探しきれなさそうなので、海鮮にします。お手頃でまだ食べていない海鮮メニューの多いとびしまにお邪魔しました。
とびしまには数量限定メニューも多く、好きなメニューを選ぶには早めです。午前11時30分過ぎに着きましたが、駐車場がほぼ満車のような混みです。車を駐車し建物へ、外にまでの列びはありません。階段の中間が最後尾です。記入する用紙ものもなく、列に列びます。全然進むような気配がありません。しばらくは階段の中間にいましたが、やがて一気に進み、店内に入れました。店内の様子を見ながらスタッフが誘導していました。入場制限のようです。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前が広い座敷になってます。広い座敷も奥にフローリングの席があり、手前に堀ごたつの席とがあります。左の港側も右の駐車場側も広い窓があるため、明るく解放感のある店内です。フローリング席が予約席になり、料理がすでに並んでいます。バス1台分?
メニューは、レジの後ろ、正面の壁に大きな写真入りで貼り出され、レジの周辺にも掲示されています。基本的なものが1000円~1200円とかなりお手頃感があります。人気のお膳は、とびしま膳(数量限定)、舟盛膳(数量限定)、浜御膳(数量限定)、板さんおすすめ膳(数量限定)、板前舟(数量限定)、ダンディセット、エブリバディセットなどがありますが、浜御膳は仕入れなし、舟盛膳と板前舟は売り切れになっています。定食は、刺身定食、焼魚定食の2品があります。どんぶり物は、王様の海鮮丼、海鮮丼、鮭親子丼、カニ丼、いくら丼、うに・いくら丼、カニ・ウニ丼、カニ・いくら丼、づけ丼、ヘルシー丼がなどあります。ウニ、カニ、いくらなどは高級素材のようで、お膳よりも結構お高いです。食べていない数量限定のお膳ですが、まだたくさんの種類があります。食べたいと思っていた板さんおすすめ膳にしました。
レジで支払いをし、番号の書いた紙をもらい、テーブル席に座り待ちます。
少しの待ちで番号が呼ばれました。受取カウンターでお膳を受け取ります。
お膳は、大きなお盆にのってきました。樽のような塗りの器に海鮮が盛られ、小鉢2鉢、ご飯、味噌汁、お新香と意外とシンプルですが、海鮮が充実しています。種類も多く、2人前ぐらいのボリュームです。さざえの壷焼き風なものもあります。たっぷりのお刺身をいただいて1200円+税、お手頃です。

とびしま とびしま膳

相方の食べた“とびしま膳”です。1000円+税です。
時間的には、お店に着いてから食べ終わるまで50分ぐらいかかりました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.19

御食事処 食堂 やおとく

やおとく かつ丼

やおとく かつ丼 アップ

妙高市(旧妙高高原町)の「御食事処 食堂 やおとく」です。
えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 妙高高原駅の駅前にあります。
妙高高原地区での昼食です。前回はら~めんを食べましたが、他のお客さんの定食が美味しそうに見えました。ご飯ものを食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、奥に小上がり、手前の結構広いスペースにテーブル席があります。観光地っぽさも少しはありますが、庶民的な雰囲気のお店です。午後1時20分過ぎに着きました。午後休憩直前で他にお客さんはいません。
メニューは、定食が多いです。1枚もののメニューには18種類もあります。600円~900円の価格帯で750円のものが多めになっています。壁にもいろいろ貼ってあり、1枚もののメニューに含まれるか未確認です。丼物も5種類、カレー類も3種類あります。麺類は、ら~めん、もやし・ら~めん、ねぎ・ら~めん、ニンニク・ばたーら~めん、とんこつ・ら~めん、みそ・ら~めん、ごもく・ら~めん、ちゃ~しゅうめん、みるく・たんめん、たんたんめん、海鮮・塩ら~めんなどがあります。みるく・たんたんめんも…興味はありますが、今回は予定通りお米をいただきます。定食にしようと思っていましたが、丼物も美味しそうです。親子丼、ソース・かつ丼、みそ・かつ丼、しょうゆ・かつ丼、かつ丼があります。かつ丼もいろいろあります。よく見ると定食も鶏ささみチーズかつ定食、めんちかつ定食、煮かつ定食、タレなし・かつ定食、ソース・とんかつ定食、みそとんかつ定食、しょうゆとんかつ定食、かつカレーなどかつに関連するものがたくさんあります。かつ丼にしました。
定食ほどのメチャ早ではありませんが、とても早く出来上がってきました。
かつ丼、味噌汁、お新香、お茶まで一緒にお盆にのって運ばれてきました。
黒い塗り器に盛られてます。美しいものとも違いますが、美味しそうです。
かつは、普通よりもちょっと薄めでしょうか?食べ易く程良い軟らかさです。醤油での味付けもしっかりして、ご飯と食べるとちょうどのしょっぱさです。玉子はしっかりと固められています。かつ丼らしい玉子綴じ、いい感じです。かつの下には適度に火の通った玉ねぎが、ご飯の上には刻み海苔があります。見ためはそれほど良くはありませんが、食べると全く好みのかつ丼でした。
半分田舎のお手頃食堂、半分観光地の食堂、かつ丼800円も中間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.18

妙高高原パーキングエリア(上り線)

妙高高原パーキングエリア(上り線) ごろチキ塩ラーメンラーメン


妙高市(旧妙高高原町)の「妙高高原パーキングエリア(上り線)」です。
上信越自動車道を新潟から長野方面へ、新潟最終のパーキングエリアです。
高速道路を移動中のお昼です。経由地、目的地の周辺にはお昼を食べられるようなお店が少なく、もしも定休日だったりしたら、お昼抜きになってしまいます。など心配もあり、より確実なパーキングエリアで食べることにします。
このパーキングエリアも軽食コーナーらしい店内で、手前外向きカウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入口近くに食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。パーキングエリアの軽食コーナーらしいものが揃っています。そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。このパーキングエリアならでは!ってものは、妻有ポークを使ったものでしょうか。妻有ポークって妙高市じゃなく十日町市でしょう。麺類も面白そうでごろチキ塩ラーメンラーメンにしました。
待ちのお客さんもなく、軽食コーナーらしく早めに出来上がってきました。
ちょっとカラフルな模様の器に盛られています。あまり綺麗じゃないです。
麺は、やや細め縮れ。ちょっと硬めのゆで加減でまあまあ食感も良いです。
スープは、えぐみのない塩味のあっさりも、旨味がもうひとつ欲しいです。
トッピングは、大きな焼鳥(塩味)、ほうれん草、岩海苔、ねぎなどです。
上り線もお高い軽食コーナーです。天玉そば720円、かけそばが460円、ボリュームはそこそこありましたがごろチキ塩ラーメンラーメンは800円。高速道路のお昼はお高いです。ハイウェイオアシスで食べればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.17

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
三吉屋も古町、信濃町と食べたら、やっぱり老舗の旨さは本物と感じました。ふと…、信吉屋のワンタンメンを久しく食べていないことを思い出しました。久々にワンタンメンを食べようとちょっとフライングしてお邪魔しました。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター8席分だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気です。正午ちょっと過ぎに着きましたが、中央近くに1席だけ空きの賑わいです。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。麺量は、普通、中盛、大盛があります。信吉屋はこれ!いつも同じワンタンメン(中盛)にしました。実際、おばさんに『ワンタンメンの中ね?』と聞かれ『はい!』で完了です。
タイミングが良かったのでしょう。そこそこ早めに出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く、ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
■トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、青菜、鳴門、ねぎなどになります。ねぎは輪切りのもので、スープと絡まり香りと味わいを楽めます。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期はほうれん草です。ねぎは輪切りです。スープと絡まり香りと味わいを楽しめます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。800円、お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.16

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 ラーメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近く、ビルの階段を数段下りた半地下にあります。
やっぱり三吉屋の中華そばは美味しいってことで信濃町にお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動しているときは、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店で食べる機会が多くなってます。帰りにスーパーで“缶コーヒーなんかの買い物でもして駐車代の代わりと勝手に勘弁してもらっています。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左側手前に1卓テーブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。午後11時40分過ぎに着きました。早い時間でもほぼ満席に近い混み、カウンター席の奥寄りがちょうど1席だけが空いてました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンがあります。炒飯や餃子
もあります。組み合わせも楽しそうですがラーメン(大盛)にしました。
女性スタッフもいますが、親父さん1人で作っています。前のお客さんの麺が出来て、次にチャーハンを炒めて、その次、普通に出来上がってきました。
二本の青い線の入った白い器に昔ながらの中華そばスープが優しい色です。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のよう。シコシコの歯応えが楽しく、麺と絡まったスープとのバランスが最高です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを感じさせてくれます。今まであまり感じませんでしたが、古町のお店よりも醤油が強く感じました。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなど昔ながらの懐かしい味です。
新潟あっさり系を代表する味に感心させられます。美味しくいただきました。ラーメン・チャーシューメンは550円・650円、大盛りも50円UPとお手頃です。とってもお手頃。ラーメン一杯で幸せな気分にさせてくれます。
後から来たお客さんが少し待ちになりました。その後は食べ終わって帰るお客さんが多く、正午頃にはさっきまでの賑わいは何だったんだろう状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.15

鈴木鮮魚店

鈴木鮮魚店 海鮮丼(味噌汁付き)

新潟市の「鈴木鮮魚店」です。
本町6番町の西寄り、市場風な青海ショッピングセンターの中にあります。
海鮮を食べていないような気がしたら、急に食べなくなりお邪魔しました。
お店は、市場の奥の鮮魚店です。何か食べられるような雰囲気はありません。長机3脚と丸椅子、市場の休憩スペースのように見えますが食堂のようです。午後12時10分過ぎ、他にはサラリーマン風の1組のお客さんだけです。
長机の各テーブル上に1枚ものの、文字だけの簡単なメニューがあります。
メニューはシンプル、〈上〉海鮮丼(味噌汁付き)、海鮮丼(味噌汁付き)、刺身定食(味噌汁付き)、焼魚定食(味噌汁付き)、刺身盛り合わせなどがあります。その他に一品料理、鮮魚店らしく岩がきなどその場で食べれるものもあります。美味しそうなものばかり、海鮮丼(味噌汁付き)にしました。
お店のスタッフに注文を伝えて席で待ちます。後にお茶が運ばれてきます。
鮮魚売場の奥の厨房のようです。以前に食べた土曜日よりもスタッフが多く、その時より早めに出来上がってきました。食べるなら平日が良さそうです。
海鮮丼、あら汁、小鉢、お新香のセット、醤油皿も一緒に盆にのってます。
海鮮丼は、控えめ酢飯で、その上には海鮮がとても綺麗に並べられています。鮮魚店だからでしょう?魚の温度もあって、新鮮に、美味しく感じられます。切り身は、そんなに大きくはないです。豪快さはありませんが食べ易いです。食べてみると女性向けかなと思うご飯の量と上品な仕上がりの海鮮丼です。
あら汁は、大きな椀に見た目よりも薄味のものです。ブリの頭のようです。
小鉢は、肉団子とかきのもとのお浸しです。かきのもとは今年の初物です。
お新香は、茄子漬です。お手本のような漬かり具合でとても美味しいです。
鮮魚店の品の良い海鮮丼でした。あら汁と小鉢が付いての1080円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.14

柳麺 竜胆

竜胆

新潟市の「柳麺 竜胆」です。
万代エリア、日報メディアシップの2階に少し前に復活オープンしました。
バスでの交通の便は凄く良いのですが、駐車場の関係で足が遠退いています。それでも…、そろそろ食べようかと駐車場代も覚悟をしてお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。ビルの新しさもあって?ラーメン店というよりもダイニングとでも言った方が良さそうな雰囲気です。午後2時過ぎに着きました。お客さんがパラパラといます。
メニューは、クリアファイルのブックタイプ。数ページになります。味毎に大きな写真入りのページになっています。ご挨拶と麺・スープ・食材へのこだわりが紹介されています。醤油・塩・中華・つけ・担々つけ・担々麺・味噌・ご飯もの・一品・飲み物&デザート・系列店の紹介と続きます。醤油ラーメン・塩ラーメン・中華そば・つけめん・担々つけ・担々麺・味噌ラーメンが基本となり、特製・チャーシュー・味玉・メンマなどトッピングを加えたものが用意されています。各ページにのせもの(トッピング)とサイドメニューも掲載されています。以前は「らーめんとぎょうざの店 竜胆」で、餃子は健在です。ご飯ものは、チャーハンとミニ丼といったところでしょうか。半麺・半丼らしき日替わりランチもあります。今日は、ハーフ中華そば、ハーフ牛丼、気まぐれ小鉢、ミニデザートの組み合わせで880円です。ちょっとお手頃感と満腹感が想像できないのが残念です。無難なあたりから中華そばにしました。
竜胆 中華そば

お客さんが少ないのもあるでしょうが、結構早めに出来上がってきました。
青の模様が鮮やかな器に中華そばらしい雰囲気で盛り付けられています。
麺は、細麺の縮れで、新潟の中華そばらしい噛み応えの楽しくなる麺です。
スープは、醤油の旨味と塩の引き締まったあっさり。今風で油が多めです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、鳴門、海苔、ねぎなどです。チャーシューやメンマなど食材のこだわりが理解できます。
昔ながらの中華そばに近い充実の中華そばでした。油の多いのが少し気になりました。普通の中華そばで780円とかなりお高めなのはメディアシップの家賃が高いからかと思いましたが、思ったよりも内容が充実していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.13

ゆであげ生パスタ ポポロマーマ 新潟出来島店

ポポロマーマ 新潟出来島店

新潟市の「ゆであげ生パスタ ポポロマーマ 新潟出来島店」です。
笹出線沿いの県庁近くにあります。きんしゃい亭県庁前店と同じ敷地です。
天ぷらが食べたくなり、土曜日に天ぷら半額のこびきやにお邪魔するつもりでしたが、お店の前に着いて、たまにはパスタもいいかなとお邪魔しました。
お店は、いかにもイタリアンが似合いそうなファミリーレストランといった雰囲気です。午後2時過ぎに着きました。2割~3割のお客さんの入りです。
メニューは、写真入りでページ数の多いもの。パスタだけでも選び切れない状態なのにサラダやサイドメニュー、ピザも凄い種類があります。パスタだけでも1000円前後となかなかいい値段でして、なかなかピシッと選べません。別メニューでポポセットがあります。新潟店限定になっています。対象の好きなパスタ+ドリンク1杯+ミニサラダで750円です。対象のパスタが、しめじとベーコンのバジリコペペロンチーノ、ナスとベーコンのしょうゆ、ツナとベーコンのトマトスープ、本格ポロネーゼの4種類で、いずれのパスタも大盛無料です。お手頃です。ポポセット(本格ポロネーゼ大盛)にしました。
水とドリンクはドリンクバーからのセルフサービスです。飲み物はコーラにしました。水は冷水機から注いで席に帰りましたが、超ぬるいです。氷必須。

ポポロマーマ新潟出来島店 ドリンク1杯+ミニサラダ

ミニサラダが運ばれと来て、食べ終わる頃にはパスタが運ばれてきました。

ポポロマーマ新潟出来島店 ポポセット(本格ポロネーゼ大盛)

白いお皿になかなか美味しそうな出で立ちです。何もかけずにいただきます。ソースはまあまあ好みのものですが、パスタは苦手なネチネチした食感です。ミートソースさとうもそうでしたが、どうも生パスタの食感が不得意です。
充実したランチでした。生じゃない普通のパスタで食べてみたいと思います。支払いが税込みで810円です。消費税でお得感が飛んじゃいました。

ポポロマーマ新潟出来島店 ポポセット(しめじとベーコンのバジリコペペロンチーノ)

相方は、ポポセット(しめじとベーコンのバジリコペペロンチーノ)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.12

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り沿いにあります。三越から100mほど白山神社方向の並びです。
と書いていましたが、三越が…、またひとつランドマークがなくなります。
なかなか食べれてない三吉屋本店の中華そばを楽しもうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に混んだ時にしか使われないカウンター席、その手前に4卓のテーブルがあります。小さなテーブルですが、中華そばの器なら4人が食べるのにちょうどの大きさです。小さな昔ながらの中華そば屋さんです。午後12時10分過ぎに着きました。相席を含め各テーブルに2人~3人が座る状況です。カウンター席のお客さんが食べ終わり、その後に座りました。
メニューは、中華そば、叉焼麺とそれらの大盛り、ワンタンがあります。夏季の冷し中華とその大盛りも提供されています。中華そば(大盛)にしました。
青の模様が綺麗な器に、派手さのないホッとする仕上がりの中華そばです。
麺は、極細の縮れ。口に入れた時、舌にあたる麺の縮れが気持ち良いです。
スープは、淡く薄く綺麗な醤油色です。醤油味を強調させ過ぎることもなく、ダシがいい具合に効いて、野菜から出ているだろう優しい甘さがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎととてもシンプルです。
極細麺とあっさり醤油のスープ、新潟あっさりラーメンを代表する一品です。昔懐かしさを感じさせてくれるスープ、バランスの良い仕上がりが見事です。中華そば600円+大盛100円です。最近は、お手頃に思えてきました。
値上がりして割高に感じられると相席もなくなりましたが、他店が値上がりして割安に感じられるようになるとお客さんが戻り、相席も戻ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.11

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
前に臨時休業で食べれなかったことがあったからでしょうか?白寿をすっかり忘れてしまってました。久々にうま煮そばを食べようかとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎ、手前10m程でお店から出てくる4人組を見かけます。これで座れないことはなさそうです。安心して入ります。あれ!さっきまで満席だったようです。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。親父さんだけ!のときもあります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は、中華鍋に3割程のうま煮が残っていて、次のうま煮を作っています。仕上げに入ってます。お客さん2人がうま煮そばの出来上がり待っています。次に作ってもらえるだろうと思っていましたが、間に合わせてもらえました。ファーストフードより早いかのようなタイミングで出来上がってきました。
待っているお客さん3人分の麺がちょうどゆで上がるところ、次になります。ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ、温めながらほぐしています。その麺を鍋に入れ、茹での合間に器を用意、タレを入れ、スープを張ります。ほんの短い時間ですが、そのスープの準備が整う頃には麺も茹で上がります。麺を湯切りし、器に入れ整え、中華鍋のうま煮をかければ出来上がります。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。出来上がって程ほどの時間が経っていて、程ほどに馴染んだうま煮でした。
今日は、中華鍋の中で程よく馴染んだ、ヘルシーなうま煮をいただきました。細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。本当にありがたいお手頃感です。キャベツから白菜に戻る日を楽しみしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.10

チャイニーズバル 光輝

光輝 中華そば(醤油)

新潟市の「チャイニーズバル 光輝」です。
万代エリア、流作場五差路の沼垂寄り、ラーメン二郎の向かいにあります。
食べていないメニューの多く、新たなものを食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、その奥に振り替えるように厨房向きのカウンター席、中央に2席の、右側に4席のテーブル席があります。中華というより欧風料理のディナーなんかが似合いそうな落ち着いた雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。3割程度のお客さんの入りで、まだまだお客さんがやって来ます。
メニューは、ランチメニューとなっています。光輝の中華そば(醤油or塩)、海老香る中華そば、濃厚担々麺、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、煮干し白湯ラーメン、四川麻婆湯麺、麻辣麺があり、四川麻婆湯麺以外はチャーシューを加えたものも用意されています。麻婆飯(スープ付き)もあります。日替わりランチもあります。好きな麺類+半チャーハンです。美味しそうなものが多くて悩むところです。中華っぽくない光輝の中華そば(醤油)にしました。
お客さんが少ないうちに注文できたので結構早めに出来上がってきました。
白い器に、なかなか綺麗な仕上がりです。醤油色スープが美味しそうです。
麺は、細く弱い縮れ、中華店では珍しいツルツル、モチモチ感が強めです。
スープは、醤油のあっさりした薄味です。油もあってか?かなり熱々です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、水菜、ねぎになります。
好みからは、まあまあの麺にあっさり薄味のスープ、綺麗なトッピングといったあたりでしょうか。702円です。650円+税でしょうがちょっと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.09

ら~めん 二葉

二葉 紅味噌らーめん

新潟市の「ら~めん 二葉」です。
古町エリア、東横イン新潟古町の向かいの路地を入ったところにあります。
10月に入りました。月替わりらーめんを食べようと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席のちょっと小さめのお店ですが、フロアが全体が吹き抜けになっていて広々しています。左側に階段があり、ロフトにも席があります。新しさと古さとが融合した、落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。混んではいますが、中央のテーブル席が空いていました。ひとりでのテーブル席使用は気が引けますが、人数もいるので気兼ねなく使わせてもらいます。
メニューは、味噌らーめん、紅味噌らーめん、味噌タンメン、醤油らーめん、塩らーめんがあり、追加のトッピングやサイドメニューもあります。貼紙で今月の月替りらーめんが紹介されてます。白ゴマ味噌担々麺です。まだ変わっていないようです。食べていないものの中から紅味噌ラーメンにしました。
その後、お客さんがポツポツやってきて、列びになる程の混みになります。
出来上がり待ちのお客さんが少ないためか、早めに出来上がってきました。
黒い器に味噌のスープが美味しそうです。辛そうな紅(赤)はありません。
麺は、普通の太さの縮れ、少し硬めですが、まあまあ普通に食べれました。
スープは、白味噌の味の濃さ・しょっぱさ・甘さがしっかりしたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、挽肉のそぼろ煮、青ねきなどです。
挽肉のそぼろ煮に書きましたが、一般的な辛味噌になるかも知れません。しかし、辛味の少ない優しい辛味噌です。ちょっと期待したのとは違いました。
バランスの良い味噌らーめんがあっての紅味噌らーめんでしょう。紅を辛みの赤と思いましたが、違うものかも知れないです。750円はいい線かも!。今回は、かなりお得に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.08

RA-MEN Kanucha屋

Kanucha屋 味噌らーめん

新潟市の「RA-MEN Kanucha屋」(ラーメン カヌチャ屋)です。
日東道豊栄新潟東港ICから豊栄駅方面へ、ベイシアの先、右側にあります。
気付かずに過ぎてしまいそうな、ラーメン屋らしからぬ?お洒落な外観です。ベージュ色の壁のお店部分とレンガ造りの厨房との2つ外装を持つ建物です。欧風料理とかスイーツとかパンとかのお店と言った方が全然似合っています。壁には、お店の名前の他に“From Kitchen with Love”と書かれています。
ドライブ途中、豊栄での昼食です。お洒落なKanucha屋にお邪魔しました。
お店は、レンガ風の部分に入口があり、正面の厨房、手前に精算用のレジがあります。右に進みます。左側に厨房を向いたカウンター席、奥と右側にテーブル席があります。内装も外装同様、欧風料理かスイーツのお店のようで、ラーメン店には見えません。テーブルが小さめなので、欧風のコース料理なんかを楽しむお店ではないことが判ります。午後1時30分過ぎに着きました。他にお客さんが3組、休日午後のひととき!のようななかなか良い雰囲気です。
メニューは、あっさりらーめん、こってりらーめん、つけめん(1.5玉)、とんこつ風らーめん、お子様セットなどがあります。塩らーめんがなくなっています。平日限定の味噌らーめんと木曜限定(祝日除く)の担々麺は継続して提供されています。トッピングの追加、ぎょうざ、ライス、ちゃーしゅう丼など組み合わせても楽しめるようになっています。祝日ですが、平日限定の味噌らーめんを提供してくれています。いい機会!味噌らーめんにしました。
ファーストフードのお店かと勘違いする程の早さで出来上がってきました。
青の濃い模様の器がたっぷりの野菜と味噌らしいスープに覆われています。
麺は、中太の縮れ、角が立っていて平打ちのような食感と旨味があります。
スープは、合わせ味噌でしっかり味噌の旨味を楽しめます。しょっぱさも甘味もしっかりしています。後半、スープだけを飲むとかなり濃厚に感じます。
トッピングは、チャーシュー、キャベツ・もやし・玉ねぎの炒め物などです。玉ねぎが一般的なものより多めに入っていて、味噌と絡まり良い甘さです。
好きな麺と玉ねぎの甘さを楽しめました。値段も780円といい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.07

中華そば とみ屋

とみ屋 中華そば(塩)

新潟市の「中華そば とみ屋」です。
新潟島の少し下、東堀通沿いあります。広小路との交差点の下手右側です。
相方の好きそうな中華そばです、食べさせたくなり一緒にお邪魔しました。
お店は、奥行きがあります。入口を入ると正面に通路が延びていて通路の右側に製麺室があり、その先にテーブル席があります。その先で左側に開けます。奥に厨房、手前にカウンター席、左側に開ける手前に食券販売機があります。落ち着いた雰囲気の小さなお店です。午後1時50分過ぎとかなり遅めに着きました。想定通り他にお客さんはいませんが、後から1組入ってきました。
メニューは、中華そば(正油)、中華そば(塩)、煮干中華そば(正油)、煮干中華そば(塩)とそれらにメンマ、味玉、チャーシュー、エビワンタン3個のトッピングを加えたものがあります。スタミナ辛肉ラーメン、坦々麺、冷やしラーメン(正油)のボタンもありますが、ボタンに赤い×ランプが点灯中です。トッピングの追加もメンマ、味玉、チャーシュー、エビワンタン3個、エビワンタン5個があります。サイドメニューは、半ライス、ライス、チャーシュー丼、半チャーハン、チャーハンがありますが、半ライスとライスのボタンに赤い×ランプが点灯中です。セットも中華そばチャーハンセット、中華そば(塩)半チャハンセット、煮干中華そば半チャーハンセット、煮干中華そば(塩)半チャハンセットがあります。ちょっと挑戦します。中華そば(塩)にしました。
今日も男性スタッフが1人のようで、今日も早めに出来上がってきました。
白い器の表面は、トッピングと淡く塩らしい色のスープに覆われています。
麺は、細麺のストレート。九州ラーメンのような食感の気持ち良い麺です。
スープは、塩なのにえぐみがなく、心地良い旨味とまろやかさがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、パクチー、ねぎなどシンプルです。
ひと昔前の塩はどうも好きになれませんでしたが、最近の塩は全然美味しくいただけます。本当最近のラーメン屋さんは研究熱心です。パクチーの香りも醤油ほど気になりませんでした。730円と正油よりも50円高、ん~ん。
相方は、中華そば(正油)を食べました。680円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.06

古町どんどん

古町どんどん 2018秋

新潟市古町通りで開催の「古町どんどん」に食後の散歩でお邪魔しました。
食べるものもそれほど多くもなく、食後の散歩にちょうど良いコースです。
いつもと同じように旧北光社前でパンフレットをもらい内容を確認します。
大きなグルメのイベントはありません。今回も下町から見ようと思います。
上町方面へと移動します。ステージも数ヵ所あり、眺めながら移動します。

古町どんどん 2018秋 とりかん とり串

五泉市から出店の「とりかん」の串からを食べます。1本350円です。

古町どんどん 2018秋 白根屋 シャインマスカット大福

南区から出店の「白根屋」のシャインマスカット大福です。190円です。
そんなに人も多くなく、喉かに散歩させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bistro Kitchen V

Bistro Kitchen V

新潟市の「Bistro Kitchen V」です。
古町地区、東堀通沿いにあります。東堀石門子のあった向かいになります。
寄居町のお店が閉店、勝烈亭跡に復活、そしてランチ営業も始まりました。
先日のとみ屋の帰り、昼の営業を見かけ、食べたいと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前から回り込んだ右側に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。外観よりもちょっと狭く感じます。欧風なのか?ラーメンではあまり感じない雰囲気のお店です。午前11時40分過ぎに着きました。他にお客さんが年配の夫婦が2組となんか不思議な状態です?
メニューは、まず、いつでも食べれるメニューがあります。文字が並びます。
MAIN  全て単体価格
  松阪鉄板焼     1,000円 ★Vソース・ジンジャー
  チキンソテー    1,000円 ★Vソース・ジンジャー
                    ホワイトソース+100円
  ポークソテー    1,200円 ★ホワイトソース・Vソース
                    ジンジャー
  肉汁Vハンバーグ  1,000円 ★デミグラスソース・Vソース
                    和風おろし
                    ホワイトソース+100円
  ビーフシチュー   1,800円
  スペシャル     2,800円 ★Vソース・ジンジャー
   松阪鉄板焼き
  ライスセット     200円 ライス・味噌汁・ミニサラダ・お新香
CURRY and・・
  にしおかVカレー    850円
  カツカレー     1,450円
  チキンカツカレー  1,250円
  大海老フライカレー 1,850円
  カツ重       1,200円
  松阪重       1,200円
  Vスパ         800円
  ナポリタン       800円
  ミートソース      800円
PREMIUM STEAK  A5ランク厳選和牛使用!
  シャトー  130g  6,500円
   ブリアン 260g 12,000円(1,000円お得!)
  フィレ   130g  5,500円
        260g 10,000円(1,000円お得!)
  サーロイン 120g  4,500円
        240g  8,000円(1,000円お得!)
A LA CARTE
  エリザベス       480円 ~白菜の洋風おつまみ~
  Vサラダ        800円 ~Vの定番サラダ~
  パクチーサラダ     680円 ~パクチーチョレギ風~
  濃厚レバーペースト   680円 ~フォアグラ入り~
  砂肝のコンフィ     720円 ~超絶柔らかな食感~
  5種チーズのハムグラタン880円 ~柔らかな幸せ食感~
  グリルチョリソー    800円 ~パリじゅわ!4本~
  本日のソテー    1,200円 ~旬食材×キッチンV~
  大エビフライ    1,600円 ~プリプリの大海老3本入り~
  ポークカツ     1,200円 ~良質な肉は脂が違います~
  チキンカツ     1,000円 ~若鶏の旨味を存分に~
  絶品テールシチュー  売り切れ  ~往年の愛され商品~
カレーだけの1枚もののメニューがあります。
イチオシの絶品カレー ~A5和牛8時間煮込み!~
  にしおかVカレー       850円
   A5和牛を溶け込ませた絶品新作カレー!
  肉汁ハンバーグカレー   1,250円
   自慢の肉汁ハンバーグがINしたリピート続出カレー
  ビアンカロースカツカレー 1,450円
   安田ヨーグルトを与えた豚は脂が違う!Byマスター
  chickenカツカレー 1,250円
   プリプリ鶏モモ肉は噛むと幸せが溢れます!
  大海老フライカレー    1,850円
   デカ海老フライが2本乗った老舗メニュー!
 全てのカレーにサラダ・スープ・お新香が付きます。            ご飯の量がお選べます。 200g or 300g
 カレー専用のトッピングも用意されています。
日替わりランチメニューがあります。ライス200g(お代わりOK!)・味噌汁・お新香・サラダ付きで、お得な1,000円。曜日毎のメニューになります。
  月曜日 松阪鉄板焼   Vソース・ジンジャー
  火曜日 定休日
  水曜日 ポークソテー  ホワイトソース・Vソース・ジンジャー
  木曜日 チキンソテー  Vソース・ジンジャー・ホワイト(+100円)
  金曜日 肉汁ハンバーグ デミグラス・Vソース・ホワイト(+100円)
  土曜日 月~金のお好きなメニュー
  日曜日 通常メニュー
土曜日が良いです。日替わりランチの松阪鉄板焼(Vソース)にしました。
最初にカトラリーが運ばれてきます。間もなくサラダも運ばれてきました。
キャベツ千切りのサラダ、フレンチドレッシングをかけていただきました。
お新香は、タッパ風な容器できました。好きなだけ食べても良さそうです。
ランチはしっかり仕込みがされてるようで、早めに出来上がってきました。

Bistro Kitchen V 松阪鉄板焼(Vソース)

熱々の鉄板に想定以上のボリュームで、コーンとパスタが添えられています。他には皿のライスとお味噌汁です。お新香を取ってから写真を撮りました。
鉄板焼のお肉は、薄切りで程々の軟らかさです。まあまあ好みの焼肉です。
Vソースは、醤油ベースのさらりとしたステーキに合いそうです。しっかりしたしょっぱさがあってご飯が進みます。普通の焼肉のたれの方が好みかな。
ちょっとリッチな1,000円のランチ、食べ馴れないものは判りません。

Bistro Kitchen V 肉汁ハンバーグ(Vソース)

相方の食べた肉汁ハンバーグ(Vソース)です。

その後もお客さんが入れ替わるようにやってきますが、なぜか年配夫婦!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.05

上越髄牛豚骨 いなば製麺

いなば

上越市の「上越髄牛豚骨 いなば製麺」です。
国道8号線沿いにあります。直江津地区の大潟地区寄り、4/2車線の切り替えの真横にあります。「らあめん 花果山」が移転前の発祥した場所です。
気にならなかったお店ですが、FMでの紹介もあったのでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、奥に奥の窓向きのカウンター席、中央に向かい合わせで衝立のあるカウンター席、手前にテーブル席があります。牛丼チェーン店かのような不思議な雰囲気のラーメン店です。午前11時40分頃に着きました。ほんの数名のお客さんがいるだけです。左側に入口があり、その外・奥には風を避けて待つようなスペースがあります。風除室に食券販売機があります。

いなば メニュー

メニューは、食券販売機のボタンは文字だけですが、食券販売機の上に写真入りの紹介があります。牛骨煮干し中華そば、牛骨煮干し焼豚麺、牛骨煮干し塩中華そば、牛骨煮干し塩焼豚麺、豚骨醤油ラーメン、豚骨醤油焼豚麺、豚骨醤油葱ラーメン、豚骨醤油葱焼豚麺、醤油まぜそば、塩まぜそば、お子様ラーメンなどがあります。主だったものには、細麺の替え玉とセットのもの、中太麺の大盛りがあります。まぜそばは、大盛りと特盛りが用意されています。トッピングの追加やサイドメニューもあります。オープン当時のステーキや定食、ランチのセット、つけめんなどなどは見つかりません。さてどうしましょう。悩むところです。基本の牛骨煮干し中華そば(細麺替え玉)にしました。
中央のカウンター席に座ると、スタッフが食券を取りに来て厨房に帰ります。席にコップや水サーバが置かれています。水を用意してのんびり待ちます。
スタッフは近所のおばちゃん風な女性が2人、ラーメン店とは違う光景です。フードコート風とでも言えば良いのか?でも早めに出来上がってきました。

いなば 牛骨煮干し中華そば(細麺)

赤い線、緑色の龍と双喜文の昔懐かしい器に結構濃い醤油色のスープです。
麺は、細麺のストレート。九州ラーメンのような噛み応え、少し硬めです。
スープは、すき焼きの匂いと煮干しの匂いが混じったような匂いは複雑です。味は醤油味がしっかりのちょっと甘め、油多めでなかなか旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ねぎなどシンプルです。

いなば 替え玉(細麺)

麺の残りも少なくなってきて替え玉をお願いします。いいボリュームです。
すき焼き風のスープで九州ラーメンの麺を食べているような感じでした。単品で590円、替え玉セットで690円。今ではなかなかお手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.04

中華そば とみ屋

とみ屋 中華そば(正油)

新潟市の「中華そば とみ屋」です。看板には“自家製麺”とあります。
新潟島の少し下、東堀通沿いあります。広小路との交差点の下手右側です。
とみ屋を教えてくれた同僚と味覚の確かな同僚とのお昼でお邪魔しました。
お店は、奥行きがあります。入口を入ると正面に通路が延びていて通路の右側に製麺室があり、その先にテーブル席があります。その先で左側に開けます。奥に厨房、手前にカウンター席、左側に開ける手前に食券販売機があります。落ち着いた雰囲気の小さめのお店です。午後12時20分過ぎに着きました。他にお客さんは3人と少なめで、カウンター席に飛び飛びに座っています。
メニューは、中華そば(正油)、中華そば(塩)、煮干中華そば(正油)、煮干中華そば(塩)とそれらにメンマ、味玉、チャーシュー、エビワンタン3個のトッピングを加えたものがあります。スタミナ辛肉ラーメン、坦々麺、冷やしラーメン(正油)のボタンもありますが、ボタンに赤い×ランプが点灯中です。トッピングの追加もメンマ、味玉、チャーシュー、エビワンタン3個、エビワンタン5個があります。サイドメニューは、半ライス、ライス、チャーシュー丼、半チャーハン、チャーハンがありますが、半ライスとライスのボタンに赤い×ランプが点灯中です。セットも中華そばチャーハンセット、中華そば(塩)半チャハンセット、煮干中華そば半チャーハンセット、煮干中華そば(塩)半チャハンセットがあります。シンプルに、基本だろう中華そば(正油)にしました。
今日も男性スタッフ1人でやっていますが、早めに出来上がってきました。
白い器の表面はトッピングと美味しそうな醤油色スープに覆われています。
麺は、細麺のストレート。九州ラーメンのような食感の気持ち良い麺です。
スープは、癖のない醤油味のあっさりです。自然で優しい旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、パクチー、ねぎなどシンプルです。
食べ易い麺と自然な感じの旨味を感じられるスープ、好みの中華そばでした。ただ、パクチーの香りがかなり邪魔に感じました。是非、ほうれん草にして欲しいです。680円とちょっとお高いような、今時のいい値段でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.03

麺家 味勲拉

味勲拉

新潟市の「麺家 味勲拉」です。“めんや あじくら”と読みます。
近江地区、笹出線から少し入った所です。パワーズフジミだった建物がゴルフショップになり、その一角にできたのが「らーめん わたなべ」ですが、間もなく閉店。その跡にオープンした「麺家 誠」のリニューアルになります。
近江の知り合いから情報を頂戴していましたが、ようやくお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。杉の1枚板のカウンターを始め杉の木質感を活かした真新しい綺麗なお店です。午後12時40分頃に着きました。8割程のお客さんの入りです。入口を入って左側に食券販売機があります。
メニューは、誠らーめん、味噌らーめん、あっさり醤油、塩とんこつ、お子様セットと以前と同じで、トッピングも充実しています。セットメニューは、ミニ炒飯セット、ミニ豚バラ丼セット、ミニカレーセット、ミニ麻婆丼セット、ミニチンジャオロース丼セット、ミニチキンカツ丼セットと充実されました。ミニは、ミニじゃない通常のご飯ものでも提供されています。餃子、唐揚げ、ソフトクリームなどのサイドメニューも充実しています。期間限定で味勲拉焼きそば、冷製担担麺があります。かなり迷った末、冷製担担麺にしました。
カウンター席の手前に座ります。スタッフに食券を渡すと細麺・太麺の選択を聞かれます。細麺でお願いしました。次に半ライスの希望を聞かれます。以前からの全日全時間の半ライスサービスが続いていました。お願いしました。
お店の入口や店内の壁などに綺麗な写真入りのポスター大のメニューが貼ってあります。お金をかけて作っているのか?趣味の良いスタッフがいるのか?
待ちのお客さんが少なく、思ったよりも全然早めに出来上がってきました。

味勲拉 冷製担担麺

内側が黒く渋めに見え、店名などが華やかに彩られた器に盛られてきました。予想はしていましたが、スープ無しとかまぜそばのような冷製担担麺です。
麺は、細麺か極細かぐらい細い縮れ、好みを越えるモチモチ感があります。
たれは、濃い担々風なもの。胡麻の風味とまろやかさ、辛さは控えめです。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、味玉、メンマ、ほうれん草、ねぎです。
麺が細く、たれも癖がなく、食べ易い冷製担担麺でした。味玉1個分入って、半ライス付きで、650円です。冷し系でこの値段はなかなかでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.02

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん わかめラーメン(しょうゆ・大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上市で出張者と一緒の昼食です。久々に一平で食べたかったのですが、村上魔の火曜日、お休みの店が多くて困ります。間違いなくやっているにぼしまじんにお邪魔しました。イオンの駐車場、フードコートの席数、助かります。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。正午過ぎに着きました。何か行事でも?年配のグループで賑わっています。
メニューは、しょうゆ、背脂、みそ、辛みそ、塩、背脂塩、ゴマ、酸の各味があり、それらにネギやチャーシューなどを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。各味に合わせ、わかめ、岩のり、コーンなどを加えたものもあります。いずれも大盛りが無料になっています。酸は大辛が無料、激辛が20円増しになります。お店脇に看板に“火よう市 わかめラーメン 500円 しょうゆ・みそ・辛みそ・塩 表示はそのままですが500円で買えます。”とあります。わかめラーメン(しょうゆ・大盛)にしました。
カウンター手前左側に高額紙幣対応のタッチパネル式食券販売機があります。最初に味を選び、次に盛りとトッピングを組み合わせたものの中から選ぶようになっています。最初の味はしょうゆ、次にわかめらーめん(大盛)を選びます。メニューの表示は680円でしたが、500円で清算されました。
カウンターに食券を出し、半券をもらいます。水を用意して席で待ちます。
フードコート共通のセルフサービスの水を用意して、のんびりと待ちます。
賑わいもあってでしょうか。いつもより少し待って出来上がってきました。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。
白い器を覆うトッピング、醤油色のスープが美味しそうで嬉しくなります。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、煮干し風味の濃い醤油味、今時の味の濃さを楽しめるスープです。魚粉のようなものを使わない、本当に煮干しから取ったダシを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、コーン、わかめ、ねぎ、胡麻です。
フードコートという場所ですが、好みの食べ易い麺と煮干しダシが濃厚な醤油スープ、充実のトッピング、さらに大盛りで500円。村上の火曜日は…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.01

ガキ大将 柏崎店

ガキ大将柏崎店 日替わりランチ(にぼしラーメン、アイスコーヒー)

ガキ大将柏崎店 にぼしラーメン

柏崎市の「ガキ大将 柏崎店」です。
国道8号線沿いにあります。上越方面への鯨波の先、登坂車線の途中です。
お店は、右に厨房、中央にテーブル席、奥に外が見えるようにカウンター席、左側には大きなスペースがあり廻りに小上がりがあります。午後1時過ぎに着きました。お店の入口付近は営業中の雰囲気ですが、お店の中は電気が消えています。中にポツリポツリのお客さんとスタッフが見えます。入口の重たいドアを開けてお店に入ります。スタッフから停電中であること、メニューの料理は作れることを伝えられます。明るいカウンター席で食べることにします。
メニューは、大きな1枚ものの写真入りのメニューです。ネギ味噌ラーメン、ネギ正油ラーメン、ネギ塩ラーメン、にぼしラーメン、コテコテラーメン、鬼がらしラーメン、塩チャーシュー麺、味噌チャーシュー麺、正油チャーシュー麺、塩バターコーンラーメン、味噌バターコーンラーメン、極上・黒味噌ラーメン、本格・担々麺、正油ラーメン、正油半ラーメン、味噌ラーメン、とんこつラーメン、塩ラーメン、正油つけ麺、味噌つけ麺、にぼしつけ麺、坦々つけ麺、油めん、おこさまラーメンがあります。他に単品のメニューで、激辛ネギみそラーメン、若鶏の唐揚げをセットしたガキ大将セット(しょうゆ・みそ・しお)があります。他にも昼・夜メニューがあります。ミニ丼、定食、日替わりランチ、おつまみなどがあります。日替わりランチは、平日の昼(午後2時まで)限定で、にぼしラーメンまたはコテコテラーメン、日替わりミニ丼、お漬物・サラダ、ウーロン茶またはコーヒーのセットになっています。結構お得です。日替わりランチ(にぼしラーメン、アイスコーヒー)にしました。
停電中で時間がかかりそうに思えましたが、早めに出来上がってきました。
お盆にのって運ばれてきました。アイスコーヒー以外ものがのっています。
外に模様があり内側が白い器に、醤油色のスープが美味しそうに見えます。
麺は、やや細縮れの普通のものです。以前の楽しい食感が感じられません。
スープは、煮干し風味のあっさり醤油味。魚粉の使用もなくいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔などです。
普通の煮干しラーメンです。コテコテラーメンの麺は、もっと食感を楽しめたような気がしたのに、違う麺でしょうか。単品だと760円とお高いです。
セットのミニ丼は、ゆでた豚肉ともやし、パセリがのったボリュームのあるものです。味が薄いので醤油を少しかけて食べました。胡瓜の柴漬けとマカロニサラダが付きます。アイスコーヒーが付いて890円、これはお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »