« 中華そば とみ屋 | トップページ | Bistro Kitchen V »

2018.10.05

上越髄牛豚骨 いなば製麺

いなば

上越市の「上越髄牛豚骨 いなば製麺」です。
国道8号線沿いにあります。直江津地区の大潟地区寄り、4/2車線の切り替えの真横にあります。「らあめん 花果山」が移転前の発祥した場所です。
気にならなかったお店ですが、FMでの紹介もあったのでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、奥に奥の窓向きのカウンター席、中央に向かい合わせで衝立のあるカウンター席、手前にテーブル席があります。牛丼チェーン店かのような不思議な雰囲気のラーメン店です。午前11時40分頃に着きました。ほんの数名のお客さんがいるだけです。左側に入口があり、その外・奥には風を避けて待つようなスペースがあります。風除室に食券販売機があります。

いなば メニュー

メニューは、食券販売機のボタンは文字だけですが、食券販売機の上に写真入りの紹介があります。牛骨煮干し中華そば、牛骨煮干し焼豚麺、牛骨煮干し塩中華そば、牛骨煮干し塩焼豚麺、豚骨醤油ラーメン、豚骨醤油焼豚麺、豚骨醤油葱ラーメン、豚骨醤油葱焼豚麺、醤油まぜそば、塩まぜそば、お子様ラーメンなどがあります。主だったものには、細麺の替え玉とセットのもの、中太麺の大盛りがあります。まぜそばは、大盛りと特盛りが用意されています。トッピングの追加やサイドメニューもあります。オープン当時のステーキや定食、ランチのセット、つけめんなどなどは見つかりません。さてどうしましょう。悩むところです。基本の牛骨煮干し中華そば(細麺替え玉)にしました。
中央のカウンター席に座ると、スタッフが食券を取りに来て厨房に帰ります。席にコップや水サーバが置かれています。水を用意してのんびり待ちます。
スタッフは近所のおばちゃん風な女性が2人、ラーメン店とは違う光景です。フードコート風とでも言えば良いのか?でも早めに出来上がってきました。

いなば 牛骨煮干し中華そば(細麺)

赤い線、緑色の龍と双喜文の昔懐かしい器に結構濃い醤油色のスープです。
麺は、細麺のストレート。九州ラーメンのような噛み応え、少し硬めです。
スープは、すき焼きの匂いと煮干しの匂いが混じったような匂いは複雑です。味は醤油味がしっかりのちょっと甘め、油多めでなかなか旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ねぎなどシンプルです。

いなば 替え玉(細麺)

麺の残りも少なくなってきて替え玉をお願いします。いいボリュームです。
すき焼き風のスープで九州ラーメンの麺を食べているような感じでした。単品で590円、替え玉セットで690円。今ではなかなかお手頃でしょう。

|

« 中華そば とみ屋 | トップページ | Bistro Kitchen V »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/67258142

この記事へのトラックバック一覧です: 上越髄牛豚骨 いなば製麺:

« 中華そば とみ屋 | トップページ | Bistro Kitchen V »